地震予知タグページ。 果てしない、地震予知の夢 「AIで予兆をとらえる」に挑む科学者たち:朝日新聞GLOBE+

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】動物は地震を予知しているのか ナマズ40匹の行動を昼夜監視したが… (1/2ページ)

地震予知タグページ

地震予知はできるのか?気象庁の見解 日本の天気予報は民間業者も行っていますが、気象庁の予報を参考にしている人が大半ですよね。 気象庁のホームページでは、質問に答える形式で地震予知について記しています。 現状で地震予知はどの程度できるのか、今後の地震の防災に役立てることができるのか見ていきましょう。 「 地震予知ができるのか?」という疑問については、 予測は難しいと答えています。 冒頭の首都直下地震や南海トラフ巨大地震のような曖昧な予測はできるものの、正確にはできないとのこと。 マグニチュード4以下のような小さい地震であれば当てることが可能ですが、毎日起きているので当然のように当たるということのようです。 予知であれば、 一週間以内のマグニチュード6~7の地震が東京で起きるといったものを示す必要がありますが、 今の科学では難しいとされています。 時々、何月何日に地震が起きるという地震予知を見かけますが、 デマと考えていいとのこと。 しかし、地震大国の日本では、 いつどこで地震が起きてもおかしくないので防災の意識を高めて準備しておくことは大切なことです。 動物の異常行動と地震の関係についての気象庁の見解 では、地震を予知すると言われているナマズやイルカ・クジラが地震の前に海岸に打ち上げられるなどの動物の行動に関してはどうなのでしょうか。 気象庁の見解では、やはり 今の科学では証明できないとしています。 もちろん、動植物は人間に比べて音や電気、電磁波、匂いなどに敏感に反応します。 地震の前兆によって何らをキャッチして騒いだりする可能性はあります。 しかし、地震だけではなくいろいろな事象に敏感に反応することがあるので、明言はできないのです。 また、そもそも地震の前兆として何が起きるのかもまだ解明されていないことが多く、動物の異常行動を説明できる現状ではないのです。 地震雲はあるのか?気象庁の見解 さらに、ツイッターなどを見ていても「 地震雲」のハッシュタグを見かけますが、これは地震予知と関係あるのでしょうか? 気象庁では、地震雲について絶対にないとは言い切れないが、そもそも 地震雲がどのようなものかすら科学的に説明できない現状だとしています。 そもそも雲は大気に関する気象現象であり、地震は大地に関する現象であって全くの別物。 雲が地震の影響を受けるのかどうかさえ、解明されていないのです。 珍しい雲を見れば、地震の前兆なのではないかと心配になりますが、大気や太陽との関係で不思議な見え方をすることがあります。 地震は、震度1以上で年間2,000ほど発生し、震度4以上でも平均して50回ほど起こっているとのこと。 つまり、毎日地震が起きていれば、珍しい雲と関連づけることもできてしまうんですね。 残念ながら、 現状では地震雲というのは信憑性が薄いことになります。 出典:気象庁 地震予知について まとめ 気象庁の見解では、地震予知は今のところ存在しないとしています。 動物が地震の前に異常行動をするとされているのは、地震と関連がある可能性があるものの解明はできていません(イルカ・クジラの座礁は、東海大学の研究によって関連がないと発表されています)。 地震雲は、ほぼ関連がないと思われ、そもそも地震雲とはどんなものなのかすら分かっていないのです。 とはいえ、 防災の意識は常に高めておき、備えは怠らないようにしておくようにしましょう。

次の

Noya Momose 百瀬直也(@noya_momose)

地震予知タグページ

予知も予測も同じことです。 正確には異なりますが。 しかし、世間では正確な定義なしに無意識に使い分けます。 質問者さんのニュアンスも予知とは地震が起こることを「必ず事前に知る」という意味で使われていますね? しかし、紹介されているURLでも、予知をそのような意味では使っていないことはおわかりになることと思います。 それは予測の意味で使われています。 予知するという言葉には正確な定義はなく、ただ漠然と、事前に知る、ということだけです。 しかし、自然界の本性として、何事も確定した運命に従って起こることはなく、すべてが確率に従うので、100%事前に知ることは不可能だということは、現代になって明らかにされ、知られていることです。 予知という言葉は、そのことがわかるようになった以前から、運命がわかるかもしれないという希望とともに使われ続けたものです。 ゆえにその言葉には、100%事前に知るというニュアンスがこめられています。 しかし今の世間ではあまり厳密に考えず、100%ではなくとも、なにか知ることができれば、という意味であっても平気で予知という言葉を使います。 しかし、厳密に言えば、すべては予測なのです。 たとえば天気予報のように、台風の進路のように。 学問的には予測という言葉が正式であって、予知という言葉は使いません。 しかし、地震予測は行政が熱心に行い、世間に知らせる役目も担うため、慣習的に予知という言葉を使ったりしてきました。 世間受けを考えたわけですね。 予算獲得の都合もあったでしょう。 しかしそのせいでかえって世間の理解が混乱した面があります。 テレビバラエティなんか見るといつでも予知できるのかと話題になりますが、100%知る意味で予知を使うのが多く、なんだかんだ言って、ああ、不可能なんだ、で、ちょんです。 そして予測の重要性が伝わらない。 火山噴火では噴火前に火山性微振動というのがあって、その観測によりかなりの確率で数日から数週間前程度まで噴火するかどうかが予測出来ます。 もちろんそれがあったからと言って、100%噴火するとは限りません。 世間ではそれを予知と言ったりしますが、予測なのです。 それがなければ被害が大きくなることは明らかですから、その重要性は明確でしょう。 火山ではそのように特徴的な前兆現象が知られています。 それがそうだとわかるのは、一般の地震などとも区別できる明確な特徴があるためです。 しかし、地震ではそのような特徴的な前兆は知られていません。 これまで言い伝えられたり調べられたものは、地震が無くとも多く見られるため、区別がつきにくいのです。 地震の前だけに起こる何か、あるいは地震の前なら非常に頻繁にあるいは強く起こる何か、そういうものがないとわからないわけです。 確率の言葉で言えば、ある現象が観測出来ても、それで地震が起こる確率は非常に低い。 地震以外でもその現象が頻繁にあるためです。 電波の乱れを観測するものは大学機関でも研究がされています。 しかしやはりまだ、電波観測だけでは決め手が無いようです。 他には地電流の観測というのもありますし、電離層の観測というのもあります。 それらはまだ近年になって注目され研究が盛んになってきたもので、日が浅いため、まだ海の物とも山の物ともつきません。 地球温暖化問題でも、最近は実際に地球が温暖化しているのかどうかにも疑問が提示されていますが、それは地球磁気圏の観測によるものです。 どうも磁気圏の乱れと平均気温が相関しているらしく、磁気圏の乱れが周期的であることから、実際に温暖化しているのではないかもしれないそうです。 しかしそれも、数多くある指標の一つにしか過ぎず、総合的にどうかはまだ不明です。 磁気圏の乱れが温暖化をもたらす他の要因の結果なのかもしれませんしね。 そのように、地球自体を、またその表面と言えども広大な領域やその地下の様子を観測するのは非常に難しく、ましてそれらの活動は複雑に絡み合い、相互に影響し合っていますから、一つ一つの結果だけで将来予測するのは至難の業、と言うよりほとんど不可能です。 地震に関しても、今はまだ、何をどう観測すればよいのかという、根源的なところから探っている最中と言えるでしょう。 その意味で、電波の乱れについても、それをもたらす物理的なメカニズムを探るのは、地震がいかに発生するかという根源を探ることに結びつきます。 それが知られて初めて、電波観測にどんな意味があるかがわかるでしょう。 そして、他の様々な観測と総合した時、地震の予測に関して何か確かなことが言えるかどうかがわかってくるのではないでしょうか。 ちなみに、東海地震の予測では、震源域が陸地にまたがることもあって、そこに数多くの観測機器が設置され、また数多くの地下の状態の探索が行われ、そのプレート運動が詳しく調べられた結果、プレート境界の性質などがかなり詳しくわかってきているそうです。 それによると、プレート境界の滑りは摩擦が大きく、それによってストレスが溜まって、あるときそれが解放されて地震になるそうですが、もう少しで2週間程度前までに予測が出来るかもしれないという期待もあるそうです。 もちろん、それに懐疑的な異論もあってどうなるかはわかりませんが、それと電波観測などの間接的な手段を総合的に組み合わせてどうなのか、将来的な研究課題と言えるのではないでしょうか。

次の

立命館大の高橋学 地震予知を外しまくっていてもうオオカミ少年化し...

地震予知タグページ

私は透視ができます。 霊とも語ります。 宇宙人とも交信もできます。 瞑想もします。 かつては精神世界のことはなんでもでき、知ってる通な中高年でした。 私は自分が首都直下地震を予知して、有名になるという未来をずっと知っています。 それは、2021年2月23日でしょう。 2月の何日か。 それは6月にあまり良く見えなかったので、調べてませんでした。 先週から、やっとはっきりと見えるようになったので、一昨日しました。 私は何日を透視するときは、何歳頃の光景が見えるかとまず調べます。 それで大雑把に日付を知ります。 すると、大学5年目に学生十傑戦で宿泊した京都の旅館や大阪市大の卒業式が開催された中之島公会堂が見えました。 23才の出来事です。 東京大地震は2月23日です。 その頃です。 実はイルミナティカードの『複合災害 Combined Disaster 』にも、223はあります。 ネットでは冬服なので冬の地震という説があります。 ラフに書いてますが、炎と逃げる人々との境界は忠実に再現しています。 赤い文字で記しましたが、『2,2,3』と読めます。 ずばり2月23日です。 炎との境界に数字が隠されるのが、イルミナティカードの特色です。 逆さまにすると、発電所の建物の間の炎に311という文字が浮かび上がるのは、「Nuclear Accident 原発事故 」のカードでした。 私の透視は、イルミナティカードの隠れた数字とも一致します。 2021年2月23日がやばそうです。 その日かどうかは確信はありませんが、次の危険日はその頃です。

次の