ポケモン テクニシャン。 テクニシャンとは (テクニシャンとは) [単語記事]

トリプルキック

ポケモン テクニシャン

テクニシャンを所持するな よわい わざの いが あがる。 特性説明 ・ よわい わざの いが あがる。 概要 威が以下の技を使用する際に、威が1. 5倍になる。 たとえば、「テクニシャン」のがを使ったとすると、元々の威に、一致補正で1. 5倍され、さらにテクニシャンの補正で1. 5倍されるため、なんと威相当になる。 また、判定は一致補正をかける前の威で見るため、同様にむしくいを使わせた場合、元々の威に1. 5を2回かけて、威相当となる。 テクニシャンを持つにを使用させる場合は、算出された威が以下ならば適用され、以上ならば適用されない(第代では威がに固定されたため、必ず適用されて威になる)。 本来威が低い技の威を底上げできるため、技をはじめとする、を持つが威の低い技を、本来より高威で打ち出せるようになる。 の場合、テクニシャン補正でむしくいが威になるため、本来威が高い()はずのシザーのほうが下位になるという現も起きている。 また、ではが()としてテクニシャンを取得。 威相当のと、2回当たるだけでもほぼタネば()と同じ威()を出せるタネという強なを手にした。 もちろん、どう頑っても補正込みでが最大なので、それより高い威の技を覚えるのであれば、(などの点でがない限り)威の高いほうが優先される。 テクニシャンを持つポケモン(最終進化) 通常特性• 夢特性(隠れ特性)• 関連項目•

次の

テクニシャン

ポケモン テクニシャン

ただし最大威力は160。 技を外すか失敗すると威力は元に戻る。 れんぞくぎりは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• :れんぞくで あてると いりょくが ぞうだいしていく• ・:わざを あてるたびに いりょくが ぞうだいしていく• :カマや ツメ などで あいてを きりつけて こうげきする。 れんぞくで あてると ダメージが ふえる。 ・・:カマや ツメ などで あいてを きりつけて こうげきする。 れんぞくで あてると いりょくが あがる。 ・・ 漢字 :カマや ツメなどで 相手を 切りつけて 攻撃する。 連続で 当てると 威力が あがる。 コンテストわざ• :つづけて だしても しんさいんに あきられずに アピール できる• :2かい れんぞく おなじ わざで えんぎが できる。 :つづけて だしても かんきゃくに あきられずに アピール できる• 進:進化時に覚える。 最大160と言えば聞こえは良いが、その為に3ターンを費やす。 十分な威力を出すのに時間がかかる上、技を外してしまうと威力は40からやり直しなので、素直にを使う方が安定する。 どうしても使用したいならあいてをのが最も手っ取り早い。 との相性が良い。 第二世代の攻略ではの攻略に役立つ。 当時は威力が10からスタートするが、先発のを起点にすればが出る頃には5回目を打っている計算になり、そうなるとが160になる。 しかし、命中率に注意。 外すと威力10からやり直しになり、その間に返り討ちに合うということも充分にある。 ポケモンカードゲームにおけるれんぞくぎり コインを3回 までは4回 投げ、オモテの数が多いほど追加するダメージが増える攻撃ワザとして登場する。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるれんぞくぎり PP12。 正面の敵を2回連続で攻撃する。 本編とは異なりなどと同じ効果になった。 4秒 ではノーマルアタックとして登場する。 以下のポケモンが使用できる:• アニメにおけるれんぞくぎり ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 備考• までは、一発目の威力はとならんで最も低かった。 が登場するまではを除くとはこの技しかがなかった。 した場合も威力は元に戻る。 世代によって計算時の補正位置が異なる。 ではダメージ計算の最後に補正がかかる。 最大16倍。 以降はに補正がかかる。 世代に関わらず最大威力は160 第四世代以前は元々の威力の16倍、第五世代では8倍、第六世代以降では4倍。 が適用されて威力が1. 5倍になるかどうかはこの補正後に判定されるため、途中からテクニシャンの補正はかからなくなる。 れんぞくぎり以外のわざを使うと威力は元に戻る ・以降• れんぞくぎり以外のわざを使っても威力は元に戻らない ・• れんぞくぎり以外のわざを失敗した場合も威力は元に戻る。 では、のわざとして登場する。

次の

れんぞくぎり

ポケモン テクニシャン

3回の攻撃は各回ごとに命中判定が行われ、外れた時点で攻撃は終了する。 :各回• :各回• トリプルキックは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・:てきを 3かい れんぞくで こうげき あてるたびに ダメージが あがる• :3かい れんぞくで キックを くりだして こうげきする。 あてる たびに ダメージが ふえる。 ・・・:3かい れんぞくで キックを くりだして こうげきする。 わざが あたる たびに いりょくは あがる。 ・・ 漢字 :3回連続で キックを くりだして 攻撃する。 技が 当たるたびに 威力は あがる。 コンテストわざ• :たくさん アピール できる• :2かい れんぞく おなじ わざで えんぎが できる。 :つづけて だしても かんきゃくに あきられずに アピール できる• とのコンボが有効なように見えるが、それでも威力90止まりと低い。 かくとう技には、をはじめとしてより優秀な技が多いのであまり出番はない。 」という効果の攻撃ワザとして登場する。 におけるトリプルキック PP15。 正面の敵に3回攻撃し、2回目は2倍、3回目は3倍のダメージを与える。 はしない。 本編と異なり当たれば3回攻撃するが、その分素の命中率がかなり低めに設定されている。 アニメにおけるトリプルキック ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 チグサ わざの初出 備考• まではのだった。 最大3回攻撃するの1つ。 連続攻撃技としての仕様はそちらを参照。 では、威力変動ではなくダメージ補正として処理される。 以降では使用者の特性の効果を受ける。 1発目が当たれば必ず3発当たる。 わざステータス画面での表示上では、と並んで威力が最も低い。

次の