ネット フィリックス。 Netflix(ネットフリックス)のおすすめ映画作品100選!完全保存版

Netflix Nederland

ネット フィリックス

作品をダウンロードする方法 まずはアプリからログインし、ダウンロード可能な作品を探します。 (ダウンロード可能な作品は限られているが、相当数の作品があります。 ) 画面左上がメニューボタンになります。 メニューボタン内にある、「ダウンロード可能な作品」をクリック。 これでダウンロードが可能な作品一覧が表示されます。 ダウンロードする際の注意点 Wi-Fi接続中にダウンロードしてください。 ダウンロードとストリーミングは同程度のデータ量を消費するのでパケット料金が危険なことになります。 これでWi-Fi環境下以外ではダウンロードできない設定になりました。 ダウンロードの画質を選択する 「スタンダード(低画質)」か「高画質」を選択する事ができます。 2つの違いを簡単にまとめます。 画質 データサイズ ダウンロード時間 スタンダード(低画質) 低解像度 小 短い 高画質 高解像度 大 長い 個人的には高画質がオススメですが、容量には気を付けましょう。 ダウンロード済みの作品を確認する方法 画面左上のメニューから「マイダウンロード」を選択 ここからダウンロード済みの作品一覧を管理することができます。 ダウンロード済みの作品が「マイダウンロード」に表示されました! ここに表示されている作品は、いかなる環境で視聴しても パケット通信料が発生しないということになります。 ダウンロード済みの作品を削除する方法 画面の右上隅にある「編集」をタップ(androidの場合は「編集アイコン」をタップ) 削除したい作品にチェックを入れて削除する。 ちなみに、作品を長押ししても削除することが可能でした。 以上で、NETFLIXアプリでダウンロード視聴の解説は終わりです。 まとめ このダウンロード視聴のおかで、 いつでもどこでもパケット通信量を使わずに視聴することが可能になりました。 1日約1本の映画を観るマニアックな僕には最高の機能ですが、そうでない人にとっても通勤電車でNETFLIXのオリジナルドラマが観れるのはかなり需要があるのではないかと思っています。 個人的には常時4作品くらいはダウンロードしておこうかなと思っています。

次の

Netflix

ネット フィリックス

目次 au Netflixプランとは 動画見放題がついたプラン 「Netflixプラン」は、 通話+ネットに動画見放題がついたセットプランになります。 動画見放題では「 Netflix」と「 auビデオパス」の2つのサービスが利用できます。 Netflix(ネットフリックス)月額800円 Netflixは世界最大手の動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメなどがすべて見放題になりますが、海外の会社なので日本の映画・ドラマ作品は少なめな印象。 海外ドラマやNetflixオリジナル作品は充実しているので、海外ドラマが好きな人にはおすすめです。 わたしもつい先月Netflixを契約したばかりなのですが、使い勝手はとてもよかったです。 中でもオープニングやエンディングをスキップする機能は最高でした。 連続で何話も見る際には重宝します。 視聴はスマホ、タブレット、パソコン、テレビ(スマートテレビ、PlayStation、Xbox、Chromecast、Apple TV、ブルーレイプレーヤー必要)から可能。 ただし、毎月1本だけ最新作品がレンタルできます。 (レンタル用のコイン540ポイントが付与される) auビデオパスは子供向けのアニメや戦隊ものの作品数が多い印象でした。 映画やドラマも人気どころをうまく押さえている感じで、ファミリー向けにおすすめの動画サービスです。 視聴はスマホ、タブレット、パソコン、テレビ(Smart TV Box、Smart TV Stick、STW2000、Chromecast、Apple TV、ビデオパス対応テレビ)から可能。 なので、今回の「Netflixプラン」への加入を迷っている方は、その前に無料お試し体験を利用してから契約したほうがお得です。 2019年9月より2つの新プランに 2018年8月にサービスが始まったときは、25GBまでのフラットプランのみだったんですが、2019年9月からはデータ無制限のデータMAXプランも開始。 従来のフラットプラン25は内容そのままで継続ですが、プランの最後にNがついて違約金が9,500円から1,000円に変更となっています。 auフラットプラン25 NetflixパックN 「フラットプラン25 NetflixパックN」で月間に使用できるパケット量は25GBのみで、その他の容量は選べません。 元々auにはフラットプラン20があるんですが、Netflixプランではそこに5GBプラスした感じですね。 Netflix(月額800円)+auビデオパス(月額562円)=1,362円 なので、普通に両方の動画サービスを契約するよりは362円とパケット量5GB分だけお得になります。 auデータMAXプランNetflixパック データMAXプランだとパケットは使い放題になります。 ただし、動画配信などの大量のデータ通信または長時間接続をともなうサービスをご利用の際、通信速度を制限致しますとあるので、ずーっと動画を流し続ける状態が続くと通信が遅く制限される可能性があるので注意。 また、 テザリングは使い放題ではなく2GBまでです。 通話オプションは3種類• スーパーカケホ・・24時間かけ放題(1回5分以内)• カケホ・・24時間かけ放題(制限なし)• ベーシック(800円)・・同時視聴1台• スタンダード(1200円)・・同時視聴2台、HD画質• プレミアム(1800円)・・同時視聴4台、4K画質 違いは同時視聴と画質のみで、視聴できる作品のラインナップは同じです。 家族それぞれ別のテレビ・スマホで視聴したい場合や、高画質にこだわる人以外はベーシックで十分。 で、auのNetflixプランでは「ベーシック」が標準装備になっているため、もし「スタンダード」や「プレミアム」プランを利用したい場合には追加でオプション料金が必要になります。 動画見放題も自宅にWi-Fi環境があるなら自宅での視聴は通信量に関係ないので、それなら新ピタットプランにしておいて普通に動画配信サービスを契約するというのでもアリだと思います。 フラットプラン7にのみTwitter、Instagram、Facebook、+メッセージのデータ消費量がノーカウントになる特典がついてますが、こちらもあと500円ほど追加すれば20GBにできるので、正直微妙かなと思いました。 ということで、 今回はauの新プラン「Netflixプラン」について、ぶっちゃけお得なのかどうかいろいろと調べました。 ということで今日はこのへんで。

次の

Netflix(ネットフリックス)を1ヶ月間無料体験して思ったこと。他との比較も。

ネット フィリックス

本社 市場情報 : 本社所在地 設立 事業内容 の販売・レンタル 配信 映像コンテンツ製作 代表者 リード・ヘイスティングス (、) テッド・サランドス (CCO) 売上高 157億9400万ドル (2018年) 営業利益 16億0500万ドル (2018年) 純利益 12億1100万ドル (2018年) 純資産 52億8900万ドル (2018年) 総資産 259億7400万ドル (2018年) 従業員数 7,100人 (2018年) 主要株主 (2011年 - ) 主要子会社 Netflix株式会社(日本法人) () 関係する人物 リード・ヘイスティングス(共同創業者) ()(共同創業者) 外部リンク Netflix(ネットフリックス、: )は、の及び運営会社。 アメリカ合衆国の主要な企業で、の一つである。 2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し 、2018年の売上は157億ドル(1. 57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 本社はに置かれている。 10万種類、延べ4200万枚のを保有し、レンタル向けに1,600万人の顧客を得ている。 また、ストリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っている。 、、、、、に支社を持つ。 歴史 [ ] 創業期:1997年~1999年 [ ] Netflixは、現CEOの ()と、ソフトウェア会社の役員だった ()によって、にて設立された。 創業時の資本金は250万ドル で、初代CEOにはランドルフが就任した。 オンラインでのDVDレンタルサービスを事業とすることを思いついたのはヘイスティングスで、かつて彼が『』のビデオテープをレンタルした際、返却期限に間に合わず40ドルの延滞料金を支払った経験がきっかけとなっている。 、Netflixはわずか30名の従業員と共に、ウェブサイトによるDVDレンタルサービスを世界で初めて開始。 当初扱っていた作品数は925タイトルで、1週間レンタルにつき4ドル、送料・手数料として2ドル 追加でレンタルする場合はさらに1ドル を支払う仕組みになっていたが 、9月、定額制のレンタルサービス「 マーキー・プログラム」を開始。 月額15ドルでDVDを本数制限なしにレンタルできるこのサービスは、延滞料金、送料・手数料が全て無料という当時としては画期的なアイデアだった。 以降、などのライバル企業が同様のサービスで参入したが 、に型でのレンタル事業を展開する ()に明け渡すまで、DVDレンタル業界1位の座を守り抜いていた。 この年には本社を、現所在地のに移している。 成長期:2000年~2005年 [ ] 、Netflixは会員の評価に基づき、各会員にお勧めの作品を提示する「 レコメンド機能」を導入。 同年にはレンタルビデオ店チェーンのに、5000万ドルで自社を売却するという旨の申し出を行っているが、ブロックバスター側が断ったことにより、買収はされなかった。 この時期、Netflixはアメリカ国内に60万人の会員を抱えるまでに成長しており 、2002年には新規株式を公開してに上場。 普通株式550万株を15ドルで売却し 、さらに追加で82万5千株を同額で売却した。 度の会計では、売上高2億7200万ドル、純利益650万ドルを計上しているが 、に取締役員を務めていたランドルフが職を退き、会社を去った。 には会員数が420万人を突破。 扱う作品数も3万5千タイトルにまで増え、毎日100万枚ものDVDがNetflixを通じてレンタルされるようになった。 変革期:2007年~2014年 [ ] 1月、Netflixは自社のコアビジネスを、それまでのDVDレンタルサービスから方式による配信サービスに移行。 からにかけては、大手メーカーと提携し、ゲーム機(、、)、プレーヤー、インターネット接続テレビ、製品(やなど)およびその他デバイスでの配信に対応していった。 しかし9月、Netflixは自社のサービスからDVDレンタルサービスを独立させ、「 クイックスター」(Qwikster)というブランド名で提供することを発表。 DVDだけでなく、Xbox 360、Wii、プレイステーション3専用のゲームタイトルもレンタル可能にする予定だったが 、利用者からは同社がストリーミング配信サービスと合わせてそれぞれ7ドル値上げしたことについて不満の声が上がり、第3四半期には約80万人もの会員がサービスを解約。 さらに「クイックスター」という名前自体が、既にの個人アカウント名として使われていることが判明。 翌月には計画全てを廃止することとなった。 10月にはより、ストリーミング配信を世に広めた功績が讃えられ、同賞の技術開発部門である ()を受賞。 また、第4四半期にはアメリカ国内でのストリーミング配信サービスの利用者は2,710万人に増え、売上高は9億4500万ドルとなった。 、インターネット界のとも呼ばれるのMedia Streaming部門(音声・映像ストリーミングサービス対象)でWebby Award(審査員投票)とPeople's Voice Webby Award(一般投票)のダブル受賞を果たした。 4月、Netflixはアメリカでのストリーミング配信市場において32. 3%のシェアを獲得。 同年6月には企業ロゴのデザインおよびウェブサイトのを一新するを行い 、7月には全世界の会員数が5000万人を突破した。 ストリーミング配信で成功を収める一方、Netflixは既存作品の配信だけでなく、オリジナル作品の製作にも乗り出すようになる。 中でも同社がに配信を開始したドラマ『』は、やら有名俳優を主演に据え、映画監督のがシリーズの製作総指揮を務めたほか、製作費として1億ドル 約123億円 もの巨額が投じられたことで話題となった。 また、従来のテレビ放送のように毎週1話ずつではなく、1クール全話での一挙配信を行ったことにより、アメリカ国内では俗にいう「一気見」をする人が続出、社会現象となった。 続いて製作された『』もヒットし、同2作はドキュメンタリー映画『ザ・スクエア』も含めて、で31のノミネートを獲得。 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は3つのプライムタイム・エミー賞を受賞し、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』は2014年に7つのを受賞。 これにより、映像コンテンツ製作会社としての地位を確立していった。 発展期:2015年~現在 [ ] 2015年2月、Netflixは2016年末を目標とするグローバル展開の一環として、日本でのストリーミング配信サービスを開始することを発表。 それと同時に日本法人として Netflix株式会社が設立され、ストリーミングおよびパートナーシップ最高責任者であるグレゴリー・K・ピーターズが同社代表に就任した。 6月にはとのコンテンツ制作提携を発表し、同局の人気番組『』の新シーズンおよびオリジナル番組『』の製作・配信を行うとした。 8月には大手通信キャリアであると業務提携を行い、ソフトバンクのユーザーを対象に申込受付から料金請求までを一貫して提供するサービスを開始。 9月に、日本でのストリーミング配信サービスが開始された。 2016年1月には、国際家電見本市において、新たに130か国以上の国での展開を行い、全世界にストリーミング配信サービスを提供すると発表。 同年末には、会員がオフラインで選択した動画をダウンロードして視聴できる機能が追加された。 2017年7月、同年度の第2四半期決算の発表と共に、全世界の会員数が1億人を突破したことを発表。 8月には原作者であるが代表を務める大手漫画出版社 ()を買収した。 オリジナル作品においては、2月に行われたにおいて、俳優のが製作総指揮を務めたドキュメンタリー作品『ヴィルンガ』( ()監督)が長編ドキュメンタリー賞にノミネート。 同年10月に配信されたNetflix初のドラマ映画 『』(監督)は、同作に出演した ()とが、、、での男優賞や、のなど、数多くの栄誉ある賞を受賞またはノミネートを獲得した。 2月には『』(アインシーデル監督)がにおいて短編ドキュメンタリー賞を受賞。 『13th -憲法修正第13条-』(監督)が長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。 同年5月には『』(監督)、『』(監督)がのコンペティション部門に、ウェブ配信の作品としては初めて出品されたものの、フランスでの劇場公開が確約されなかったことによる現地興行界からの反発や、審査員長を務めた映画監督のが記者の質問に対する形で「個人的には、劇場公開される予定のない映画は、最高賞パルム・ドールのみならず、他のどんな賞を受賞するべきではないと考える」との発言をするなど、大きな波紋を呼んだ(アルモドバルはのちに自らの発言を撤回し、公正な審査を行うと宣言してポン監督に謝罪をしたという。 また、2017年8月にで開かれたイベント「 Netflixアニメスレート 2017」では、自社のアニメ作品への取り組みを紹介。 プレゼンでは50社以上のスタジオと制作を進めている他、オリジナルも含む日本発のアニメ作品をに配信していくことを発表した。 2020年1月、2019年12月末時点での世界全体の有料会員数が同年9月末時点より約876万人増の1億6709万人になった事が明らかになった。 2020年1月20日、Netflixはの21作品 の配信権を獲得。 アメリカ と日本を除く世界191カ国で2月から4月にかけて順次配信すると発表した。 ロゴ [ ]• 現時点で提供予定なし アメリカ以外では5国にオフィスを置き、や、、を除く世界190以上の国で配信サービスを行っている。 ただし、中華人民共和国ではにオリジナル作品のライセンス提供を行っている。 カナダ [ ] 2010年より、ストリーミングのみのサービスを開始 した。 中南米 [ ] には、地域、、でもストリーミングサービスを開始。 日本 [ ] Netflix株式会社 市場情報 本社所在地 〒107-0062 3-11-13 新青山東急ビル10階 設立 代表者 代表取締役社長 グレゴリー・ピーターズ 外部リンク 上記の通り、2015年夜からストリーミングのみのサービスが開始された(4Kコンテンツも同日配信開始)。 同年以降に発売される一部のテレビはNetflix対応となり、リモコンには専用ボタンが設けられた(後述)。 配信される作品はとの共同製作による『』の新シーズンや『』『』といった日本オリジナルの作品がラインアップされた。 サービス開始告知には、Netflixが制作会社と直接契約し、海外での独占配信権を取得しているアニメ『』の本編映像を使った動画が配信された。 また2016年には(NHK)と『』でパートナーシップを結んだ。 2018年8月23日、日本進出後の3年間で初めてとなる値上げを発表した。 但し、この時点では経由でNetflixを契約しているユーザーに関しては値上げの対象外だったが、2019年6月下旬から順次、該当ユーザーに関しても値上げを行っていく事を、にて通知した。 2018年9月1日、ドキュメンタリー番組「ダークツーリスト」にてを取り上げたが、一般の食堂で出された料理に「被曝食材かもしれない」とコメントし、場所も示さないままツアーを断念せざるを得ない高い放射線を検出した、などの内容での放送だった。 これらはインターネット上や海外メディアでも取り上げられたため、とが、を煽るかのような表現に対応するため検討 [ ]を始めた、と報道された。 2019年9月6日、Netflixの日本法人は同日の記者説明会にて、これまで非公開だった日本国内での会員数を初めて一般向けに公表した。 競合サービスでもある(2019年3月の時点で202万人)や有料衛星放送の(2019年10月の時点で286万人)を上回る約300万人の会員を獲得。 更に2018年9月からの1年間で、会員数が約130万人増加していることを明らかにした。 Netflix日本法人では、公式アカウントが、ハッシュタグ『 ネトフリ』を用いている。 ヨーロッパ [ ] より、、、、、でストリーミングのみのサービスを開始。 にはでも開始。 オンラインDVDレンタル [ ] Netflixから送られてくるDVDの入った封筒。 で手続きできる。 上から QUEUE(キュー)と呼ばれるレンタル希望一覧リストに登録すると、指定した宛先にDVDが配送されるシステムになっている。 キューには借りたい作品を200タイトルまで登録しておき、レンタル可能な作品のうち、リスト上位にある作品が配送されるのが一般的である。 DVDはのカバーに入って紙の封筒で届くため、破損することもあるが、その場合は送り返すだけで弁償する必要はない。 返却はに投函することになる。 映像ストリーミングサービス [ ] "Watch Instantly(ウォッチインスタントリー)"の名称で始まった映像サービスでは、DVDを借りることなく映画やテレビ番組、作品などを鑑賞できる、パソコンや家庭用ゲーム機、スマートテレビ、ブルーレイプレーヤー等を使ったインターネット経由のサービスである。 ただし、DVDレンタル事業が終了したわけではなく、2011年には同社から双方の事業を将来も併存していくことが発表されている。 オンデマンドでテレビ番組を見る際、エピソードを毎回選び直す必要はなく、任意のシーズンBox内で前回鑑賞し終えたエピソードの次の回がで表示される。 また、"Friends"という機能では、登録した友人が現在何のDVDを保持しているのか、またどの映画をキューに入れているのか、鑑賞した映画にどのような点数を付けたのかまでわかる仕組みになっている。 日本での映像ストリーミングサービス [ ] 専用ボタンが搭載されたリモコン(パナソニック CX800) 日本への参入では、Netflixが"対応するテレビのリモコンに専用ボタンを設けるように"という規定を設けており 、2015年から、などの一部機種が対応した。 また電源がオフでも、専用ボタンを押すとテレビが起動するようにもNetflixにより定められている。 一部のコンテンツはでも配信されており、同様の配信サービスである「 4K」や「4K」、放送の「4K」と同じ、でされる。 また、他国でのサービスと同様に、パソコン(、)、スマートフォン・タブレット(、、)、ゲーム機(・、・、)、((第3世代以降)、、、、Fire TV Stick、 )、Netflix対応BDプレーヤーなどのメディアプレーヤー(2015年以降発売の対応製品)等でも視聴ができる。 レコメンド機能 [ ] 革新的レコメンド機能を搭載し、個人視聴履歴だけでなく、6500万人以上の会員を抱えるNetflixオリジナルのアルゴリズムを活用することで、世界各国ではユーザーの75%がレコメンド結果から視聴している。 主な配信作品 [ ] 配信作品の分類と定義 [ ] 配信作品のラインアップはサービスを行う国・地域によって異なるが、以下のように分類される。 Netflix オリジナル作品• Netflix 製作作品• Netflix 単独で製作発注 あるいは 他社が製作発注した作品の全世界の独占配信権をNetflixが獲得• Netflixと他社の 共同製作発注• 他社製作作品の 続編をNetflixが製作発注• 他社製作作品をNetflixが一部の国で 独占配信(ライセンス取得)• Netflixオリジナル作品の国・地域ごとの配信の仕組み [ ] Netflixオリジナル作品は全世界的に配信されることが多いが、以下の理由により特定の国・地域に限定されることがある。 Netflixが進出していない一部の国・地域において、Netflixが製作した作品のライセンスを他社に販売することがある。 他社作品を独占的に配信する場合、全ての国・地域ではライセンスを取得できず、一部の国・地域では他社が取得することがある。 作品の言語・内容が特殊なため、オリジナルとしての配信を一部地域に限定することがある。 日本で製作されたNetflixオリジナル作品の配信ライセンスには、以下のようなパターンが存在する。 日本を含む全世界でオリジナルとして独占配信(『』)• 日本ではテレビ放送に先駆けてオリジナルとして独占先行配信し、全世界でもオリジナルとして独占配信(『』)• 日本では非オリジナルとして配信し、日本国外でオリジナルとして独占配信(『』) Netflixオリジナル作品の歴史 [ ] 2008年1月時点で、金額ベースでNetflixオリジナル作品の約半数に上る買付・製作を () 旧社名: Netflix First が担当していた。 当時のNetflixはDVDレンタルサービスが事業の中核を占めており、「Netflixオリジナル作品」はレンタル独占買付の意味合いも強く含まれていた。 2008年7月22日、NetflixはREE社の閉鎖を発表した。 Netflixが単独で製作発注した初の作品は、2013年公開の政治ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』である。 以降、Netflixオリジナル作品の本数は急激に増大し、2016年時点で126本のオリジナルテレビ番組・映画が配信された。 この本数は、アメリカ国内のテレビネットワーク局やケーブルテレビ局をも凌駕するものである。 Netflixオリジナル作品 [ ] オリジナル作品は映画、TV番組、スタンドアップコメディに分けて以下で説明されている。 オリジナルTV番組の一覧は 「」を参照 映画の定義 [ ] Netflixではジャンルとして『映画』 Movies と『テレビ番組・ドラマ』 TV Shows を定義しており、ほとんどの作品はそのいずれかである。 『映画』のうちNetflixオリジナル作品はアメリカのテレビ業界における『』に対応し、 「シリーズではなく一話のみからなる作品」であり、その大部分は劇場公開されず配信のみである。 複数話からなる作品はほぼすべて『テレビ番組・ドラマ』となる。 Netflixはオリジナル映画を映画祭に出品することがあり、2017年には、劇場公開映画を対象としてきたで審査対象から除外すべきか議論が起き、2018年からは規則改正によりNetflix作品が事実上追放された。 また、Netflixのオリジナル映画の中には、テレビ番組を対象とするのテレビ映画部門に応募するもの A Very Murray Christmasなど もあり、テレビ番組と映画を明確に分ける賞の仕組みを揺るがせている。 プロモーションの一環として、あるいは映画祭や映画賞の審査基準を充たすために、短期間の劇場公開をすることもある。 2019年、はアカデミー賞からNetflix映画を除外する運動を起こした。 2019年現在アカデミー賞はロサンゼルス郡内で最低一つの商業劇場が1日3回以上の上映を7日間行っただけでエントリー資格が得られ、上映初日以降は配信してもその資格は失われない。 大手の映画館チェーンは映画の劇場公開から90日以内でネット配信される作品の上映をボイコットしており、スピルバーグはアカデミー賞のエントリー資格もこれに沿うことを求めた。 だが2019年4月23日、アカデミー賞委員会はこのようなNetflixに不利な規定変更は行わないと決定した。 外部会社が劇場公開をめざして映画を製作したのちに、Netflixが全世界あるいは一部の国での独占配信権を購入し、Netflixオリジナル映画として独占配信する場合も多い。 この場合、独占配信権を獲得していない国では劇場公開される場合もある。 日本の漫画作品を原作としたはNetflixオリジナル映画であるが、アニメのファンを増やしていきたいNetflixの意向もあり、プロモーションを兼ねて、日本国内のみNetflixの配信開始日から期間限定で劇場公開された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本では2000年にが 定額制DVDレンタルという名称で開始している。 『』はスタジオジブリが原作の出版権を保有していないため、除外。 アメリカは競合サービスで2020年5月から開始した「」()が配信権を獲得している。 カナダについては2020年6月から8月にかけて順次配信する。 ネットフリックス「製作」(「制作」ではない)とは、ネットフリックスがコンテンツ制作会社に作品を発注したことを意味する。 他社製作作品の全世界独占配信権を獲得した場合はNetflix 製作作品だとしても地域による混乱は生じないためにこのように定義する。 特に、特に独立系の映画会社が映画作品を制作する場合は、配給のめどがついていない段階で製作し完成したのちに映画祭などで配給権を売却することが多く、Netflixオリジナル映画の約半数(2018年7月現在)は、他社製作発注の映画の全世界独占配信権を購入したものである。 なお、テレビ番組では他社製作作品の全世界独占配信権をNetflixが獲得した例はない• 第三者が製作発注した作品を対象とし、ネットフリックスが独占的にライセンス取得した作品を指す。 対象の国・地域内では他の放送局・配信事業者が取り扱うことが許されない、 ONLY ON NETFLIX(ネットフリックス上でのみ視聴できる)作品をオリジナル作品として定義している。 国・地域によってNetflixオリジナルであったりなかったりする場合の混乱を避けるために、Netflix 製作作品とは別に定義している。 例えば日本のアニメ『』の場合、1期はネットフリックスで配信、2期は他の配信サービスと契約したためネットフリックス未配信となっている。 例えばドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』はNetflix単独発注で製作されたオリジナル作品だが、公開された2013年当時、Netflixは日本未上陸だったため、他社が放送ライセンスを有していた。 その結果、Netflixが日本でサービスを開始した2015年9月当時、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は日本のNetflixで視聴できなかった。 その後、2016年3月4日より当作品はオリジナル作品として日本Netflixでも配信されるようになった。 Netflix. 2019年12月16日閲覧。 2018年12月21日, 15:21 2018年12月27日閲覧。 Netflix. 18 December, 2017閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2019年7月5日閲覧。 com. 2019年7月5日閲覧。 Netflix. 18 December, 2017閲覧。 TheViralogs 2017年3月12日. 2017年8月28日閲覧。 PHILE WEB 2017年3月21日. 2017年8月28日閲覧。 2017年6月9日. 2017年8月28日閲覧。 2010年5月7日. 2017年8月29日閲覧。 日本語版、2017年8月28日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 英語版 : プレスリリース 1998年4月14日付 、2017年8月28日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 英語版 : プレスリリース 1999年12月16日付 、2017年8月28日閲覧。 ZUU online 2014年8月29日. 2017年9月2日閲覧。 2012年3月9日. 2017年9月2日閲覧。 Silicon Valley Business Journal 2014年1月7日. 2017年8月28日閲覧。 2013年11月12日. 2017年8月28日閲覧。 2015年7月17日. 2017年8月28日閲覧。 Netflix, Inc. 2002年5月22日. 2017年8月28日閲覧。 Netflix, Inc. 2002年6月17日. 2017年8月28日閲覧。 Netflix, Inc. 、2017年8月28日閲覧。 APB Speakers、2017年8月28日閲覧。 2005年7月7日. 2017年8月28日閲覧。 Ars Technica 2007年1月17日. 2017年8月29日閲覧。 Engadget 2011年9月19日. 2017年9月2日閲覧。 日本語版 2011年9月20日. 2017年9月2日閲覧。 2011年9月19日. 2017年9月2日閲覧。 2011年9月20日. 2017年9月2日閲覧。 Forbes 2011年9月19日. 2017年9月2日閲覧。 The Huffington Post 2011年10月10日. 2017年9月2日閲覧。 com 2011年10月11日. 2017年9月2日閲覧。 The Academy of Television Arts and Sciences 2012年10月8日. 2017年8月29日閲覧。 2012年10月8日. 2017年8月29日閲覧。 2013年1月27日時点のよりアーカイブ。 2017年9月2日閲覧。 The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。 Reuters 2014年4月22日. 2017年8月29日閲覧。 The Huffington Post 2014年6月13日. 2017年8月29日閲覧。 2014年7月21日. 2017年8月29日閲覧。 2015年6月19日. 2017年9月2日閲覧。 ciatr 2017年7月6日. 2017年9月2日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年8月4日. 2015年8月4日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 日本語版 : プレスリリース 2015年8月6日付 、2017年9月2日閲覧。 INTERNET Watch 2015年9月17日. 2017年9月2日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 日本語版 : プレスリリース 2015年8月23日付 、2017年9月2日閲覧。 ソフトバンク株式会社 2015年8月24日. 2017年9月2日閲覧。 2015年8月24日. 2015年8月24日閲覧。 VentureBeat 2016年1月6日. 2017年9月2日閲覧。 CNET 2017年1月7日. 2017年9月2日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 日本語版 : プレスリリース 2016年1月6日付 、2017年9月2日閲覧。 2017年9月2日閲覧。 2017年7月18日. 2017年9月2日閲覧。 Forbes JAPAN 2017年7月20日. 2017年9月2日閲覧。 ビジネスインサイダー ジャパン 2017年7月24日. 2017年9月2日閲覧。 2017年8月7日. 2017年9月2日閲覧。 NETFLIXメディアセンター 日本語版 : プレスリリース 2017年8月7日付 、2017年9月2日閲覧。 Variety 2017年8月8日. 2017年9月2日閲覧。 日本経済新聞 2017年8月8日. 2017年9月2日閲覧。 東洋経済ONLINE 2017年8月10日. 2017年9月2日閲覧。 AV Watch 2017年8月8日. 2017年9月18日閲覧。 T-SITEニュース 2015年1月16日. 2017年9月2日閲覧。 2016年5月5日. 2017年9月2日閲覧。 com 2017年3月2日. 2017年9月2日閲覧。 ロイター日本語版 2017年2月27日. 2017年9月2日閲覧。 com 2017年5月14日. 2017年9月2日閲覧。 ヴァラエティ・ジャパン 2017年5月16日. 2017年9月2日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年5月18日. 2017年9月2日閲覧。 シネマカフェ 2017年5月26日. 2017年9月2日閲覧。 AV Watch 2017年8月2日. 2017年9月2日閲覧。 AV Watch 2017年8月2日. 2017年9月2日閲覧。 2017年8月3日. 2017年9月2日閲覧。 WIRED日本語版 2017年8月13日. 2017年9月2日閲覧。 朝日新聞(2020年1月23日作成). 2020年1月23日閲覧。 GAME Watch 2020年6月24日. 2020年6月26日閲覧。 ブルームバーグ(2020年1月20日作成). 2020年1月20日閲覧。 PHILE WEB(2020年1月20日作成). 2020年1月20日閲覧。 ITmedia(2020年1月20日作成). 2020年1月20日閲覧。 Netflix. 18 December, 2017閲覧。 Russell, Jon. TechCrunch. 2017年4月26日時点のよりアーカイブ。 2017年4月26日閲覧。 Nowak, Peter 2010年9月22日. CBC News. 2012年7月2日閲覧。 - Netflix Japanの公式YouTubeチャンネル• ヴァラエティ・ジャパン 2016年11月19日. 2016年12月11日閲覧。 2018年8月23日閲覧。 GIZMODO(2019年6月26日作成). 2019年7月10日閲覧。 時事通信社. 2018年9月7日閲覧。 週刊東洋経済 東洋経済新報社. 2019年11月17日. 2020年1月14日閲覧。 NetflixJP. ツイート. より 2019年12月14日閲覧。 Retrieved September 11, 2013• - AV Watch(インプレス、2015年2月20日)• 2020年5月14日閲覧• 2015年8月30日閲覧。 Netflix Help Center. 2017年9月22日閲覧。 IndieWire. com 2008年7月23日. 2017年9月22日閲覧。 Hollywood Reporter 2008年7月22日. 2017年9月22日閲覧。 Masters, Kim 2016年9月14日. The Hollywood Reporter. 2016年10月6日閲覧。 yahoo 2017年5月23日. 2019年2月26日閲覧。 2017年7月10日. トヨタ自動車. 2018年6月9日閲覧。 Thompson, Anne 2018年9月14日. 2018年10月6日閲覧。 Brueggemann, Tom 2018年12月23日. 2018年12月24日閲覧。 Deadline. 2019年4月25日閲覧。 The Atlantic 2019年3月11日. 2019年3月14日閲覧。 IGN Japan(2017年5月13日作成). 2020年1月16日閲覧。 関連項目 [ ]• - 英語の決まり文句 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 NetflixJP -• netflixjp -• - チャンネル• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄.

次の