遊戯王 面白い テーマ。 気軽に回せて、安いおすすめのデッキテーマ教えて【遊戯王】

気軽に回せて、安いおすすめのデッキテーマ教えて【遊戯王】

遊戯王 面白い テーマ

前回の記事はコチラ どうも、スタッフIです。 今回は紹介や解説から外れた話をしようと思います。 というのも今回は、 『女の子テーマ』の話です! いやーいいですよね、女の子テーマ。 遊戯王は10期になってから可愛い女の子のテーマが一気に増えました。 ハーピィやフォーチュンレディといった昔から存在した女の子テーマにも様々な強化が入りました。 中でもトリックスターや閃刀姫などは環境にも入り込むほどに強くて、言うなればまさに 『女の子の時代』です! ここからはスタッフIの個人的な10期の女の子モンスターたちの『ここ好き』特集です。 まずはこの子から トリックスターのエースモンスター、キャンディナちゃんです! この子のここ好きポイントを大きく取り上げると ・衣装が魔法少女みたいで可愛い ・髪型がサイドテール ・バーン効果持ちなのがちょっとサディスティック いいですねぇ。 あどけなさそうな顔なのにライトステージの上からチクチク攻めてくるんですよ。 旧イラストはコチラ みなさんはどちらのカガリちゃんが好きですか? 私は新イラスト版がキリッとした顔をしていて好きです。 自分で作るのは壊滅的にダメですが…… あとは他のドラゴンメイドたちと見比べるとわかるんですが、恐らく一番大きいです。 今期特に推しているのはこちらの3枚です。 皆さんは遊戯王のモンスターの中に推しの子はいますか? 個人差はあると思いますが私は推しのモンスターが手札にいるだけで癒やされたりします。 推している子を活躍させるデッキを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 以上、スタッフIによる女の子モンスターの推し談義でした。

次の

【弱い!?】デメリット効果しかない遊戯王カード一覧まとめ【ネタ?】|初心者でもわかる遊戯王の始め方

遊戯王 面白い テーマ

前回の記事はコチラ どうも、スタッフIです。 今回は紹介や解説から外れた話をしようと思います。 というのも今回は、 『女の子テーマ』の話です! いやーいいですよね、女の子テーマ。 遊戯王は10期になってから可愛い女の子のテーマが一気に増えました。 ハーピィやフォーチュンレディといった昔から存在した女の子テーマにも様々な強化が入りました。 中でもトリックスターや閃刀姫などは環境にも入り込むほどに強くて、言うなればまさに 『女の子の時代』です! ここからはスタッフIの個人的な10期の女の子モンスターたちの『ここ好き』特集です。 まずはこの子から トリックスターのエースモンスター、キャンディナちゃんです! この子のここ好きポイントを大きく取り上げると ・衣装が魔法少女みたいで可愛い ・髪型がサイドテール ・バーン効果持ちなのがちょっとサディスティック いいですねぇ。 あどけなさそうな顔なのにライトステージの上からチクチク攻めてくるんですよ。 旧イラストはコチラ みなさんはどちらのカガリちゃんが好きですか? 私は新イラスト版がキリッとした顔をしていて好きです。 自分で作るのは壊滅的にダメですが…… あとは他のドラゴンメイドたちと見比べるとわかるんですが、恐らく一番大きいです。 今期特に推しているのはこちらの3枚です。 皆さんは遊戯王のモンスターの中に推しの子はいますか? 個人差はあると思いますが私は推しのモンスターが手札にいるだけで癒やされたりします。 推している子を活躍させるデッキを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 以上、スタッフIによる女の子モンスターの推し談義でした。

次の

【遊戯王】女の子モンスターのテーマっていいよね / 名駅4F店の店舗ブログ

遊戯王 面白い テーマ

「〜」、「〜」 最新のに記載されている『「〜」』とは、『「〜」と名のついた』を意味します。 例えば『「」』とにある場合、それは『「」と名のついた』を指し示しています。 同様に、『「〜」』とは、『「〜」と名のついた』を意味します。 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1. 0 より引用)• カテゴリに関するルールについて。 カテゴリを指定するは、発売時期によって書き方がそれぞれ異なるものになっている。 が整備されていない時期のものは、第6期以降の再録時に修正されているが、一部のはそのままとなっている。 例えば、の 1 はにを含むではなく、にを含むや等をするである。 と、とのように、カテゴリ名と全く同じのもある。 この場合、カテゴリ名は『「〇〇」カード』、は『「〇〇」』という表記によって区別される。 ただし、整備前の一部のでは、『「〇〇」カード』という表記でを指している場合があるので注意が必要である。 例えば、『「融合」魔法カード』は現在ではと名のついた全般を指すが、当初はのみを指していた。 の文字列にカテゴリ名が含まれていても、読み方が異なる(振り仮名が違う)場合はそれに属さない(例:はに属さない)。 逆に、振り仮名の中にカテゴリ名が含まれていれば、文字列にかかわらずそれに属する(例:はに属する)。 また、発音上カテゴリ名が含まれていても、文字列が完全に一致しなければそれに属さない(例:はに属さない)。 1枚のにつき1つのカテゴリしか属さないという事はなく、に含まれている全てのカテゴリに属する(例:はとに属する)。 ただし、二桁以上のアラビア数字は全体でひとつの数字として扱われるのが通例で、一部の桁だけ分割されることはない。 例えば、には文字列として「No. 1」が含まれるが、ので「No. 1」カテゴリのとしては扱わない。 初登場はで登場した。 第5期からは毎弾ごとに新たなカテゴリが登場することも当たり前になっており、期を経るごとに登場頻度も増え、第8期の2年間では50以上、第9期の3年間では100以上のカテゴリが新しく登場している。 現在、未発売・海外のみ・のみは含まず、までで398種類存在する。 これらの群は単に共通するを持つだけでなく、各や、などに類似性を持たせ、特徴付けていることも多い。 なお、大半はによる群だが、も含むもの(など)やのみのもの(など)も存在する。 各カテゴリが指定している条件によっては、該当するを持っていても、そのサポートを一切受けられないも多い。 一応など、そのカテゴリと関連しないによって条件をあわせることでそのを受けられる場合もある。 ただし、当wikiではそういったは、「実質的にそのカテゴリには含まれない」という扱いにしている。 以下はその一例であるが、これらのも後に登場したによって、そのカテゴリに正式に含まれるようになることもある。 を指定するしかない場合における(と名のついたなど)• を指定するしかない場合における(と名のついたなど)• の種別やなどが指定されているしかない場合におけるその条件に合致しない(以外のなど)• 以外を指定するしかない場合におけるそのを持つ(におけるなど)• ・を参照するしかない場合におけるの(におけるなど)• を参照するしかない場合における・(におけるなど)• をするしかない場合におけるできない(におけるなど)• 2019年現在、最も多くのカテゴリに属しているは、・・・・の5枚。 これらのは現在のところ、それぞれ単体で5つものカテゴリに属している。 とのようにカテゴリそのものが別のカテゴリに含まれている場合もあり、このパターンは関連を細分化したものがほとんどだが、稀に全く関係ないカテゴリ同士でこうなっている場合もある。 例えばと、と、となどである。 (・・など)• こういったカテゴリ成立以前から存在するは、そのがカテゴリのと一致していない場合がある。 逆にではそのカテゴリに含まれないが、の関係ででのみそのカテゴリに含まれてしまう場合もある。 (前者の例は、後者の例はなど。 ) また、再録の際などに該当するの自体を変更して、そのカテゴリに含まれる、または含まれないようにする場合も多い。 でのみ含まれてしまうという事例を防ぐために、でのカテゴリ化の際にカテゴリ名だけではなく他の条件が加えられることもある。 (指定の、指定のなど)• 極稀だが、カテゴリを指定するの登場時点ではカテゴリに属するが存在していないという場合もある。 (・で指定の、で指定の多数の各など)• によって当wikiの「カテゴリ」の定義から外れたものとしてが存在する。 また、と()・()はカテゴリ名がされている。 掲載してあるもののうち、・の2つはにのみ存在するカテゴリである。 また、は元々にのみ存在するカテゴリだったが、後にでもカテゴリとなった。 「カテゴリ Category 」とは、人間が物事を認識する際の最も根本的・一般的な基本概念のことである。 ここではという範囲における種類・区分・部門などを意味する。 なお、それらの中でに該当するがあるものとしては、「コアラ」や「スライム」などがある。 一部の原作・アニメ出身カテゴリには、アニメではされていない出身のも存在する。 これらのは、アニメでの登場数が少なく、実戦向きでないカテゴリを強化する目的で登場する傾向がある。 逆に、アニメではカテゴリのサポートだったものが、でやを指定するになる事もある。 アニメARC-Vでは基準になっているが、1年目中盤頃までは『「〜」』ではなく『「〜」と名のついた』と説明していた。 原作ではが曖昧なのもあるが基本的にカテゴリはほぼ存在せず、本格的にカテゴリ使いが出るようになったのは、アニメGXからである。 アニメ5D'sでは多くのデュエリストがカテゴリを使用し始め、カテゴリ以外のを一切使用しないデュエリストも珍しくなくなった。 特にARC-Vでは主人公からモブに至るまでほぼ全てのキャラが何らかのカテゴリ(または)を使用している。 GX以降のシリーズでは十代や万丈目など、1つのに複数のカテゴリが入り混じったデュエリストも登場している。 ・・などカテゴリがの先頭にありデュエリストが使うカテゴリが明確な場合には、そのをに出す時以外においてからカテゴリが省略されて宣言される傾向にある。 それらのカテゴリはそのものの文字数が長い場合もあり、尺の都合上仕方ない側面もある。 また、ゲームによって、既存のが何らかのカテゴリに含まれることもある。 前者はのなど、後者はなどが該当する(前者はも参照)。

次の