エチル アルコール 消毒。 健栄製薬

エタノール(エチルアルコール)の特徴と安全性

エチル アルコール 消毒

エタノールは、デンプンや糖蜜をアルコール発酵させたり、エチレンから化学合成したりして作られます。 別名を酒精と言うことからも分かるように、お酒に含まれる成分です。 アルコール度数の高いウォッカやホワイトリカーはエタノールの代用品になることもあります。 エタノールの用途といえば「消毒用」。 でも、水分を含まない無水アルコールに殺菌作用はなく、水で薄めて初めて殺菌作用を持ちます。 そうして調整した消毒用アルコールは、冷蔵庫内や水回りなど衛生面が気になる場所の掃除に最適。 揮発性なので、家電など水を使えないものにも使えます。 水にも油にも溶けるという変わった性質も持っているので、手作り化粧品や消臭スプレーなど作るときにも重宝されます。 こんな使えるアイテム、救急箱の中に眠らせておくのはもったいない。 スーパーの薬局などでも簡単に手に入るので、まずは一瓶買ってみましょう。 手放せなくなること請け合いです。 化学名 エタノール(エチルアルコール) 化学式 CH 3CH 2OH 英語名 ethanol, ethyl alcohol エタノールの特徴• お酒の主成分で、酒精とも呼ばれています。 水にも油にも溶けやすく、揮発性です。 殺菌作用があり、消毒用として使われています。 「無水エタノール」と「消毒用エタノール」が一般的に売られています。 薬局で手軽に入手できます。 無水エタノールとは、水分を0. 05%以下しか含んでいない状態の、ほぼ純粋なエタノール。 消毒用エタノールは、無水エタノールを精製水で80%程度の濃度に薄めたもの。 消毒用には、80%がもっとも効果が高いと言われます。 無水エタノールから手作りするより、消毒用エタノールとして売られている製品を買った方が安く付くことが多いようです。 エタノールが得意なこと• 身体や身の回りの器物、手作り化粧品容器などの殺菌消毒。 スプレー容器に入れておくと使い勝手がよい。 アルコール類はプラスチックを溶かすことがあるので、アルコール耐性のあるスプレー容器を選びましょう。 水が使えない場所の拭き掃除など(電化製品やコンセント周りなど)• エッセンシャルオイルなどを、水などに溶かす溶媒として(濃度や量によってはうまく溶けないこともあります)• インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できる病原菌やウイルスの消毒• 台所など、あまり厳密な消毒が必要でない場所のお掃除には、ホワイトリカーやウォッカなども使えます。 (ホワイトリカーのアルコール度数は35度、ウォッカは40度) エタノールが苦手なこと• 服などの汚れ落としにはあまり向いていません• 無水エタノールには殺菌作用がありません• ロタウイルスその他、エタノールが効かない病原菌やウイルスを不活性化させることはできません 使うときの注意点• 引火性があります。 使用や保管の際には、火気を近づけないでください。 揮発性なので、密栓して冷暗所に保管し、使用するときは換気に十分気を配ってください• 消毒目的で手肌に使うときは、まず石鹸などで汚れを洗い落としてから使います。 あまり頻繁に使うと、脱水作用で肌が荒れることがありますので注意しましょう。 以下の材質には使わないでください。 スチロール製品: 白く濁ったようになることがあります• ニス塗装の製品: ニスが溶けることがあります• 皮製品: 光沢がなくなることがあります.

次の

エタノールを飲むとどうなる?知らないと酔っぱらうだけではすまないかも!

エチル アルコール 消毒

消毒や殺菌に最も適しているのは、濃度を80%前後に薄めた「消毒用エタノール」です。 水分が適度にあるとアルコールの分子が微生物の構造を破壊するのにちょうどいいほか、しみこむ速度や蒸発する時間も適しているということです。 市販品の消毒液はさらに別の消毒成分を加えたりジェル状にしたりして使いやすくしています。 ただ、現在はこうした商品が品薄なこともあって、「無水エタノール」や「エタノール」を購入し、精製水で薄めて使う人も少なくありません。 「皮膚に直接かかった場合、ただれてやけど状態になります。 コロナウイルスにかかる前にアルコール消毒で死にそうです。 消毒とっても大事!でも、でも、消毒時に周りを気にしてもらえたらすごくすごく助かります」(一部抜粋) エタノールを含むアルコールに触れたり揮発した気体を吸ったりすると、やけどをしたり、気道が腫れて呼吸困難になるのです。 そして、こうしたことを周りに理解してもらう一つの手段としてヘルプマークをふだんからつけているということです。 投稿に対するリツイートは7万件を超え、さまざまなコメントが寄せられました。 「私も同じなので気持ちわかります」 「アルコールに反応して症状が出ることがあるのは知っていたが、まさか消毒液まで反応するとは知らなかった」 リツイートした1人は、 「地元のある展示施設を訪れたら、入り口でスタッフが消毒用アルコールを持って客一人ひとりに消毒を促していたため、慌てて列を離れた」という体験を話してくれました。 もちろん消毒そのものをやめてほしいと思っている訳ではありません。 「消毒が一部の人たちにとっては命に関わることであることを知ってもらいたいんです。 外出先でスプレーするなら周りを気にしてほしい。

次の

新型肺炎対策に使える「消毒用エタノール」…そっくりだけど“価格が違う2種類”の差は効き目ではなかった

エチル アルコール 消毒

「エタノール」はエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名です。 そして、 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことです。 「エタノール」とは エタノールはエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名で、アルコールの一種です。 ちなみに、日本語では酒精 しゅせい と呼ばれています。 そして、アルコール類の中では唯一、飲んでもあまり害になりません。 ただ、もちろん飲みすぎると毒になってしまいます。 ちなみに、お酒に入ってるアルコールがエタノールです。 ここからはエタノールの性質、原料、種類について詳しく見ていきましょう。 エタノールの性質 エタノールの性質として一番大きいのは、やはり消毒作用でしょう。 エタノールには細菌を殺す性質があるため、消毒用としてよく使われます。 その上、 水にも油にも混ざりやすいという性質があるため、幅広い色々な汚れを除去する能力が高いです。 特に、キッチンなどの油汚れを除去する時にエタノールは有効でしょう。 カビ対策をする時にも役立ちます。 ちなみに、100%のエタノールは速く蒸発してしまい効果が弱く、エタノールの濃度が80%くらいのものが一番、汚れを落とす能力が高いです。 また、これはあまり知られていませんが、エタノールにもアレルギーがあります。 これは消毒液を使った時の発疹やかゆみ、化粧品による肌荒れなどで発覚することが多いですが、それがアレルギーだと判断しにくく、あまり有名でもないため、見過ごされがちです。 また、 エタノールは蒸発してすぐに乾いてしまう、揮発性の高い液体です。 そして、燃えるため燃料として使われることがあるでしょう。 ちなみに、燃えた時には青白く見えにくい色の炎になります。 また、燃えても悪臭やすすを出しません。 エタノールの原料 エタノールには2種類の原料があります。 発酵エタノール 発酵エタノールは糖質とでんぷん質で作られたエタノールです。 ちなみに、糖質の原料は糖蜜やさとうきびであることが多いでしょう。 また、でんぷん質の原料はトウモロコシやさつまいもなどであることが多いでしょう。 合成エタノール 合成エタノールとは石油から得ることができるエチレンを原料とするエタノールのことです。 エタノールの種類 消毒用エタノール 消毒用エタノールは文字通り、消毒を行うためのエタノールでドラッグストアなどに売っていることが多いでしょう。 そして、肌に直接使用するものについては医薬品の指定を受けていることも多いです。 ちなみに、消毒用のエタノールはエタノールと水だけでできているものと、他のアルコール類も含まれているものに分けられます。 まず、エタノールと水だけでできているものは一応飲むことができるので、酒税がかかり、少し値段が高めです。 なぜなら、酒税がかかる条件はアルコール濃度が1%以上であり、かつ飲むことができるというものだからです。 ただ、消毒用のエタノールを飲むと食道や胃などが荒れてしまうので、あまりおすすめはできません。 次に、エタノールと水だけでなく、他のアルコール類が入っているものは飲むことができないので、酒税はかかりません。 ちなみに、含まれているアルコール類はイソプレパノールであることが多いでしょう。 そして、これが入っているものは消毒用エタノールIPとして発売されていることが多いです。 ちなみに、このタイプの消毒用エタノールは傷口などには使うことができないので注意が必要です。 手指消毒用エタノール 手指消毒用エタノールの代表としては手ピカジェルがあげられます。 エタノールは蒸発する時に肌の油を奪ってしまうので頻繁に使用すると肌が荒れてしまいます。 しかし 手指消毒用のエタノールにはそれを予防するための保湿成分が入っています。 ちなみに、これは医薬品ではないため多少の不純物が含まれていると考えられますが、日常で手指に使う分には問題ないでしょう。 無水エタノール 無水エタノールとは、水が含まれていないタイプの純粋なエタノールです。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。 エタノールはすぐに蒸発するため、精密機械への影響がないのです。 また、自家製の化粧水を作る時にも使われます。 これは飲用不可ではないため酒税がかかり、なおかつ純度の高いエタノールであるため、値段はかなり高いです。 キッチンなどの掃除用エタノール これは肌などに使うものではないため、純度の基準が厳しくなく、お手頃な価格で手に入れることができます。 ちなみに、 エタノールの濃度が80%の時、一番消毒の効果が高いので、掃除用エタノールを買う際にはエタノール濃度が80%に近いものを買うのがおすすめです。 そして、このタイプのエタノールに他の用途はありません。 「アルコール」とは アルコールは広い意味ではエタノールを含むアルコール類の総称のことです。 そして、アルコール類にはエタノールのほか、メタノールやイソプレパノールなどが含まれます。 ただ、 一般的にはエタノールを指していることも多いです。 ここからはメタノールとイソプレパノールの詳細について解説していきたいと思います。 メタノール メタノールとはアルコールの一種で、メチルアルコールと呼ばれることもあります。 これは体に害があるため他の用途には適していません。 そして、 毒物劇薬取締法で劇物として指定されています。 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 ただ、この量を超えなければいいというわけではありません。 メタノールは神経に作用するので致死量に達していなくても失明したり、嘔吐したりする危険性があるのです。 そして、メタノールはランプの原料として用いられることが多いでしょう。 イソプレパノール イソプレパノールはアルコールの一種で、強力な消毒剤などに用いられます。 まとめ 以上、この記事では、「エタノール」と「アルコール」の違いについて解説しました。

次の