結婚式二次会 メイク ゲスト。 結婚式二次会で絶対避けたいNG行動

#702 CAFE&DINER なんばパークス店(ナンバーナナマルニカフェアンドダイナーナンバパークステン)

結婚式二次会 メイク ゲスト

1)幹事が酔っ払うのはNG 結婚式の二次会のようなお祝いの席にアルコールは必ずと言ってよいほど用意されています。 お酒好きの人なら、飲みたくなる気持ちも分かりますが、幹事は二次会全体の進行を管理し、新郎新婦やゲストが困っている事がないか気を配る役割。 そして、二次会は仲間内の飲み会ではありません。 幹事自らがお酒を飲み酔っ払えば、二次会を取り仕切る人がいなくなるということなので、進行はグダグダになり一生に一度の結婚式二次会を台無しにしてしまいます。 幹事が酔っ払う事は特にNGなのですが、泥酔するのがNGであることは二次会の参加者全員に言えることです。 酔っ払った勢いで羽目を外し大声を出して暴れたり、男性ゲストがお店のスタッフなどに絡んだり、お酒が弱いのに飲み過ぎてお手洗いにこもったまま二次会が終了したりなどは、本当に失礼に当たりますので気をつけましょう。 4)余興を全く見ないのはNG 余興を行う人たちは素人なので、すべてが惹き付けられるほど面白いとは限りません。 しかし、その友人たちが一生懸命お祝いをしようと練習してきた背景やその気持ちを嬉しく思っている新郎新婦の気持ちを考えると、人の余興に全く興味を示さないのはとても失礼なことです。 知らない人の余興が始まった途端、内輪でのおしゃべりに夢中になって騒いだり、自分の余興の前に打ち合わせのためといって大人数が全員で席を離れたり、スマホをずっとチェックしたりSNSで写真をアップしたりなど、すべて実際に二次会に参加した人が目撃したNG行動です。 二次会に参加した時のことを振り返ってみると、上記のいづれかのNG行動をしてしまっていたという人は結構多いのではないでしょうか? 5)服装が場違いなのはNG 二次会は結婚式の披露宴に比べると、服装の制限も少し緩めになり、マナーも曖昧になるため、場違いな格好をして出席してしまう人が出てきてしまうことがあります。 例えば、洋服、小物、靴まですべて真っ黒。 二次会の場を華やかにするためにも、せめてコサージュなどの小物で色を足したりなどの工夫をすることが必要です。 反対に真っ白のドレスも花嫁を連想させるためNGです。 また、白のドレスは目立つため、花嫁よりも目立ってしまう可能性もあります。 二次会の主役は新郎新婦なので、その2人よりも目立ってしまうような服装は避けましょう。 さらに肌の露出が高い服装や華美なアクセサリーも上記と同じ理由からNGです。 お祝いの席で『忌み言葉』の使用はNGですが、知らず知らずのうちに使ってしまっていませんか? 例えば、夫婦の別れを連想させるような言葉(別れる、割れる、終わる、破れるなど)、再婚を連想させる言葉(戻る、繰り返す、再び、二度など)、不幸や死を連想させる言葉(痛み、捨てる、倒れる、壊れるなど)、重ね言葉(たびたび、いろいろ、皆々様、わざわざ、いよいよなど)等です。 普段通りに話すと使ってしまいそうな言葉ばかりですね。 これらの言葉は挨拶をする際や司会進行をする際に使用するような言葉も含まれていますが、『二次会は終了となります』と言いたい場合には、『二次会はお開きにします』というように言葉を置き換えるなどの気遣いが必要になります。 また、忌み言葉ではありませんが、あまりくだけた言葉遣いも避けた方が無難です。 やばい、ぶっちゃけなどという言葉や下ネタ用語などは決して上品とは言えません。 二次会に参加したすべての人が気持ちよく過ごせるように言葉遣いには細心の注意を払いましょう。 9)立食パーティー形式の二次会で会場に用意してある椅子に座るのはNG 会場に椅子が用意してあれば、座って良いものと思ってしまいがちですが、実はこれは場合によってはNGです。 それは、立食パーティー形式である時です。 立食パーティー形式の会場で用意されている椅子は、妊婦の方や、子供、高齢者のために用意されたものなので、それ以外の方は、体調が悪くなった、などの特別な理由がない限りは座らないようにしましょう。 立食パーティーは、歩き回って多くの人と気軽に歓談をすることが出来るのが良いところです。 椅子に座ってしまうと、積極的に二次会を楽しむという気持ちや新郎新婦をお祝いするという気持ちがないように見えてしまうということもありますので、会場内にいる間は立って会話や食事を楽しみましょう。 11)お祝いのスピーチにデリケートな内容を盛り込むのはNG お祝いの席ではスピーチを行う機会があると思いますが、そのスピーチの内容にデリケートな内容を盛り込むのはNGです。 例えば、新郎新婦の過去の暴露話。 もしすでに会場の皆が知っている内容であってもお祝いの場にはふさわしくありません。 また、宗教や政治の話もNGです。 二次会の会場には様々な宗教や思想の人が出席していますので、お祝いの場で思想が対立しそうな話題を話すことは得策ではありません。 最後に、盲点であるのが子供の話です。 『結婚をしたら子供を作る』ということが一般的には普通の流れということもあり、『かわいい2人の赤ちゃんにも早く会いたい』などの文言をスピーチに入れる方もいるでしょう。 しかし、新郎新婦にも様々な事情があって子供には恵まれない方であるという可能性もあるのです。 さらには、ゲストの中にも子供が欲しいのに恵まれていない人がいるかもしれません。 もし新婦がすでに妊娠をしていても、二次会の席では子供の話題には事には触れないようにしましょう。

次の

結婚式のメイクマナー☆ゲストとしておさえたい基礎知識

結婚式二次会 メイク ゲスト

二次会の会場によってふさわしい服装は変わる 親戚や会社の上司が参加する披露宴とはちがい、結婚式の二次会の参加者は新郎新婦の友人が中心となります。 そのため、二次会の服装は披露宴ほどマナーが統一されておらず、会場の雰囲気によっても若干の違いがあります。 何を着ていけば悩んでいる人は、招待状に書かれている会場などを参考に、服装を決めていくことをおすすめします。 ホテル、パーティー会場など 二次会会場がホテルのパーティー会場だったり、披露宴会場と同じ場所で行われる場合は、披露宴と同じような服装をおすすめします。 披露宴からそのまま二次会に流れてくる人も多いため、自分だけあまりにもカジュアルだと浮いてしまいます。 ワンピースやアフタヌーンドレスにパンプスを合わせたフォーマルな装いが望ましいでしょう。 ジャケットできちんと感を出したり、シフォンブラウスとスカートの組み合わせなどでも良いでしょう。 カジュアルな雰囲気の二次会には、そこまで厳格にマナーを考えなくてもOKです。 デートでおめかししていくイメージでコーディネートしましょう。 ただし、ジーンズや綿素材のカジュアルすぎる服装は避けてください。 迷ったら、一緒に参加する友人と相談して決めても良いかもしれませんね。 よくある「平服でお越しください」と書いてあるときには、どのような服装で行けばよいのでしょうか。 まず、「平服」は「カジュアルな服装」という意味ではありませんので、Tシャツにジーンズで行くと恥をかいてしまいます。 「正装でなくても大丈夫ですよ」という主催側の心遣いとして平服という言葉が使われていますが、実際にはパーティーにふさわしい服装で行くべきとされています。 女性の場合は、きちんと感のある服装を心がけましょう。 きれいめのワンピースなら間違いないですね。 パンツスタイルのセットアップや、ブラウスにスカートを合わせたコーディネートも人気です。 やはり、主役の2人に失礼のない服装を心がけたいものですよね。 ここでは、一般に二次会の服装でNGとされているものを確認しておきましょう。 迷った時の参考にしてみてください。 ドレス まず、真っ白のドレス、ワンピースはNGです。 白は花嫁の色と心得ましょう。 逆に真っ黒も喪服を連想させるので控えたほうが良いですね。 また、短すぎるスカートや、胸元を過度に協調していたり背中の空いたドレスなど、露出の高いものもあまり好ましくありません。 逆に、カジュアルすぎるシャツやニット、デニムなどもパーティーにふさわしくないので、避けるようにしましょう。

次の

男性ゲスト必読!結婚式や二次会で必要な持ち物リストとバッグのマナー

結婚式二次会 メイク ゲスト

1)幹事が酔っ払うのはNG 結婚式の二次会のようなお祝いの席にアルコールは必ずと言ってよいほど用意されています。 お酒好きの人なら、飲みたくなる気持ちも分かりますが、幹事は二次会全体の進行を管理し、新郎新婦やゲストが困っている事がないか気を配る役割。 そして、二次会は仲間内の飲み会ではありません。 幹事自らがお酒を飲み酔っ払えば、二次会を取り仕切る人がいなくなるということなので、進行はグダグダになり一生に一度の結婚式二次会を台無しにしてしまいます。 幹事が酔っ払う事は特にNGなのですが、泥酔するのがNGであることは二次会の参加者全員に言えることです。 酔っ払った勢いで羽目を外し大声を出して暴れたり、男性ゲストがお店のスタッフなどに絡んだり、お酒が弱いのに飲み過ぎてお手洗いにこもったまま二次会が終了したりなどは、本当に失礼に当たりますので気をつけましょう。 4)余興を全く見ないのはNG 余興を行う人たちは素人なので、すべてが惹き付けられるほど面白いとは限りません。 しかし、その友人たちが一生懸命お祝いをしようと練習してきた背景やその気持ちを嬉しく思っている新郎新婦の気持ちを考えると、人の余興に全く興味を示さないのはとても失礼なことです。 知らない人の余興が始まった途端、内輪でのおしゃべりに夢中になって騒いだり、自分の余興の前に打ち合わせのためといって大人数が全員で席を離れたり、スマホをずっとチェックしたりSNSで写真をアップしたりなど、すべて実際に二次会に参加した人が目撃したNG行動です。 二次会に参加した時のことを振り返ってみると、上記のいづれかのNG行動をしてしまっていたという人は結構多いのではないでしょうか? 5)服装が場違いなのはNG 二次会は結婚式の披露宴に比べると、服装の制限も少し緩めになり、マナーも曖昧になるため、場違いな格好をして出席してしまう人が出てきてしまうことがあります。 例えば、洋服、小物、靴まですべて真っ黒。 二次会の場を華やかにするためにも、せめてコサージュなどの小物で色を足したりなどの工夫をすることが必要です。 反対に真っ白のドレスも花嫁を連想させるためNGです。 また、白のドレスは目立つため、花嫁よりも目立ってしまう可能性もあります。 二次会の主役は新郎新婦なので、その2人よりも目立ってしまうような服装は避けましょう。 さらに肌の露出が高い服装や華美なアクセサリーも上記と同じ理由からNGです。 お祝いの席で『忌み言葉』の使用はNGですが、知らず知らずのうちに使ってしまっていませんか? 例えば、夫婦の別れを連想させるような言葉(別れる、割れる、終わる、破れるなど)、再婚を連想させる言葉(戻る、繰り返す、再び、二度など)、不幸や死を連想させる言葉(痛み、捨てる、倒れる、壊れるなど)、重ね言葉(たびたび、いろいろ、皆々様、わざわざ、いよいよなど)等です。 普段通りに話すと使ってしまいそうな言葉ばかりですね。 これらの言葉は挨拶をする際や司会進行をする際に使用するような言葉も含まれていますが、『二次会は終了となります』と言いたい場合には、『二次会はお開きにします』というように言葉を置き換えるなどの気遣いが必要になります。 また、忌み言葉ではありませんが、あまりくだけた言葉遣いも避けた方が無難です。 やばい、ぶっちゃけなどという言葉や下ネタ用語などは決して上品とは言えません。 二次会に参加したすべての人が気持ちよく過ごせるように言葉遣いには細心の注意を払いましょう。 9)立食パーティー形式の二次会で会場に用意してある椅子に座るのはNG 会場に椅子が用意してあれば、座って良いものと思ってしまいがちですが、実はこれは場合によってはNGです。 それは、立食パーティー形式である時です。 立食パーティー形式の会場で用意されている椅子は、妊婦の方や、子供、高齢者のために用意されたものなので、それ以外の方は、体調が悪くなった、などの特別な理由がない限りは座らないようにしましょう。 立食パーティーは、歩き回って多くの人と気軽に歓談をすることが出来るのが良いところです。 椅子に座ってしまうと、積極的に二次会を楽しむという気持ちや新郎新婦をお祝いするという気持ちがないように見えてしまうということもありますので、会場内にいる間は立って会話や食事を楽しみましょう。 11)お祝いのスピーチにデリケートな内容を盛り込むのはNG お祝いの席ではスピーチを行う機会があると思いますが、そのスピーチの内容にデリケートな内容を盛り込むのはNGです。 例えば、新郎新婦の過去の暴露話。 もしすでに会場の皆が知っている内容であってもお祝いの場にはふさわしくありません。 また、宗教や政治の話もNGです。 二次会の会場には様々な宗教や思想の人が出席していますので、お祝いの場で思想が対立しそうな話題を話すことは得策ではありません。 最後に、盲点であるのが子供の話です。 『結婚をしたら子供を作る』ということが一般的には普通の流れということもあり、『かわいい2人の赤ちゃんにも早く会いたい』などの文言をスピーチに入れる方もいるでしょう。 しかし、新郎新婦にも様々な事情があって子供には恵まれない方であるという可能性もあるのです。 さらには、ゲストの中にも子供が欲しいのに恵まれていない人がいるかもしれません。 もし新婦がすでに妊娠をしていても、二次会の席では子供の話題には事には触れないようにしましょう。

次の