ゴールデン レトリバー。 ゴールデンレトリバー|里親募集|ジモティー

ゴールデンレトリバーの白の値段とは?ホワイトカラーの費用の相場

ゴールデン レトリバー

チワワ 222• チワワ ロング 177• チワワ スムース 45• トイプードル 207• タイニープードル 88• ティーカッププードル 75• トイプードル トイ 44• ミックス・その他の犬種 96• フレンチブルドッグ 76• 柴犬 72• 柴犬 標準サイズ 37• 豆柴 35• ミニチュアダックスフンド 60• ミニチュアダックスフンド ロング 60• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ポメラニアン 58• ミニチュアシュナウザー 34• パピヨン 30• シーズー 30• ペキニーズ 27• カニンヘンダックスフンド 26• カニンヘンダックスフンド ロング 19• カニンヘンダックスフンド ワイアー 4• カニンヘンダックスフンド スムース 3• ヨークシャーテリア 25• パグ 19• ボルゾイ 18• コーギー 16• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 16• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• マルチーズ 16• 狆 チン 15• ウエストハイランドホワイトテリア 11• 秋田犬 10• ビーグル 10• スタンダードプードル 10• ブルドッグ 9• ゴールデンレトリバー 9• アメリカンコッカースパニエル 8• ボストンテリア 7• シェットランドシープドッグ 7• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• ビションフリーゼ 6• ボーダーコリー 6• イングリッシュセッター 6• ブリュッセルグリフォン 5• ラブラドールレトリバー 5• シェパード 5• ジャーマン・シェパード・ドッグ 4• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 1• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• 日本スピッツ 5• チャウチャウ 4• グレートデン 4• シベリアンハスキー 4• ジャックラッセルテリア 4• レークランドテリア 4• ミニチュアピンシャー 4• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 3• ケアーンテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 3• イタリアングレーハウンド 3• ミディアムプードル 3• ニューファンドランド 3• ブリタニースパニエル 2• キャバリア 2• グレートピレニーズ 2• 北海道犬 2• ロットワイラー 2• アメリカンピットブルテリア 1• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 1• 日本テリア 1• 甲斐犬 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ラフコリー 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 10• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 1• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 3• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 3• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 6• イングリッシュポインター 0• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 16• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 11• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 1• カニンヘンダックスフンド スムース 3• カニンヘンダックスフンド ロング 19• カニンヘンダックスフンド ワイアー 4• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 2• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 4• グレートピレニーズ 2• ケアーンテリア 3• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 9• サモエド 0• サルーキ 0• シーズー 30• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 7• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 37• シベリアンハスキー 4• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 4• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 4• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 0• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 10• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 88• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 1• チャウチャウ 4• チワワ スムース 45• チワワ ロング 177• 狆 チン 15• ティーカッププードル 75• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 44• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 0• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 3• ノーフォークテリア 0• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 3• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 19• パピヨン 30• ビーグル 10• ビアデッドコリー 0• ビションフリーゼ 6• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 76• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 2• ブリュッセルグリフォン 5• ブルテリア 0• ブルドッグ 9• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 27• 北海道犬 2• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 1• ボーダーコリー 6• ボクサー 0• ボストンテリア 7• ボルゾイ 18• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 58• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 35• マルチーズ 16• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 3• ミニチュアシュナウザー 34• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ロング 60• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 4• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 25• ラサアプソ 0• ラフコリー 1• ラブラドールレトリバー 5• レークランドテリア 4• レオンベルガー 0• ロットワイラー 2• ワイアーフォックステリア 0• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 96 日本国内で飼育されている大型犬の中では、最も飼育数が多いゴールデンレトリバー。 かわいらしい垂れ耳とアーモンド型の眼、美しいルックスと人懐っこく優しい性格を持ち、飼いやすい犬種のひとつとして世界的に広く愛されています。 ゴールデンレトリバーの特徴 穏やかな表情と、愛情深く優しい性格を持つゴールデンレトリバー。 もともとは、鳥猟においてハンターのサポート役として活躍した狩猟犬です。 ゴールデンレトリバーの役割は、ハンターが仕留めた獲物を回収することです。 ハンターの指示を理解して行動に移せる賢さを持ち、従順な性格で協調性も高く、安定した能力と気質で親しまれていました。 ゴールデンレトリバーの被毛は滑らかで、光沢のある金色またはクリーム色をしています。 上毛と下毛からなるダブルコートで、上毛は直毛か少しウェーブがかかり、下毛は密生して耐水性があることが特徴的です。 長い被毛は抜けやすく、年間を通して毛が抜けるので、週に数回のブラッシング・月1回のシャンプーを定期的に行います。 換毛期は特に抜け毛が多くなるので、皮膚病を防ぐためにも、念入りにお手入れを行いましょう。 ゴールデンレトリバーの体重ゴールデンレトリバーの平均的な体重は、オス26~36kg・メス24~33kgほど。 【ゴールデンレトリバーの体重推移例】 3カ月:5~10kg 4カ月:10~15kg 5カ月:13~22kg 6カ月:18~27kg 7カ月:20~29kg 8カ月:23. 5~31kg 9カ月:25. 5~30kg 10カ月:26~32. 生後2カ月頃には4~5kgほどだった体重は1年の間にどんどん増え、生後10~12カ月頃には値が安定。 一年の間に飛躍的な成長を見せていきます。 愛犬が大きく成長していく姿を見守る喜びも、魅力のひとつですね。 ゴールデンレトリバーの性格 理解力があり、従順な性格でもあるゴールデンレトリバー。 飼いやすい犬種のひとつとされ、しつけのしやすさで人気を得ています。 ゴールデンレトリバーは、狩猟犬時代から人との繋がりが深く、飼い主さん・ご家族とのコミュニケーションを大切にします。 素直で優しい性格も相まって、あまり番犬向きではありませんが、持ち前の聡明さから、盲導犬や聴導犬などの障害者補助犬として活躍しています。 また、ほかのペットや子どもにも友好的なので、多頭飼いやファミリー層などのペットにもおすすめです。 ゴールデンレトリバーの飼い方 狩猟犬として活躍したゴールデンレトリバーの性格や特徴は家庭犬としても役立っており、飼い主さんに見せる素直で従順な性格や、ほかの人や動物にも友好的に接しようとする社交性の高さは、ゴールデンレトリバーが飼いやすいと言われる大きな理由です。 ゴールデンレトリバーの飼い方ポイント-毎日の運動を活発な性格を持つゴールデンレトリバーは運動を好み、とても遊び好きな一面をのぞかせます。 毎日2回・それぞれ1時間ずつなど、十分に運動の時間を確保することが理想的で、歩くだけではなく走らせるなど、強度のある運動を行いたいところです。 時には、ドッグランなどで駆け回れる機会を設けるとよいでしょう。 また、ゴールデンレトリバーはオビディエンス(服従訓練)の競技でも好成績を残すなど、頭脳が発達しています。 運動をさせる際にも、知的な運動を取り入れましょう。 フライングディスクなど、何かを捕りにいくようなゲーム要素の高い運動をさせると効果的です。 運動は、肥満の防止による健康管理、ストレス解消、他者との触れ合いによる社会性の向上など肉体的・精神的によい影響を期待できます。 ゴールデンレトリバーの寿命 ゴールデンレトリバーの平均寿命は、平均寿命は10~12歳程度。 小・中型犬と比べると、大型犬の寿命はやや短命の傾向にあります。 ゴールデンレトリバーの寿命を伸ばすためには、日々の健康管理が重要です。 肥満やストレスは、病気を引き起こす原因にもなりかねません。 食事はバランスのよいものを与え、散歩は毎日欠かさず行いましょう。 ときどきはドッグランなど自由に走り回れる場所に連れていってあげるのおすすめです。 運動能力の高い犬なので、ドッグスポーツなどに挑戦してみるのもいいかもしれません。 ゴールデンレトリバーの気を付けたい病気 ゴールデンレトリバーは、股関節形成にかかりやすい犬種です。 この病気になると、歩くときにふらついたり、おかしな座り方をしたりすることが多く見られます。 遺伝的要因のほかにも栄養や運動の影響もあるといわれています。 肥満は病気の進行を早めることがあるので、太らないような食生活が重要です。 また、大型犬に多い、胃捻転や腸捻転の発症率も高いです。 早食いや食後すぐの運動によって引き起こされることがあるので、ごはんの食べさせ方や食後の過ごし方にも要注意です。 おかしいと思われる点があれば、すぐに動物病院での診察を受けてください。

次の

ゴールデンレトリバーを飼うのに生涯必要な費用は?

ゴールデン レトリバー

ゴールデンレトリバーのしつけのポイント 盲導犬や介助犬、警察犬としても活躍するほど頭が良くて温厚なゴールデンレトリバーなので、しつけの方法さえ間違わなければ何も問題なく日常を過ごすことができます。 ゴールデンレトリバーのしつけをする際には、まず、飼い主はリーダーであるという事を教える必要があります。 ゴールデンレトリバーが飼い主より上の立場になってしまうと、何を命令しても言う事を聞かず、うまくしつけはできません。 では、どのようにしてリーダーであるという事を教えたら良いのか、最初にしつけなければいけない事は何なのかを詳しくご紹介します。 しつけのためでもありますが、教えたことを覚える、褒められるを繰り返していきながら飼い主との信頼関係を築いていきます。 「お座り」「待て」「伏せ」をまずしっかり教える ゴールデンレトリバーをしつける際には、なるべく褒めてあげながらしつけをしていきましょう。 「お座り」「待て」「伏せ」はしつけをする際に最も重要な事となり、ここから色々な指示を聞き分けて飼い主の言う事を聞くようになります。 繰り返し根気よく教えていきますが、できなかった時に叱るのではなく、できた時にたくさん褒めてあげましょう。 おやつを使って教えるのも、かなり効果があります。 その際は、小さくちぎって与えるなどして、おやつでカロリーを摂り過ぎないようにしましょう。 覚えてくると、おやつ無しでもきちんとできるようになります。 この3つの命令を聞けるようになると、完全にゴールデンレトリバーは飼い主がリーダーであると認めています。 トイレトレーニングのやり方 トイレトレーニングをするには、サークルを使います。 サークルの中にトイレを置いて、成功したら思いっきり褒めて外に出してあげます。 また、匂いを嗅ぎまわって落ち着きが無くなったらトイレのサインです。 すかさずトイレへ連れていき、うまくできたらまた褒めてあげましょう。 もちろん失敗も最初は多々あります。 その際は叱らずに黙って始末をし、消臭スプレーなどを使って匂いが残らないようにしましょう。 匂いが残っていると、そこがトイレだと勘違いしてしまうようになります。 1か月ほどは掛かると思って気長に教え込みましょう。 トイレができるようになるまでは、目を離すことができませんので、家族全員で協力して教えましょう。 ゴールデンレトリバーのしつけでやってはいけないこと ゴールデンレトリバーのしつけは、他の犬種と比べても比較的簡単であると言われているので、初めての大型犬として飼うご家庭も多いです。 しかし、間違った認識でしつけをすると逆効果となり、反抗的な犬になってしまう場合があります。 温厚で大人しい犬ですが、しつけの仕方を間違うと人間に噛みついたり吠えたりするようになります。 また、自分のウンチを食べてしまう食糞という行動を取るようになったりもします。 また、ゴールデンレトリバーのしつけをする際に、体罰を与えたり恐怖に陥れるような方法を使ってはいけません。 ゴールデンレトリバーはとても心が優しく、周りの状況を把握する力や空気を読む力があるので、本質はとても穏やかです。 しつけと称して痛みを与えても何も意味が無いのです。 5月16日で、3歳になる、ゴールデンレトリバー、雄を、一人で、しつけして自営業も頑張っております。 うちの子の特徴は、ゴールドとホワイトが、混ざった毛色、目は切れ長でパッチリ、性格は、甘ったれ、やんちゃで、好奇心旺盛、人も犬も大好き、6か月で、大型犬初心者の私でも、基本のしつけ、座れ、待て、お手、お替り、伏せ、と覚えてくれ、とても、大変だったけれど、だんだん、信頼してくる様子が、うれしいです。 ただ、性格に、自我が強いところがあるのか、人間の子供の行動で、駄々っ子のようなところが、いまだに、変わりません。 最近、ショックなことを、ある人から、学校で、しつけを頼むべき。 と言われました。 飛びつき、が、主に私にですが、他人を巻き込んで、ケガはないですが、早く成犬らしくなれば、良いですが、地元に、トレーナーさんがいて、幼いとは言われましたが。 今後の課題現在も、散歩は、大変ですが、トレーニングを頑張って、これからも、自分の力で絶対にしつけを成功させます。 初めて飼った大型犬がゴールデンレトリバーでした。 当時、わが家にはすでに先住犬(ミニチュアダックス)がいたのですが、多頭飼いするにあたってとくにトラブルもなく、大小コンビで仲良く大きくなりました。 ゴールデンレトリバーは頭の良い犬とは聞いていましたが、確かにトイレや、お座り、待て、伏せなどのしつけは予想以上にスムーズでした。 記事にもありましたが、根気よく、繰り返す。 たくさん褒める。 心がけたのはそれだけでした。 うちの子は、おやつよりも、褒める、遊ぶ、といったご褒美のほうが、効果があったように思います。 ひとなつっこい、陽気な性格でしたが、頑固なところもありました。 物音に敏感で、散歩中に自分の嫌いな音(袋がカサカサいう音が嫌いだったみたいです)を聞いて、そっちに行くのは嫌だと、座り込んでしまったり……。 おりこうだけど、自己主張もしっかりする犬といえるかもしれません。 しつけは楽でしたが、運動は大変でした。 一時期、運動不足で太ってしまい、獣医さんに注意を受けました。 日々の散歩をしっかりすることが、なにより大切です。 大型犬なので、散歩のときにひっぱられると飼い主もケガをしかねませんし、そういう意味でも、飼い主の言うことを聞くよう、しつける必要がありますね。 運動もそうですし、長毛種なのでお手入れも欠かせません(抜け毛も多いので、掃除も大変です。 服が毛だらけになることも)ので、誰でも、どんな環境でも飼える犬ではないと思います。 でも、ゴールデンレトリバーは、飼いやすさ、しつけやすさの面でも、性格の面でも、本当におすすめできる犬種です。 家族として一緒に生活して行くために必要不可欠なしつけ。 犬の習性や特徴をよく理解してから行わないとなかなか難しいですよね。 記事にもありましたが、犬に悪いことをしてしまったという自覚が全くないのが厄介です。 人間にとっては問題行動であっても犬にとっては何ら問題のない普通の行動というパターンがほとんどだと思います。 レトリバーに多いのは、スリッパや靴下を加えて持ってくるという収集グセですが、猟犬時代の名残でハンターが捕らえた獲物を咥えて持ってくるという本能からでる行動です。 本来飼い主に褒めて貰いたくて行なっていることなので頭ごなしに怒るのは可哀想ですよね。 一番良い方法は相手にしないことです。 無闇に追いかけ回したりせずに無視していましょう。 飼い主さんに構ってもらえない事が分かると自然と直るはずです。 その代わり、散歩やブラッシングなどで愛犬への愛情をたくさん注いでコミュニケーションを図る努力をして下さい。 人間が大好きで従順なゴールデンレトリバー。 体も大きく力強いですが、優しい顔立ち、幼い目がかわいらしいですね。 どのゴールデンレトリバーもおやつ、おもちゃが大好きです。 なので逆に言えば、おやつ、おもちゃを使って上手にしつけるのが良いですよ。 また、名前の由来の「レトリーバー」は「くわえてもってくる」ことを仕事としているからなので、何かを取りに行かせる運動を取り入れると本能が刺激され、精神的にいい効果をうみます。 これから迎えようとしている方も、すでに迎えている方も、しつけはどんな犬種でも根気は必要ですが、ゴールデンレトリバーはしつけやすい方ではないでしょうか。 繰り返し、根気よく教えることは犬全般に必要です。 また、しつけの他にもお手入れ、換毛期もありますので、ブラッシングを毎日してください。 人懐っこいので、番犬向きではないですが、社交的な性格を持つ犬種なので、いつも人が近くにいる室内飼いがおすすめですよ。 寒さに強いですが、暑さには弱いのも室内飼いをすすめるひとつの理由です。

次の

ゴールデンレトリバーの飼い方の室内編!部屋で飼育する際の注意点

ゴールデン レトリバー

都道府県 :• 全国のゴールデンレトリバー• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 高知 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0• 7 カテゴリ :• 全ての里親募集• 184• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のゴールデンレトリバー• 秋田 0• 山形 0• 富山 0• 山梨 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 高知 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0•

次の