ミニッツ モンスター。 ミニッツモンスター!最強?改造??

ミニッツレーサーシリーズ

ミニッツ モンスター

特価品• DRONE RACER• スマホ・タブレット対応• ミニ四駆• 工作シリーズ• トイラジコン• 車用パーツ• 飛行機• 飛行機用パーツ• ヘリコプター• ヘリコプター用パーツ• マルチコプター• ボート&ヨット• プロポ&サーボ• 電動関連• エンジン関連• 汎用品• その他•

次の

MINI

ミニッツ モンスター

特価品• DRONE RACER• スマホ・タブレット対応• ミニ四駆• 工作シリーズ• トイラジコン• 車用パーツ• 飛行機• 飛行機用パーツ• ヘリコプター• ヘリコプター用パーツ• マルチコプター• ボート&ヨット• プロポ&サーボ• 電動関連• エンジン関連• 汎用品• その他•

次の

MINI

ミニッツ モンスター

FET交換 ミニッツモンスターの(以後ミニモン)FET交換について紹介します。 基板に付いているFETを高性能FETに交換すると、2つのメリットがあります。 購入したFETは、 「ローム製 SP8M4」です。 購入価格は1個200円です。 2個使用します。 (1枚目の画像は購入先より、許可を得て加工転用しています。 5V) ・「HAT3004R」の性能(ミニモン純正FET) ドレイン電流=3. そのため、ドレイン電流はNchとPch比較して、電流の小さい値を記載。 ドレイン・ソースオン抵抗は、NchとPchの両抵抗を加算した値です。 FET交換に使用する道具は下記の通りです。 ・半田こて(左) ・半田(真ん中) ・半田吸い取り腺(右) シャーシを分解すると基板が現れます。 そして、赤で囲んでいるFET2個を交換する手順になります。 FETの見た感想は、「かなり小さい」です。 横幅は約4ミリ位です。 その狭い場所に半田付けをしなければなりません。 かなり大変そうです。 まぁ、なんとかなるかな!?頑張ってみます。 純正FETは、 「半田こて」と「半田吸い取り線」を使用すると簡単に取れました。 問題は、ここからです。 画像5枚目をみてもらうと分かりやすいです。 「SP8M4」の刻印が外側(モーター端子側)に向くようにします。 そのため、管理人のFETの足4本は引っ付いています。 しかし、「517」の下(画像では右側)の足は全て、離して「半田」しなければなりせん。 しかも、英語の「CE」によく似た黒い物体が非常に邪魔です。 かなり大変でした。 純正のFETにもあります。 FET取り付け中に サーボモーターの配線が切れたりするアクシデントもありましたが、なんとか取り付け完了。 次はスピードチェックです。 速度は「28キロ」。 純正FET時に比べ「3キロ」UPです。 ちょっと、嬉しかったです。 その後、公園で約15分間走行しました。 問題なしです。 (約15分で強制終了しただけで電池の容量的には、まだまだ走行可能。 ) そして、一番の驚きは走行中、全く転倒しないことです。 管理人が走行してる場所の路面(セメント)は滑りやすい?ため、最高速の状態で急にステアリングを全開に切っても転倒しません。 どれだけ荒々しい走行しても転倒しませんでした。 高重心設計の転倒しやすいと思われるミニモンで、これほど嬉しい誤算はありません。 に戻る.

次の