セチル ピリジニウム クロリド。 60th Annual Meeting in Autumn/塩化セチルピリジニウムのウイルス不活化作用に関する検討

安全衛生情報センター:化学物質:1−ヘキサデシルピリジニウムクロリド

セチル ピリジニウム クロリド

JP2007515204A - 塩化セチルピリジニウムの殺ウイルス活性 - Google Patents JP2007515204A - 塩化セチルピリジニウムの殺ウイルス活性 - Google Patents 塩化セチルピリジニウムの殺ウイルス活性 Info Publication number JP2007515204A JP2007515204A JP2006539670A JP2006539670A JP2007515204A JP 2007515204 A JP2007515204 A JP 2007515204A JP 2006539670 A JP2006539670 A JP 2006539670A JP 2006539670 A JP2006539670 A JP 2006539670A JP 2007515204 A JP2007515204 A JP 2007515204A Authority JP Japan Prior art keywords method zinc virucidal composition extender selected Prior art date 2003-11-07 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. Granted Application number JP2006539670A Other languages Other versions Inventor チャールズ, エル. キャップス, Original Assignee ヴァイラトックス, エルエルシー Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 000 title claims abstract description 98• 229960001927 Cetylpyridinium Chloride Drugs 0. 000 title claims abstract description 95• 230000003253 viricidal Effects 0. 000 title claims abstract description 77• 239000000203 mixtures Substances 0. 000 claims abstract description 134• 000 claims abstract description 52• 239000002609 media Substances 0. 000 claims abstract description 29• 239000007788 liquids Substances 0. 000 claims abstract description 28• 244000052613 viral pathogens Species 0. 000 claims abstract description 25• 230000000415 inactivating Effects 0. 000 claims abstract description 7• 241000700605 Viruses Species 0. 000 claims description 54• 229930016915 Citric acid Natural products 0. 000 claims description 32• 000 claims description 32• 239000004315 citric acid Substances 0. 000 claims description 32• 235000015165 citric acid Nutrition 0. 000 claims description 32• 239000002736 nonionic surfactant Substances 0. 000 claims description 24• 241000004176 Alphacoronavirus Species 0. 000 claims description 22• 230000000249 desinfective Effects 0. 000 claims description 18• 210000001519 tissues Anatomy 0. 000 claims description 17• 241000712464 Orthomyxoviridae Species 0. 000 claims description 16• 239000007921 sprays Substances 0. 000 claims description 15• 000 claims description 15• 239000011787 zinc oxide Substances 0. 000 claims description 15• 229910001614 zinc oxide Inorganic materials 0. 000 claims description 15• 000 claims description 14• 000 claims description 14• 239000001768 carboxy methyl cellulose Substances 0. 000 claims description 14• 239000001866 hydroxypropyl methyl cellulose Substances 0. 000 claims description 14• 229920003088 hydroxypropyl methyl cellulose Polymers 0. 000 claims description 14• 235000010979 hydroxypropyl methyl cellulose Nutrition 0. 000 claims description 14• 000 claims description 13• C1CO1. 000 claims description 13• 229920001983 poloxamers Polymers 0. 000 claims description 13• 235000010482 polyoxyethylene sorbitan monooleate Nutrition 0. 000 claims description 13• 235000019812 sodium carboxymethyl cellulose Nutrition 0. 000 claims description 13• 229920001027 sodium carboxymethylcelluloses Polymers 0. 000 claims description 13• 229960004224 tyloxapol Drugs 0. 000 claims description 13• 229920001664 tyloxapol Polymers 0. 000 claims description 13• [Zn]. [Zn]. [Zn]. 000 claims description 12• 229940068475 ZINC CITRATE Drugs 0. 000 claims description 12• 229960000314 Zinc Acetate Drugs 0. 000 claims description 12• 229940105296 Zinc Peroxide Drugs 0. 000 claims description 12• 000 claims description 12• 000 claims description 12• 229920003086 cellulose ethers Polymers 0. 000 claims description 12• 000 claims description 12• OO DLINORNFHVEIFE-UHFFFAOYSA-N 0. 000 claims description 12• 239000004246 zinc acetate Substances 0. 000 claims description 12• 229940043825 zinc carbonate Drugs 0. 000 claims description 12• 239000011667 zinc carbonate Substances 0. 000 claims description 12• 235000004416 zinc carbonate Nutrition 0. 000 claims description 12• 229910000010 zinc carbonate Inorganic materials 0. 000 claims description 12• 239000011746 zinc citrate Substances 0. 000 claims description 12• 235000006076 zinc citrate Nutrition 0. 000 claims description 12• 000 claims description 12• 000 claims description 12• 000 claims description 12• 208000001756 Virus Diseases Diseases 0. 000 claims description 10• 206010047461 Viral infection Diseases 0. 000 claims description 9• 239000008223 sterile water Substances 0. 000 claims description 9• 229940115504 sterile water Drugs 0. 000 claims description 9• 230000017613 viral reproduction Effects 0. 000 claims description 9• 000 claims description 9• 239000003651 drinking water Substances 0. 000 claims description 8• 239000010408 films Substances 0. 000 claims description 8• 241000725303 Human immunodeficiency virus Species 0. 000 claims description 7• -1 bacitracin zinc Chemical compound 0. 000 claims description 7• 000 claims description 7• 239000011780 sodium chloride Substances 0. 000 claims description 7• [Cl-] FAPWRFPIFSIZLT-UHFFFAOYSA-M 0. 000 claims description 7• 229960005364 bacitracin zinc Drugs 0. 000 claims description 6• 235000012206 bottled water Nutrition 0. 000 claims description 6• 210000000214 Mouth Anatomy 0. 000 claims description 5• 239000006260 foams Substances 0. 000 claims description 5• 210000004877 mucosa Anatomy 0. 000 claims description 5• 239000000829 suppositories Substances 0. 000 claims description 5• 229940051866 Mouthwash Drugs 0. 000 claims description 4• 210000003128 Head Anatomy 0. 000 claims description 3• 210000003928 Nasal Cavity Anatomy 0. 000 claims description 3• 201000009910 diseases by infectious agent Diseases 0. 000 claims description 3• 239000000499 gels Substances 0. 000 claims description 3• 239000004615 ingredients Substances 0. 000 claims description 3• 000 claims 11• 000 claims 6• 000 claims 6• 150000002191 fatty alcohols Chemical class 0. 000 claims 5• 210000002200 Mouth Mucosa Anatomy 0. 000 claims 2• 210000002850 Nasal Mucosa Anatomy 0. 000 claims 2• 210000002255 anal canal Anatomy 0. 000 claims 2• 235000020188 drinking water Nutrition 0. 000 claims 1• 239000003205 fragrance Substances 0. 000 claims 1• 230000001717 pathogenic Effects 0. 000 description 18• 230000001603 reducing Effects 0. 000 description 17• 241000282412 Homo Species 0. 000 description 16• 150000001875 compounds Chemical class 0. 000 description 14• 239000000243 solutions Substances 0. 000 description 14• 241001465754 Metazoa Species 0. 000 description 13• 230000002265 prevention Effects 0. 000 description 12• 230000000694 effects Effects 0. 000 description 11• 244000052769 pathogens Species 0. 000 description 10• 206010021902 Infections Diseases 0. 000 description 8• 230000000844 anti-bacterial Effects 0. 000 description 8• 230000002401 inhibitory effects Effects 0. 000 description 7• 210000004027 cells Anatomy 0. 000 description 6• 210000002345 respiratory system Anatomy 0. 000 description 6• 208000006572 Human Influenza Diseases 0. 000 description 5• 206010022000 Influenza Diseases 0. 000 description 5• 210000003800 Pharynx Anatomy 0. 000 description 5• 239000003443 antiviral agent Substances 0. 000 description 5• 230000000120 cytopathologic Effects 0. 000 description 5• 230000001472 cytotoxic Effects 0. 000 description 5• 231100000433 cytotoxic Toxicity 0. 000 description 5• 239000000126 substances Substances 0. 000 description 5• 241000712461 unidentified influenza virus Species 0. 000 description 4• 000 description 3• 239000004480 active ingredients Substances 0. 000 description 3• 230000003115 biocidal Effects 0. 000 description 3• 230000003588 decontaminative Effects 0. 000 description 3• 239000003814 drug Substances 0. 000 description 3• 229940079593 drugs Drugs 0. 000 description 3• 231100000419 toxicity Toxicity 0. 000 description 3• 230000001988 toxicity Effects 0. 000 description 3• 000 description 2• 241000193738 Bacillus anthracis Species 0. 000 description 2• 241000894006 Bacteria Species 0. 000 description 2• 241000711573 Coronaviridae Species 0. 000 description 2• 206010040490 Sexually transmitted diseases Diseases 0. 000 description 2• 000 description 2• 239000003242 anti bacterial agent Substances 0. 000 description 2• 230000000843 anti-fungal Effects 0. 000 description 2• 238000006243 chemical reaction Methods 0. 000 description 2• 239000003795 chemical substance by application Substances 0. 000 description 2• 239000003086 colorant Substances 0. 000 description 2• 231100000135 cytotoxicity Toxicity 0. 000 description 2• 230000003013 cytotoxicity Effects 0. 000 description 2• 230000001575 pathological Effects 0. 000 description 2• 150000003856 quaternary ammonium compounds Chemical class 0. 000 description 2• 241001430294 unidentified retrovirus Species 0. 000 description 2• 000 description 2• 229940064005 Antibiotic throat preparations Drugs 0. 000 description 1• 229940083879 Antibiotics FOR TREATMENT OF HEMORRHOIDS AND ANAL FISSURES FOR TOPICAL USE Drugs 0. 000 description 1• 229940042052 Antibiotics for systemic use Drugs 0. 000 description 1• 229940042786 Antitubercular Antibiotics Drugs 0. 000 description 1• 241000228212 Aspergillus Species 0. 000 description 1• 229940065181 Bacillus anthracis Drugs 0. 000 description 1• 229940075615 Bacillus subtilis Drugs 0. 000 description 1• 241000589876 Campylobacter Species 0. 000 description 1• 229920002134 Carboxymethyl cellulose Polymers 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 241000192125 Firmicutes Species 0. 000 description 1• 241000233866 Fungi Species 0. 000 description 1• 229940093922 Gynecological Antibiotics Drugs 0. 000 description 1• 206010022114 Injuries Diseases 0. 000 description 1• 229940115931 Listeria monocytogenes Drugs 0. 000 description 1• 229940088232 Medical Device Drugs 0. 000 description 1• 229940055023 Pseudomonas aeruginosa Drugs 0. 000 description 1• 241000235343 Saccharomycetales Species 0. 000 description 1• 241000293869 Salmonella enterica subsp. enterica serovar Typhimurium Species 0. 000 description 1• 229940076185 Staphylococcus aureus Drugs 0. 000 description 1• 000 description 1• 229940031000 Streptococcus pneumoniae Drugs 0. 000 description 1• 229940024982 Topical Antifungal Antibiotics Drugs 0. 000 description 1• 206010046306 Upper respiratory tract infection Diseases 0. 000 description 1• 229940045950 Water Drugs 0. 000 description 1• 241000222126 [Candida] glabrata Species 0. 000 description 1• 239000000654 additives Substances 0. 000 description 1• 230000002411 adverse Effects 0. 000 description 1• 000 description 1• 230000002421 anti-septic Effects 0. 000 description 1• 230000000840 anti-viral Effects 0. 000 description 1• 229940027983 antiseptics and disinfectants Quaternary ammonium compounds Drugs 0. 000 description 1• 239000003139 biocide Substances 0. 000 description 1• 235000010948 carboxy methyl cellulose Nutrition 0. 000 description 1• 150000001767 cationic compounds Chemical class 0. 000 description 1• 210000003850 cellular structures Anatomy 0. 000 description 1• 239000000084 colloidal systems Substances 0. 000 description 1• 150000001880 copper compounds Chemical class 0. 000 description 1• 230000000531 effect on virus Effects 0. 000 description 1• 239000003995 emulsifying agents Substances 0. 000 description 1• 238000005516 engineering processes Methods 0. 000 description 1• 239000000796 flavoring agent Substances 0. 000 description 1• 201000001820 human immunodeficiency virus infectious diseases Diseases 0. 000 description 1• 229940079866 intestinal antibiotics Drugs 0. 000 description 1• 230000002147 killing Effects 0. 000 description 1• 000 description 1• 239000000463 materials Substances 0. 000 description 1• 239000001525 mentha piperita l. herb oil Substances 0. 000 description 1• 229940005935 ophthalmologic Antibiotics Drugs 0. 000 description 1• 239000000049 pigments Substances 0. 000 description 1• 230000001681 protective Effects 0. 000 description 1• 230000000717 retained Effects 0. 000 description 1• 230000001177 retroviral Effects 0. 000 description 1• 239000002904 solvents Substances 0. 000 description 1• 239000003381 stabilizer Substances 0. 000 description 1• 239000003981 vehicles Substances 0. 000 description 1• 239000004034 viscosity adjusting agent Substances 0. 000 description 1• 230000003313 weakening Effects 0. 000 description 1• 239000000080 wetting agent Substances 0. 000 description 1• 150000003752 zinc compounds Chemical class 0. 000 description 1 Classifications• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C11— ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES• C11D— DETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL• A— HUMAN NECESSITIES• A61— MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE• A61K— PREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES• A— HUMAN NECESSITIES• A61— MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE• A61K— PREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES• antiphlogistics and cardiaca• A— HUMAN NECESSITIES• A61— MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE• A61P— SPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS• antibiotics, antiseptics, chemotherapeutics• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C11— ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES• C11D— DETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C11— ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES• C11D— DETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL• cellulose, starch, gum, alginic acid, cyclodextrin• cellulose, starch, gum, alginic acid, cyclodextrin etherified, e. CMC• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C11— ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES• C11D— DETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C11— ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES• C11D— DETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL• 発明の背景 発明の分野 [0002]本発明は、表面接触消毒のため、ならびにウイルス粒子によって引き起こされる感染の医薬治療および予防のための、殺ウイルス剤としての第四級アンモニウム化合物の使用に関する。 具体的には、本発明は、比較的短時間のウイルス粒子の接触破壊とその後のウイルス粒子に対する残存付随毒性のための、低濃度溶液での塩化セチルピリジニウムの使用に関する。 さらに詳しくは、本発明は、表面消毒のための、乾燥組成物粉末から溶液までの塩化セチルピリジニウムの組成物および適用を、コロナウイルスの破壊または阻害のための気道治療用スプレーまたはエアゾール吸入剤として、およびHIV感染予防における発泡体、フィルム、液体または坐剤として記載する。 関連技術の説明 [0003]ウイルスは、生細胞において複製できる最小の感染性病原体であると考えられている。 宿主細胞への核酸転移およびさらなる後代の産生を促進する宿主のその後の機能の正確な機構は、十分には理解されていない。 ウイルスは、1つまたは複数のタンパク質コートによって取り囲まれた核酸のコアを有し、コロナウイルスの場合のように、さらに外被に覆われているものもある。 核酸には2種類、リボース(RNA)またはデオキシリボース(DNA)がある。 適した宿主が一旦侵入されると、この遺伝物質は、複製に向かわせる原因となる。 核酸は、タンパク質コートがないと、通常は細胞に入ることができない。 [0004]一般に、DNAウイルスは宿主細胞の核内で増殖するのに対し、RNAウイルスは細胞質で増殖する。 RNAウイルスの中には細胞膜からの出芽のように出現するように見えるものもある。 一般に、ミクソウイルスおよびライノウイルス、例えばコロナウイルス、ならびにヒト免疫不全ウイルス(「HIV」)はRNAタイプのものであり、他方パポバウイルス(ヘルペス)、アデノウイルス(ポックス)およびオルトミクソウイルス科(インフルエンザおよびパラインフルエンザ)などのウイルスはDNAベースのものである。 コロナウイルス、例えば、風邪を引き起こすものは、多種多様な宿主に感染することが分かっている。 例えば、コロナウイルスは、ヒト、イヌ、ネコ、ブタおよびトリに感染することが分かっている。 [0005]殺ウイルス剤は、多種多様な設定において、例えば、病院、患者の部屋、治療施設およびウイルスの不活化が有益な効果を有するであろうその他の表面において、病原性ウイルスの有害な存在の制限または根絶において重要な役割を果たしている。 それでもなお、強力で有効な殺ウイルス剤の必要性は、環境の安全への懸念に対して釣り合いをとられなければならない。 [0006]塩化セチルピリジニウム(CPC)は、メルクインデックス メルクインデックス、第11版、メルク社(Merck & Co. )、ニュージャージー州ローウェイ(1989)、311頁 に記載される第四級アンモニウム化合物であり、殺菌特性および防腐特性を有する。 広範な抗菌特性を有すると現在知られているものは陽イオン化合物であり、このためにグラム陰性菌およびグラム陽性菌双方の不活化のための有効成分となっている。 感受性であると分かっている細菌の例としては、大腸菌、ネズミチフス菌、緑膿菌、炭疽菌、枯草菌、カンピロバクター菌、リステリア菌、黄色ブドウ球菌および肺炎連鎖球菌がある。 塩化セチルピリジニウムはまた、カンジダアルビカンス(Candida albicans)および亜種、出芽酵母、トルロプシスグラブラタ(Torulopsis glabrata)、白癬菌種、アスペルギルスフラーブス(Aspergillus flavus)および黒色アスペルギルス(Aspergillus niger)、スタキボトリスアトラ(Stachybotrys atra)、ケトミウムグロボスム(Chaetomium globosum)、ヒストプラスマカプスラーツム(Histoplasma capsulatum)、ペニシリウムシクロピウム(Penicillium cyclopium)およびクラドスポルムレジネ(Cladosporum resinae)などの真菌に影響を及ぼす、その抗真菌特性についても知られている(Reed, R. 、「Cetyl Pyridinium Chloride:Status Report. 」 University of Northumbria School of Applied and Molecular Biology、2002年1月。 [0007]CPCは、口腔内細菌叢を乱すことのない、認められている広域型の抗菌殺菌作用によって、オーラルリンスおよびトローチ剤に一般的に用いられている。 例えば、市販のオーラルリンス製品として、スコープ(Scope)(登録商標)(プロクターアンドギャンブル)、セパコール(Cepacol)(登録商標)(J.B.ウィリアムズ)およびアクト(Act)(登録商標)(ジョンソンアンドジョンソン)が挙げられる。 これらの製品におけるCPCの製剤濃度は、0.04%〜0.05%の範囲であり、これは通常、好ましくない微生物に対して有効である能力を有しながら、安全なレベルとして認識されている。 Clin. Res. 72:107113、1997)。 しかし、抗菌剤としてのCPCの効力は、リンス、トローチ剤、歯磨剤およびオーラルケア製品の製剤によく使われる成分によって大きく妨げられているという証拠が多数存在する(Addyら、J. Dent. Res. 72:719、1993)。 その他の市販の殺菌製品用途としては、女性用洗浄液ならびに擦り傷および軽傷用の局所消毒薬が挙げられる。 [0008]ウイルス病原体、特に、このような病原体が活性を長期間保持できる、無生物表面上に存在するものの排除は、多種多様な設定における殺菌環境の維持に対する長年にわたる課題であった。 このような静的に存在するウイルス病原体の排除のための適切な機構を提供しようとしていくつかの消毒剤が開発されてきた。 しかし、こういった消毒剤の多くは所望の特徴を少ししか持っていない傾向がある。 例えば、腐食性であり得るものもあれば、不快なものまたは処理面の変色を引き起こし得るものもある。 [0009]したがって、求められるものは、従来の薬剤で経験され得る副作用を最小にしながらまたは排除しながら、表面接触消毒を提供する殺ウイルス剤、ならびにウイルス粒子によって引き起こされる感染の医薬治療および予防のための組成物である。 [0010]本発明は上記の1つまたは複数の問題の影響を克服することまたは少なくとも減少させることを対象とする。 発明の概要 [0011]本発明は、無生物上に、ヒトまたはその他の動物の気道、特に口腔または鼻腔内に、およびHIVの予防または阻害のためにヒトの肛門または泌尿生殖路内に、存在するウイルスを不活化するための、組成物および方法を含む。 本発明はまた、一般大衆が最大の残存結果の表面の浄化を必要とする、病院、公衆トイレ、運搬用車両および施設で通常見られるものなどの、ウイルス病原体に感染した領域、ツールまたは装置を浄化するための、方法および組成物を含む。 [0012]本発明は、液体またはその他の適した媒質に可溶化したCPCの使用を含む。 特定の実施形態は、表面接触消毒剤として、またはヒトまたはその他の動物の気道におけるウイルス病原体の破壊のための口咽頭適用におけるスプレーとして使用するための、飲用水または滅菌水のいずれかにCPCを溶解するステップを含む。 さらに、本発明のさらにその他の実施形態は、CPC含有化合物を含む殺ウイルスキットを提供する。 このようなキットでは、CPC含有化合物を、使用に先立って作用濃度に希釈するための濃縮型で提供できる。 [0013]本発明の特定のその他の実施形態は、ヒトおよびその他の動物によって安全に経口摂取し得る組成物を提供することによって、本発明の組成物および方法を、病原性ウイルスに曝露されたヒトおよびその他の動物を治療するのに適したものにする。 代替実施形態では、有効量のCPCを、病原性ウイルスに対する曝露に先立って、治療を受けているヒトおよびその他の動物に適用できる。 したがって、本発明は、ウイルス感染症の予防および治療の両方のための組成物および方法を含む。 これらの特定の実施形態では、本発明は、ヒトおよび/またはその他の動物への薬剤投与に適した不活化組成物を含み得る。 薬剤投与に適したこのような組成物はまた、1種または複数の製薬上許容される担体を含み得る。 これらの組成物は、ウイルス感染を治療または予防するために、スプレーもしくはオーラルリンス(もしくはその他の許容される形)として粘膜もしくは口腔および咽喉を含む、口腔表面に、または皮膚表面および開放創および肛門もしくは膣管を含む、任意の他の適した身体表面に局所適用できる。 定義 [0014] 「不活化する」または「不活化」とは、ウイルス病原体の感染する能力および/または宿主において病的反応を引き起こす能力を、破壊、排除または低下させる能力を有することを意味し、このような不活化能は、ウイルス病原体の感染する能力および/または宿主において病的反応を引き起こす能力の少なくとも1logオーダー低下(90%)を提供することが好ましく、2logオーダー低下(99%)がより好ましく、3logオーダー低下(99.9%)が最も好ましい。 [0015]「接触させる」または「接触している」とは、本発明の組成物がウイルス病原体を不活化できるように、本発明の1種または複数の組成物をウイルス病原体と接触させることを指す。 [0016]「促進剤」とは、CPCのウイルス病原体を不活化する能力を増強または促進するよう作用する化合物または物質を表す。 [0017]「エキステンダー」とは、ウイルス病原体に対するCPCの不活化能を拡大または延長するよう作用する化合物または物質を表す。 [0018]「製薬上許容される」とは、特定の宿主(例えば、ヒトまたはその他の動物)に投与または適用した場合に重大な副作用を生じない組成物を指す。 [0019]「製薬上許容される担体」としては、使用した場合に製薬上許容されるままである、ありとあらゆる溶媒、媒質、コーティング剤または湿潤剤など、ならびに、特定の促進剤およびエキステンダーが挙げられる。 具体的な実施形態の詳細な説明 [0020]本発明の例示的実施形態を以下に記載する。 明瞭にするため、この明細書に実際の実施のすべての特徴を記載するわけではない。 当然のことながら、そのような実際の実施形態の開発では、開発者の具体的な目標を達成するために、多数の実施に特有の決定、例えば、実施毎に変わる、システムに関連した、およびビジネスに関連した制限の順守がなされるはずである。 さらに、当然のことながら、このような開発努力は複雑で多大な時間を要するものであり得るが、それにもかかわらず、この開示の利益を有する当業者にとっては慣例の取り組みである。 [0021]本発明は、液体またはその他の適した媒質に可溶化したCPCの組成物およびウイルス病原体を不活化するための、これらの組成物の使用を提供する。 本発明は、表面接触消毒剤として、またはヒトもしくはその他の動物の気道におけるウイルス病原体の破壊のための適用ではスプレーとして使用するための、何か適した液体媒質、例えば、飲用水または滅菌水または等張生理食塩水に可溶化しているCPCをさらに含む。 CPCを可溶化することは選択量のCPC粉末を液体媒質選択物に添加することによって行わなくてはならない。 本発明の組成物の代替実施形態はまた、得られる溶液を安定化し、その氷点を下げるための、安定化剤、例えば、ポリプロピレングリコールの添加を含む。 表面接触消毒剤 [0022]表面接触消毒剤および消毒を対象とする、本発明の実施形態では、CPC溶液濃度の範囲は、0.0%超〜最大約1.0%であってよく、濃度は具体的な用途に応じて変わる。 家庭での適用を対象とする特定の実施形態では、0.0%超〜1.0%、好ましくは、0.01%〜0.5%、より好ましくは、0.02%〜0.05%、最も好ましくは、約0.025%という溶液濃度が、特定のウイルス病原体、例えばコロナウイルスおよびインフルエンザウイルスおよびHIVウイルスの不活化をさらに促進する、穏和であるが有効な抗菌消毒剤を提供する。 ウイルス生物体のより多くの病原性の株が存在する、より積極的な消毒を必要とする適用では、確実に表面の汚染物質を最大接触破壊し、残存存在がさらなる汚染を妥当な期間内阻害するよう、最大約1.0%の高濃度のCPCが必要とされる場合もある。 [0023]CPCはまた、界面活性も有し、固体表面に積極的に付着するので、残存作用が促進される。 エキステンダー、例えば、それだけには限らないが、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、またはナトリウムカルボキシメチルセルロースをはじめとするセルロースエーテルを、CPCの残存不活化作用の毒性および寿命を延長または促進するために、本発明の特定の実施形態において、種々の濃度で補助剤として使用できる。 これらの化合物は、粘度調整剤、乳化剤、エマルションにおける保護コロイドとして、および皮膜形成剤として広く認識されている。 粘度特性は、水溶性ポリマーとしての置換度に応じて変わる。 例えば、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの場合には、0.01%〜2.5%の置換が皮膜形成およびカプセル封入を引き起こすが、カルボキシメチルセルロースの0.5%〜5.0%で同様の結果が達成される。 本発明の特定の実施形態では、これらのエキステンダー化合物は表面付着を高め、乾燥すると、耐水性度の異なる固体皮膜をもたらし得る。 特定のその他の実施形態では、エキステンダーは非イオン性界面活性剤であることが考慮される。 本発明に用途を見出す非イオン性界面活性剤としては、それだけには限らないが、当業者には容易に分かる、種々の濃度のTween80、トリトン、チロキサポール、プルロニックおよびスパンが挙げられる。 [0024]本発明のその他の実施形態は、CPCの不活化特性を加速するよう機能する促進剤の添加を含み得る。 本発明の組成物の代替実施形態は、それだけには限らないが、酸化亜鉛、酢酸亜鉛、バシトラシン亜鉛、炭酸亜鉛、クエン酸亜鉛、ヨウ素酸亜鉛、ヨウ化亜鉛、過酸化亜鉛、プロピオン酸亜鉛、ステアリン酸亜鉛、サリチル酸亜鉛、ヨウ化第一銅およびオレイン酸銅をはじめとする、亜鉛または銅化合物を含有する溶液を含み得る。 本発明のさらにその他の実施形態は、促進剤または加速剤として作用するクエン酸を含み得る。 ジカルボン酸中へのCOOH分子の添加はCPCの長い有機テールの反応性を高めると考えられている。 クエン酸の促進剤としての使用は、オルトミクソウイルス科に直接向けられる使用において特に有効である。 実際、コロナウイルス、RSVウイルス、オルトミクソウイルス科およびレトロウイルスのうち、オルトミクソウイルス科(インフルエンザおよびパラインフルエンザ)だけが、有効であるためにクエン酸添加を必要とする。 [0025]必要な濃度は促進剤毎に変わるが、当業者ならば容易に分かる。 例えば、酸化亜鉛は、0.0重量/容量%超〜約2.5%重量/容量ほどの高さの濃度で促進剤として使用でき、クエン酸は0.0%重量/容量超〜約0.5%重量/容量ほどまでの高さの範囲の濃度で使用できる。 [0026]本発明の組成物および方法はまた、CPC組成物を種々の洗浄塗布器、例えばワイプ、モップヘッド、スプレーなどと組み合わせることを考慮する。 [0027]本発明の方法は、CPC含有組成物を、病原体を不活化するために、または病原体の増殖を阻害するために十分な時間接触させることを含む。 病原体を不活化するために十分な接触時間は、病原体毎に変わり得るが、当業者ならば容易に分かる。 期間は0秒超〜約3分間の範囲であることが好ましく、30秒〜1分間がより好ましく、十分な期間が約45秒であることが最も好ましい。 その他の実施形態では、本発明は、有害なまたは好ましくない病原体を抱える環境表面を除染する方法を提供する。 このような一実施形態では、病原体は環境表面に付随しており、本方法は、環境表面を、表面を除染するのに十分な量の組成物と接触させることを含む。 そのように望まれるかもしれないが、除染は病原体の全消失をもたらす必要はなく、除染が、活性なウイルス性病原体の存在の少なくとも1log減少(90%)をもたらすことが好ましく、2log減少(99%)がより好ましく、3log減少(99.9%)が最も好ましい。 処理面が本発明の組成物で十分に処理されたことを確実にするために、組成物および方法が、色素、塗料ならびにその他のマーキングおよび識別化合物をさらに含む実施形態もある。 [0028]本発明は、領域を、エキステンダーおよび/または促進剤を含むCPC含有組成物に曝露することを含んでなる、領域を保護する(例えば、微生物の汚染から保護する)方法または除染する(例えば、領域中のウイルス粒子を不活化することによってその領域を除染する)方法をさらに提供する。 このような領域の曝露時間は領域毎に、およびエキステンダーおよび/または促進剤毎に変わり得るが、当業者であれば容易に分かる。 このような曝露時間は0秒超〜約3分間の範囲であることが好ましく、30秒〜1分間がより好ましく、十分な期間が約45秒であることが最も好ましい。 これらの方法はどんな種類の領域または物品(例えば、医療機器または治療台または紙製/布製おむつまたはマット)にも適用できる。 例えば、領域が、有孔であるか無孔の、様々なハードまたはソフト表面のいずれかであり得る実施形態もある。 [0029]本発明のその他の実施形態は、CPC含有化合物を含む殺ウイルスキットを提供する。 このようなキットでは、使用に先立って作用濃度に希釈するための濃縮型のCPC含有化合物を提供できる。 これらのキットにはまた、1種または複数のエキステンダーおよびまたは促進剤を含めることができる。 さらに、これらのキットは、使用方法およびまたは用いるべき所望の希釈比についての説明書を提供できる。 このようなキットは、特定の種類のウイルス性病原体を標的とする方法を提供でき、これはCPC濃度の変化、または特定のエキステンダーおよび/または促進剤の使用を含み得る。 薬剤適用 [0030]本発明はまた、ヒトおよびその他の動物において、ウイルス媒介性病原性反応の治療および予防において有用である組成物および方法を含む。 ウイルス媒介性のこのような反応は、ヒトおよびその他の動物の気道、特に上気道のウイルス感染であることが好ましい。 例えば、適したCPC含有組成物は、ヒト、イヌ、ネコ、ブタおよびトリをはじめ、多種多様な宿主に感染できる、コロナウイルスを不活化するのに有効である。 CPC含有化合物はまた、オルトミクソウイルス科すなわちインフルエンザウイルスを不活化できる。 本発明の組成物および方法はまた、ヒトおよびその他の動物における皮膚表面および開放創のウイルス媒介性病原性反応の治療および予防において有用である。 例えば、炭疽菌との皮膚接触に起因する病原状態の治療および予防において。 さらに、CPC含有化合物はHIVを不活化できる。 したがって、特定の実施形態では、本発明は、発泡体、フィルム、液体または坐剤の形での肛門または泌尿生殖路への適用による、性感染病、例えばHIVの治療および予防において有用であり得る。 [0031]いくつかの実施形態では、本発明は、病原体ウイルスに曝露された、ヒトおよびその他の動物を治療するのに適した組成物および方法を提供する。 代替実施形態では、有効量のCPCを、ウイルス病原体への曝露に先立って、治療を受けているヒトおよびその他の動物に適用する。 したがって、本発明は、ウイルス感染の予防および治療双方のための組成物および方法を含む。 これらの特定の実施形態では、本発明は、ヒトおよび/またはその他の動物への薬剤投与に適した不活化組成物を含み得る。 [0032]上気道感染、例えばインフルエンザまたは風邪の場合には、ウイルス感染は、咽喉および気道に主に位置したままであり、組織を弱体化し、続発性細菌感染を招くことによって、その他の微生物による感染にかかりやすくする。 本発明では、スプレー、例えば、ポンプ装置によるものまたは噴射型エアゾールによる、このような領域へのCPCの送達により、ウイルスおよびCPCに対して感受性である続発性感染細菌病原体の接触破壊が可能となる。 このような装置は、市場から容易に入手でき、これらとしては、ケンブリッジコンサルタンツ社(Cambridge Consultants)またはウィルデン社(Wilden)製の定量吸入剤が挙げられる。 製薬上許容されるCPC含有組成物は、本発明の方法において、宿主内の感染の標的組織領域に直接的に使用できる。 例えば、口咽頭スプレーまたはリンスを用いて、適したCPC含有組成物を、ウイルス病原体を不活化するのに有効である濃度で、感染個体の咽頭、口腔および/または鼻腔に送達できる。 さらに、このようなスプレーまたはリンスを、実際の感染に先立って、曝露が疑われる際にウイルス病原体を不活化するために使用することさえもできる。 [0033]口咽頭適用の場合には、滅菌溶液中、0.0%超〜0.5%、好ましくは、0.01%〜0.1%、より好ましくは、0.025%〜0.05%の範囲のCPCを、スプレーとして口腔および咽頭の領域に適用し、粘膜表面のウイルス病原体の接触破壊を可能にし、ウイルス病原体の感染を減少または排除する。 本発明の組成物および方法はまた、ヒトおよびその他の動物の肺における、ウイルス媒介性病原性反応の治療および予防において有用である。 ヒトおよびその他の動物の肺におけるウイルス病原体の治療および予防の場合には、CPCを含有する製薬上許容される組成物を、気管および肺胞の組織ならびに周囲組織と直接接触させるための、ミストまたはミスト様吸入剤として適用できる。 このような肺内適用では、滅菌溶液中の有用なCPC濃度は、0.0%超〜0.5重量/容量%、好ましくは0.01%〜0.1%、より好ましくは、0.025%〜0.05%の範囲であり得る。 CPC溶液が、ウイルス病原体の宿主となっている組織の細胞構造内に確実に輸送されると、さらなる見せかけのウイルス感染が起こることがある。 CPCは高度にカチオン性であるため、口腔および粘膜表面に容易に吸収、保持され、それによって延長された残存作用のための機構が提供される。 [0034]薬剤投与に適したこのような組成物にはまた、1種または複数の製薬上許容される担体を含めることができる。 これらの組成物は、ウイルス感染を治療または予防するために、スプレーまたはオーラルリンス(またはその他の許容される形)として粘膜または口腔および咽喉をはじめとする口腔表面に、または何か他の適した身体表面、例えば、皮膚表面および開放創に局所適用できる。 [0035]本発明の特定の実施形態はまた、性感染病、特に、HIVを治療および予防するための組成物および方法を提供する。 CPC含有組成物はゲル、発泡体、フィルム、液体または坐剤の形で提供できる。 このような形では、化合物を、感染個体の肛門または泌尿生殖路に直接適用できる。 あるいは、本発明の化合物は、間接適用、例えば、コンドームおよびその他の非薬剤避妊具のパッケージングにおける添加剤において有用であり得る。 [0036]製薬上許容される担体に加え、または製薬上許容される担体としてエキステンダーを本発明の組成物に使用できる。 このようなエキステンダーとしては、それだけには限らないが、セルロースエーテルヒドロキシプロピルメチルセルロースまたはナトリウムカルボキシメチルセルロースが挙げられ、それらは種々の濃度で使用できる。 特定のその他の実施形態では、エキステンダーは非イオン性界面活性剤であることが考慮される。 本発明に用途を見出す非イオン性界面活性剤としては、それだけには限らないが、当業者には容易に分かる種々の濃度のTween80、トリトン、チロキサポール、プルロニックおよびスパンが挙げられる。 [0037]本発明の代替実施形態には、CPCの不活化特性を加速するのに適した促進剤を含めることができる。 例えば、ウイルス粒子のCPC媒介性不活化を加速するために、CPC含有組成物に酸化亜鉛の形の亜鉛を含めることができる。 特定のその他の実施形態では、本組成物に促進剤または加速剤として作用するクエン酸を含めることができる。 クエン酸の促進剤としての使用は、オルトミクソウイルス科に直接向けられる使用において特に有効である。 本発明のさらにその他の実施形態では、CPC含有組成物にエキステンダーと促進剤の双方を含めることができる。 [0038]必要な濃度は促進剤毎に変わるが、当業者ならば容易に分かる。 例えば、酸化亜鉛は、0.0重量/容量%超〜約2.5%重量/容量ほどの高さの濃度で促進剤として使用でき、クエン酸は0.0%重量/容量超〜約0.5%重量/容量ほどの高さの範囲の濃度で使用できる。 [0039]また、本発明のさらにその他の実施形態では、製剤は、任意の数の着色剤もしくは矯味剤、または着色剤もしくは矯味剤の変化をさらに含む(例えば、色素とペパーミント油)。 [0040]本発明を、その具体的な実施形態を特に参照して説明してきたが、詳細に示し、説明した本発明の形は、その好ましい実施形態としてとられるべきであるということは理解されるべきである。 特許請求の範囲によって定義される本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく、種々の変更および改変を行うことができる。 [0041]本発明は、(1)CPCが殺ウイルス剤として有効であり得るかどうか、有効である場合は最小阻害投与量を調べる、(2)宿主細胞およびそれへの投与量のあらゆる副作用を調べる、(3)CPC、塩化ベンザルコニウム、およびトリクロサンの抗ウイルス作用を比較するin vivo試験および負荷研究に由来するものである。 例示的実施形態として、本発明は、組織培養において可能性ある抗ウイルス物質がウイルス感染作用を阻害する程度を直接測定する方法を必要とする。 明確なプラークを生じる、ウイルスと細胞株との組合せには、プラーク減少が推奨される。 その他の細胞変性作用(CPE)は、明確なプラークを生じないウイルスと細胞株で測定でき、または特定の細胞変性作用が決定的な特徴であってもよい。 実施例1:コロナウイルス [0042]プラーク形成および本発明のCPC化合物のコロナウイルス活性に対する作用を実証するために、ネコ伝染性腹膜炎II型(FIP II型)コロナウイルス培養物を、CrFK細胞培養で増殖させた。 未処理ウイルスは対照として役割を果たした。 あるいは、ウイルス懸濁液を、3種の濃度のCPCに300秒間曝露した。 濃度は、認可されたUSP等級塩化セチルピリジニウム粉末を滅菌水に添加して濃度0.025%、0.05%および0.10%の溶液各10mlを作製することによって作製した。 曝露の最後に、ウイルスをCrFK細胞培養において力価測定した。 ウイルス力価測定は、処理したウイルスの段階希釈0.1mlをCrFk細胞培養物に接種することによって、各被験物質濃度で達成する。 次いで、それらをCPE阻害について顕微鏡によって観察し、TCID50/mlとして力価を記録し、プラーク形成単位(pfu)としても表した。 このようにして殺ウイルス活性を、被験物質と対照の間のウイルス力価のlog減少数として定義する(ReedおよびMeunch)。 以下の表は、FIP II型コロナウイルスの破壊におけるCPCの効力を実証するものである。 [0043]本発明では、0.025%濃度のCPCの存在下、5百万ウイルス/mlを含有するウイルス懸濁液の5分間の曝露の結果としてウイルス力価の有意な減少が生じた。 この減少は、存在するウイルス粒子の99.95%より多くの減少に置き換わる。 表面領域に対する同様の死滅作用を仮定すれば、濃度0.025%/in 2のCPCの適用は3logより多くのウイルスの減少をもたらす。 代替有効成分として塩化ベンザルコニウムおよびトリクロサンを、CPCに関して用いたものと同様に3濃度で用いる比較試験からは、本質的に異なる結果が得られ、細胞毒性の増加が実証された。 塩化ベンザルコニウムに関しては、0.10%の曝露のみがウイルスの減少をもたらし、その減少率は約20%であった。 トリクロサンは、3レベルすべてで細胞毒性を示したが、3レベルすべてでウイルスは減少しなかった。 本発明では、溶液中濃度0.025%のCPCは、5分間不都合な細胞変性作用を伴うことなく、一貫して、FIP II型コロナウイルスの3logより高い致死毒性を実証した。 インフルエンザウイルス、検体インフルエンザA/Equi 2?Miami 1/63、ATCC VR517を、in vitroアッセイを実施するのに十分なウイルス粒子を提供するために細胞培養物で継代した。 対照力価は平均6.5log/mlであった。 ウイルス懸濁液を3濃度のCPCに300秒間曝露した。 未処理ウイルスはベースライン対照として役割を果たした。 [0045]0.05%および0.025%のCPCを取り入れた際には、5分の曝露後に力価の有意な減少は全く観察されなかった。 さらに、pH調整目的で、CPCに0.1%のTSPおよび酢酸添加処理を含めたその後の試験でも、ウイルス力価に対して有意な影響は全く示されなかった。 [0046]しかしながら、0.025%(重量/容量)および0.05%(重量/容量)CPC溶液双方への0.1%クエン酸(重量/容量)の添加は、ウイルス力価に対して3.5logより大幅な減少をもたらした。 さらに、0.025%CPCおよび0.1%クエン酸を含有する試験溶液の使用は、観察される細胞傷害性作用を全く引き起こさなかった。 血清の存在下でのさらなる試験もまた同様のlog減少をもたらした。 さらに、0.1%のクエン酸および酢酸双方のpHは2.3であり、どちらの溶液もそのレベルでは細胞傷害性ではなかった。 すべての結果はReedおよびMuench法に基づくものであった。 FeLVレトロウイルスを6.0log/mlの力価まで細胞培養物で増殖させた。 細胞傷害性についての初期試験から、コロナウイルス試験と一致するデータが得られた。 [0048]要するに、ウイルス懸濁液を3濃度のCPC、0.025%、0.05%および0.10%に300秒間曝露した。 未処理ウイルスは対照として役割を果たした。 曝露の最後に、CrFK細胞培養物でウイルスの力価を測定した。 ウイルスの力価測定は、処理したウイルスの段階希釈0.1mlを、CrFK細胞培養物に接種することによって各被験物質濃度で達成した。 濃度0.025%でのCPC処理は細胞傷害性ではなかったが、濃度0.05%および0.1%では細胞傷害性であった。 [0049]0.025%というCPCレベルのCPCは、0.1%クエン酸と併用する場合もそれを伴わない場合も、ウイルス力価の3.5log/mlより大幅な減少を引き起こした。 血清の有無は、FeLVウイルスのCPC媒介性不活化に影響を及ぼさなかった。 さらに、ウイルスの3レベルのCPCに対する曝露はすべて、0.1%クエン酸を伴っても伴わなくとも、FeLVウイルスの100%減少をもたらした。 すべての結果はReedおよびMuench法に基づくものであった。 コロナはエンベロープ型ウイルスであり、SARSウイルスに極めて類似しており、SARSウイルスの実験室試験の代替(surrogate)である。 コロナおよびオルトミクソウイルス科ウイルスは、耐性のある生物体であり、宿主系の外に長期間存在する能力を有する。 これらのウイルスは、種類に応じて乾燥に対して耐性を有しており、宿主に移り、感染を引き起こすための完全な能力を持ちながら表面に長期間存在することができる。 [0051]本発明に関する研究に基づいて、0.025%CPC溶液の、スプレー装置またはワイプまたは直接液体を注ぐことによる固体表面への適用の結果、有効な消毒剤適用となり、コロナおよびオルトミクソウイルス科ウイルスを排除する。 その上、本研究からは、0.025%溶液レベルで不都合な細胞の様子は実証されなかったので、ヒトにおける口腔および咽喉領域への本発明の特定の組成物の導入により、コロナおよびオルトミクソウイルス科ウイルスおよびその他のあまり耐性のないウイルスの、害はないが有効である殺菌および阻害薬を提供できる。 さらに、先行技術によって、CPCに付随する抗生性および抗真菌性特性がさらに支持されているので、ウイルス疾患、例えば、風邪、インフルエンザまたはSARSの治療のための化合物の使用では別の利益も提供される。 具体的には、0.025%CPC溶液の気道の粘膜表面への添加は、細菌に関連する続発性感染を阻害することによって罹患個体にとって利益となる。 [0052]本発明は改変でき、本明細書における教示の利益を有する当業者には明らかな、異なっているが同等な方法で実施できるように、上記で開示した特定の実施形態は単に例示的なものである。 さらに、特許請求の範囲に記載されるもの以外には、本明細書に示される構成または設計の詳細には何ら制限しようとするものではない。 したがって、上記に開示された特定の実施形態を変更または改変でき、すべてのこのような変更は本発明の範囲および趣旨内であると考えられることは明らかである。 したがって、本明細書において追求される保護は特許請求の範囲に示される通りである。 Claims 156 前記ウイルス感染組織の表面領域が生物の肺中にある、請求項128に記載の方法。 2004• 2004-11-03 JP JP2006539670A active Active• 2004-11-03 EP EP04816942A active Active• 2001 Definition of terms Legal Events Date Code Title Description 2007-03-13 A072 Dismissal of procedure Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A072 Effective date: 20070313 2007-11-06 A621 Written request for application examination Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621 Effective date: 20071105 2010-11-25 A131 Notification of reasons for refusal Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131 Effective date: 20101124 2011-02-25 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20110224 2011-03-04 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20110303 2011-03-25 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20110324 2011-04-01 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20110331 2011-04-26 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20110425 2011-05-09 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20110506 2011-05-24 A521 Written amendment Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523 Effective date: 20110523 2012-03-22 A131 Notification of reasons for refusal Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131 Effective date: 20120321 2012-06-22 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20120621 2012-06-29 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20120628 2012-07-24 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20120723 2012-07-31 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20120730 2012-08-22 A601 Written request for extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601 Effective date: 20120821 2012-08-29 A602 Written permission of extension of time Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602 Effective date: 20120828 2012-09-19 A521 Written amendment Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523 Effective date: 20120918 2012-12-20 TRDD Decision of grant or rejection written 2013-01-09 A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration utility model Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01 Effective date: 20130108 2013-01-31 A61 First payment of annual fees during grant procedure Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61 Effective date: 20130124 2013-02-01 R150 Certificate of patent or registration of utility model Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150 2013-02-01 FPAY Renewal fee payment event date is renewal date of database Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160201 Year of fee payment: 3 2016-02-02 R250 Receipt of annual fees Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250 2017-02-07 R250 Receipt of annual fees Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250 2018-02-06 R250 Receipt of annual fees Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250 2019-02-05 R250 Receipt of annual fees Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250.

次の

塩化セチルピリジニウム(部外品):Cosmetic

セチル ピリジニウム クロリド

Ceprim• Ceepryn chloride• Biosept• Ammonyx CPC• ピリセプト• セチルピリジニウムクロリド• Cetylpyridinium chloride• 塩化セチルピリジニウム• Cetylpyridinium・chloride• ヘキサデシルピリジニウムクロリド• Hexadecylpyridinium chloride• 1-Cetylpyridinium・chloride• 1-Hexadecylpyridinium・chloride• Fixanol• Fylomac• N-ヘキサデシルピリジニウムクロリド• N-Hexadecylpyridinium chloride• N-Cetylpyridinium・chloride.

次の

問合わせ対応で分かってしまった赤ちゃんのお尻ふきの危険性

セチル ピリジニウム クロリド

15、政府向けGHS分類ガイダンス(H22. 7月版)を使用 物理化学的危険性 健康に対する有害性 急性毒性(経口) 区分3 急性毒性(吸入:粉じん) 区分2 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性 区分2 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) 区分3(気道刺激性) 注) 上記で区分の記載がない危険有害性は政府向けガイダンス文書で規定された[分類対象外]、[区分外]または[分類できない]に該当するものであり、後述の該当項目の説明を確認する必要がある。 ラベル要素 絵表示又はシンボル 注意喚起語 危険 危険有害性情報 飲み込むと有毒 吸入すると生命に危険 強い眼刺激 呼吸器への刺激のおそれ 注意書き 【安全対策】 取扱い後は手をよく洗うこと。 この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。 粉じん、ヒューム、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 屋外または換気の良い場所でのみ使用すること。 適切な呼吸用保護具を着用すること。 取扱後は眼をよく洗うこと。 適切な保護眼鏡、保護面を着用すること。 【応急措置】 飲み込んだ場合:直ちに医師に連絡すること。 口をすすぐこと。 吸入した場合:被災者を空気の新鮮な場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 吸入した場合、ただちに医師に連絡すること。 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼の刺激が続く場合:医師の診断、手当てを受けること。 気分が悪い時は医師に連絡すること。 【保管】 施錠して保管すること。 換気の良い場所で保管すること。 容器を密閉しておくこと。 【廃棄】 内容物、容器を都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に委託すること。 ただちに医師に連絡すること。 皮膚に付着した場合 水と石鹸で洗うこと。 皮膚刺激が生じた場合、医師の診断、手当てを受けること。 眼に入った場合 水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼の刺激が続く場合:医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合 直ちに医師に連絡すること。 口をすすぐこと。 予想される急性症状及び遅発性症状 吸入 : データなし 皮膚 : データなし 眼 : データなし 経口摂取 : データなし 最も重要な兆候及び症状 データなし 応急措置をする者の保護 データなし 医師に対する特別注意事項 データなし 5.火災時の措置 消火剤 水噴霧、泡消火剤、粉末消火剤、炭酸ガス、乾燥砂類 使ってはならない消火剤 データなし。 火災時に刺激性、腐食性及び毒性のガスを発生するおそれがある。 特有の消火方法 危険でなければ火災区域から容器を移動する。 安全に対処できるならば着火源を除去すること。 消火を行う者の保護 適切な空気呼吸器、防護服(耐熱性)を着用する。 6.漏出時の措置 人体に対する注意事項、保護具および緊急措置 直ちに、全ての方向に適切な距離を漏洩区域として隔離する。 関係者以外の立入りを禁止する。 密閉された場所に立入る前に換気する。 全ての着火源を取り除く。 環境に対する注意事項 環境中に放出してはならない。 回収・中和 漏洩物を掃き集めて空容器に回収し、後で廃棄処理する。 封じ込め及び浄化方法・機材 水で湿らせ、空気中のダストを減らし分散を防ぐ。 二次災害の防止策 プラスチックシートで覆いをし、散乱を防ぐ。 7.取扱い及び保管上の注意 取扱い 技術的対策 特別に技術的対策は必要としない。 局所排気・全体換気 『8.ばく露防止及び保護措置』に記載の局所排気、全体換気を行う。 安全取扱い注意事項 取扱い後は手をよく洗うこと。 この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。 粉じん、ヒューム、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 屋外または換気の良い場所でのみ使用すること。 適切な呼吸用保護具を着用すること。 適切な保護眼鏡、保護面を着用すること。 接触回避 データなし。 保管 技術的対策 特別に技術的対策は必要としない。 保管条件 施錠して保管すること。 換気の良い場所で保管すること。 容器を密閉しておくこと。 容器包装材料 データなし。 8.ばく露防止及び保護措置 管理濃度 未設定 許容濃度 ばく露限界値、生物学的ばく露指標 日本産衛学会 未設定 ACGIH 未設定 設備対策 この物質を貯蔵ないし取扱う作業場には,適切な洗眼器と安全シャワーを設置すること。 ばく露を防止するため、作業場には適切な全体換気装置、局所排気装置を設置すること。 保護具 呼吸器の保護具 適切な呼吸器保護具を着用すること。 手の保護具 適切な保護手袋を着用すること。 眼の保護具 適切な眼の保護具を着用すること。 皮膚及び身体の保護具 適切な保護衣を着用すること。 衛生対策 取扱い後はよく手を洗うこと。 9.物理的及び化学的性質 物理的状態 形状 粉末 色 白色 臭い わずかに特異臭 pH 5. 0〜5. 4 : SRC Access on Sept. 2010 アルコール、クロロホルムに易溶;ベンゼン、エーテルに微溶 : Merck 14th, 2006 オクタノール・水分配係数 1. 71 EXP : SRC Access on Sept. (GHS分類:区分3) 経皮 データなし。 (GHS分類:分類できない) 吸入 吸入(ガス): GHSの定義における固体である。 (GHS分類:分類対象外) 吸入(蒸気): データなし。 (GHS分類:分類できない) 吸入(粉じん): ラットLC50値: 0. なお、エアロゾル(aerosols)と記載されている(HSDB 2003 )ので粉じんの基準値を適用した。 (GHS分類:区分2) 皮膚腐食性・刺激性 ウサギの皮膚に50 mgを24時間適用した試験で、刺激性は中等度(moderate)と報告されている(RTECS 2003 )。 (GHS分類:データ不足で分類できない。 ) 眼に対する重篤な損傷・刺激性 眼に対し刺激物であるとの記載(HSDB 2003 )に加え、ウサギの眼に0. 1〜1. (GHS分類:区分2) 呼吸器感作性又は皮膚感作性 呼吸器感作性:データなし。 GHS分類:分類できない 皮膚感作性:データなし。 GHS分類:分類できない 生殖細胞変異原性 データなし。 (GHS分類:分類できない) 発がん性 データなし。 (GHS分類:分類できない) 生殖毒性 妊娠初期3カ月間に本物質による薬物治療を受けた292人の女性に9件の奇形が見つかり、先天異常の割合は0. 3%であった。 非投薬での奇形平均値は0. 16%で、この増加は統計学的に有意ではなかった(HSDB 2003 )。 (GHS分類:データ不足で分類できない。 ) 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) ラットに0. 05〜0. (GHS分類:区分3(気道刺激性)) 特定標的臓器・全身毒性(反復ばく露) データなし。 (GHS分類:分類できない) 吸引性呼吸器有害性 データなし。 (GHS分類:分類できない) 12.環境影響情報 生態毒性 水生環境有害性(急性有害性) データなし。 (GHS分類:分類できない) 水生環境有害性(長期間有害性) データなし。 (GHS分類:分類できない) オゾン層への有害性 当該物質はモントリオール議定書の附属書に列記されていない。 (GHS分類:分類できない) 13.廃棄上の注意 残余廃棄物 廃棄の前に、可能な限り無害化、安定化及び中和等の処理を行って危険有害性のレベルを低い状態にする。 廃棄においては、関連法規並びに地方自治体の基準に従うこと。 汚染容器及び包装 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規並びに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 14.輸送上の注意 該当の有無は製品によっても異なる場合がある。 法規に則った試験の情報に基づく修正の必要がある。 国連番号 2811 品名 その他の毒物(有機物)(固体)(他の危険性を有しないもの) Proper Shipping Name TOXIC SOLID, ORGANIC, N. クラス 6. 航空規制情報 ICAO・IATAの規定に従う。 国内規制 陸上規制情報 規制なし。 海上規制情報 船舶安全法の規定に従う。 航空規制情報 航空法の規定に従う。 特別安全対策 移送時にイエローカードの保持が必要。 食品や飼料と一緒に輸送してはならない。 輸送に際しては、直射日光を避け、容器の破損、腐食、漏れのないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。 重量物を上積みしない。 緊急時応急措置指針番号 154 15.適用法令 船舶安全法 毒物類・毒物(危規則第3条危険物告示別表第1) 航空法 毒物類・毒物(施行規則第194条危険物告示別表第1) 16.その他の情報 各データ毎に記載した。 <モデルSDSを利用するときの注意事項> 本モデルデータシートは作成年月日時点における情報に基づいて記載されておりますので、事業場においてSDSを作成するに当たっては、新たな危険有害性情報について確認することが必要です。 さらに、本データシートはモデルですので、実際の製品等の性状に基づき追加修正する必要があります。また、特殊な条件下で使用するときは、その使用状況に応じた情報に基づく安全対策が必要となります。.

次の