仕事 筋トレ。 バレない筋トレ4選!仕事中もデスクワークをワークアウトに変えよう

オフィスで筋トレ!椅子を使ってこっそりできる筋トレ3選 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

仕事 筋トレ

仕事中にも筋トレするバカ俺は好きだぜ 否! そんなことはありません。 日々是修行であり筋トレであり肉体改造です(暑苦しいNE)。 やってやれないことはありません。 私のようなクソ貧乏野郎だって工夫次第ではきっとかっこいい肉体を手に入れることができるはずです。 また、経験上ジムで作った体はジムに行かなくなった途端バランスが崩れる傾向があります。 一生ジムに通い続けないのであれば、自宅や公園などでのトレーニング方法も身につけておいてもバチはあたりません。 そして今回の記事は更に一歩も二歩も先を行く 仕事中に腹筋をバキバキにする方法です。 およそ会社に貢献する気なんて微塵も持たない人生筋肉野郎におすすめであります。 仕事中は腹筋がオススメ ここで書く「仕事中」は主に デスクワークの話です。 屋外業務や営業先を回る方は休憩時間に椅子に座った時に参考にしてもらえればと思います。 なぜ腹筋かというとデスクワーク中は下半身がデスクに隠れていて見にくくバレづらいからです。 本音を言えば、電話中は空いてる手はペンではなく握力グリッパーかダンベルを握っていたいところですが、おそらくつまみ出されるでしょう。 なので私は仕事中は腹筋に絞っています。 仕事中に腹筋を鍛える前に まず 自分の姿勢が正しいのか確認して下さい。 デスクワーク中、正しく美しい姿勢の人は残念ながらほとんどいません。 猫背気味の人が多く、背筋はまっすぐでもあごが突き出て首猫背にはなっている人がたくさんいます。 まずはこれら間違った姿勢を矯正しましょう。 正しい姿勢を会得しないままデスクワーク中腹筋すると腰や背中を痛めてしまいます。 狙いを腹筋に絞っても他に効いてしまったり、あまつさえ体を痛めては本末転倒です。 そしてこの矯正には正しい姿勢を保つけっこうな筋肉が必要になります。 そう、これもれっきとした筋トレなのです。 これをやっておくと歩き方や立ち居振る舞いがぐっと美しくなりますし、腰痛や肩こり、骨盤の傾きなども改善できますので、まずはここから始めましょう。 隠れて腹筋を鍛える方法 まずはクビになったり左遷されないように 上半身はクールでいる必要があります。 仕事中筋トレしてて怒られるとかトラウマになりそうです。 そのため上で体得した正しい姿勢を保ち美しい上半身のままでいましょう。 上が動かせないとなると必然的に足上げ系しかできなくなるため、 狙いは下っ腹、太ももの前になります。 レッグレイズ系ですね。 やり方ですが、ただ足をあげるだけです。 両足が厳しい人は片足だけ、または足を前の方に出さないで少し後ろ気味にしてもいいと思います。 注意点は足を上げた時、手に力が入って強く机を押し付けてしまっては手の力に頼ってしまうので上半身はなるべくフリーになるよう自分で負荷を調整しましょう。 なんだかフラフラするという人は柔軟性、腹筋、背筋、体幹のどれかもしくは複数が弱いと思っていいです。 バランスボール最強説は伊達じゃないので、バランスボールでしっかり体幹や骨盤周辺を鍛えましょう。 ちなみに私は使ってます。 腹斜筋に応用できる 腹斜筋はお腹の横から下腹部へ斜めに入る筋肉です。 サッカー選手とかエグザイルが凄い筋肉です。 細かい名称は面倒なので尋ねられたらエグザイル筋でいいと思います。 さて腹斜筋への応用ですがこれも簡単。 デスクワークではほぼ回転するオフィスチェアを使っていると思います。 その椅子に正しい姿勢で座った後 少し回転させてずらした状態で足をあげます。 どうです?腹斜筋や太ももの外側に効きませんか。 椅子の角度を工夫して自分なりの効果を検証してみてください。 なかなかうまくできない人は そもそも足を上げていられない。 やったら一日分の体力を消耗して仕事が全く手につかなかった。 ふらふらして効いてるか効いてないかわからない。 お茶こぼした。 という人はまずは座りながら少しお腹を引っ込めて 腹筋に力を入れることから始めましょう。 そしてその後は少し大きく背骨をそらし肩を張るイメージで 背筋に力を入れましょう。 これを交互にやるだけでも今まで漫然と猫背で仕事をしてきた時に比べたらかなり筋肉に負荷がかかります。 少ない時間でもやった分だけ応えてくれるのが筋肉です。 お互いがんばりましょう。 徐々にやりましょう。

次の

筋トレはいつでもできる!仕事中に腹筋バキバキにする方法!

仕事 筋トレ

頭を上から吊るされているように意識し、お腹に力を入れて背筋を長く伸ばす• 胸を張りすぎると身体が反って肋骨が前に出やすいので注意する• 肩を一度上に上げ、後ろに回し下ろし、力を抜く• 足は両足を揃えて 両膝を軽く内側に押し合うようにする これだけで見た目の印象がぐっと良くなります。 会議に対してはやる気がなくても、良い姿勢作りに集中していると、周りからは 「やる気がある」「しっかり聞いている」と見てもらうことができるのでそれだけでお得です! また、この姿勢は 全ての動作の基本なのでしっかりと覚えておきましょう。 基本姿勢を正しくとればインナーマッスルが使われます。 インナーマッスルを鍛えれば身体の深部にある骨格や内蔵を正しい位置に保つことができ、呼吸が楽になるなどメリットも盛りだくさん。 机に向かっている時こそ腹筋を鍛えるチャンス! 事務仕事が中心というかたは、机に向かっている時間が多いのではないでしょうか? PC作業だと、どうしても猫背になってしまい姿勢は悪くなる一方。 ですが、この PC作業の時間さえ腹筋を鍛える時間に変えることができます。 <椅子に座ったままでの腹筋のやり方>• 1の姿勢をもとに、 膝の真下にくるよう踵を置く• 左右の足を 内側に押し付ける• そのまま膝を持ち上げ、 足の裏を床から離してそのままキープ• 反り腰にならないよう しっかり骨盤を立てて、身体が後ろに倒れないようにする 膝の高さや角度を変えることで腹筋への効き具合を調整することができます。 ここで使う筋肉は、深部の筋肉であり骨盤を正しい位置にキープする筋肉でもあります。 そのため、 姿勢改善、ウエストサイズの減少にも効果的です。 トイレに行ったらこっそりバストアップとくびれ作り トイレは一息つくところと思っていたら甘いです! トイレの時こそ、個室なので誰からも見られずに自由にプチ筋トレできるチャンス。 と言っても狭いので、やるのは バストアップと くびれ作り程度に留めておきましょう。 <バストアップのやり方>• 胸の動きはバストの土台を作る大胸筋を鍛える動きであり、ひねりではくびれ作りには欠かせない脇腹の腹斜筋を動かしています。 どちらも日常生活ではあまり使わない筋肉なので、小さな努力ですが毎日続けていれば大きな結果が得られますよ! 誰からも見られないので本気で取り組んで大丈夫ですが、あまりに長い時間おこなっていると怪しまれるかも。 ほどほどのタイミングで終わるようにしましょう。 コピー時間もムダにしない!片足を上げてヒップアップ コピーをしている時間や、印刷物が出てくるまでの時間など 立って待たなければならない状況もありますよね。 そんな時にはヒップアップのチャンス。 <お尻に効くプチ筋トレのやり方>• 背筋を伸ばして立つ• 左足でしっかり立ったまま、 右足を後ろから引っ張られるように上げる。 ポイントは膝を曲げないこと。 お尻から踵までを一本の棒にするようなイメージで、膝を伸ばしたまま斜め後ろに上げる• お尻の筋肉を使うように意識して 10秒キープ• お尻についている筋肉や脂肪を「ぎゅっ」と縮めるイメージでおこないましょう。 コピー機は比較的部屋の隅にあることが多いので、こっそり足を上げる程度ならあまり気づかれずにできるのではないでしょうか? この程度の動きならどこでもできるので、お茶だしのお湯が湧くのを待っている時間など隙間時間を見つけて取り入れましょう。 エレベーターを待っている間にむくみ解消 運動のことを考えるなら本当は階段を使うのが一番ですが、エレベーターしかない場合もありますよね。 そんな時でも諦めてしまうのではなく、 時間を有効に使ってむくみ解消のチャンスです。 とにかく足や足首、足の指を動かしましょう。 <むくみ解消プチ筋トレのやり方>• 足の 踵を上げて下げてを繰り返す• 足首を回す• 足の指をグーパー むくみは同じ姿勢を長時間続けることで起こるので、動かせる時に意識して動かしておきましょう。 ヒールではないぺたんこ靴を履いているなら、 つま先の上げ下げも加えると別の筋肉も使われるので効果的です。 踵を上下させる程度の動きなら、うっかり誰かに見られたとしても「急いでいるのかな?」程度に見てもらえるので気にしなくてOK。 最後に 仕事中に使えるお手軽なプチ筋トレを5つご紹介しました。 オフィス以外でもソファに座っている時、食事をしている時、トイレやエレベーターの中でなど日常的に使える筋トレも多いので、ぜひ今の生活の隙間時間に取り入れてみてくださいね。 【関連記事】•

次の

筋トレが仕事にもたらす5つの好影響!社会人こそ筋トレをしよう!

仕事 筋トレ

何で忙しいのにわざわざ筋トレした方が良いの? 筋トレと仕事を両立すべき理由について解説していきます。 それには筋トレをするメリットが関係しています。 筋トレの大きなメリットは以下です。 自己肯定感の向上• 見た目がカッコよくなる• 自信が付く• 向上心が付く• テストステロン爆増により悩み皆無• 行動力が付く• 継続力が付く• 健康になる• ストレス解消 筋トレをするだけでこれだけの効果を発揮します。 正直、会社のストレスで悩むことも少なくなり常に前向きな考えになります。 筋トレと仕事を両立する事で現状よりも好転する事間違いないです。 筋トレと仕事を両立してみた筆者の率直な感想 実際に 筋トレと 仕事を 両立した感想は、「 楽しい」です。 仕事で悩み、帰ってYouTube見て寝る。 この仕事中心の生活だった過去は日頃の楽しみなんてありませんでした。 ただ、筋トレを始めた事で 気持ちが前向きになり、言動が変化しました。 その結果、悩みは激減。 筋トレと仕事を両立してからプラス思考なので、人生楽しいなと思うように変化しました。 今では夜9時に仕事が終わってもジムに行くよ! 筋トレと仕事を両立した者が感じるマイナスの事! 筋トレと 仕事を 両立する上でマイナスに感じる事は 一点です。 この一点さえ乗り切れば人生変わります。 以下です。 最初はくそほど鬼面倒くさい 解説します。 最初はくそほど鬼面倒くさい そもままの意味。 習慣化されていない最初はめちゃくちゃ面倒くさいです。 ジムに行くのがだるい、ジムの格好になるのがだるい、家から出るのが面倒くさい。 最初のうちは本当にマイナス思考ばかりです。 いかに普段の生活がマイナス思考で動いているか理解できます。 例えるなら自分の甘えや妥協がツケとして回ってきた感じ。 始めは誰でもこうです。 この マイナス感情を乗り越えた者にしか分からない景色はあります。 筋トレと仕事を両立した者が感じるプラスの事! 先ほど 筋トレと 仕事は 両立のデメリットを紹介しました。 これを乗り越えた者が感じる、考え方の変化や周囲の変化を紹介します。 大きな変化は以下です。 ホルモンの影響で気分爽快、プラス思考• 体がカッコよくなり異性にモテる• 快眠しすぎて常に健康• いざとなれば上司を倒せるという全能感 順位解説していきます。 ホルモンの影響で気分爽快、プラス思考 筋トレをすると テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。 これが分泌されると脳内で ドーパミンが排出。 このドーパミンは快楽物質と言われ、やる気アップや幸福感上昇に繋がります。 筋トレをするとプラス思考になる、景色が変わると言われるのはこの為です。 質の良い睡眠を取るには適度な運動、つまり筋トレが最適だよ! 仕事で疲れてるから。 こう思うあなたは騙されたと思って筋トレと仕事を両立して下さい。 いざとなれば上司を倒せるという全能感 筋トレをして力がつく。 周りとは全く違うガタイになるのは当然の事。 パワーも素人と比べるとレベルが違います。 そんなあなたが嫌いな上司に怒られたら。 ウザい同僚にネチネチ言われたら。 筋トレをしていればこう考えるようになり全てが可愛く思えます。 「 雑魚が何か言ってる。 いざとなったら力でねじ伏せてやる」 実際には駄目ですよ(笑) ですが、筋トレをしてパワーがつけばこう考えます。 心の中で上司をボコボコにしてスッキリしましょう。 筋トレと仕事を両立する為の得策 あなたも分かったでしょう。 筋トレと 仕事は 両立すべき理由が。 ではその為の得策を解説します。 以下の三点を意識しましょう。 まずは始める事• 他人と比較しすぎない• 習慣化されるまでとにかくジムに行く 深堀りします。 まずは始める事 何よりもまずは始める事です。 とにかく始めなければ両立も出来ません。 ジムに通い始める事を意識しましょう。 それが駄目なら、まずは自宅トレーニングでも良いので行動に移しましょう。 家に帰ったら筋トレ。 自重トレーニングでも良いから体を動かす。 この日課をつくり筋トレを癖にしましょう。 あなたもこの 記事を読んだら即行動です。 【参考記事】 他人と比較しすぎない 他人の成長、他人の体の凄さ。 これは筋トレをする上で不必要です。 筋トレは個人競技。 他人と比べても現状に満足したり凹んだりと良い事がありません。 自分は自分のペースで成長していけば良いのです。 ただ、早く成果が出るに越した事は無いですよね。 そんな方は 筋トレ中のEAAをおススメします。 詳しくは下記の記事をご覧下さい。 【参考記事】 【参考記事】 習慣化されるまでとにかくジムに行く とにかく始めると同じ原理です。 筋トレ始めたては とにかくジムに通う事を目標にしましょう。 ジムに行けばトレーニングする気持ちになります。 器具やトレーニーを見て刺激を貰いましょう。 自宅とジムならおススメはジムに通う事です。 自宅はどうしても誘惑が多くサボりがちになります。 筋トレと仕事の両立をするならジムに通うべきです。 【参考記事】 最後に:筋トレと仕事を両立して人生を豊かにしよう! いかがでしょうか。 筋トレと仕事を両立する事で好影響しかありませんね。 男たる者、黙って筋トレをしましょう。 今回の記事のポイントをまとめます。

次の