インフェルノ意味。 「インフェルノ」 の意味

インフェルノ (2016年の映画)

インフェルノ意味

「インフェルノ」は映画タイトルでも使用されている言葉ですが、その意味は「地獄」だけではありません。 「インフェルノ」が示す「地獄」や、それに関した他の意味も含めて、ご紹介していきます。 地獄 基本的な意味は、「地獄」です。 日本では「地獄」と言えば、地獄絵図やキリスト教で言われるような残虐なイメージをされますが、英語では「ヘル」も「地獄」を表す言葉であり、同じ「地獄」でも「インフェルノ」と「ヘル」でイメージが違っています。 「ヘル」と「インフェルノ」の違いについては、後にお伝えします。 地獄のような 「地獄のような場所や状況」の意味です。 言い方を換えて、「地獄さながらの光景」と和訳されることもあります。 大火 「大火」というのは「大きな火」のことですが、「インフェルノ」の語が意味する「大火」には「地獄」の意味も含まれており、「地獄のような(強烈すぎて消せない)火」や「業火」を表しています。 「業火」は仏教で言われる「悪業が身を滅ぼす」ことを「火(で身を滅ぼす)」に例えた言葉で、「罪人を焼き苦しめる地獄の火」を「業火」と言うこともあります。 「インフェルノ」の語源は? 「インフェルノ」は「地獄」の意味にプラスして、「地獄のような」と「大火」の意味がありました。 一方の「ヘル」には、「地獄」の意味にプラスして「地獄のような苦悩の場・この世の地獄・修羅場・絶対〜ない」などの意味があると言いました。 「ヘル」は、想像上の「地獄」だけでなく、この世に(生きている中で)ある「地獄」を表す時にも使用されます。 「苦悩の場・この世の地獄・修羅場」といった意味は、正に「この世」で起きている「地獄のような」状況です。 「インフェルノ」は「この世」における「地獄」を表す時には「地獄のような」の意味を使うこともできますが、想像上としての「地獄」を表したり、「大火」の意味からして「地獄のような大きな火」や「地獄を思わせる過酷な火」を表す時に使用される語とされます。 「インフェルノ」の意味は、「地獄・地獄のような・(地獄にある)大火」でした。 「地獄」の意味で考えると、対義語がどの言葉になるのかをイメージしやすくなるでしょう。 ヘブン 「インフェルノ」の対義語として、第一に挙げられる言葉は「ヘブン(Heaven)」です。 意味は「天国」であり、単に「天」を表す時にも使用されます。 人間が死した後の世界の1つとして考えられており、地獄とは正反対(安らぎがある)と想像されている場所です。 パラダイス 「パラダイス(Paradise)」にも「天国」という意味があるため、「インフェルノ」の対義語になります。 ただ、「パラダイス」には「楽園」や「エデンの園」といった意味もあり、「生きている中での最高に楽しいと思う娯楽の場・快楽的な場」を表す時にも使用される言葉です。 死後の世界としては「ヘブン」の語が向きますが、生きている中での「天国(楽園)のような」の意味では「パラダイス」が使われます。 「エデンの園」は聖書における想像上の楽園のことで、食用果実・知恵の樹・生命の樹があり、天国に最も近い場所を表しています。 アダムとイヴが、エデンの園で禁断の果実を食べたことにより追放された話は有名です。 映画「インフェルノ」に込められた意味とは? 「インフェルノ」を含むタイトルを持つ映画で調べてみるといろいろありますが、ほとんどがホラー作品です。 日本でよく知られている映画としての「インフェルノ」は、2016年に公開されたミステリアスリラージャンルの「インフェルノ」でしょう。 映画ジャンルがミステリアスリラーの「インフェルノ」と、1980年に公開されたホラージャンルの「インフェルノ」で、映画タイトルが「インフェルノ」になった理由や、込められている意味をご紹介していきます。 「インフェルノ」(Inferno)2016年の映画 「インフェルノ」をタイトルとした有名な映画とされるのは、ロン・ハワード氏が監督を務め、デヴィッド・コープが脚本を書いた、2016年アメリカ合衆国の映画「インフェルノ」です。 原作はダン・ブラウン氏による2013年の小説で、その小説名は映画タイトルと同名です。 映画ジャンルは、ミステリアスリラーになります。 「ダ・ヴィンチ・コード」および「天使と悪魔」の続編であり、2Dおよび3Dで公開されました。 それは、「インフェルノ」の名を持つ「ウィルス」です。 人口爆発(人口が止まることを知らず増加し続けること)を指摘した遺伝学者が開発したウィルスで、これにより大量殺戮を計画していることが明らかになります。 主人公となる大学教授は記憶を失っているのですが、世界が灼熱地獄化する幻影に悩まされていました。 殺し屋に襲撃された後に謎解きが開始されますが、その中で「ダンテの神曲(本)における地獄篇(インフェルノ)」をモチーフとした図を発見します。 担当医・WHO・政府機関など、いろんな人と協力したり、襲撃されたりしながら、ウィルスを探し、拡散しないようにするためのお話です。 最終的には拡散せずに終わりますが、それまでには遺伝学者を中心とした、善に反した内容も見えてきます。 続いて、大量殺戮用に開発されたウィルス「インフェルノ」の存在が明らかになりました。 この映画ではウィルスとしての「インフェルノ」が、最もタイトルとつながり深いと言えます。 そして、手掛かりの1つになる図のモチーフとなったダンテ「神曲」の「地獄篇(インフェルノ)」もあります。 現代において「インフェルノ」の語は、「神曲」の「地獄篇」の原題として広く知られています。 そのため、ストーリー中で最もタイトルと結び付くのは「ウィルス」名と言えますが、映画ストーリーおよびタイトルの起源は「神曲」にあると考えられます。 「インフェルノ」(Inferno)1980年の映画 1980年にも、タイトルを「インフェルノ」とする映画が公開されています。 イタリアの映画作品で、ダリオ・アルジェントが監督を務めます。 この監督は「サスペリア」で成功を収めており、「インフェルノ」はアメリカ資本で作ったと言われています。 原題はトマス・ド・クインシーの「深き淵よりの嘆息」で、「魔女3部作」の1つとなっています。 映画ジャンルは、ホラーです。 ストーリーのあらすじ 主人公ローズはニューヨークに住んでいますが、近所に骨董屋があります。 そこへ足を運び、「3人の母」という本を発見します。 内容を読むにつれて、そこに綴られている建物の記述が、ローズが暮らすアパートのことだと分かりました。 自身が暮らすアパートのことが書かれているということで、ローズは大いに興味を抱きます。 この本の著者はバレリという人物で、彼は何世紀も前の建築家らしく、3人の魔女のために家を建てたとあります。 1人1つの家で、フライブルク・ローマ・ニューヨークに建てたそうです。 ローズが暮らすのはニューヨークにある家であり、好奇心から地下室を調べることになります。 すると、そこには死体がありました。 「インフェルノ」はその意味から、数多くのホラー作品のタイトル名に用いられています。 「グリーン・インフェルノ」や「レッド・インフェルノ」、そして「ディープ・インフェルノ」などがあります。 ホラーもそうですが、グロテスクな要素も濃いので、観る時には気を付けてください。 「インフェルノ」と「ヘル」を正しく使い分けよう! 「インフェルノ」の意味は基本的に「地獄」ですが、英語を和訳した時には「ヘル」という単語も「地獄」を意味します。 「インフェルノ」は「(想像としての過酷な)地獄」あるいは「地獄にある業火」を表し、現実の世界では「業火のような大火」を示す時に使います。 「インフェルノ」は「地獄で罪人を焼く業火」であり、現実では「業火のように消えないくらい猛烈な大火」を表す時に使えば間違いはないでしょう。

次の

グリーンインフェルノのラストネタバレ!生き残ったアレハンドロは?

インフェルノ意味

こうゆう「名画に隠された謎」「世界を牛耳る秘密結社」といった都市伝説チックなストーリーが大好きな私、今回の「インフェルノ」は謎解き系とは少し違うとの噂を聞いてちょっぴり寂しい思いをしていたのですが、映画館でラングトン教授の活躍を確かめてきました! 映画『インフェルノとは』 ルーヴル美術館で起こった殺人事件と、レオナルド・ダヴィンチの絵画に隠されたメッセージを紐解く「ダヴィンチ・コード」、秘密結社イルミナティとヴァチカンを舞台に対決する「天使と悪魔」。 今回の「インフェルノ」は、なぜか記憶喪失になっているラングドン教授が美人医師と一緒に「世界の人口増えすぎだから減らしちゃえ!」というサイコな大富豪が作ったウイルスの拡散阻止のために奔走するというストーリー。 このよくサスペンス・アクション映画でありがちな「この時間までに止めなければ世界は滅びる」系の話をどうラングトンシリーズぽく描いているのか・・・と気になっていたのですが 今回は秘密結社ではなく、ある文学が軸にされていました。 タイトルともなっている「インフェルノ」とはどんな物語なのか・・・まだ映画を観ていない方に、ご紹介したいと思います。 浪費、怠惰、暴力、好色、詐欺など様々な罪を犯した者たちが蠢き、魔王にポイポイ食われているといったとんでもない所です。 このボッティチェリは「ヴィーナスの誕生」「プリマヴェーラ」が代表作品です。 某ファミリーレストランで、きっと一度は模写を見たことがあるかと思います。 この「インフェルノ」の絵が映画にもたくさん登場します。 段々畑のように輪っかになっている各場所で、人間たちが犯した罪の重さによって裁かれている・・・というもの。 映画ではこの絵の様子がリアルに再現されていて驚きました。 本当に地獄の中に入り込んだようなその映像は圧巻です。 日本の地獄というと、閻魔大王がいて血の海があって針の山があって・・・なんていうイメージですよね。 キリスト教で地獄に堕ちる時は、イエス・キリストが決めるものなのだそうですが、1度入ってしまったら2度と出てこれないと言われているのだとか。 宗教によって地獄も違うものなのですね。 洋画を観ていると、キリスト教に関係している、宗教要素を盛り込んである作品が本当に多いと感じます。 洋画とキリスト教 例えばブラット・ピット主演のサスペンス映画「セブン」。 7つの大罪とは暴食、色欲、強欲、憂鬱、憤怒、怠惰、虚飾、傲慢のこと。 「バットマン vs スーパーマン」も宗教要素が濃い映画と言われています。 低予算ながらもヒットしたホラー映画「イット・フォローズ」もキリスト教要素を含んでいると言われています。 洋画を観るときこういった宗教要素を意識すると、また違った発見や解釈の仕方を楽しめるかもしれませんね。 美しいヨーロッパの街並みを舞台に繰り広げられる、ラングトン教授の人類滅亡との戦い「インフェルノ」。 前作、前々作とのつながりはあまり無いので ラングトン教授シリーズを観たことがない方でも楽しめる作品だと思います。

次の

『インフェルノ』あらすじ&ネタバレ解説 『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』続編の謎を解く鍵とは?

インフェルノ意味

英語でも日本語でも、"Inferno(インフェルノ)" ということばは、 主に文学や芸術、宗教的な記述などに使われます。 英語では、地獄を表すことばとして " Inferno" と " Hell" があり、日常会話では " Hell" がよく使われます。 " Go to hell! "(くたばれ!うせろ!)のようなののしりことばや、" I studied like hell for the exams. " (試験に備えて必死に勉強した)のように 必死さや猛烈さをアピールするためにも使われます。 ですが、これらの場合 "hell" の代わりに "inferno" を使うことはありません。 日本語では、戦国時代のカトリック伝来の頃をモチーフにしたキリスト教文学作品で「 いんへるの」ということばがよくでてきます。 これが「 インフェルノ(地獄)」の当時の和訳でした。 また近代文学では、 芥川龍之介が多数の「 切支丹物」と呼ばれる文学作品を残しており、これらの中で「 インヘルノ」ということばを使用しています。 これも「 インフェルノ」とおなじことばです。 13世紀から14世紀にかけてイタリアで詩人、政治家として活躍した ダンテ・アリギエーリの代表作である、長編叙事詩「 神曲(La Divina Commedia)」を構成する3部作の一つ。 3部作は「 地獄篇(Inferno)」「 煉獄篇(Purgatorio)」「 天国篇(Paradiso)」から構成されています。 地獄篇は、人生の半ばにして暗い森に迷い込んだ(作者であり主人公である)ダンテが地獄に入った様子が描かれています。 この地獄界での出来事には、ダンテ自身の政治家としての人生の苦難が色濃く反映されているといわれています。 また全編を通して聖書や哲学、倫理学、自然科学、文学、測量学、ギリシャ神話、ローマ神話などのさまざまな書物を引用しており、幻想文学の代表作ともされ、 現代のSFやファンタジー作品の源流ともいわれています。

次の