個人型確定拠出年金 比較。 [2020年] 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) おすすめの金融機関(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券など徹底比較)

企業型確定拠出年金とは?個人型との大きな違い5個をふまえて解説!

個人型確定拠出年金 比較

個人年金保険 2017. 07 2017. 24 個人年金保険とiDeCo 個人型確定拠出年金 の違いは?徹底比較。 ざっくり言うと・・・• 個人年金保険と確定拠出年金の違いは「積み立てできる掛け金上限設定の有無」「積み立て金の運用者が保険会社になるか自己責任になるか」「支払いが毎月一定額が必要になるか最低年1回の拠出となるか」の3点• どちらが良いか、ではなく予定利率が設定されている個人年金保険で安定をとるか、加入者個人の運用能力でリターンを狙う確定拠出年金の違いを理解し、自身のニーズにあったものを選択することが大切 本章では個人年金保険とiDeCo 個人型確定拠出年金 の違いについてお話をしていきます。 本章では個人で加入できる「iDeCo イデコ 、個人型確定拠出年金」とはどのようなものなのか、個人年金保険と何が違うのかを見ていきます。 まず、この個人型確定拠出年金に加入できる条件を確認しましょう。 60歳未満であること• 20~60歳までの国民年金保険料の納付者(未納や免除対象者でない)• サラリーマンは勤務先に企業型確定拠出年金の「マッチング拠出(個人が一部掛金を負担)」制度がある 老後の備えは多いほど安心ですが、その原資となる個人型確定拠出年金はその人の社会的属性(立場)により掛金の上限額が法律で定められています。 自分がどこに属することになり、掛金の上限額はいくらとなるのか、A~Gまで7つにタイプ分けしましたので見てみましょう。 【属性別掛金の上限額】• 6万円(月額6. 6万円(月額2. 3万円)まで• 4万円(月額1. 2万円)まで• 4万円(月額1. 4万円(月額1. 2万円)まで• 6万円(月額2. 3万円)まで 法改正により、以前は加入が認められていたなかったC~G型の人も現在は加入できるようになっています。 また、転職などで勤務環境が変わってしまい以前は加入の対象外だった人も、改正後は加入できるようになっています。 また、確定拠出年金の制度をめぐる機関についても抑えておきましょう。 【確定拠出年金に関わる3つの機関】• 国民年金基金連合会 個人型確定拠出年金は国民年金基金連合会が主体となって行っていますが、多くの業務を運営管理機関などに委託しており、こちらでは加入者の資格の確認や掛金の上限額の管理などの業務を行っています。 また、以前企業型確定拠出年金に加入していたが、退職後6ヶ月以上何の手続きをしていない人(自動移管者)の管理もしています。 運営管理機関 国民年金基金連合会から運営を委託されている金融機関のことで、個人型確定拠出年金の加入者に対して運用商品を提供したり、商品の情報提供サービスも行っています。 このことは、運用管理機関によって購入できる金融商品やサービスなどが変わってくることを意味します。 加入者が自由に選ぶことはできますが、どの金融機関でも同じサービスが受けられるわけではありませんので、大事な老後の資金をどこで運用するかは重要となってきます。 また、加入者の個人別の記録管理業務は金融機関によって運営体制が異なっており、専門機関に委託していることもあります。 事務委託先機関 お金の管理を委託されている金融機関で、加入者の年金資産を管理し掛金の受け入れや受給者に給付金支払いなどの業務を行っています。 あらためて各制度の概要を見ていきます。 個人年金保険の概要 毎月定額の保険料を年金の原資として支払い、保険会社が保険料の運用にあたります。 また、契約時に定めた予定利率の年金額を一定の年齢から給付金として受け取るのが一般的です。 個人年金保険は上記の確定型のほか、積極的にリスクをとってリターンを狙う変額型のものも一部あります。 個人年金保険には年金の受け取り年数が5年や10年などあらかじめ契約で決まっている確定年金や、被保険者の存命中は年金が受け取れる終身年金があります。 確定拠出年金の概要 確定拠出年金は法令による金額の範囲内で1年間の掛け金を設定し、運用する金融商品の選択も年金の受給者で行います。 個人年金保険と確定拠出年金の違い、具体的には? 【保険料の額】 個人年金保険の保険料の上限は決まっていません。 確定拠出年金は自分が属す職業タイプ(AからG型の7タイプ)により、掛け金として拠出できる金額が法律で決まっています。 【運用主体の違い】 個人年金保険は支払った保険料を保険会社が責任を持って運用するのに対し、確定拠出年金は被保険者が自己責任で掛け金の運用を行います。 確定型の個人年金保険は受け取る年金額が決まっていますが、確定拠出年金は基本的に保険者の運用成績次第で受け取れる年金額が変わってきます。 確定拠出年金でリスクの高い運用方法を取ってリターンを狙ったとしても、元本割れにあうこともあります。 これらから言える利点としては、個人年金保険の場合は受け取れる年金額が契約時に決まっており、安心して積み立てができるということがあり、 反対に確定拠出年金は運用の自由度が高く社会や経済情勢の変化(物価変動や特定企業の破たんリスク)に対応しやすいという点があります。 デメリットとしては、個人年金保険は保険料支払いの義務を果たしていても、保険会社の破たんにより積み立てた年金が大きく減額される恐れがあること、 確定拠出年金の場合は運用結果が保険者にゆだねられ、金融商品選びの専門知識や定期的な運用見直し作業が必要なことです。 【支払い方法や金融制度について】 確定拠出年金は現金支払いのみの対応で、預けた掛け金を運用するのに管理コストがかかり、金融対応はしてもらえません。 それに対し、個人年金保険はクレジットカードが使えたり、保険料を原資として貸付を受けられたりと確定拠出年金より柔軟に対応してもらえます。 ただ、確定拠出年金は年1回以上定期的に拠出すればよく、毎月定額を支払う必要がないのでボーナス時など余裕のあるときのまとめ払いもできます。 それは、個人年金保険のほとんどの商品に予定利率が設定されているため、年金額があらかじめほぼ確定している個人年金保険と、加入者個人の運用能力や運に頼る確定拠出年金とでは比較が難しいためです。 両者でよく指摘される大きなメリットは税制面での優遇といわれており、いずれも長期にわたる控除により運用成績(=利率)に大きく寄与するものとなっています。 税控除額については個人の運や運用能力に左右されないため客観的な比較が可能です。 税制面から見た将来的な比較 個人年金保険と確定拠出年金が税制上優遇されるのは、年金保険料(掛け金)の支払い(拠出)時です。 年金保険料(掛け金)の所得控除は国の所得税控除と地域の住民税控除の2つの税制上の優遇が受けられます。 個人型確定拠出年金の場合は全額が税控除の対象となります。 個人年金保険の控除額は以下になります。 確定拠出年金の場合、年金受取時も税控除が受けられてお得になります。 なお、両社とも運用にかかる利益は非課税となり、確定拠出年金や変額個人年金保険で投資信託などで運用益が出た場合、非課税となってお得だといえます。 確定拠出年金は法令で拠出額の上限が定められているものの、掛金が大きければ大きいほど個人年金保険に比べて税制上の優遇が受けられ、運用期間が長いほど個人年金保険に比べ有利といえます。 irasutoya. html 個人年金保険と確定拠出年金へは両方に加入することができます。 では、どのように使い分けていくのが良いのでしょうか。 個人年金保険は契約上、将来受け取る金額が確定している「確定給付型」の金融商品です。 確定拠出年金は「確定」と名がついているものの、これは掛け金が「確定」しているのであって、給付額(年金額)は個人の運用能力や運により変動します。 両者とも公的年金の補助として積み立てするのは変わりないのですが、保険料支払い以外は保険会社に運用をおまかせして手間いらずで便利な個人年金保険と、定期的に運用を管理していかなければならない確定年金保険では、育児や仕事に忙しい世代の方にとっては個人年金保険に軍配が上がるかもしれません。 ただ、確定拠出年金は前項で述べたように税制面で3重(拠出時、運用益、受取時)に優遇され、長期で多額の運用するほど有利となるので、余剰資金が手元にある場合は確定拠出年金に優先的にまわすのがよいでしょう。 また、個人年金保険は保険料や契約先の保険会社を途中で変更することはできませんが、確定拠出年金なら掛け金や運用商品、運用先の金融機関も変えることができ、将来の経済や社会情勢の変化に対応できます。 加入時に若ければ若いほど確定拠出年金を選択し、定年が近い50代前後であれば運用期間も短くなり将来的な見通しもつきやすいので「確定給付型」の個人年金保険を選んでもよいでしょう。 老後の備えのために個人年金保険や確定拠出年金を検討されている方が多いと思いますが、老後に必要な費用はいくらかご存知ですか。 政府の家計調査報告(2016年)によれば、60歳以上の単身世帯の平均支出は14万9千円となっています。 反対に公的年金の平均受給額は厚生年金では177,872円(平成27年度)、国民年金は55,244円となっています。 ここから見ると、サラリーマンであれば老後の備えは問題ないと考える方も多いかと思いますが、将来の経済情勢の変化(インフレリスク)を考えるべきでしょう。 こういったリスクに備えて老後の資金を積み立てたい場合、リターンがある程度見込める確定拠出型年金のほうが適しています。 反面、自営業者などですとまずはベースとなる年金額を積み増すために「確定給付型」の個人年金保険を選ぶのが良いでしょう。 国民年金基金などで老後の最低限の費用をまかなえる予定が立っているなら、確定拠出型年金を検討してもいいと思います。 個人年金は月々まとまった額を保険会社に支払う必要があるので、保守的に保険料を決める必要があります。 確定拠出年金は年額いくらまでと決まっており、余裕のあるときに一定額を支払うことも可能です。 現在の収入と老後に必要な費用をよくシミュレーションした上で、個人年金保険と確定拠出年金をどの程度併用していくのか考えるのがよいでしょう。 積み立てできる保険料(掛け金)の上限の設定の有無• 積立金の運用者が保険会社になるか、被保険者の自己責任による運用• 保険料(掛け金)の支払いが毎月一定額であるのに対し、最低年1回以上の拠出で済む 個人年金保険と確定拠出年金とも税控除が受けられますが、確定拠出年金のほうが3重(拠出、受取、運用益)に税優遇が受けられてお得です。 個人年金保険は保険料支払い時に一部(まれに全額)が税控除される程度です。 個人年金保険と確定拠出年金、双方の個人年金制度に同時に加入もできますが、忙しい働き盛りには手間いらずでおまかせできる個人年金保険、若い世代は将来的な経済変動というリスクに備え確定拠出年金、定年が近い50代は将来的に見通しが立ちやすいので保守的な個人年金保険に加入するのもいいでしょう。 ただ、これら以外にも老後の備えとして加入できる保険商品が各社から出ています。 場合によっては個人年金保険と他の保険商品を併用することで、有利な保証が受けられる可能性があります。 確定拠出年金と保険商品をうまく併用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。

次の

確定拠出年金とは?企業型と個人型のメリット・デメリットを紹介

個人型確定拠出年金 比較

老後資金を作るための手段として挙げられる個人年金保険と確定拠出年金。 イマイチ両者がどう違うのかを理解できていないという人も多いのではないでしょうか。 ここでは個人年金保険の基本や特徴を解説するとともに、確定拠出年金との違いについて解説します。 個人年金保険と確定拠出年金はどう違う? 個人年金保険は「楽」で「安心」 以下の表は個人年金保険の特徴を一覧にまとめたものです。 この表をもとに、個人年金保険のポイントを解説していきます。 個人年金保険の特徴 概要 民間保険会社の保険商品で運用は保険会社。 一定期間の給付額が決まっている「確定給付型」が多い。 いくらぐらい払う? 年間平均17. 定額個人年金• 有期年金• 保証期間付有期年金• 確定年金• 終身年金• 保証期間付終身年金• 夫婦年金• 変額個人年金 リスク• 物価変動リスク• 元本割れリスク 個人年金保険は「確定給付型」の年金 個人年金保険は民間の保険会社の商品で、 あらかじめ決めておいた年齢になると払い込んでおいた保険料に応じて、年金が受け取れる保険です。 この保険商品は、老後の生活資金としては心もとない国民年金(月平均4万円程度)や厚生年金(月平均9万円程度)以外の備えとして利用されています。 年金として受け取る以外にも、 退職金のように一時金として受け取れる商品もあります。 また、年金の受け取りを開始する前に死亡すると、それまで払い込んだ保険料に相当する金額を、死亡保険金として受け取ることができるため、生命保険のような面も持っています。 個人年金保険の平均年間払込額は「17. 9万円」、受給額は「101. 0万円」 生命保険文化センターが行なった平成27年度の調査によれば、個人年金保険の平均年間払込額は 17. 9万円(月額で約1. 49万円)です。 これに対して個人年金保険の受け取り金額のうち、受け取り開始1年目の金額の平均は平成27年度で 101. 0万円(月額で約8. 42万円)となっています。 (世帯あたり) こうして見ると、払込額にせよ、受給額にせよ、どちらも無理のある数字ではありません。 しかし重要なのは「どれくらいの期間、加入していれば、どれくらいの年金がもらえるのか?」です。 例えば明治安田生命の個人年金保険「」という商品は、30歳から60歳までの30年間、毎月2万円ずつ払い込んだ場合、65歳から74歳までの10年間で毎年76. 2万円、毎月約6. 35万円ずつ受け取れます(2018年9月時点)。 なお、合計の払込額は30年間で720万円、最終的に受け取る年金の総額は762万円となります。 運用の手間がかからない 運用は保険会社が行ないます。 この「 元本より少し増える」「 運用は保険会社任せでいい」という点は個人年金保険のメリットです。 個人年金保険のすべてが終身ではない 「え?個人年金保険って死ぬまでもらえるんじゃないの?」と思う人も多いかもしれません。 確かに後で説明するように「終身年金」型の個人年金保険は死ぬまで年金を受け取ることができます。 しかし、多くの商品が10年などの「 有期年金」型の商品となっており、契約する側も有期年金型の商品を選ぶ人が多いようです。 実際、生命保険文化センターの調査でも個人年金保険の給付期間についての質問に、個人年金保険加入世帯中 42. 7%以上が「10年間」と回答。 「終身」と回答したのは15. 5%にとどまっています。 この「受給期間が限定されている」という点は、個人年金保険のデメリットの一つといえるでしょう。 個人年金保険には節税効果もアリ! 個人年金保険のメリットの一つに、節税効果が挙げられます。 個人年金保険料は、介護医療保険料や生命保険料と一緒に「生命保険料控除」の対象となっています。 それぞれの控除の上限額は以下のとおりです。 所得税 住民税 生命保険料控除 4万円 2. 8万円 介護医療保険料控除 4万円 2. 8万円 個人年金保険料控除 4万円 2. 8万円 合計 12万円 7万円 控除額の計算式は以下のとおりです。 9万円の人の場合、所得税4,000円、住民税で2,800円、合計6,800円ほどの節税となります。 安心をとるなら「定額」、リターンを狙うなら「変額」 個人年金保険の種類はリスクの観点から、大きく2種類に分けられます。 「定額個人年金」と「変額個人年金」です。 定額個人年金はさらに以下の6つのタイプに分けられます。 定額の6タイプ 概要 有期年金 10年、15年など年金を受け取る期間が決まっている。 受取期間中に死亡すると、年金の支払いも終了する。 保証期間付 有期年金 基本的に有期年金と同じだが、保証期間中に死亡すると残りの保証期間分の年金・一時金を遺族が受け取れる。 確定年金 定められた受取期間中は生死に関わらず、年金が支払われる。 終身年金 死ぬまで年金の支払いを受けられる。 ただし死亡すると年金の支払いも終了する。 保証期間付 終身年金 基本的に終身年金と同じだが、保証期間中に死亡すると残りの保証期間分の年金・一時金を受け取ることが可能。 夫婦年金 夫婦どちらかが生きていれば、年金を受け取ることができる。 これらの個人年金保険は保障が手厚くなるほど、 元を取るまで長生きする必要があります。 例えば終身年金の中では保証期間付のものが一般的ですが、保証期間付終身年金は保証期間中に死亡してしまうと、遺族は一時金などを受け取れるものの 元本割れになる傾向にあります。 とはいえ、定額個人年金は基本的に受け取れる金額が確定しているため、 老後資金の金額が大きく変動するリスクは回避できます。 変額個人年金は利回りが期待できる これに対して変額個人年金は、外貨や国内外の株式・債券、投資信託などを使って保険料を運用し、 より大きな利回りを目指すタイプの個人年金保険です。 元本割れのリスクが高まる反面、元本よりも多くの年金が受け取れる可能性があります。 また、保険料以外にも契約初期費用などの費用が別途必要になる点も、変額個人年金を利用する際の注意点です。 安心をとるなら定額個人年金、リターンを狙うなら変額個人年金と、自分の価値観にあった商品を選ぶようにしましょう。 個人年金保険のリスクは「元本割れ」と「物価変動」 個人年金保険には大きく2つのリスクがあります。 一つは元本割れ。 多くの定額個人年金は受給を開始する年齢より前に取り崩してしまうと元本割れを起こします。 変額個人年金に関しても運用による元本割れリスクは常につきまといます。 もう一つのリスクは物価変動です。 運用によって積極的に利回りを求める変額個人年金は別としても、定額個人年金はこのリスクを回避できません。 物価が大きく上昇すると、運用資金の価値が相対的に下がってしまうわけです。 個人年金保険を利用する際は、この2つのリスクに考慮して判断する必要があります。 個人年金保険と確定拠出年金の違いは「節税効果」と「手間」 以下ではここまでの内容を踏まえて、確定拠出年金と個人年金保険の違いについて、「節税効果」と「手間」という切り口から解説します。 給付額など 個人年金保険 確定拠出年金 給付額や拠出額 給付額が決まっている。 拠出額だけが決まっており、給付額は運用実績次第。 節税効果 個人年金保険 確定拠出年金 積立時 最大4万円の所得控除 拠出額が全額所得控除 運用時• 定額個人年金については特に関係なし。 変額個人年金の運用益については、運用時は非課税。 全額非課税 受取時• 保険料として支払った金額は非課税• 退職所得控除• 公的年金控除 手間 個人年金保険 確定拠出年金 保険会社が運用してくれる。 自分で運用しなければならない。 確定給付か?確定拠出か? 個人年金保険か確定拠出年金を選ぶかを考えるときに、まず争点になるのが以下の点です。 給付額があらかじめ決まっている個人年金保険がもたらす「 将来の安心」• 拠出額だけを決めて運用によって給付額を増やす確定拠出年金の持つ「 変化への対応力」 これはどちらがいいという問題ではなく、 個人の人生観・価値観の問題です。 ただし確定拠出年金には給付額を増やせる可能性と同時に、給付額が減るリスクもあるということを理解しておく必要があります。 この点は、保険会社の運用によって給付額を増やせる変額個人年金も同様です。 大きく違う「節税効果」 節税効果を比べると、個人年金保険と確定拠出年金の間には大きな差があります。 以下、積立時・運用時・受取時それぞれの違いを見ていきましょう。 積立時 個人年金保険は保険料を払い込む際に最大4万円の個人年金保険料控除が受けられます。 これに対して確定拠出年金は拠出した金額全てが所得控除になります。 以下の表は所得税率10%の人が、個人年金保険の平均年間払込額17. 9万円を積み立てた場合の1年の節税額を比較したものです。 住民税 所得税 個人年金保険 2,800円 4,000円 確定拠出年金 17,900円 17,900円 これだけでも、節税効果においては確定拠出年金が優れていることがわかります。 運用時 運用時については両者に大きな差はありません。 個人年金保険は運用益が出てもそのまま再投資に回されるので課税対象になりませんし、確定拠出年金の運用席も全額非課税だからです。 受取時 受取時の節税効果においても、はっきりとした差はありません。 個人年金保険には特に税制優遇がありませんが、受取時の税金を計算する際に、払い込んだ金額が必要経費として受け取る金額から差し引かれるため、所得税および住民税は大幅に引き下げられます。 一方、確定拠出年金には退職金控除もしくは公的年金控除が設けられています。 これらは所得税だけでなく住民税の節税にもつながるため、ほとんど非課税になるという場合も少なくありません。 以上のことから、個人年金保険と確定拠出年金を「節税効果」で比較した場合、 拠出時の節税効果において確定拠出年金が大きく優れているということがわかります。 「ほったらかし」ができるのは個人年金保険の強み しかし「手間」の面で個人年金保険と確定拠出年金を比較すると、保険会社が運用を請け負ってくれる個人年金に強みがあります。 確定拠出年金は企業型にせよ、個人型にせよ、運用商品を決定するのは加入者自身だからです。 「何も考えずに老後資金を準備したい」という人にとっては、個人年金保険の方が気軽に利用できる手段といえるでしょう。 個人年金保険と確定拠出年金を「併用する」という選択肢 最後に個人年金保険と確定拠出年金を「併用する」という選択肢について考えてみましょう。 制度上、両者の併用は認められていますが、メリットはあるのでしょうか。 もし経済的に無理をして併用するというのであれば、あまり大きなメリットは見込めません。 確かに老後資金は増えますが、現役時代の我慢が多くなってしまうからです。 しかし、確定拠出年金の拠出上限額が抑えられている会社員の方などの場合、「 上限額を拠出しても、まだなお老後資金に回せるお金が残っている」という状況が考えられます。 そのような場合に個人年金保険の節税枠を利用するという選択肢が有力になります。 個人年金保険と確定拠出年金のいずれかを利用して、残りを現役時代の生活に回すもよし。 確定拠出年金の補助として個人年金保険を併用し、老後資金を増やすもよし。 自分の価値観・人生観に合った選択をするようにしましょう。 どちらが「自分にとって」メリットがあるかを判断しよう 節税効果の面では確かに 確定拠出年金が圧倒的です。 しかし人によっては「節税効果などよりも、自分で運用する手間がストレスだ」と感じる人もいるでしょう。 客観的なメリットも大切ですが、最終的に優先するべきは「自分にとって」メリットがあるかどうかです。 自分や家族としっかり相談して、ベストの結論を出しましょう。 ゴリFP(管理人) 公務員として地方税に20年間携わってきたが、脱サラして起業。 広い税の知識をもとにファイナンシャルプランナーとして副業や節税方法を教えている。 (FP1級技能士・日本FP協会認定CFP) あきら 3年目のSE。 仕事が大変でどうにかして転職か起業をしたいと思っているが、何をしていいかわからず悩み続けている。 学校の先輩のゴリFPからいろいろな教えを受けているところ。 成長できるか? なな 40代前半の主婦。 子どもがまだ小学生なのでパートに出るのも厳しい。 できれば在宅で稼げる仕事がほしい。 もともと、一流起業に勤めていたが、結婚と妊娠により退職。 その後、少しパートをしたが、仕事時間があわずあまり働けていない。

次の

個人型確定拠出年金ランキング。比較するポイントやおすすめをFPが解説!

個人型確定拠出年金 比較

総合得点 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」は以下のとおりとなりました。 このランキングは2017年6月7日~2017年6月12日までの個人型確定拠出年金の運営管理機関サイトの情報にもとづいて評価を行い、上位15サイトを選出、掲載しております。 順位 サイト名 得点 Webサイト 1 9. 26 2 8. 78 3 8. 78 4 8. 71 5 8. 69 6 8. 65 7 8. 64 8 8. 52 9 8. 52 10 8. 42 11 8. 4 12 8. 36 13 8. 28 14 8. 16 15 8. 同社では、60本を超える豊富な商品を用意しています。 商品選びをサポートするために、専門家の意見を動画で掲載しているほか、運用商品選びのためのシミュレーションを提供しています。 運用商品ランキングでは、購入金額やトータルリターンランキングなど複数のランキングを用意しており、1クリックで結果が切り替わるなど利便性の高い作りになっています。 またファンド詳細画面は、商品選定理由や運用方針の記載、表示期間が自由に変更可能な基準価額チャートなど、充実した内容となっています。 また、管理手数料や信託報酬が低く抑えられている点は、ランニングコストの節約となり、利用者に実質的なメリットをもたらします。 総合第2位は「りそな銀行」となりました。 「情報量と取扱商品の充実度」においても2位を獲得しています。 制度についての紹介や手続き時の疑問などを、図などを用いて説明しているのに加えて、それぞれ説明動画を用意するなど利用者にわかりやすく伝えようとする姿勢がうかがえます。 また、すべてのページからよくある質問や用語集を見ることができるほか、加入後のサポート体制や加入後の変更手続き方法を記載するなど利用者が安心できる情報を多く提供しているサイトです。 総合第3位は「楽天証券」となりました。 総費用面ではSBI証券とほぼ同等の水準になっており、コスト面における利点があります。 同社では、特設サイトを設けサイト内のすべてのページでスマートフォンサイトを展開しています。 そのため、利用者は閲覧するデバイスを問わず同じ情報を得ることができます。 また専門家の意見を掲載しているほか、口座を持っていない利用者も含めて誰でも参加できる「確定拠出年金」の無料セミナーを全国で展開しています。 この過去のセミナー動画は、サイトから閲覧することができるなど利用者にとって役立つ情報を多く提供しています。 評価の視点と全体的な傾向 全体的に、サイト改善の動きは活発で、制度改正による加入者範囲の拡大を受け、様々な利用者を想定した改善を積極的に行っています。 PCのみならずスマートフォンやタブレット端末を考慮したマルチデバイス化対応をしているサイトも見られました。 また制度の説明では、表や図解を用いてわかりやすく表現をするなど工夫がされています。 実際に制度を利用した際のメリットなどのイメージが持てるようにシミュレーションツールを提供しているサイトも多くあります。 一方で、商品情報については、多くのサイトで情報量に課題が見られます。 運用商品の特徴や商品選定理由の掲載、そのほか運用方針やリスク・リターン分析、表示期間が自由に変更可能な基準価額チャートの記載などいずれも確定拠出年金のサイトにおける重要な要素といえます。 運営管理機関サイトでは、誰もが見やすく使いやすいサイト設計および質の高い充実した情報の提供が求められます。 iDeCo(個人型確定拠出年金)サイト ランキング手法 2017年1月iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度改正により、加入者範囲が拡大されて今まで加入できなかった公務員や家庭の主婦も対象となりました。 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」は、個人の利用者が自身の確定拠出年金を申し込む際に参考となるiDeCoを取り扱う金融機関等のウェブサイトおよびサービス状況をユーザーの視点にもとづいて総合的に評価しています。 特に、金融機関等におけるウェブサイトの使いやすさやサービス情報の充実度、取り扱っている運用商品の豊富さ、口座管理手数料や投資信託にかかる費用などのお得さなどに焦点を当てています。 1調査期間について 調査期間は2017年6月7日から2017年6月12日。 ランキング結果は2017年6月12日までの各社ウェブサイトに基づいています。 2ノミネートについて 以下のノミネート基準を満たす運営管理機関のウェブサイトをノミネートします。 (1)国内の運営管理機関でWebサイトを通じて個人型確定拠出年金の詳細な情報提供を行っていること (2)サービスを全国展開していること(ネット専業金融機関も含める) (3)取扱商品数が15本以上であること (4)その他当社の定める一定の基準をクリアすること など 今回は上記基準を満たすサイトのうち、とくに優れた上位15サイトを弊社サイト上で発表します。 3調査項目について 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」では、運営管理機関サイトのユーザビリティやサービス状況をさまざまな角度から分析・評価するために、以下の3つの視点からなる46項目のランキング・スコアカードを用います。 各カテゴリは、以下のような評価内容となっています。 サイトの使いやすさ ユーザーがウェブサイトで効率的に迷いなく情報収集できるかを評価します。 情報量と取扱商品の充実度 個人型確定拠出年金に関する制度情報や特徴の掲載、シミュレーション機能の充実などコンテンツの充実度を評価します。 取扱商品数や商品情報の詳細な掲載度合いも調査対象です。 総費用 運営管理機関に支払う手数料や、投資信託の信託報酬などを評価します。 当評価カテゴリは、最も総費用が抑えられていた運営管理機関に10点(満点)が付与され、2位以下はそれを基準とした相対評価となります。 以上の視点に基づいた調査項目にユーザーにとっての重要度をそれぞれ加味して統計処理を行い、スコアおよびランキングを決定します。 4サイトパフォーマンスについて 「サイトの使いやすさ」の主要調査項目のひとつに「サイトパフォーマンス」があります。 サイトパフォーマンスの詳細な説明については、下記ページをご覧ください。 今回のランキングでは、2017年6月9日~6月12日までの各社確定拠出年金トップページの表示速度を測定し、ランキング評価に反映させています。

次の