格安 sim アイフォン。 iPhone 11におすすめの格安SIMはこれ!大手キャリアよりもお得か比較

「iPhone 11」を格安SIMで使う手順をキャリア別に解説|SIMっちゃお

格安 sim アイフォン

そうだね。 だから賢い人ほど、どんどん格安SIMに乗り換えているんだよ。 3大キャリア(docomo・Softbank・au)は、テレビCMで芸能人を使いたくさん広告費をかけたり、全国各地に店舗を構えて大きな固定費・人件費がかかっています。 膨大な広告費・固定費・人件費は私たちの使用料金が上がる原因になっていて、それでユーザーは高い料金を支払うことになるのす。 その一方で、 MVNO(格安SIMの会社)は、基本的にインターネット上で店舗を構えて、余計なサービスをしないことで安い料金を実現しています。 iPhoneで格安SIMに乗り換えてどのくらい安くなるの? では実際に、3大キャリア(docomo・Softbank・au)から格安SIMへ乗り換えるとどのくらい月額の支払い料金は安くなるのでしょうか? の移動電話通信量の年間推移を参考に、少し幅を持たせると、携帯電話の月額料金は 大体6,000円~10,000円くらいです。 【総務省の家計調査】 年度 年間にかかる料金 平均の月額料金 平成20年 92,098円 7,675円 平成21年 95,200円 7,933円 平成22年 96,656円 8,055円 平成23年 95,884円 7,990円 平成24年 97,571円 8,131円 平成25年 99,907円 8,326円 平成26年 105,398円 8,783円 平成27年 111,013円 9,251円 3大キャリア(docomo・Softbank・au)の料金プランは複雑すぎて、プラン毎に単純に比較はできませんが・・ 格安SIMに乗り換えて月額の支払いが半額になったとすると、 約3,000円~5,000安くなります。 年間にすると、約36,000円~60,000円。 2年間で計算すると、約72,000円~120,000円。 さらに、家族で複数台の携帯電話を使っている場合は、よりこの差が大きくなります。 も「 海外と比較して日本の携帯料金は高すぎる」と、3大キャリアへプランの見直しを指摘しているのが現状です。 今までどれだけ高い料金を支払っていたのか?この現状に気が付いたら、早めに格安SIMへの乗り換えをおすすめします。 大手キャリアは申し込みは簡単だけど、実は解約が大変なんです。 しかし・・ もし契約更新の時期が 半年以上あるならば、今すぐに格安SIMへの乗り換えをおすすめします。 「解約金」や「携帯端末料金」で一時的な支払いは発生してしまうかもしれませんが、支払い総額で比較すると安くなる可能性は非常に高いです。 格安SIMはとんでもなくお得なキャンペーンをしている事があるので、格安SIMのキャンペーン情報をチェックしながら、乗り換え時期を検討してみると良いかもしれません。 格安SIMでiPhoneを使う6つのパターン では、格安SIMでiPhone使う6つのパターンを紹介していきます。 難しそうに見えますが、整理してみると意外に簡単です。 まずは、自分がどのパターンに当てはまるか見ていきましょう。 SIMロックは、他社のSIMカードで利用できなくする仕組みですが、3大キャリアの通信回線に対応した格安SIMを使えば問題ありません。 docomo ・・ docomo回線に対応した格安SIMを選ぶ• Softbank ・・ Softbank回線に対応した格安SIMを選ぶ• au ・・ au回線に対応した格安SIMを選ぶ それぞれのキャリア回線に対応したMVNO(格安SIMの会社)を選べば、今すぐにでも手持ちのiPhoneをそのまま使って乗り換えることができます。 「手数料」や「時間」は少しかかりますが、どうしても使いたいMVNO(格安SIMの会社)がある場合には、SIMロックの解除をすると使えるようになります。 乗り換えの際に、最初にSIMロックを解除しておけば、今後、どのMVNO(格安SIMの会社)も自由に選ぶことができるようになるのでおすすめです。 SIMフリーのiPhoneであれば、どのキャリアでも自由に使うことができ、場合によっては海外旅行の際に海外のSIMカードに差し替えて使えるなどのメリットもあります。 さらに、でiPhoneを購入すると、結局はiPhone本体の支払い総額が一番安くなりおすすめです。 3大キャリアのiPhoneか?• SIMフリーのiPhoneか?• 海外から持ち込んだiPhoneか? そして、インターネットオークションサイトのメルカリやヤフオク!で購入する場合は、出品者の情報を信用しすぎないように注意してください! 「SIMロック」や「 その他色々な不具合が発生する危険性」があるため、信用できる店舗で保証が付いている場合にのみ、中古のiPhoneの使用をおすすめします。 最新機種のiPhoneではありませんが、格安SIMとのセット販売しているMVNO(格安SIMのキャリア)を利用すれば、• 手続きがラク• 支払いがまとまる• 設定が簡単• 独自の保証サービス など、たくさんのメリットがあります。 格安SIMとiPhoneのセット購入は私の一押しです。 これは国ごとにiPhoneの設定が違っているためで、どこで購入したiPhoneか確認した上で、申し込み前に使いたいMVNO(格安SIMの会社)に問い合わせて確認してください。 【完全版】iPhoneと格安SIMの乗り換えガイド step 1どのパターンでiPhoneを使うか決める まずは先ほど紹介した「格安SIMでiPhoneを使う6つのパターン」で,• 自分がどれに当てはまるか?• どの方法でiPhoneを使っていきたいか? を決めます。 step 2MVNO(格安SIMの会社)を決める 当サイトで紹介している、• iPhoneにおすすめの格安SIMキャリアはコレ!• 大手キャリアから乗り換えにおすすめの格安SIMはコレ!• iPhoneとセット購入したい人におすすめの格安SIMはコレ!• iPhoneと格安SIMを最安値で使い始めるには?• 使い方・目的別で選びたい人におすすめ!• タイプ別で選びたい人におすすめ! から、あなたにピッタリの格安SIMを選びます。 step 3乗り換え前の準備をする 次に、乗り換える前の準備をします。 Apple IDとパスワードをメモする• データのバックアップをとる 今現在iPhoneを使用している人は、Apple IDとそのパスワードをメモなどに書いてしっかりと覚えておきます。 もし、は、データの復元ができなくなってしまいますので、注意してください。 その後、iPhoneのデータのバックアップをicloudかiTunesでとります。 docomo・au・Softbankでもデータ移行サービスはありますが、Appleのサービスを利用すると失敗が少なく、大切なデータを安全に新しいiPhoneへ移行することができます。 step 4格安SIMを申し込む 新規で申し込む場合は、• 自宅からインターネット• 近くの店舗 で申し込みをします。 MNP(ナンバーポータビリティ)を使用して申し込む場合は、事前に今のキャリアでMNP予約番号を発行してもらいます。 今の携帯番号を変えたくなければ、MNP予約番号は必ず必要なので注意してください。 step 5格安SIMとiPhoneを設定する 格安SIMが届いたら、iPhoneに格安SIMのSIMカードを取り付けます。 SIMカードを取り付けたら、iPhoneの電源を入れて、• プロファイルの設定• データの復元 を進めていきます。 これで、格安SIMとiPhoneの設定は終わりです。 iPhoneで格安SIMを使う際のQ&A iPhoneで格安SIMを使うのに興味はあるけど、まだまだよくわからない・・そんな人も多いはずです。 ここからは、よくある疑問や不安をまとめてみました。 「データSIM」と「音声SIM」の違いは何? 「データSIM」とは、データ通信のみを行うことができるSIMカードです。 外出先でPCのモデムとして使用したり、iPadのセルラータイプなどに使われます。 「音声SIM」と比較すると、割安で使えるため、音声通話が不要な人は「データSIM」がおすすめです。 電話番号はそのまま使える? 格安SIMは、3大キャリア(docomo・Softbank・au)や他の格安SIMから、MNP ナンバーポータビリティ で電話番号を変えずに乗り換えることができます。 今使っているキャリアへMNP乗り換えしたい旨を伝えると、MNP予約番号をもらうことができます。 格安SIMの音声通話エリアや品質は? 格安SIMは3大キャリア(docomo・Softbank・au)のどこかの通信回線を借りて運用しているため、音声通話エリアや音声の品質は3大キャリアと全く同じです。 そのため、格安SIMも日本中の幅広いエリアで安定した音声通話をすることができます。 家族でまとめて契約したいけど「家族割」はある? ただでさえ安い格安SIMですが、「家族で高速通信を分け合えたり」「複数回線の家族割」などがあります。 また、一人で複数台契約する際にも家族割が適用されるMVNO(格安SIMの会社)もあります。 複数契約する際の割引きがある場合は、契約台数が多ければ多いほど、格安SIMのメリット(料金が安い)を最大限に引き出すことができます。 自宅の光回線とセット割はある? 格安SIMと自宅の光回線をセットで申し込むと、割引きを受けることもできる格安SIMもあります。 光回線を提供しているような会社が運営している格安SIMは、いわば通信業界のプロが提供している格安SIMなので、より安心安全です。 セット割が使える格安SIMは積極的に利用していきましょう。 格安SIMキャリアに解約金や最低利用期間はある? 格安SIMキャリアにも「解約金」や「最低利用期間」はありますが、3大キャリアほど厳しい制限なく、全く制限をかけていないMVNO(格安SIMの会社)もあります。 それでも気になる人は、お試しプランを用意している格安SIMを試してみるのもおすすめです。 格安SIMを購入する場所は?店舗もある? 格安SIMはインターネットで自宅から簡単に申し込みすることができるのが魅力です。 わざわざ週末の貴重な休みを潰して、混雑し待ち時間が長い店舗へ行く必要はありません。 しかし、MVNO(格安SIMの会社)の中には、店舗展開しているものもあるので、気軽に相談へいってみるのも良いでしょう。 格安SIMをお試しできる? とても評判の良い格安SIMですが、• 自分に合っているか?• 電波や速度を確認したい! などなど、利用する前の不安があると思います。 今はお試しできる格安SIMもあるので、事前に「お試しセット」の申し込みがおすすめです。 iPhoneが故障した時の保証は? 3大キャリア(docomo・Softbank・au)で使っていたiPhoneを持ち込む場合は、契約時に格安SIM独自の保証へ加入することができるMVNO(格安SIMの会社)があります。 また、iPhoneと格安SIMをセット購入した場合は、より手厚い保証を受けることができることもできます。 Apple storeで購入したSIMフリーのiPhoneは、Apple careの保証と比較して、条件の良い方を選びましょう。 iPadでも格安SIMは使える? iPadのcellularモデル(LTE対応モデル)でも格安SIMを使うことができます。 ただし、iPhoneと同じく大手キャリア(docomo・Softbank・au)のSIMロックがかかっていることもあります。 iPadもで、SIMフリー端末の購入がおすすめです。 デュアルSIMのiPhoneでも使える? iPhone XR、iPhone XR MAX、iPhone XRなどのデュアルSIMのiPhoneでも利用可能です。 用途に合わせて格安SIMを使い分けることで、より快適にお得にiPhoneを楽しめるようになります。 iPhoneのアプリはどうなるの? IPhoneを格安SIMに乗り換えても、アプリには全く影響を与えません。 LINE・Instagram・Facebook・Twitter・YouTubeなどの大人気アプリも今まで通り、使い続けることができます。 こんな方におすすめ• とにかく安い料金でiPhoneを使いたい人• 2年縛りにとらわれたくない人• 使い方や目的が決まっている人• 家族などで複数台のiPhoneを使いたい人• 契約を自宅でマイペースで済ませたい人• 長時間の音声通話を使わない人• 外出先でPCでテザリングを使いたい人 とにかくiPhoneの料金を安くしたい人、契約台数の多い人(ご家族で契約)に格安SIMは本当におすすめです。 好きな時に「解約」や「乗り換え」ができない不自由さを味わうこともありません。 さらに、iPhoneをWi-Fi環境で使う機会が多い人は、格安SIMで大きく無駄を省けます。 格安SIMは余分なサービスをなくして、iPhoneで通信をするために本当に必要な機能だけを備えています。 これからは、SIMフリーのiPhoneで格安SIMを使って、安い料金で好きな時にキャリアを自由に乗り換える時代です。 ユニオン UQモバイルおすすめの最新キャンペーン 当サイト「アイモバ!」一押し!UQモバイルのおすすめ最新キャンペーンです。 特に、Softbankからの乗り換えにおすすめの格安SIMで、安い料金や通信速度に定評があります。 近年は断トツで契約者も多く、とても人気のあるおすすめの格安SIMです。 LINEモバイルおすすめの最新キャンペーン SNSをよく使う学生・若い人へおすすめのLINEモバイルの最新キャンペーンです。 4種類のSNS(LINE・Instagram・Twitter・Facebook)が、通信量を気することなく使用できる(使い放題)ようになります。 さらに、「LINE MUSIC」が使い放題になるプランもあり、音楽を楽しみたい人にもおすすめの格安SIMです。 IIJmioおすすめの最新キャンペーン 複数台持ちや家族向けにおすすめのIIlmioの最新キャンペーンです。 格安SIMの老舗ブランドで、長年、第三者機関の顧客満足度で高い評価を獲得し続けてきました。 キャンペーンも充実しているので、お得に格安SIMを使いたい人におすすめの格安SIMです。 mineo マイネオ おすすめの最新キャンペーン 格安SIM選びで迷ったらコレ!安心感を求める人におすすめのです。 全国の主要都市に店舗を構えていたり、ネット上でのサポートも充実しているなど、困った時の助け舟が充実しています。 社長が3大キャリアへ対抗心を燃やしており、業界で最も勢いのあるおすすめの格安SIMです。 BIGLOBEモバイルおすすめの最新キャンペーン 通信量を気にせずYouTube動画を見放題にしたい人におすすめのBIGLOBEモバイルの最新キャンペーンです。 BIGLOBEモバイルの「エンタメSIM」なら、外出先でYouTube動画が見放題!Apple Musicが聞き放題!になります。 が、絶対に持っておきたいおすすめの格安SIMです。 U-mobileおすすめの最新キャンペーン たくさん通信量を使いたい人におすすめのU-mobileのおすすめキャンペーンです。 特に、docomoからの乗り換えにおすすめの格安SIMで、モバイル通信料金が半額以下になることもあります。 全国92,000箇所で無料で使えるWi-fiスポットもあるため、通信重視で使いたい人におすすめの格安SIMです。

次の

iPhone 11におすすめの格安SIMはこれ!大手キャリアよりもお得か比較

格安 sim アイフォン

<iPhone定価表> 64GB 128GB 256GB 512GB iPhone11 Pro Max 131,780円 - 149,380円 173,580円 iPhone11 Pro 117,480円 - 135,080円 159,280円 iPhone11 82,280円 87,780円 99,880円 - iPhoneXR 71,280円 76,780円 - - iPhone8 Plus 69,080円 74,580円 - - iPhone8 58,080円 63,580円 - - docomoなどキャリアで買えば『端末代金実質半額!』と謳ってたりしますが、これは通常料金が高すぎて余裕で儲かるからで買う側は何もメリットがありません。 そこで最近主流なのが iPhoneの端末だけ別で購入する方法。 これを格安SIMなどで運用するのが最も安くiPhoneを利用できる方法になります。 高額なiPhone定価を見てると気が遠くなります。 でも、 上手に買えばiPhoneは格段に安く買うことができるんです! iPhoneを本体だけ購入する場合の一番安くて賢い買い方を紹介したいと思います。 ・SIMカードの入っていないスマホのことを白ロムといいます。 スマホ販売に特化している分とにかく品揃えが豊富で、最新機種から古参の機種まで幅広いです。 スマホアウトレットサイトの最大の特徴は、 新品なのに安い値段で売られていたり、ほぼ新品同様のワケあり品(少し傷がついてしまった物など)が破格の値段で売られていること。 アウトレットという名の通り、 普通に買うのと変わらない品を安く買うことができるので超オススメです。 また、中古品も売っているので、中古でも構わないという方はさらに安く手に入れることもできます。 スマホアウトレットサイトを使うなら、ムスビーかイオシスがおすすめ。 新品iPhoneが最安で買える「ムスビー」 ムスビーは圧倒的な在庫の多さが特徴で、 特に未使用品なのに破格の安さでiPhoneが買える絶好の穴場です。 上の画像の製品だと、 新品未使用のiPhone8が送料や手数料などコミコミで49,348円で購入可能。 SIMフリーなので どのキャリアでも使えて、 購入の翌日には発送してくれます。 このような端末がたくさんあり、中古ならさらに安く買うことができます。 また分割購入や端末補償をつけることもできるので、普通に店舗で買うのと変わらない感覚でiphoneを安く買えるのはかなりありがたいです。 ムスビーは明朗会計、発送の早さや補償の手厚さなどが特徴な最大手で、iPhoneを買い替える時には欠かさずチェックしたいサイトです。 ムスビーと違って中古品が中心の取り扱いになっていますが、その分値段もかなり安く新品にこだわらない人に特にオススメ。 購入するのに 会員登録が不要であったり、 Amazonアカウントで即時決済できる利便性も魅力。 クレジットカードの 分割払いも可能です。 中古のiPhoneを破格の値段で買うなら、イオシスは必ずチェックするようにしておきましょう! 安い理由としては、店頭販売よりネットで売ったほうが人件費や店舗費など諸々カットできるからですね。 買いに行く手間も省けてとても便利です。 ただし、楽天やAmazon、Yahooショッピングではそれほど豊富にiPhoneの在庫は無く、割引額もそこまで大きくはありません。 手軽に安く買うには最適ですが、もっとガッツリ安い製品を探して買いたいという人には、次のスマホアウトレットサイトでの購入をおすすめします。 楽だし端末代に月々割引を受けられます。 でも、キャリアでiPhoneを買うのだけは避けたいところ。 キャリアは毎月の携帯料金を思いっきり高くして、機種代なんてタダにしても問題ないくらい利益を上げています。 キャリアの端末割引は程の良い詐欺で、結果的に定価以上の価格でiPhoneを買っているのと同じです。 iPhoneを安く買いたいってことは、節約したいと思っているはず。 もしまだキャリアを使用しているなら、格安SIMへの乗り換えも考えてみてください。 iPhone代なんて比にならないくらい、年間何万・十何万と節約できますよ! 格安SIMに乗り換え、さらにiPhoneも安い方法で手に入れればトータルでかなりの節約ができます。 また、iPhoneは最近では格安SIMでも買える会社が増えてきています。 ただし、 最新機種のiPhoneはなかなか供給が追いつかないので、少し前の型でも良いという人限定になります。 少し前の型で良いなら、格安SIMに乗り換えるタイミングでiPhoneを買ってしまえば自分でiPhoneを別途購入する手間も省けるのでオススメ。 iPhoneの分割料金と合わせても月額3,000円〜4,000円ほどに抑えることが可能です。 iPhoneが買える格安SIMでオススメなのは、LINEモバイル・UQモバイル・ワイモバイルの3社です。 LINEモバイル x iPhoneで最安最速のスマホ生活を! LINEモバイルは2018年3月にソフトバンクに買収されました。 LINEモバイルの場合、この買収がとても良い形でサービス品質のアップに活かされています。 これまでの格安の料金形態はそのままに、ソフトバンク回線の超高速化とiPhoneの自社販売を可能にしたのです。 現在LINEモバイルで買えるのはiPhoneSEのみですが、それでも抜群のコスパを誇る人気シリーズのiPhoneSEを月額1,340円から購入可能です。 LINEモバイルのソフトバンク回線は通信速度もブッチギリで早く、現状ソフトバンク本家と速度に差はありません。 これだけの品質でiPhoneも買えてこの価格というのは魅力的。 もちろんソフトバンクからの乗り換えでも同じ値段です。 もしiPhoneSEでの格安スマホ利用を考えているなら、LINEモバイルでiPhoneを運用するのは今最も賢い手段と言えるでしょう。 ぜひ一度チェックしてみてください。 UQ mobileならiPhone7・iPhone6sが買える UQモバイルではiPhone7とiPhone6sの購入が可能です。 UQ mobileはauの子会社なので通信速度などはキャリアと同じ品質を維持しつつ、キャリアよりはかなり値段が安くなる「半格安SIM」なのが特徴。 特に UQモバイルの通信速度品質については常にトップを維持していて、今もこれからも快適に通信できる安心感は最大の魅力。 単純にキャリアと同じ速度で値段だけ安くなるので、キャリアから乗り換えるなら得しかない会社です。 注意点として、auから乗り換える場合は乗り換え割が適用されずに割高になってしまうので気をつけましょう。 auならワイモバイルに、ソフトバンクならUQモバイルに乗り換えるのが一番お得です。 最新のiPhoneにこだわらなければ、ここまで安い月額で新品のiPhoneが使えます。 iPhone7も6sも非常に高性能なので、過剰な機能が要らないなら最もコスパが良いんじゃないでしょうか。 要チェックです。 mobileでもiPhone7・iPhoneSE・iPhone6sが購入可能 Y! mobile ワイモバイル では、UQモバイル同様にiPhoneSEとiPhone6sを買うことができます。 ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、auの子会社であるUQモバイルのソフトバンク版といったかんじです。 基本的に品質も価格も似ていて、ソフトバンクからの乗り換えは割引適用外になります。 そのためdocomoやauからの乗り換えが一番安くなってオススメです。 その他は料金的にもサービス内容もほぼ同じと考えて大丈夫です。 そして、 人によってはさらにiPhoneを安くできる方法があるのでご紹介します。 iPhoneは壊れていても高く下取りしてもらえる iPhoneを買い換える時、 前のiPhoneは下取りに出してしまうのがオススメです。 iPhoneは人気が高く部品も高品質なので、キズがあっても、付属品が無くても高値で売れます。 また、仮に液晶がバキバキに割れていたとしても下取りに出すことができます(値段は下がります)。 私はもし新しいiPhoneが壊れてしまった時に備えて古いiPhoneも保管していたのですが、結局使うことはありませんでした。 それなら、一番高く売れる乗り換えのタイミングで売ってしまった方がお得だと気づいたのです。 ちなみに、下取りをする際は、というサイトが断然オススメ。 ネットで申し込めば取りに来てくれ、数日後には振り込んでくれるという便利さ。 この下取り金額を新しいiPhone購入費にあてれば、iPhone代をさらにガツンと下げることができます。 私もiPhone買い替え時には欠かさず利用しているおすすめのサービスですよ!もちろんAndroidの買取もしてくれます。 iPhoneの一番安くて賢い買い方まとめ 最後に、本記事の最もiPhoneを安く利用する方法についてまとめたいと思います。 まずは格安SIMに乗り換えるのが一番効果的 iPhoneを安く買う目的は節約することです。 せっかくiPhoneを安く買っても、それ以外の部分が高くついてしまっては元も子もありません。 もし今キャリアを利用していてiPhoneを安く買いたいと思っているなら、まずすべきことは格安SIMへの乗り換えです。 iPhone1台分のお金くらい、格安SIMに乗り換えれば1年もあれば回収できます。 格安SIMが粗悪で乗り換えの面倒なイメージがあるなら、本当にそうなのか一度考えてみましょう。 日本のキャリアのスマホ料金は異常に高く、政府が何度も警告を出しています。 つまり本来適度な利益を確保するのに十分な料金の倍以上の料金設定がされているということです。 キャリアは完全な独占市場なのでこういった事態が普通に起こってしまうのです。 乗り換えもネットで完結するので、スマホショップに並ぶ必要なんてありません。 正しい会社選びをすればサービス品質が低下することも無いのです。 格安SIMへの乗り換えに少しでも興味があるなら、ぜひ迷わずに一歩踏み出してみてください。 これが、iPhoneの一番安くて賢い買い方。 そしてiPhone本体の購入ルートは、.

次の

格安SIMでiPhoneを使用する方法|おすすめ事業者や注意点を解説

格安 sim アイフォン

iPhoneが使える相性の良い格安SIMを紹介します。 現在、iPhoneを持っていてキャリアで使っているけど、スマホ代が高いので料金を下げたい。 そこで格安SIMを利用してみたいけど、iPhoneはそのまま使えるのかわからない。 このように感じている人はかなり多いです。 そこで今持っているiPhoneを機種変更せずにそのまま利用できる格安SIMを紹介します。 ドコモとauはSIMカードの交換でiPhoneが使える 格安SIMはスマホの電波のやり取りを行う通信基地を持っていません。 しかし、すでに大規模な通信基地を持っているドコモ・auから通信網を借りて格安SIMを運営しています。 そのためドコモの通信基地を借りて運営している格安SIMはドコモと同じ電波を使って情報を発信していることになります。 この同じ通信基地を使って電波のやり取りを行っていることで、 ドコモで購入したiPhoneならドコモの通信基地を利用した格安SIMを選ぶと、SIMロックを解除しなくても利用可能です。 つまり、iPhoneに入っているドコモのSIMカードを格安SIMで購入したSIMカードと入れ替えるだけで、iPhoneが格安SIMで使えるようになります。 これはドコモだけではなく、auも同じでauの通信基地を借りている格安SIMならauから購入したiPhoneをSIMロック解除なしで格安SIMに乗り換えることができます。 ソフトバンクで購入したiPhoneは、ソフトバンクの通信基地を借りている格安SIMがないので 「SIMロック解除」する必要があります。 auのiPhoneが使えるau系格安SIMはmineoとUQ mobileの2種類しかありません。 オススメ ソフトバンクはiPhone6sから格安SIMで使える ソフトバンクで購入したiPhoneはiPhone6s以降に発売された機種ならSIMロックを解除してから格安SIMで利用できます。 iPhone6s以前に発売された次の機種は「SIMロック解除」ができないので格安SIMでは使えません。 2015年5月に総務省によるSIMロック解除の義務化が各キャリアに告げられたのはご存知でしょうか。 このSIMロック解除義務化により、キャリアは利用者からSIMロックの解除を求められたらSIMロックの解除を行う義務が生まれました。 でも、SIMロック解除の義務化が出来る前に発売されたiPhoneは、義務化の適用外のためSIMロックが解除できません。 つまり、SIMロックの解除は2015年5月を境に発売されたiPhoneで出来るか出来ないかが決まります。 ちょうどiPhone6sがその時期に当たります。 iPhone6s以後のiPhoneはSIMロック解除ができますが、iPhone6s以前の機種はSIMロックの解除ができません。 ソフトバンクは格安SIMと相性が最悪です。 ソフトバンクは格安SIMと相性が悪い ソフトバンクは格安SIMに通信基地を貸していないので必ずSIMロックを解除して異なるキャリアのネットワークを利用しないといけません。 そのため 格安SIMとの相性が悪いです。 キャリアはそれぞれ異なった通信方式で電波のやり取りを行っているのでキャリア端末とSIMカードには相性があります。 キャリア末端と格安SIM回線の相性が合わないとネットワーク接続するまでに時間が掛かったり、動作しなかったりなどの 問題が発生する場合があります。 実際に格安SIMの公式サイトにある「動作確認済み末端」ではソフトバンクのスマホは一つも掲載されていません。 逆にソフトバンクのスマホをSIMロック解除して利用する場合は動作保証しませんので自己責任でご利用くださいと注意してあります。 そのためSIMロックの解除ができるiPhoneでも格安SIMで使うならドコモまたはSIMフリーのスマホに乗り換えたほうが良いです。 格安SIMではSIMフリー末端とSIMカードのセット販売もしているので、もし乗り換えるならそちらのセットを購入していただくと、相性とか面倒な調べごとを一切する必要がありません。

次の