超割コース。 業界屈指の格安手数料!超割コースなら楽天ポイントが貯まる!

SBI証券と楽天証券の手数料を徹底比較 取引手数料「無料」で使う方法まで紹介

超割コース

超割コースを選択するだけで、投資信託など他の商品もおトクに! 【注】主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、当社)で比較。 現物取引手数料は比較のため、各社の「1取引ごとにかかる手数料」を掲載していますが、松井証券の手数料は1日の取引金額の合計額に対して徴収されるため掲載していません。 また、マネックス証券の手数料は、スマートフォン用アプリ経由の手数料を掲載しています。 信用取引手数料は、建玉残高や新規建て約定代金合計などによる手数料の割引プランの条件が各社で大きく異なるため、比較表は掲載していません。 上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 【信用取引にかかるリスク】 信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。 信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。 その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。 【株式等のお取引にかかる費用】 国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。 〔超割コース(現物取引)〕 1回のお取引金額で手数料が決まります。 大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。 詳しくは当社ウェブページをご参照ください。 〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕 1回のお取引金額で手数料が決まります。 〔いちにち定額コース〕 1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。 1日の取引金額合計 取引手数料 50万円まで 0円 100万円まで 858円(943円) 200万円まで 2,000円(2,200円) 300万円まで 3,000円(3,300円) 以降、100万円増えるごとに1,100円追加。 これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。 カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。 最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。 委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。 【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】 (貸株サービスのみ) リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。 株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。 (信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。 (貸株サービス・信用貸株共通) 当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。 この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。 そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。 (但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。 )株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。 権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。 貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。 更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。 また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。 株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。 なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。 また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。 税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

次の

業界屈指の格安手数料!超割コースなら楽天ポイントが貯まる!

超割コース

こんにちは、ピムリコです。 \/ 今日は、ピムリコがメインで使っている証券会社の楽天証券の取引手数料について書きたいと思います。 僕は、今まで、正直取引手数料はほとんど気にせずにトレードしてきました。 それはなぜかというと、 日ごとにどのくらいのトレードをするかというのがまちまちだったので、一回の約定ごとに手数料がかかるコースのままずっとトレードしていたからです。 しかも、ピムリコの場合20万円くらいの小額から始めていたので、信用口座もありませんし、差金決済にも引っかかるので、そこまで頻繁にいろんな銘柄を売り買いするというのをしなかったので手数料に関しては気にせずにいました。 しかし! 先日、ふと楽天証券のホームページで手数料を調べてみたら、 だいぶ無駄に手数料を払っているではありませんか! 自分の情弱さ、そして、お金の管理のずさんさに泣けてきたほどでした... 今回、そんな経験を踏まえて、どんなケースだとどのコースがお得なのかというのを詳しく見ていきたいと思います。 もくじ• ピムリコは、このうちの「ワンショットコース」でずっと取引していました。 そして、このワンショットコースは、調べたらなんの利点もないコースでした。 苦笑 株を始めたときには、このワンショットコースが無難だったはずなんですが、いつの間にか全くメリットのないコースに成り果てていました。 (おそらく超割コースといちにち定額コースの値下げの影響) ワンショットコース現物取引手数料 約定金額 手数料 10万円まで 139円 150円 20万円まで 185円 199円 50万円まで 341円 368円 100万円まで 609円 657円 150万円まで 728円 786円 3,000万円まで 1,152円 1,244円 3,000万円超 1,217円 1,314円 ()内は税込金額 いずれにせよ、 THE 情弱 だったというわけです。 超割コースへ変更してみた そんな感じで、今回手数料コースを「超割コース」へ変更してみました。 すでに自分の情弱さを思い知っているので、疑い深くなったわけですね。 笑 でも、いざ考えてみると、冒頭でも書いた通り、日によって取引する量が違いますし、現物取引だけ、かつ少額での取引のため複数の銘柄を保有するということはあまりないんです。 それを考慮して、ケース分けをしてどういう場合に、どちらのコースがお得かを調べてみます。 と、その前にいちにち定額コースの手数料と有利な特徴をみておきましょう。 プラス1,080円でさらに取引金額100万円アップ! 日計り取引(デイトレード)ならさらに手数料が安くなります。 (デイ割) 楽天証券ホームページより 1日の約定金額合計 手数料 10万円まで 0円 20万円まで 191円 206円 30万円まで 286円 308円 50万円まで 429円 463円 100万円まで 858円 926円 200万円まで 2,000円 2,160円 300万円まで 以降、100万円増えるごとに1,080円追加。 3,000円(3,240円) ()内は税込金額 この表をみるだけだと、超割コースと大差ないと思われるかもしれませんが、このいちにち定額コースの特徴は、 デイ割というお得な割引にあります。 デイ割とは、その日のデイトレードの片道分を約定代金に含まずに計算してくれるというもの。 例えば、2000円の銘柄を100株買って、その日のうちに2100円で売ったとすると、デイ割では、売り約定分は計算せずに買った分の約定代金だけが考慮されます。 なので、この場合表における20万円までの206円の手数料だけを払えばいいことになります。 ね?お得でしょ? では、これを知った上でケースを考えてみます。 ケース1. 一銘柄を売買する場合 一銘柄をデイトレードする場合とデイトレードせずにそのまま保有する場合のことを考えてみます。 やはり、 デイトレードするならいちにち定額がおすすめということですね。 ちなみに、これ以上の金額の約定代金銘柄だと、以下のようになっていきます。 まぁ、ピムリコは、そんな大型株は買えないので関係ないですが、任天堂株を買う人なんかは気をつけた方がいいです。 でも、そういう人は信用口座で取引してたりするので、また別の手数料体系だと思いますけどね。 一応、書きましたが、100万円以上の大型株は現実的に今は買わないので、今回はメインでは考えませんので上の方の比較だけ参考にしてください。 なので、 もう一度言っておくと、一銘柄を売買する場合、デイトレードを一回でもするならいちにち定額コースがお得です。 なぜなら、片道分を無料にしてくれるデイ割の効果が大きいから。 次は、一銘柄だけではなく複数の銘柄を売買する場合を考えてみます。 ケース2. 複数銘柄を売買する場合 次は、1日で複数の銘柄を売買する場合を考えてみます。 その中でも、デイトレードをする場合とデイトレードをしない場合(継続保有)に分けられると思いますが、 デイトレードをする場合は、上でみたようにいちにち定額コースが安くなります。 デイトレードをしない場合はどうかを考えます。 このブログでは、少額での取引を扱っているので30万円までで買える株で考えていこうと思います。 特に、約定代金が50万円を超えると超割コースとの差が開きます。 この価格帯ので考えると、 基本10万円と20万円以下の銘柄の組み合わせ、もしくは、 20万円と30万円以下の銘柄の組み合わせしか定額コースはお得ではないということになります。 別の言い方をすると、 それらの組み合わせ以外は、超割コースの方がお得になるということです。 これは、 銘柄数を増やして計算してみても同じ結果になりました。 なので、 継続保有を考えるなら、超割コースがお得ということになります。 ケース3. デイトレードと保有の複合パターン 結構、ピムリコがよくやるものを最後にみておきたいと思います。 2500円と3000円の銘柄をデイトレードし、その後2000円の銘柄を買い継続保有する場合を考えたいと思います。 表をもとにすると、これにかかる手数料は、926円ということになります。 やはり、デイトレードが入ると、デイ割がある分、いちにち定額コースがお得になりますね。 自分で計算してみて思ったのは、 結局、相場が始まってみないと取引量わからないよなってこと。 笑 上級者や大量にお金がある状態でやっている人は知りませんが、ピムリコみたいに 少額でやっている初心者の人は、結構そういう人も多いのではないかと思います。 コース変更自体はいつでもできるのですが、 変更が適用されるのが次の日なので(申し込み時間注意)、場中に「今日はデイトレ行けそうだな」なんて思っても急には変更ができません。 そういう意味でも、やはり相場次第、または、持っている銘柄次第になってしまいます。 でも、自分のトレードパターンが決まってきたり、トレード自体がうまくなっていけば自然に輪っかってくることかもしれません。 とりあえずピムリコは、「超割コース」でやっていこうと思っています。 少額での取引なので、言っても莫大な手数料を取られるわけではありませんしね。 最後に、手数料の表の見方の注意点を。 初心者向けの注意点としては、いちにち定額コースは、1日の約定代金合計で手数料が決まります。 例えば、1500円の株を100株買うと、150,000円動きますよね。 この金額が約定代金です。 いちにち定額コースでは、 その1日分の合計で手数料がきまりますというわけです。 対して、 超割コースは注文が約定した金額ごとに手数料が決まります。 1500円の株を100株と3000円の株を100株買うとしたら、150,000円と300,000円の 銘柄ごとに対して手数料がかかってきます。 ピムリコは最初の頃、これがよくわかってなかったので(笑)、「はて?」ってなっていました。 入門者の人は参考にしてみてください。

次の

SBI証券と楽天証券の手数料を徹底比較 取引手数料「無料」で使う方法まで紹介

超割コース

ようやく「とら」から人間になりました(笑)ちょっとふざけていますがお許しを。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏・IPO投資・クレジットカード・ポイントサイトなどお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。 2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実してきています。 新人ライターさんも1ヶ月もするとかなり上手になるのでライティングも教えるのも得意です!興味があればお問い合わせください。 株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジすると今まで見えていなかった稼ぎ方が見えてきますので、勇気を持ってお問い合わせください。 サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。 この記事の目次• 楽天証券の大口優遇取得に必要なもの 1 適用条件とメリットを勉強して、理解する (1)適用条件 大口優遇取得の要件はいくつかありますが、おそらく一番満たすのが簡単なのは、 本日の新規建約定金額の合計が、5000万円以上 です。 すでに、いろんなサイトでも紹介されていますが、約1250万円のクロス取引を4回することにより、5000万円の取引実績を満たすことになります。 資金が豊富な方は、2500万円のクロス取引を2回すれば、それで終了です。 (2) メリット 現物取引の売買手数料も安くなったりするみたいですが、なんといっても 信用取引の売買手数料が無料になること ですね。 (3) 注意事項 大口になっても制度信用や一般信用売り(14日)の貸株料や金利は無料にはなりません。 いちにち信用でしたら大口にかかわらず100万円以上の取引なら金利・貸株料も無料です。 ) と4回注文する必要があります。 私がこの4回注文を一日の中で出そうとすると、会社を休まないといけませんでしたので、お休みを取りました。 こういった行動は、実際にやろうと決めた人がやらないといけない準備ですよね。 仕事中にひっそりと注文が出せる方は、この準備は必要ないかもしれませんが、私のブログ記事では最近採算出てきますが、余裕を持ったり・確認作業をゆっくりする時間を確保しておかないと自分がエラーする可能性を高めることになりますので、私としてはあまりオススメしないところです。 とらの行動 1〜3の条件を3月4日の月曜日に満たす環境が作れそうですので、実際にチャレンジしてみます。 SMBC日興証券で、一般信用売りが2019年3月18日からスタートします。 日興証券の一般信用売りは、すべて信用取引の売買手数料は無料、貸株料も1. 4%と業界で一番低い水準です。 このような条件を考えるとわざわざ楽天証券の大口を満たす必要性も少なくなったような気がします。 ということは、楽天証券利用者から日興証券に流れる利用者が少なからず出てくると予想します。 楽天証券の一般信用売りの争奪戦はなかなか取れないと聞きますが、若干は緩和するのではないかと期待しているところです。 だからこそ、大口優遇を取得して準備しておくことは必要かなと思っています。 実際に取得するところは、また、別記事にしたいと思います。 ーーーーーーーーーーーー こんにちは!「とら」です。 全然センスもかけらもなかったし、 ビビって行動できないような人間でしたが なんとか仕事をやめられるくらいの 仕組みを作ることができました。 正直な話、正しい方法さえわかっちゃえば 誰でもできると思います。 もちろん、仕組みができるまでは たくさんの作業と時間は必要で そこはめちゃくちゃ頑張らないといけません。 ただ、その場合は前場・後場2回に分けるとしても、500株のクロスと400株のクロスの組み合わせになるので(1000万ちょっと資金を入れておく必要がでてきます・・) もう少し前場・後場の組み合わせを均等にしたいとなるとソフトバンクグループ(1万前後のことが多いので計算しやすいのでよく使わせて貰ってます&出来高も多いですし)がおすすめかも もう少し刻んだぎりぎりの金額でクロスを予定ならトヨタ自動車なども使い勝手がよいとおもいます。 いまのところ3銘柄とも、在庫は普通にありますし、出来高も問題なさそうですので。 ちなみに私の考える、本当にオーソドックスなおすすめ銘柄になります。 いろんな目的を絡めるのならもう少しチョイスが変わるのですが・・・最初はオーソドックスなので試されるのがいいと思いますので^^ 改善と成長〜資産の仕組み作りから〜の管理人。 株主優待クロス取引を中心に、ブログ収入、ふるさと納税・楽天経済圏などお金の知識を付けて実践していき、給料とは別の資産を仕組みをたくさん持っています。 2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実し、収益も大幅アップ中。 一生懸命頑張ってくれているメンバーさんは1ヶ月もするとスキルがついて、1記事1万7000円の仕事を取ってきたりもしてます!ライターの副業について興味があればお問い合わせください。 株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジしてもらうと私のようなブログを作って稼ぐ方法まで教えていっているので、「ブログから収益が欲しい!」と言う方も勇気を持ってお問い合わせください。 サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。 詳しいプロフィールは 「4月 優待」のように使ってください 最近のコメント• に より• に 森 より カテゴリー• 918• 857•

次の