粘 血便 原因。 【赤ちゃん・新生児の血便】血便の症状別の病気の目安を紹介!

便に粘液が混じる!白や透明なら安心?血液がつくと病気が原因?

粘 血便 原因

血便の中でも血が赤やピンクの場合は、便が外へ出る少し前に付いた血だと考えられます。 大腸、直腸、肛門などで出血し、便について「血便に見えた」というケースがよくあります。 大腸の表面は新陳代謝により、毎日、剥がれて新しいものになっています。 この新陳代謝と違うタイミングで、腸に刺激が加わって腸壁が剥がれ落ち、出血することがあります。 また、便が頻繁に通過した、未消化のままの食べ物が腸壁を傷付けた、硬くなった便が直腸や肛門を傷付けたなど、腸が傷付く要因は色々あります。 血の量が少量で、一時的な場合は様子をみても大丈夫です。 安静にする、ストレスが掛からないようにする、フードを少し柔らかくしてみるなど工夫してみてください。 なお、このような便が出ている時は、脂肪分や繊維質の多いフードは控えた方がよいでしょう。 できるだけ腸を刺激しない方がよいと考えられます。 ただし、症状が続く場合は必ず動物病院でみてもらうようにしましょう。 腫瘍などの可能性もありますし、腸壁が傷付いている時間が長くなると感染症にかかるリスクが高まります。 慢性化すると一生治らない、というケースもありますから放置しないようにしてください。 大腸や直腸、肛門付近での出血の場合は便の表面にだけ血が付いています。 いずれにせよ、下痢でなく、血便が一過性のものの場合は緊急を要することはありませんが、注意して様子をみてください。 原因は上記の「出血が少ないケース」と同じことが考えられますが、血の量が多い場合は、血便以外の症状が続く可能性があります。 血便が続く、血液の量が増える、下痢になる、硬い便になる、食欲不振、元気喪失などの症状が出た場合は、腸内での炎症が進行している可能性があります。 次のような病気の可能性がありますので、動物病院へ行ってくださいね。 こうした症状が現れる場合は、便秘が考えられ、肛門付近を傷付けて出血したりします。 酷い場合ではヘルニアを起こす危険もあります。 水分摂取、運動不足に注意してください。 また、カルシウム過多(骨などのおやつが多過ぎていないか)も注意してくださいね。 なお、オスの場合は前立腺肥大で腸が刺激されている場合もあります。 シニア犬で細い便がダラダラと続く、便秘気味といった症状が続く場合は動物病院でみてもらってください。 血便以外に、食欲不振、元気喪失、お腹が膨れる、腹痛、といった症状が出て来た場合、異物が腸に詰まる腸閉塞の危険があります。 壊れたオモチャがないか、散歩途中で拾い食いしなかったか、木の枝など口にいれなかったかなど、異物を飲み込んだ可能性がないか、考えてください。 異物が小さくて便と一緒に排泄されればいいのですが、詰まってしまうと腸閉塞になってしまいます。 また、異物による刺激が続くと腸が腸の中へ入り込んでしまう(服を脱いだ時に袖が内側へ入り込むような状態になっている)腸重積になる危険もあります。 この場合、放置すると重なった部分の腸細胞に血液が行き渡らず、壊死する危険があります。 腸閉塞も腸重積も緊急手術が必要になるケースがあり、命の危険に晒されることがあるので注意してください。 鞭虫の数が少ないうちは、軟便、血便がときどき出ます。 鞭虫の数が増えると、鮮血便、下痢、腹痛、食欲不振、貧血といった症状が出てきます。 駆虫薬で治療できます。 なお、出血が激しい、粘液が付着したタール状の便の場合は「鉤虫」の可能性があります。 子犬に多くみられ、重症化すると死亡することもあります。 鉤虫は、鉤のような口を小腸の壁に食い込ませて血を吸います。 これにより、出血、腸炎、貧血が起こります。 駆虫薬で治療できますが、輸血が必要なほど重症化するケースもあるので注意が必要です。 繰り返すうちに飼い主が「またか」「すぐ治るよ」と慣れてしまわないように注意してください。 この「慣れ」が重要な病気のサインを見逃す原因になることがあります。 できれば便の状態はこまめにメモし、血便、軟便が続くようなら動物病院で見てもらうようにしましょう。 関連記事になります。 合わせて御覧ください。 動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかる場合があります。 動物病院で治療すれば助かった命が年に何件もあります。 お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。 でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。 ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。 複数のペット保険の資料を比較することで「 あなたと愛犬にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。 利用は無料です。 詳しくはこちらをご覧ください。 >>> <<< カテゴリー• 118•

次の

【赤ちゃん・新生児の血便】血便の症状別の病気の目安を紹介!

粘 血便 原因

一つ一つ見て行きましょう。 裂肛 裂肛はいわゆる「切れ痔」。 子供の血便の多くがこの切れ痔によるものです。 肛門近くから出血をすると赤い血の色の血便となるので 裂肛の場合は鮮やかな血の色をした血便になります。 排便の後にぽたっと 出血したり、ティッシュに血がつく場合も。 他の症状はみられませんが、便秘で排便が困難なために起きてしまうことも少なくありません。 裂門が起きると肛門に違和感があったり排便時に痛んだりします。 治りかけにはかゆみを訴える子供もいます。 傷の炎症を鎮める軟膏を塗ったり、 便秘解消をすることで治っていきます。 ポリープ ポリープとは消化管の粘膜にできた突起状のものを言います。 大腸ポリープは大腸にポリープができる病気です。 少量ですが便に血が混じることがあります。 若年性ポリープは直径が1センチほど、表面が平滑な球状のポリープです。 直腸やS状結腸によくでき、子供に多くみられるという特徴があります。 原因は 便の刺激によるものと考えられています。 若年性ポリープの場合、便に赤い血が付着した血便となります。 ポリープというと癌化するイメージでぞっとしてしまう方も多いのではないでしょうか? 実際、ポリープは癌になるものとならないものがあるのですが、子供のポリープは大人と違い、 悪性化はしません 1。 腸重積 腸重積は腸に腸が入り込んでしまう疾患で、主に5歳くらいまでの乳幼児にみられます。 入り込んだ腸は血行障害で 出血し、腸の動きにあわせて周期的に激しい腹痛を起こし、 イチゴジャムのような粘液血便をします。 また嘔吐も主な症状の一つです。 超音波検査(エコー検査)で診断されることが多いです。 腸が壊死、または壊死しかけている場合は 緊急手術となりますが、血便に気づいてすぐ受診すれば造影剤や空気を注入して入り込んだ腸を押し戻すことで治療が可能です。 元気だったお子さんが 突然の腹痛に泣き出したり機嫌をわるくしたりして、 嘔吐や 粘血便を伴うことがあれば腸重積を疑います。 早くに受診をして重篤化を防ぎましょう。 スポンサーリンク 潰瘍性大腸炎 大腸にびらんや潰瘍ができる病気です。 病変は直腸から口方向へ 連続的に見られ、若い人に多くみられるという特徴があります。 主な症状は下痢。 下痢は 下血を伴うことがあり、 イチゴジャムのような粘血便がみられることもあります。 腹痛が起こることもあり、 重度のものでは発熱や体重の減少、貧血症状が見られます。 合併症として皮膚、関節、眼に症状が現れることもあります。 通常は内科治療が可能ですが穿孔が起きた場合などは外科手術を要します。 再発することが多いので継続的な内科治療を行うと良いでしょう。 クローン病 消化管に 非連続性の炎症や潰瘍を慢性的に引き起こす炎症性腸疾患の一つです。 病変の部位によっても症状は様々ですが、半数以上に腹痛や下痢などが見られ、 病変から出血すると血便となります。 通常は 黒いタールのような血便ですが出血量が多いと 鮮紅色の便になります。 発熱や貧血が見られることもあります。 原因ははっきりと判明しておらず、10代から20代に多いという特徴があります。 治療は栄養療法や薬物療法などの 内科治療ですが、腸閉塞や穿孔などの合併症がみられたら 外科治療を行います。 メッケル憩室 メッケル憩室は小腸の中間にみられる袋状の突起物です。 胎児のときに発生し、そして消滅する卵黄のう管が残ってしまったものがメッケル憩室となります。 メッケル憩室には 胃粘膜が存在することがあり胃と同じように胃酸を分泌するので、潰瘍や炎症を起こし 下血を引き起こす原因となるのです。 出血の量が多ければ 鮮紅色の便になりますが、血液が分解された場合は黒くなったり タール便になったりします。 メッケル憩室の疑いがもたれたら核医学検査である シンチグラフィで胃粘膜の存在を確認することで、診断を確定します。 症状が伴う場合は憩室や腸管の切除手術を行います。 最後に 子供が 血便をしたときに 考えられる原因についてお伝えしました。 口から食べ物を入れて肛門から便として排泄される過程の中で、出血が起こると 血便になります。 子供が血便を訴えたとき他に症状を伴わないものは放置してしまいがちです。 しかし、血便を起こす原因の病気が腸重積、腸閉塞、穿孔の合併症を引き起こすものが多いということがお解りいただけたと思います。 子供に自分で様子をみるように言ったとしても、まだ自己管理が不十分な子供は、どの状態が 異常であるのか判断できず重症化するまで気づかないということも考えられます。 一度血便を訴えたらその後の様子はしっかりと 観察しましょう。 そして慢性化しているようであれば一度 診察することをおすすめします。 激しい痛みなどを伴い 緊急を要するものもありますので、その場合には ただちに受診をしましょう。 子供の病気は自分の体の症状と違い把握するのが難しいものです。 よく観察して大きな病気のサインを見逃さないようにしましょう。 参考サイト) 1.

次の

【赤ちゃん・新生児の血便】血便の症状別の病気の目安を紹介!

粘 血便 原因

この記事の目次• 粘液便の原因 便に混ざって出てくる粘液は、大腸から排出されると言われます。 何らかの理由で大腸の壁が傷つくと、傷を治すために粘液が出ます。 この粘液が便と一緒に排出されたものが、粘液便というわけですね。 この粘液は傷が治れば出なくなる場合がほとんどですが、いつまでも粘液便が続く場合には別の病気が隠れている可能性もあるので、注意が必要です。 粘液便の種類 大腸から排出された粘液の色は、通常は白色ですが、時に色がついていることがあります。 大抵は心配する必要のないものですが、具体的にどのような種類があるかご紹介しましょう。 粘血便 白い粘液に血が混ざったものです。 大腸のどこかから出血している場合があるため、医療機関を受診されるとよいでしょう。 ピンク色 原因としては、痔や肛門の傷が考えられます。 便秘などで便が固いために肛門が傷ついたり、切れ痔による出血が原因です。 傷が治れば収まります。 緑色 緑色というのはあまり見慣れていないため、驚かれることも多いでしょう。 しかし、胆汁が原因ですので、あまり心配はいりません。 胆汁にはビリルビンという色素が含まれており、これが大腸の外で酸化すると緑色に変化します。 これが緑色の粘液便の正体です。 粘着便の原因が病気の可能性も? すでにお話しした通り、粘膜便が長引く場合には、単なる大腸の傷ではなく、病気が原因だと考えられます。 では、具体的にはどのような病気があるのでしょうか? 潰瘍性大腸炎 かいようせいだいちょうえん 大腸の最も内側にある、大腸粘膜にできる病気です。 大腸粘膜が炎症を起こすことで、びらんや腫瘍ができます。 20~30代の比較的若い世代で多い病気ですが、50~60代でも発症することがあります。 一度よくなっても、数か月後~数年後に再び悪化する場合があるため、油断できません。 原因 身体の中異常な抗体ができることで、大腸粘膜が攻撃されてしまうことが主な原因です。 ただし、原因は一つではなく、食生活や遺伝的な問題、腸内細菌叢の変化など、いくつもの要因が重なっているため、これだとはっきり言いきることは難しいようです。 精神的・肉体的ストレスを感じると悪化することがあるそうです。 症状 血便や粘液便のほか、下痢や腹痛などの自覚症状があります。 初期症状では綿のように白いものが便に混じりますが、出血している場合にはピンクっぽい粘液が混じることもあります。 さらに症状が進むと、体重が減ったり、発熱、貧血を起こすこともあります。 また、潰瘍性大腸炎は以下の2つに分類することができ、治療することは可能ですが、治療ですっきり治ることは少ないようです。 再燃緩解型(さいねんかんかいがた) 数ヶ月後~数年後に再び悪化し、それを何度も繰り返すタイプです。 慢性持続型 症状がいつまで経っても消えず、だらだらと長期間にわたって続くタイプです。 治療法 治療法は、症状の重度によって変わってきます。 比較的軽度な場合 治療法は2つあり、薬の内服か、腸に直接注入する方法があります。 ただし、炎症箇所が直腸や大腸の左半分のみに見られる場合には、注腸製剤(ペンタサやステロイド)を肛門から腸内へ注入する治療法も取られます。 それだけでなく、静脈内にステロイド薬を投与して治療します。 腸管を安静にする必要がある為、食事は一切抜き(絶食)、中心静脈栄養を投与する場合もあります。 ただし、上記のような方法でも症状が改善せず、重い症状が続く場合や、悪化を繰り返して日常生活に支障が出てしまう場合には、大腸の摘出が必要となります。 また、発症から10年以上が経過している場合には、大腸がんの発生リスクも高くなるため、要注意です。 もしも大腸がんを発症した場合には、やはり手術による摘出が必要になります。 詳しくは、を読んでおきましょう。 過敏性腸症候群 かびんせいちょうしょうこうぐん ストレスなどを原因として、便秘と下痢、またはその両方を繰り返すのが特徴です。 病院で検査しても、レントゲンや内視鏡などでは異常を発見できません。 気持ちがリラックスしている時には症状が出にくかったり、体重の変化が見られないなどの場合には、この病気を疑いましょう。 うつ病などを始めとする、精神疾患に深く関わっていると言われています。 日本人の10~15%の人がこの病気を患っているとされ、その割合は、消化器科を受診する人の中では3分の1を占めるほどです。 20代~40代に多く見られ、男性は下痢を繰り返す「下痢型」、女性は便秘を繰り返す「便秘型」が多いようです。 症状 腹痛や腹部の不快感のほか、下痢や便秘など、便通に変化が現れます。 痛みの場所としては腹部の左下が最も多いですが、場所がはっきり定まらない場合も見受けられます。 痛みの種類としては、突発的に差し込むような痛みが起こるものと、慢性的に鈍い痛みが続く2パターンがあり、どちらの場合も便意を催すことが多く、出してしまうと一時的に症状は改善します。 食後に症状が出やすく、反対に睡眠中には症状がありません。 このほか、腹部の膨満感やお腹がごろごろ鳴る、ガスが溜まっておなら出るなどの症状もあります。 人によっては消化器以外にも出ることがあり、主に頭痛や疲労感、抑うつ状態や集中力の低下など、さまざまなものがあります。 詳しくは、を参考にして下さい。 治療法 まず理解しておかなくてはならないのは、この病気の治療には、長い時間がかかるということです。 命にはかかわらないものの、治療を続けても完治に至ることは少ないため、完全に症状がなくなることは期待しない方がよいでしょう。 そのため、治療方法は以下の3つになります。 アルコールや辛いものの大量摂取は症状悪化につながりますから、控えることが大切です。 反対に、食物繊維を取ることは便秘、下痢型ともに有効なので、積極的に食事に取り入れましょう。 高分子重合体とは、コロネル、ポリフル(ポリカルボフィルカルシウム)などで、食物繊維の作用を強力にしたような薬です。 消化管運動調節薬は、セレキノン(トリメブチン)などで、消化管の運動を調節することにより、下痢や便秘、腹痛を改善することを目的に使用します。 ただし、それでも症状が改善しない場合には、抗不安薬、抗うつ薬の投薬も考えられます。 自立訓練法は、自分の力で不安や緊張を和らげたり、集中力を高めたり、精神的な苦痛を緩和したりできことを目的に行います。 また、認知行動療法は、簡単に言えば考え方をコントロールすることが目的です。 辛い状況に陥った時、それを悲観するのではなくよい方向へ考えることで、心のバランスを整え、ストレスを緩和させることを目的としています。 病気以外で白い粘液が付く場合 上記のような病気以外でも、便に白い粘液が混じることがあります。 そんな時には、以下のような原因が考えられますので、当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。 バリウム 胃の検査でバリウムを飲むことがありますよね。 このバリウムは、飲んでから3日後くらいまでは完全に体内から消えず、便に混ざって出てきます。 これは正常なことなので心配はいりませんが、白~グレーがかった便が出ることがあります。 バリウムについては、を読んでおきましょう。 消化不良 暴飲暴食によって消化不良を起こすと、一時的に便に白いものが混ざることがあります。 胃腸に負担をかけるような食生活は避けるように心がけましょう。 ただし、長く続く場合には「脂肪肝」の可能性があるため、気になる場合には医療機関を受診してください。 脂質の多い食事やアルコールの摂りすぎなどを続けていると、内臓に負担がかかり「脂肪肝」になることがあります。 脂肪肝の場合には、便に白いものが混ざるほか、おならが臭いなどの症状も現れます。 放置すると脂肪がんになる可能性もあるため、脂肪肝と診断されたら食事療法などを行い、体質改善に努めることが大切です。 便秘薬や下剤によるもの 便秘薬や下剤を服用すると、便に白いものが混ざることがあります。 薬の服用をやめれば元に戻りますが、個人の判断で勝手に中止せず、病院で相談してから判断する方が賢明です。 寄生虫によるもの 少し怖いですが、どんなに衛生環境が整っていても、寄生虫への感染はなくなりません。 その原因のほとんどは、食品をよく洗わずに食べてしまったり、肉や魚を生(または半生)で食べてしまったりすることです。 便に糸のような白いものが混ざっていたら、回虫の可能性ありです。 また、白いゴマのようなものが混ざっていたら、それはサナダムシの卵かも知れません。 あまり便をよく観察するのは気が引けるかも知れませんが、寄生虫の可能性を考えて、きちんと見てみることも大切です。 寄生虫かどうかは素人目には判別困難ですが、白いものが動いていたら寄生虫で間違いありません。 気になる場合には、医療機関で詳しく検査してもらいましょう。 赤ちゃんの便が白いのは? 赤ちゃんの便に白い粒が混ざっている場合は、脂肪乳やカルシウムが原因です。 赤ちゃんはまだ消化機能が発達していないため、こうした状況がよく見られます。 特におかしなことではありませんので、明らかに元気がないなどの異常がなければ心配はいりません。 ただし、便から腐ったような臭いがしたり、下痢のような白い便が出る場合には注意が必要です。 また、消化機能の未発達が原因で白いものが混ざるのは、0才までのため、1才をすぎても白い便が出る場合は、早めに医療機関を受診された方がよいでしょう。 ほかの原因が考えられるためです。

次の