貧血 頭痛 い。 どんな症状が出たら貧血を疑うべき?危険度の高い鉄欠乏性貧血とその他の貧血の種類

疲れやすい、めまい、頭痛、ウツウツ…その原因は貧血、低血圧かも:働くオンナの保健室:日経Gooday(グッデイ)

貧血 頭痛 い

貧血の症状といえば、一般的にはめまいや立ちくらみを連想しがちです。 しかし、現れる症状は多岐に渡るため、気付かずに日常生活を送っている人も少なくなりません。 疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。 貧血の原因は様々あるため、まずは内科を受診することをお勧めします。 貧血の症状というと「立ちくらみ」を連想する方がたくさんいますが、立ちくらみはと呼ばれ、貧血とは関係ありません。 貧血が急激に起こる事はなく、徐々に進行してきます。 そのため症状もはっきりしたものがなく、なんとなく頭が痛かったり、肩がこったり、疲れやすかったり、顔色が悪かったりします。 つまり、日常起こり得そうな体調不良の症状が多く、体調の悪さを自分の体質や疲労の蓄積と諦めてしまい、貧血と気づかずに生活している人が多いのが現状です。 は様々ありますが、血液中の赤血球が不足することで全身に運ぶ酸素量が少なくなり、体が酸素欠乏して症状が現れることは共通しています。 つまり、貧血は全身の酸欠によって起こるため、症状は全身に現れます。 貧血症状のイメージといえば「だるい」「めまいがする」などを連想しますが、意外な症状もたくさんあり、多岐に渡ります。 以下に症状の具体例を示します。 自分に当てはまるものはありますか? 体調に関する症状 疲れやすい だるい めまいがする 動悸や息切れがする 眠気 吐き気 胃痛 頭痛や肩こりに関する症状 頭痛 肩こりがある 頭が重い 顔色が悪い 食事に関する症状 食べ物が飲み込みづらい 口の端が切れる 舌の表面がツルツル 煎餅など硬いものを大量に食べたくなる 酸味がしみる 肌・髪・爪に関する症状 爪がスプーン状になる 爪が割れやすい 枝毛・抜け毛が増える 肌がカサカサする 思い当たるものはありましたか?貧血といえば「めまい」や「だるさ」くらいに考えられがちですが、実際にはこれだけの症状があります。 貧血は血液の病気ですので、全身を駆けめぐる血液の調子が悪いと、体のあちこちに障害が出てもおかしくありません。 生理で定期的に鉄分を失う女性と違い、男性は出血しない限り体内から鉄分を失うことはなく、血液を活発につくろうとする男性ホルモンの働きもあり、男性が貧血になる事は通常ありません。 つまり、男性に貧血の症状が現れるという事は、体内のどこかで慢性的に出血しているということになります。 男性に症状が現れた場合、以下のような病気の可能性が高い確率で考えられます。 胃・十二指腸潰瘍 胃がん 大腸がん 大腸ポリープ 痔 このような消化器系疾患による出血がある場合、便の色が「黒色のタール便」や「赤褐色から鮮紅色の便」になります。 この便の色の違いは出血箇所によって異なります。 胃や十二指腸で出血している場合は血液が胃酸や消化酵素と反応することで黒くなり、それが便に混ざることでタールのような黒色になります。 一方、大腸や肛門付近の痔から出血した場合は、血液の色が変わることなく便に混ざるため、赤褐色から鮮紅色の便が出るようになります。 消化管からの出血に気付かずに大腸がんが進行してしまったり、重度の貧血で倒れてから病院に搬送されることも少なくありません。 健康診断で便潜血検査を受けるのはもちろんのこと、日ごろから排便後に便の色を観察する習慣をつけることが病気の早期発見につながります。 急に立ち上がったり起き上がったりすると、目の前が暗くなったり、目がチカチカすることがあります。 このような症状は「貧血によるもの」と思われがちですが、それは間違いです。 急に立ち上がったりすることで一時的に血圧が下がり、脳に十分な血流が行かなくなることで、目の前が暗くなったり、目がチカチカする症状が現れるもので、これを脳貧血または起立性低血圧と言います。 脳貧血は起立性低血圧や血管迷走神経失神が原因であるため、まったく異なります。 貧血は鉄分不足や造血機能の低下で赤血球が減少することによって発症しますが、脳貧血は血液を調べても異常はありません。 症状の現れ方には個人差があり、まったく症状が出ない人もいれば、強めに症状が出る人もいます。 しかし、必ずしも症状の強さが病気の重さと比例しているわけではありません。 こうした自覚症状はあっても「大した事ではない」と自己診断してしまうのは危険な事です。 倦怠感や息切れなどの症状が出る病気はほかにもたくさんあり、命にかかわる重篤な病気を見逃してしまうことにもなります。 これらの症状がある時は一度きちんと病院で調べてもらい、を明らかにしておくことが大切です。 検査は簡単に行う事ができ、原因がはっきりしやすいのも貧血の特徴です。

次の

鉄欠乏性貧血の頭痛・吐き気・眠気の対処法〜症状と応急処置とは〜

貧血 頭痛 い

妊婦の対処法は? 妊娠中の貧血も 食事の見直しや、病院からの鉄剤の処方で対処できます。 かかりつけの婦人科に相談しましょう。 また、 市販のサプリメントであっても、鉄欠乏性貧血の場合は鉄分が含まれているものであれば改善は期待できます。 ただし、 医師に確認をしてから服用するようにしましょう。 病気の可能性も?こんな症状は病院へ 貧血を引き起こす病気 腎不全 貧血に伴って下記の症状がある場合、 腎不全の可能性があります。 疲れやすい• 息切れがする• 尿量が減る• 浮腫食欲低下• 高血圧• 高カリウム血症 等 栄養不良(ビタミンB12、葉酸欠乏) 下記の症状がある場合は、 栄養不良によって貧血が生じている可能性があります。 めまい• 息切れ• 疲労 等 子宮筋腫や子宮がん.

次の

貧血と頭痛の密接な関係。偏頭痛かと思っていたら貧血!!

貧血 頭痛 い

[画像のクリックで拡大表示] 症状は全身に出る。 よくある貧血の症状は、めまいや頭痛だが、これは脳の酸素不足による。 ひどい場合は、失神してしまうことも。 筋肉の酸素が不足すると、熱やエネルギーの産生効率が悪くなり、そこで生まれた老廃物の運搬もスムーズにいかないため体がだるく疲れがとれないといった症状も出てくる。 階段や坂道を上がると、動悸や息切れも起きるが、これは血液の酸素を運ぶ量が少ないので循環を上げてカバーするためだ。 「貧血の人は、疲れやすく、ちょっと走っただけで息切れがする」と南雲院長。 貧血の中でも、女性に多いのが、「月経による出血が原因で鉄が不足する鉄欠乏性貧血です」と南雲院長。 ひと月の月経で失われる経血量は平均して35mLで、血液1mLには鉄が0. 5mg含まれているので約17. 5mgの鉄が失われることになる。 「食事で摂取する鉄のうち、胃腸から吸収されるのはわずか10%程度。 一方、1日に汗や尿などで排出される量も1mgあるので、積極的に鉄を摂取しないと、収支がマイナスになってしまう。 これが影響している」と南雲院長。 [画像のクリックで拡大表示] 月経周期の短い人は貧血になりやすい 女性なら誰でも鉄欠乏性貧血のリスクがあるといえるが、こんな人はさらに要注意。 「ダイエットで食事量を制限したり、好き嫌いが多く偏った食事をしている人は、いっそう鉄が不足しがちで、貧血を発症しやすい。 月経周期の短い人や子宮筋腫があって経血量が多い『過多月経』の人も同様だ。 生活改善で貧血を改善できることもあるので、生活の見直しも大切」と南雲院長。 具体的な改善策は3ページ目を参照してほしい。 貧血は長引くと心臓への負担で心肥大や不整脈につながり、決して軽く見てはいけない。 再生不良性貧血や溶血性貧血など重大な病気もある。 まずは自分でできる生活改善から始めて、それでも治らなければ病院へ。 続きは「日経Gooday会員(無料)」、 「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の