結婚式 費用。 30人規模の結婚式にかかる費用は?アットホームな披露宴に人気の演出も紹介

挙式・披露宴・結婚式の平均費用の相場や内訳は? [結婚式・披露宴の準備] All About

結婚式 費用

10人規模の結婚式を検討しているのであれば、まずは式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加してみましょう。 式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、31,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。 どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。 10人規模の結婚式には誰を招待するの? そもそも10人規模の結婚式とは、一体誰を招待するのでしょうか。 全員で10人ということは、新郎新婦を除き残りは8人です。 両家の両親を招待すると残りは4人になるので、 兄弟姉妹や祖父母という比較的近い間柄の人を招待するケースがほとんどになるのではないでしょうか。 もしも兄弟姉妹がすでに結婚しているのであれば、兄弟姉妹の家族も招待するといいでしょう。 シェフによる料理パフォーマンス• 両親への花束贈呈 シェフによる料理パフォーマンス 10人規模の結婚式をおこなうのであれば、 シェフによる料理パフォーマンスがおすすめです。 フルーツカットや炎を使ったパフォーマンスは家族も楽しむことができ、その後美味しい料理を食べることができます。 新郎新婦自身で演出を準備するのではなく、式場のスタッフさんやシェフに任せてしまうのも選択肢の一つですよ。 ウェディングケーキと聞くと、とても大きなものを想像するかもしれませんが、 10人規模の結婚式でもウェディングケーキの入刀をするのはおすすめです。 ケーキ自体は小さいものになるかもしれませんが、ケーキ入刀をしたうえで新郎新婦が切り分け、ゲストにサーブするとゲストも喜ぶ演出になります。 両親への花束贈呈 料理に関するパフォーマンスだけでなく、両親への感謝を伝えることも演出の一部になります。 しかし家族の前で花嫁の手紙のようなものを読み上げるのは恥ずかしい、と考えている人も多いと思います。 結婚式を挙げることで「けじめ」になる• 費用を安く抑えることができる• 両家の距離が近くなる 結婚式を挙げることで「けじめ」になる 結婚式を挙げることは、やはり結婚をしたけじめになり離婚率も低くなります。 最近は入籍のみで済ましてしまうナシ婚が主流になってきていますが、結婚式を挙げることはやはり大切なことなのではないでしょうか。 そのうえ両家の家族だけを招待するのであれば、ウェディングドレス姿が恥ずかしいと感じる人でも問題なく実現することができます。 費用を安く抑えることができる 10人規模の結婚式において、一番のメリットは 費用を安く抑えることができる点ではないでしょうか。 一般的な結婚式ではゲストの人数が約70人、結婚式の費用の中でも100万円程度は自己負担になると言われています。 しかし10人規模の結婚式の場合は、ゲストのご祝儀を辞退しても約60万円程度の負担になり一般的な結婚式よりも大幅に費用を抑えることができます。 結婚式は挙げたいけれど金銭的な問題で諦めてしまっている、という人は比較的費用が安い10人規模の結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。 両家の距離が近くなる 10人規模の結婚式におけるメリットは、決して金銭的なものだけではありません。 一般的な結婚式は両家の両親もゲストをおもてなしする側になるため、両家で交流する時間があまりありません。 しかし10人規模の結婚式の場合、両家の両親もゲストになり時間にも余裕があります。 食事会の進行は誰がするの? 10人規模の結婚式の場合、食事会の進行をする 司会を誰かに依頼する必要はありません。 新郎新婦自身で場を仕切ってもいいですし、プランナーさんに声かけだけお願いしておくのもおすすめです。 少人数結婚式のメリットであるアットホームさを重視するためにも、司会者をたてる必要はありません。 引き出物は渡すべきなの? 10人規模の結婚式の場合は、ご祝儀を辞退しているケースがほとんどのため 引き出物は必要ありません。 ただし、ご祝儀を辞退しないのであれば引き出物を準備する必要があるため、ゲストを招待する前にパートナーと話し合って決めておきましょう。 余興や派手な演出はおこなうべき? 10人規模の結婚式であれば、 余興や派手な演出をする必要はありません。 招待するゲストは家族や近い親族のみになるため、余興や派手な演出などのおもてなしは不要です。 もしも演出などをおこなうのであれば、先ほど紹介した少人数結婚式でもできる演出をおこなうようにしましょう。 10人規模の食事会で使える座席表の決め方 10人規模の結婚式では披露宴ではなく食事会のような雰囲気になるといいましたが、高砂がない食事会の際はどのような席次にすればいいのか悩んでしまうと思います。 10人で1つのテーブルを囲むときの、席順について紹介していきましょう。 新郎新婦が誕生日席の場合 新郎新婦を誕生日席とした長テーブルの場合、新郎新婦から一番遠い席を両親にするのが一般的です。 兄弟や姉妹が既に結婚しているのであれば、義理兄や義理姉などを新郎新婦から一番近い席にしましょう。 しかし新婦に姉妹がいるのであれば、横並びになったほうが盛り上がるということもあるため兄弟姉妹が一番近い席でも問題ありません。 新郎新婦が真ん中に座る場合 誕生日席のない長テーブルの場合、新郎新婦は真ん中に座ることになります。 そしてこちらも新郎新婦から一番遠い席は両家の両親、近い席は兄弟姉妹や祖父母にするのがおすすめです。 しかし実際にはどの席に座っても大きな問題はないため、新郎新婦が家族の関係性を考慮し、一番盛り上がる席順を考えましょう。 10人規模の結婚式と挙式のみはどっちのがいいの? 10人規模の結婚式の場合は披露宴ではなく家族や近い親族のみの食事会になるため、挙式のみの結婚式と変わらないのではないかと思う人も多いと思います。 たしかに挙式のみの結婚式であれば、友人や会社の同僚、親族などもご祝儀を辞退した上で紹介することができます。 10人規模で寂しいと考えている人は、挙式のみを盛大におこなうのも選択肢の一つなのではないでしょうか。 挙式のみでも家族だけで食事会をおこなうケースが多い 挙式のみでも問題ないといいましたが、実際には挙式のみを選択している人のほとんどは挙式後に家族だけで食事会をおこなっているケースがほとんどです。 そのため挙式のみを選択しても10人規模の結婚式を選択しても、結婚式としてやることは変わりません。

次の

結婚式の費用負担の割合は?新郎新婦で揉めない4つの分担方法

結婚式 費用

10人規模の結婚式を検討しているのであれば、まずは式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加してみましょう。 式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、31,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。 どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。 10人規模の結婚式には誰を招待するの? そもそも10人規模の結婚式とは、一体誰を招待するのでしょうか。 全員で10人ということは、新郎新婦を除き残りは8人です。 両家の両親を招待すると残りは4人になるので、 兄弟姉妹や祖父母という比較的近い間柄の人を招待するケースがほとんどになるのではないでしょうか。 もしも兄弟姉妹がすでに結婚しているのであれば、兄弟姉妹の家族も招待するといいでしょう。 シェフによる料理パフォーマンス• 両親への花束贈呈 シェフによる料理パフォーマンス 10人規模の結婚式をおこなうのであれば、 シェフによる料理パフォーマンスがおすすめです。 フルーツカットや炎を使ったパフォーマンスは家族も楽しむことができ、その後美味しい料理を食べることができます。 新郎新婦自身で演出を準備するのではなく、式場のスタッフさんやシェフに任せてしまうのも選択肢の一つですよ。 ウェディングケーキと聞くと、とても大きなものを想像するかもしれませんが、 10人規模の結婚式でもウェディングケーキの入刀をするのはおすすめです。 ケーキ自体は小さいものになるかもしれませんが、ケーキ入刀をしたうえで新郎新婦が切り分け、ゲストにサーブするとゲストも喜ぶ演出になります。 両親への花束贈呈 料理に関するパフォーマンスだけでなく、両親への感謝を伝えることも演出の一部になります。 しかし家族の前で花嫁の手紙のようなものを読み上げるのは恥ずかしい、と考えている人も多いと思います。 結婚式を挙げることで「けじめ」になる• 費用を安く抑えることができる• 両家の距離が近くなる 結婚式を挙げることで「けじめ」になる 結婚式を挙げることは、やはり結婚をしたけじめになり離婚率も低くなります。 最近は入籍のみで済ましてしまうナシ婚が主流になってきていますが、結婚式を挙げることはやはり大切なことなのではないでしょうか。 そのうえ両家の家族だけを招待するのであれば、ウェディングドレス姿が恥ずかしいと感じる人でも問題なく実現することができます。 費用を安く抑えることができる 10人規模の結婚式において、一番のメリットは 費用を安く抑えることができる点ではないでしょうか。 一般的な結婚式ではゲストの人数が約70人、結婚式の費用の中でも100万円程度は自己負担になると言われています。 しかし10人規模の結婚式の場合は、ゲストのご祝儀を辞退しても約60万円程度の負担になり一般的な結婚式よりも大幅に費用を抑えることができます。 結婚式は挙げたいけれど金銭的な問題で諦めてしまっている、という人は比較的費用が安い10人規模の結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。 両家の距離が近くなる 10人規模の結婚式におけるメリットは、決して金銭的なものだけではありません。 一般的な結婚式は両家の両親もゲストをおもてなしする側になるため、両家で交流する時間があまりありません。 しかし10人規模の結婚式の場合、両家の両親もゲストになり時間にも余裕があります。 食事会の進行は誰がするの? 10人規模の結婚式の場合、食事会の進行をする 司会を誰かに依頼する必要はありません。 新郎新婦自身で場を仕切ってもいいですし、プランナーさんに声かけだけお願いしておくのもおすすめです。 少人数結婚式のメリットであるアットホームさを重視するためにも、司会者をたてる必要はありません。 引き出物は渡すべきなの? 10人規模の結婚式の場合は、ご祝儀を辞退しているケースがほとんどのため 引き出物は必要ありません。 ただし、ご祝儀を辞退しないのであれば引き出物を準備する必要があるため、ゲストを招待する前にパートナーと話し合って決めておきましょう。 余興や派手な演出はおこなうべき? 10人規模の結婚式であれば、 余興や派手な演出をする必要はありません。 招待するゲストは家族や近い親族のみになるため、余興や派手な演出などのおもてなしは不要です。 もしも演出などをおこなうのであれば、先ほど紹介した少人数結婚式でもできる演出をおこなうようにしましょう。 10人規模の食事会で使える座席表の決め方 10人規模の結婚式では披露宴ではなく食事会のような雰囲気になるといいましたが、高砂がない食事会の際はどのような席次にすればいいのか悩んでしまうと思います。 10人で1つのテーブルを囲むときの、席順について紹介していきましょう。 新郎新婦が誕生日席の場合 新郎新婦を誕生日席とした長テーブルの場合、新郎新婦から一番遠い席を両親にするのが一般的です。 兄弟や姉妹が既に結婚しているのであれば、義理兄や義理姉などを新郎新婦から一番近い席にしましょう。 しかし新婦に姉妹がいるのであれば、横並びになったほうが盛り上がるということもあるため兄弟姉妹が一番近い席でも問題ありません。 新郎新婦が真ん中に座る場合 誕生日席のない長テーブルの場合、新郎新婦は真ん中に座ることになります。 そしてこちらも新郎新婦から一番遠い席は両家の両親、近い席は兄弟姉妹や祖父母にするのがおすすめです。 しかし実際にはどの席に座っても大きな問題はないため、新郎新婦が家族の関係性を考慮し、一番盛り上がる席順を考えましょう。 10人規模の結婚式と挙式のみはどっちのがいいの? 10人規模の結婚式の場合は披露宴ではなく家族や近い親族のみの食事会になるため、挙式のみの結婚式と変わらないのではないかと思う人も多いと思います。 たしかに挙式のみの結婚式であれば、友人や会社の同僚、親族などもご祝儀を辞退した上で紹介することができます。 10人規模で寂しいと考えている人は、挙式のみを盛大におこなうのも選択肢の一つなのではないでしょうか。 挙式のみでも家族だけで食事会をおこなうケースが多い 挙式のみでも問題ないといいましたが、実際には挙式のみを選択している人のほとんどは挙式後に家族だけで食事会をおこなっているケースがほとんどです。 そのため挙式のみを選択しても10人規模の結婚式を選択しても、結婚式としてやることは変わりません。

次の

「結婚の費用」基礎知識|ゼクシィ

結婚式 費用

【総費用】435万円をひとつの目安に まず、一番気になる「結婚全体にかかる総費用」から。 結婚スタイルマガジン編集部が調べたところ、「総費用」の平均額は・・・ ずばり、【434. 7万円】なり。 金額の内訳は、以下の通りです。 以下同様に引用) 「えー、全部で400万円以上もかかるの!?」 と焦った人、ご安心を。 披露宴をする場合、ゲストから「ご祝儀」がもらえます。 ご祝儀の総額は、平均【195万5000円】。 ということは、先ほどの 「総費用」=【約435万円】 から、この 「ご祝儀」=【約195万円】 を差し引いた、 【約240万円】 これが、「二人が結婚のために用意すべき金額」ってことになりますね。 場合によっては、ご祝儀に加えて「親からの援助」や「職場や知人からのお祝い金」をもらえる人もいるようです。 さっきの【約240万円】に、そうしたプラスアルファのお金を加えて考えれば、大体の予算が立てられます。 さて、つづいて「項目別にかかる費用」を見ていきましょう。 以下同様に引用) 【顔合わせ食事会】両家で5万円ほど 顔合わせ食事会とは、両家が集まって食事をしながら親睦を深める会のこと。 先輩カップルの 95. 費用の平均は【 5. 3 万円】。 飲食代のほか、会場によっては個室料金などがかかることもあるようです。 顔合わせ食事会の費用について詳しく知りたい人は、こちらを読んでみてくださいね。 結納を行うカップルも 結婚前に両家で行うイベントとしては、顔合わせ食事会以外に「結納」もあります。 結納とは、婚約した後に 両家が親類となることを祝って、贈り物を納めあう儀式のこと。 結納を行ったカップルは 27. 結納にかかる費用としては、次のようなものがあります。 結納の内容は地域や家によっても変わってくるので、必ずしも上記の金額がかかるわけではありません。 二人だけで決められることではないので、まずはお互いの両親に要相談ですね。 「結納金」、「結納返し」といった、結納の各項目について詳しく知りたい人は、下のリンクを参考にしてください。 【婚約指輪】「給料3ヶ月分」は昔の話!? 男性から女性へ、婚約の証として贈られる婚約指輪。 一昔前は、「給料の3ヶ月分」とも言われた婚約指輪 ですが・・・ 最近のカップルは、平均いくら用意していると思いますか? 答え 婚約指輪の平均金額【36. 9万円】 いかがでしょうか? 「良かった、思ったより高くない…」 と、ホッとした男性の声が聞こえてきそう。 婚約指輪の平均金額や予算の決め方については、こちらの記事で詳しくまとめています。 【結婚指輪】二人でいくら? 結婚指輪は、夫婦で日常的に身につけるもの。 女性だけがつける婚約指輪と違って、基本的には男性の分も用意する必要があります。 そんな結婚指輪の金額は、二人分で平均【 28. 1 万円】。 婚約指輪に比べると安いですね。 婚約指輪と結婚指輪の費用の差は、デザインの違いによるところが大きいようです。 婚約指輪は、ダイヤモンドを主役にした華やかなデザインのものが人気。 一方、結婚指輪は普段使いしやすいシンプルなデザインを選ぶ人が多いため、比較的価格も抑えめなようです。 結婚指輪の平均額についてはこちらをどうぞ。 【結婚式】平均は約310万円。 賢く節約! なんとなくお分かりかとは思いますが、「結婚式」は、結婚費用のなかでも一番大きな割合を占めます。 平均額は、ずばり【308. 3万円】。 結婚式は、料理・衣裳・演出などをどうするかによって大きく費用が変わってきます。 そのため費用も人それぞれですが、特に代表的な項目を挙げ るなら、こんな感じです。 結婚式の費用について詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。 【新婚旅行】7日で56万円ほど データによると、新婚旅行の日数は、【7日】が最も多いようです。 平均費用は、 新婚旅行【50. 7万円】 お土産代【5. 4万円】 となっています。 海外旅行だとお値段は割高になりますが、団体ツアーなどを上手く使えば節約は可能です。 「それでも海外は高いかな~」 という二人は、国内でゆっくり過ごしましょう。 海外に比べて費用が抑えられる分、 ・長期間滞在ができる ・お世話になった人たちへのお土産代にお金をかけられる といったメリットがあります。 下の記事ではおすすめのハネムーン先を予算別にまとめているので、参考にしてみてください。 新生活にはどれくらいかかる? 結婚費用とは別ですが、新生活にかかる費用の平均も、最後に見ておきましょう。 新生活準備にかかった費用は、平均で 【92. 8万円】 家電製品やインテリアなど、すべての物を一から買いそろえるとなるとだいぶ高くつきますね。 費用を抑えたければ、 ・リサイクルショップを使う ・新生活に最低限必要なものだけ買う といった工夫をすると良いですよ。 ・顔合わせ食事会 5. 3 万円 ・婚約指輪 36. 9万円 ・結婚指輪(二人分) 28. 1万円 ・結婚式 308. 3万円 ・新婚旅行 56. 1万円 これらを合計すると、総費用の平均は【約 435 万円】。 このほかに結納を行う場合、結納式や結納品などの費用もかかります。 ただ、現在ではそもそも結納をするカップル自体が少なくなっているようです。 二人の「結婚資金の平均額」は、 上記の「総費用」 約 435 万円から「ご祝儀」 約 195 万円を差し引いて 【約 240万円】 ということでした。 単純に2で割ると、一人【約120万円】貯金していたことになりますね。 ぜひ貯金の計画を立てる時の目安にしてみて下さい。 結婚資金の貯め方や節約方法、管理の仕方については、こちらの記事で詳しくまとめています。

次の