リカルド マルケス フェレイラ。 背教者 クリストヴァン・フェレイラ [その4] : 【大航海時代のあと】

リカルド・フェレイラとは

リカルド マルケス フェレイラ

現役時代のフェレイラ 2010年 名前 本名 パウロ・レナト・レボショ・フェレイラ Paulo Renato Rebocho Ferreira ラテン文字 Paulo FERREIRA 基本情報 国籍 生年月日 1979-01-18 (41歳) 出身地 身長 183cm 体重 76kg 選手情報 ポジション RSB 利き足 右足 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1998-2000 37 2 2000-2002 68 2 2002-2004 62 0 2004-2013 141 0 代表歴 2002-2010 62 0 1. 国内リーグ戦に限る。 ( ) パウロ・レナト・レボショ・フェレイラ(Paulo Renato Rebocho Ferreira, - )は、、出身の元。 ポジションは。 選手経歴 [ ] クラブ [ ] 監督の信頼は厚く、同僚のと同じく時代から同監督のもとで数々のタイトル獲得に貢献した。 チェルシーでは、加入した年からプレミアリーグのサッカーに適応し、レギュラーとして活躍。 2004-05・2005-06シーズンのリーグ連覇に貢献した。 しかしながら2006-07シーズン序盤はの疲れからかコンディションが上がらずミスを連発し、右サイドバックのスタメンから外されるというスランプに陥った。 2006年の年末にはの怪我などから生涯初のセンターバックで起用されることもあったが、やはり安定感に欠けて批判の対象となった。 がスタメンに復帰した2月10日の戦では本来の右サイドバックでプレーし、まずまずの動きを見せている。 07-08シーズンのプレシーズンに怪我をして、調整不足な為か昨季と同じく調子は良くないが、10月に復調しかけた時に怪我をし約6週間離脱。 12月のCLのバレンシア戦では復帰を果たしている。 2008年2月にチェルシーとの契約を5年延長した。 この延長はクラブ側が申し出たものであり、クラブからの信頼は厚い選手であるが、2008年のCL決勝では、右SBでエッシェンが先発を果たしており、大一番での出場は出来なかった。 2013年5月に現役引退を表明した。 引退後はチェルシーの育成スタッフとして在籍しており、若手の育成という形でクラブに貢献し続けている。 代表 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2010年12月)• の大ファンであり、彼が出ている作品は見落とさないらしい。 好きな女優は。 ショルダーバッグを気に入っているようで、公の場ではチェルシー公式のマガジンの表紙(2004年12月号)や優勝パレードに登場の際に身につけていた。 元同僚のウェイン・ブリッジはチェルシー公式サイトのインタビューで、左SBとしてのフェレイラの実力を「新たな好敵手」と認めていた。 2008年4月にリスボンの空港で降機後のサポーターにサインをしている時に卒倒し、その場に居合わせたサポーターに介抱された事がある。 レンジャーズのサポーターがいたのはの対レンジャーズのセカンドレグの試合があった為で、フェレイラが倒れたのは 前日から何も食べていなかったのが原因らしい。 フェレイラはから乗り、のジャンパーを身につけていたという。 チェルシーでは背番号20をつけていたが、2008-09シーズンにかつてのFCポルト時代の同僚でポルトガル代表の当時の同僚だったが移籍してくると快く譲り、背番号を19に変更した。 所属クラブ [ ]• 1997-1999• 2000-2002• 2002-2004• 2004-2013 タイトル [ ] クラブ FCポルト• : 2002-03, 2003-04• : 2002-03• : 2003, 2004• : 2002-03• : 2003-04 チェルシーFC• : 2004-05, 2005-06, 2009-10• : 2006-07, 2008-09, 2009-10, 2011-12• : 2004-05, 2006-07• : 2005, 2009• : 2011-12• : 2012-13 脚注 [ ] [].

次の

背教者 クリストヴァン・フェレイラ [その4] : 【大航海時代のあと】

リカルド マルケス フェレイラ

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスの感染拡大がロシアで問題になってからしばらく姿を見せなかったプーチン大統領が戻ってきた。 だがテレビ放送された郊外の大統領別邸からの発言は仰々しい表現ばかりで具体的な措置に欠け、日常業務の責任は他者に任せた。 一方、原油安と新型コロナのパンデミック(世界的大流行)悪化でロシア経済は崩壊に向かいつつあり、首相すら感染した。 プーチン氏に対抗する者はいないが、かつてなかったほど脆弱(ぜいじゃく)になったと見受けられる。 パンデミックの対処に苦しんでいるのは世界のどの政府も同じだが、ロシア政府は三つの戦いに直面している。 一つは他国同様、急速に広がるウイルスによる直接的な医療や経済面の影響への対処。 二つ目は記録的な原油安。 最後にプーチン氏が2024年以降も大統領にとどまるための憲法改正を諮る全国投票を成功させなければならない。 この3つを首尾よくこなすことは、実行力のある指導者として自らを描いてきたプーチン氏にとっても荷が重そうに見える。 ロシア経済はソ連崩壊以来の深刻なリセッション(景気後退)に陥りつつある。 セルゲイ・グリエフ氏らエコノミストの試算によると、ロシアの今年の国内総生産(GDP)は最大9%ないし10%縮小する見通しで、落ち込みは09年の金融危機をはるかに上回る。 ロシア高等経済学院のによると、3月に収入は変わっていないと回答したロシア国民は約60%だったが、4月にはそれが20%程度に低下した。 失業者は急増する見込みだ。 パンデミックの管理が計画されることはなく、ロシアの感染者数はいまや中国を上回る。 不正確な検査からベッドの不足まで、新型コロナはロシアの医療制度の惨状を浮き彫りにしている。 新型コロナと原油安の対策ではトップダウンの強みを示すチャンスでもあったが、代わりに明らかにされたのは行政機構の空洞化だった。 プーチン氏はこれまでも統治の核心部分には入り込みたがらなかったが、自らが掌握できそうにない今回の危機から、いつも以上に距離を置いている。 大統領報道官はプーチン氏が地下壕(ごう)に隠れているとのを否定しなければならなかった。 独立系調査機関のレバダによると、新型コロナ感染拡大以前からプーチン氏の支持率は14年のクリミア併合前以来の水準に低下していた。 だが、さらに下がったように思われる。 国営の全ロシア世論調査センター(VTsIOM)が先週発表したでは、信頼できる政治家としてプーチン氏を挙げたのはわずか28%にとどまった。 ロイター通信でインドや英国、ロシアなどの特派員でした。

次の

【コラム】プーチン氏、かつてないほど脆弱-フェレイラマルケス

リカルド マルケス フェレイラ

ユベントスに所属する34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのヘアスタイリストを務める美容師のリカルド・マルケス・フェレイラ氏が死亡した。 4日に英紙『イブニング・スタンダード』など複数の海外メディアが報じている。 同紙によると、事件が起きたのは現地時間1日の午後2時頃だという。 スイス・チューリッヒのアルビスリーデン地区にあるビジネスホテルに宿泊していたフェレイラ氏が、複数箇所を刺されて殺されていたとのこと。 物音を聞いた宿泊客がホテルのスタッフに連絡したようだ。 この事件に関して、すでに39歳のブラジル人男性が逮捕されている。 現時点で殺された動機などは明らかにされていない。 ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。 ポイントが加算されるのは、 2記事目、 4記事目、 5記事目の記事となります。 ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。 ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 ニュース記事の更新は随時行われます。 ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。 犬がいるよ.

次の