日産 リーフ 補助 金。 発表!日産リーフからの家庭用EV充電・給電システム:日産電気自動車ブログ NISSAN EV BLOG

日産「リーフ」が約30万円値下げ、その同日にCEV補助金が予算超過

日産 リーフ 補助 金

出典:カーセンサー 例えば、こちらのリーフ中古車をご覧ください。 この日産リーフの中古車は• 2年落ち• 走行距離:7,000km• 修復歴なし• 車検付き と、これだけの好条件が揃っているにもかかわらず販売車両価格はたったの114万円で販売されています。 ちなみに、リーフの新車販売価格は約350万円です。 その高級車が、たった2年。 しかも、走行距離7,000km乗っただけで、200万円以上値を落としています せっかく維持費が安い電気自動車として日産リーフを購入しても、これでは維持費の安さで浮いた費用も買取時に水の泡と化してしまいますよね。 このような日産リーフの中古車市場を知ることで、ひとつの疑問が浮かび上がってきます。 この中古車の値崩れの原因にこそ、日産リーフが電気自動車であるがゆえに持ち合わせる走行距離以上に根深いデメリットが起因していると考えられるのです。 ここでは、日産リーフの購入を検討されている方に知ってほしい日産の販売店営業マンからは聞くことができない電気自動車の真のデメリットについて紹介し、日産リーフに潜む危険性について言及していきます。 日産リーフに対する3つの疑問 私は通勤で毎日100㎞以上車を運転する必要があり、1か月のガソリン代が3万円を超える状況です。 そのため、電気自動車の維持費の安さに惹かれ、本気で日産リーフを購入しようと考えていました。 そこで、日産自動車の販売店へ出向き、実際にリーフを2週間無料レンタルさせていただいた経験があります。 結局、当時は走行距離の不安と販売価格の高さから腰が引けてしまい、購入には至らなかったのですが、その静かな走行音と圧倒的な維持費の安さには大変魅力を感じることができました。 時は流れ、日産リーフの中古車が異常な低価格で流通していることに気付き、夢の電気自動車が格安で手に入るかもと私の日産リーフ熱は再燃することとなります。 仕事終わりで日産リーフ営業所を2店舗ほど訪れ、走行距離が280kmにも伸びた新型リーフにも試乗させていただくことに。 ここで、さらに洗礼された乗り心地を味わうことができ、「リーフを新車で購入するのもアリかな!?」という気にもなってきました。 しかし、リーフの試乗を終えたあと、ご自身もリーフオーナーであるという営業マンにした次の質問で、日産リーフを購入する気持ちは薄まっていくのでした。 日産リーフの危険性を把握できる質問(1) 私はリーフの保証内容(電気自動車の心臓部であるリチウムイオン電池の保証方法)について、不安を覚え、このような質問をしました。 販売店ではリーフに詳しいという営業マンがわざわざ登場し対応してくれましたが、この質問に対してその場で回答してくれることはありませんでした。 日産リーフを購入すると「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」という有料会員サービスに加入をしていくのですが、これに加入することで、車検等の費用が掛からなくなるなどのメリットが発生します。 (詳しく内容を聞くと、ただの費用を分割前払いするシステム) このサービスについては非常に強調されましたが、私が一番聞きたい リチウムイオン電池の保証については、詳しく回答をしていただけませんでした。 結果、パンフレットをペラペラと捲り、次の記載を読み上げてくれました。 本保証は「30kWh駆動用バッテリー搭載車」の場合。 正常な使用条件下において新車登録から8年間または走行距離160,000kmまでのどちらか早い方において、ツインデジタルメーターのリチウムイオンバッテリー容量計が9セグメントを割り込んだ(=8セグメントになった)場合に、修理や部品交換を行い9セグメント以上へ復帰することを保証しています。 引用:日産リーフHPより 日産リーフは電気自動車ですので、リチウムイオンバッテリーが内蔵されています。 まさに、電気自動車の心臓部になるわけですが、この バッテリー保証に関する内容が曖昧であることが、リーフの中古車が激安である所以であるのかもしれません。 結局、営業マンはこの回答にも即答してくれなかったわけですが、後日いただいた電話では「 これまで電池を交換したケースはない」という証言を聞くことができました。 保証すると書いてあるのに、保証したケースがないとは、どういうことなのでしょうか。 まだ新しい技術のはずの電気自動車が故障しないことはないと思いますが。 他にも• 保証期間内に9セグメントを割った事例は、これまでどれほどあるの?• スマホの場合、すぐ電池が無くなるようになると修理は難しいようだが、リーフのリチウムイオンバッテリーは修復が可能なの? などの質問をぶつけたのですが、その場では「後日回答します」と言われましたが、未だに回答はありません。 リーフの中古車は危険がいっぱい 特に、中古車リーフが非常に激安な理由として考えられることは、 中古車ではそのオーナーが「正常な使用条件下」で使用されてきた車なのか判断ができないことが一番の要因ではないでしょうか。 そもそも「正常な使用条件」が何を示すのかが曖昧な以上、使用状況の確認は難しいわけです。 例えば• 急速充電を何回以上行った• 高速走行を何km以上行った などの条件が、正常性に関わるとするならば、中古車を購入するときにこの部分をチェックできるようになっていなければいけないはずです。 いくら保証期間が何年か残っていたとしても、保証が受けられないのであれば意味がありません。 また、リチウムイオンバッテリーの消費が激しい状態を修理でリカバリーすることは本当に可能かどうかも疑問が残ります。 仮に、 修理が可能だとするならば、半永久的に日産リーフを乗り続けることが可能になるわけです。 以上の理由から、私が日産リーフの激安中古車を手に入れることは無くなりました。 あのリーフの乗り心地は病みつきになりそうな素晴らしさだっただけに残念ですが、将来技術が進歩し、保証内容に満足できるような時代が来たら、ぜひマイカーとして電気自動車に挑戦したいものです。 日産リーフこそ中古車でお試しするべき車 ここでは日産リーフに乗るうえで知ってほしい真実を紹介しましたが、この真実を知ったうえでもリーフに乗ってみたいという方もいるはずです。 そうしたどうしてもリーフに乗りたい方には、 まずは中古車から乗り始めることをおすすめします。 理由は、あまりにもリーフの中古車がお得すぎるからです。 上でも紹介したように、3年落ちで低走行の中古車が新車の半額程度で乗れる状況がリーフにはあります。 新車購入時の補助金もかなり目減りした現在では、あえて新車を購入するメリットはあまりないのではないでしょうか。

次の

日産リーフの中古車は買いか?補助金は?リーフの中古車で補助金とディーラの点検は?

日産 リーフ 補助 金

マイホームを購入するときに、ハウスメーカーから 太陽光発電システムと蓄電池をすすめられることがあります。 それらのほとんどはオプションとしてつけるもので、 採用すると予算オーバーになってしまう方も多いと思います。 特に最近は 売電価格も下降気味です。 太陽光発電システムに加えて蓄電池もセットで購入して売電収入を期待するというよりは、 電気代の節約や災害時の電気の確保につなげたいですよね。 わが家も太陽光発電システムに加えて蓄電池を購入したいと思いましたが、車の買い替えも重なり予算オーバーとなってしまい、蓄電池を断念するかマイホームを狭くするか迷っていました。 そこで営業さんから提案していただいたのが、 「日産リーフ」を蓄電池の代わりとして使うことです。 その案の魅力をご紹介していきたいと思います。 4人家族と仮定すると、7~10kw前後のものを購入するかたが多いと思います。 この容量の蓄電池の相場は150~300万円程です。 「日産リーフ」の蓄電池の容量はどうなのでしょうか。 実は、初期型のものでも30kw~と大容量です。 1晩と言わず1~2日停電していても対応できる容量です。 新車ではなく 中古の場合には、2018年や2017年の新しい型式のリーフは200万円以下で購入できます。 さらに、家の太陽光発電システムで発電した電気を車に充電すれば、ガソリン代も浮かせられます。 この容量の蓄電池を備え、車としても使える日産リーフはわが家にぴったりでした。 マイホームに導入する費用 日産リーフを蓄電池として使用するには、車本体以外にも必要なものがあります。 ・ 日産リーフ本体: 150万円(中古) ・ V2H本体: 40万円~ ・ 設置費用: 25万円~ おおよそ 230万円程度でリーフを購入しV2Hの設置工事もできます。 わが家は車の購入費用に150万円ほど予算を割いていました。 そのため、 実質的にはV2H本体と設置費用の65万円で、蓄電池の代わりになるものを手に入れられたのです。 注意点 家で電気を使いたいけれど、移動手段としてもリーフを使いたいということもあることでしょう。 そのため、 セカンドカーとしての利用がおすすめです。 夜間や災害時にリーフにためた電気を家で使っていても、もう1台の車で移動すれば問題はありません。 反対に、 ・ 都市部で車をあまり使わない家庭 ・ 日産リーフをメインの車として頻繁に使う などの場合には、 あまりおすすめできないので注意が必要です。 また、自治体によっては電気自動車の購入やその設備の設置で、 補助金が受けられる場合があります。 city. kumagaya. city. suginami. tokyo. 蓄電池の代わりに検討を 車を購入したばかりの方や、車を使わない方にとっては現実的ではない方法だと思います。 しかし、車の買い替え期が迫っている方、マイホーム購入を機に車通勤となる方は、蓄電池の代わりに日産リーフを候補に入れてみてくださいね。 (執筆者:菅野 有香).

次の

日産リーフの補助金(保有期間)って2019年の金額はいくら?

日産 リーフ 補助 金

基本的に本体からの値引きは無いがないので、用品値引きや下取り査定額の上乗せをメインにした商談をするしかない。 プリウスPHVやアウトランダーなどを競合車として様子をみたい! 補助金をもらわない場合は値引きが無い代わりに、ディーラーオプションが20万円分実質無料でつけられるというような無料サービスで対応しています! リーフはクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車 また、リーフにはクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金21000円がまた別にもらえます。 (4年間の保有義務あり) サイト管理人が新型リーフの交渉に行ってきました。 しかし残念ながら・・・ 日産リーフの場合は一般的な車種で言う車両本体から値引きがなくて、 値引きゼロ回答でした! 日産リーフS 40kWh駆動用バッテリーの場合 クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金が 40万円。 以上が購入補助金としてでます。 またその他にも 自治体の補助金 大阪府泉大津市の場合 5万円 のように自治体からも出る場合もあります。 日産ディーラーの営業マンに話を聞くと・・・ 「国の補助金40万円を受け取れば値引きが一切できないんです」 と言ってました。 また、それでもなんとか値引きして欲しいとお願いすると、値引きをしても構わないのですが、そうすると 今度は国の補助金40万円が受け取れなくなってトータルでは損してしまいますよと言われました。 そ、そんなバカな・・・・ 結局、値引きと国の補助金、どちらを重視するの? 現在は、値引きか補助金をとるかの二者択一制になっていて、現状では国の補助金の方が圧倒的に多いので、値引きゼロで補助金制度(40万円)を選択する人がほとんどだそうです。 新型リーフS 40kWh の場合で40万円以上の値引きをゲットできれば補助金無しの方がお得になりますが、営業マンに聞くととてもじゃないけど無理ですと即答されました(汗) (ディーラーオプションの値引きはしてくれます!) よって値引きが無いわけですから、 どの販売店がどれだけディーラーオプションから値引きしてくれるか?が新型リーフを安く買うための勝負ポイントになります。 リーフ 購入 結局、リーフの値引きの条件では皆横並び状態ということです! 差が出るところと言えばココしか無いです! あなたの愛車を最高値で売る! 値引きよりも差が出やすいのが 愛車の下取り金額です。 高く売るコツは? あなたの愛車を最高値で買取してくれる業者を数多くリサーチすることに尽きるのですが、上手にやると最低でも数万円、〜10数万円の差がつくことが多いです。 さすがに、自分の足で数多くの業者をリサーチするのは時間が掛かりすぎますので、ネットの無料一括査定サービスを利用すると良いでしょう。 在庫が少なくなった業者は相場よりも高価で買取りしている傾向が見られます。 日産ディーラーでの下取り額査定の見積もり額とも比べる事ができますし、最高値をつけてくれた業者に売却すれば良いでしょう。 無料見積もり、2分程度で最大10社もの一括見積もり依頼ができます。 数多くの中古車ディーラーで査定するほど、高額買取の業者にヒットする確率も上がります。 つまりたった2分程度で〜数10万円アップの可能性があるわけです!.

次の