エチル パラベン。 「パラベン」って何?なんでみんな嫌いなの?|いとしはだ|note

パラベン事情 (商品安定剤パラベン)YH化粧品

エチル パラベン

パラベンとは パラベンの安全性・危険性についてご紹介します。 パラベンとはパラオキシベンゾエート(パラオキシ安息香酸エステル)の略称で、多種多様の化粧品に含まれていますね。 薬事法で「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」として表示が義務づけられているため、医薬部外品などの化粧品でも表記はされています。 ただ、この表示指定成分というのも、20年以上前に定められたもので、現在はパラベンもそのときよりもどんどん改良されているでしょうし、あまり鵜呑みにするのはどうかと思います。 パラベンには、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、ベンジルパラベンと5種類あります。 ブチル・プロピル・エチル・メチルの順に防腐剤としての効果が高いそうですが、肌への負担も大きいので、化粧品ではエチル・メチルが主に使われています。 メチルパラベンは食品保存料として使われているものですし、安心して使えると思います。 エチル、ブチル、プロピルは、環境ホルモン物質の疑いがあり、これが体内のホルモンと結びつくと、ホルモンバランスをくずす可能性があるそうです。 (ホントか!?) パラベンには肌への効能はなく、防腐剤の役割をはたすのですが、パラベンが原因で皮膚障害(アレルギー)を起こすという人がたまにいるようです。 ただ、今ではパラベンによってアレルギーを起こす人は約0.3%程度らしいので、そんなに気にする必要はないように思います。 結局、パラベンが入っていない化粧品にも、別のわけのわからない防腐剤が入っていると思うので、パラベン無配合をアピールした化粧品は逆に怖いようにも思います。 (これは成分表示の対象外になります) パラベンが入っていないからって決して安全なわけじゃない! ってことを認識しておく必要がありますね。。

次の

【メチルパラベンとは】メチルパラベンの安全性と防腐効果まとめ

エチル パラベン

エチルパラベンは、類のひとつで、に次いで、やや水溶性のあるもので、抗菌力は メチルパラベンよりのため、類の中でも弱い方の水溶性の防腐剤です。 化粧品はもちろん、一部食品にも使用されている防腐剤です。 エチルパラベン ethyl-4-hydroxybenzoate 成分評価3 エチルパラベンとは エチルパラベンは、パラペン類のひとつで、とプロピルパラベンの中間の性能で、どちらかと言うと、水溶性の方が強く、抗菌力は、の中で、やや弱い方の防腐剤になります。 は、正式名パラヒドロキシ安息香酸エステルの略で化粧品から食品まで使用されている、一般的な防腐剤です。 防腐剤を使用しないと、微生物、カビ、酵母などが繁殖してしまい、腐敗する事で、人に取って毒となるの防止する役割があります。 その中で エチルパラベンは、醤油や清涼飲料水の保存料として認められている成分です。 これは日本だけで無く米国のGRAS Generally Recognized As Safe:一般に安全と認められる物質 や欧州でも使用を認められています。 パラベンは一般的にいやがる人も多いですが、実は普段食べている野菜や果物にも含まれています。 代表的なものとして、ニンジン、トマト、菜種油、オリーブ油などに普通に含まれている成分です。 化粧品成分としてのパラベン は、主成分に合わせて、複合で使用する事が多いため、 エチルパラベン単独で使用する事はありません。 は、 ホジティブリストに含まれる成分ですので、化粧品への配合制限があり、上限が1%となっています。 ただし、メーカー等の努力もあり、化粧品への配合については、実質は、0. 3~0. 5%と基準値をかなり下回るレベルしか、現在配合されていません。 パラベンフリーという言葉があるように、の配合を嫌っている風潮がありますが、化粧品などの栄養豊富なものは、防腐剤が入らないと、2~3日で腐敗してしまいます。 また、 パラベンフリーをうたっている、化粧品 オーガニック系? も実際は、別の防腐剤が入っております。 中にはよりも肌への影響が大きいものも実際はあります。 エチルパラベンの効果、効能 エチルパラベンは防腐剤としての役割があります。 一般的にエチルパラベンは化粧品だけで無く食品などにも使用されている防錆剤で、醤油、酢、清涼飲料水などにも使用されています。 ただ、親水性の防腐剤ですので、オイル成分の多い化粧品などの場合、親油性のある防腐剤と組み合わせて使用する必要があります。 エチルパラベンの毒性、副作用、安全性 エチルパラベンは、食品にも使用が可能な食品添加物のひとつとして使用されている防腐剤です。 そのため比較的安全性の高い成分とも言えます。 一方で防腐作用として性能が低い事で化粧品などでは単独で使用する事はほぼありません。 成分が含まれる製品一覧 成分が含まれるその他の商品一覧.

次の

パラオキシ安息香酸エステル

エチル パラベン

「パラベンフリーの化粧品って良く見かけるんだから、多分、なんか肌に良くないんだろうなぁ。 まぁ、パラベンがなんなのか良くわからないけれど。 」 と、思われてませんか?そんな、なんだか良くわからない化粧品の成分が、なんとなくちょっと知ってる成分になる。 そんなnoteです。 化粧品に配合できる防腐剤は、 決められた成分しか使用できず、最大配合量も定められています。 パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)は配合可能な防腐剤で、パラオキシ安息香酸エステルとそのナトリウム塩は、100g中の最大配合量は合計1gまで、と配合制限が設けられています。 抗菌力の強さは、 と、ブチルパラベンが一番強い抗菌力を持っていますが、 菌を抑制する力が強いほど水に溶けにくいため、水分量の多い化粧品には使用しづらくなってしまいます。 化粧品で利用される頻度は、 とメチルパラベンが一番多く利用されているようです。 防腐剤の成分名が何種類か記載されている場合は、防腐剤がたくさん入っているのではなく、防腐剤の配合量が少ない可能性もあります。 また、防腐効果もパラベン類の中でもマイルドで、低刺激とされています。 防腐剤として、単体で利用されるほか、他のパラベンと組み合わせて防腐効果を上げていることもあります。 メチルパラベンと組み合わせて利用される事も多くあります。 また、肌トラブルを起こしているお肌には刺激になる可能性があります。 また、肌トラブルを起こしているお肌には刺激になる可能性があります。 パラベンは弱いエストロゲン様作用(女性ホルモンの一種と似たような働きをする)を持っているので、それが乳がん発症に関連しているのではないか、という仮説が立てられ、様々な調査がされている様です。 しかし今の所、反対意見も多く、データ不十分で、決定的な結果は出ていません。 科学的には、内分泌かく乱物質と言います。 パラベンは、動物実験での結果、関与している可能性があるそうです。 しかし、この内分泌かく乱物質、まだまだ研究されている途中で、わからないことも多いそう。 鳥や魚、爬虫類などの野生動物では、内分泌かく乱物質による生殖機能の異常やふ化能力の低下など多々報告されているのですが、人間での異常は報告されておらず、パラベンも含め、影響は不明なのだそうです。 ただし、体内で分解され、排出されることもわかっています。 今では旧表示指定成分と呼ばれています。 表示指定成分が定められていた頃から比べると、化粧品の精製度も高まり、成分に含まれる不純物も少なくなりました。 また、安全性に関するテスト回数や、化粧品開発の技術も進歩しました。 過去に表示指定成分に定められていた成分でも、今では安全性が認められているものもあります。 パラベンもその内の1つです。 しかし、過去に表示指定成分となっていた事、乳がん発症の可能性などのパラベンに関するニュース、また、化粧品での配合上限も定められていますが、防腐効果が高いことも不安に思う要素なのかもしれません。 まだまだ、いろいろな研究が進められているパラベンですが、防腐剤としてのパラベンの歴史は長く、今の所はとても安全性の高い防腐剤として多くの化粧品に配合されています。 しかし、栄養となる成分が多く入った化粧品を、防腐剤なしで安全に使い切るのはなかなか難しい事です。 使用期限内だとしても、湿度や室温などの環境の変化で、気づかないうちに雑菌や微生物が繁殖してしまう可能性も考えられます。 また、防腐剤フリーと謳い、旧表示指定成分であるパラベンは配合せず、別の防腐効果のある成分を配合している事もあります。 パラベン以上に、刺激や毒性の強い防腐剤などの成分もありますので、防腐剤フリーやパラベンフリーが全て安全、というわけではありません。 なんだか良くわからない化粧品の成分「パラベン」。 なんとなくちょっと知ってる成分になったでしょうか。 どんな成分でも、全ての肌質に合うと言い切れません。 成分を知るのも大切ですが、お肌と合うかはもっと大事。 初めて使うスキンケアなどは、テストしてから使用するよう、心がけましょ。 そんな敏感なお肌と上手にお付き合いするための、成分からみる、化粧品とお肌のためのサポートサイトです。 「The health controversies of parabens. 」2013 Feb;18 2 :5-7. cosmeticsinfo. env. nihs.

次の