新型コロナウイルス 新潟県。 新型コロナウイルス感染症対策「新潟県・県内30市町村緊急共同宣言」を行いました

県内の最新感染動向

新型コロナウイルス 新潟県

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、新潟県が行った「新型コロナウイルス感染拡大防止のための施設の使用停止等の協力要請」に応じて、施設の休止や営業時間の短縮等に協力していただいた県内の中小企業等に対し、協力金を支給します。 1 新潟県内に主たる事業所又は従たる事業所を有する中小企業*及び個人事業主であること。 (社団法人、財団法人、NPO法人等を含む。 ) 2 緊急事態措置(令和2年4月21日)以前に、協力金支給対象施設を運営していること。 (営業に許認可等が必要な場合は、その許認可等を取得していること) 3 緊急事態措置の期間(令和2年4月22日から令和2年5月6日まで)のうち、少なくとも令和2年4月24日から令和2年5月6日までの全ての期間において、新潟県の要請に応じ、休業や営業時間の短縮等を行っていること。 4 申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が新潟県暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団員等に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。 また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団員等が、申請事業者の経営に実質的に関与していないこと。 公式公募ページ 生産性革命推進事業である、「ものづくり・商業・サービス補助金」、「小規模事業持続化補助金」、「IT導入補助金」の2次公募のスケジュールが公開となりました。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の

新型コロナウイルス感染症対策「新潟県・県内30市町村緊急共同宣言」を行いました

新型コロナウイルス 新潟県

帰省するか否かは、考えたら分かるよね?? 首都圏が非常事態ってのは、脱出するって意味ではない! 脱出人はいいさ、どうせまたしばらくしたら、首都圏に戻るんだから。 残された家族や親戚は「何で帰省をやめさせなかったんだ」と周りから白い目で見られながら、この地で生活していかなきゃならないんだぞ!! 上越くらいの小さな町だと、魔女狩り的な犯人探しは容易じゃないかな?田舎なめんなよ! 他人にうつして、万が一の時、その後悔を一生背負って一族皆、孫の代まで言われる覚悟を持つ者のみ、帰省すればいいさ。 普通の親だったら、帰ってくるな!と言うはずですが… 帰省して、卓球やら、友達とスポーツジムやら、あなた達の行動自体、迷惑以外の何ものでもありません。 東京にいろ!帰ってくるな!帰って来たなら、巣籠もりしてろ! 東京脱出!東京脱出!ってか?クソ野郎! 管理人の率直な感想 4月1日に東京から帰省し、翌日に医療機関を受診。 体調が悪くなってから帰省していますね。 帰省するなって言ってるのに。 続々と帰省者による感染拡大の事例が出ていますが、今回の件は非常に悪質。 実家に帰ったらゆっくりしたいはずです。 翌日に即受診している。 帰ってる途中には既に症状があったはずなんです。 もっと前からかもしれない。 自己中の最たる例です。 身内も甘いと推測します。 「具合が悪いんだ」「東京は危ない、今すぐ帰ってこい」というところでしょう。 上越市で初の感染者です。 市内の人は、この身勝手な行動に激怒していることでしょう。 もっと他人のことを考えてほしい。 普通の人なら全然難しいことじゃないんですけどね。 家族のことすら考えられない人間には何を言っても無駄かも知れませんが・・・。

次の

新型コロナウイルス感染症について/三条市

新型コロナウイルス 新潟県

スポンサードリンク コロナウイルス新潟県の受け入れ病院はどこ? 厚労省は、 新型肺炎を重症急性呼吸器症候群(SARS)やMERSと同様、同法上の 2類感染症相当とみなし、自治体による入院措置や就業制限を可能とするほか、患者を見つけた医師に報告義務を課す。 入院中の治療費は公費で負担する。 政府が25日決定した新型コロナウイルス対策の基本方針では、今後、患者数が大幅に増えた地域では、診療時間や動線を分けるなどの対策を講じたうえで、一般の医療機関でも患者を受け入れることが盛り込まれました。 現在、一般の医療機関での発表はないため指定医療機関での対応となっています。 新型肺炎コロナウイルスは感染症指定医療機関での治療となり感染症病床が設けられている病院になります。 新潟県の新型肺炎コロナウイルス治療の受け入れ先病院は、• 新潟市民病院 6床• 新潟県立新発田病院 4床• 長岡赤十字病院 10床• 新潟県地域医療推進機構 魚沼基幹病院 4床• 新潟県立中央病院 6床• 新潟県厚生農業協同組合連合会 佐渡総合病院 4床 以上の6か所の病院となります。 新潟県の新型肺炎コロナウイルス感染者の受け入れ先病院は6か所あり、 感染症病床数は6か所の病院で計34 床あります。 各、病院の搬送先感染症病床数は、4~6床整っています。 新型肺炎コロナウイルスに感染された方の回復と感染の広がりが収まることを願っています。 1人1人が新型肺炎コロナウイルスへのに努めていきましょう!.

次の