ペイペイ ボーナス ライト 付与 されない。 「PayPayボーナスライト」とは?特徴/有効期限など解説!

PayPayのPayPayボーナスとPayPayボーナスライトとは?使い方とメリットを徹底紹介

ペイペイ ボーナス ライト 付与 されない

もくじ• 「PayPayボーナス」とは? 「PayPayボーナス」とは、PayPayを支払いに使用して ポイント還元が付与された時、受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」と呼びます。 毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗などで購入決済を行うと、この「PayPayボーナス」が付与される形になります。 この「PayPayボーナスライト」はかつての「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもの。 こちらも「PayPayボーナス」と同様に特典やキャンペーンへの参加によって付与される形態のポイントです。 ただし 「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、 消滅してしまいます。 ただし、複数の種類の残高を所持していたとして支払い時に優先して使用される順番は、• PayPayボーナスライト• PayPayボーナス• PayPayマネーライト• PayPayマネー となりますので、PayPayボーナスライトの付与後、PayPayを定期的に使用していれば残存していたPayPayボーナスライトが消滅してしまう(勿体ないことになってしまう)リスクは低くなります。 とはいえ、そこまで長い期限のものではありませんので、消滅タイミングに気をつけながらできるだけ使い切ってしまうほうがお得ですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 旧仕様からの変更点 PayPayボーナス、新登場のPayPayボーナスライトが旧仕様からどのような変更点があったかまとめてみます。 【PayPayボーナス】有効期限が無期限に 今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、 7月29日の名称変更のタイミングで有効期限が撤廃されました。 ですので、ポイント還元が行われ蓄積していたPayPayボーナス残高はそのまま使用せず持ち続けることができます。 とはいえ、そもそもPayPayがサービス開始して1年も経たずして有効期限が撤廃されていますので、今思えば、 有効期限を気にする必要が全く無かった、、、という結論になります。 【PayPayボーナスライト】名称変更のみ 「PayPayボーナスライト」ですが、 機能や仕様としてなにか変わったことがあるのかと言うと、「特になし」という現状です。 ただし、7月29日から実装される「PayPayボーナスライト」が実質的にはこのタイミングでの初登場となり、 60日間という短い有効期間という特性を持っていますので、今後キャンペーンなどでPayPay側がどのような使い方を消費者に提案してくるのかが楽しみですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 変更のメリットは? 今回の名称変更でユーザー側にあるメリットを挙げてみます。 PayPayボーナスの有効期限が2年間から無期限に変更。 上記でも言及している通り、7月29日の名称変更のタイミングで「PayPayボーナス・ライト」双方で変わった仕様と言えば、 「PayPayボーナス」の使用期限が撤廃されたこと、のみとなります。 以前の仕様では「2年の有効期限」でそこまで急いで使用する必要がなかったものですが、やはり「期限が撤廃された」というのは心理的な安心感として大きいですね。 PayPayボーナスライト向けキャンペーンに期待 また、PayPayボーナスライトはそれ自体が登場した段階で「有効期限が60日」という猶予の短いポイント付与ははじめての試みになります。 「60日限定!」と言われると、「早めに使わなきゃ!」となるため 実店舗への来店誘導力では他のポイントよりも高くなることが予想されますので、積極的なキャンペーン利用が展開されると予想されています。 今の所「PayPayボーナスライト」を付与する企画は公開されていませんが、今後のプレスリリースに期待ですね! PayPayボーナス・ボーナスライトの貯め方・使い方 特典やキャンペーンなどから付与される 「PayPayボーナス」は従来と変わらず、購入時のポイント還元やキャンペーン企画で一定の条件をクリアした時に付与されます。 こちらをご覧いただくと、 いずれも付与は「PayPayボーナス」であることが明記されています。 今後もおそらく今までのようなキャンペーンでのポイント付与は「PayPayボーナス」である可能性が高いと思われます。 通常のチャージ金額(PayPayマネー・マネーライト)のように買い物に使用可 特典やキャンペーンなどで付与されたPayPayボーナス・ボーナスライトは通常のコンビニなどでの買い物でもポイント消費する形で使用できます。 また、や、ボーナスなどを混在して所持していた場合、消費する優先順位としては、 ボーナスライト>ボーナス>マネーライト>マネー の順番になることが予想されています。 「送る」「わりかん機能」は使用不可 他ユーザーに送金する「送る」機能や飲み会後などに使用できる「わりかん」機能については、PayPayボーナス・ボーナスライトいずれも使用できません。 自分が送金する側に回った時は、 にチャージを行なってから送金処理するようにしましょう。 【PayPayボーナスライト】注意事項 PayPayボーナスライトの注意事項として、2019年8月1日以降、「PayPayボーナスライト」を利用するには、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要とのこと。 連携されていない場合でもYahoo! JAPANで付与処理を行った日から有効期限は60日間となります。 連携が行われたタイミングで有効期限が設定されるわけではありませんので、お早めにYahoo! JAPAN IDと連携してください。 かなり名称変更・仕様変更が頻繁に行われているところを見ると、 運営陣はかなり慌ただしく、Yahoo! 内サービスの統廃合を議論していることが分かります。 とはいえ、いち消費者にとってみれば、ようやく覚えたサービス内の名称がコロコロ変わってしまうと、「決済」という繊細なサービスだけあって使用に腰が引けてしまうことも考えられます。 できれば、各部名称はシンプルに「還元率」だけ他社競争を頑張っていただきユーザーメリットを出していただけるとありがたいですね!!.

次の

PayPay(ペイペイ)の意外な注意点まとめ 残高の有効期限やポイント付与、買えないものは?

ペイペイ ボーナス ライト 付与 されない

PayPayで決済する大きな動機になるのが、支払い時に付与される「PayPayボーナス」の存在。 国によるキャッシュレス・消費者還元事業でPayPayボーナスが付与されることも相まって、店舗での支払いにPayPayを利用し始めた人も多いのではないでしょうか。 ところが、PayPayボーナスの還元率がおかしいと感じたり、なぜかPayPayボーナスが付与されなかったりするユーザーが少なくありません。 得するためにPayPayを使っているのに、思ったようにPayPayボーナスをもらえなければ、逆に損した気分になってしまうところです。 そこで本記事では、PayPayボーナスの還元率の基本をおさらいした上で、PayPayボーナスの付与を確実に受けるための注意点やPayPayボーナスの付与がおかしかったときの対処法までをまとめます。 PayPayボーナス還元率の基本を整理 まず、PayPayボーナスの基本的な付与のされ方を整理しておきます。 PayPayボーナスが想定通りに付与されない原因を解明するためには、PayPayボーナスの還元率の基本と例外と理解しておく必要があるからです。 はじめに以下の図表に目を通してください。 キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元は2020年6月30日まで 上記の図表に関して特に疑問点がなければ、この章は飛ばし、で自分に当てはまっている原因があるかどうかをチェックしてください。 なお、 PayPayボーナスが実際にPayPay残高に追加されるのは、決済日の30日後が予定されています。 実際にPayPay残高に追加されるまではPayPayアプリの「残高」タブで「PayPay残高付与の処理中」と表示され、PayPay残高に追加されると「PayPay残高GET」の表示に切り替わります。 請求書支払いを利用した場合は基本還元率が0. ポイント還元を受けるのに必要な条件は、(1)対象となっている中小事業者の店舗やコンビニ等のフランチャイズ店舗において、(2)指定のキャッシュレス決済手段で支払うこと。 ここで付与されるPayPayボーナスは、通常の利用特典のPayPayボーナス(0. 現在は「まちかどペイペイ」キャンペーンの第3弾を実施しています(2020年4月1日〜4月30日まで)。 「まちかどペイペイ」が適用される場合、通常の0. appllio. com 例外3:ヤフーカード以外のクレジットカード払いだとPayPayボーナスが付与されない(消費者還元事業のポイント還元分は除く) 左:ヤフーカード以外のクレジットカードで決済すると通常のPayPayボーナスは付与されず、消費者還元事業のポイント還元のみ 右:PayPay残高またはヤフーカードで決済すると、消費者還元事業のポイントに加えてPayPayボーナスも付与される PayPayボーナスは原則として、PayPay残高かYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)で支払った場合に付与されます。 言い換えれば、ヤフーカード以外のクレジットカードで支払うと、基本的にPayPayボーナスは付与されないということです。 例外もあります。 それは消費者還元事業の対象店舗においてPayPayで決済した場合です。 消費者還元事業のポイント還元としてのPayPayボーナスは、PayPay残高かヤフーカードで支払ったときに加え、ヤフーカード以外のクレジットカードで支払ったときでも付与されます。 appllio. com PayPayボーナスが還元(付与)されない? 考えられる5つの原因 実際にPayPayで決済していると、思ったようなPayPayボーナス還元率にならないケースが出てきます。 ここでは考えられる原因を5つ挙げ、くわしく検討します。 原因1:キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元は、コンビニだと即時充当される コンビニで買い物をしたときにPayPayボーナスが0. よって、PayPayで支払えば、基本0. しかし、 コンビニでの支払い時のポイント還元は、(大人の事情で)即時充当される仕組みになっています。 レシートを確認してみましょう。 ちなみに、コンビニの中にはキャッシュレス・消費者還元事業に参加していないFC店舗やコンビニチェーンもあります。 店頭でポスターやのぼりがあるか、確認しましょう。 原因2:店舗がキャッシュレス・消費者還元事業の対象になっていても、PayPayが対象になっていないケースがある 日光東照宮 陽明門 このパターンはかなり注意が必要です。 筆者も先日、このパターンにうっかり引っかかってしまいました。 栃木・日光に一泊旅行した際、東照宮にほど近い飲食店Sで夕食をとったときのこと。 じゃ、PayPayで」と決めつけ、PayPayで会計を済ませました。 ところがPayPayアプリには、1. ポイント還元マップでチェックしたところ、飲食店Sはキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているものの、PayPayは対象外。 したがって、前述した・に当てはまらず、となってしまったわけです。 消費者還元事業の対象となっているキャッシュレス決済サービスにPayPayが含まれていない 現状、PayPayなど個々のキャッシュレス決済事業者が国のキャッシュレス・消費者還元事業の対象になっているかどうかを簡単に確かめる方法は、3つあります。 原因4:PayPayボーナスの付与上限に到達しているかも キャッシュレス・消費者還元事業によって付与されるPayPayボーナスは、一回の決済あたり最大2万5000円相当まで、一カ月あたり合計で最大2万5000円相当までとなっています。 また、「まちかどペイペイ」キャンペーンで付与されるPayPayボーナスは、一回の決済あたり最大1000円相当まで、一カ月あたり合計で最大2万5000円相当までの上限が設定されています。 これらの上限に達していると、PayPayボーナスはそれ以上受け取れません。 極端な例を挙げてみましょう。 原因5:PayPay側・店舗側の問題の可能性 PayPay側のサービスに何らかの問題が発生しているパターンも見逃せません。 本来は1. これまでにも100億円キャンペーンや2019年10月5日の1周年キャンペーン「PayPay感謝デーキャンペーン」時に、PayPay決済がスムーズにおこなえない不具合が頻発した過去もあります。 とくに直近の1周年キャンペーンでは、PayPayボーナスが正しく付与されない現象も起こっていたようです。 そのほかキャッシュレス・消費者還元事業の手続き上、店舗側に何らかのミスがあるおそれもあります。 ここまで本記事で解説したパターンに当てはまっていないのにPayPayボーナスが付与されていないのであれば、PayPayに対して一度問い合わせてみるとよいでしょう。 この記事を読んでも疑問が解決しなかったら、PayPayに問い合わせる。 【番外編】PayPayボーナスライトが還元されない? 「PayPayボーナス」と非常によく似たポイントとして「PayPayボーナスライト」が存在します。 このPayPayボーナスライトは、ソフトバンク・ヤフー・PayPayなどが主に自社サービスのキャンペーンとして付与する、有効期限などの制限が設けられている独自ポイントです。 2019年12月2日時点で実施されている「」でも付与されています。 このようなキャンペーンで注意してほしいのは、PayPayボーナスやPayPayボーナスライトが、いつどのような形で還元されるのかという点です。 しかも、付与される予定のPayPayボーナスライトがPayPay残高に反映される日程も、付与される日程と同じとなっているため、それまではユーザー自身が計算する必要があります。 Image: PayPayの問い合わせ先(電話番号・フォーム) PayPayのカスタマーサポートに対する問い合わせ先は以下のとおりです。

次の

PayPay(ペイペイ)の還元はいつ? 残高付与のタイミングと確認方法

ペイペイ ボーナス ライト 付与 されない

10分でわかるPayPayの還元率が付与されない理由 更新日2020年2月20日 PayPayの支払い時に発生する「PayPayボーナス」が目当てで、店舗での支払いにPayPayを使いを始めた方も多いのではないでしょうか? いざ使ってみると、PayPayの還元率が計算と合わなかったりしていませんか? 本記事では、PayPayボーナスの還元率について詳しく紹介していきます。 PayPayボーナスの還元率について PayPayボーナスの付与されるパターンがありますので、まずこれを理解しなくてはいけません。 基本的なパターンは下記の通りです。 5% 3. 5% 対象外店舗(0%) 1. 5% 1. PayPayボーナスが実際にPayPay残高に追加されるのは、決済日の30日後になっています。 PayPay残高に追加されるまで、PayPayアプリの「残高」で「PayPay残高付与の処理中」と表示されるので、PayPay残高に追加されると「PayPay残高GET」という表示に切り替わります。 PayPayボーナスは基本1. 5%付与される 実在している店舗で買い物をして、支払いにPayPayを利用すると、決済金額の1. 5%のPayPayボーナスが付与されます。 5%の付与となっております。 一回の買い物で7500円相当、一カ月あたりで1万5000円相当までとなっています。 オンライン決済や請求書払い、ソフトバンク・ワイモバイル携帯料金の支払いの場合、1. 5%のPayPayボーナス付与は受けられません。 オフライン決済については、Yahoo! ポイント還元を受けるのには、対象となっている中小事業者の店舗やコンビニなどの店舗において、指定されているキャッシュレス決済手段で支払いを行うことが条件となっております。 ここで付与されるPayPayボーナスは、通常のPayPayボーナス(1. 「まちかどペイペイ」が適用されている場合は、通常の1. ヤフーカード以外のクレジットカード払いだとPayPayボーナスは付与されない(消費者還元事業のポイント還元は除く) PayPayボーナスは、PayPay残高の支払いやYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)での支払いに限り付与されます。 それ以外の支払い方つまりヤフーカード以外のクレジットカードで支払いをした場合は、PayPayボーナスは付与されないということです。 例外もあります。 消費者還元事業の対象店舗でPayPayで決済した場合は、消費者還元事業のポイント還元としてのPayPayボーナスは、PayPay残高かヤフーカードで支払ったときに加え、ヤフーカード以外のクレジットカードで支払ったときも付与されます。 PayPayボーナスが還元されないパターンについて 自分の計算通りにポイントが付与されない場合がありますよね。 そのパターンについて説明していきます。 キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元は、コンビニの場合は即時充当される コンビニの支払いをした時に、PayPayボーナスが1. したがってPayPayで支払えば基本1. コンビニの中には、キャッシュレス・消費者還元事業に参加していない店舗もあるので、店舗に貼ってあるポスターなどで確認するようにしましょう。 商店街のこの店舗では、キャッシュレス・消費者還元事業に参加はしているのですが、PayPayは対象外なので、1. PayPayなどの個々のキャッシュレス決済事業者が国のキャッシュレス・消費者還元事業の対象になっているかどうか調べる方法は、下記の通りです。 店頭ポスターに記載があるか確認する• 店舗側に直接確かめる 事前に確かめてから商品を購入した方がいいかもしれません。 消費者還元事業でポイント還元がある店舗でも、PayPayが対象外の場合は、ポイント還元分のPayPayボーナスは付与されません。 その場合は通常の1. PayPayボーナスが付与上限に達している可能性がある キャッシュレス・消費者還元事業によって付与されるPayPayボーナスの額は決まっており、一回の決済あたり最大2万5000円相当までで、一カ月あたりの合計で最大2万5000円相当までと決まっています。 「まちかどペイペイ」キャンペーンで付与されるPayPayボーナスは、一回の決済で最大1000円までです。 一カ月あたりの合計で最大2万5000円相当までと上限が決まっています。 この上限に達していると、PayPayボーナスはそれ以上はもらえません。 消費者還元事業によるポイント還元やまちかどペイペイも一回あたり・一カ月あたりの上限が設定されています。 PayPay側・店舗側の問題によってポイントがうまく付与されていない PayPay側のサービスにトラブルが発生していて、本来ポイントが1. 100億円キャンペーンや2019年10月5日の一周年キャンペーン「PayPay感謝デーキャンペーン」の時などに、PayPayの決済がうまく行えない事例が発生しています。 一周年キャンペーンでは、PayPayボーナスが適正に付与されない問題も起こっていたようです。 キャッシュレス・消費者還元事業の手続きなどで店舗側にも問題がある場合もあるので、一度PayPayに問い合わせしてみるのもいいでしょう。 PayPayボーナスライトの還元について 「PayPayボーナス」とよく名前が似ている「PayPayボーナスライト」というものがあります。 PayPayボーナスライトとは、ソフトバンク・ヤフー・PayPayなどが主に自社のサービスのキャンペーンとして付与されるものです。 有効期限などの制限が設けられている独自ポイントになります。 2019年12月2日時点で実施されている「」で付与されています。 このようなキャンペーンの場合、注意したいのがPayPayボーナスやPayPayボーナスライトがいつ還元されるかという所です。 PayPayボーナスライトの付与日については、「2019年11月分:2020年1月以降」「2019年12月分:2020年2月以降」とされています。 付与されるまでPayPayボーナスライトは自分で計算する必要があります。 PayPayの問い合わせ先(電話番号・フォーム) PayPayのカスタマーサポートに対するお問い合わせ先は下記の通りとなります。 問い合わせフォーム: まとめ 簡単にPayPayボーナスの還元の仕組みを紹介しました。 仕組みをよく理解した上で、上手にPayPayを利用してお得に買い物をしていきましょう。 その他の記事•

次の