スクエア ポーチ 作り方。 スクエアポーチの作り方について

【楽天市場】●作り方● > スクエアポーチの作り方:手芸レースのフェアリーレース

スクエア ポーチ 作り方

ポーチに使うには長いものばかりなので、留め具のついている部分は切って使う事になります。 【質問】 1、ファスナーには印を付ずに縫うのですか?何で調べても説明には印を付けるとはなく、勘で適当に縫っていましたが、目印がないと縫いにくいです。 例えば、ファスナーを最初に縫い付ける位置なども、印がないとちょ... A ベストアンサー 文章で説明するのは難しいですが、、、 1、チャコペンか何かで線を引いておけばいいですよ。 手縫いでもミシンでも、しつけはかけます。 2、私はスライダーの幅があるので、務歯から何ミリか外側を縫っています。 ファスナーの大きさやポーチの大きさによりますが、務歯から5ミリくらいは外側を縫っても、デザイン上、変には見えないと思います。 市販のポーチでも、割とそうなっています。 3、正式には中表にしてファスナーを挟み込んで縫うんだと思いますが、よほど大きなポーチで無い限り、素人ではミシンがかけにくいと思います。 デザインにもよりますが、表布と裏布とにはさんだデザインでしたら、まず表布だけにファスナーを縫いつけ、裏布は手縫いで(まつりつけ)縫うと案外綺麗に仕上がります。 4、チョン切った後にスライダーが外れてしまわない様に金具をつけます。 四角い鉤形の小さいものですが、手芸専門店で10個くらい単位で安く売っています。 その金具をつけたあと、いらない部分(切ったお尻の部分)の務歯は 少し硬いですが、金具のところに切り込みして、ペンチなどで引っ張ると務歯だけがファスナーの布の部分から取れますので、ポーチの脇縫いではファスナーの布だけを縫えばよくなります。 文章にしにくいのでわかり難いかもしれませんね。 私は、少々大きなポーチでも、ファスナーは最後に全て手縫いで仕上げます。 慣れてしまえばそんなに時間もかかりませんし、細かく縫えば、強度も問題ありませんし、手縫いでしたら何よりも、細かい部分を サイズなど)が違っても、多少ならごまかせますし(笑) 文章で説明するのは難しいですが、、、 1、チャコペンか何かで線を引いておけばいいですよ。 手縫いでもミシンでも、しつけはかけます。 2、私はスライダーの幅があるので、務歯から何ミリか外側を縫っています。 ファスナーの大きさやポーチの大きさによりますが、務歯から5ミリくらいは外側を縫っても、デザイン上、変には見えないと思います。 市販のポーチでも、割とそうなっています。 3、正式には中表にしてファスナーを挟み込んで縫うんだと思いますが、よほど大きなポーチで無い限り、素人では... A ベストアンサー キルト芯にはいろいろあります。 厚手から薄手まで、さらに、手縫い用、ミシン用。 アイロン接着できるものもあります。 これも片面、両面。 表布、キルト芯、裏布の3枚を重ねて縫って仕立てればいいのですが、ただ縫っただけだと、使っているうちにキルト芯が中で破れたりして、芯が寄ってしまったところ、芯がなくなってしまったところが出てきてしまいます。 これを防ぐために、キルトをします。 キルトは布の中心から外に縫うと、しわになったりしません。 放射状に縫うのはそのためです。 あらかじめ表、キルト芯、裏を重ねて、表を上にして、キルトをかけます(縫うってことです)。 そのあとでバッグの形にカットしてください。 キルト芯はフカフカしたのじゃなくて、目の詰まった薄手の物が扱いやすいと思います。 アイロン接着キルト芯を使えば、ずれにくくなります。 (ミシンの場合) ただ、初めての方は、ずれます。 間違いなく。 1さんもおっしゃってますが、キルト生地というものを売ってますので、その方が楽です。 キルト芯の代わりにネルという生地を使ってもいいと思います。 3枚重ねるのは一緒ですが、キルトはしなくてもいいですよ。 (バッグくらいの大きさなら) 参考になれば キルト芯にはいろいろあります。 厚手から薄手まで、さらに、手縫い用、ミシン用。 アイロン接着できるものもあります。 これも片面、両面。 表布、キルト芯、裏布の3枚を重ねて縫って仕立てればいいのですが、ただ縫っただけだと、使っているうちにキルト芯が中で破れたりして、芯が寄ってしまったところ、芯がなくなってしまったところが出てきてしまいます。 これを防ぐために、キルトをします。 キルトは布の中心から外に縫うと、しわになったりしません。 放射状に縫うのはそのためです。 実際には放射状じ... A ベストアンサー 洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。 」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。 お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。 洗うのではなく、水に浸すことです。 綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことにより、縫製後の歪み、変形を少なくするためにします。 綿でガーゼでしたら、縮みがでますが、それは縮んでよかったのです。 ただし生地によっては風合いがかなり変わります。 お店ではシャキッとしていたものが、「のり」が落とされて、想像以上にソフトになってしまうことがあります。 「のり」は悪者ではなくて、縫いやすくするために加工しています。 水通しの方法: 洗面器、洗濯機、お風呂など水の貯められるところに、水、またはぬるま湯をはります。 生地がつかるだけで十分。 生地の大きさによって変える。 洗剤は入れません。 生地屋さんで畳んだ状態のまま(厚ければ、たたみを開きます。 )はった水の中におろします。 生地が水を吸ってゆっくり落ちていくのを待ちます。 完全に浸かるだけの水があるか確認したら、そのまま30分ほど放っておきます。 たたまれた奥まで水が入るのを待ちます。 ガーゼはすぐでしょうが、パンツ用など、固かったり、厚いものは時間がかかります。 たたみを開いてみて、水のいってない部分があれば、畳み直したりして全体に水が入るようにします。 しばらく放っておいて大丈夫です。 完全に水が入ったら脱水しますが、これは脱水機で良いです。 これもたたまれた状態のまま脱水します。 ただし、回しすぎないこと、水分残ってるかな、だけど、したたるほどでは無いなくらいの加減です。 水分が多すぎると、重みで生地が強く下に引っ張られ、変形して干しにくいですから、加減してください。 干す時は、洗濯バサミだと跡が残るので、ポールにかけて干します。 ポールにかけるとついポールのところだけ横に引っ張りがちですから、生地がまっすぐになっているかチェックしてください。 大きく広げて乾かします。 なんとなく水分残っているかな?くらいの時にドライアイロン(スチームを入れないアイロン)で乾かします。 水分が残りすぎているとアイロンで変形させてしますので、ほとんど乾いてる状態でいいでしょう。 あるいは、忘れて完全に乾いちゃったらスチームアイロンで整えます。 何色も生地を買った場合は、別々に水通ししないと色移りしますので注意。 デニムなどは、かなり色落ちする可能性があるので、色が気に入っているなら、水通ししなくていいでしょう。 そのかわりスチームアイロンをまんべんなく十分にかけて縮ませちゃいましょう。 (明らかに縮んだなというほどは縮みません) 洋裁初心者さん、応援します。 洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。 」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。 お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。 洗うのではなく、水に浸すことです。 綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことに... Q ふっくらしたトートバックを作りたいのですが、手元にあるキルト芯は「接着タイプ」ではありません。 キルティングするのなら、細かく縫い付けるので心配ないと思いますが、バックなどの場合、脇や底を縫い合わせただけでは、キルト芯が落ち着かないのでは??と心配なんです。 でも、最近はバッグの表面にビーズを縫い付けたり・アップリケしたりする部分だけステッチ入れたりするのも結構見かけます。 全くキルティングしないよりはそういった部分的な装飾の際に合わせて縫い付けるだけでも違うと思います。 薄手の生地を使ってバッグなど作る場合、用途や好みに応じて薄手の接着芯や中厚・厚手の接着芯を貼りますが、薄手の生地+薄手接着芯+キルト芯くらいまでなら家庭用ミシンもなんとか縫える範囲内だと思いますが、厚手の接着芯を貼った生地にキルト芯だとかなり厚みが出てしまうため、端の部分とかはかなり縫いづらくなります。 一般的に見かけるハンドメイドのバッグなどは大体、生地+接着芯での仕上げか、生地+キルト芯のどちらかが多いと思います。 バッグでやわらかい感じに仕上げたいなら生地+キルト芯もしくは生地+薄手接着芯を・しっかりした感じに仕上げたいならば生地+中厚~厚手接着芯でやると良いと思います。 (あくまで私の個人的意見ですが・・・) キルティングをしないでキルト芯入りのバッグやポーチを作られるのでしたらやはり『両面接着タイプ』もしくは『片面接着タイプ』のどちらかを使われたほうが安心だと思います。 でも、最近はバッグの表面にビーズを縫い付けたり・アップリケしたりする部分だけステッチ入れたりするのも結構見かけます。 全くキルティングしないよりはそういった部分的な装飾の際に合わせて縫い付けるだけでも違うと思います。 薄手の生地を使ってバッグなど作る場合、用途や好みに応じて薄手の接着芯や中厚・厚手の接着芯を貼... A ベストアンサー こんばんは、はじめまして。 一番かんたんなのは、イラストをアイロンプリント紙に反転印刷して、布にアイロンプリントすることです。 nikkeibp. sanwa. html また、プリンタに直接印刷できる布地もあり、魔法の布シリーズやコットンクロスという名前です。 inkmax. sanwa. asp? biglobe. htm Q バックや小物を作るときに、時々合皮を使います。 ですが、いつもうまくいきません。 ミシンを使っているのですが、失敗すると、合皮って穴があいてしまうので、やり直しするしかなく、そのうちイライラしてきちゃうんです。 合皮の裏(私が使っているのは、布になってます)から縫うときはまだマシなんですが、表から縫うと、表面の合皮部分がミシン針に引っかかってしまうのか、針を通した部分が剥がれてきてしまうんです(この説明でわかりますでしょうか)。 摩擦が原因なんでしょうか? ステッチをするときなどは、どうしても表側からミシンをかけますので、いつもボロボロです。 どうしたらいいのか、どなたか教えてください。 よろしくお願いいたします。

次の

買った化粧ポーチみたい!お好みの布で自分で作る化粧ポーチの作り方|

スクエア ポーチ 作り方

手作りハンドメイドぺたんこポーチの作り方の1つ目は「はぎれファスナーぺたんこポーチ」です。 はぎれを使ったスクエアタイプのこちらのハンドメイドポーチは、マチがない分簡単に作ることができるため、ファスナーの付け方に慣れていないハンドメイド初心者にもおすすめの作り方です。 はぎれファスナーぺたんこポーチの材料• 表布・裏布…1枚ずつ• 表布用接着芯…1枚• ファスナー(20cm)…1本• リボンまたはテープ(5cm)…1本 ファスナーぺたんこポーチの作り方• 1表布の裏側に接着芯を貼ります。 2表布の上から2cmに印をつけ、リボンを印部分に置きます。 3端から5mmのところを縫って仮止めをします。 4表布の上にファスナーを中表にして、中心同士を合わせるように重ねます。 5その上から裏布を中表にして重ね、クリップで留めます。 6ファスナーの引手を下げ、ファスナーを閉じた時に引手が来る方の端から1. 5cm部分に印をつけます。 7印部分から縫い始め、ファスナーを縫いつけます。 引手付近に来たら、引手の場所を移動させます。 8縫った場所を広げ、アイロンをかけます。 9表布・裏布をそれぞれ合わせるように折ってクリップで留めます。 10端1. 5cmを残して縫いはじめます。 11アイロンで縫いしろを広げ、中心をクリップで留めます。 12返し口8cmを残し、合わせ部分がずれないように縫っていきます。 13裏布が内側になるようにひっくり返し、目打ちで角を整えたら完成です。 カードポケットや仕切りがついており、多彩なシーンにも便利なこちらのハンドメイドポーチは、一見作るのが難しそうに見えますが、基本的なポーチの作り方をマスターすれば、簡単に作ることができますよ! 仕切り付きぺたんこポーチの材料• 紙(A4サイズ)…1枚• 表布・裏布…1枚ずつ• 接着芯…1枚• ファスナー…1本• プラスナップ…1組 仕切り付きぺたんこポーチの作り方• 1A4型紙を半分に折り、角にカーブを付けて切り取ります。 11cm折り曲げて、三つ折りにして型紙を作ります。 2それぞれの型紙に合わせて布を裁断します。 3裏布に接着芯を付けたら、表を下にしてファスナーをつけ、ポケットの内布を付けます。 4反対側も同様にファスナー・ポケットの内布を縫い付けます。 5仕切り布・カードポケットは上1cm・下1cmに縫います。 6縫いしろを広げてアイロンをかけたら、表に返します。 7布の上下(カードポケット・仕切りは上だけ)にステッチをかけ、本体部分にカードポケットを縫い付けます。 8半分に折った仕切り布を真ん中に置き、広げて縫います。 9表布を重ねて、返し口8cmを残して周りを縫います。 10仕切りは半分に折り、中央10cmを縫います。 11プラスナップを付けたら完成です。 1外側(18cm)とファスナーを中表で縫い合せ、内布(18cm)を中表で重ねて縫い合せます。 2縫った生地を折り返してアイロンをあて、縁部分はステッチを入れます。 3もう片方も同様に縫い、外布・内布をそれぞれ中表に重ねて返し口6cmを残して底の部分を縫います。 4アイロンをかけて形を整えたら、脇部分を縫います。 5余分な縫いしろをカットしてアイロンをかけたら、表に返して口を閉じます。 6目打ちで角を出して形を整えたら完成です。 丸々としたフォルムと広いマチが、様々な用途で使いやすいこちらのマチ付きポーチはぺたんこポーチの作り方に一工夫加えることで、簡単に作ることができます。 ペンケースなどに使っても可愛いですよ。 裏地付きキャラメルポーチの材料• 接着芯…1枚• ファスナー(22cm)…1本• トーションレース…2本 裏地付きキャラメルポーチの作り方• 2表布・裏布に接着芯を貼り付け、表布にファスナーを縫い付けます。 3裏布を中表に重ねてミシンで縫い付けたら、表に返してステッチをかけます。 4反対側も同様に縫ったら、7cm程度の返し口を作っておきます。 5中心にアイロンで折り跡を付けます。 6ファスナーを半分開けて、裏返したら中心同士・両端の折り跡を折り込みます。 7縫いしろを1cm残してミシンをかけます。 8ファスナー部分から表に返して、形を整えたら完成です。 三角形のマチが付いた可愛らしいこちらのハンドメイドポーチは、はぎれのデザインや装飾などを加えると手作りならではのあたたかいデザインになりますよ。 裏地マチ付き三角ポーチ• ファスナー(20cm)…1本 裏地・マチ付き三角ポーチの作り方• 1布の端から5mmあけてマチ針を打ち、ファスナーの端から2mm部分をミシンで縫います。 2裏布を合わせてマチ針を打ち、先に縫った縫い目の内側を縫います。 3もう片方も同様に縫い、ファスナーがずれないようにマチ針を打ちます。 4縫いしろ1cmを残して縫います。 5下から4cm縫い、返し縫いをします。 この時返し口7cm程度をあけましょう。 6左右の端から中央まで2cm程度を残し、約4cmのマチを作ります。 7マチの先は縫いしろを残して切り落とします。 8返し口から表に返し、返し口を縫ったらアイロンをかけて完成です。 独特のフォルムと使い勝手の良さが特徴的なこちらの手縫いポーチは、マチを調節したり縫いしろの残し方でデザインが変化します。 ポーチの両側に手縫いでフック部分を作ったら、ポシェットにもなります。 ボックスポーチの材料• ファスナー(20cm)…1本• 接着芯…1枚 ボックスポーチの作り方• 1表布に接着芯を貼り付け、裏布と合わせてファスナーを縫い付けます。 2縫いしろを広げたら、中表にして上部をミシンで縫います。 3一度裏返し、角を少しカットしたら、中心を合わせてクリップで留めます。 4横をミシンで縫い付けます。 5縫ったら、両側の角にマチとなる場所を作ります。 6マチの部分を縫ったら、角をカットして表に返します。 7形を整えたら、完成です。 こちらの手作りポーチは、はぎれのなかでも服などに多く使われるファー生地を使用した作品となっています。 ファーだけでなく、ボア生地などといった多彩な生地で作るとより可愛らしくなります。 オリジナルの手作りポーチを作ってみよう! いかがでしたか?手作りポーチの作り方は、今回ご紹介した作り方の他にも、多彩なアイデアがまだまだ存在しています。 今回ご紹介した作り方も参考にしながら、是非あなただけのオリジナル手作りポーチを作ってみましょう。 様々な手作りバッグの基本となるポーチの作り方をマスターしたら、是非トートバッグやショルダーバッグなどのより難しいバッグのハンドメイドにも挑戦してみましょう。 関連記事ではトートバッグの手作り方法についてまとめた記事を掲載しています。

次の

ポーチテンプレート(スクエア)の型紙で手作りのマチ付き立体ポーチ

スクエア ポーチ 作り方

スクエアポーチの作り方です。 洋裁本なんかには、このタイプのポーチ、縫い代はバイヤスでくるむか、裏地を作って、 最後にファスナー部分をまつるかの、どちらかのやり方しか書いていないようです。 でも、このポーチ、最後に裏地の底に返し口を作っておいて、どんでん返しで作ることができます。 これが、裏側。 すべてミシンで縫っています。 ファスナーは30センチのものを使っています。 出来上がりサイズは、横20センチ、縦15センチ、マチ6センチです。 全てミシンで縫っています。 裏地もファスナー口にまつりません。 ミシン縫いです。 こちらのどんでん返しで作るスクエアポーチの作り方 ブログに詳しく作り方を記載しております。 このポーチの型紙。 すべて直線ですので、ご自分で型紙を作ってください。 こちらのレシピには、縫い代はついておりません。 ファスナーつけ位置(上の図で30センチと書いてある線)だけ0. 5cm それ以外は、すべて1センチの縫い代をつけて裁断してください。 こちらの記事がお役にたったと思われた方は、ぜひシェアしていただけると嬉しいです。 カテゴリー•

次の