ワイモバイル 一括 0 円。 ワイモバイルの非バリュースタイルiPhone6s一括0円を購入してきた話

携帯電話「MNP乞食」は可能?キャッシュバック・一括0円まとめ

ワイモバイル 一括 0 円

ワイモバイルにMNP(番号そのままに乗り換え)を検討中の皆さん。 確かに、 ワイモバイルのスマホプランSであれば月額1,980円(税別)からとかなりお得ですよね。 しかし、いくら毎月の利用料金が安いとしても、新しくスマートフォンを購入するとなると高くつきます。 機種によっては100,000円前後するものもあり、機種代金だけで月額2,000円前後増えるのが一般的です。 そこでおすすめしたいのが、 ワイモバイルが定期的に開催しているタイムセールを活用することです。 タイムセール中であればワイモバイルにMNPしてもスマートフォンを一括0円で購入できることがあります。 今回は、ワイモバイルでスマートフォンを一括0円にする方法と、MNPの流れについてまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。 1.ワイモバイルでスマホが一括0円になるのはなぜ? スマートフォンを一括0円で購入できれば、そのままの意味で端末代金を無料にできます。 ただし、ワイモバイルであればいつでもスマートフォンが一括0円というわけではありません。 では、ワイモバイルでいつ購入すればいいのでしょうか? タイムセールで定期的に一括0円を実施! ワイモバイルではオンラインストア上で定期的にタイムセールを実施しています。 実は時折、ワイモバイルではタイムセールで スマートフォンの一括0円キャンペーンを実施しているのです。 あくまでタイムセール期間の限定キャンペーンではありますが、運良く一括0円キャンペーンがあれば無料でスマートフォンが手に入ります。 もちろん、タイムセールでスマートフォンを一括0円で購入?できるのはMNPなどでワイモバイルと契約する方限定です。 また、キャンペーンによって適応条件は異なるので、気になるキャンペーンがあれば確認することをおすすめします。 一括0円じゃないと月額2,000円前後 タイムセールで一括0円キャンペーンが実施されていなければ、通常の値段で購入することとなります。 そこで、ワイモバイルで購入できる主要なスマートフォンの機種代金と毎月の分割代についてまとめてみました。 iPhoneや最新のAndroidでも月額2,000円(税込)ほど、数世代前の機種になると月額1,000円(税込)以下で購入できることもあります。 であれば、もし一括0円で購入できなくてもワイモバイルであれば十分にお得ですよね。 2.ワイモバイルにMNPするときの流れと必要なもの ワイモバイルのタイムセールを上手に活用することで、実際にスマートフォンを一括0円で購入することは可能です。 ワイモバイルにMNPするときはぜひタイムセールを確認することをおすすめします。 では、MNPの流れについてご説明しましょう。 <MNPでワイモバイルにする流れ>• 現在の契約先からMNP予約番号を取得する• 必要書類を準備してワイモバイルで手続きする• <MNPに必要なもの>• MNP予約番号• 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)• 3.タイムセールのアウトレット品もチェックしてみよう! ワイモバイルでは定期的にタイムセールを開催しており、中にはスマートフォンが一括0円になるものもあるとのことでした。 しかし一括0円はいつでも開催しているものではありません。 そこで、普段のタイムセールの内容についてご紹介します。 今回のセール内容をのぞき見 今回のタイムセールは2019年1月27日21:00〜1月28日09:00までのわずか12時間限定での開催中です。 タイムセールの内容は主にスマートフォンのアウトレット販売で、中には 従来価格より95%OFFのものまであります。 <アウトレット例>• もし、タイムセールで一括0円が開催されていなかったとしても、ワイモバイルにMNPする前にはチェックする価値があると思いますよ。 アウトレット商品の注意事項 タイムセールで販売されているアウトレット商品はとてもお得ですがいくつか注意事項があります。 <注意事項>• アウトレット品とは未使用なものの返品などされており完全な新品ではありません• 完全な新品ではないだけにものによってはキズや汚れのあることがあります• アウトレット品に関しては端末についてくる保証書がないので注意してください• ワイモバイルのタイムセールでアウトレット品を購入するときはまず注意事項をよく読み、内容に納得した上で手続きすることをおすすめします。 4.まとめ ワイモバイルでは定期的にタイムセールを開催していて、中には スマートフォンが一括0円のキャンペーンもありまさに格安です。 ただし、一括0円のようなキャンペーンはたまにしか行なわれないので必ずしも出会えるとは限りません。 しかし、もし一括0円がなかったとしても、 ワイモバイルのタイムセールには従来価格の95%OFFで購入できるアウトレット品のあるのでおすすめです。 ワイモバイルにMNPを検討している方は忘れずにタイムセールをチェックしましょう。 ぜひ、紹介した内容を参考にしつつワイモバイルのMNPの手続きをお得かつスムーズに進めてみてくださいね。

次の

【無料一括0円?】Y!mobile(ワイモバイル)のガラケーについて全解説!

ワイモバイル 一括 0 円

・iPhone SEの本体価格や実質負担額がいくらなのか? ・端末代を含めた月々の維持費は? ・iPhone 6sとどちらを選べばいいのか ? といったことです。 結論から言うと、ワイモバイルのiPhone SEは値下げによって 実質負担額が500円(32GBモデル)。 SIMフリー版よりも約4万円安く購入できます。 ただし、公式オンラインストアでは実質500円で購入できないことには注意。 また、 ワイモバイルではiPhone 6sも実質500円で購入できるため、iPhone SEの4インチの画面が小さすぎると感じるなら、iPhone 6sを選んだほうが良いです。 以下で、ワイモバイル版のiPhone SEの本体価格や実質負担額、プランの月額料金、注意点、iPhone 6sとの比較について、詳しく解説していきます。 しかし、最近のiPhoneは大型化していて、コンパクトな機種はiPhone SE以降登場していません。 最新iPhoneが大きすぎると感じている人、コンパクトで低価格なiPhoneが欲しい人には最適な機種と言えます。 iPhone SE32GB・128GBモデルの本体価格 ワイモバイルでは、内蔵ストレージ容量別で32GB・128GBという2つのモデルのiPhone SEを購入できます。 参考までに、SIMフリー版の本体価格は以下のようになっています。 SIMフリー版 iPhone SE 本体価格 32GBモデル 39,800円 128GBモデル 50,800円 ワイモバイルでiPhone SEを購入した場合、SIMフリー版よりもどのくらい安くなるのかを以下で確認していきます。 ワイモバイルは割引でiPhone SEを安く買える ワイモバイルは 「月額割引」という端末代割引があり、スマホを安く購入できるのが特徴です。 月額割引は、2年間にわたって月々の料金から一定額を割引するもので、大手キャリアの「月々サポート」「毎月割」と似た割引サービス。 実際に支払う端末代(実質負担額)を引き下げることが可能です。 32GBモデルと128GB実質負担額は次のようになっています iPhone SE 32GBモデルは実質500円、ただし公式ストアは一括のみ iPhone SEの32GBモデルは、ワイモバイルの 公式オンラインストアでは一括払いでしか購入できず、分割払いができません。 32GBモデル (公式オンラインストア) スマホプランS・M・L 本体価格(一括) 30,000円 分割払い 無し 実質負担額 30,000円 一括購入は特別割引価格の30,000円で購入が可能です。 ただし、月額割引は適用されないので、実質負担額がこれ以上安くなることありません。 なお、では、 iPhone SE 32GBモデルの分割払いが可能です。 32GBモデル (Yahoo! 頭金の500円だけが実質負担額となっています。 SIMフリー版が39,800円なので、差額は39,300円。 約4万円安いです。 なお、スマホプランにはS・M・Lと言う容量別のコースがありますが、各コースで月額割引や実質負担額に違いはありません。 なお、Yahoo! モバイルのワイモバイルストアでは、一括払いで32GBモデルを購入することも可能です。 一括払いの場合も実質負担額は500円となり、月額割引によって月々の料金を安くできます。 つまり、iPhone SEの32GBモデルは、 現時点ではワイモバイル公式オンラインストアではなく、Yahoo! モバイルのワイモバイルストアで購入するほうがお得です。 iPhone SE 128GBモデルは実質12,500円 一方、128GBモデルは、ワイモバイルの公式オンラインストアでも月額割引を利用して、分割払いで購入できます。 頭金の500円を加えて実質12,500円で購入できます。 32GBモデルと同様に、スマホプランのS・M・Lで月額割引や実質負担額に違いはありません。 ちなみに、Yahoo! モバイルのワイモバイルストアでも、128GBモデルの実質負担額は公式オンラインストアと同額になっています。 SIMフリー版と比べると実質負担額との差額は38,300円で、約4万円安くなります。 なお、上記はいずれもドコモ・auからの乗り換え、または新規契約の場合の価格。 ソフトバンクからの乗り換えは機種変更と同じ扱いになり、月額割引が500円減額されてしまうので注意してください。 ワイモバイルのiPhone SE維持費は月額1,980円〜 スマホプランの月額料金と端末代を含めた、iPhone SEの月々の維持費は以下のようになります。 端末代込みの料金 (32GBモデル) スマホプランS スマホプランM スマホプランL 月間データ容量 3GB 9GB 21GB 月額料金 1年目 1,980円 2年目以降 2,980円 1年目 2,980円 2年目以降 3,980円 1年目 4,980円 2年目以降 5,980円 月々の端末代 (2年間) 0円 合計月額料金 1年目 1,980円 2年目以降 2,980円 1年目 2,980円 2年目以降 3,980円 1年目 4,980円 2年目以降 5,980円 Yahoo! モバイルのワイモバイルストアで32GBモデルを分割払いで購入した場合、 月々の端末代は0円になるので、プランの月額料金だけで利用できます。 小容量のスマホプランSなら月々1,980円、Mなら月々2,980円で利用可能です。 端末代込みの料金 (128GBモデル) スマホプランS スマホプランM スマホプランL 月間データ容量 3GB 9GB 21GB 月額料金 1年目 1,980円 2年目以降 2,980円 1年目 2,980円 2年目以降 3,980円 1年目 4,980円 2年目以降 5,980円 月々の端末代 (2年間) 500円 合計月額料金 1年目 2,480円 2年目 3,480円 3年目以降 2,980円 1年目 3,480円 2年目 4,480円 3年目以降 3,980円 1年目 5,480円 2年目 6,480円 3年目以降 5,980円 なお、 32GBモデルと128GBモデルの差額は月々500円。 iPhone SEに写真や動画を大量に保存したい人には128GBモデルがおすすめです。 一括購入なら月額280円〜で利用可 前述の通り、ワイモバイルでiPhone SEを一括購入した場合でも、月額割引を利用することができます(公式オンラインストアの32GBモデル一括購入を除く)。 一括購入すれば、月々の分割支払金が無いので、 月額料金からの割引となり、月額280円〜で利用可能です。 ワイモバイル版iPhone SEの注意点 ワイモバイル版iPhone SEの注意点は以下の3つです。 ・ワイモバイルのスマホプランは2年縛り ・ソフトバンクからの乗り換えは月額割引が減額される ・ワイモバイル版iPhone SEはSIMフリーではない ワイモバイルのスマホプランは2年縛り ワイモバイル版のiPhone SEを実質負担額で手に入れるには、2年間継続して利用することが前提です。 スマホプランは2年契約となり、途中解約の場合は違約金9,500円がかかります。 また、2年以内に解約すると月額割引も途中で終了するため、割引のメリットもなくなってしまいます。 2年間使い続けないとメリットが無いので、 他社にすぐに乗り換えようと考えている人には、ワイモバイル版iPhone SEの購入はおすすめできません。 ソフトバンクからの乗り換えは月額割引が減額される 月額割引の箇所でも説明した通り、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは機種変更と同じ扱いになり、月額割引が500円減額されます。 結果、端末代の実質負担額は12,000円の上乗せになってしまいます。 iPhone SE 32GBモデルが実質12,500円、128GBモデルが実質24,500円となるので、ソフトバンクからの乗り換えは、あまりお得ではないです。 なお、新規契約の場合はドコモ・auからの乗り換えと同じ割引額となります。 そのため、電話番号は変わってしまいますが、現在ソフトバンクを使ってる人は新規契約も検討したほうが良いでしょう。 他社の格安SIMや大手キャリアに乗り換えて使う場合には、iPhone SEのSIMロックを解除する必要があります。 SIMロックの解除ができるようになるのは購入日から101日以降。 会員サイトの「My Y! mobile」、またはワイモバイルショップでSIMロック解除の手続きができ、手数料はサイトでは無料、ショップでは3,000円となっています。 2年後に他社へ乗り換えることを考えているなら、あらかじめ注意しておいてください。 ワイモバイル版iPhone SEと6sのどちらがお買い得か? ワイモバイルでは、iPhone SEのほかに、iPhone 6sとiPhone 7も販売しています。 iPhone 7は比較的新しい機種であり、端末代も高いので、格安のiPhoneを購入したいなら、候補になるのはiPhone 6sとiPhone SEの2機種です。 ワイモバイル版iPhone 6sは値下げにより、32GBモデルが一括500円、128GBモデルが一括9,800円で購入可能。 iPhone SEと6sのスペックの違い 前述の通り、iPhone SEのCPUはiPhone 6sと同じA9チップなので、性能はほぼ同等。 一番の違いは画面サイズです。 iPhone 6sはiPhone 8などと同じ4. 7インチですが、iPhone SEは4インチでコンパクト。 また、 インカメラはiPhone 6sが500万画素、iPhone SEが120万画素となっていて、6sのインカメラのほうが高性能です。 さらに細かな違いとして、iPhone 6sでは画面を押し込んで操作できる「3D Touch」に対応していますが、iPhone SEでは非対応となっています。 そのため、 とにかくコンパクトなiPhoneを使いたい人以外は、値下げでiPhone SEと同価格になったiPhone 6sを選んだほうが良いです。 まとめ ワイモバイルでは、月額割引によってiPhone SEを安く購入できます。 実質負担額は32GBモデルが500円、128GBモデルが12,500円。 ただし、2年縛りのプランであること、公式オンラインストアでは32GBモデルの分割払いができないことに注意が必要です。 また、 ワイモバイルではiPhone 6sも実質500円に値下げされているので、コンパクトさに強いこだわりがなければiPhone 6sを選んだほうが良いです。 ぜひ参考にして、損することのないようにiPhone SEを手に入れてください。

次の

ワイモバイルのiPhone SEが値下げで実質500円。一括なら月額280円で利用可

ワイモバイル 一括 0 円

ワイモバイルの非バリュースタイルiPhone6s一括0円が話題 ワイモバイルには二種類の購入方法があります。 バリュースタイル・月額割引• バリュースタイル・一括払い いずれも「バリュースタイル」という割引があるのが特徴で,ドコモでいえば「月々サポート」と「端末購入サポート」のような関係です。 これが「バリュースタイル・月額割引」の場合です。 一括払いでも分割払いでも基本的に端末は定価です。 一方で「バリュースタイル・一括払い」の場合は「」が適用になり,端末価格が大幅に値引かれる代わりに,パターンA~Dのいずれかの契約解除料が適用になります。 iPhone6sの32GBは端末価格が52,380円なので,通常ならおそらく一番高額なパターンDでしょう。 この場合,上記の通り,6ヶ月契約でも3万円近い契約解除料がかかります。 それが2018年12月13日~19日までの期間,なぜかiPhone6sに限り,• 非バリュースタイル・一括払い(一括0円なのに 一括購入割引契約解除料なし) というお祭り騒ぎになっています。 これはスゴいですね。 私はこの件を上記のリーマンさんの記事で知りました。 東京では,ワイモバイルiPhone6sの一括0円+1台あたり5万円ものキャッシュバックがあるとか…。 関西ではそこまでの条件は望めないと思いましたが,ともあれ近所の家電量販店に行ってみました。 関西地方の家電量販店にもiPhone6の非バリュー一括0円は存在した! というわけで,近所の家電量販店2店舗を訪ねてみました。 A店:新規でもMNPでも一括0円はOK。 キャッシュバックはなし。 B店:新規でもMNPでも一括0円はOK。 新規なら5,000円,MNPなら10,000円のキャッシュバック。 複数台上乗せあり。 といった条件でした。 むむむ…東京にはほど遠いですが,手持ちの維持費がかかり続ける回線を処分するよい機会かと思い,新規2回線+MNP2回線の計4回線を契約することにしました。 1回線目:MNPで20,000円CB• 2回線目:MNPで20,000円CB• 3回線目:新規で15,000円CB• 4回線目:新規で10,000円CB 最後のお願いで3回線目に5,000円上乗せしてもらえました。 ちなみに,新規だと上限2回線,MNPだと上限5回線契約可能で,利用者登録は家族の氏名と誕生日だけあればOKで,家族の証明書などは不要でした。 ワイモバイルiPhone6sの維持費 ワイモバイルの料金体系はシンプルです。 ワイモバイルオンラインショップだと上記の明細になりますが,一括0円なので「賦払金」は0円です。 その代わり非バリュースタイルなので,「月額割引」が付きません。 「ワンキュッパ割」は付きます。 つまり,税抜きで1,980円, 主回線は税込みで2,138円ということになります。 副回線は家族割引サービスで500円/月割引なので1,598円 ただ,ワイモバイルは2回線目以降は上記の家族割引サービスを適用可能です。 この場合,税抜き1,480円,税込み1,598円になります。 主回線:2,138円(スマホプランS)• 副回線:1,598円(スマホプランS) 多くのお店で「1ヶ月目はスマホプランMでお願いしますね!」と言われると思いますので,その分は余分にかかります。 」とのことです。 4回線分ですし,プラス10万円に届きそうです。 ただし,MNP2回線は転出元で10,260円の転出手数料と,3,240円のMNP番号発行手数料がかかっています。 つまり3万円ほど目減りして,4回線で7万ちょっとのプラスですね。 もちろん,7ヶ月目で解約してしまってワイモバイル契約BL(重罪)や,バリュースタイルBL(軽罪?)にならないかはわかりません。 くれぐれも 解約タイミングは自己責任でお願いします。 責任は一切持てません。 まとめ ワイモバイルは実は長らく契約0の状態が続いてたんですよね。 ただ,ソフトバンクのブラックリストが明けたのでいけるかなとは思ってました。

次の