吉川愛 ボイス。 吉川愛の演技がうまい!ボイスで魅せた迫真の演技が…|entame

ボイス110緊急指令室・第1話の被害者の萩原夏美役は誰?吉川愛とは│ざとれんのちょこっと言わせて〜ブログ

吉川愛 ボイス

広瀬すずさん、橋本環奈さん、福原遥さんらが名を連ねていた、いわゆる「奇跡の世代」の1学年下、「1999年度生まれ」の面々が今年、成人式を迎える。 2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。 」のヒロインを(当時)18歳で務めた永野芽郁(めい)さんを筆頭に、吉川愛さん、上白石萌歌(かみしらいし・もか)さん、大友花恋さんと、いずれも確かな演技力を持つ女優がそろう。 ここでは、若き演技派として今後もテレビ画面やスクリーンで輝きを放つであろう期待の新成人たちを紹介する。 子役として映画「ゼブラーマン2-ゼブラシティの逆襲-」「私の優しくない先輩」(共に2010年)、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)などに出演し、映画「俺物語!!」(2015年)でヒロインに抜てきされたことで一気に脚光を浴びた。 その後も人気女優の登竜門とされる全国高校サッカーの応援マネジャーや女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルを歴任し、連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京、2016年)、映画「ひるなかの流星」(2017年)で主演を務めるなど順調にステップアップしてきた。 恋愛ドラマの神様の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル脚本の朝ドラ「半分、青い。 」(2018年)では、病気で左耳を失聴したヒロインの鈴愛(すずめ)を熱演。 SNSをにぎわせた連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、2019年)への出演、劇場版アニメ「二ノ国」での声優起用も記憶に新しく、1999年度生まれを牽引するトップランナーと言っても過言ではないだろう。 かつて「吉田里琴(りこ)」の名前で活動していた元子役で、連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年)の麻々原みるく役などで知られ、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)にも出演していた。 2017年4月に改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。 」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った吉川さんは昨年大活躍。 そんな吉川さんは2020年1月期は連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)への出演が決まっている。 吉川さんも出演していた昨年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年)で、存在感を示したのが上白石さんだ。 1936年のベルリンオリンピック、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑秀子を演じ、役作りで体重を7キロも増やしたことも話題になった。 そんな上白石さんは2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。 上白石萌音(もね)さんの妹。 2011年、10歳の時に「東宝シンデレラオーディション」で史上最年少グランプリを獲得し、芸能界入りを果たした。 昨年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で永野さんと共演し、4月からバラエティー番組「A-Studio」(TBS系)の11代目サブMCを担当。 9月からは「adieu(アデュー)」名義での音楽活動を本格的にスタートさせるなど、女優以外の活動も活発化。 今年は20歳の誕生日に公演初日を迎える舞台「お勢、断行」などが控えている。 1999年10月9日生まれ、群馬県出身。 「あな番」後となった「新米姉妹のふたりごはん」(テレビ東京ほか、2019年)の新米姉妹の妹・あやり役も好評だった。 そのほか、この年代には朝ドラ経験者の伊原六花(りっか)さん(1999年6月2日生まれ、大阪府出身)、久保田紗友さん(2000年1月18日生まれ、北海道出身)、藤野涼子さん(2000年2月2日生まれ、神奈川県出身)らもいて、それぞれ活躍の場を広げていくのではないだろうか。

次の

吉川愛、愛犬・セナとの癒し写真に反響!

吉川愛 ボイス

7月13日より放送がスタートする日本テレビ新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』の第1話ゲストとして、吉川愛と般若が出演することが決定した。 吉川は、当ドラマの舞台となるECU(Emergency Call Unit)への最初の110番通報をする女子大生・荻原夏美を、『フリースタイルダンジョン』初代ラスボスを卒業後、初のドラマ出演となる般若は、吉川演じる荻原を誘拐する誘拐犯・川島武雄をそれぞれ演じる。 出演が決定した吉川と般若からはコメントが寄せられている。 コメント一覧 吉川愛(荻原夏美役) 私が演じた夏美はごく普通の女の子。 そんな女の子が誘拐されてしまうという怖いお話です。 ボイスの台本を読んでまず第一に思ったのが、どう演技しようという事でした。 全く想像が出来ず、本番で感じたことや恐怖感を大事にしようと思いました。 韓国版を観させていただいたのですが緊迫感、恐怖感がものすごく伝わってきて、ずっと涙を流してしまいました。 そんな私が感じたものを出せたらと一生懸命頑張りました。 演じていてとても楽しかったです! 般若(川島武雄役) (出演が決まった時、)原作の犯人を超える恐怖を残そうと心に決めました。 そして観てる人たちが、「早く川島を捕まえて」と思ってもらえたら嬉しいです。 個人的に学生時代から観ていた唐沢寿明さんと対峙した時は正直興奮しました。 素晴らしい作品に参加出来た事を感謝してます。

次の

吉川愛

吉川愛 ボイス

般若(C)日本テレビ映画、ドラマと数々の作品への出演が続く吉川は、同作の舞台となるECU(Emergency Call Unit)への最初の110番通報をする女子大生・荻原夏美を、「フリースタイルダンジョン」初代ラスボスを卒業後、初のドラマ出演となる般若は、吉川演じる荻原を誘拐する誘拐犯・川島武雄をそれぞれ演じる。 吉川愛「恐怖感を大事にしようと思った」吉川は「私が演じた夏美はごく普通の女の子。 そんな女の子が誘拐されてしまうという怖いお話です」と説明し、「ボイスの台本を読んでまず第一に思ったのが、どう演技しようという事でした。 全く想像が出来ず、本番で感じたことや恐怖感を大事にしようと思いました」とコメント。 また、般若は「(出演が決まった時、)原作の犯人を超える恐怖を残そうと心に決めました」と意気込みを語り、「個人的に学生時代から観ていた唐沢寿明さんと対峙した時は正直興奮しました。 素晴らしい作品に参加出来た事を感謝してます」と歓喜した。 (modelpress編集部) 吉川愛(萩原夏美役)コメント私が演じた夏美はごく普通の女の子。 そんな女の子が誘拐されてしまうという怖いお話です。 ボイスの台本を読んでまず第一に思ったのが、どう演技しようという事でした。 全く想像が出来ず、本番で感じたことや恐怖感を大事にしようと思いました。 韓国版を観させていただいたのですが緊迫感、恐怖感がものすごく伝わってきて、ずっと涙を流してしまいました。 そんな私が感じたものを出せたらと一生懸命頑張りました。 演じていてとても楽しかったです! 般若(川島武雄役)コメント(出演が決まった時、)原作の犯人を超える恐怖を残そうと心に決めました。 そして観てる人たちが、「早く川島を捕まえて」と思ってもらえたら嬉しいです。 個人的に学生時代から観ていた唐沢寿明さんと対峙した時は正直興奮しました。 素晴らしい作品に参加出来た事を感謝してます。 しらべぇ 2020-07-16 08:40• ジェイタメ 2020-07-16 08:40• しらべぇ 2020-07-16 08:20• しらべぇ 2020-07-16 08:00• しらべぇ 2020-07-16 07:45• しらべぇ 2020-07-16 07:30• しらべぇ 2020-07-16 07:15• しらべぇ 2020-07-16 07:00• インターネットTVガイド 2020-07-16 07:00• インターネットTVガイド 2020-07-16 07:00• インターネットTVガイド 2020-07-16 07:00• インターネットTVガイド 2020-07-16 07:00• モデルプレス 2020-07-16 07:00• しらべぇ 2020-07-16 06:45• しらべぇ 2020-07-16 06:30• しらべぇ 2020-07-16 06:15• しらべぇ 2020-07-16 06:00• モデルプレス 2020-07-16 06:00• モデルプレス 2020-07-16 06:00• モデルプレス 2020-07-16 06:00.

次の