ありがとう 頑張っ たね 大好き。 頑張った!|あねきの追っかけ日記

ゲーム大好きセーニャです。チャンネル登録者数500人超え記念、皆さんのおかげです。ありがとうございます。スターウォーズバトルフロント2 します。 みけりんさん、同時配信 概要欄確認宜しくお願い致します

ありがとう 頑張っ たね 大好き

Game• Star Wars: Battlefront II• 2005• Song• Artist• John Williams, London Symphony Orchestra, London Voices• Writers• John Williams• Licensed to YouTube by• UMG on behalf of Walt Disney Records ; BMI - Broadcast Music Inc. , UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, UMPI, LatinAutor, Warner Chappell, LatinAutor - UMPG, CMRRA, LatinAutor - Warner Chappell, and 5 Music Rights Societies Show more Show less.

次の

大好きなものを手放す

ありがとう 頑張っ たね 大好き

「ABEMA(アベマ)」で、6月19日夜7時から6月21日夕方5時まで、46時間にわたって生放送された『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(以下、『乃木坂46時間TV』)。 2日目にあたる6月20日23 時に 2,000 万視聴を突破。 「ABEMA」で 2020 年に放送された番組の視聴数としては 1 位となる最高記録を更新し、さらには番組終了時点では3,000万視聴を突破する大記録を樹立。 さらに、最終日にあたる6月21日のお昼すぎには、放送中の目標として掲げていた「Twitterの日本トレンド入りを 46 個」を見事達成。 放送直後も含めると、最終的には「59個」の番組関連ワードがトレンド入りするという驚異の記録を叩き出した。 文字通り、「はなれてたって、ぼくらはいっしょ」な一体感が感じられる、メンバーと視聴者の見事な連携プレーが大きな盛り上がりを見せた今回の『乃木坂46時間TV』。 新型コロナウイルスの感染拡大による自粛期間中、なかなか交流の機会を持てなかったメンバーとファンの心が通う瞬間満載の放送に、最後の59個目のトレンド入りワードにはファン発の「#乃木坂いつもありがとう」がランクイン。 視聴者からは「泣いて笑ってひたすら幸せな46時間だった」「やっぱ乃木坂だな!このグループに出会えた奇跡に感謝」「メンバー、スタッフさん、コロナ期間に頑張ってくれた全ての人にありがとう」「直接は会えないけど、これまでで一番心が通った気がする」などと多くの感謝の声が寄せられた。 最終日のお昼12時50分頃からは、40人のメンバーがそれぞれ自分のやりたいことを1人10分ほどのソロ企画として実現する「乃木坂電視台」の1期生・生田絵梨花の企画を放送。 3歳からピアノをはじめ、高い音楽センスを持つ生田が今回「人生で一度も触れたことない」というバイオリン演奏に初挑戦。 通常は、上達するまで数か月はかかるといわれている中で今回は1か月弱という短時間で猛特訓を行い、生放送で初披露した。 「根拠はないけどやる気だけはある」と練習で話していた生田は、乃木坂46の楽曲『雲になればいい』の弾き語りを完璧に披露。 演奏後の感想を「自粛期間中に自分は何ができるかな?と思ったときに、皆さんに少しでも勇気を与えられたらなと思って始めました」と話し、思わず目に涙を浮かべた。 圧巻のパフォーマンスを生で見ていた、3期生の岩本蓮加が「凄かったです…。 胸がいっぱいになりました」と涙を流すと、生田も「緊張したけど、ちょっとでも届いたと思ったら嬉しい…」と、堪えた目から思わず涙が零れた。 さらに、生田と同期の松村沙友理は、「グループに加入して9年経った今でも、どんどん新しいことに挑戦する姿がすごい。 そして、そんな子がいる乃木坂がやっぱり大好きだなと思った」と涙ながらに語り、会場は感動の渦に包まれた。 また、新型コロナウイルスによる自粛期間も徐々に終わりを迎え、リスタートしようと前を向く視聴者から寄せられたメッセージに1期生の齋藤飛鳥と3期生の山下美月が涙を流す場面も。 山下は春から事務職として病院に就職した視聴者からの「『世界中の隣人よ』を聴いて自分も感謝されているような気がして、自分も頑張ろうと思いました。 いつもありがとう」というメッセージを涙で声を震わせながら読み上げ、「私たちはこうやってお仕事が出来ているけど、大変な方もいらっしゃるし、でもこうやって感謝の言葉を聞くと、すごくうれしいです」とあふれる想いを口にした。 でも、報道される部分とされない部分はあるし、表に立つ人が何を伝えるかって、やっぱりもっと考えなくてはいけないし、そういうツールを大切にしなくちゃいけないと改めて思った」と大粒の涙を流しながら振り返り、「『世界中の隣人よ』は私たちも急に発表することを聞かされて、自宅でMVを撮影して、初めての試みだったけど、スタッフさんとかも頑張ってくれたと思うから、それが届いたのはうれしいと思いました」と素直な気持ちを明かした。 そして、番組のフィナーレを飾る特別企画『はなれてたって、ぼくらはいっしょ』スペシャルライブでは、ソーシャルディスタンスを保ちながらも今できる最大限のパフォーマンスを生披露。 開演を告げる「Overture」からライブがスタートし、『裸足で Summer』をそれぞれのブースの中からメンバー全員が名前入りグッズタオルを掲げながら爽やかに披露。 その後も、生田さんによるピアノの生演奏にのせて1期生が『君の名は希望(生田ピアノ ver)』を歌い上げ、4期生が新曲の『I see... 』をメディアで初めて生披露。 クライマックスでは、メンバーが思い思いのメッセージを書いたホワイトボードをカメラに向けながら、目に涙を浮かべて『世界中の隣人よ』を歌い上げ、計10曲をお届けした。 ファンからは、「セットリストが神すぎる!」「どの瞬間切り取ってもエモすぎる」「楽しいのになぜか涙止まらない」など大興奮の声が寄せられ、いつもとは一味違う様式で実施されたスペシャルライブは大成功をおさめた。 パフォーマンス後には白石麻衣が電話でサプライズ生出演。 大好きな先輩、そして親愛なる同期の白石さんからの「お疲れ様!いち視聴者として見れる時はたくさん見ていたけど、本当に感動したよ」という労いの言葉に涙をぬぐうメンバーも見られました。 メンバーの涙や笑顔で彩られた感動の名場面満載の『乃木坂46時間TV』は、現在も46時間全編を「ABEMA」にて無料で「見逃し視聴」が可能だ。

次の

コロナ禍でファンと走り切った46時間「#乃木坂いつもありがとう」

ありがとう 頑張っ たね 大好き

「ABEMA(アベマ)」で、6月19日夜7時から6月21日夕方5時まで、46時間にわたって生放送された『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(以下、『乃木坂46時間TV』)。 2日目にあたる6月20日23 時に 2,000 万視聴を突破。 「ABEMA」で 2020 年に放送された番組の視聴数としては 1 位となる最高記録を更新し、さらには番組終了時点では3,000万視聴を突破する大記録を樹立。 さらに、最終日にあたる6月21日のお昼すぎには、放送中の目標として掲げていた「Twitterの日本トレンド入りを 46 個」を見事達成。 放送直後も含めると、最終的には「59個」の番組関連ワードがトレンド入りするという驚異の記録を叩き出した。 文字通り、「はなれてたって、ぼくらはいっしょ」な一体感が感じられる、メンバーと視聴者の見事な連携プレーが大きな盛り上がりを見せた今回の『乃木坂46時間TV』。 新型コロナウイルスの感染拡大による自粛期間中、なかなか交流の機会を持てなかったメンバーとファンの心が通う瞬間満載の放送に、最後の59個目のトレンド入りワードにはファン発の「#乃木坂いつもありがとう」がランクイン。 視聴者からは「泣いて笑ってひたすら幸せな46時間だった」「やっぱ乃木坂だな!このグループに出会えた奇跡に感謝」「メンバー、スタッフさん、コロナ期間に頑張ってくれた全ての人にありがとう」「直接は会えないけど、これまでで一番心が通った気がする」などと多くの感謝の声が寄せられた。 最終日のお昼12時50分頃からは、40人のメンバーがそれぞれ自分のやりたいことを1人10分ほどのソロ企画として実現する「乃木坂電視台」の1期生・生田絵梨花の企画を放送。 3歳からピアノをはじめ、高い音楽センスを持つ生田が今回「人生で一度も触れたことない」というバイオリン演奏に初挑戦。 通常は、上達するまで数か月はかかるといわれている中で今回は1か月弱という短時間で猛特訓を行い、生放送で初披露した。 「根拠はないけどやる気だけはある」と練習で話していた生田は、乃木坂46の楽曲『雲になればいい』の弾き語りを完璧に披露。 演奏後の感想を「自粛期間中に自分は何ができるかな?と思ったときに、皆さんに少しでも勇気を与えられたらなと思って始めました」と話し、思わず目に涙を浮かべた。 圧巻のパフォーマンスを生で見ていた、3期生の岩本蓮加が「凄かったです…。 胸がいっぱいになりました」と涙を流すと、生田も「緊張したけど、ちょっとでも届いたと思ったら嬉しい…」と、堪えた目から思わず涙が零れた。 さらに、生田と同期の松村沙友理は、「グループに加入して9年経った今でも、どんどん新しいことに挑戦する姿がすごい。 そして、そんな子がいる乃木坂がやっぱり大好きだなと思った」と涙ながらに語り、会場は感動の渦に包まれた。 また、新型コロナウイルスによる自粛期間も徐々に終わりを迎え、リスタートしようと前を向く視聴者から寄せられたメッセージに1期生の齋藤飛鳥と3期生の山下美月が涙を流す場面も。 山下は春から事務職として病院に就職した視聴者からの「『世界中の隣人よ』を聴いて自分も感謝されているような気がして、自分も頑張ろうと思いました。 いつもありがとう」というメッセージを涙で声を震わせながら読み上げ、「私たちはこうやってお仕事が出来ているけど、大変な方もいらっしゃるし、でもこうやって感謝の言葉を聞くと、すごくうれしいです」とあふれる想いを口にした。 でも、報道される部分とされない部分はあるし、表に立つ人が何を伝えるかって、やっぱりもっと考えなくてはいけないし、そういうツールを大切にしなくちゃいけないと改めて思った」と大粒の涙を流しながら振り返り、「『世界中の隣人よ』は私たちも急に発表することを聞かされて、自宅でMVを撮影して、初めての試みだったけど、スタッフさんとかも頑張ってくれたと思うから、それが届いたのはうれしいと思いました」と素直な気持ちを明かした。 そして、番組のフィナーレを飾る特別企画『はなれてたって、ぼくらはいっしょ』スペシャルライブでは、ソーシャルディスタンスを保ちながらも今できる最大限のパフォーマンスを生披露。 開演を告げる「Overture」からライブがスタートし、『裸足で Summer』をそれぞれのブースの中からメンバー全員が名前入りグッズタオルを掲げながら爽やかに披露。 その後も、生田さんによるピアノの生演奏にのせて1期生が『君の名は希望(生田ピアノ ver)』を歌い上げ、4期生が新曲の『I see... 』をメディアで初めて生披露。 クライマックスでは、メンバーが思い思いのメッセージを書いたホワイトボードをカメラに向けながら、目に涙を浮かべて『世界中の隣人よ』を歌い上げ、計10曲をお届けした。 ファンからは、「セットリストが神すぎる!」「どの瞬間切り取ってもエモすぎる」「楽しいのになぜか涙止まらない」など大興奮の声が寄せられ、いつもとは一味違う様式で実施されたスペシャルライブは大成功をおさめた。 パフォーマンス後には白石麻衣が電話でサプライズ生出演。 大好きな先輩、そして親愛なる同期の白石さんからの「お疲れ様!いち視聴者として見れる時はたくさん見ていたけど、本当に感動したよ」という労いの言葉に涙をぬぐうメンバーも見られました。 メンバーの涙や笑顔で彩られた感動の名場面満載の『乃木坂46時間TV』は、現在も46時間全編を「ABEMA」にて無料で「見逃し視聴」が可能だ。

次の