動 点。 粘度と動粘度

【楽天市場】伊藤若冲 動植綵絵 複製額装6点セット 美術品 レプリカ:光ネット組合 楽天市場店

動 点

最大動圧点(さいだいどうあつてん)はにおける用語で、やなどの飛翔体の飛行プロファイルにおいて、内でが最大になる点( マックスQ (英語: max Q))のことである。 一般にほとんどのロケット(や、弾道ミサイル)の飛行プロファイルでは、高度数kmから数十キロメートルのどこかでマックスQとなる。 すなわち、発射直後は大気密度は次第に減少するがロケットが加速することによる寄与のほうが大きく、動圧は増大する。 マックスQでは両者の寄与が丁度相殺されている。 マックスQを過ぎると、加速よりも大気密度の低下による寄与が上回り、動圧は減少する。 では、マックスQは高度およそ11kmのあたりでおとずれ、宇宙船の打上げでは高度13-14kmであった。 ここで、 S は代表面積、 C L, C D はそれぞれ揚力係数と抗力係数である。 動圧が大きいほど機体に加わる空気力も大きくなるため、マックスQはロケット等の飛翔体の空力設計(外部形状の設計)・構造設計において重要となる。 なお、マックスQと似ているが、有人の場合の宇宙飛行士などが内部で感じる、振動と加速による衝撃は、動圧と、エンジンによる加速の大きさの両方が関与する。 多段式打上げの場合、一般に各段の切離し直前に加速度が極大となる。

次の

最大動圧点

動 点

はじめに|動解析入門 動解析とは 私たちが取り扱う現象の多くは時間的な変化が伴います。 ある構造が力を受けて変位する場合を考えますと、力が非常にゆっくりと加われば入力荷重と拘束部位での反力が釣り合います。 これはいわゆる静解析の分野です。 しかし、力が急激に加わりますと 力の時間的変化が早い場合 、構造側の質量によって慣性力が発生するため、ある瞬間で見たときの入力荷重と拘束点の反力は釣り合わなくなります。 ちなみに慣性力を加味した解析のやり方の一つに静的な加速度荷重による解析がありますが、これは静解析です。 慣性力の影響とはいっても、その時間的変化が伴う解析を動解析と呼んでいます。 したがって時間軸で解析を行いますが、周波数軸で解析を行うやり方もあります。 動解析の手法には多数あり、代表的なところでは 固有値解析、 周波数応答解析、 過渡応答解析などがあります。 本講座では動解析に用いられる各手法の概要について、実際に解析した事例を交えながら説明していきたいと思います。 なぜ動解析が必要か? 慣性力が影響するレベルで入力荷重が時間的に変化すると、その構造側の応答は静的に荷重を加えた場合に比べて、変位量や変形形態が異なってきます。 これに伴いひずみや応力ももちろん異なってきます。 これは主に構造が固有に持っている振動数とその変形形態による影響です。 ここで、構造が持っている固有の振動数を 固有振動数、固有振動数で振動する変形形態を 固有モード あるいは振動モード と呼びます。 更に、各固有モードにおける減衰比を モード減衰比と呼びます。 これら3つの特性は構造の動的な性質を表す上で非常に重要なパラメータであり、 モーダルパラメータや モード特性と呼ばれます。 動解析を実施する目的は、このような構造側の動的な性質を加味して正しい応答を求めることです。 寄与している固有モードにもよりますが、このような状況下において静解析によってその変形量や変形形態を再現することは非常に困難です。 もし再現できたとしてもその荷重は非現実的なものとなるでしょう。 以下に簡単な解析モデルで例を示します。 解析モデル 解析モデルは幅50mm、長さ300mm、板厚1. 2mmの短冊状のプレートで、素材は鉄鋼材料を想定しています。 要素は四辺形1次要素を使用し一様に5mmのサイズでメッシュを作成しました。 境界条件は片端を完全拘束し、もう一方の端部に1Nの荷重を加えた片持ち梁モデルです。 この時、入力荷重の水準として A 静的荷重、 B 60Hzの変動荷重、 C 3Hzの変動荷重の3つのパターンで解析した結果を比較します。 静的な荷重による理論的な最大変位は5. 95mmになります。 A 静的荷重 下図に静解析を実施した結果を示します。 理論的な最大変位は5. 95mmですので約1. B 60Hzの変動荷重 1Nの荷重を60Hzで変動させた時の解析結果です。 A と B の結果は最大変位、変形形態共にまったく異なっており、 A の静的な荷重値をいくら調整したところで動的な荷重が加わった時の B の状態を再現することはできません。 無理やり複数の荷重を導入すれば再現することはできるかもしれませんが現実的ではありません。 このように入力荷重が時間的に変動するような状況においても正しい応答を計算するには動解析が必要になります。 C 3Hzの変動荷重 更に変動荷重を3Hzにした時の解析結果をを以下に示します。 今度は A の静的な荷重が加わった状態の解析結果に近くなりました。 A の理論値と C の違いは5. 実は静解析を用いるべきか、動解析を用いるべきかは入力される荷重の変動周波数によって判断します。 しかしそれでも5. [] [].

次の

OnePoint

動 点

伊藤若冲『動植綵絵』複製額装6点セット 生誕300年記念・超絶細密技巧の天才・伊藤若冲の名品掛軸六選 釈迦三尊図の威厳のために描かれた「動植綵絵」全30作から人気の6作を選んで複製掛軸としてご紹介します。 昨年春の東京での展覧会が、入場まで5時間待ちを記録するほどの社会現象にもなった江戸時代中期の京で活躍した天才絵師・伊藤若冲。 全30点からなる「動植綵絵」と「釈迦三尊図」の同時展示による作品の迫力に圧倒されたことは、未だ記憶に新しいことでしょう。 超絶細密技巧を駆使して描かれたその「動植綵絵」で若冲の真髄・人気の6作品を選び複製掛軸にしました。 老松孔雀図(ろうしょうくじゃくず) 長寿の老松、富貴の牡丹、毒蛇を退治する魔除けの孔雀。 白い孔雀は神の使いとも云われます。 不老不死の象徴・松を背景に、邪気を祓う孔雀を描いた吉祥の一幅。 深紅のボタンと対照的な純白の孔雀の羽1枚1枚を丹念に描いた、若冲のこだわりが伺われる。 梅花皓月図(ばいかこうげつず)自由奔放な枝振りの白梅を皓々と照らす満月。 白梅の生命の力強さを感じさせます。 梅の花を照らす月光を際立たせるため、花弁の胡粉の塗りにも一つひとつ変化をつけ、ガク、花粉にいたるまで丁寧に描かれている。 華麗の一語に尽きる作品。 梅花群鶴図(ばいかぐんけいず)画面いっぱいに花や蕾のリズムある背景に六羽の鶴が描かれている吉祥作品です。 咲き誇る満開の梅花と6羽の丹頂鶴を画題として描いた吉祥画の傑作。 寺院などにあった中国絵画が下敷きになっているといわれる。 「動植綵絵」15番目の作品。 紅葉小禽図(こうようしょうきんず)六百枚近くの葉を何種類もの彩色で描き分け深い奥行きを表現しています。 瑠璃鳥の雌雄の戯れが心和ませます。 鮮やかな紅葉のなかで戯れるつがいの瑠璃鳥。 600枚近くの葉を微妙な濃淡と彩色で遠近をつけ奥行をみせる。 画題に植物が登場する「動植綵絵」後期の傑作。 群鶏図(ぐんけいず)若冲作品に多く描かれている題材の鶏。 今にも画面から飛び出してきそうなほど生き生きとした十三羽の鶏が密集して描かれている代表作。 若冲といえば鶏。 強烈なインパクトで、絶妙のポジショニングで絡み合う雄鶏を描いた代表的作品。 観察と写生に余念がなかった若冲の真骨頂が伺われる。 老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)輝く純白の羽の流れが艶やかだが、凛とした顔の表情が高貴な鳳凰ならではの雰囲気を醸し出しています。 右上部隅に浮かぶ朝日に向かって鳴き声を上げる純白の鳳凰。 その表情は雄を描いたにも拘わらずなまめかしく、写実を旨とした若冲作品の中でも特異な一幅。 圧倒する細密さ、超絶技巧、大胆な構図でゆるぎない人気を集めた天才絵師・伊藤若冲。 数ある傑作の中でも、代表的作品といえば「動植綵絵」。 そのなかから若冲の真髄にふれることのできる、とりわけ人気の高い6作を選んだ複製絵画コレクションです。 世界的評価を博した江戸中期の絵師・伊藤若冲による超絶細密技巧希代の絵師にして、超絶細密技巧の天才として冠たる名声を定着させた伊藤若冲。 模写から写実へ、徹底した観察と写生を貫いた姿勢は、自宅の庭に鶏を飼ってその動き、姿態を飽くことなく眺めていたというエピソードが有名です。 一昨年開催された生誕300年を記念した展覧会では、若冲の代表作「動植綵絵」30幅と「釈迦三尊図」が同時展示され、来場者を圧倒的迫力で魅了しました。 来館者数は45万人に迫り、1日当り最多2万人を記録し、日によっては待ち時間5時間ということでも若冲人気を物語る一例として、未だ記憶に新しいことです。 若冲の真髄に触れることのできる代表的美術品をご堪能ください若冲の代表的作品といわれる「動植綵絵」は、「釈迦三尊図」の威厳を飾るため描かれた全30幅からなるもので、宝暦7(1757)年から約11年の歳月をかけて制作されたものです。 本作は、そのなかの代表的6作品を選び、作品全体を細密に複製した掛軸と額装です。 超絶細密技巧の天才と称せられる若冲の真髄に触れることのできる代表的名作を賞玩できる至福の絵画として、季節の移ろいに合わせ、貴家のお部屋にお飾りください。

次の