すぽあん。 スポーツ安全保険

保育園で骨折して登園できない!わが子の体験談と医療費で損しない方法

すぽあん

近年、Macを自社に導入する企業が増えてきました。 参考: IT企業などでは特に、Windowsと同じくらいかそれ以上にMacを利用している社員が多いのではないでしょうか。 一方、世界中で安定して利用されており、関連製品やデザインが豊富なのはWindowsの方です。 エンジニアなど仕様に詳しい方でなければ、パソコンを買い換えるとき、WindowsとMacどちらを購入したほうがいいか迷う方も少なくありません。 それぞれの違いを理解することで、自分の用途にあった方を選択することができます。 今回は、専門的でない一般的な用途で利用する上での、WindowsとMacの違いを解説します。 パソコンにあまり詳しくない方でも、基本的な違いを押さえておくと検討の際に役立つでしょう。 WindowsとMacの違い Windowsとは Windowsとは、 Microsoft(マイクロソフト)社が開発した OS(オペレーションシステム)やサービスのことです。 参考: Macとは Macとは、 Apple(アップル)社が開発したパソコンの総称のことです。 OSは「 mac OS」といい、最新版は「 OS X(テン)」と呼ばれています。 参考: 本記事では分かりやすく、それぞれの総称として「Windows」「Mac」で解説します。 違いを項目別にみてみよう WindowsとMacには、様々な違いがあります。 今回は、エンジニアやクリエイターなど專門的な作業ではなく、一般的な用途で利用する際に影響する違いを取り上げました。 【1】OS(オペレーションシステム) 【2】デザイン 【3】関連製品 【4】アプリ 【5】操作性 【6】キーボード 【1】OS(オペレーションシステム) OSとは OSとは、「Operation System」の略で、 パソコンを動かすために必要なソフトのことを指します。 パソコンでは今回取り上げている「Windows」や「 OS X」、スマートフォンでは「 i OS」や「 Android」などが有名です。 例えば、 インターネットブラウザとEメールを同時に開いて操作したり、キーボードで入力した文字を画面に表示させたりする機能は OSによって可能になっています。 Windows Windowsの OSは、「 Windows」という名称で、Microsoft社が開発しています。 パソコンは他の複数のメーカーが製造しているため、違うメーカー元でも同じ「Windows」の OSが搭載されているパソコンがあります。 Mac Macの OSは、「 mac OS」「 OS X」(Macの最新の OS)という名称で、Apple社が開発しています。 Windowsと違い、パソコンもApple社が製造しています。 そのため、Apple社以外のパソコンで「 OS X」を搭載しているものはありません。 世界でも日本でもWindowsのOSシェアが高い 次に、それぞれの OSの シェアを比較してみましょう。 引用: 引用: 世界の市場での シェア率は「Windows」が83. 48%、「 OS X」が11. 34%です。 一方日本の市場での シェア率は、「Windows」が79. 56%、「 OS X」が16. 09%です。 日本の「 OS X」の シェア率が若干高いものの、 世界でも日本でも、「Windows」の シェアが圧倒的に高いことが分かります。 OS OSとはOperation Systemの略称です。 パソコンやスマートフォンで操作した内容をアプリケーションに伝える役目を担っています。 パソコン用ではwindowsやMac OS、スマートフォンではiOSやAndroidが有名です。

次の

買い換えるならどっち?WindowsとMacの違いを6つ紹介|ferret

すぽあん

多分使えると思いますよ。 その為のスポーツ保険なんで。 すぐに保険会社の方から必要書類を取り寄せますね。 剣道って結構怪我をしますよね。 私も明らかに剣道での怪我ということで何度も通院はしていますが、スポーツ保険に請求するということはありませんでした。 しかし、今回は全治3か月と診断されてしまったので、スポーツ保険を使ってみることに・・・ でも、スポーツ保険って今まで誰も使ったことが無いみたいで、詳しいことは誰もわからないみたいでした。 そこで、今日は 思い切ってスポーツ保険に請求してみよう!必要書類は領収書だけ? 毎年毎年スポーツ保険に加入はしていても一度も使ったことがないので、思い切ってスポーツ保険を利用することにしてみましたが、どうやって請求すれば良いのかもわからない状態。 でも、意外と簡単にできることがわかったので報告したいと思います。 そこはこちらで書きます。 今度の稽古の時にでも持ってきてください。 ということで、書けるところだけ書けばOKのようでした。 主な必要事項としては下のようなものがありました。 住所・氏名・生年月日• 怪我をした日時• 怪我をしたときの状況• 医療機関• 通院した日・通院回数• 完治した日(予定)• 振込先の銀行口座 私の場合は、全治3か月ということだったので、怪我をした日から3か月後を完治する予定として記入しました。 しかし、この部分には少し問題があり、後日不備(日付が間違っていたこともあり)があるということで送り返されてきました。 問題は• 3か月後に再度通院する必要があるのか否か ということです。 通院する必要が無い場合はそのまま送り返せば良いとのことだったので、そのまま送り返しました。 ちなみに、再度通院する必要がある場合は 最終の通院の後に書類を送付する必要があるとのことでした。 では、もう一つの必要書類「医療機関の領収書」について見ていきましょう。 医療機関の領収書 通院時の医療機関の領収書を上記の「傷害保険金請求書」と一緒に送る必要があったのですが、私の場合は3回の通院、それと装具の領収書があったのでその分も添付して送付してみました。 装具の領収書は意味がなかったということですね。 予想はしていましたが。 (笑) 面白いのが、 1回の通院に掛かった費用が1500円以下でも補償額は1500円ということ。 私の場合、初回は1500円以上掛かっていますが、2回目、3回目は装具の採寸と受け取りだった為、800円程度でした。 それでも補償額は1500円ということになるのが面白いですね。 ちなみに、 他の保険を適用した場合にはスポーツ保険は適用されないということなので、その辺りは注意が必要です。 まとめ 今日は スポーツ保険の請求時に必要な 必要書類について取り上げてみました。 スポーツ保険って殆ど掛け捨てだと思っていませんか?今まで、稽古や試合の時に怪我をして通院してもスポーツ保険をわざわざ請求するなんてことはしていなかったという人も多いのではないでしょうか? あまり知られていないかもしれませんが、試合や日頃の活動時の 移動時の事故や怪我でもスポーツ保険は適用されますので請求することができるのです。 そんなスポーツ保険、請求しないのは損ですよね。 では、もう一度記事を振り返ってみましょう。 スポーツ保険の請求時に必要な書類はこちらの2種類。 スポーツ安全保険 傷害保険金請求書• 医療機関の領収書 たったこれだけで請求できてしまうので、遠慮せずにどんどん請求してみては如何でしょうか?電化製品なんかだと、保証期間でも1回だけしか修理できないなんて場合もありますが、スポーツ保険に関してはそんなことはありません。 恐らく、殆どの人が請求しないので、あなたがちょっとした怪我で請求したところで保険会社には痛手にはならないと思いますし、団体責任者が責任を問われたりすることもないので、是非請求してみてください。 昨年度は1850円の掛け金も無駄になりませんでした。 だからと言って、「今年度はもっと怪我をするぞ~!!」ということは無いですけどね。 やはり怪我も病気も無いのが一番です。 ちなみに、必要書類を送付してから約1か月後に4,500円が銀行口座に振り込まれていました。 装具にはお金が掛かりましたが、治療費という部分だけ見ればプラス収支です。 ちなみに、装具は8,000円程掛かりました。

次の

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと

すぽあん

だいぶ近くなったけど、やっぱり違う。 ほとんどの人にとっては、いまや WindowsもmacOSもあまり変わりません。 家のパソコンで日々やることはたいていWebブラウザ上でできてしまうし、SpotifyとかSlackとかPhotoshopといったポピュラーなアプリも、プラットフォーム横断です。 でも OSによる違いはまだしっかりあって、それは「乗り換えが面倒」とかだけじゃありません。 以下に6つ、まとめます。 プリインストールソフトウェアの豊富さ Image: Gizmodo US macOSのほうが最初から入ってるソフトウェアが多いです。 OSに最初から入ってるソフトウェアという意味では、 macOSのほうが有利です。 メールやSafari、マップやメッセージ、FaceTime、iTunesなどなどに加え、Microsoft Officeに相当するPages、Numbers、KeyNoteももれなく付いてきます。 といってもビジネス系アプリに関してはMicrosoft Officeの機能やパワーにはやっぱりかなわないんですが、ほとんどの人が個人で使う分には十分だと思います。 そしてMicrosoft Officeと違って、これらのソフトウェアは 完全に無料です。 macOSにはさらに、動画制作のiMovieや音楽制作のGarageBandといったアプリも付いてきますが、Windows純正だとそもそも同等のものがありません。 macOSの場合、 他のアプリを入れる必要がほとんどないかもしれません。 Image: Gizmodo US Windowsの方がサードパーティのソフトウェアは幅広いです。 Windowsにもいろいろ(多すぎるくらい)プリインストールされてきますけど…と思われるかもしれませんが、その中で実際ある程度使われてそうなのはメールとカレンダー、People(連絡先)、あとはSkypeにもしかしたらEdge、くらいでしょうか。 それから写真や音楽、動画を管理するシンプルなツールも入ってますが、僕らが気に入っていたWindows Movie Makerはいまは入ってないし、Windows Media Playerも悲しいくらい放置されてます。 その代わりWindowsには サードパーティソフトウェアがたくさんあり、無料のものも多いです。 ただOS自体に入っているもので比較すると、WindowsはmacOSよりだいぶ見劣りします。 Microsoftは、WordとかExcelがAppleのPagesとかNumbersよりよくできてて、WindowsでもmacOSでも使えるってことで自分を慰めてるかもしれません。 が、Microsoft Officeは一番安い1年ライセンスでもと、安めのパソコンくらいの値段になります。 まとめ:macOSの方がハイクオリティなソフトウェアを内蔵しているので、その分コストを圧縮できるかもしれません。 ゲームとVRへの対応 Image: Gizmodo US SteamはWindows向けタイトルだらけです。 Windowsが圧倒的に強いのは、 ゲームとかバーチャルリアリティへの対応です。 HTC ViveはmacOS Mojaveで使えるようになりましたが、Oculus Riftはまだ対応していませんし、Windows Mixed Realityも当然のようにWindowsオンリーです。 Xboxを持っている人なら、Windows 10と連携してプレイできます。 macOSでもゲームができないわけじゃないんですが、Windowsでできることに比べたらかなり遅れています。 Windowsのほうが一番人気のタイトルがあり、Steamで入手できるゲームもはるかに多いです。 多くのMacではグラフィックスカードが別立てじゃないので(外付けGPUはサポートされていますが)、少なくとも 初期状態では本格的なゲームがプレイできません。 Image: Gizmodo US macOSはゲームに関してWindowsよりかなり遅れてます。 一方Windowsのゲーミング環境はますます勢いがあって、プレイヤーが集まり、ゲーミングアクセサリーやユーティリティ、アドオンなども充実するばかりです。 ゲーミングPCを自作する場合も、Windowsを使うことになります。 AppleはmacOSでゲームとVRのサポートを強化する動きを見せていますが、 もはやタイミングを逃しすぎていて、サードパーティのデベロッパーやメーカーもほとんど興味を示していません。 Appleはモバイルゲームのプラットフォームを担っていることで自分を慰めるしかありません。 まとめ:ゲームとVRに関してはWindowsが圧倒的に強く、 ゲーム機代わりにもなるので、そのぶんお金が浮くかもしれません。 もしパソコンを使うメインの目的がゲームなのにMacを買う、としたら、それはお金を捨てているようなものです。 UI・使い勝手 Image: Gizmodo US Windowsのファイルエクスプローラー。 この点は一番主観が入るところだと思います。 Windowsは今macOSと同じくらい洗練されてきたので、どちらがいいかは個人の好みになってきます。 多分、 これまで一番たくさん使ってきたものが一番好き、ということになるんじゃないでしょうか。 僕はmacOSもWindowsも両方毎日使っていますが、Windowsの方が使いやすいと思います。 でもそれは、僕がWindowsのほうを長く使ってきたせいでしょう。 WindowsのファイルエクスプローラーはmacOSのファインダーより直感的で機能的な感じがしますが、それは長く使ってきたことでショートカットとか必要なテクニックを学んできたからかもしれません。 macOSのファインダー。 (Image: Gizmodo US) ウィンドウ管理に関しても、 Windowsのほうがきっちり、macOSのほうが自由でゆるい感じがしますが、何にせよ慣れているほうが好き、となる人が多いことでしょう。 SiriかCortanaか、ドックかスタートメニューか、いろいろ違いがあるにはありますが、 生産性に与える影響は本質的には大したことないです。 AppleもMicrosoftもここ5年、10年、ダークモードとかなんとかさんざんお互いのやってることを吸収してきたので、 それほど大きなギャップはもうありません。 個人的には、Windowsだとウィンドウを画面の端にスナップできるのとか、macOSだとデスクトップのアイコンを自動で整理できるのとかが良いと思っていますが、それらはみんなマイナーな違いです。 まとめ:UIはもう、比べてもあんまり意味ないかもしれません。 AppleもMicrosoftも、魅力的で使いやすいシステムを作り出してきました。 でもとにかく 慣れている方を使うのが楽なはずです。 最近のテック製品の多くがですが、パソコンを買うときは「MacかWindowsか」というより、「 家にある他のものと連携できるかどうか」が重要な視点になっています。 それはハードウェアだけじゃなく、iCloudやOneDrive、Google Driveといったサービスに関しても言えます。 もちろん、iPhoneをWindowsにつないだり、macOSをAndroidスマホにつないだりも可能ですが、全部Appleとか全部それ以外とかに 統一したほうがいろいろと楽です。 リビングでApple TVを使っている場合、Windowsからはデフォルトでは音だけしか飛ばせず、動画は対象外になります。 Macを使っていればAirPlayで音も動画も飛ばせて、画面のミラーリングも可能です。 iPhoneを使っている人なら、カレンダーも連絡先もメモも全部、いつの間にかmacOSと同期されているはずです。 Windowsとも同期できますが、やり方がすごく複雑で、クリアしなきゃいけないことがたくさんあります。 AppleとかMicrosoftとかの間でプラットフォームをまたぐなら、一番良いのはMicrosoftとかAppleのサービスをメインで使わず、全部Googleのクラウド上でやることです。 WindowsでもmacOSでもGmailやらGoogle Calendar、Google Photosやらは全部使えるし、Windows 10ならAndroidスマホにきたテキストメッセージにパソコンから返信することもできます。 Appleのエコシステムは、Apple(または限られたパートナー)の高価なハードウェアに縛られている感じがします。 でも近頃、とかでもAirPlayが使えるようになり、Appleがその箱庭の壁を多少下げて前進しようとしているように見えます。 とはいえ、 Windowsの方がいろんなサービスと協調できるのは間違いありません。 家にあるすべてのガジェットがひとつのメーカーのもの、という状態に違和感がある人には、Windowsのほうが向いています。 まとめ:Appleの閉じたエコシステムでも別に問題はなく、その連携ぶりは美しいですが、使えるハードウェアが価格高めのものに限定されます。 WindowsはApple製品の連携はApple製品同士に比べればうまくできませんが、それ以外の製品とは比較的うまくつなげられます。 セキュリティとプライバシー Image: Gizmodo US Windowsでのアプリのパーミッション画面。 セキュリティやプライバシーに関しては、 Appleの勝利です。 Appleはユーザーのプライバシーに関して非常に積極的なアプローチをとっているし、世界中のマルウェアのほとんどがWindowsを標的にしているのもAppleにはとっては好都合です。 Windowsが狙われるのは、市場シェアが大きいからだと思われます。 なのでmacOSのほうが確率的に安全ですが、脆弱性が皆無というわけではありません。 ただ、その差はそんなに大きくありません。 Windowsがアンチウイルスソフトなしではウイルスだらけだったのは、もう過去のことになりました。 今のWindows 10にはアンチマルウェアソフトの Windows Defenderが内蔵されていて、主要な脅威への対策はできています。 最近起きているセキュリティ問題はたいてい、古いバージョンのWindowsを使っているか、OSとは関係ないかのどちらかです。 Image: Gizmodo US macOSでのアプリのパーミッション画面。 WindowsでもmacOSでも、どのプログラムがマイクやカメラ、位置情報などにアクセスできるかをユーザー自身で管理できるようにはしています。 が、 Windowsのほうがユーザーにもデベロッパーにも比較的自由度が高く、その分リスクも大きくなっています。 WindowsユーザーのほうがMacユーザーよりセキュリティに詳しくなる必要がある、とは言ってもいいと思います。 またプライバシーに関しては、 Appleが超重視するってことを一生懸命訴えているので、そういう思いがあるらしいことはお伝えしておきます。 でも実際とのプライバシーポリシーを比べてみると、データの使われ方はそんなに変わらないんです。 たしかにAppleはクラウドよりローカルのストレージを使う度合いが大きいから相対的に安全だみたいな話はあるかもしれませんが、その点でAppleとMicrosoftの差を気にするくらいだったら、 GoogleとかFacebookを使っていて大丈夫なのかを考えたほうがいいです。 まとめ:Appleはプライバシー重視の姿勢を強く打ち出しているので、可能性としては、Macのほうが写真とかデータが流出しにくいです。 Windowsもこの点では劇的に改善しましたが、それでもMacを使うときよりは、プライバシーとかセキュリティのことを理解しておいたほうが安全です。 コスパに関しては、 昔も今もWindowsのほうがずっと有利です。 macOSでは、3万円のマシンとか買えません。 学生とかカジュアルな使い方の人、とにかく価格重視の人にとっては、Windowsマシンを買うのが合理的です。 特にいまはほとんどのことがWebブラウザがあれば可能で、パソコンに表計算ソフトが入ってなくてもGoogleスプレッドシートがあればなんとかなったりするからです。 それでも、Appleのプレミアム価格を喜んで払う人が少なくないのも事実です。 それに統計をとったわけじゃないんですが、「Macの方が長く使える」「何年も使ってるけど動作もそんなに遅くならない」って意見をよく聞きます。 この点はWindowsそのものというよりWindowsマシンを作ってるハードウェアメーカーの問題なんですが、とにかく 長く使えるから多少高くてもいいっていう考え方もあるにはあります。 ハードウェアメーカーといえば、Windowsにはラップトップとかデスクトップ、2-in-1マシンなどそれぞれいろんな形態があります。 Surface ProでもでもLenovoのオールインワンでも選べて、AppleがデザインするMacの形態に制限されないという利点はあります。 この点にはデメリットもありますが、選択肢が多いのはたしかです。 まとめ:Windowsのほうがハードウェアの選択肢が広く、価格もいろいろ選べます。 単純に安いマシンを買おうと思うなら、Appleのデザインがどうこうとか関係なく、Windows一択になることでしょう。 Tags :•

次の