ギガノーカウント使用。 ウルトラギガモンスター+(2018年9月6日~2019年9月12日)

ソフトバンク『ミニモンスター』は注意!新料金プランは安いのか?|格安SIMで料金節約?今話題のMVNOの正体に迫る!

ギガノーカウント使用

新規契約又は機種変更をしていただくこと(USIM単体契約含む) 半年おトク割 適用条件を満たした翌請求月を1ヵ月目として請求月単位で6ヵ月間適用します。 新規契約又は機種変更をしていただくこと(USIM単体契約含む。 他のキャンペーン、割引と併用できない場合があります。 みんな家族割+• 同一家族割引グループで「データプランメリハリ」、「データプランミニフィット」、「データプラン50GB+」、「データプランミニ」、「データプラン1GB(スマホ)」、「データプラン1GB(ケータイ)」、「データ定額スマホデビュー」、「データプラン100MB」、「データ定額ミニモンスター」にご加入中またはお申込みし適用される回線が2回線以上あること。 割引を受けられるのは、「データプランメリハリ」、「データプランミニフィット」、「データプラン50GB+」「データ定額 50GBプラス」「データ定額 50GB」です。 「家族データシェア」、「家族おトク割」などの一部サービスは併用できません。 データプランメリハリ• 一部対象外の機種があります。 毎月ご利用のデータ量が50GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最 大128Kbpsに低速化いたします。 50GBを超過した場合、追加データを購入することで速度制限されずにデータをご利用いただけます。 ご加入の場合、テザリングオプションの月額使用料は500円/月となります。 一部併用不可のサービスがあります。 「あんしんフィルター」にご加入の場合は年齢制限により、一部閲覧 できないサービスがあります。 本データプランは、当請求月に余ったデータ量を翌請求月以降に繰り越して利用することはできません。 2ギガ以下割• 毎月のデータ利用料が2G以下の場合自動適用となります。 動画SNS放題の対象となるデータ通信も含みます。 基本プラン(音声)• 対象のSoftBank携帯電話、iPhone又はスマートフォンでご利用いただける料金プランです。 家族割引適用時、家族割引グループにご加入の家族への通話が24時間無料です。 家族以外との国内通話は20円/30秒となります。 国際通話、0180、0570等から始まる電話番号への通話料、番号案内(104)などは、当該通話料の対象外です。 SMSを送信する場合、料金が発生します。 「月月割」、「USIM単体専用割」などの一部の割引サービスは適用できません。 お得なプランにももちろん注意点が存在します。 ここではウルトラギガモンスター+を使う時に覚えておくべき 注意点を解説します! 使いきれなかった分の繰り越しができない 過去の大容量データ定額であれば、当月使い切れなかった分は来月に持ち越すことができました。 しかし、 ウルトラギガモンスター+では繰り越し不可になっています。 ガッツリ使っておきましょう! 動画SNS放題の対象サービスの一部はデータ通信量が発生する ギガノーカウントを掲げている「動画SNS放題」ですが、 サービスの一部ページや行動ではデータ通信量が発生してしまいます。 すべてのサービスで共通して注意するべき点は 「公式のアプリを使う」こと。 間違って非公式アプリを使ってギガノーカウント対象外です…というのは避けたい事態です。 動画もSNSも公式のサービスを使用すること推奨です! また、通話アプリとして使っているユーザーも多い LINEでは、「音声通話」「ビデオ通話」がギガノーカウント対象外なので注意が必要です。 公式アプリを使っていてもサービスによってはデータ通信が発生してしまうので、ソフトバンクの公式サイトの注意点をご確認ください。 詳しい内容はをご確認ください。 50GBを超えると通信制限がかかる あり得なくはないのですが、データ50GBを使い切ってしまうと通信制限になります。 ただし、50GBを使い切っても「動画SNS放題」の対象サービスであれば使用できます。 もしも通信制限になったとしてもLINEでメッセージを送ることができますし、YouTubeで動画を観続けることも可能なのはありがたいですね! ウルトラギガモンスター+は約6,000円ほどで50GBと使い放題が付いたプランですが、 「どうせならもっと料金を抑えたい!」…そんな方に、ウルトラギガモンスター+に加入した場合に使える ソフトバンク公式の割引キャンペーンをご紹介します! ウルトラギガモンスター+に加入で誰でも割引!1年間毎月1,000円割引の「1年おトク割」 1年おトク割は、 毎月の通信料から1年間1,000円割引されるサービスです。 新規契約などでウルトラギガモンスター+もしくはミニモンスターに加入すると、自動的に1年おトク割で割引が適用されます。 特に何もしなくても1年間毎月割引がされるのは便利ですね! 過去に1年おトク割を適用していたり、他のプランに変更してしまうと割引が解除されてしまう点にご注意! ソフトバンクを使っている方が身近にいればガッツリ月額料金が安くなる!「みんな家族割+」 みんな家族割+は、遠くの親戚や同居の友人などがソフトバンクで以下のプランに加入している場合、 特定のプランの通信料金が安くなる割引サービスです! 回線カウント対象プラン• ・ウルトラギガモンスター データ定額50GB• ・ミニモンスター データ定額ミニモンスター 割引対象プラン• ・ウルトラギガモンスター データ定額50GB 回線カウント対象のプランが 4回線以上で毎月2,000円割引が適用されるのは、 ソフトバンクの割引の中でもかなりお得な割引です! 人数が増えるほど割引額が大きくなるので、身近にソフトバンクユーザーがいればぜひ使っていきたい割引です! 条件が満たされれば自動的に割引が適用されるのも、申込みの手間がなくて便利な点ですね! 【割引のご案内まとめ】ソフトバンクでまとめて大きく割引しよう! 最近開始した割引プランを紹介させて頂きました。 その他にも、使っていたスマホやガラケーを下取りに出して割引をもらえる 「下取りプログラム のりかえ 」「下取りプログラム 機種変更 」や、自宅がソフトバンク回線やソフトバンクの電気ならもっとおトクな割引がある 「「おうち割 光セット」「おうち割でんきセット」など、身近なインターネットをソフトバンクにするとガッツリお得な割引もあります! 下取りに出したりなど、導入の手間はありますが割引額が大きいのでぜひご活用ください! データ定額50GBという現時点で最大のデータ定額ですが、過去のソフトバンクの定額プランの中でも破格の内容と価格になっています。 データ定額ならウルトラギガモンスター+にしない理由がない!というくらい太っ腹なサービスです。 しかしここで注意しないといけないのは、 「機種代金」のこと。 新しいプランの発表と同時に、機種を安く購入できていた割引「月月割」が廃止されてしまいました。 そこでチェックしていただきたのは 「おとくケータイ. net」の特典! おとくケータイ. netの特典を使えば機種代金を気にせず使い放題も夢じゃない! 機種代金をサポート!おとくケータイ独自の特典で割引する! 機種代金にソフトバンク公式で割引がされないとなると、どういう風に料金を安くしていくのがベストでしょうか? そこで おとくケータイ. net独自の「特典」! おとくケータイ. netでソフトバンクのスマホに乗り換えると、おとくケータイ独自の特典として 「キャッシュバック」が付いてきます! 高い端末代金を補填するために使うのもOK! スマホを安く使うならおとくケータイ. こんな方はぜひ「ウルトラギガモンスター+」がオススメ!• 特定のサービスをたくさん使っている 「ウルトラギガモンスター+」の「動画SNS放題」なら YouTubeやLINEなどの人気サービスが使い放題! どれだけ使ってもデータ通信量が0になるので、「データ定額50GBでも足りない!」という方にオススメ。 自宅にWi-Fiがない 自宅にWi-Fiの環境が無い方でも安心の大容量データ定額! 通信制限を気にしなくてよし! また、 テザリングを使えばパソコンでも「動画SNS放題」が使えます。 親戚や同居の友人が「ソフトバンクにしたい」と考えていればぜひご一緒に! ソフトバンクにおトクにお乗り換えして、ウルトラギガモンスター+でコンテンツを楽しみまくりましょう! もしも、 料金やプランといったソフトバンクへのお乗り換えや機種変更に関するお悩みがあれば おとくケータイ. netにぜひご相談ください!.

次の

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」の月額料金&ウェブから契約する方法

ギガノーカウント使用

ソフトバンクから2020年3月12日より、新しい料金プランとして「メリハリプラン」が提供開始されました。 メリハリプランは、 月間50GB分のデータ量が利用できる上に、対象の動画とSNSはギガノーカウント(データ量を消費しない)という 特徴があります。 そして、いよいよ3月27日、2機種の5G対応スマートフォンとともに、ソフトバンクの5Gサービスが開始されます。 その 5Gの対応主要プランとしても、メリハリプランは選ばれています。 本記事では、メリハリプランの詳細について確認します。 関連記事:「」 目次• メリハリプランの概要 ソフトバンクの「 メリハリプラン」は、2020年3月12日に提供開始された料金プランです。 メリハリプランのサービス内容は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用でき、各種割引により最安3,480円~利用できる仕組みです。 ちなみに、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されますが、追加データを購入することで速度制限されずに高速通信を利用することが出来ます。 メリハリプランではこれに加えて 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引となり、最安1,980円~利用できるという点が新たに追加されています。 ただ、月間2GB以下のデータ利用量だと自動的に1,500円割引になるという点は魅力的ではあるものの、 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下のみ対象という点は要注意です。 例えば、動画SNS放題の対象サービス以外のデータ利用を1GB程度で収めたとしても、動画SNS放題で5GB程度利用してしまうと、データ量カウントは合計6GBとなり、この場合は2GB以下の1,500円割引の対象にはならず、割引されません。 どうにか2GB以下の割引を受けたいと意識してしまうと窮屈な印象をうけますが、そう考えるよりも動画SNS放題のメリットを思いっきり生かして利用する方が良いでしょう。 メリハリプランの料金 ここからは、メリハリプランの具体的な料金について確認します。 この2つを組み合わせた総称が「 メリハリプラン(計7,480円)」です。 メリハリプラン(計7,480円)をベースとして、 動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下であれば1,500円割引されます。 ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、メリハリプランを契約する全ユーザー共通です。 さらに、ここから契約状況に応じて 3種類の割引が適用されます。 新規契約または機種変更を条件として毎月1,000円を最大半年間割引する「 半年おトク割」• ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約することで毎月1,000円割引する「 おうち割 光セット」• これらを合計して、メリハリプランで動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下かつ各種割引を全適用した場合に最安1,980円~利用でき、2GBを超過した場合は最安3,480円~利用できる仕組みです。 メリハリプランで使い放題対象になる動画・SNSサービスについて メリハリプランは、毎月のデータ量を50GBまで高速通信で利用できることに加えて、 対象の動画・SNSサービスであればギガノーカウント、つまり「使い放題」となります。 メリハリプランにおけるギガノーカウント(データ量を消費しない)対象サービスは、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの全14サービスです。 ウルトラギガモンスター+と全く同じですね。 上記14サービスは現時点のものですが、今後も使い放題対象サービスが順次追加・変更される予定です。 動画SNS対象サービスでも使い放題対象外に注意! メリハリプランは対象の動画やSNSが使い放題となるのがメリットではあるものの、 動画SNS放題対象サービスであるにも関わらず「動画SNS放題」の対象外、つまりギガ消費されるケースがある点には注意しておきましょう。 使い放題の対象サービスにおいてデータ量カウント(ギガ消費)されるケースは以下の通りです。 一般的な利用であれば、ほぼギガノーカウントで利用できそうです。 しかしながら、 YouTubeのライブ配信投稿や、LINEの音声通話/ビデオ通話が対象外通信になるのは非常に注意が必要です。 また、 Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合もデータ量がカウントされます。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 メリハリプランは、2年契約なし!解約金なし! ソフトバンクでは、2019年9月13日以降に提供開始している料金プランを2年契約なし、解約金なしの料金体系で提供しています。 ソフトバンクの「メリハリプラン」もこれと同じく、 2年契約の縛りや解約時の負担金も発生しません。 もし、現在2年契約や解約金ありの料金プランを契約中のユーザーは、メリハリプランへ変更して2年契約と解約金がないプランへ切り替える、という選択肢もありだと思います。 ただし、現在「 月月割」を適用中のユーザーは少し注意が必要です。 旧2年契約プランから2年契約の概念がないメリハリプランへ変更した場合、「月月割」が終了してしまうため、かえって割高になる可能性があります。 現在、月月割が適用中の場合は、料金総額やサービスの内容を確認しながらメリットを感じればメリハリプランへ、そうでなければ現状維持という選択が良いでしょう。 メリハリプランへ変更したらいつから適用されるのか? ソフトバンクで新規契約(MNP乗り換え含む)をした場合、選択したメリハリプランは利用開始当日から適用され、最初の利用料もそのプランで日割り請求されます。 一方、すでにソフトバンクで他のプランを利用中の方が、新しくメリハリプランへ変更する場合、 毎月の請求締め日によってメリハリプランの適用日が異なります。 請求締め日ごとの適用日は以下の通りです。 請求締め日 プラン変更申し込み日 変更後プラン適用日 毎月10日 当月11日 ~ 翌月10日の間 翌月11日から開始 毎月20日 当月21日 ~ 翌月20日の間 翌月21日から開始 毎月末日 当月1日 ~ 当月末日の間 翌月1日から開始 基本的にはプラン変更手続きを行なった翌 請求月の開始日0時 からの適用ですが、 請求締め日の21時頃以降にwebなどで申し込んだ場合は、翌々 請求月からの適用となる場合があるので要注意です。 プラン変更時は、My SoftBank 画面に表示される適用開始日を必ず確認しましょう。 メリハリプランの通信速度制限について ソフトバンクは、メリハリプラン利用時における通信速度制限について以下の通りに定めています。 一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。 一般的な使い方であれば、大きく制限されることは少ないでしょうが、普段からスマホで動画やゲームなどをよく利用するユーザーは、速度制限がかかってしまう可能性はゼロではないかもしれません。 メリハリプランでテザリング利用してもギガノーカウントなのか? テザリングとは、スマートフォンやタブレット(親機)にパソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)を接続することで、ソフトバンクの通信サービスエリア内であればLAN回線がない外出先でも、それらの外部機器でインターネットを利用できる仕組みのことです。 メリハリプランの、 動画SNS放題のギガノーカウント対象のコンテンツについて、 テザリングを利用してパソコンやタブレットで利用した場合にも対象になるのかが気になる方もいらっしゃると思います。 その答えとしては、 全く問題なく対象になります。 つまり、 メリハリプランを契約したスマホから テザリング接続でパソコンやタブレットを繋ぎ、対象の動画やSNSを長時間視聴しても、データ容量にはカウントされませんので安心です。 ただし、メリハリプランでテザリングを利用する為には月額500円の「 テザリングオプション」へ加入する必要があります。 メリハリプランのメリットとデメリット ここからは、メリハリプランのメリット、デメリットについて考えてみます。 メリット デメリット• 毎月50GBたっぷり使える• 対象の動画とSNSが使い放題なのは嬉しい• 動画SNS使い放題対象サービスを含めて月間2GB以下でおさまると1,500円割引される• 動画SNS対象サービスを含めた月間データ量2GB以下の割引はハードルが高い• 通話オプションの割高感• 対して、メリハリプランのメリットは、毎月50GBたっぷり使えること、動画SNS使い放題対象サービスはギガノーカウント(データ量消費しない)となること、対象サービスを含めた月間データ量が2GB以下だと1,500円割引されることが挙げられます。 メリットやデメリットに関しては、実際に利用するユーザーの契約状況や環境によって印象が異なるため、良し悪しを簡単に判断することは出来ません。 公式: メリハリプランとソフトバンク光をセット契約してオトクに使いたい ここまで確認した通り、メリハリプランは 使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えると1,500円割引されます。 そもそも、メリハリプランは対象サービス使い放題に加えて50GBも使えるプランですから、対象データ量が2GB以下でおさまるというケースは珍しいかもしれません。 とは言え、利用状況によっては一時的にデータ量を使わない月があり、2GB以下でおさまるという場合もあるかもしれません。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すというイメージです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わずソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、メリハリプラン契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 メリハリプラン契約者はソフトバンク光でWi-Fi環境を整えることで、おうち割 光セットで毎月1,000円割引が確実に適用され、なおかつ使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合は1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。 特に現在、他社インターネットを利用中の方・またはインターネットを利用していない方は、ソフトバンク光へ乗り換えてメリハリプランとセットで契約し、オトクにネット使い放題の環境を整えましょう。

次の

ソフトバンク店員が教える「ウルトラギガモンスター+」のデメリットと活用方法。|iLaboo

ギガノーカウント使用

ソフトバンク 2年縛りなし・違約金なしへ 10月1日に改正電気通信事業法が施行されることになり、 ソフトバンクは 2年縛りを廃止し違約金もなくすことにしました。 違約金がかかるから更新月まで待っていた方が多いと思いますが、 これからは自分が好きな時に、いつでもすぐ解約することができます。 また2年縛りなしの料金プランでは基本プランが安くなり、 データ定額サービスが高くなりましたが 料金は旧プランと同じです。 旧プランを利用している方に関しては違約金なしで新プランに変更できます。 2年縛りがなくなった2つの基本プランとは ソフトバンクの料金プランは、 基本プラン+データ定額サービスの2つで構成されています。 ミニモンスターやウルトラギガモンスター+を契約するにしても、 基本プランは必ず申し込まなければいけないプランとなっています。 旧プランの通話基本プランは3種類ありましたが、 新プランの基本プランでは2種類から選ぶことができます。 また旧プランと違ってどちらを選んでも料金は変わりません。 基本プラン 音声 と基本プラン データ の違いは、 格安SIMと同じく 通話ができるか・できないかだけです。 基本プラン 音声 を条件としたプランもありますが、 他プランで割引に違いはないので好きな方を選ぶとよいでしょう。 個人的には通話が使えない分、 基本プラン データ を安くして欲しかったですね。 2つの通話オプション 基本プラン 音声 を選んだ方は、 通話オプションを利用することができます。 通話オプションは2種類あり、 準定額 スマ放題ライト と定額 スマ放題。 準定額:月額500円 5分以内の国内通話料が無料 定額:月額1,500円 24時間いつでも国内通話料無料 毎月12分以上通話をする方なら、 準定額オプションを利用した方がお得ですね。 毎月どのくらい通話しているかチェックして、 通話オプションで安くなるか調べてみるとよいでしょう。 ソフトバンクのSNS放題「ウルトラギガモンスター+」とは 引用: ウルトラギガモンスター+は、 毎月50GB使える大容量プランです。 また対象のSNSや動画サービスのデータ消費がされず、 使い放題になる「 ギガノーカウント」機能があります。 カウントフリー対象サービスは12個あり、 プラン開始から少しずつ追加されております。 旧プラン 通話基本プラン 1,500円 データ定額50GBプラス 5,980円 合計 7,480円 新プラン 基本プラン 980円 データプラン50GB+ 6,500円 合計 7,480円 旧プランと比較しても料金は変わっていませんね。 さてウルトラギガモンスター+に適用できる割引は3つ。 割引の詳細は後ほど• ただ1年おトク割は名前の通り、 1年で割引がなくなるので2年目以降1,000円高くなります。 ギガ使い放題キャンペーン 終了 引用: キャンペーン期間 2018年9月6日~2019年9月30日 ウルトラギガモンスター+に申し込むことで 全てのデータ通信が使い放題になるキャンペーンです。 キャンペーン期間中は50GB以上使っても速度制限になりません。 キャンペーン期間がとても長く、 一人で契約したとしても5,480円からなので 固定回線代わりとして思う存分使えるでしょう。 追記: また、 ギガ使い放題キャンペーン+として 2018年11月30日までに契約or機種変更した人に限り、 2019年4月請求分まで -1,000円の割引が適用されるようになりました。 データ 旧プラン 新プラン 基本プラン込 ~1GB 2,480円 3,000円 3,980円 ~2GB 4,480円 5,000円 5,980円 ~5GB 5,980円 6,500円 7,480円 ~50GB 6,980円 7,500円 8,480円 ミニモンスターで適用できる割引は2つ。 1年おトク割 1,000円• おうち割光セット 1,000円 ミニモンスターは家族回線としてカウントされますが、 悲しいことにみんな家族割+の割引対象外となっています。 またミニモンスターは2GB以上利用すると ウルトラギガモンスター+と同じ料金になってしまいます。 2GB以上利用する方はウルトラギガモンスター+を契約しましょう。 ミニモンスターよりお得?スマホデビュープランとは 引用: ケータイからスマホに乗り換える方が利用できるプラン。 ミニモンスターと違って1GBまでしか利用できず、 1年間 月額980円で利用できるプランとなっています。 ミニモンスターと同じ料金で準定額が使えるので、 ケータイを使っている方はスマホデビュープランがおすすめ。 スマホデビュープラン 月額 基本プラン 音声 980円 データプラン1GB スマホ 1,500円 1年おトク割 -1,000円 1GB専用割引 -1,000円 合計 980円 スマホデビュープランの割引は2つ。 1年おトク割 1,000円• 1GB専用割引 1,000円 1GB専用割引を受けるには準定額・定額オプションいずれかの加入が必要になります。 通話オプションが不要な方でも500円安くなるので、 スマホデビュープランを使うなら1GB専用割引を適用させましょう。 スマホデビューPayPayキャンペーン キャンペーン期間 2019年10月1日から12月31日 スマホデビュープランを契約して半額サポート+で スマホを購入するとPayPayボーナスが付与されます。 オンラインショップで簡単申込み 半額サポート+ トクするサポート 引用: プログラム利用料:390円x24ヶ月 48回払いでスマホを購入して25ヶ月目に機種変更すると、 最大24回分の残債が免除されるプログラムとなっています。 回線契約なしでも半額サポート+を利用でき、 クレジットカード払い限定ですが 即日SIMロック解除ができます。 また総務省や消費者庁から実質半額にならない指摘を受け、 10月10日からトクするサポートに名称を変更することになりました。 ソフトバンクの割引 2年縛りなしで何が変わったのか 1年おトク割 引用: ミニモンスター・ウルトラギガモンスター+ を契約した方が対象の割引となっています。 契約した翌月から1年間、 毎月1,000円割引されます。 旧プランの1年おトク割はスマホの購入が条件でしたが、 新プランではスマホの購入をしなくてよくなりました。 ミニモンスター・ウルトラギガモンスター+を 契約するなら、絶対ついてくる割引と覚えておきましょう。 おうち割光セット 引用: ミニモンスター・ウルトラギガモンスターと一緒に、 固定回線などを利用すると 毎月1,000円安くなる割引です。 ただ大容量プランを契約している方には固定回線は必要ないかもしれませんね。 Softbank光でおうち割光セットを適用させる場合、 光BBユニットレンタル・ Wi-Fiマルチパック・ 電話サービスの契約が必須です。 みんな家族割+ 引用: ウルトラギガモンスターのみんな家族割と一緒で、 家族の契約人数が多いほど割引額が増える割引です。 docomo withのようにずっと割引されるのが特徴。 割引が適用されるのは2プランのみで、 ウルトラギガモンスターと ウルトラギガモンスター+です。 家族割 割引 2人 500円 3人 1,500円 4人以上 2,000円 家族回線としてカウントされますが、 割引適用外のプランは下記になります。 ミニモンスター• スマホデビュープラン• ケータイ100MBプラン 新プラン発表後の変化とは 新プランには月月割が適用されない 引用: ウルトラギガモンスター、ミニモンスターの 新プランには月月割が適用されません。 これから出てくる新プランも適用外となるでしょう。 ですが、 2年契約なしの通話基本プランでは適用されるようです。 2年契約と2年契約なしの差額は2,700円。 2年契約では機種購入で、1年オトク割-1000円が適用 されるので3,700円の差になります。 月月割が適用されても、3,700円の差を埋められるとは 到底思えませんので、メリットはあまりないでしょうね。 月月割の終了 引用: 月月割が適用される旧プランの受付は9月5日をもって終了します。 受付終了するプラン スマ放題 スマ放題ライト データ定額ミニ1GB データ定額ミニ2GB データ定額5GB おてがるプラン ギガモンスター ウルトラギガモンスター また、旧プランを契約している方の 機種変更で 適用される月月割も、 2019年1月31日をもって終了します。 終了する前に機種変更していれば適用されますが、 それ以降に機種変更した場合には月月割が適用されません。 カウントフリーSIMの料金は 引用: カウントフリー機能は格安SIMにも存在します。 現在、カウントフリーSIMを提供しているMVNOは6社あります。 では安さに定評がある格安SIMのカウントフリーSIMと ソフトバンクの新プランのSNS放題ではどちらの方がお得なのでしょうか? ウルトラギガモンスター+はデータ定額50GBなので 最もデータ容量が多いプランを選び、表にまとめてみました。 また格安SIMにも50GBのプランはありますが、1万円以上と高い料金です。 カウントフリー対象サービスはそれぞれ違いますが、 ウルトラギガモンスター+の対象サービスの数は12個と多いほうでしょう。 この結果から格安SIMといっても大容量プランは高くなってしまい、 ソフトバンクの方が安く利用できることがわかりました。 ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は カウントフリーSIMの大容量プランとしてはコスパ最高といえるでしょう。

次の