九州 電力 熊本 支社。 九州電力 ホーム

、「熊本城前まちづくり協議会を設立へ・・」・・九州電力の橋本上支社長|デジカメレポート|くまもと経済

九州 電力 熊本 支社

こんなところにおしゃれカフェ!九州電力熊本支社1階のフラットスクエア内! 見慣れた青い看板の横にフラットスクエアの看板発見! 九州電力熊本支社の1階に誕生(3月30日)した、 フラットスクエア。 ロゴの上には「家族が笑顔になれるママ応援空間」の文字。 そんな空間の中にある「サクラキ フォーユアーズコーヒー」は、なんと保育士中心のスタッフで運営するカフェ。 子供連れでも、ちょっとだけ預けておいて、ママさんのんびりとした時間が過ごせます。 中に入ると広々としたスペースが広がっています。 この一角に「サクラキ フォーユアーズコーヒー」があります。 安心して子供たちと時間を共有できるスペース テイクアウトのコーナーもあり、九州電力の職員さんもよく利用しているそう。 走り回る子どもが、勢いで外に出てしまわないようにゲートを設置。 ウッディーな雰囲気で統一された店内。 忙しいお母さんたちが、落ち着けるような色合いになっています。 赤ちゃんを見ながらお母さん同士、ゆったり過ごせるソファー席。 仕切りがない空間なので、歩き回るお子さんがどこにいても確認できるんです。 お店の奥には子供達のための キッズルームが完備されています。 充実のキッズルーム!子供たちはスタッフに任せて安心! 「KIDS ROOM」の扉の向こうは、子供達の秘密基地! 子どもたちが喜びそうなおもちゃがたくさん! 部屋がとても落ち着いた雰囲気になっているので、「遊べる!!わーい!!」となっても、テンションが上がり過ぎないそうです。 そして、落書き大好きなお子さんに朗報です。 壁に 落書きし放題です!ちょうど保育士さんが落書きを消しているところに遭遇しました。 綺麗にした後は保育士さんが落書きするそうです。 「ここに書いていいよー」という意味を込めて。 「子供連れなのに1人になれる」の秘密は、保育士のスタッフさんがいるということ。 安心してブレイクタイムをお過ごしください。 こだわりのコーヒーやパンそして自慢のオリジナルカレー リラックスタイムだけではなく、もちろんお食事も提供します!(当たり前ですね…) サンドイッチはボリューム満点!お子さん向けのキッズサンドもあります。 使ってるパンはあの人気店のパン!気になる方はお店で聞いてみてください。 サクラキオリジナルカレー。 大人も子供も大好きの定番メニューです。 カフェラテ。 素敵なラテアートが楽しめ、この日は「令和」と描かれていました。 23時まで営業しています!お勉強やデートにご利用ください 23時まで空いてます!! お仕事終わりに一息ついたり、お勉強したり、デートに行ったり。 「ドライブ行こうよ」と言って、九州電力の駐車場へ…「えー!なんでここなの!?」と思わせといて、このお店にエスコート。 サプライズ度高いですよこれ。 こんな可愛いテーブル席もあります。 じっくりお話できそうですね。 「サクラキ フォーユアーズコーヒー」は、ママやパパの息抜きとお子さんの遊べる楽しみを同時に体感できる、「あなたの為」を思ったカフェです。 育児の悩みやストレスを経験しているお客さんが集まるから、お悩み相談もできるし、ここでお友達になる人もたくさんいるそうですよ。 サクラキ フォーユアーズコーヒー.

次の

「九州電力株式会社 熊本支社、熊本営業センター」(熊本市中央区

九州 電力 熊本 支社

スタンダードな電気料金メニューです。 電力小売自由化以前からある電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。 基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 と同様に基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 と比べて、毎月のご使用量が350kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 オプションとして、「2年契約割引」(年間540円)にご加入できます。 スマートビジネスプラン• と同様に基本料金は契約するkVAごとによって変わります。 と比べて、ご使用量が550kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 お得な夜間時間帯は21時~翌7時:就寝時間が遅い等、夜型の生活の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 22時~翌8時:従来から設定されている標準的な夜間時間帯の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 23時~翌9時:朝に家事をされる等、朝型の生活の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 九州電力の会社概要 九州電力の会社概要 社名 九州電力株式会社 英訳名 Kyushu Electric Power Company Incorporated 本社所在地 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 TEL:092-761-3031(代表) 設立 1951年5月1日 資本金 2,373億円 株主数 162,442人(2014年3月31日現在) 株式数 4億7,418万株(2014年3月31日現在) 売上高 17,612億円 総資産額 43,909億円 従業員数 13,148人 お客様数 879万口 電灯 787万口 電力 91万口 (2015年3月31日現在) 沿革 九州電力は、太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が発令したポツダム政令を元に日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布されたのを受け、1951年5月1日に、戦後統合によって発足した九州配電と日本発送電を再編して設立された電気事業者です。 一貫して九州地方での電力生産・供給を行っていますが、電力小売市場の段階的自由化にともない、2005年には初めて電力区域外である広島市のイオン宇品店に電力供給を開始しています。 発電所に関しては、九州地区を中心に、水力、火力、地熱、内燃力、原子力などの計194カ所の発電所を保有・運営しています。 1990年には日本で初めて実用化された風力発電所として知られる甑島風力発電所(鹿児島県)の運転を開始し、観光名所になりました。 2010年には、2004年4月に廃止された港発電所跡地を活用して、大規模太陽光発電システムを採用した九州発のメガソーラー大牟田発電所の運転を開始。 話題性ある再生可能エネルギー源による発電を行っています。 また、1995年の電気事業制度改革で電源調達入札制度が創設されてからは、独立系発電事業者(IPP)2社と供給契約を結び、合計60万kW近くの電力を購入しています。 事業内容 九州電力の電力供給 九州電力の発電事業内容 総出力 1,926万2,336kW(2015年7月現在) 電源構成比 水力発電所 142箇所、358万2,136kW 火力発電所 42箇所、1,020万3,950kW (関連会社経営の発電所を除く) 原子力発電所 2箇所、525万8,000kW 新エネルギー 8箇所、21万8,250kW (関連会社経営の発電所を除く) 問い合わせ連絡先 九州電力では料金プランの申し込みや各種問い合わせなどを、メール、各営業所、電話、FAXにて受け付けています。 は地域と用件ごとに異なります。 リストで確認してから下記の受付時間内に連絡しましょう。 九州電力カスタマーセンターの受付時間(共通)月曜日〜金曜日(休祝日を除く) 9:00〜17:00.

次の

「初めての熊本勤務、復興のお手伝いを・・」・・九州電力の橋本新支社長|デジカメレポート|くまもと経済

九州 電力 熊本 支社

スタンダードな電気料金メニューです。 電力小売自由化以前からある電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。 基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 と同様に基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 と比べて、毎月のご使用量が350kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 オプションとして、「2年契約割引」(年間540円)にご加入できます。 スマートビジネスプラン• と同様に基本料金は契約するkVAごとによって変わります。 と比べて、ご使用量が550kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 お得な夜間時間帯は21時~翌7時:就寝時間が遅い等、夜型の生活の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 22時~翌8時:従来から設定されている標準的な夜間時間帯の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 23時~翌9時:朝に家事をされる等、朝型の生活の利用者の方におすすめです。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 九州電力の会社概要 九州電力の会社概要 社名 九州電力株式会社 英訳名 Kyushu Electric Power Company Incorporated 本社所在地 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 TEL:092-761-3031(代表) 設立 1951年5月1日 資本金 2,373億円 株主数 162,442人(2014年3月31日現在) 株式数 4億7,418万株(2014年3月31日現在) 売上高 17,612億円 総資産額 43,909億円 従業員数 13,148人 お客様数 879万口 電灯 787万口 電力 91万口 (2015年3月31日現在) 沿革 九州電力は、太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が発令したポツダム政令を元に日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布されたのを受け、1951年5月1日に、戦後統合によって発足した九州配電と日本発送電を再編して設立された電気事業者です。 一貫して九州地方での電力生産・供給を行っていますが、電力小売市場の段階的自由化にともない、2005年には初めて電力区域外である広島市のイオン宇品店に電力供給を開始しています。 発電所に関しては、九州地区を中心に、水力、火力、地熱、内燃力、原子力などの計194カ所の発電所を保有・運営しています。 1990年には日本で初めて実用化された風力発電所として知られる甑島風力発電所(鹿児島県)の運転を開始し、観光名所になりました。 2010年には、2004年4月に廃止された港発電所跡地を活用して、大規模太陽光発電システムを採用した九州発のメガソーラー大牟田発電所の運転を開始。 話題性ある再生可能エネルギー源による発電を行っています。 また、1995年の電気事業制度改革で電源調達入札制度が創設されてからは、独立系発電事業者(IPP)2社と供給契約を結び、合計60万kW近くの電力を購入しています。 事業内容 九州電力の電力供給 九州電力の発電事業内容 総出力 1,926万2,336kW(2015年7月現在) 電源構成比 水力発電所 142箇所、358万2,136kW 火力発電所 42箇所、1,020万3,950kW (関連会社経営の発電所を除く) 原子力発電所 2箇所、525万8,000kW 新エネルギー 8箇所、21万8,250kW (関連会社経営の発電所を除く) 問い合わせ連絡先 九州電力では料金プランの申し込みや各種問い合わせなどを、メール、各営業所、電話、FAXにて受け付けています。 は地域と用件ごとに異なります。 リストで確認してから下記の受付時間内に連絡しましょう。 九州電力カスタマーセンターの受付時間(共通)月曜日〜金曜日(休祝日を除く) 9:00〜17:00.

次の