セリーグ。 セ・リーグとパ・リーグの違いセリーグとパリーグの違いを詳しく教えてください。...

セリーグとパリーグの違いや由来は?ついでにどっちが人気か比較してみた

セリーグ

パリーグ球団が強い原因には、大きく2つの原因があると思います。 1.球団経営者や親会社が、どれだけ、プロ野球に本腰をいれているか 2.DH制を採用していること、 1. については、顕著なのは、1990年代から、ホークスが、親会社のダイエー中内会長、SBG孫正義会長が、大資金を投入し、有能選手を搔き集めたり、球場買収したことなど、プロ野球に、本腰を入れています。 こういう球団が1球団あるだけで、リーグ全体が強くなります。 セリーグの投手の場合は、代打もある故、投手全体で、1球団、400回前後は、打席に入ることになります。 この専門記者によれば、セパの、ベンチ入りする25選手を比較すると、パのベンチ入りする25選手の中に、1軍の試合に、年間100打席以上の打席に立った打者が、2選手多いとの結果がでったとのこと。 これは、143試合、毎試合のことであり、交流戦や、日本シリーズでも、影響することです。 一軍経験した打者が、2名多いだけで、必ず、影響がでます。 昨年も、今年も、ンホークスの控え選手とも言える福田選手が、CS・日本シリーズで活躍しています。 これは、福田選手に限りません。 毎試合、3-4打席、野手を経験積ませることができるのです。 投手も同じです。 毎試合、9人の打者と戦う、パの投手は、より厳しい世界で、戦っているのです。 ホークスの投手防御率は、先発、救援、トータルで、すべてリーグ1位、いずれも3点台ですが、セリーグの3点台より、DH制のあるパでの3点台には、より価値があるのです。 その他、過去、セリーグの公式サイトに、掲載されたことのある、DH不採用の理由9か条、というのがあるのですが、余りに意味がないので、現在削除されています。 その中には、投手のバントが醍醐味、とか、野球の伝統を重んじるべきとか、理由ではなく、単なる方針みたいな、理解に苦しむ理由が多々ありました。 DH制度の有無に関しては他の方が記載されている通りですが、それだけが原因とは到底思えません。 今年(2019)の結果でセパの日本シリーズの制覇数が並びました(70回目でセパ両方35勝)。 この10年ほぼパリーグが勝っている(9勝1敗)にも拘らず、やっと並んだのです。 という事は、以前はセリーグが強かった(時期が確実に存在した)という事です。 その時、既にDHの有無という両リーグの差異はあったわけで、DHだけが原因なのであれば、日本シリーズの結果がもっとパリーグ優勢に傾いていないとおかしい訳です。 そもそも交流戦が始まったのが2005年ですが、初めての交流戦スタート直前、ほとんどの解説者はこのように言っていました。 「(DHがあるパ主催時に)普段代打で出している選手をDHで出せば良いセリーグに対して、(DHが無いセ主催時に)普段打席にも立ったことが無い投手を打席に送らないといけないパリーグは苦労するだろうね」と。 当時誰もそれに反論する人はいませんでした。 「DHがあるからパリーグが勝つ!」なんて当時の解説者が言ってたらたぶん頭おかしい人扱いだったと思います。 2004年オフの球界再編で感じた球団経営の危機感がキッカケで、本気でハードソフト両面で球団を改革していったのがパリーグであり、その急先鋒が福岡ソフトバンクホークスだったと思います。 そしてそのホークスに対抗するべくチーム力を向上させていったのが、今の実力格差に繋がっていると思います。 片やセリーグでは、昨シーズンオフに丸選手がFAで広島から読売へ移籍するなど、戦力補強に加え同リーグチームの戦力低下を招いています。 また元々メディア露出がパリーグより極端に高いだけに、読売や阪神などの人気球団にしがみついておけば大丈夫という危機感の無さも感じます。 その辺りの構造的な問題が解決しない限り、格差は解消しないと思います。 またドラフトのくじ運と書いている方も居ますが、それは嘘です。 実際ソフトバンクのスタメンも西武のスタメンも、競合ドラ1は居ません。 過去10年くらいさかのぼっても競合ドラ1でチームの主戦力として活躍しているパの選手は有原と松井祐樹、強いて言うならあと東浜・石川歩くらい。 その間でセリーグにくじ引きの末に入ったのは、山田哲人・高橋周平 ・野村祐輔・大瀬良大地などが入っている。 くじ運が悪い訳ではない。 ちなみに森友哉も大谷翔平もダルビッシュもドラ1だけど単独(くじ引きになっていない)。 柳田や秋山、山川に至ってはドラ1ですらないので。

次の

パリーグ>実力>セリーグだと言われます。たまたま一時期が...

セリーグ

プロ野球順位予想2020 お1人様1か月1回以下の投稿をお願いします。 複数投稿が目立つものは、削除されるか、見れなくなります。 頻繁な投稿はご遠慮願います。 順位予想は1年で1回が普通ですので、ご自重願います。 似た環境での同一内容の投稿は、 複数投稿と判定されるケースがあります。 投稿者: ゲーマー 2020年6月29日 月 03時46分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 中日 投稿者: 鉄道好き 2020年6月28日 日 23時11分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 中日 4位 巨人 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: 横浜調子良い 2020年6月28日 日 20時09分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 中日 横浜 73勝 47敗 勝率6. 00 巨人 70勝 50敗 勝率5. 80 広島 62勝 58敗 勝率5. 16 ヤクルト 58勝 62敗 勝率4. 83 阪神 54勝 66敗 勝率4. 50 中日 48勝 72敗 勝率4. 投稿者: 名無し 2020年6月27日 土 17時49分 セリーグの予想 1位 広島 2位 巨人 3位 ヤクルト 4位 横浜 5位 中日 6位 阪神 注:私はヤクルト贔屓です。 やや偏見が入っている可能性があります。 広島は先発陣が安定していて、二軍にも一軍で投げられるレベルの選手がいる。 中継ぎ陣が本来の実力を取り戻せば打線は割と強力なので優勝しそう。 対抗は巨人。 強力打線は今年も健在で、特に上位から階までどこからでも得点ができる切れ目のなさはリーグ随一。 ただ先発陣が不安定で、故障者が出たらズルズルいきそう。 今年は調整が難しいシーズンなので原監督の手腕にも期待。 三位は 贔屓の ヤクルト。 課題の投手陣も調子を見るに先発陣はかなり安定している。 あとは後ろの投手が安定すれば優勝争いも食い込めるかも 願望 横浜は消去法で4位だが、ここまでは優勝争いに食い込んでもおかしくないと思う。 打線は強力で投手陣もかなめとなる選手がいる。 あとはラミレス監督が暴走しなければ... 中日は投手陣が不安。 そのうえで野手が特別強いわけでもないのでBクラスと予想。 ただいきのよい若手が多くいるため、浮上の可能性は大いにある。 再開は阪神。 開幕からの数試合を見るに何かとひどい。 貧打もそうだが自慢だったはずのリリーフ陣も不安定。 MBS砲も今のところはマルテ以外不発で采配も迷走。 いいところが見つからない。 ボーアやサンズが調子を上げてバースとブラゼルになっても厳しい? 投稿者: さらしな 2020年6月27日 土 14時05分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 巨人は昨年と同じリーグ優勝するが、CSあるいは日本一決定戦ででソフトバンクに敗れると見た。 投稿者: ペテン師 2020年6月27日 土 09時42分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 阪神 中日の状態次第で大きく変わる可能性があるかも。 期待を込めて敢えて5位予想です。 投稿者: 必ず 2020年6月26日 金 16時20分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 中日 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 阪神 巨人に負けるな。 強打者を金で強奪しても、そうは許されんぞ。 投稿者: 藤井瑠宇 2020年6月26日 金 13時31分 セリーグの予想 1位 広島 2位 巨人 3位 横浜 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 正直この順位しかないよね。 投稿者: 好きな料理は寿司 2020年6月26日 金 05時09分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 横浜は強い 投稿者: 中学 2020年6月26日 金 00時13分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 阪神 投稿者: カズ先輩 2020年6月25日 木 18時38分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 投稿者: りょっぴー 2020年6月25日 木 17時12分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 中日 3位 広島 4位 横浜 5位 阪神 6位 ヤクルト やはり、巨人は揺るぎないと思います。 しかし、中日は今年は強い。 本当に強いです。 だから2位。 他は実力通りですよね、、 投稿者: タママ 2020年6月23日 火 13時14分 セリーグの予想 1位 中日 2位 広島 3位 阪神 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 横浜 中日は投手が本領を発揮してくると思います 投稿者: シャーク 2020年6月22日 月 17時28分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 巨人は打線がある程度固定できればいけます。 パーラの調子次第。 ただ、先発も抑えも不安が。 ヤクルト以外の4チームはどっこいどっこいですが横浜が外国人の活躍でひとつぬけてるかな。 広島はやはり勝つ野球が選手全員に浸透している。 巨人は戦力的にはセリーグナンバーワン。 監督のアホ采配が出なければ優勝もある。 横浜は外国人の5人枠効果を発揮しそうだが、投手陣のここの所の勤続疲労が出るかも。 ヤクルトは最下位予想だったが、奥川他の新人投手がある程度活躍しそう。 阪神は主力の高齢化と新外国人が外れの予感。 東がトミージョン手術でいなくて痛いな〜と思ってたら今度は上茶谷が怪我してさらにオースティン。 まさかの全員主力。 そして、なんと言ってもDeNAは破壊力抜群の打線でも応援がないと弱い。 他のチームも応援がないと少し弱くなると思うがDeNAは応援がないと本当に弱い。 そしてあのハマスタでの応援は相手から見てもだいぶ圧があって脅威な応援だったと思う。 その相手に与えるプレッシャーもない。 相手の応援もないと守備の時に逆に怖い。 やっぱり応援は力になるんだね。 投稿者: オラックス 2020年6月20日 土 21時36分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 横浜 3位 中日 4位 阪神 5位 巨人 6位 広島 1位はヤクルト! 投稿者: 黒猫 2020年6月20日 土 17時20分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 セリーグは巨人がぶっちぎりの優勝かな? 投稿者: 金獅子のシャンクス 2020年6月20日 土 08時56分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 青 2020年6月19日 金 19時57分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 横浜: 筒香が居なくなったけど横浜にはオースティンとロペスとソトがたくさんホームラン打ってくれて勝てると思う。 巨人: 巨人のことはあんまり知らないけど去年1位だったけど進化した横浜には負けると思う。 広島: カープは横浜にどれぐらい勝てるかで勝負が決まる。 中日: なんとなく4位 ヤクルト: 新監督になって最下位にはならないと思う、けどあんまりヤクルトは強い感じがしない。 阪神: 巨人と広島と横浜に負けまくって最下位だと思う。 ピープルズも入って、戦力アップだと思う。 しかし、今年も、阪神に負けたら、少し順位を落とすと思う。 阪神は、監督2年目は強いので、優勝もあると思う。 しかし、横浜意外のチームに負けまくったら、順位が下がると思う。 中日は今年、台風の目だと思う。 打線がいいし、投手もいい。 恐竜打線復活なるか 巨人は、坂本と、岡本がどこまでがんばる次第。 広島は、監督の采配で決まる。 もしかしたら、優勝もある。 ヤクルトは、バレンティンが抜けた為戦力ダウン。 もしかしたらヤクルトの意地があり、もっと上位に来るかも知れない。 投稿者: ソフトバンクすっきー 2020年6月19日 金 11時50分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 中日 巨人はあのメンツで勝てなかったらヤバイ 投稿者: omedetou 2020年6月19日 金 08時11分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 阪神 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト これで決まりよ。 投稿者: かりんとう 2020年6月19日 金 03時12分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 広島は先発投手が大瀬良、ジョンソン、森下、九里、床田、遠藤、野村と他より明らかに揃っている。 去年が4位で終わってしまったのは田中等の怪我人が出てしまったからである。 タナキクマルのうち2人がいなかったから仕方ない。 打線はタナキクもいるし、年々打力をあげている西川や侍JAPANで4番を打った鈴木誠也もいる。 さらに絶好調のメヒアもいるから、普通に打線が強い。 中継ぎ陣が心配だが、活躍したら優勝間違いなしだ。 横浜は筒香が抜けたと言っても外国人助っ人のオースティンが加入した。 先発投手が揃っているし、中継ぎ陣も悪くないため、広島との熾烈な優勝争いをすると思う。 正直DeNAと広島は逆でもいいかも知れない。 巨人は上の2チームに比べて先発投手が見劣りする感じかある。 菅野は年々調子を落としてる感じがし、山口が抜けて、坂本は元々ホームランバッターでは無いため40本打てるか?と言われると怪しい。 中継ぎ陣もそれ程良くなく、頼みは打線になってしまう。 ただ、その打線がかなり揃っているため優勝争いに入ってくると思う。 中日は去年の成績で何故Bクラスなのかが不思議なくらいである。 恐らく今年はダークホース的な存在になると思う。 全然優勝する可能性があるが、ここ数年Bクラスなので少し低めに予想した。 阪神は優勝する前提条件として助っ人がバースくらい打つってことだろう。 それでも可能性があるってだけで、確実に優勝するには藤浪の復活が必要だろう。 確かに中継ぎ陣は豊富だが、主力の藤川、糸井、福留にいつガタが来ても可笑しくない。 ヤクルトはバレンティンが抜けた穴が大きい。 去年でもビリだったのに、さらに戦力ダウンしてしまったらビリだろう。 ただ、小川の復活や村上と山田で80本近く打てば優勝争い出来るかもしれない 投稿者: つば九郎 2020年6月18日 木 23時50分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 広島 4位 中日 5位 巨人 6位 ヤクルト 阪神:無観客の力により選手たちが覚醒。 江越のボールコンタクト率が急上昇し一軍に定着。 横浜:投手野手共にセリーグno. 1の戦力。 1位と僅差で敗れる。 オースチン。 広島:層は厚いものの投手と野手がいまいちかみ合わず。 森下が活躍 中日:セリーグno. 1の打線で去年い比べて勝ち試合が増える。 岡野が好成績を残す 巨人:投手陣が壊滅する。 湯浅覚醒。 ヤクルト:投手陣の整備が急がれる。 田代がレギュラー奪取。 奥川が一年目からフル回転。 石川も活躍。 投稿者: ツベルクリン 2020年6月18日 木 23時44分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 中日 3位 広島 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 阪神 1位 横浜 昨年は4位予想で2位。 新外国人のオースティンが良さそうですし、制球の良いピープルズも使えそうです。 筒香は抜けたものの、もともと整っている戦力がますます充実してきました。 大砲タイプが多すぎるせいか肝心なところで勝負弱い傾向はありますが、今年は巨人も阪神も昨年より落ちそうなので、力ずくで押し切れる可能性があります。 2位 中日 昨年は6位予想で5位。 順位は1つ違いでしたが、予想を大きく上回る健闘ぶりでした。 与田監督は結構やり手のようです。 あまり戦力が変わっていないマンネリ感は気になりますが、落ち気味のチームが多いだけに上位のチャンスはあります。 大野を筆頭に先発陣が昨年のように活躍できるかがカギ。 3位 広島 昨年は2位予想で4位。 連勝連敗が極端で、強いのか弱いのかよく分からないシーズンでした。 今年は新外国人のピレラがなかなか良さそうで、1番に固定して打線に形ができれば、もう少し安定した戦いができるでしょう。 ただ、個人的な印象だけで失礼なんですけど、どうも佐々岡監督は勝負師っぽい雰囲気がないのが気になります。 4位 巨人 昨年は1位予想で1位。 順位は当たったものの内容は大違い。 期待の吉川は即離脱、まさかの菅野不振、外国人は総崩れ。 あれで優勝できたのは原監督の手腕としか言いようがありません。 今年もお得意のやりくりで乗り切るしかないですが、そう毎年うまくいくものではありません。 新外国人勢がどうにもイマイチで、山口が抜けた先発陣も弱化では苦戦は免れないか。 5位 ヤクルト 昨年は5位予想で6位。 バレンティンが抜けても山田、村上、青木が並ぶ上位打線はそれなりに脅威。 投手力は相変わらず弱いですが、イノーアが結構やれそうなので昨年よりはマシではないかと。 6位 阪神 昨年は3位予想で3位。 今年は優秀な外国人投手がごっそり抜けて投手力に陰り。 打線も穴の多いボーア頼みでは苦しい。 昨年より落ちる可能性大と見ます。 投稿者: ひでこんたん 2020年6月18日 木 23時01分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 中日 昨年同様シーズン通すとジャイアンツが一歩リードしま感じ。 それに対抗して横浜の投手力と打線も魅力的 投稿者: 日本ハムファン 2020年6月18日 木 22時29分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 巨人 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: しょー 2020年6月18日 木 22時19分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 阪神 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: ゴリゴリ 2020年6月18日 木 21時57分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 阪神 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: やんはーびすそらーて 2020年6月18日 木 19時57分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 中日 4位 巨人 5位 広島 6位 ヤクルト 阪神しか勝たん👊😠💢 投稿者: ハム 2020年6月18日 木 19時05分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 阪神 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 広島 当てます 投稿者: su 2020年6月18日 木 18時57分 セリーグの予想 1位 中日 2位 横浜 3位 広島 4位 巨人 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: シン 2020年6月18日 木 18時36分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 巨人 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 横浜 投稿者: アンチ巨人・アンチ西武 2020年6月18日 木 18時23分 セリーグの予想 1位 中日 2位 阪神 3位 横浜 4位 ヤクルト 5位 広島 6位 巨人 今年こそは、巨人に最下位になって欲しいです。 ヤクルトと広島は今シーズン監督が変わりましたが、ヤクルトの立て直しに期待して、ヤクルトを4位、広島を5位にしました。 DeNAは筒香が抜けた穴を埋めることができるかどうか心配ではありますが、4位以下を先に決めたことを考慮して3位にしました。 中日はチームの大幅な立て直しに期待して1位にしました。 このため、残った阪神を2位にしました。 投稿者: taka 2020年6月18日 木 18時04分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 阪神 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 御坂美琴 2020年6月18日 木 11時39分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 巨人 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 横浜は外国人枠の新ルールで圧倒的に有利。 投手陣は東、上茶谷の2人がいないのは大きいがピープルズは練習試合でそれなりに試合をつくっていたし平良も安定していたので心配はない。 筒香の穴は佐野でうまると思う(20本は打ってくれるだろう) 阪神は外国人の活躍で巨人とは接戦になると思うが勝ちに来ると思う。 若虎の活躍に期待大山、近本、島本 (ジョンソンがいなくなったのは痛いがな) 巨人は外国人枠がそこまで強くないがある程度の戦力がある。 いいところまでいきそうだ 中日は練習試合では打率1位と打線凄まじいが投手陣が弱いので4位とさせて頂きました 広島はピレラが打ちそうだが一昨年ほどの打線に怖さがない ヤクルトは打線も投手もあまり目立たない感じで村上だけ活躍するかなと、失点数を改善していきたい 投稿者: 野球好き 2020年6月18日 木 10時24分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 巨人 3位 広島 4位 横浜 5位 中日 6位 阪神 投稿者: 味噌 2020年6月18日 木 10時11分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 中日 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 巨人 投稿者: アイリッシュ 2020年6月18日 木 09時46分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 中日 4位 巨人 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: ミー 2020年6月18日 木 07時49分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト 横浜はソトオースティンロペスの助っ人が強力先発投手も強力 巨人はセカンド吉川の活躍次第 広島総合力は良いが横浜や巨人よりかはやや劣る 阪神は投手力はいいが守備力が影響してしまいそう 中日はロメロの離脱が影響しそう ヤクルトは投手陣が圧倒的に弱い 投稿者: パチャカマ 2020年6月18日 木 03時08分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 中日 3位 巨人 4位 横浜 5位 阪神 6位 広島 順位を逆にしてみました。 投稿者: #昇竜復活 2020年6月17日 水 21時17分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 中日 4位 阪神 5位 広島 6位 ヤクルト まともな理由つけないで考えてる奴は何なんですかね・・ まずDeNA。 確かに筒香の穴は大きいが投手陣・打撃陣共に強力。 佐野がハマれば独走する可能性あり。 オースティンも今の所当たりっぽいし。 何より外国人枠5つはDeNAにメリットが大きすぎる(ロペスは休み休み、エスコバーとパットンが日替わり、ソトとオースティンがフル出場ect. ) 巨人は山口の穴に加え、菅野の腰痛に坂本の離脱が痛い。 スタートダッシュに失敗する可能性がある。 加えて交流戦がないのでそこで順位を上げることもできず僅差で2位と予想。 不安要素は新外国人。 中日は確かに一発はないし若手ばかりだが、確実に目は出ている。 怪我人がいなければAクラスも十分狙える。 (てか去年は最後まで争ってた)。 シエラもそこそこ打ってくれそうではある。 今年無理でも、若手に経験を積ませてくれれば数年後には復活する可能性が高い。 不安要素はリリーフ陣かな。 阪神はボーアが持ち直した?ので前回から一つアップ。 ただ、強みだった中継ぎが崩壊しそう。 先発の駒も足りてないように見える。 打線がどれだけ打てるかにかかっている。 不安要素は外国人野手と中継ぎ。 広島は投手陣がヤバい。 DJは外れでフランスアも安定感なし。 ジョンソンもそろそろ年が来る。 去年のドーピング野郎離脱後の急降下っぷり的に明らかに戦力不足。 不安要素は投手陣。 ヤクルトは・・うん。 投手陣は話にならないレベルで、打線も今までより怖くない。 なんでエスコバーだけ取ったのかさっぱりわからない。 フロントはやる気あるのかな? 最後に各球団のキーマンを上げておく。 特に投手 投稿者: スタンドリッジ 2020年6月17日 水 20時45分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 阪神 6位 中日 巨人は6割方優勝。 横浜は先発次第。 広島はリリーフが貧弱。 ヤクルトは投手が心もとない。 阪神は助っ人がダメそう。 中日は戦力不足。 投稿者: ドアラの大爆笑 2020年6月17日 水 20時38分 セリーグの予想 1位 中日 2位 阪神 3位 巨人 4位 横浜 5位 広島 6位 ヤクルト セリーグはヤクルト以外の大混戦。 1位から5位まで6ゲームから7ゲームまでに収まりそう。 チームの伸びし 投稿者: ビーダ 2020年6月17日 水 18時38分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 阪神 4位 広島 5位 ヤクルト 6位 中日 投稿者: はやまこ 2020年6月17日 水 18時21分 セリーグの予想 1位 中日 2位 巨人 3位 横浜 4位 広島 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: あいうえお 2020年6月17日 水 16時47分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 中日 3位 広島 4位 横浜 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: 錦鯉 2020年6月17日 水 14時50分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 阪神 3位 横浜 4位 広島 5位 ヤクルト 6位 中日 巨人は安定の優勝。 優勝争いはAクラスが狙い目。 投稿者: そびえ立つks 2020年6月17日 水 00時36分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト Deは今年は一体感がある、強そう。 広島は外国人は打ちそうだが、全体的に非力。 投手陣は後ろが怪しい。 巨人は昨年出来すぎな感。 亀井とかあんだけ打てるか?中日は戦力がもう一つ足りない。 阪神はガイジンがダメダメ。 ヤクルトはこれで勝ったら他球団に失礼。 今年は優勝あり得る。 投稿者: ゼロまにー 2020年6月16日 火 22時00分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 広島 3位 横浜 4位 巨人 5位 阪神 6位 中日 皆さんヤクルトがどれ見ても6位予想だったので少しかわいそうになり1位にしました。 2位の広島はファンとしての自分が残ってしまいこのようになりました。 正直広島は3位4位くらいだと思います。 横浜と巨人と阪神それに広島はかなりの大混戦だと思います。 ヤクルトは正直投手陣が…なので厳しいでしょう。 因みにヤクルトは最下位としてそれ以外の球団を1位ずつ上げて見てください。 それにしても一言返信欄に雑魚とかいう暴言が多すぎるような気がします。 確かに雑魚な球団はありますが、その球団だってファンがいるのだからその人たちを傷つけないようにして下さいね。 選手もそれは望んでいないと思います。 投稿者: 浮舟 2020年6月16日 火 21時54分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 中日 4位 横浜 5位 阪神 6位 ヤクルト 坂本などコロナ組の影響があれば1位、2位は逆。 横浜は筒香、阪神はジョンソン、ドリスの穴が埋まらないからBクラスが妥当 投稿者: ぷう 2020年6月16日 火 20時44分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 中日 4位 広島 5位 巨人 6位 ヤクルト DeNAは東、上茶谷の故障が痛いが、リリーフも含め何とか戦える投手陣を持っている。 筒香の穴は外国人と佐野で埋まると見た。 阪神は投手陣の分厚さはリーグ一。 先発は粒ぞろいだが、軸がいないのが一抹の不安。 あとは打線次第。 中日は大野、柳といった主戦級に若干不安が残るが、リリーフも揃っている。 投打のバランスはいいので、台風の目。 広島は先発がかなりきつい。 リリーフに少し目途が立ってきたので、あとは攻撃力で以下にカバー出来るか。 巨人は先発、リリーフともに質量とも不安。 山口の穴が大きいのと、新外国人投手が力を発揮できていないのがきつい。 打線のバランスはいいので、どこまで援護できるか。 ヤクルトは、投打とも不安のままの開幕。 一チーム、戦力に差がある。 絶対的なチームがないので混戦になるだろう。 投打のバランスが一番良い。 広島は戦力ダウンがなく、森下加入で昨年より強い。 中日は守備、打率、若手投手の成長は認めるが、来年辺りから優勝争いかな。 巨人は山口の穴に加えて、菅野、吉川の腰痛でフルに働けないと思う。 戸郷に期待するようではダメ。 阪神は投手はいいが他がダメ。 ヤクルトの奥川は後半はでてくると思うが投手力不足。 投稿者: タカシ 2020年6月15日 月 23時08分 セリーグの予想 1位 中日 2位 横浜 3位 広島 4位 阪神 5位 巨人 6位 ヤクルト 中日は強いと思いますよ。 先発も枚数揃って上に下にも上で投げられる先発が2、3枚はいる。 長丁場戦う上で戦力の厚みは大きい。 ただ絶対的エース、守護神がいないのが不安要素。 横浜は外国人枠をうまく利用できそう。 それによって筒香の穴を埋められそう。 下位打線が鍵。 広島は鈴木頼みが強すぎる気がする。 鈴木がこけたら5位まで落ちる可能性も大いにある。 阪神は良くも悪くも外国人が活躍するかどうかでもう少し上位にも上がれるチャンスはある。 巨人は野手は小粒揃いだが・・・投手も菅野に頼るのも限界がある。 広島巨人阪神中日はそれぞれに弱点あり、2〜5位。 ヤクルトは投手陣が不安。 投稿者: ナナナナ 2020年6月15日 月 20時51分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人 5位 広島 6位 中日 投稿者: さんかく 2020年6月15日 月 19時42分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: ウゴ 2020年6月15日 月 19時36分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 広島 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 日ハムファン 2020年6月15日 月 17時58分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 中日 4位 広島 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: さとみ 2020年6月15日 月 17時17分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 阪神 投稿者: りゅーくん 2020年6月15日 月 17時16分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 広島 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 天満屋マヒナスターズ 2020年6月15日 月 12時06分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 中日 3位 広島 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 阪神 DeNAは投打とも充実しており優勝候補の筆頭。 中日は若手の投手陣が伸びてきており上位進出、優勝争いに加わる。 広島は戦力は充実、新監督の采配次第。 巨人は菅野以外の投手力が弱い。 ヤクルトは打線は凄いが投手力が弱い。 阪神は投打とも崩壊、守備もボロボロ、球団消滅。 投稿者: kibare 2020年6月15日 月 11時25分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 阪神 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト ここに投稿している人の予想の方が素晴らしい。 評論家の連中は出身球団やいろんなしがらみ、そんたくで予想している。 極端過ぎる予想して反省会でも言い訳ばかり。 ちゃんとした解説や予想をしなさいよ。 投稿者: 、 2020年6月15日 月 10時28分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 阪神 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: 精密機械 2020年6月15日 月 10時04分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 中日 4位 広島 5位 阪神 6位 ヤクルト 1. DENA 62勝52敗6分け 勝率. 544 2. 巨人 62勝53敗5分け 勝率. 539 3. 中日 59勝55敗6分け 勝率. 518 4. 広島 57勝55敗8分け 勝率. 509 5. 阪神 56勝57敗7分け 勝率. 496 6. ヤクルト 44勝68敗8分け 勝率. 393 投稿者: たろいも 2020年6月15日 月 01時05分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 中日 4位 横浜 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: パラボラ 2020年6月14日 日 23時05分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 中日 4位 阪神 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: ALBMAN 2020年6月14日 日 21時25分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 首位争い、Aクラス争いが熱そうなシーズン。 120試合なことを考えると、始めに勢いに乗れたチームが有利。 DeNA:投打ともにかなり戦力が充実してきた。 客観的に見て現状、セリーグナンバーワンの戦力でしょう。 佐野が4番に固まれば、上位打線は他球団の追従を許さない。 あとは投手次第。 巨人:こちらも打線はDeNAに引けを取らないが、投手陣はどうか?相当期待をかけられて入団した筈の外国人がアレなのは、かなり想定外な筈。 序盤に坂本がいないのも痛い。 広島:中日とどちらをAクラスにしようか迷ったが、使えそうな先発の頭数を考えて僅差でこちらに。 三連覇中の力は見る影もないが、他球団の酷さも相俟って消去法の3位。 中日:着実に力は着いてきている、それは分かる。 が、まだシーズン通しての「勝負強さ」がない。 かつての中日らしい勝負巧者ぶりが見られない。 優勝争いか最下位争いかは、偏に与田采配に掛かっている。 阪神:外国人全滅の公算大。 打者は想定内としても、PJとドリスの代わりがあの有様では阪神唯一の強みが失われ、非常に厳しい。 逆に何で去年Aクラスか謎(PJとドリスがいたからか…)。 ヤクルト:説明不要、練習試合でも弱さが際立っていた。 投打ともに圧倒的戦力不足。 バレンティンの代わりにエスコバーしかとってこなかった編成は今すぐクビでいい。 投稿者: すこかん 2020年6月14日 日 21時15分 セリーグの予想 1位 広島 2位 巨人 3位 横浜 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 投稿者: レオ 2020年6月14日 日 20時00分 セリーグの予想 1位 中日 2位 阪神 3位 横浜 4位 巨人 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: 山本睦大 2020年6月14日 日 18時18分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 中日 3位 巨人 4位 横浜 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: さすらいのドラファン 2020年6月14日 日 18時12分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 中日 3位 広島 4位 ヤクルト 5位 横浜 6位 巨人 阪神と中日が 優勝争いをして それを追うのが広島で ヤクルト横浜巨人は 団子状態になると 予想しました 個人の意見なので あまり意味はありません 投稿者: 賀前酉黒才 2020年6月14日 日 11時11分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 中日 4位 巨人 5位 阪神 6位 ヤクルト 延長10回打ち切りの今年は先発投手の厚さがものを言うシーズン。 広島が有利で中日が大穴。 横浜は外国人トリオで打力に迫力がある分守備力が低いのでリリーフは強いがシーズン通してどうか。 巨人は投手力が弱い上に坂本と大城がコロナで開幕が怪しく開幕ダッシュに失敗しそう。 阪神はPJがいなくなりリリーフが弱体化。 先発も枚数不足で打線も迫力が足りない。 ヤクルトは投手力が弱い上にバレンティンが抜け打線も迫力不足。 投稿者: プロ野球開幕まであと5日 2020年6月14日 日 10時38分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: これが正解 2020年6月14日 日 00時55分 セリーグの予想 1位 中日 2位 横浜 3位 巨人 4位 広島 5位 阪神 6位 ヤクルト 間違いない。 これで終わり 投稿者: まつ 2020年6月13日 土 22時09分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト 横浜は今年こそ行けるんじゃないかと期待するが、投手陣が思っている通りに勝ち星を上げられるか疑問が残る。 井納、上茶谷、濱口にはそこそこ買ってもらわないと優勝は無理。 期待するのはドラ2位の坂本と京山、櫻井。 このうち誰か大化けしてくれるとかなり楽になる。 石田、三上、三島、砂田、パットン、エスコバーと中継ぎはかなり良いので、先発がしっかり5-6回試合を作って欲しい。 打撃陣は昨年より上なのでは?xしかし、クリーンアップタイプが多過ぎる印象。 個人的には守備が上手く、小技もできる柴田を2番、2塁に置いて欲しい。 投稿者: 遠藤 2020年6月13日 土 21時20分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト ヤクルトを除く5球団でレベルの高いAクラス争いが見れそう 投稿者: 大仙人 2020年6月13日 土 19時54分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト 3月段階では、巨人、広島、横浜の三つ巴かと思っていたが、巨人の優勝はどう見てもなさそう。 今年は延長10回打ち切り。 よって先輩投手陣の充実度がものを言う。 大瀬良、ジョンソン、床田と二桁勝利確実な投手が3枚いる広島が安定度で抜けている。 この3人に次ぐ九里や遠藤の仕上がりもよく、森下も新人王最有力と先輩投手陣が圧倒的に充実。 攻撃陣では誠也の後を打つメフィアの覚醒が大きい。 この投手力の差で広島がDNAをかわすと見た。 巨人は、攻撃陣は良いが、山口の抜けた穴が余りに大きく、頼みは一時の輝きを失った過去の人、菅野一人だけ。 サンチェスとかピレイラとか戸郷とか、他球団ならとても一軍に上げれないレベルの投手を起用せざるを得ないようでは、いくら点を取っても勝てない展開が続くだろう。 三強以下は、阪神も投手陣は良いが、クリーンアップ全員が助っ人頼みじゃ話にならない。 もはや下り坂の老体、糸井、福留も六連戦が続くと離脱しそう。 余りに選手層が薄すぎる。 中日はこれからのチーム。 ヤクルトは投手陣が弱すぎて辛いシーズン。 投稿者: カメハ 2020年6月13日 土 13時11分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 巨人の7割方優勝。 横浜はオースティンが良さそう。 広島はピレラ次第。 阪神は助っ人が地雷っぽい。 ヤクルトは投手が弱い。 中日は戦力不足。 投稿者: ななし 2020年6月13日 土 09時36分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 巨人 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 広島 投稿者: や 2020年6月13日 土 05時26分 セリーグの予想 1位 中日 2位 ヤクルト 3位 阪神 4位 横浜 5位 巨人 6位 広島 投稿者: SMAP 2020年6月12日 金 19時38分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 投稿者: ちな鷹 2020年6月12日 金 03時15分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 投稿者: KymKym 2020年6月12日 金 00時40分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 中日 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 阪神 DeNAは筒香が抜けた穴を簡単に埋めることが出来そう。 広島は機動力に心配はあるがその強力打線の破壊力はトップクラス。 中日は打線や投手陣はかなり改善されているもののまだリリーフ陣には不安がある。 巨人は先発陣に不安あり、菅野に依存することになりそう。 打線はセ界No. 1クラス。 ヤクルトは打線のつながりに不安あり。 投手陣はかなり改善されそうな予感はあり。 阪神はオープン戦を見ていると、先発陣は西の孤軍奮闘になりそう。 打線は強力そうだが、かなり不安は残っている。 キーマン デ 佐野恵太 今永昇太 広 鈴木誠也 D. ジョンソン 中 高橋周平 岡田俊哉 巨 パーラ 田口麗斗 ヤ 村上宗隆 高梨裕稔 神 大山悠輔 高橋遥人 投稿者: 海物語2020 2020年6月11日 木 22時22分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 広島 3位 横浜 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 中日 虎は近本の成長が著しい。 投手陣もそこそこ。 予想した上位3チームで優勝を争って欲しい。 問題起きると逃げ出す監督、「お前」ぐらいでプッツンする監督、投手陣が崩壊しているチームには優勝の資格はない。 投稿者: 炊き込みご飯 2020年6月11日 木 19時02分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 巨人 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: NEO7 2020年6月11日 木 18時08分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 ヤクルト 3位 中日 4位 広島 5位 巨人 6位 横浜 投稿者: ポリカ 2020年6月11日 木 13時06分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: 安倍晋三 2020年6月11日 木 11時15分 セリーグの予想 1位 広島 2位 阪神 3位 中日 4位 巨人 5位 横浜 6位 ヤクルト 投稿者: キヨヨヨヨヨ 2020年6月11日 木 09時02分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 ヤクルト 5位 中日 6位 阪神 巨人1強。 投稿者: 野田 2020年6月11日 木 08時06分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト これだなあ 投稿者: たけ 2020年6月10日 水 21時19分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 巨人 3位 中日 4位 横浜 5位 ヤクルト 6位 広島 阪神は願望。 巨人は原監督の手腕で。 中日は年々、少しずつ強くなっている。 横浜は筒香ロス ヤクルトはピッチャーのデキで変わる。 広島は3連覇の反動あるかも。 投稿者: たけ 2020年6月10日 水 21時09分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 巨人 3位 中日 4位 横浜 5位 ヤクルト 6位 広島 投稿者: テイル 2020年6月10日 水 20時36分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 巨人 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: ナイター 2020年6月10日 水 18時57分 セリーグの予想 1位 広島 2位 中日 3位 ヤクルト 4位 巨人 5位 横浜 6位 阪神 3強3弱ですね。 投稿者: Tot 2020年6月10日 水 14時20分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 中日 4位 巨人 5位 ヤクルト 6位 広島 投稿者: ネコジャラシ 2020年6月9日 火 21時03分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 中日 4位 阪神 5位 広島 6位 ヤクルト 広島の状態が予想以上に悪い。 阪神は今は乗っているけど、失速感がありあり。 今年の中日は強そう。 何だかんだ巨人と横浜は戦力が揃っている。 ヤクルト?そんな球団あった? 投稿者: 嵐 2020年6月9日 火 16時13分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 阪神 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 2021年から来ました村上清政です。 投稿者: over 2020年6月9日 火 11時00分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 巨人 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 広島 4強2弱と予想! 投手力で阪神が有利か? 横浜は練習試合を見ていると打線はいいが、ピッチャーが打たれているのが気になる。 それでも阪神と優勝争いしそう 巨人は山口より阿部とゲレーロの穴が気になるが打線がいいのでAクラスには入れそう。 ただ、菅野頼みだと後半崩れそう。 中日は上手く噛み合えばAクラス。 ただ、先発がいない ヤクルトはエスコバーとピッチャー次第で大きく順位が変わる 広島は、今年はきつい。 何といっても中継ぎが崩壊している。 先発はいるので何とか頑張って欲しい。 打線は、去年より打てなさそう。 カープファンなので課題を克服してV奪還して欲しい 投稿者: 安藤チャンネル 2020年6月9日 火 09時35分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 阪神 3位 広島 4位 横浜 5位 中日 6位 ヤクルト 巨人の1位、阪神の2位はほぼ確定 横浜3位だとAクラスが去年の2位3位入れ替えただけで違和感あるし、中日3位だと中日が横浜より上の順位なの違和感あるし、ヤクルトは戦力的にキツいからね。 守護神岡田が粘れるかが鍵 読売 菅野頼みはきつい ヤクルト 後ろの2人の投手は安定。 先発次第 横浜 筒香いなくて優勝できてないんだから優勝できるとは到底思えない 広島 大瀬良はいいがそれ以外の先発投手がいない 阪神 外人頼みはきつい。 内野の守備しっかりしろ! 投稿者: ドラゴンズ一途 2020年6月8日 月 12時39分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 中日 4位 巨人 5位 広島 6位 ヤクルト 現在までの試合内容だけで判断したけど、やっぱ投手力が安定しているチームが上位に来ると予想。 そうなると阪神がずば抜けて良い。 打線も去年より良い。 横浜は打線が強力すぎる!多少投手陣が打たれても跳ね返す力があるし、リリーフ陣は盤石なので。 中日はファンだから期待を込めて3位で。 ただリリーフ陣がここのところ打たれてるのが気になるかな。 巨人は嫌いだからBクラス。 やっぱ山口の穴は大きいかと。 広島は投手陣崩壊危機に来てる。 ひと昔前の中日と同じ状態。 ヤクルトは…だね 投稿者: 上ちゃん 2020年6月8日 月 08時42分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 阪神 3位 中日 4位 横浜 5位 ヤクルト 6位 広島 巨人が安定してます。 阪神が夏バテしなければ、チャンスあり、中日は意外と善戦、横浜は連敗、ヤクルトは、来年だな、広島は監督と選手が? 投稿者: 横浜ファン 2020年6月8日 月 04時06分 セリーグの予想 1位 ヤクルト 2位 広島 3位 中日 4位 阪神 5位 横浜 6位 巨人 絶対ないと思う順位 セリーグ版 投稿者: でら 2020年6月8日 月 04時05分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 巨人 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 外国人枠拡大と無観客の影響がプラスに出る阪神が優勝と予想。 ボーアの活躍次第で決まるかな 投稿者: 南岡有利 2020年6月7日 日 20時23分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 広島 4位 中日 5位 巨人 6位 ヤクルト 投稿者: ミネバ 2020年6月7日 日 19時38分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 横浜 3位 巨人 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 連戦が多くなるので投手陣が充実しているチームが有利だと言う考えから阪神。 先発に多少の不安があるが総合的にみると一つ抜けている感じがする。 投稿者: koreda 2020年6月7日 日 19時05分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト これできまりだ。 投稿者: 勝利の女神乃木坂 2020年6月7日 日 18時00分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 中日 4位 阪神 5位 横浜 6位 ヤクルト 投稿者: 134O 2020年6月7日 日 14時56分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 巨人 3位 横浜 4位 広島 5位 中日 6位 ヤクルト 中継ぎ投手陣が良く、打線のバランスが良くなってきた阪神が優勝だと思います。 投稿者: 令和のレッドスター 2020年6月7日 日 11時28分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 阪神 3位 中日 4位 巨人 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: 令和の異端児 2020年6月7日 日 11時09分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 中日 4位 広島 5位 ヤクルト 6位 阪神 投稿者: たかちゃん 2020年6月7日 日 11時03分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 巨人 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 投稿者: ドラゴンズ愛暴走 2020年6月7日 日 07時52分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 中日 3位 巨人 4位 横浜 5位 広島 6位 ヤクルト 色々迷いましたがオープン戦、練習試合の試合などの結果を踏まえてこの順位にしました。 巨人は山口抜けてかなり戦力ダウンだが、若手の活躍次第。 横浜も筒香が抜けて他の選手の活躍次第。 中日は昨年活躍した大野、柳に加え梅津、ケガから復帰した小笠原など先発に厚みを増した! 打線もビシエドがホームラン量産体制! ケガから復帰のアルモンテも成績を残しており期待ができるが、中継ぎ陣にやや不安がある。 その中で横浜が総合力で悲願の優勝と予想。 阪神も屈指の投手力とボーアや大山の覚醒で2位予想。 中日はアルモンテビシエド周平など野手戦力は揃っているが中継ぎ不足で3位予想。 巨人はオープン戦ビリだとBクラスというジンクスをはねのけられず4位 ヤクルトと広島は監督の差でギリギリ5位ヤクルト。 投稿者: いえい 2020年6月5日 金 00時03分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 阪神 3位 横浜 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 巨人は菅野次第。 阪神は打線が伸びれば優勝狙える。 阪神に打たれなければ横浜もAクラス。 中日は大野がいけばいける。 広島はまた低迷しそう。 ヤクルトはピッチャーが伸びれば最下位はない。 投稿者: 大谷ファン 2020年6月4日 木 19時48分 セリーグの予想 1位 阪神 2位 巨人 3位 広島 4位 横浜 5位 中日 6位 ヤクルト 正直、調子が良ければ阪神が独走やと思う 投稿者: 林 久敬 2020年6月3日 水 23時41分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト 投手力が今年は物を言う。 投稿者: 林 久敬 2020年6月3日 水 23時40分 セリーグの予想 1位 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト 投手力が今年は物を言う。 投稿者: tatsupon 2020年6月3日 水 22時36分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 広島 4位 阪神 5位 ヤクルト 6位 中日 巨人は安泰と思われるが、DeNAがどこまで食い下がれるかに注目したい。 投稿者: ブルースター 2020年6月3日 水 12時24分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: ボタスキー 2020年6月3日 水 11時35分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 阪神 5位 中日 6位 阪神 投稿者: コストコ 2020年6月3日 水 10時48分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 中日 3位 広島 4位 横浜 5位 阪神 6位 ヤクルト ヤクルトファンには失礼だが今年は5強1弱 投稿者: 玄太郎 2020年6月3日 水 04時48分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 阪神 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 横浜は筒香が居なくなっても宮崎とロペスが頑張ってくれると思うから 1位。 巨人は去年1位だから期待できる。 阪神は去年クライマックスファイナルステージまで行ったから行けそう。 中日は今年こそ頑張ってくれると思う。 広島は去年クライマックスシリーズ行けなかったから5位くらいだと思う。 ヤクルトは去年16連敗したから最下位だと思う。 投稿者: 伯方の塩の伯方の方 2020年6月2日 火 21時26分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 横浜 3位 阪神 4位 中日 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: あ 2020年6月2日 火 17時54分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 中日 3位 横浜 4位 阪神 5位 広島 6位 ヤクルト 投稿者: ゆう 2020年6月2日 火 07時33分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 阪神 4位 巨人 5位 中日 6位 ヤクルト 投稿者: 蒼鳥 2020年6月1日 月 17時00分 セリーグの予想 1位 巨人 2位 広島 3位 横浜 4位 中日 5位 ヤクルト 6位 阪神 今年は120試合。 いかに投手を上手く運用出来るかで、どのチームでも優勝から最下位までどの順位もあり得る不安定なシーズン。 阪神は中継ぎが優秀なのでAクラスも最下位もどちらの可能性もあるが、近年の戦略が雑な気がするので一応、最下位予想。 巨人の優勝も第二先発サンチェスや戸郷が一年ローテを守れたらの話。 早々と先発ローテが崩壊すればBクラス落ちもある。 とにかく近年で一番難しい順位予想やね。 投稿者: まつもっくり 2020年6月1日 月 14時05分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 巨人 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 投稿者: ふみん 2020年6月1日 月 08時11分 セリーグの予想 1位 横浜 2位 広島 3位 巨人 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 総合力で横浜だ。 これに広島と巨人が続く。 四位以下は混戦だ。

次の

セ・リーグ

セリーグ

「」も参照 (24年)、新チーム加盟の是非をめぐりが分裂し、加盟反対派の(巨人)、、を中心に、大阪タイガース(現:。 当初は賛成派だったが巨人戦との兼ね合いで撤回し残留)、新球団の大洋ホエールズ(現:)、広島カープ(現:)、を加えた計7球団で セントラル野球連盟(セントラルやきゅうれんめい)が発足。 なお、発足当時はが球団を所有してセ・リーグに加盟して8球団体制とする計画があった が、これは計画倒れに終わり実現しなかった。 袂を分かった賛成派は、3つの新チームと共に 太平洋野球連盟こと(パ・リーグ)を結成した。 翌(昭和25年)1月には球団所有が中止・消滅に終わった小田急電鉄と入れ替わる形で国鉄スワローズ(現:)も加盟し、当初の計画から違う形となったが、運営初年度から8球団体制となった。 1月10日に開催が予定されたセ・リーグ代表者会議を前に、経営危機に直面していた広島と西日本を整理する構想が浮上したが、当日の会議では問題を先送りされた が、結局シーズン開始直前、西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパース(現:)と合併し脱退。 シーズン終了後には大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併して「大洋松竹ロビンス」を結成し、6球団になる。 以降、親会社及びチーム名の変更こそあるものの、チーム数そのものの増減は無い。 大洋松竹ロビンスが1953年(昭和28年)にからへ、さらに1955年(昭和30年)大洋ホエールズに改称してへ移転して以降は、各球団のの変更も無い。 同球団は、1978年(昭和53年)に移転とともに横浜大洋ホエールズに改称しており、それ以降、本拠地(球場)所在地の変更も無い。 (20年)の改定発効に伴い、連盟事務局と直下の審判部・記録部はコミッショナー事務局、パシフィック・リーグ事務局と統合され、直属の『セントラル・リーグ運営部』『審判部』『記録部』となり、リーグ会長職は廃止された。 (平成25年)より開幕前のイベントとしてにて『 セ・リーグファンミーティング』を行っている。 (令和元年)11月11日にとタイトルパートナー(冠スポンサー)契約を締結。 契約期間は(令和2年)から3年間でリーグ戦では「JERA セントラル・リーグ」の名称が使用される。 球団名を 中部日本に改称 、球団名を 中部日本ドラゴンズに改称 、球団名を 中日ドラゴンズに改称、後楽園球場を本拠地とする 、(現・ナゴヤ球場)に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 名古屋ドラゴンズに改称 、名古屋鉄道の経営撤退に伴い、球団名を再び 中日ドラゴンズに改称 、に本拠地を移転 に、、日本交通公社(現・)などを親会社とした 国鉄スワローズがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、に本拠地を移転 、シーズン中に親会社が、、、 (この4社は直後の1967年、集結して)となり、 球団名を サンケイスワローズに改称。 後にも出資に参加 、球団名を サンケイアトムズに改称 、フジサンケイグループとヤクルト本社による共同経営となったことに伴い、球団名を アトムズに改称 、フジサンケイグループの球団株式売却によりヤクルト本社が経営権を持つ。 512 ( Nishinippon Pirates) (1950年) 0 136 50 83 3. 376• 成績はリーグが結成された1950年以降のもの 球団名・本拠地・親会社の遍歴 球団名 遍歴 に(の前身)を親会社として 大東京軍を結成。 を本拠地とする 、8月に(現・ライオン)が経営参加を表明。 球団名を ライオン軍に改称 、敵性語である英語の使用禁止を受け、球団名を 朝日軍に改称 、球団名を パシフィックに改称 、球団名を 太陽ロビンスに改称 、球団名を 大陽ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 松竹ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、シーズン開幕前にと合併。 合併球団名は 大洋松竹ロビンスとなる にを親会社とした 西日本パイレーツがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、シーズン開幕前にと合併しへ移動脱退。 合併球団名は 西鉄ライオンズとなる• 親会社の企業名、本拠地の球場名はいずれも当時のもの• 球団名の改称年は改称後の初年度シーズンを起点に表記 試合方式 [ ] 総当り回数 [ ] の()制度採用後は方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。 1950年 - 1952年:20回 (1950年のみ:140試合、1951-52年:120試合)• 1953年 - 1962年:26回 130試合• 1963年 - 1965年:28回 140試合• 1966年 - 1996年:26回 130試合• 2001年 - 2004年:28回 140試合• 2005年 - 2006年:22回+対6チーム6回() 146試合• 2007年 - 2014年:24回+対パ・リーグ6チーム4回(交流試合) 144試合• なお1試合増加分のホームチームについては、2年単位で隔年入れ替わりである。 引き分けに関する扱い• 引き分け再試合制度実施年:1962年、1966年 - 1968年、1990年 - 2000年• 引き分けを0. 5勝0. 5敗で勝率計算した年:1956年 - 1961年 上記が規定上の対戦回数であるが、諸事情により公式戦を一部中止した年度がある。 1950年:日本シリーズの日程関係のため一部試合を中止。 1951年:が存続問題から第一節( - )の参加を見送り。 この期間の対広島戦中止。 また、同年より予定されていた日米野球の日程関係のため同月9日でペナントレースを打ち切り。 1953年:読売ジャイアンツがアメリカ遠征のため第一〜第三節途中( - )まで不参加で、かつ日本シリーズに進出したため、また同年より開催のアメリカメジャーリーグ遠征チームとの交流試合の日程の都合上、読売ジャイアンツ対国鉄スワローズ戦5試合を残してペナントレースを打ち切り。 2004年:が球団合併凍結などを求めたを9月18日と19日に決行したため、同日に予定されていた全試合を中止。 2020年:感染拡大の影響で開幕が約3ヶ月延期となり、シーズン日程を再考。 交流戦が中止となるなど一部日程が変更され、当初の143試合から120試合に試合数を削減。 回数・時間制限 [ ] 年 内容 - シングルの場合は回数・なし(デーゲームの場合日没まで)。 ダブルヘッダー第1試合は延長戦は原則として12回。 ただしナイトゲーム(開催含む)は9回まで。 - まで シングル、ダブルヘッダーとも原則として勝敗が決するまで時間・回数無制限。 ナイトゲームは深夜24時を過ぎて次のイニングに入らない。 - 同年の閉幕まで デーゲームで開催のシングルの場合は時間・回数制限なし(日没まで。 以後1973年まで同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで(回数制限は1962年まで同じ)、ナイトゲームは22:30まで。 - ナイトゲームは22:15まで。 - ナイトゲームは22:30まで(時間制限は1963年も同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長13回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:15まで(時間制限は1967年まで同じ)。 - ダブルヘッダー第1試合は延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:20まで。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは原則として試合開始時刻から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある(時間制限は1973年まで同じ)。 1 :19:00以降開始の場合は経過時間に関わらず22:20を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合は、延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合については9回まで(回数制限は1987年まで同じ)。 その他の試合(ダブルヘッダー第2試合含む)は試合開始から3時間を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある。 1 :19:00以降は経過時間にかかわらず22:00を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合以外は、開始時刻に関わらず試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 ただし、ダブルヘッダー第1試合については9回までで打ち切り。 - 延長15回まで、時間制限なし。 引き分けの場合は再試合(降雨コールド時も含む)。 - 延長12回まで、時間制限なし。 - 延長12回まで。 ただし、に伴う節電対策として以下の規定がある。 1 :試合開始から3時間30分(雨天等による中断時間も含む)が経過した場合は次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 延長10回まで、時間制限なし。 順位の決め方 [ ]• 2000年以前は勝率順で決めており、勝率が同率でシーズンが終了した場合のみ、プレーオフで優勝を決めることとなっていた。 2001年は例外的に勝ち星の多い順で順位を決定していた。 ただし、勝ち星1位と勝率1位のチームが異なった場合は3戦2勝制のプレーオフを行い優勝を決定する。 2002年からは再び勝率順に変更された。 ただし、勝率3位以内に勝ち星1位のチームが別にいた場合、3戦2勝制のプレーオフで優勝を決定する。 この制度は2006年まで続いた。 2007年からはクライマックスシリーズの導入により、以下の制度となった(クライマックスシリーズの結果にかかわらず、レギュラーシーズンの順位がリーグ確定順位となる)。 レギュラーシーズンの勝率• 1が同率の場合、勝利数の多いチームが上位• 2も同じ場合、当該球団間の直接対戦で勝率が高い順• プレーオフ制度についての詳細はの項参照。 年度別順位 [ ]• 背景桃色は日本シリーズ制覇。 2006年までは優勝チームが日本シリーズに出場。 導入後の2007年以降の日本シリーズ出場チームは 太字で示す。 2020年現在、ととが21世紀に制覇を経験していない。 は(1936秋)(1989)(2019)全ての3元号で最初の年にセントラル・リーグを優勝している。 1位の球団でを敗退した経験がある球団はとである。 2位と3位の球団でクライマックスシリーズを突破した経験がある球団はととである。 球団 優勝年 回数 巨人 1951 1952 1953 1955 1956 1957 1958 1959 1961 1963 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1976 1977 1981 1983 1987 1989 1990 1994 1996 2000 2002 2007 2008 2009 2012 2013 2014 2019 37回 広島 1975 1979 1980 1984 1986 1991 2016 2017 2018 9回 中日 1954 1974 1982 1988 1999 2004 2006 2010 2011 9回 ヤクルト 1978 1992 1993 1995 1997 2001 2015 7回 阪神 1962 1964 1985 2003 2005 5回 DeNA 1960 1998 2回• 太文字は日本一。 斜文字はクライマックスシリーズ敗退。 各球団監督 [ ] 歴代監督については「」を参照 セントラル・リーグ 代 監督 チーム 生年月日(年齢) 就任日(日数) 監督 回数 監督 通算 17 1958-07-22 (61歳) 2018年10月23日- 615日 3 1年目 34 1968-12-06 (51歳) 2018年10月18日- 620日 1 1年目 37 1965-12-04 (54歳) 2018年10月15日- 623日 1 1年目 29 1974-10-03 (45歳) 2015年10月19日- 1715日 1 5年目 19 1967-08-26 (52歳) 2019年10月7日- 266日 1 0年目 24 1968-11-25 (51歳) 2019年10月1日- 272日 1 0年目 歴代リーグ代表者 [ ] リーグ会長 [ ]• 初代:( - /副社長兼編集主幹)• 2代目:( - /元)• 3代目:(1952年 - )• 4代目:(1984年 - /元)• 5代目:(1998年 - /経済評論家、元長官)• 6代目:(2001年 - 2008年/元事務次官、元総裁)【リーグ会長職廃止により退任】 リーグ運営部長 [ ]• 初代:大越英雄( - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の