バイオ ハザード レジスタンス。 バイオハザードレジスタンスでの質問です

バイオハザード レジスタンス

バイオ ハザード レジスタンス

公式のアップデート情報• [2020. 19]Ver1. [2020. 12]Ver1. 06のアップデート配信 ・新ステージ追加 ・装備追加 ・アクセサリ追加 ・各種調整・変更・不具合修正• [2020. 15]ver1. wikiページの表示について PC用ではGoogleChrome・Microsoft Edge、スマホ用ではSafariでの表示を確認しています。 それ以外のブラウザや機種では表示が崩れる場合があるかもしれません。 スマホ用ページで表示が崩れてしまった場合はPC用ページを利用してください。 このwikiの攻略情報について ネタバレ等の情報が含まれるものがあります。 また、誤った情報が記載されている可能性があるので閲覧は自己責任でお願いします。 転載について 著作権やライセンス情報の確認が難しいため、他サイトからの無断転載、コピー等の行為は禁止です。 市販の雑誌、書籍からの転載、コピー等も禁止です。 このwikiから転載する場合は、リンク等でこのwikiからの転載であることを明記して頂けると助かります。 悪質・不適切な編集・コメント・削除に対して 当サイトへのアクセス規制やプロバイダ等へ内容・投稿日時・IPアドレスの情報を連絡することがあります。 編集をする時はを読んでから編集してください。 発売日から日数が経過し攻略がある程度完了した後は、荒らし対策のために編集制限をかけることがあります。 その場合にページの編集・修正をしたい場合は管理人に連絡をお願いします。 会社や製品の名称・画像・内容・データなどの著作権は各ゲーム製作・運営会社に属します。 それ以外の当サイトで作成された内容やデータ等の著作権は当サイトに帰属します。

次の

バイオハザード レジスタンス

バイオ ハザード レジスタンス

2019年09月14日 10時26分 バイオハザード新作の「プロジェクト レジスタンス」はゾンビを操る実験管理者VS脱出者の非対称オンライン対戦ゲーム カプコンの「バイオハザード」シリーズ初の非対称オンライン対戦ゲームとなることが発表された「 PROJECT RESISTANCE プロジェクト レジスタンス 」が、2019年9月12日から15日まで開催されている で体験できます。 「謎を解きながら、ゾンビやクリーチャーがうろつく街や施設からの脱出を目指す」というバイオハザードシリーズが非対称オンライン対戦になったらどんな感じなのか、実際にカプコンブースでのぞいてきました。 「プロジェクト レジスタンス」 CAPCOM 第7ホールにあるカプコンブースの「プロジェクト レジスタンス」コーナーはこんな感じ。 中に入ったところが以下。 コーナーの中にはA・B・Cと3つのブースがあり、それぞれのブースの外にはモニターが1台、ブースの中にはそれぞれモニターが4台設置されています。 「プロジェクト レジスタンス」は人体実験施設からの脱出を試みる「サバイバー」4人と人体実験施設を管理する「マスターマインド」が戦うという内容で、「バイオハザード」シリーズで初の非対称オンライン対戦ゲーム。 ブース外のモニターは、実験管理者である「マスターマインド」側のプレイヤーのものです。 モニター下部を見ると、ゾンビやクリーチャーが表示されています。 マスターマインドはゾンビやクリーチャーをけしかけるだけではなく、施設の地図を見ながら、トラップやギミックをチェックし、サバイバーの脱出を妨げます。 以下はマスターマインドがゾンビをサバイバー側にけしかけている様子。 「引っかき」「噛みつき」などゾンビに指示を出すことができます。 一方、ブース内でプレイするサバイバーは、実験施設から脱出するために協力しながら歩みを進めていきます。 脱出するためにはアイテムが必要であり、サバイバーはスキルを利用しながら協力することが求められます。 逃げるだけではなく、銃やバットなどの武器を使うこともあります。 以下の場面は、サバイバーの1人がゾンビ犬のケルベロスに襲われているところ。 そこで、ケルベロスをハンドガンで撃ち、救出。 自分に襲いかかるゾンビを倒すだけではなく、仲間に襲いかかるゾンビも倒さなければいけません。 自分が今どんな状況にあるのか、そして仲間がどんな状況にあるのかを常に把握し、情報を交換するのが脱出するためには重要というわけ。 施設にあるカメラはマスターマインドがサバイバーを監視するためのものですが、銃で壊すこともできます。 4人で脱出成功。 脱出には制限時間があるため、施設をのんびりと探索することはできません。 サバイバー1人が命を落としてしまっても脱出は可能ですが、残り時間が大きく削られてしまうため、瀕死 ひんし になった仲間は優先的に蘇生する必要があります。 バイオハザードの協力型オンラインマルチプレイといえば、PlayStation 2でリリースされた「 」があります。 しかし、「プロジェクト レジスタンス」はサバイバーの協力だけではなく、マスターマインドによる妨害もゲームの大きな魅力の1つであり、非対称型対戦という新しい形でバイオハザードの世界を楽しむことができます。 以下の「プロジェクト レジスタンス」のプロモーション映像を見ると、どういうゲームなのかがムービーでよくわかります。 以下のムービーでは。 東京ゲームショウ2019のステージで行われたデモプレイを見ることができます。 また、「プロジェクト レジスタンス」の が2019年10月4日 金 16時から10月7日 月 16時までPlayStation 4とXbox Oneで開催されることも発表されています。 気になる人はぜひ応募してみてください。 時間になると、ガラスケースの中に何かが登場するとのこと。 実際にガラスケースを見守ったところが以下のムービー。 ケーブルにつながれた実験体が観客に牙をむきます。 しかし、ガラスケースを取り囲む人は「あのゾンビ、めっちゃ鍛えてるよね」「体についた傷を見て!あと筋肉がすごい」「ずっと見たい筋肉をしている」と、主に実験隊の発達した身体に感心するコメントを口にしていました。 さらに「プロジェクト レジスタンス」コーナーの隣には、トイガンメーカーの東京マルイとのコラボレーションでシューティングレンジが設けられていました。 BB弾から目を保護するため、中に入る際にはゴーグルの着用が義務づけられています。 シューティングレンジはこんな感じ。 銃を片手に目の前のモニターに向かって射撃します。 モニターに映った目標は、弾が当たるとガシャンと音を立てて割れます。 スタッフによるサポートもあるので、トイガンを触ったことがない人でも安心して射撃ができます。

次の

「バイオハザード レジスタンス」、マッチングの遅延改善を宣言

バイオ ハザード レジスタンス

ゲームって面白いよなとそんな事を思った。 RE3本編はアイテムをほぼ回収してイベント毎に死亡シーンを見てても 5時間くらいでクリアできたので短いと言われても仕方ないねって感じ。 でも個人的には短いからダメとはそんなに思わないけど 街の中をもっと歩いてみたかったなってのと 第一形態ネメシス君ともっと遊んでみたかったなって思いました。 ネメシス君はRE2のタイラントのように探索中に追いかけ回される感じではなくて ほぼイベント的なものだったのでその辺は良かったなと。 まあホラーってよりかはスタイリッシュソウルシリーズ的な感じだった(小並感) あとあれだ。 死亡シーン作ったやつの性癖ヤバすぎでしょ(褒め言葉) そんな感じでRE3をサクッと一周終わらせてそのままレジスタンス開始。 本編よりこっちが本編って感じの神ゲー。 ゲーム内容が良いだけに本当にもったいないことをしたなと思う。 初動でミスするとその後は何やっても人はついてこないんですよ。 マスターマインド側は数十分でもひたすら待つしかなさそう。 解決策としてはポート開放とかすると繋がったりするらしいけど 今どきのゲームでそんなん要求される方がおかしいって それ一番言われてるから。 内部レート説とか色々あるけど高ランクの マスターマインドと連続で当たることもあるので どう考えてもマッチングがおかしい。 5連続で同じマスターマインドとマッチングした事があるんだけど これってマスターマインドもそこそこ早くマッチングしてるって事だし そもそも3000人近くプレイしてる環境で5連続同じ相手って こんなのおかしいですよ……。 というわけで「繋がらない」ではなく「異常な偏り」がある。 こういうのって普通はずっと待ってる人からマッチングするんじゃないの?? ちなみに名前は消しましたが超クソラグホストなので戦う意味はない模様。 ラグいとそもそも歩けない。 ドアが開けれない。 スキルが発動しない。 二部屋分巻き戻される等クソみたいな環境なのでさっさと切断するのに限る。 私以外にも切断されてるからホストの環境が悪いってはっきりわかんだね。 ゲーム内から切断すると次回の報酬で切断ペナルティがあるけど クライアントを落としたらペナルティなしなので クソラグホストとあたった場合は切断していこう。 そもそもゲームになってないですし。 一応ね。 さんざんネガキャンしたけどゲームはめっちゃ面白い。 まあマッチングしないんですけど(笑) マスターマインド側はかなり配信向けな感じで 有名所さんが始めたら人も増えると思うんだけどな。 まあマッチングしないんですけど(笑) 脱出を阻止する為にクリーチャーや罠を配置したり カメラで攻撃したりするんだけど 狙ったことが上手くいくと本当に面白い。 あとバーキンやタイラントなどのB. も操作できるし。 まあマッチングしないんですけど(笑) サバイバー側は協力して脱出する。 ルールを理解していないもしくは放置が1人いると詰み。 って書くと足引っ張りそうで…みたいな人もいるかもしれないけど トレーニングモードを一周すればルールは理解できるのでオススメ。 実際ゲームをやるとせめてチュートリアルくらいやったらどうなの? みたいなプレイヤーが多いので特に気にすることはないんですけどね。 1ステージ目で終わるなら5分くらいなもんだし。 バランスに関しては良く出来てると思う。 データで見るとマスターマインド側が強そうに見えるけど 実際プレイしてると7~8割は脱出できてるしこれもうわかんねえな? レベルを上げないと色々と解放されないのに MMは初期で使えるのがクソ弱アネットなのは本当にもったいない。 どのキャラも基本的にはレベルを上げてからが本番なんだよなぁ。 スペンサーは初期からかなり強いけどカメラゲーなので バイオハザードとは一体……?って感じになる。 みんなでマチルダ持って2人ずつ分かれられるメンバーだと 余裕だけど何故か銃を持ってこない脳筋がいると詰み。 基本的な対策はマスターマインドをプレイすることで わかるんだけどそもそもプレイできないので仕方ないね。 5秒でもいいけど犬が5秒だしその辺のバランスは難しそう。 でも今のままだとノーマルゾンビは置かないほうが良いのよね。 デイリーミッションは終わらねぇし公式はお知らせもださねぇし 物売るってレベルじゃねーぞ!!! saba2.

次の