ミロ の ヴィーナス 腕。 「ミロのヴィーナス」が美しい理由|makito|note

あの「ミロのヴィーナス」になんと腕が生えてfigma化、まさかの全身フル可動に

ミロ の ヴィーナス 腕

パリのルーヴル美術館にて展示されている、古代ギリシアで製作された彫刻、「ミロのヴィーナス」。 ギリシア神話におけるアプロディーテの像と考えられているこちらは、美術の教科書などでおなじみ。 誰もがその姿をご存じでしょうが、最も目をひく特徴は、 両腕の欠損なのではないでしょうか。 しかし本日みなさまにご覧いただくのは、 【テーブルサイズのヴィーナス像にキュン】 FREEingが企画制作、可動アクションフィギュアシリーズ「figma」を手掛けるマックスファクトリーが製作に協力したフィギュアシリーズが、ルーブルならぬ「テーブル美術館 figma ミロのヴィーナス」(4444円)。 全高は、およそ150mm。 動きがスムーズ、かつ、キチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツによって、さまざまなアクションポーズをも再現できるようになっているんですって! 【腕があると……なんだかとっても強そうです】 優美でありながら、腕がないことにより、どこかミステリアスな魅力がプラスされ、鑑賞者それぞれが「失われた部分を想像する」ことによって補う芸術作品。 そういったところが「ミロのヴィーナス」最大の魅力であると思うのですが……。 腕があるヴィーナス像も、それはそれで素敵。 というか、勇ましいっ。 今年5月に発売された前作「テーブル美術館 figma 考える人」(3980円)と組み合わせると、「かかあ天下の夫婦」のようにすら見えます……。 予約および購入方法などの詳細は、販売元であるグッドスマイルカンパニー公式サイトをチェック。 世界的名作の魅力をしっかり備えつつ、ハンパない自由度をも併せ持つ同商品を、お部屋に迎え入れてみてはいかがでしょうか。

次の

謎の美女!ミロのヴィーナス

ミロ の ヴィーナス 腕

ってどんな場面を 彫刻にしたんでしょうねえ? わりと以前から持っていた疑問です。 彫像というのはどんな目的で作られるか…? それがわかると およそのアウトラインが 見えて来るかもしれませんね。 だいたいその神や人物を象徴するような 話や場面を切り取るものだからです。 それを考えると「ミロのヴィーナス」も…。 「ミロのヴィーナス」の腕がもし残っていたら? 「ミロのヴィーナス」には両腕がありません。 長い間土の中に眠っていたからでしょう。 向かって左側の腕は 刃物か何かで スパッと切られたようにも見えますが 失われていることには違いありません。 右側の腕は肩からもぎ取られているような 破壊のされ方で 印象としては かなり自然な感じで壊れています。 私たちが知る「ミロのヴィーナス」は この姿ですので 腕のある姿を 想像する方が難しいくらいです。 その壊れている方の腕ですが 発見された時は 二の腕が残っていた模様。 残されているスケッチを見ると 肩の高さくらいで ほぼ水平ですね。 この先の手がどんな風だったかで 作品のイメージがかなり変わります。 先にも言いましたが 彫像がその人物などを 象徴する場面を切り取るものだとすれば 「ミロのヴィーナス」は何を持っていたか あるいはどんな手の造形なら納得できるか 研究者さんたちも考えたことでしょう。 定説として「リンゴ」を持っていたんでしょ? というのがあります。 身体からかなり離れた位置ですし 空間ですので 支えのための台座が あった可能性も考えられますね。 すらりとのびた腕と優雅な様子で台座の 上に伸ばした手には「パリスのリンゴ」を 持っていたのではないか…。 なるほどギリシャ彫刻として いい感じです。 私なんかが妄想を爆発させれば… 台座もいいけど あの神殿に並んでいる コリントス風の柱に ぶどうのつるとかが すてきに絡んでいるのも いいかなあと。 当たり前ですが 両腕が残っていれば 完成形なので 彫像の場面も一目瞭然。 手に何を持たせるかも 大切な表現ですね。 現状では 腕はありませんけれど それがゆえに「ミロのヴィーナス」は 人々を惹きつけて止まないのでしょう。 スポンサードリンク 「ミロのヴィーナス」の物語はこんな感じ さて「ミロのヴィーナス」が持っていたかも しれない「リンゴ」のお話はご存知ですか? 私なんか地中海地方 特にギリシャは オリーブとかできますので 温暖な場所と 勝手に思っていました。 でもそんなギリシャ神話に 寒冷地を好む 「リンゴ」が登場したのには ちょっと驚き。 ただですね…この「リンゴ」 実は「黄金製」なんです。 一人だけ結婚式に呼ばれなくてムカついた 「争いの女神エリス」が「黄金のリンゴ」に 「最も美しい女神へ」と書いて 盛り上がる宴へ投げ込んだのです。 すると普段から 「自分こそオリンポス一の美貌」と 思っていた三人の女神が「私のことだ!」と 「リンゴ」を巡って鋭く対立します。 ヘラ アテネ アフロディーテの三人が どうしても譲らない。 困ったゼウスは自分で決めるのを避け 「トロイヤの王子」で「人間」のパリスに 決めさせるのです。 女神たちは王子の前に降臨すると それぞれに褒美を用意して 自分を選ぶように「迫り」ます。 ヘラは全アジアの支配権を授けると言い 軍神のアテネはあらゆる戦いにおける勝利と 知恵を授けると言いました。 そんな中 パリスさんは 「人間界一の美女を妻にしてやろう」と 約束したアフロディーテに 「リンゴ」を渡します。 ヘラとアテネは プンスコ怒りながら 天へ帰ってしまいました。 その後 パリスは 絶世の美女と誉れも高い ヘレネを妻に迎えたのでした。 勝利したアフロディーテは 「最も美しい女神」の象徴である「リンゴ」を 手にして さぞ満足だったことでしょう。 そんな場面を彫像にしたのでは…という定説は なるほど うなずけるものですね。 ギリシャ神話はたくさんのお話がありますし 神さんや女神さん 人間とそれぞれに 膨大なエピソードがてんこ盛りで どんな場面を切り取るかは 彫像を造った芸術家さんのセンスでも あったと思われます。 「ミロのヴィーナス」が造られた当時は 信仰も生きていたと思われますので 仏師が仏像を彫るように 精魂込めて 作業にあたったかもしれませんね。 それにしてもゼウスはずるいですよ。 三人の女神の誰を選んでも 後が怖いので 避けたんですねえ。 神話では このパリスとヘレネの結婚がモトで 有名な「トロイア戦争」が起こるのです。 だってパリスさんたら 王子さんのくせに 余所の国の王妃でもあるヘレネさんを 夫の留守中に 口説いてソノ気にさせ 連れ出しちゃったりするんだもの。 略奪とも言うけどね。 そう 絶世の美女はすでに人妻だったの。 こんなムチャが実現しちゃうことこそ 女神の導き(約束)なんですねえ。 そうそう「ヴィーナス」は英語読みで ギリシャ神話では「アフロディーテ」が 正しいので そのように記述しました。 「ミロのヴィーナス」の設定は 「最も美しい女神」の象徴である「リンゴ」を 持っている場面を切り取ったんじゃないか説 一押しということで…。 (笑) お読みいただきまして ありがとうございました。

次の

shop.organicmedialab.com::ミロのヴィーナスは「小胸さん」だった…!? (初出:2006年10月01日)

ミロ の ヴィーナス 腕

1820年のメロス島での発見よりこの神像は、その優美さとその解釈を巡るなぞにより人々を魅了している。 この作品は、頻繁に半裸で表現されているアフロディーテ、もしくはミロで崇拝されていた海の女神アンフィトリテを表現したのであろうか。 この彫像は、ヘレニズム時代末の彫刻家の研究を反映している。 クラシック時代の反映に満ちたこの作品は、その螺旋状の構成、空間の中への人物像の挿入、腰の襞の滑りにより革新している。 手足を失った傑作品の発見 ミロのヴィーナスは1820年、キクラデス諸島の南西の島、メロス島(現代ギリシア語でミロ)で発見された。 リヴィエール侯爵はこの作品をルイ18世に献呈し、後者は翌年ルーヴル美術館にそれを寄贈した。 この作品はその当時より名声を得ていた。 主に2つの大理石のブロックで構成されたこの彫像は、別に加工された複数の部分によりできており、はめ込み部品の技術を使い、上半身、両脚、左腕、左足はなどは、縦はめ込みにより結合されている。 この加工方法は、ギリシア世界のなか、とくに前100年頃にこの作品が制作されたキクラデス諸島にてとても普及していた。 この彫刻の両腕は発見される事はなかった。 女神は腕輪、イヤリング、髪をまとめる帯などの鉄製の装飾品により飾られていたが、現在ではそのための固定の穴のみが残っている。 今日失われた多彩装飾は、この大理石像を引き立たせていたと思われる。 象徴物を持たない名もなき女神のなぞ この女神はなぞに包まれており、その仕草もまた解読不可能である。 不足する部位と象徴物の欠落は、この彫像の復元と識別を困難にする。 そしてその仕草は、様々な憶測を呼び起こした。 柱に寄りかかる姿勢、アレスの型に肘を付いている様子、または多様な象徴物を持っている様などがその例である。 弓またはアンフォラを持っていたか否かで、これはアルテミスまたはダナイスと推定される。 多くのものが、半裸の状態、波型の輪郭の女性らしさ、形の官能性から、この肖像をアフロディーテの彫像と考える。 彼女はおそらくパリスの審判を暗示するリンゴ、冠、その反映が映し出された盾または鏡を持っていた。 しかしこれはまたミロ島で崇拝されていた海の神、アンフィトリテの可能性もある。 ヘレニズム時代の作品:クラシック時代の継承と革新 この彫像は時に、前4世紀末の原作より自由に着想を得た複製のように考えられていた。 それはこの彫像と同様の型のローマン・コピーである、カプアのアフロディーテ(ナポリ国立考古博物館)に類似する事に由来する。 実際ミロのヴィーナスは、クラシック時代の伝統と再び結びついているが、どちらかというと前2世紀末の古典主義的な再現のように見られる。 その高慢な人相、顔の輪郭の調和、冷ややかさは、前5世紀の美学の名残である。 髪型、肉体のモデリングの繊細さは、前4世紀の彫刻家、プラクシテレスの作品を想起させる。 しかしながらこの作品は、前3世紀から1世紀の間のヘレニズム時代の期間に出現した革新を反映している。 螺旋状の構成、三次元空間への人物像の挿入、小さな胸を持つ上半身の伸びなどは、この時代の特徴である。 この女神は、腰の位置の衣服が滑り落ちたことにより、両脚でそれを挟む瞬間を捉えられている。 その裸体は、細かく凹凸を際立たせて掘られた衣紋の光と影の効果と対照的である。 出典 - LAUGIER L. 432-433, p. - RODGWAY B. , Hellenistic Sculpture, II, 2000, p. 167-171, ill. 21, fig. - HAMIAUX M. , Les sculptures grecques, II, Paris, 1998, p. - HAVELOCK C. , The Aphrodite of Knidos and Her Successors, A Historical Review of the female Nude in Greek Art, University of Michigan, 1995, p. 93-98, fig. - HASKELL Fr. , PENNY N. anglaise, Taste and the antique : the lure of classical sculpture 1500-1900, New Haven, 1981. - PASQUIER A. - CHARBONNEAUX J. 8-16, fig. 1, 4, 7-9.

次の