のぼる 小寺 さん 映画。 映画「のぼる小寺さん」あらすじや原作ネタバレ結末|キャストや主題歌と予告動画も

映画「のぼる小寺さん」キャスト&公開時期決定!主演は工藤遥

のぼる 小寺 さん 映画

目 次• 映画のぼる小寺さんは2020年6月公開 のぼる小寺さんの実写映画の公開は、2020年6月に決定しました。 新宿バルト9ほかにて全国ロードショーです。 元モーニング娘。 の工藤遥が主演 メインキャストやスタッフも発表されました。 主人公の小寺役を演じるのは、映画初主演の元モーニング娘。 『工藤遥』に決定しました。 主人公の小寺さに惹かれる卓球部の近藤役は『伊藤健太郎』 クライミング部の四条役には『鈴木仁』 同級生の倉田梨乃役は『吉川愛』 クラスメイトの田崎ありか役は『小野花梨』 監督『古厩智之』 脚本『吉田玲子』 このようなキャストとスタッフとの発表がありました。 キャストとスタッフのコメント 実写映画『のぼる小寺さん』のメインキャスト、スタッフからのコメントを紹介します。 小寺役の工藤遥 初主演、初めてのボルダリング、初共演の方々…初めて尽くしの日々は、とにかく刺激的で楽しくて、キラキラした撮影期間でした。 ボルダリングの練習期間を含めると約4ヵ月壁を登り続け、汗水流して挑んだ作品です。 沢山の方に届けばと思っております 近藤役の伊藤健太郎 小寺さんと近藤の甘酸っぱくていい距離感の青春が、とても楽しい撮影でした。 ぜひ一緒に浸って頂けたらと思います。 そしてクライミングがベースのお話ですが、ひっそりと卓球も頑張りましたので注目してください(笑) 監督の古厩智之 工藤遥は、心と体が一致している少女・小寺さんのたくましさを見事に演じてくれました。 5歳の女の子のようなまっすぐさはナウシカを超えたと思います。 そして小寺さんの心の動きが見える後半も見どころです! そんな小寺さんを見つめる伊藤健太郎を始めとした若き俳優たちは「誰かを見つめるだけ」というよるべない季節を生き生きと演じてくれました。 怯えて暗くてだけど背筋を伸ばして笑ったりする、いろんな感情が同時に存在するのが青春なのだなあと思い出しました 脚本の吉田玲子 上を目指し、のぼろうとする人がいる。 その人をただ見つめるのか、応援するのか、自分とは関係ないと目をそらすのか、嘲笑するのか、揶揄するのか。 どの選択をすることもできます。 でも、その人がのぼる先を一緒に見ると、そこには見えない何かが広がっていることに気づくかもしれません。 観てくださる方々が小寺さんに、自分に「ガンバ!」と言えるような作品になっているといいな、と思っております 原作の珈琲 出来上がりが楽しみです。 わかりやすく明るくはないけれど、学生時代の傷が思い出されて少し癒えるような、そんな映画だったらいいなと思います まとめ 実写映画『のぼる小寺さん』の公開時期とメインキャスト&スタッフが発表されました。 映画の公開は、2020年6月に決定しました。 メインキャストは「元モーニング娘。 の工藤遥」「伊藤健太郎」「鈴木仁」「吉川愛」「小野花梨」が発表されました。 のぼる小寺さんの漫画は全4巻の単行本が発売されています。

次の

ボルダリング映画『のぼる小寺さん』 工藤遥&伊藤健太郎が語る現場の青春

のぼる 小寺 さん 映画

工藤遥さんと伊藤健太郎さんが初共演する映画『のぼる小寺さん』が、2020年7月3日 金 より全国公開を迎える。 珈琲による人気同名漫画を実写化した本作は、クライミング部に所属し、ボルダリングに没頭する女子高生・小寺さんと、なぜか彼女に惹かれてしまう同級生たちの日常を描き出した。 まだ何者でもない高校生が、乗り越えるべき壁を前に逡巡しながら、どうにかしようともがいたり、そっと手を差し伸べ合ったりする優しい青春群像劇は、万人が持つ淡い思い出を呼び起こしてくれるよう。 工藤さんは、等身大の魅力そのままに小寺さんを演じ、映画初主演を飾った。 さらに、リアルを突き詰めるため、3か月強ボルダリングの猛特訓に取り組んだという。 その成果あって、劇中ではあっと驚く腕前を披露。 手の平にできた多くのマメが示す彼女の健闘が、ドキュメントのように小寺さんの魅力となり代わり、スクリーンで輝く。 一方、小寺さんを終始目で追いかけ、彼女に思いを寄せていく近藤役の伊藤さんも、感情を抑えた確かな演技で物語を支える。 伊藤さんといえば、ドラマ『今日から俺は!! 』のツッパリ役で大ブレイクした若き実力派。 多くの現場を踏んだ伊藤さんだからこそ、主演の工藤さんを支える粋な計らいも、現場では見せていたそうだ。 かけがえのない青春の1ページを体現した工藤さん&伊藤さんに、『のぼる小寺さん』で演じたチャーミングなキャラクターの魅力や、撮影エピソードを尋ねた。

次の

『のぼる小寺さん』工藤遥、伊藤健太郎らによる劇場限定のオリジナルコメントの上映が決定|Real Sound|リアルサウンド 映画部

のぼる 小寺 さん 映画

工藤遥さんと伊藤健太郎さんが初共演する映画『のぼる小寺さん』が、2020年7月3日 金 より全国公開を迎える。 珈琲による人気同名漫画を実写化した本作は、クライミング部に所属し、ボルダリングに没頭する女子高生・小寺さんと、なぜか彼女に惹かれてしまう同級生たちの日常を描き出した。 まだ何者でもない高校生が、乗り越えるべき壁を前に逡巡しながら、どうにかしようともがいたり、そっと手を差し伸べ合ったりする優しい青春群像劇は、万人が持つ淡い思い出を呼び起こしてくれるよう。 工藤さんは、等身大の魅力そのままに小寺さんを演じ、映画初主演を飾った。 さらに、リアルを突き詰めるため、3か月強ボルダリングの猛特訓に取り組んだという。 その成果あって、劇中ではあっと驚く腕前を披露。 手の平にできた多くのマメが示す彼女の健闘が、ドキュメントのように小寺さんの魅力となり代わり、スクリーンで輝く。 一方、小寺さんを終始目で追いかけ、彼女に思いを寄せていく近藤役の伊藤さんも、感情を抑えた確かな演技で物語を支える。 伊藤さんといえば、ドラマ『今日から俺は!! 』のツッパリ役で大ブレイクした若き実力派。 多くの現場を踏んだ伊藤さんだからこそ、主演の工藤さんを支える粋な計らいも、現場では見せていたそうだ。 かけがえのない青春の1ページを体現した工藤さん&伊藤さんに、『のぼる小寺さん』で演じたチャーミングなキャラクターの魅力や、撮影エピソードを尋ねた。 工藤さんは、まったく初心者の状態からボルダリングの練習をスタートしたという。 必死に練習していました。 やっていくうちに、登り切ることへのこだわりが小寺さんのようにわかってきましたし、登れたときの達成感があまりにも気持ちいいので、癖になるなって感じました」 そんな工藤さんの頑張りを一番傍で見ていた伊藤さんは、クライミングの上達ぶりや気合いの入り方に圧倒されたと話す。 「工藤さんも、クライミング部のキャストのみんなも、現場ですごく頑張っていて。 映画を観ると、ひょいひょい登っているように見えるじゃないですか? 僕もちょっとだけやったんですけど、全然、そんな簡単にいけるものじゃなかったです。 しかも、監督がカットをかけないのもあるから、さらに大変そうなんですよ 笑 !」 「そうそう」、「本当はもっと倍くらい撮ってるよね!」とふたりが盛り上がったのは、青春ドラマの名手・古厩智之監督のカットをかけない演出ぶり。 かくいう伊藤さんも、卓球部員としてめきめきと実力をつけていく近藤を演じるため、卓球の練習を重ねる毎日を送った。 「クランクイン前から練習はやっていました。 勝手なイメージで、卓球は動きがコンパクトだから、息が切れるほどでもないのかな……と思っていたんですけど、力を抜ける瞬間がない分、集中力が必要で、すごくハードでした。 部長役のかたが卓球経験者なこともあって、すごく厳しく、しごかれまくったんですよ 笑。 最後は酸素を吸いたくなりました!」 身振り手振りを交えて語る伊藤さんは、最後に「ちくしょう、みたいな反骨精神が出てきたから、おかげでどんどん 上達 できたのもありました」と笑顔で、充実感がにじむコメントを残した。 あまりにもカットがかからないから、だんだん心配にもなってきましたし 笑 」 と、伊藤さんの気合いに同じく鼓舞されたと振り返っていた。

次の