極め出し 決まり手。 相撲・決まり手の説明

大相撲の決まり手「吊り出し」で、吊られた関取が、最近、足をばたつかせな...

極め出し 決まり手

大相撲の決まり手一覧(八十二手・五非技) 大相撲の決まり手の一覧(大相撲八十二手・五非技)です。 大相撲の決まり手は、その昔は投げ手・掛け手・反り手・捻り手の合計 48手(いわゆる四十八手)だったそうですが、1955年に 70手(+非技2手)に、2000年に現在の 82手(+非技5手)となりました。 ネットで探しても決まり手をシンプルに一覧表にしたものがほとんど無かったので、作ってみました。 決まり手図解イラストは、いっぱいあったのですが... 下表の通し番号は勝手に付けたものであり、「何番目の決まり手」とかがあるわけではありません。 また、決まり手のレア度(右欄)は主観で決めています。 反り手技が全般的にレアですね。 (珍しいのでほとんど見たことがないです) セルを結合していないので、Excelにコピペして50音順やABC順にソートすることも可能です。 適宜活用して下さい。 決まり手 「もろだし」などと書かれているものもありますが、決まり手82手には含まれず、記録上は単なる反則負けになります。

次の

決まり手ランキング 大相撲.jp

極め出し 決まり手

相撲 [ ] 極まり手(きまりて)とも表記される。 決まり手には技と非技(など自滅的なもの)があり、前者を「決まり手」、後者を「勝負結果」として区別する場合もある。 また、を引っ張る、の前袋が外れる()などの・による決着もある。 の技を言葉で表現しようとする試みは、戦国時代(16世紀後半)に始まるといわれる。 『』に相撲の記事があり、その中で勝負の結果を決まり手も含めて表現したことが始まりとも伝えられる。 この時代にはがなかったので、投げ・掛け・反り・捻りのいわゆるが言われていた(年間(~)に四十八手に分類されたとも伝わる)。 18世紀に土俵が完成してから、寄り・押し系の決まり手もうまれた。 戦前までは、各種マスコミにより決まり手報道はばらばらであったため、には決まり手68手と非技2つ(と)を決め、場内放送で公式に流すことにした。 また、日本相撲協会の星取表にも以上の決まり手を掲載するようになった。 に出し投げがとに分かれ、またからが分離し、70手となった。 にそれまでの決まり手に技12手、非技3つが加えられ、現在は技は82手、非技は5つある。 でも、大相撲にならって決まり手を決定している。 決まり手の決定はが担当し、決めにくい場合には決まり手係のが判断する。 最初は以上の取組に限られていたが、現在はすべての取組に対して場内放送が行われる。 ただし、への掲載は十両以上である。 、、などは頻繁に出現するが、反り技を中心に滅多に出現しない決まり手もいくつか存在する。 珍しい決まり手が出たときには大いに報道される。 なお、のように1955年の決まり手制定以来出たことがないというものも存在する。 この節のが望まれています。 競輪 [ ] 「逃げ」「捲り」「差し」「マーク」の4種類があり、2着までの選手に公式に記録される。 レース開催日に競輪場で配布される出走表には、各選手の直近4ヶ月の決まり手回数が掲載され、レース展開を予想する重要な要素となっている。 最終周回の1コーナーまでに先行した選手がそのまま2着までにゴールした場合は「逃げ」。 最終周回の1コーナーから3コーナーの間で後方から追い上げて先頭に立つか先頭を競い、2着までにゴールした場合は「まくり」。 他の選手の直後を走行し、最終周回の3コーナー以降に追い抜いて2着までにゴールした場合は「差し」。 「差し」で前の選手を抜けなかった場合は「マーク」。 本来は2着の決まり手であるが、1位入線の選手が失格となった場合、繰り上がって1着になった選手に付くこともある。

次の

大相撲の特殊技をどこよりも詳しく解説!【動画付き】

極め出し 決まり手

大相撲の決まり手「吊り出し」で、吊られた関取が、最近、足をばたつかせないのはなぜ。 私が子供の頃(約30年前)は、吊られた関取は必ずと言っていいほど足をばたつかせていた。 耐えきれなくなり、土俵際で下ろせば、つま先立ちでも残ろうとしていた。 最近、大相撲を見ると、吊られたまま無抵抗で土俵を割ってしまい、見ていてハラハラしない。 体格が大きくなったから?じたばたしてはいけないルールが出来たのか?分からないが、見るに、もっと最後まで諦めない相撲であってほしい。 言い過ぎかなあ。 なぜ、あんな体勢で土俵ぎわ残れるのか不思議なくらいの相撲が見てみたい。 野球やサッカーも良いけど、相撲も人気が出てほしい。 子供が相撲ファンになり、放課後、砂場で相撲をとれば、相手に直接ぶつかっていく事で良い経験になると思うのですが。 ベストアンサーは決めづらいので、投票にさせてください。 北の富士さんのご指摘は、私も聞いた記憶があります。 補足して考えれば、吊られた時の対処法を知らない力士が多いのではないかと思います。 一時吊り出しをやる力士がとても少なくなった時期がありました。 朝青龍は時々吊り出しや吊り落としをやりましたが、把瑠都や栃ノ心など長身で怪力の外国人力士が吊りを見せるようになって、ようやく最近また増えてきました。 稽古場でも吊りをやる力士が少なければ、それに対処する稽古も行えない、つまりそういう指導も受けていないのではないでしょうか。 とくに、九重さん(千代の富士)や陸奥さん(霧島)など、現役中吊りが得意だった親方などが、そういう指導をして下さることを期待します。 いかがでしょうか。 余談ですが、腕(かいな)を極められた状態で体が浮いた時は、肘の故障を避けるために、抵抗しないほうがいい場合があります。 かつて旭富士(伊勢ケ浜親方)が千代の富士戦で両腕を極められて体が浮き、自らピョーンと跳び上がったことがありました(決まり手は極め出し)。 つまり、自分から「吊られ」にいったのです。 当時は大関ですから、もしここで肘を壊していたら、横綱になれなかったかも知れません。 これも、稽古で培った感覚だったのでしょう。 稀なケースですね。 外国人力士が急増したことにより、ルールを理解していない、感覚的に吊られたら足をバタつかせるというのは鉄則中の鉄則ですが実践できないのは、師匠の指導力不足も挙げられます。 師弟関係にかつての厳しい上下関係がなくなり、正すことも出来ないのではと勘繰ってしまいます。 今日の取組でも、大関把瑠都に胸を合わせがっぷりから豪快に吊り上げられた鶴竜の無抵抗振りには、私も「いかんな」と感じました。 相撲巧者とされる鶴竜でさえ、この体たらくですから嘆かわしい限りです。 もし、鉄則を知っていた上で、鶴竜が唯一の抵抗であるバタ足を見せなかったのであれば論外ですし、ファンの存在を考えていない証拠です。 以前、水が入る長時間の大相撲になった時、その取組の当事者阿覧は意味が理解できず、混乱したというのも考えものです。 余りに相撲を知らない外国人力士が加速度的に増え、伝統ある国技の担い手がこのありさまですから、緊張感の乏しい勝敗ありきの淡白な内容が白けさせている事実は多分に認められます。

次の