肌襦袢。 着物 夏 肌襦袢

着物 夏 肌襦袢

肌襦袢

和装小物について 肌襦袢について お着物を着用するときの下着となる「肌襦袢」。 肌襦袢という名称以外では「肌着」とも呼ばれています。 肌襦袢にはさまざまな素材やデザインがあり、ご使用になられる用途により使い分けが必要です。 また、肌襦袢は素肌に触れるものですから、肌ざわりがよく、吸湿性が高いものがおすすめです。 そのため、素材の品質もある程度の良いものをお買い求めいただく方が良いでしょう。 丈夫でしっかりした素材であれば、ご着用後に何回お洗濯をしても永年にわたりご愛用いただけるかと思います。 肌襦袢の素材 肌襦袢の主な素材は「絹・さらし・ガーゼ・クレープ・絽」などがあります。 一般的に多く利用されているのが「さらし」と「ガーゼ」の素材です。 「さらし」は汗の吸収もよく、肌ざわりもさわやかなことから1年を通して利用できる素材です。 「ガーゼ」も通年でも使われていますが、保湿・保温性に優れた素材のため主に冬場(袷時期)におすすめ。 「クレープ・絽」は通気性の良い素材のため、夏場の時期に使用します。 下記に主な3種類の特徴を挙げてみました。 必ずという決まりはありませんので、季節(地域)や用途などに合わせてお選びください。 半襦袢について・・・ 長襦袢の替わりに衿もとに半衿を取り付けることができる肌着を「半襦袢」と言います。 衿は半衿の取り付けがしやすいように「広衿」(細衿に対しての広衿)になっているものが大半です。 さらに、この半襦袢に「半衿・襦袢袖」を取り付けるとお着物の着用時に外見からは、あたかも長襦袢を着ているように見えることから「うそつき襦袢」とも言われています。 身近なところでいえば、二部式襦袢の上だけがこれにあたります。 「簡単に着られる、洗濯がしやすい」などの理由の他にも、襦袢袖の取り付けをマジックテープで行うことで「裄丈の調整」が可能であったり、「半衿・襦袢袖」の色柄・種類を替えることで様々なお着物に着用することも可能です。 軽い外出着やお稽古の時などにはとても便利な肌着です。 身後のみの半襦袢 さらし半襦袢 身頃のみの半襦袢もあります 上記でご紹介の半襦袢は、あらかじめ「半衿と襦袢袖」が取り付けられている既製品となりますが、日頃から半襦袢をご愛用される方には、オリジナリティに溢れたデザインの半衿や襦袢袖をご使用になられるケースがあります。 そんな時に便利なのが身頃のみの「半襦袢」です。 半襦袢でも構わないような簡易的な着用目的のお着物であれば、オリジナリティ溢れたものをご使用になれるのも楽しいものです。 例えば、半襦袢(既製品)の多くは襦袢袖が化繊というケースが多いものですが、敢えて正絹長襦袢地(袖のみであれば数枚作れます)で、こだわりを持ったお気に入りの一枚にしても良し。 和服では少ない、華やかな洋服生地など使用するのもお洒落の醍醐味と言えます。 マジックテープなどで簡易取り付けにすれば交換やお洗濯時にも便利です。

次の

着物の肌着(肌襦袢)と長襦袢の違い

肌襦袢

元来は丈の短い半襦袢が使われていた。 のちに製の長襦袢ができた。 襦袢をもし「下着」に分類するならば、見せる着方が正式な着装法とみなされている点で世界の民族の下着の中で例外的な存在である。 種類 [ ] 肌襦袢 [ ] 長襦袢や半襦袢の下に着用する。 肌に直接触れるものであるため、(さらし)などの綿生地で仕立てられている他にやで出来たものも存在する。 で細い衿であるのが一般的。 衿は男性の場合、通常用いるのは黒、紺、灰色、茶色、女性の場合赤色や薄紅色、そして用の白が多い。 袖口がレースで出来たものもある。 肌襦袢の男女の違い• 男性用• 袖にがない。 襟の開きは狭い。 女性用• 袖に身八つ口がある。 襟の開きは広い。 に用いる肌襦袢もある。 長襦袢 [ ] 肌襦袢と(着物)の間に着る襦袢。 形状は着物に似ている、 おくみ のような竪衿がついた関西仕立てと通し衿の関東仕立てがある。 素材は主にや、、、は、、が、夏には、織物はが用いられる。 着丈で仕立てられている対丈(ついたけ)と同様、おはしょりが出来るよう仕立てられているものがある。 着用の際には前もって衿ぐり部分にを縫い付けておく。 や袷(あわせ)のほかに、胴裏を省いた胴抜(どうぬき)仕立てがある。 現代は対丈で胴抜仕立てで袖は袷用の無双(むそう)袖(一枚の布で表と裏を作る)が主に使われている。 襟にはを縫いつけ色を変えることも出来る。 現在はこの長襦袢が一般的に使われるが、前期ごろまでは半襦袢(後述)が正式な襦袢と考えられていた。 もともと長襦袢はの考案によるもので、遊郭で部屋着に近い使い方をしていたものである。 富裕なも使用したが、やで着用されることはなかった。 柄が付いたものが多いが無地も存在する。 振袖長襦袢 用の長襦袢。 他の襦袢とは違い、(たもと)に長さと丸みがあるのが特徴。 半襦袢 [ ] 長襦袢よりも着丈が短い襦袢。 胴部分がやでできているため、洗濯がしやすくなっている。 通常、肌襦袢と長襦袢を着用するが、長襦袢の衿になっている半襦袢一枚を代用として、またはと共に着用する。 同じ生地の裾除けとセットで作られた二部式襦袢様のものは、長襦袢の代用品と言う意味で「うそつき襦袢」と呼ぶことがある。 袖は柄の付いた色布ややで出来た素材違いが多いが、や無地も存在する。 またレース袖のものも存在する。 長襦袢と同じく襟には半衿を縫いつけ色を変えることも出来る。 紐が2本のものと4本のものがある。 2本は細身に着こなし、4本はゆったり目に着ることが出来る。 江戸時代前期は長襦袢ではなくこちらが正式な襦袢と考えられていて、初期の半襦袢は袖の無い白地のものでと一揃で使われていた。 脚注 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 戦前は西洋伝来の品の多くを和訳しに当てはめて使っていた事が多いため、()も襦袢と呼称されていた面もある(を「(洋)」」と呼んでいたのと同様。

次の

肌襦袢

肌襦袢

和装小物について 肌襦袢について お着物を着用するときの下着となる「肌襦袢」。 肌襦袢という名称以外では「肌着」とも呼ばれています。 肌襦袢にはさまざまな素材やデザインがあり、ご使用になられる用途により使い分けが必要です。 また、肌襦袢は素肌に触れるものですから、肌ざわりがよく、吸湿性が高いものがおすすめです。 そのため、素材の品質もある程度の良いものをお買い求めいただく方が良いでしょう。 丈夫でしっかりした素材であれば、ご着用後に何回お洗濯をしても永年にわたりご愛用いただけるかと思います。 肌襦袢の素材 肌襦袢の主な素材は「絹・さらし・ガーゼ・クレープ・絽」などがあります。 一般的に多く利用されているのが「さらし」と「ガーゼ」の素材です。 「さらし」は汗の吸収もよく、肌ざわりもさわやかなことから1年を通して利用できる素材です。 「ガーゼ」も通年でも使われていますが、保湿・保温性に優れた素材のため主に冬場(袷時期)におすすめ。 「クレープ・絽」は通気性の良い素材のため、夏場の時期に使用します。 下記に主な3種類の特徴を挙げてみました。 必ずという決まりはありませんので、季節(地域)や用途などに合わせてお選びください。 半襦袢について・・・ 長襦袢の替わりに衿もとに半衿を取り付けることができる肌着を「半襦袢」と言います。 衿は半衿の取り付けがしやすいように「広衿」(細衿に対しての広衿)になっているものが大半です。 さらに、この半襦袢に「半衿・襦袢袖」を取り付けるとお着物の着用時に外見からは、あたかも長襦袢を着ているように見えることから「うそつき襦袢」とも言われています。 身近なところでいえば、二部式襦袢の上だけがこれにあたります。 「簡単に着られる、洗濯がしやすい」などの理由の他にも、襦袢袖の取り付けをマジックテープで行うことで「裄丈の調整」が可能であったり、「半衿・襦袢袖」の色柄・種類を替えることで様々なお着物に着用することも可能です。 軽い外出着やお稽古の時などにはとても便利な肌着です。 身後のみの半襦袢 さらし半襦袢 身頃のみの半襦袢もあります 上記でご紹介の半襦袢は、あらかじめ「半衿と襦袢袖」が取り付けられている既製品となりますが、日頃から半襦袢をご愛用される方には、オリジナリティに溢れたデザインの半衿や襦袢袖をご使用になられるケースがあります。 そんな時に便利なのが身頃のみの「半襦袢」です。 半襦袢でも構わないような簡易的な着用目的のお着物であれば、オリジナリティ溢れたものをご使用になれるのも楽しいものです。 例えば、半襦袢(既製品)の多くは襦袢袖が化繊というケースが多いものですが、敢えて正絹長襦袢地(袖のみであれば数枚作れます)で、こだわりを持ったお気に入りの一枚にしても良し。 和服では少ない、華やかな洋服生地など使用するのもお洒落の醍醐味と言えます。 マジックテープなどで簡易取り付けにすれば交換やお洗濯時にも便利です。

次の