マイ ジャグラー 3 設定 差。 マイジャグラーIIIの設定判別と設定差・機械割・期待収支を徹底攻略!

【解析・設定差】マイジャグラーⅢ

マイ ジャグラー 3 設定 差

ページコンテンツ• 1 96. 46 99. 7 101. 85 104. 1 107. 47 111. 4 リセット判別 対策がなければガックンチェックが可能。 スペックは変わらずハイスペックで、高設定が入るのならば狙いたい機種ですね! 今作はプレミアの要素も増えて、ゴーゴーランプのクオリティーも上がりました。 設定看破の軸となるのは何といっても 単独レギュラー確率。 設定1と 設定6では 約2倍ほどの差がありますね。 チェリーをフォローしつつ 単独レギュラーボーナスを見極めましょう。 ジャグラーの中で最も看破のしやすい機種の一つであるといえますね! 4.

次の

マイジャグラーIIIの設定判別と設定差・機械割・期待収支を徹底攻略!

マイ ジャグラー 3 設定 差

マイジャグラーの設定6のボーナス確率と機械割は、現役のジャグラーシリーズの中で最強です。 みんなのジャグラーの設定6だけは話が別なのですが、みんなのジャグラーは設置が少ない上に設定が入らない機種ですからね・・・ マイジャグラーは設定5と設定4についても、他のジャグラーシリーズの設定5と設定4に比べると、ボーナス確率&機械割が非常に高くなっています。 よって、 マイジャグラーの高設定は非常に勝ちやすいと言えます。 安定して出ボーナスを引けます。 ついでに、ぶどう確率も良好でコイン持ちもいいです。 また、 マイジャグラーのREG確率は、高設定と低設定の差が大きいので、設定判別もしやすい!・・・と、言いたいところなのですが、これは少し事情があります。 マイジャグラーは 設定1と設定2のREG確率の差が非常に大きいです。 これが何を意味するかと言うと・・・ 設定1と高設定のREG確率の差は大きいが、設定2と高設定のREG確率の差は小さい、となります。 なので、ほとんどの台が設定1で、その中にポツンと高設定がある状況ならば、REG確率を基準にして、その高設定を見つけ出すことはかなり簡単です。 ですが、設定2がたくさん入っている状況の中から高設定を探し出すことは、かなり難しくなってしまいます。 以上の理由から、マイジャグラーで設定2を入れる店には注意が必要です。 いじわるな店は意図的にマイジャグラーの設定2を大量投入します。 そこに稼働が付くと、「偽高設定 本当は設定2 」が何台も発生し、客側は目を血走せながら、設定2をブン回すことになってしまいます。 「マイジャグラーの高設定は、機械割が高いから絶対に勝てるぞ!」と・・・ マイジャグラーの最新作「マイジャグラー4」は、他のマイジャグとは少し話が変わります。 マイジャグ4を特別扱いしている店が多いことから、他のマイジャグとは設定配分が変わる場合があるからです。 マイジャグ4の高設定 設定6を含む の特徴や狙い方はこちらに詳しくまとめましたので、興味のある方はご覧下さい。 それにともなって、他のジャグラーシリーズの高設定に比べて、アイムジャグラーの高設定の機械割もかなり低くなっています。 また、合算確率もあまり高くないので ひ、ひどいですね・・ 、 アイムジャグラーの設定4は多くの店で「高設定」として扱われていないようです。 アイムは店側が高設定を入れたい時は設定5を入れる場合がほとんどです。 設定4ではボーナス確率と機械割が低すぎて、高設定を入れている店としてのアピールができないからです。 そして、設定6もほとんど使われません。 18)で設定6の機械割を上げています。 これでは、店側からすると、アイムでは設定6を使っても設定5を使っても、アピール具合は大して変わらないことになり、設定6ではなく設定5が使われることになります。 全体的にボーナス確率の低いアイムジャグラーのスペックの中で、アイムの設定5のREG確率はそこそこの数値になっています。 実際にアイムジャグラーでそういう挙動をしている台を目撃したことがある人は多いでしょうし、実際にそういう台を打って苦しんだことがある人も多いでしょう。 これがアイムジャグラーの高設定のデフォルトの仕様です。 BIGもREGも調子よく引いているアイムジャグラーを見かける場合もあるかもしれませんが、そういうのは、高設定の台の中でも調子よく引いているごく一部の台です。 BIGもREGもたくさん引いている台を狙うことは問題ないですが、REGだけたくさん引いている台を狙うことと、価値は同じです。 どちらも設定5の可能性が高いです。 これは、他のジャグラーシリーズに比べて、ぶどう確率が悪く、コイン持ちが良くないことが原因です。 18) また、ゴーゴージャグラーの設定4以上はBIG:REGの比率がほぼ1:1になります。 設定5以上は完全にBIG:REGの比率が1:1になります。 つまり、どういうことかと言うと・・・ ゴーゴージャグラーの高設定はボーナスをガンガン引きまくるのですが、ボーナスのREG比率が高いことと、コイン持ちが悪いことがあだとなって、あまりコインが増えて行かないのです。。 ペカりまくり状態で大興奮しながら打っていて、気付いた時には収支が「ちょいプラス」くらいになっていて、「あれだけ連チャンしたのに、こんなもんか・・・」と少し悲しくなるのが、ゴージャグの高設定の挙動です。 また、他のジャグラーシリーズに比べて、ゴージャグは低設定域のボーナス確率も非常に高くなっています。 これは、 「ゴージャグは低設定が調子よく引いている台を高設定と勘違いしてしまう可能性が非常に高い台」という事実につながります。 この事実が、先ほどの「連チャンしてもあまりコインが増えない」というゴージャグの挙動とあいまって、さらに 「高設定でもあまり出ない台」というイメージになってしまいます。 高設定だと思われる台の中で、実は低設定のまぐれ噴きだったという台が、他のジャグラーシリーズに比べて多いからです。 さらに、 ゴーゴージャグラーは他のジャグラーシリーズに比べて、高設定台を高設定台だと確信しづらい機種だと言えます。 理由は上で説明したように、「コインがあまり増えない」ことと、設定1でも 低設定でも ボーナス確率が高いこと、からです。 また、店側からすると低設定でも機械割が高いゴーゴージャグラーには、あまり高設定を入れたくなりません。 低設定で利益が出ないから高設定を入れづらいのです。 また、 低設定でもまぐれ噴きで高設定のように見える可能性が高い機種には、わざわざ本物の高設定を入れる必要もないからです。 以上のように、ゴーゴージャグラーの高設定は、いかんともし難い特徴があります。 ただ、ゴーゴージャグラーは人気機種なので、設定台数が多いホールでは、一定の台数の高設定がある場合が多いようです。 ちなみに、ゴーゴージャグラーにはおまけ的に 「プレミアの3秒フリーズが出ると高設定の可能性が高まる!」という要素があります。 詳しくはこちらにまとめていますので、興味のある方はご覧下さい。 ジャグラーシリーズの高設定の挙動に違いがある理由 ジャグラーの機種 種類 によって高設定の挙動に差が出るのには理由があります。 その理由をしっかり把握すれば、実際にホールで高設定をつかめる可能性を高めることが出来るかと思います。 以下にその理由を説明します。 スペックが違うから高設定の挙動が変わる ジャグラーシリーズのボーナス確率や機械割は、機種ごとに特徴があります。 上で説明した、マイジャグラー・アイムジャグラー・ゴーゴージャグラーの3つの機種の高設定のスペックには、それぞれの特徴がありました。 アイムジャグラーのように高設定でもBIG確率があまり良くない機種は、当然ながら 「高設定を打っていても、BIGがあまり引けなくて負ける」という挙動が多くなります。 逆にゴーゴージャグラーのように、「ボーナス確率が高い割には機械割が低い機種」では、高設定台を打ったとしても、 「良く連チャンするのに、あまりコインが増えなくて、大して勝てなかった」という結果が多くなります。 マイジャグラーの高設定には、こういったマイナスの特徴はないです。 マイジャグの高設定は、ボーナス確率も機械割も高いです。 設定6はプレミアム級のボーナス確率と機械割ですし、設定5と設定4も、それぞれジャグラーシリーズの設定5と設定4にしては、かなり高いです。 マイジャグの高設定のような完全無欠の高設定は、ホール側が簡単に取らせまいとして迷彩をかけてきます。 その結果として、客側のマイジャグの高設定のイメージが変わります。 このことは、他のジャグラーシリーズにも通用する場合があります。 以下に説明します。 設定配分の違いから高設定の挙動が変わる ように見える マイジャグを10台設置している店で、毎日設定5を1台入れると仮定してみます。 1台入る設定5以外の設定が、全て設定1の場合と、全て設定2の場合では、高設定である設定5の台の挙動が違って見えます。 なので、 マイジャグの設定5以外の台が全て設定1ならば、ある程度稼働が付けば、そのシマの設定5のマイジャグはほぼ発見されます。 ほぼ確実に設定5だろう台が発見されると、他の台は低設定だということになり、その設定5の台だけ稼働が付くような状況になります。 その結果、設定5の台は回転数が多くなって、さらに確実に設定5だと思われる数値に近付いていく可能性が高いです。 そのシマのマイジャグの設定5以外の台が全て設定2ならば、かなり状況が変わります。 なので、そのシマにある程度の稼働がついた場合、設定2の台の中で、設定5クラスかそれ以上にREGを引く台が現れる可能性があります。 そうすると、そのシマを見ている人間は、その台が設定5だろうと勘違いして、他の台の稼働が下がります。 その結果、 本物の高設定の設定5の稼働は下がり、偽物の高設定の設定2の稼働が上がります。 偽物の高設定の設定2は、低設定で機械割が100%以下の台なので、打てば打つだけ少しずつ出玉が飲まれていきます。 このような状態を「マイジャグの設定5は出だしだけ調子の良い挙動をする!」と勘違いしてしまう可能性があります。 そして、たまに本物の設定5が発見された場合は、本物の高設定に稼働が付くことになり、閉店まで調子よくボーナスを引く可能性が高いです。 この状態を「マイジャグの設定5は、たまにしか閉店まで出続けない。 ほとんどの場合は、途中で息切れする。 」などと勘違いしてしまう可能性もあります。 このような「出玉の演出」を店側が設定配分を調整することによって行っているのが、現在のホールのジャグラーの状況です。 特別な挙動をしている台に目がいってしまうから挙動が違うように見える 誰しも、その店で一番極端な挙動をしている台に注目してしまうものです。 そして、 一番極端な挙動をしている台の極端さは、その店の設定台数と稼働率によって決まります。 設定配分によって決まるわけではないです。 大型店でも小型店でも、設定配分については、そこまで大きくは変わらないはずです。 なので、例えば「その店のその日の最高出玉」などは、大型店の方が高くなることは簡単に予想できます。 設定配分が同じだとしても、トータルで高設定の台数は大型店の方が多くなりますし、それを打つ人の数も大型店の方が多くなるからです。 マイジャグラーで、その日の最高出玉が2000枚の店と7000枚の店だったら、7000枚の店の方のマイジャグラーの方の挙動がいいように感じてしまう可能性はないでしょうか? ジャグラーの設定台数が多い店では、ジャグラーのあらゆる挙動を多く見ることが出来ます。 良い挙動ばかりに注目する癖のある人は、大型店の「高設定のジャグラー」の挙動の方が小型店の「高設定のジャグラー」の挙動に比べて良く見えます。 悪い挙動ばかりに注目する癖のある人は、大型店の「低設定のジャグラー」の挙動の方が、小型店の「低設定のジャグラー」に比べて、挙動が悪く見えるはずです。 専業 プロ はジャグラーの高設定の「違い」に敏感 このように、ジャグラーは機種によって、実際に高設定の挙動が変わったり、もしくは変わったように見えたりします。 そういった、 ジャグラーの機種による、実際の違いや見かけ上の違いについて、専業 プロ はとても敏感です。 違いに惑わされるか、違いを見破ることができるかによって、高設定をつかめる可能性が大きく変わるからです。 専業 プロ 目線でのジャグラーのおすすめ機種については、こちらに詳しくまとめているので、興味のある方はご覧下さい。 30 ハッピージャグラーは高設定のスペックや挙動に特別な特徴はないです。 現役のジャグラーの高設定台の中では、一番一般的なスペックと挙動の台だと言えます。 あえてハッピージャグラーの高設定の挙動について何かを言うならば 「ハッピージャグラーの高設定はぶどう確率が高い」ことです。 現役のジャグラーシリーズはふどう確率の差が小さい機種ばかりなので、ぶどう回数を数えても、設定推測にとってあまり意味のない機種がほとんどです。 よほど高設定が期待できる日に朝一から気合を入れて打つ時くらいにしか、現在のホールでジャグラーのぶどう出現率を計算する意味はないです。 ですが、現役のジャグラーシリーズの中でも、ハッピージャグラーだけは設定判別 推測 のためにぶどうを数える意味がある機種です。 低設定と高設定のぶどう確率が差が大きい上に、設定4以上からグっと高くなっているからです。 ハッピージャグラーのその他の特徴としては・・・ ハッピージャグラーは設定1と設定2の機械割がかなり低いことが特徴です。 なので、ある程度稼働が付いているハッピージャグラーのシマには、高設定が入りやすいと言えます。 低設定でしっかり利益が出せる機種ならば、店も安心して高設定を入れることが出来るからです。 ただ、最近ではハッピージャグラーも登場してから年数が経っているので、稼働もあまり高くなく、設置台数も少ない店が多いです。 こういった店では、ハッピージャグラーには一切高設定が入らない可能性もあります。 この辺りは気を付けるべきです。 実際の機械割はこの数値より若干高くなります。 スーパーミラクルジャグラーの高設定の特徴は、他のジャグラーシリーズの高設定に比べて、 設定4・設定5・設定6ともにBIG確率が高く、設定4・設定5・設定6ともにREG確率と合算確率が悪いことです。 超BIG偏向型のスペックになっています。 また、REG確率は、設定5>設定6>設定4、の順になっています。 設定6のREG確率より設定5のREG確率の方が高いのです。 さらに、設定6と設定5の合算確率がほとんど変わらず、BIG:REGの比率のみで機械割の差を作っています。 スーパーミラクルジャグラーは、一言でいうと「わけわかんないジャグラー」です。 合算のボーナス出現率が高ければ、なんとなく「高設定かもしれないな~」くらいは判断できますが、それが設定4なのか設定5なのか設定6なのかの予想は極めて難しいです。 さらに、先ほど説明したように「ジャグラー高設定は設定配分によって挙動が変わる」ことを考えれば、店の工夫次第でミラクルジャグラーの高設定の挙動はいかようなりもできてしまうことになります。 「スーパーミラクルジャグラーの高設定は、ありとあらゆる挙動を取る可能性がある。 」という結論になります。 その他のジャグラーの高設定の挙動 他のジャグラーは設定台数が少ないので、高設定が入りにくいかもしれません。 高設定が一切入っていないジャグラーのシマでは、どんな挙動を示す台があったとしても、それは高設定台ではありません。 その辺りをふまえた上で、以下の機種の高設定台の特徴と挙動を参考にしてみて下さい。 ファンキージャグラーの高設定の挙動 ファンキージャグラーもスーパーミラクルジャグラーと同じ、BIG偏向タイプのジャグラーの機種です。 ただ、全設定を通してREG確率は低めです。 一応、REG確率は段階的に差が付けれられているので、設定判別 推測 には利用できます。 ですが、機械割の大部分がBIGに依存しているので、設定は判別 推測 しづらいです。 設定4・設定5も同様に機械割はまあまあだけれども、判別 推測 しづらくなっています。 まとめると、 「ファンキージャグラーの高設定の特徴は、機械割は高いものの、設定判別 推測 しづらい」となります。 BIG連打でガンガン出玉を増やすのがファンキージャグラーの高設定の挙動です。 ですが、だからといって、BIGをガンガン引いているのが高設定だとは言い切れないのが、ファンキージャグラーの悲しいところです。 ジャグラーガールズの高設定の挙動 ジャグラーガールズの高設定は、設定4&設定5と、設定6の間に大きな違いがあります。 設定4と設定5は、REG確率と合算確率がそこそこ高く、機械割もまずまずです。 なので、ジャグラーガールズの設定4と設定5は、ボーナスはちょいちょい引くものの、あまりコインは増えない設定です。 ジャグラーガールズの高設定の特徴は「設定6>>>>>設定5>設定4」のように、設定6と設定5の間には大きな壁がある、ということになります。 みんなのジャグラーの高設定の挙動 みんなのジャグラーの設定6は、5号機のジャグラー最高の合成確率&機械割を誇っています。 94、機械割が112. みんなのジャグラーは中押しをすることによって、簡単に全ての小役が取得可能です。 機械割112. 一応、みんなのジャグラーは設定4と設定5もそこそこ高い合算確率と機械割になっています。 ただ、みんなのジャグラーは、北電子創業50周年を記念してユーザーの意見を取り入れて制作されたジャグラーということで、 通常のジャグラーの台数規模ではホールに販売されていません。 ごく限られた台数で各ホールに設置されているはずです。 なので、「高設定を目撃する機会が極めて少ないジャグラー」と言えます。 それでも、発売当時にジャグラーを多く設定している店では、看板台としてみんなのジャグラーに高設定を入れる場合もありました。 中には、みんなのジャグラーに設定6を入れる強い店もありました。 ですが、それは昔話ですね・・・ 今では、ホールの片隅でひっそりと設置され、遊び程度に打たれているくらいです。 僕は過去に一度だけ、設定6だと言い切れるみんなのジャグラーを打ったことがあります。 たしか、7000枚くらい勝ちました。 BIGもREGもぶどうも、全て設定6の数値を上回りました。 あの時は、記念にサイトセブンのデータをスクリーンショットで保存したんですよね。 あの画像出てこないかな。。 あのころは、このようなジャグラーのサイトを作るなんて思っていなかったんで、そういう画像データを保存しておく意識が低かったです。 出てきたら、是非、ここにアップしたいと思います! まとめ ジャグラーの高設定は色々な挙動をします。 なぜ、高設定がそういった挙動になるのかを知っていれば、そういった挙動の台を目撃した時に高設定をゲットできるチャンスが増えます。 正しい高設定の挙動を知っていれば、一見高設定に見える設定2~中間設定のまぐれ噴き台を、高設定と勘違いして打ってしまうことも減るかもしれません。 ジャグラーで勝ちを目指すならば、ジャグラーの機種別スペックと、そこから生まれる機種別の高設定の挙動を知るべきです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

現行ジャグラーシリーズ 設定判別・スペック・設定差・期待収支・立ち回り解析攻略まとめ

マイ ジャグラー 3 設定 差

5月5日はジャグラーの日 これを書いているのは 5月5日だ。 世間一般には子供の日だが 我々、スロッターにとっては GOGOの日 去年の5月5日は朝から並び300人いる中、見事抽選で1桁を勝ち取り狙い台の マイジャグラー4に座ることができた。 2,000GでBIG8 REG14のようなゴリゴリの高設定挙動で完全にもらったと思ったのだが結局夕方には全飲まれして数値も中間設定くらいに落ちてしまい泣く泣く撤退した。 また一昨年も ファンキージャグラーを朝から打ち、3,000枚ほど勝つことができた。 普段は朝からジャグラーを打つことはないのだが毎年5月5日はやはりジャグラーを打ってしまう。 正月にお雑煮食べるようなものだ。 5月5日にジャグラーを打つというのはもはや行事なのだ。 しかし今年はステイホーム。 残念だが状況が状況なだけに仕方がない。 ジャグラーシリーズのイベント日の差枚数 調査ホールについて 総台数 約800台 パチンコ500台スロット300台 ジャグラーシリーズは約100台設置 特徴 交換率は5. 6枚交換 駅前店で客層は幅広い。 イベント日 月に3回特定日があり朝から数百人が並ぶ。 イベント日のジャグラーの稼働は20,000枚近く入る。 サンプル数 サンプル件数 3,080件 サンプル機種 ・マイジャグラー4 ・マイジャグラー3 ・アイムジャグラーEX ・ファンキージャグラー ・ゴーゴージャグラー2 約8ヶ月分のイベント日の集計になります。 差枚数ランキング では、さっそく差枚ランキングから見ていきましょう。 アイムが1件だけランクインしてます。 設定5だけどw 万枚はサンプル件数3080件の中で1件だけと例えイベントでもそうそうでるものじゃないですね^^; 一度は出してみたい・・・。 機種ごとの差枚数 続いて機種ごとの差枚ランキングをみてみましょう。 なお、マイジャグ3とマイジャグ4は総合ランキングの上位を占めているのでここでは割愛させていただきます。 マイジャグ以外のジャグラーシリーズも出ていることは出ているけどやはりマイジャグに比べると弱いですね。 理由は ・ マイジャグのスペックが高い。 ・ 一番人気があるので回される。 ・ 一番人気があるので設定状況もいい。 といったところですね。 ちなみに イベント時のジャグラー全体の差枚数は 293枚(客の勝ち) 機械割は 101. ジャグラーが強いというイメージが定着しているお店なのでイベント日にはそこそこ設定が入ってますが交換ギャップがあるのでこれで利益的にはちょい 赤字くらいです。 通常営業で楽勝で利益確保ができますのでこのくらいは全然出すことはできます。 今回は以上になります。 ぜひ今回の記事を参考に休業明けのホールで設定6をつもってください! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の