ウィジャ ウォル。 ポジション評価 ボーカル/ノルルマンナ編(PDX101)

ウィジャウォル(プデュX)のプロフィール紹介!過去画像や動画も

ウィジャ ウォル

「PRODUCE X 101」に出演したトニーとウィ・ジャウォル(Wei Zi Yue/魏子越)が、愛らしい恋人のような魅力を誇った。 トニーとウィ・ジャウォルはファッション雑誌「Singles」10月号のグラビア撮影を行った。 Mnet「PRODUCE X 101」でユニークでキュートな魅力で国民プロデューサーの心を掴んだ二人は、初のグラビア撮影であったにもかかわらず多彩なポーズとウィット溢れる表情で魅力をアピールした。 撮影後に行われたインタビューでトニーとウィ・ジャウォルは、熱い関心の中で出演した「PRODUCE X 101」を終えた感想を伝えた。 トニーは「すべての瞬間で本当に最善を尽くした。 『X1-MA』のステージが特に記憶に残っている。 ダンスの練習を本当に頑張ったので、長く余韻が残りそうだ」とし、初めて101人の練習生と息を合わせた瞬間について振り返った。 ウィ・ジャウォルは「初めてステージに立った瞬間、本当に緊張してマイクを両手でぎゅっと握った。 すべての瞬間において最善を尽くそうと精神を集中していた」とステージのビハインドストーリーを伝えた。 韓国で歌手になりたいという夢を抱いたきっかけについて、トニーは「EXOの『CALL ME BABY』を聴いた瞬間、惚れてしまった。 YouTubeでステージ映像を見て韓国活動の夢を育んだ」と話した。 ウィ・ジャウォルは「韓国語が好きで韓国に来ることになった。 これまでの人生において最も大きな挑戦だった。 ファンが誇りに思えるアーティストになるために、これからもっと頑張ってデビューし、様々なステージに立ちたい」と韓国活動への期待をつけ加えた。 トニーとウィ・ジャウォルはすべてのステージで最善を尽くし、「PRODUCE X 101」の国民プロデューサーの心を掴んだ。 カナダ出身のトニーは、外国人練習生としては唯一ファイナル生放送に進出できる20人に選ばれ、話題となった。 中国出身のウィ・ジャウォルはステージを積み重ねるにつれて着実に成長した。 外部サイト.

次の

D編集長の裏ブログ: [プデュX] 元EXOルハン+NU'ESTレン?練習生ウィジャウォルの画像

ウィジャ ウォル

「PRODUCE X 101」に出演したトニーとウィ・ジャウォル(Wei Zi Yue/魏子越)が、愛らしい恋人のような魅力を誇った。 トニーとウィ・ジャウォルはファッション雑誌「Singles」10月号のグラビア撮影を行った。 Mnet「PRODUCE X 101」でユニークでキュートな魅力で国民プロデューサーの心を掴んだ二人は、初のグラビア撮影であったにもかかわらず多彩なポーズとウィット溢れる表情で魅力をアピールした。 撮影後に行われたインタビューでトニーとウィ・ジャウォルは、熱い関心の中で出演した「PRODUCE X 101」を終えた感想を伝えた。 トニーは「すべての瞬間で本当に最善を尽くした。 『X1-MA』のステージが特に記憶に残っている。 ダンスの練習を本当に頑張ったので、長く余韻が残りそうだ」とし、初めて101人の練習生と息を合わせた瞬間について振り返った。 ウィ・ジャウォルは「初めてステージに立った瞬間、本当に緊張してマイクを両手でぎゅっと握った。 すべての瞬間において最善を尽くそうと精神を集中していた」とステージのビハインドストーリーを伝えた。 韓国で歌手になりたいという夢を抱いたきっかけについて、トニーは「EXOの『CALL ME BABY』を聴いた瞬間、惚れてしまった。 YouTubeでステージ映像を見て韓国活動の夢を育んだ」と話した。 ウィ・ジャウォルは「韓国語が好きで韓国に来ることになった。 これまでの人生において最も大きな挑戦だった。 ファンが誇りに思えるアーティストになるために、これからもっと頑張ってデビューし、様々なステージに立ちたい」と韓国活動への期待をつけ加えた。 トニーとウィ・ジャウォルはすべてのステージで最善を尽くし、「PRODUCE X 101」の国民プロデューサーの心を掴んだ。 カナダ出身のトニーは、外国人練習生としては唯一ファイナル生放送に進出できる20人に選ばれ、話題となった。 中国出身のウィ・ジャウォルはステージを積み重ねるにつれて着実に成長した。 外部サイト.

次の

プロデュースX101 (プデュX)グループ評価結果は?曲やチームメンバーが気になる!

ウィジャ ウォル

「PRODUCE X 101」に出演したトニーとウィ・ジャウォル(Wei Zi Yue/魏子越)が、愛らしい恋人のような魅力を誇った。 トニーとウィ・ジャウォルはファッション雑誌「Singles」10月号のグラビア撮影を行った。 Mnet「PRODUCE X 101」でユニークでキュートな魅力で国民プロデューサーの心を掴んだ二人は、初のグラビア撮影であったにもかかわらず多彩なポーズとウィット溢れる表情で魅力をアピールした。 撮影後に行われたインタビューでトニーとウィ・ジャウォルは、熱い関心の中で出演した「PRODUCE X 101」を終えた感想を伝えた。 トニーは「すべての瞬間で本当に最善を尽くした。 『X1-MA』のステージが特に記憶に残っている。 ダンスの練習を本当に頑張ったので、長く余韻が残りそうだ」とし、初めて101人の練習生と息を合わせた瞬間について振り返った。 ウィ・ジャウォルは「初めてステージに立った瞬間、本当に緊張してマイクを両手でぎゅっと握った。 すべての瞬間において最善を尽くそうと精神を集中していた」とステージのビハインドストーリーを伝えた。 韓国で歌手になりたいという夢を抱いたきっかけについて、トニーは「EXOの『CALL ME BABY』を聴いた瞬間、惚れてしまった。 YouTubeでステージ映像を見て韓国活動の夢を育んだ」と話した。 ウィ・ジャウォルは「韓国語が好きで韓国に来ることになった。 これまでの人生において最も大きな挑戦だった。 ファンが誇りに思えるアーティストになるために、これからもっと頑張ってデビューし、様々なステージに立ちたい」と韓国活動への期待をつけ加えた。 トニーとウィ・ジャウォルはすべてのステージで最善を尽くし、「PRODUCE X 101」の国民プロデューサーの心を掴んだ。 カナダ出身のトニーは、外国人練習生としては唯一ファイナル生放送に進出できる20人に選ばれ、話題となった。 中国出身のウィ・ジャウォルはステージを積み重ねるにつれて着実に成長した。 外部サイト.

次の