ある女の日常。 とある独身女の日常

日常化する女芸人への容姿・性別いじり 「NO」と言う人は増えている

ある女の日常

川村真木子さん(以下川村):まず日本の社会では「男の浮気はいいけど女の浮気は許されない」という風潮がありますけど、それは一掃してほしいと思いますね。 結婚していると「男は浮気して当たり前」って言われたり、中には「浮気もできないような男を旦那にもってどうするの」なんて謎な発言をされることもあって。 それってなんなんだろうと思いますね。 同性から言われることもあるんですけど、妻としてのプライドなんですかね? だとしたらめちゃくちゃ怖いと感じます。 胎盤JDさん(以下敬称略):浮気なんか許さなくていいし「許すのがいい女」みたいな、男のいう理想の女って都合のいい女でしかないと私も感じます。 好きな男性が「こういう女が好き」とか言っていても、いざつき合うのは全然違うタイプだったりするのも見てきました。 「俺の理想の女像」なんて、信じなくていいと思います! 川村:本当にそう! 浮気に関してはいろんな女性が、私って心が狭いのかなとか、これくらい許してあげたほうがいいのかなって思いこんじゃっているのが本当に腹立たしい。 キャバクラ通いくらいは許してあげる、という話と重複しますけど、それは男性にとって都合がいいだけで、女性にとったら心を破壊されるんですよ。 本当は嫌ですよね、誰だって浮気されたら。 女性が社会的に弱者の立場にあるからって、嫌っていう気持ちすらも抑え込まないといけないのって、すごいストレスですよね。 嫌なことされた上に嫌という気持ちまで抑え込むと、メンタルを破壊されるんで、そこは「嫌って言っていいんだ」って、女性たち自身の意識を変えたほうがいいと思う。 胎盤JD:私はTwitterで浮気に関する質問をよく受けます。 「黙って許してあげればいつか私の我慢を理解して、浮気しなくなるはず」とか言う人もいるけれど、そんなことあり得ない! 「こいつ浮気しても許してくれるからまたしよう」ってなるだけだと思います。 浮気をやめさせたいなら、本当は辛いのに平気なふりをするのは逆効果でしかないと思います。 ほかの人に気持ちが動くのは人間として自然なこと!? 川村:ただ、これは男性に限らず女性でも同じなんですけど、長く関係が続いているとほかの人に目がいくというのは自然なことだよね、とも思うんです。 恋愛って、例えば胎盤ちゃんみたいな年齢だと、1年に1回くらいのペースで相手が変わるでしょ? 胎盤JD:それは人それぞれですけど(笑)。 川村:そんなに早くないか。 でもまあ若い頃って長くても2,3年に1度とかの割合で相手が変わるような恋愛をしていたと思うんですね。 それって、大人になっても実はそれが自然なんじゃないかと思っていて。 もちろん結婚していたら自制心が働く人が多いと思うけど、自然にしていたら4、5年に1度とかのスパンで誰かを好きになったりするんじゃないかな。 なのに、例えば20代後半で結婚したらそこでバシッとフィックスされて、そこから40年間同じ人といます、みたいな人生って実はすごく難しいのかもしれないですよね。 相手のことをずっと好きでいないといけないし、セックスレスになってもいけないしとか考えると、40年間ずっと同じ形でいるのはかなり無理があるんじゃないかな。 そう思うと、結婚で誰かに依存する人生って、すごいリスク高いですよね。 胎盤JD:なるほど……。 川村:そう考えると、離婚してもいいし、何回も結婚してもいいし、結婚せずにいろいろとパートナーを変えてもいいと思うんですよね。 そのためには女性も経済的に自立していることが大事になってきますけど。 ちなみに私が離婚したのは29歳のときで、そのときは仕事がうまくいっていたわけでもなかったんですね。 でも、この先金融業界で成功できなかったとしたら、例えば子どもと一緒にもっと安く住める国に引っ越してもいいし、沖縄で英語の先生をやってもいいなとか、そういった別バージョンも考えていて。 自分自身が海外生活をしてきたことで、色んな人生のパターンや価値観をみてきたのは大きかったですね。 胎盤JD:だから腹をくくれるんですね。 一般的にはけっこうハードルが高いですけど(笑)。 川村:日本の女性って、皆がやっていることから外れることへの恐怖がすごい強いと思うんですよ。 でもいったん外れてみると、意外と楽しくて自由も感じられるんですよ。 逆に皆と同じような人生を生きるほうが、キープアップするのが大変かもしれませんよ。 話が浮気から離婚へ飛んじゃったけど、とにかく嫌なものは嫌! ということが大事だと思います! 胎盤JD:そうですよね。 「自分はこんなに悲しくて傷ついたんだ」っていうことは伝えた方がいい。 ストレートに相手を罵倒しまくるのはいい結果にはならないですけど。 あとは浮気を未然に防ぐというか、浮気するようなきっかけをつくらせないことも大事だと思います。 女性のいる開放的な雰囲気の場所に飲みに行かせないとか、昔の彼女の連絡先を消してもらうとか。 ただ、いろいろがんばっても浮気する人はまたするし、基本的に改心することはないと思っているので、自分を裏切った人とは縁を切るほうがいいと思います。 ちなみに、私は彼氏が浮気したとき慰謝料もらいましたよ。 事前に契約書みたいなものを書いてあったので慰謝料もらって、そのお金で脱毛行きました! 川村:それはすごい! でも自分がこうだと思ったら世間の目なんて気にせずに行動していけば、自分の人生に後悔はないですよね!.

次の

男を魅了する「色気のある女」の特徴。仕草や雰囲気、なり方まで大公開

ある女の日常

Contents• 初めてつき合ったのはソイ・カウボーイのウェイトレス 前回のエピソードに登場したプラーンは、オレにとってはふたりめのタイ人彼女だった。 最初につき合ったのはワンという、ソイ・カウボーイの「ティーラック」に勤めるウェイトレスの女である。 それまで、オレにとってゴーゴーバーというのはあまり楽しい場所ではなかった。 ひとりで軽くビールを飲みに行くくらいで、買春をするわけでもなく、店で女の子と話すわけでもなく。 ただ、1杯飲んで帰るだけでつまらないわけではないが、別に楽しくもなかった。 2000年の11月ごろから当時通っていたタイ語学校の日本人たちと学校のクリスマスパーティーにおける日本人グループの出し物の勉強と称し、何度かティーラックに行って騒いでいたことでゴーゴーのおもしろさを知った。 たくさん奢ってあげれば、相手もノリよく遊んでくれるということだ。 そのときに知り合ったのがワンという子だった。 当時オレが23くらいで、彼女が20歳くらいだった。 どちらかというと太っている感じだったけれど、張りのあるデブちゃんといった体型だった。 今はきれいなバーだか、改装前の当時は古ぼけていて薄暗く、その代わり居心地はよかった。 知らないバンコクの夜がそこにあった ワンとは最初はただ店で飲んでいるくらいだったのが、そのうち閉店後のディスコ遊びなどに連れて行かれるようになった。 当時はちょっと郊外に行けば大型ディスコが朝までやっていた。 たぶんシーナカリンかウドムスック、バンナーの辺りだったと思う。 また、ラチャダー通りのホワイクワンの裏手にも民家を改装したバーがあった。 ソイ・カウボーイに最も近い深夜スポットはペッブリーとの交差点で、当時カオトム食堂(おかゆと総菜の食堂)があり、その上が明け方まで営業しているカラオケ店だった。 オレはタイ語学校に通い始めたときは日本人女性と一緒に暮らしていた。 東京の渋谷にあったタイ料理店でバイトをしていたときに知り合い、お互いタイ好きで一緒にタイ語留学に来たものの生活習慣などが合わず、ワンと知り合うころには破綻していた。 それで、あとは彼女が引っ越しする先を見つけて出て行く段階にあり、オレは自由に遊べていた。 そんなこともあり、タイ好きでタイ語も一生懸命勉強していたけれど、タイ人との交流はあまりなく、タイ人の日常生活を見るのはこれが初めてだった。 タイの若い人が深夜にモグリ営業をしている店にこうやって遊びに行くと知ることができたりするので、ワンに引っ張り回されるのが楽しくて仕方がなかった。 タイ人女性との交際は金がかからない? ワンがオレを連れ回していたのは気に入ってくれていたからだと思う。 どこに飲みに行ってもせいぜい割り勘で出させるか、あとはワンが出してくれるなどで、オレ自身はほとんど金を遣っていない。 のちにつき合うタイ人女性すべてに共通していたのは、本当に好きな相手に対しては金銭的な要求は一切しないということだ。 もちろん婚姻関係を結べば生活費などいろいろな支払いの請求はあるにはあるが、あくまでも交際期間は過度な要求はしない。 特に水商売の女性は自分がそういった立場にいるからか、異性に金を払わせるのはイコール自分が買われている、つまり恋愛関係にないのと同じと考えるようで、金を遣わせることを嫌う傾向にあると感じた。 別の回でまた紹介するが、この気質が悪い男をヒモにさせ、のちに自分が苦労する羽目になるのだけれども。 ワンはスクムビット通りソイ22の奥に住んでいた。 ウアアモーンスックという有名な巨大アパートで、ソイ・カウボーイで働く人が大勢暮らしていた。 当時、スクムビットは日系企業駐在員が暮らすエリアというイメージで高級エリアかと思っていたが、偶数のソイは安アパートが多い。 ウアアモーンスックもエアコンはないものの、3,000バーツしない水準だったと記憶している。 タイ人が暮らすアパートもこのとき初めて見た。 ソイ24は高級住宅地だが、隣の22は庶民的なエリア。 この建物の裏手にウアアモーンスックはある。 本当に家族のために働く姿を見る ワンはロイエット県の出身だ。 東北地方の中心地で、2000年前後まではタクシー運転手の多い出身地だった。 当のロイエット県人は多くが「L. 出身なの」とジョークを飛ばす。 ロス出身なの? と返せば、「違うわ、ロイエットよ」なんて誇らしげに言う。 ロイエットだとR. だと思うが、そこはイサーンジョークである。 黙って流すしかない。 ロイエットは決して裕福な県ではなく、農民も多い。 一般的な世帯と同様に、ワンも兄弟が多かった。 ワンは妹たちのために働こうと、高校を卒業後、何歳か年上の姉がティーラックで働いていたのでバンコクにやってきたのだという。 のちにワンの姉と会ったら、1998年12月に初めてゴーゴーバーに行ったときに会ったことのある女だった。 当時、インドから戻ってきたオレは帽子をなくしていて、タオルを頭に巻いて歩いていた。 そして初めてティーラックに入ったところでタオルを奪われ、それをムチのようにして何度もしばかれたのだ。 だからオレは憶えていたというわけで。 ワンは毎日せっせと小銭を貯めていたようで、定期的にそれを祖母に送金していた。 文献で水商売の女性は家族のために働いているというのは知識としては知っていたが、本当にそうしているということもここで初めて知ることになった。 イサーン女性は家庭的? それから、ワンのきれい好きにも驚かされた。 というよりか、オレがつき合ってきた日本人女性がすべて汚部屋の住人たちで、それが普通なのかと思っていたこともある。 こんなにきれい好きな人がいるのかと衝撃を受けた。 ワンは気がついたらせっせと部屋をほうきで掃き、あちこちを雑巾がけしていた。 ただ、ほうきで溜めたゴミはベランダか廊下に掃き出し、ちりとりで集めるということはなかった。 これはタイの安アパートでは常識の行動のようだった。 ちゃんとソムタムを叩く陶器製のクロークも持っていた。 タイ人は必ずしもすべてを外食で済ませるわけでもないことを改めて知った。 ソムタムを作る臼のクローク。 完全に外食ではなく、ときどきは自炊もすることを初めて知った。 毎日がそういった驚きの連続で、タイ人のガイドブックでは知ることのできない一面を見ることが本当に楽しかった。 と言いつつ、 後半は怒濤の展開にも繋がっていくのだけれども。 1998年初訪タイから2006年に結婚するまでにゴーゴー嬢、タニヤ嬢、マッサージ嬢など夜の女の子と一通りつきあい、タイの低所得者層から中流層の生活を垣間見てきた。 著書に「バンコク 裏の歩き方」や「東南アジア 裏の歩き方」など彩図社の裏の歩き方シリーズ関連、Amazon Kindleの電子書籍など。

次の

素人女の日常の、おなら音がある生活を覗いてみませんか?動画

ある女の日常

川村真木子さん(以下川村):まず日本の社会では「男の浮気はいいけど女の浮気は許されない」という風潮がありますけど、それは一掃してほしいと思いますね。 結婚していると「男は浮気して当たり前」って言われたり、中には「浮気もできないような男を旦那にもってどうするの」なんて謎な発言をされることもあって。 それってなんなんだろうと思いますね。 同性から言われることもあるんですけど、妻としてのプライドなんですかね? だとしたらめちゃくちゃ怖いと感じます。 胎盤JDさん(以下敬称略):浮気なんか許さなくていいし「許すのがいい女」みたいな、男のいう理想の女って都合のいい女でしかないと私も感じます。 好きな男性が「こういう女が好き」とか言っていても、いざつき合うのは全然違うタイプだったりするのも見てきました。 「俺の理想の女像」なんて、信じなくていいと思います! 川村:本当にそう! 浮気に関してはいろんな女性が、私って心が狭いのかなとか、これくらい許してあげたほうがいいのかなって思いこんじゃっているのが本当に腹立たしい。 キャバクラ通いくらいは許してあげる、という話と重複しますけど、それは男性にとって都合がいいだけで、女性にとったら心を破壊されるんですよ。 本当は嫌ですよね、誰だって浮気されたら。 女性が社会的に弱者の立場にあるからって、嫌っていう気持ちすらも抑え込まないといけないのって、すごいストレスですよね。 嫌なことされた上に嫌という気持ちまで抑え込むと、メンタルを破壊されるんで、そこは「嫌って言っていいんだ」って、女性たち自身の意識を変えたほうがいいと思う。 胎盤JD:私はTwitterで浮気に関する質問をよく受けます。 「黙って許してあげればいつか私の我慢を理解して、浮気しなくなるはず」とか言う人もいるけれど、そんなことあり得ない! 「こいつ浮気しても許してくれるからまたしよう」ってなるだけだと思います。 浮気をやめさせたいなら、本当は辛いのに平気なふりをするのは逆効果でしかないと思います。 ほかの人に気持ちが動くのは人間として自然なこと!? 川村:ただ、これは男性に限らず女性でも同じなんですけど、長く関係が続いているとほかの人に目がいくというのは自然なことだよね、とも思うんです。 恋愛って、例えば胎盤ちゃんみたいな年齢だと、1年に1回くらいのペースで相手が変わるでしょ? 胎盤JD:それは人それぞれですけど(笑)。 川村:そんなに早くないか。 でもまあ若い頃って長くても2,3年に1度とかの割合で相手が変わるような恋愛をしていたと思うんですね。 それって、大人になっても実はそれが自然なんじゃないかと思っていて。 もちろん結婚していたら自制心が働く人が多いと思うけど、自然にしていたら4、5年に1度とかのスパンで誰かを好きになったりするんじゃないかな。 なのに、例えば20代後半で結婚したらそこでバシッとフィックスされて、そこから40年間同じ人といます、みたいな人生って実はすごく難しいのかもしれないですよね。 相手のことをずっと好きでいないといけないし、セックスレスになってもいけないしとか考えると、40年間ずっと同じ形でいるのはかなり無理があるんじゃないかな。 そう思うと、結婚で誰かに依存する人生って、すごいリスク高いですよね。 胎盤JD:なるほど……。 川村:そう考えると、離婚してもいいし、何回も結婚してもいいし、結婚せずにいろいろとパートナーを変えてもいいと思うんですよね。 そのためには女性も経済的に自立していることが大事になってきますけど。 ちなみに私が離婚したのは29歳のときで、そのときは仕事がうまくいっていたわけでもなかったんですね。 でも、この先金融業界で成功できなかったとしたら、例えば子どもと一緒にもっと安く住める国に引っ越してもいいし、沖縄で英語の先生をやってもいいなとか、そういった別バージョンも考えていて。 自分自身が海外生活をしてきたことで、色んな人生のパターンや価値観をみてきたのは大きかったですね。 胎盤JD:だから腹をくくれるんですね。 一般的にはけっこうハードルが高いですけど(笑)。 川村:日本の女性って、皆がやっていることから外れることへの恐怖がすごい強いと思うんですよ。 でもいったん外れてみると、意外と楽しくて自由も感じられるんですよ。 逆に皆と同じような人生を生きるほうが、キープアップするのが大変かもしれませんよ。 話が浮気から離婚へ飛んじゃったけど、とにかく嫌なものは嫌! ということが大事だと思います! 胎盤JD:そうですよね。 「自分はこんなに悲しくて傷ついたんだ」っていうことは伝えた方がいい。 ストレートに相手を罵倒しまくるのはいい結果にはならないですけど。 あとは浮気を未然に防ぐというか、浮気するようなきっかけをつくらせないことも大事だと思います。 女性のいる開放的な雰囲気の場所に飲みに行かせないとか、昔の彼女の連絡先を消してもらうとか。 ただ、いろいろがんばっても浮気する人はまたするし、基本的に改心することはないと思っているので、自分を裏切った人とは縁を切るほうがいいと思います。 ちなみに、私は彼氏が浮気したとき慰謝料もらいましたよ。 事前に契約書みたいなものを書いてあったので慰謝料もらって、そのお金で脱毛行きました! 川村:それはすごい! でも自分がこうだと思ったら世間の目なんて気にせずに行動していけば、自分の人生に後悔はないですよね!.

次の