ラインモバイル iphone。 【LINEモバイル】ソフトバンク回線のナノSIMとiPhone専用ナノSIMの違いとは

LINEモバイルでauのスマホは使える?回線の特徴や乗り換えの注意点を解説

ラインモバイル iphone

LINEモバイルで使えるiPhone11 どのiPhone11も使える iPhone11は大きくSIMフリー版(アップルストアで購入)とキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンクで購入)に分かれます。 SIMフリー版はLINEモバイルのドコモ・au・ソフトバンクの全回線で使用できます。 また、 キャリア版もSIMロック解除すれば全回線で使えます。 SIMロック解除していない端末は、ドコモ版iPhone11はドコモ回線で、ソフトバンク版はソフトバンク回線で、au版はau回線で使えば問題ありません。 AppleでSIMフリー版を購入 iPhone11をこれから購入する方は、アップルストアで購入しましょう。 アップルストアでは、LINEモバイルのSIMカードを挿して使用できるiPhone11の 「SIMフリー端末」が購入できます。 店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。 また、SIMロック解除すればどこで買ったiPhone11も全回線で使えるようになります。 個人的には、SIMロック解除が不要な組み合わせでもSIMロック解除しておくのがおすすめです。 SIMロック解除の手順 SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。 ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。 マイページで手続きすれば無料です。 iPhone本体を準備• LINEモバイルでSIMを契約• SIMカードを本体に挿入• APN設定 機種変更する手順や、他社からMNPで乗り換えてiPhone11を使う手順はのちほど別の章で解説します。 iPhone11本体を準備 まずはiPhone11の端末本体を準備します。 iPhone11の価格やSIMロック解除要否は冒頭の「LINEモバイルで使えるiPhone11」の章をご確認ください。 iPhone11用のSIMを購入 次に、 LINEモバイルのSIMカードを契約します。 SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。 このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。 SIMカードはで購入できます。 契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。 音声SIMの月額料金は以下のとおりです。 続いて、SIMタイプを選択します。 iPhoneで使う場合は音声SIMの方がほとんどでしょう。 音声SIMを選択後、通話オプション「10分かけ放題」が必要かどうか選択してください。 その後、端末購入の有無を選択します。 他で購入したiPhoneを使う場合はSIMカードのみを選択します。 続いて、SIMカードのサイズ・種類を選択します。 ドコモ回線・au回線を選んだ場合、SIMカードはマルチSIMのみです。 マルチSIMとは、自身でSIMカードのサイズを調整するタイプのSIMカードです。 ソフトバンク回線を選んだ場合、「利用予定の端末」が表示されます。 ここで「iPhone」を選ぶと、SIMカードは 「iPhone専用ナノ」となります。 もちろんこれでも良いのですが、iPhone専用ナノはAndroidでは使えません。 絶対にAndroidを使わないという方はiPhone専用ナノでよいのですが、もしかしたら使うかも…というかたは「Android・その他」を選び、通常の「ナノ」を選ぶのがおすすめです。 続いて、申し込み区分を選択します。 他社からの乗り換え(MNP転入)を選択すると、MNP予約番号等の入力が必要です。 最後に、キャンペーンコード・エントリーコードの入力画面が表示されます。 を必ず確認し、必要なエントリーコードを入力してください。 をお持ちの方は、ここでパッケージに書かれたエントリーコードを入力してください。 ここまでくれば後は大丈夫です。 その後は以下の通りです。 お客様情報を入力• 登録したアドレスにメールが届く• URLを開いて本人確認書類をアップロード• 支払方法設定• LINEモバイルのID・パスワードを設定• 申し込み完了 数日後にLINEモバイルからSIMカードが送られてきます。 本体左側面にあるSIMスロットの穴にSIMピンを挿し、SIMカードをセットします。 挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。 詳細: APN設定 iPhone11本体にSIMカードを挿入したら、 APN設定(プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、iPhone11をインターネットに接続するためのネットワーク設定です。 アクティベート・アクティベーションともいわれます。 作業は非常に簡単です。 こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。 詳細: なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができません。 そのため、 Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。 APN設定が完了すると、いよいよiPhone11がLINEモバイルで使えるようになります。 MNP予約番号の有効期限 転出手続きが終えれば、 10桁のMNP予約番号が発行されます。 ただし、 このMNP予約番号には15日間の有効期限があります。 15日以内にLINEモバイルへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。 さらに、LINEモバイルのWEBでMNP転入手続きをする場合は、 有効期限が10日以上残った状態でしか申し込みできません。 残り10日を過ぎるとWEBでのMNP転入手続きは不可となり、店舗に行くか予約番号の再発行が必要になりますので注意してください。 LINEモバイルでMNP転入 いよいよ、新しいキャリア「LINEモバイル」で手続きします。 MNP転入手続きはで進めます。 契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。 音声SIMの月額料金は以下のとおりです。 続いて、SIMタイプを選択します。 iPhoneで使う場合は音声SIMの方がほとんどでしょう。 音声SIMを選択後、通話オプション「10分かけ放題」が必要かどうか選択してください。 その後、端末購入の有無を選択します。 他で購入したiPhoneを使う場合はSIMカードのみを選択します。 続いて、SIMカードのサイズ・種類を選択します。 ドコモ回線・au回線を選んだ場合、SIMカードはマルチSIMのみです。 マルチSIMとは、自身でSIMカードのサイズを調整するタイプのSIMカードです。 ソフトバンク回線を選んだ場合、「利用予定の端末」が表示されます。 ここで「iPhone」を選ぶと、SIMカードは「iPhone専用ナノ」となります。 もちろんこれでも良いのですが、iPhone専用ナノはAndroidでは使えません。 絶対にAndroidを使わないという方はiPhone専用ナノでよいのですが、もしかしたら使うかも…というかたは「Android・その他」を選び、通常の「ナノ」を選ぶのがおすすめです。 私ならナノを選ぶと思います。 続いて、申し込み区分を選択します。 他社からの乗り換え(MNP転入)を選択すると、MNP予約番号等の入力が必要になります。 最後に、キャンペーンコード・エントリーコードの入力画面が表示されます。 を必ず確認し、必要なエントリーコードを入力してください。 をお持ちの方は、ここでパッケージに書かれたエントリーコードを入力してください。 ここまでくれば後は大丈夫です。 その後は以下の通りです。 カスタマーセンター MNP開通窓口 電話番号:0120-889-279 受付時間 10:00-19:00(年中無休) マイページで開通手続きするか、または電話で手続きした後、早ければ30分ほど(長くても2時間ほど)で回線が自動的にLINEモバイルに切り替わります。 開通すると、元のキャリアのSIMカードは解約され使えなくなるので注意してください。 iPhone11のAPN設定 回線の切り替え手続きが完了したら、 APN設定( プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、手持ちのiPhone11がLINEモバイルの回線でデータ通信できるようにする作業です。 APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。 運転免許証• 運転経歴証明書• 日本国パスポート+補助書類• 在留カード+補助書類• 特別永住者証明書• 住民基本台帳カード• 健康保険証+補助書類• 後期高齢者医療被保険者証+補助書類• 届出避難場所証明書• 身体障害者手帳• 特定疾患医療受給証+補助書類• 特定疾患医療登録者証+補助書類• マイナンバーカード 上記の書類を撮影した画像を、WEB申込み時にアップロードすれば提出が完了します。 iPhone11はテザリング可能 LINEモバイルでiPhone11を使用する際、 ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線のいずれもテザリング可能です。 テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。 LINEモバイルはどの回線でも問題なくテザリング可能で、料金もかかりません。 SIMカードの種類に注意 前章でも解説しましたが、LINEモバイルでSIMカードを契約する際にはSIMカードの種類に注意が必要です。 回線ごとに複数のSIMカードの種類があり、間違えるとiPhone11では使用できません。 回線ごとのSIMカードは以下の通りです。 <iPhone11で使えるSIM> 回線 選ぶべきSIM ドコモ マルチSIM (ナノ) au マルチSIM (ナノ) ソフトバンク ナノSIM または iPhone専用ナノSIM これまでドコモ回線でmicroSIMを使用されていた方は、 マルチSIMに変更が必要です。 同様に、ソフトバンク回線で標準・microSIMを使っていた方はナノSIMかiPhone専用ナノSIMに変更が必要です。 LINEモバイルのマイページからSIMカードのサイズ変更手続きをしましょう。 その際、手数料として3000円がかかります。 詳細: 大手キャリアとどっちがお得? ソフトバンクとの料金比較 iPhone11はドコモ・au・ソフトバンクで買われる方がほとんどです。 特に最新のiPhoneは大手キャリアでしか購入できません。 しかし、 端末をアップルストアなどで購入し、LINEモバイルに持ち込んで使ったほうが断然お得です。 例として、iPhone11を使う場合をソフトバンクと比較してみます。 基本的に、月に使用する容量が少ないほどLINEモバイルのほうがお得になります。 iPhone11は発売から時期が経過した中古でも結構高額で売れるので、決して得にはなりません。 月12GBの場合 次に、月に12GB使う場合で比較します。 月に使用するデータ容量が12GB以下ならLINEモバイルにしたほうが断然お得です。 LINEモバイルのデメリット 前章までの通り、ソフトバンクでiPhone11を使うよりLINEモバイルの方が断然お得です。 しかし、いくつか注意点があります。 LINEモバイルのお得な申込方法 LINEモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施しています。 LINEモバイルでiPhone11を使う場合にも、下記キャンペーンを必ず適用させましょう。 SNS使い放題0円キャンペーン LINEモバイルでは現在、 SNS使い放題0円キャンペーンを実施しています。 詳しく言うと、「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」と「データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン」の2つが実施中で、両方を併用できます。 月額料金2ヶ月0円 「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」は、 音声通話SIMの月額料金が初月無料、2ヶ月目は1,480円割引になるキャンペーンです。 3GBのベーシックプランは月額料金が1,480円/月なので、2ヶ月間基本使用料が無料になります。

次の

iPhoneでPDP認証に失敗しましたと表示されたらやる設定

ラインモバイル iphone

本記事では、 LINEモバイルのAPN設定方法についてドコモ回線、ソフトバンク回線それぞれに分け実機を用いて紹介しています。 LINEモバイルでは、2018年6月からソフトバンク回線も追加されました。 APN設定の方法自体は変わりませんが、なかなか繋がらない、圏外になるという方もいらっしゃるので、その原因や対処方法についても記事の最後に解説しています。 大前提!iPhone iOS は他のプロファイル設定を削除しておく iPhone限定での話になりますが、LINEモバイルのプロファイルをインストールする前に、他のプロファイルを削除しておく必要があります。 プロファイルのアンインストール手順は下記となります。 「 設定アプリ > 一般 > プロファイル」 現在iPhoneにインストールされているプロファイルが表示されます。 「 プロファイルを削除」をタップし、ポップアップの「 削除」を選択するとプロファイルが削除されます。 SIMカードをiPhoneに差し込む• WiFiに接続し、APN構成プロファイルをダウンロード• APN構成プロファイルをインストール• パスコードの入力• インストールの完了• iPhoneを再起動 まずはLINEモバイルのSIMカードをiPhoneのSIMスロットに差し込みます。 iPhoneの構成プロファイルのURLは下記となります。 参考: iPhoneで上記リンクをタップすると、自動的に設定アプリが起動します。 構成プロファイル名が「 LINEモバイルAPN」となっているのを確認したら、インストールを順番に2回タップします。 最後にポップアップが表示されるので「インストール」をタップ。 これでiPhoneでLINEモバイルを使う準備が整いました。 最後にiPhoneを再起動するとネットワークに繋がります。 きちんとLINEモバイルのSIMカードが認識されていたら、iPhoneの情報に「NTT DOCOMO」もしくは「Softbank」と表示されるので確認して下さい。 LINEモバイル:AndroidのAPN設定方法• SIMカードをAndroidに差し込む• 設定アプリを開き、モバイルネットワークを開く• APN設定画面を開く• APNの設定を行い、保存する• 設定したAPNを選択する• Androidを再起動 まずはAndroidにLINEモバイルのSIMカードを差し込みます。 SIMカードを差し込んだらAndroidの設定アプリを開き、「ネットワークとインターネット > モバイルネットワーク > アクセスポイント名」の順番にタップしていきます。 機種によって多少名前が異なります。 APN設定画面が表示されるので、右上の「+」ボタンを押してAPNの追加を行います。 最初からAPNが設定されていた場合、LINEモバイルのラジオアイコンをタップするだけでOKです。 APNの設定をしても上手く繋がらない、圏外になってしまうよくある原因について紹介していきます。 APN設定の入力間違い iPhoneの場合は関係ありませんが、Androidスマホでは基本的に手動でユーザー名やAPN、パスワードを入力する必要があります。 その時によくあるのが、 APN情報の入力間違いです。 1つでも、1文字でも間違っていたらモバイルネットワークには繋がらないので注意して下さい。 圏外となってしまう大半はこれが原因です。 LINEモバイルのバンドに非対応な機種を使っている LINEモバイルは、ドコモ回線、ソフトバンク回線の2つがあります。 もしかすると利用している端末でそれぞれのプラチナバンドに対応しておらず、圏外の状態が続いている可能性も。 ドコモ回線の場合、ドコモの通信網。 ソフトバンク回線の場合、ソフトバンクの通信網に対応している必要があります。 端末を再起動する APN設定を行った後は、基本的に端末を再起動しないと繋がりません。 詳細は不明ですが、再起動後に繋がる人がほとんどです。 まだAPNを設定して端末を再起動していないという場合は試して下さい。 LINEモバイルのAPN設定まとめ 以上、LINEモバイルのAPN設定を実機を用いてiPhone、Androidで紹介してきました。 余談ですが、最近のSIMフリーAndroidスマホの場合、APN設定は自動的に行われていることが多いです。 私が今回検証に使ったAndroid One X3ではドコモ、ソフトバンクのSIM両方でAPNの設定が最初からされていました。

次の

LINEモバイルでiPhone SEを安く購入できる方法|格安SIMでお得に安心安全に端末を買える所はここだ!

ラインモバイル iphone

1iPhone 7は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。 防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。 iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。 クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。 液体による損傷は保証の対象になりません。 2バッテリー駆動時間は使用条件とシステム構成によって異なります。 詳しくはをご覧ください。 3ディスプレイのサイズは対角線を測ったものです。 4Apple Payは特定の国と地域で利用できます。 Apple Payを利用できる国と地域の一覧についてはをご覧ください。 5グループFaceTimeはソフトウェアアップデートにより年内にiOS 12で利用できるようになります。 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。 All rights reserved. 詳しい仕様については、をご覧ください。

次の