格安スマホ 紛失。 スマートフォンを紛失した!そんな時に使える、スマートフォン/端末を探す機能とは?|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安スマホを無くした・・・盗難にあった・・・ 電話を一時止める方法や、その後の対応はこちら

格安スマホ 紛失

スマホが故障した時の修理代って結構高いので不安ですよね。 でも、格安スマホ会社でも有料の保証サービスがありますよ。 本記事では、格安スマホ各社が有料で提供しているスマホの保証サービス(金銭的な補填)について解説します。 保証サービスは元来もしもの時への備えであるため、 トラブルが起きた時に対応費用を自分でまかなえるなら必要なものではありません。 ただ、頻繁に破損したり紛失する人は修理費用がかなりかかるため、費用と保証のバランスを踏まえた上で利用すべきものです。 スマホの保証に関しては、通信会社が提供しているもの以外に、第三者の保険会社が提供している保険サービスもあります。 今回の記事では、スマホの契約と同じタイミングでオプションとして手軽に契約可能な格安スマホの通信会社が提供している保証サービスに絞って解説します。 スマホ本体の購入と同時に加入できる保証には、紛失保障と修理の2種類がありますよ。 スマホの保証は、月々380円~980円程度の料金を支払うことで紛失や破損などのトラブルの際に金銭的な補填を受けることが出来るサービスのことです。 新規購入するスマホの保証は、紛失盗難、修理の2種類あります。 各社の提供する保証サービスの対象を下記表に整理して比較しました。 まずは、契約した格安スマホ会社に乗り換える際に購入するスマホの保証について解説します。 別のタイプの保証には、現在使用中のスマホをそのまま使う場合に入る保証があります。 利用中のスマホをそのまま使う場合の保証は後述します。 紛失盗難保証があれば、紛失や盗難といったスマホが手元からなくなった状態でも、新しいスマホを安く手に入れることが出来ます。 修理保証はスマホが壊れてしまった場合のものなので、手元にスマホがないと保証の対象外になります。 そのため、紛失盗難保証は破損保証よりもカバー範囲の広い保証です。 TONEモバイルの紛失盗難保証は紛失時の免責額が5,000円とかなり低い 紛失や盗難の保証は、UQモバイル、ワイモバイル、TONEモバイルについています。 また、NifMoでは月額料金を980円にすることによって、紛失盗難保証を付けることが出来ます。 中でもTONEモバイルは紛失した場合でも新しいスマホを5,000円で購入することが出来ます。 対応しているのがTONEの専用端末だけなので機種は限られますが、5,000円と他社に比べてかなり安い価格です。 TONEモバイルは子どもを見守る機能が充実している格安スマホ会社であるため、子供向けのスマホを検討されている場合は良い選択肢の1つです。 子供は大人に比べてスマホを無くしやすいので、スマホを無くしてしまった場合の金銭的・精神的ダメージを軽減してくれるTONEモバイルの保証サービスは検討に値します。 NifMoを検討されていて、様々な機種に対応した保証を受けたい場合は、通常のNifMo安心保証でなく、NifMoのあんしん保証プレミアムが適しています。 NifMoは機種によって購入価格が変わりますが、スマホを5,000円、15,000円、30,000円のいずれかで新たに購入できます。 また、UQモバイルは月々380円の負担で紛失盗難保証までつき、比較的手軽な値段で手厚い保証を受けられるので、バランスのいい保証サービスと言えます。 ワイモバイルは、端末を紛失した場合会員価格で新しいスマホを購入できます。 会員価格は店舗の状況によって変わるので、金額が気になる場合はあらかじめ確認が必要です。 修理保証があれば破損したスマホを安く修理・交換できる 手元にあるスマホが破損した場合などに、修理交換費用を補填してくれます。 修理保証では、手元にあるスマホに不具合がある場合に、修理や交換する費用を補填してくれます。 免責金額としてある程度の金額を支払えば、それ以上の負担はありません。 免責金額比較:U mobileとOCNは修理の免責金額が0円 スマホの破損修理は高額になると30,000円や40,000円ほどかかる場合がありますが、多くの格安スマホ会社の保証サービスは、4,000円~5,000円の免責金額を支払えば、修理や交換を受けることが出来ます。 下記に各社の免責額を整理しました。 特に、DMMモバイル、U-mobile、OCNモバイルONEについては、修理の場合免責金額が0円のため費用がかからず、他の会社よりも安く補填を受けられます。 補填される金額に上限(主に50,000円)があることと、会社によってはiPhoneを対象にしていない場合があること、です。 iPhoneを新規で購入出来て保証対応のある格安スマホ会社は4社 そもそもiPhoneを取り扱っていない(販売していない)格安スマホ会社もある中、iPhoneを購入出来て保証サービスの対象としている通信会社は、UQモバイル、楽天モバイル、ワイモバイル、OCNモバイルONEの4社のみです。 iPhoneの新規での販売状況と、iPhoneの補償対応可否を下記比較表として整理しました。 補償上限が40,000円の会社はOCNモバイルONEなどです。 修理費用がそれ以上の金額になってしまった場合は、免責金額に加えて差額を支払う必要があります。 ハイスペックで高額なスマホを利用している場合は、修理代金が大きくなってしまう恐れもあります。 現在利用中のスマホを継続利用する場合の保証 もともと使っているスマホでも同じように保証は受けられます。 ただし、紛失保証を受けられなくなるなど、少し違いがあります。 既存スマホの保証ではiPhoneに対応している会社が増える 既存スマホの保証でも購入した場合とほぼ変わらない金額の補償を受けることが可能です。 また、購入端末の場合iPhoneに対応していなかった通信会社も既存端末ではiPhoneに対応しているところもあり、購入時に入る保証よりも手厚い場合もあります。 【既存スマホ保証の一般的なサービス内容比較】 保証サービスの項目 内容 月額料金 500円 保証対象 もともと使っていたスマホ 修理時の免責金額 0円 修理時の補償上限金額 50,000円 交換時の免責金額 1回目4,000円 2回目8,000円 新規購入時に入る保証の場合、修理する時に5,000円程度の免責金額を支払う必要がありますが、既存スマホの保証はどの通信会社も0円で修理可能です。 つまり、修理が高額の場合は補償上限までは無料ということです。 また、格安スマホ会社間での保証内容の違いはiPhoneに対応可否程度の違いであり、金額面もほぼ同じです。 つまり、既存端末の保証に関してはどの会社もあまり変わらず、通信会社の選択に大きな影響は与えません。 自然故障の場合は端末発売日からの期限がある という点に注意する必要があります。 自然故障の場合、端末発売日から36カ月を過ぎると保証の対象外となってしまいます。 したがって、既存の利用端末向け保証サービスに入る場合は、今利用しているスマホの発売日の確認をしておかないと、いざ保証サービスを利用しようと思った時には保証が切れているということも起こりかねません。 格安スマホ(格安SIM)の保証サービスを受けたほうがいい場合 修理交換の頻度、想定費用を元に判断をするのが賢い選択です。 修理がどの程度頻度・金額になる場合に、保証サービスに入った方が金銭的に安くなるのか具体的に見てみましょう。 2年に一回以上の頻度で15,000円以上の修理をするが1つの目安 あくまでUQモバイルの例での試算でしかありませんが、料金シミュレーションを行ないましたので検討の参考にしてください。 UQモバイルの料金体系を元に試算• 故意の破損の修理費が15,000円と仮定• 修理に15,000円以上のお金がかかる場合は保証に入った方が安く済みます。 NifMoの調査によると、液晶割れの修理が10,000円〜35,000円であることを考慮すると、利用している機種によっては修理代金が15,000円を超える可能性はあります。 毎年のようにスマホを落下させて破損させてしまう人は頻繁に修理が必要なため、保証に入っておいた方がトータルの支払額は安くなります。 また、破損させてしまい、急に何万円も生活費から出すのは苦しいため割れたまま使い続けているような人は保証サービスを検討しても良いと思います。 しかし、本来、安易に保証サービスに入るよりも、落とさない工夫をしたり、しっかりとしたカバーを使うなどの工夫をした方が安上がりです。 その辺りまで考慮した上で保証サービスは利用した方が良いと思います。 まとめ 格安スマホ会社の選択は、自分にとって大事な条件を決めて総合的に判断する必要があります。 なかなか難しいと感じる人は僕カモメを利用してみてください。 格安スマホであっても、利用するスマホの保証に入ることは可能です。 保証に入るか否かは破損、紛失の頻度が多かったり、急な出費に抵抗があるかどうかで判断できます。 保証には入る必要がないという人は通信会社の選択の際、保証内容を検討する必要はありませんが、もし保証に入りたい人の場合は保証内容や月々の通信料金など、総合的に通信会社を選択する必要があります。 「色々と情報があり過ぎて決められない」そんな人のためにカモメ君を開発しました。 簡単な質問に答えて行けば、あなたにとってベストの通信会社を紹介できます。 ぜひ一度使ってみてください。 保証内容だけでなく料金プランも含めて知りたいという方は、「の記事でわかりやすく解説しているので、参考にご覧ください。

次の

スマホを紛失した時の対処法|悪用防止と相談・捜索のための格安SIM別連絡先リスト

格安スマホ 紛失

格安スマホを紛失しても見つかるようにしよう 紛失してしまった場合にも見つけることができるように 紛失用のアプリをONにしておきましょう。 iPhoneの場合はiPhoneを探すアプリが初めから備わっています。 iPhoneを探すアプリをいつもONにしておきましょう。 iPhoneを探すアプリは「設定>iCloud>iPhoneを探す」から設定できます。 その他にGPS機能をONにしておく必要もあります。 Androidの場合は、Androidデバイスマネージャーアプリが備わっています。 「設定>セキュリティ>端末管理機能>Androidデバイスマネージャー」から設定できます。 GPSを使ったGoogle位置情報サービスもONにしておきましょう。 格安スマホを紛失してしまったら? もしも、スマホを紛失してしまったことに気づいたらそのまま探していたのではいけません。 きちんと対処しましょう。 スマホをアプリからロック、GPSを使って探す もしも スマホを紛失した場合は一番にスマホをロックしましょう。 ロックをすることでスマホを勝手に使われることを避けることができます。 スマホのロックはiPhoneを探す、Androidデバイスマネージャーを利用します。 iPhoneを探すを使う場合は、iCloudへパソコンからアクセスします。 失くしたiPhoneを選択して紛失モードを選択するとロックがかかります。 その他にも音を鳴らしたり位置を追跡することもできます。 AndroidスマホはAndroidデバイスマネージャーにパソコンや他のスマホからアクセスしスマホでも使っているGoogleアカウントでログインします。 Androidデバイスマネージャーでは位置情報からスマホを探したり、スマホの着信音を鳴らしたり、スマホをロックしたりすることができます。 警察に紛失届けを出す 近くにないことがわかったらすぐに 警察に紛失届けを出します。 最寄りの警察署まで行って届けを出しましょう。 おサイフケータイを利用している人はサービスを停止する スマホにおサイフケータイを設定している場合やスマホケースに電子マネーカードやクレジットカードを入れている場合はカードを止めます。 すぐに実行してください。 クレジットカードはカード発行会社に連絡します。 おサイフケータイの場合はおサイフケータイに電子マネーサービスが集約されているので使っている電子マネーサービスすべてに連絡を入れます。 楽天Edy WAON nanaco 0570-071-555(ナビダイヤル) 0422-71-2266 モバイルSuica iD 0120-300-360(dカード会員の方) 0120-700-360(dカード GOLD会員の方) 0120-159-360(24時間受付) Quick Pay サイトに「各発行会社まで至急ご連絡ください。 」とあるとおり、紐付けされたクレジットカード会社のコールセンターに連絡する必要があります。 MVNOに連絡して格安SIMの通信を止める なかなか見つからない場合は格安SIM会社に連絡をしてSIMカードの通信を止めます。 契約した格安SIM会社に連絡をいれましょう。 WEBサイトから会員専用メニューでSIMカードをストップすることも可能な格安SIM会社もあります。 ただし、格安SIMの通信を止めてしまうと、スマホからの通信は途絶えてしまうので探すことができなくなります。 ですが、SIMカードを抜かれて別のスマホで電話を使われてしまう危険もあります。 迅速に探して通信をストップする決断も早くしましょう。 mobile 他社の携帯電話、固定電話などから 0120-921-156 Y! mobileの電話から 116 24時間受付 年中無休 My Y! mobileからも手続き可能 IIJmio IIJサポートセンター 0570-09-4400 03-5205-4400 9:00〜19:00 年中無休 会員専用からも手続き可能 BIGLOBEモバイル マイページ「モバイル契約情報」にログインし手続き LINEモバイル カスタマーセンター 0570-087-275 またはメール 10:00〜19:00 年中無休 OCN モバイル ONE 0120-047-860 またはお問い合わせフォーム 10:00〜18:00 年末年始を除く イオンモバイル お客さまセンター 0120-025-260 10:30〜19:30 年中無休 nuromobile 0570-099-041 03-6831-1943 10:00〜18:00 1月1日、2日およびメンテナンス日を除く NifMo niftyカスタマーサービスデスク 0570-03-2210 03-5860-7600 10:00〜19:00 年中無休.

次の

格安スマホの紛失・修理の保証内容を各社徹底比較

格安スマホ 紛失

スマホのセキュリティ対策 格安スマホはセキュリティ対策ができないと思っている人もいると思いますが、 ドコモ・ソフトバンク・auで購入できるキャリアスマホと同等レベルのセキュリティ対策ができます。 スマホのセキュリティ対策と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、本記事で紹介する操作や工夫をするだけで セキュリティ対策ができます。 順にスマホのセキュリティ対策を確認していきましょう! 画面ロックを設定 スマホの画面ロックを設定するとセキュリティが向上します。 パスワードを知っている人のみスマホの画面ロックを解除できるので、誰でもスマホが使える環境をなくすことができます。 画面ロックを解除するパスワードが他の人に知られてしまうと、誰でもロック解除できてしまうので気をつけてください。 画面ロックを設定していない人も多いですが、誰でも簡単にできるセキュリティ対策のひとつです。 個人情報保護にもつながります。 指紋認証・顔認証を設定 指紋認証や顔認証を搭載している端末は、画面ロックのみの端末よりセキュリティが高いです。 スマホ所有者の指紋または、顔を認証してロック解除するので、 指紋や顔の登録をしていない人は、ロックを解除することは不可能です。 指紋や顔認証は上手くいかないことがあり何回か失敗してしまうと、画面ロックを解除するパスワードを要求される端末が多いです。 もちろんパスワードを他人に知られてしまうと、誰でもロックを解除できてしまうのでパスワードは絶対に教えてはいけません。 スマホを誰にも使われたくないなら、指紋認証や顔認証が搭載されているスマホを買いましょう! OSを最新バージョンに保つ OSを最新バージョンに保つのもセキュリティ面で重要です。 iPhoneならiOS、スマホならAndroidの最新バージョンがリリースされたら、更新するようにしましょう。 OSはスマホを守るために、アップデートごとにセキュリティ対策やウイルス対策も向上しています。 しかし、最新のOSは全てのスマホに対応している訳ではありません。 古いスマホを使っている場合は、最新のOSに対応していない可能性もあります。 スマホ端末のメーカーの公式サイトで最新OSに対応しているか確認してください。 Androidスマホはメーカー側で最新OSに対応しないケースが非常に多いです。 定期的にスマホを買い替えることも検討しましょう。 みんなが使っている人気アプリを入れる スマホのアプリは数えきれないほどあり、スマホのデータを盗む・スマホの中身を覗き見できるウイルスが仕込まれているアプリもあります。 アプリをダウンロードする際に、アプリ側から要求される権限 例: LINEなら、通知やカメラへのアクセス、位置情報など をしっかりと確認できるなら、要求される権限を確認すれば危険性を判断できますが、権限確認が難しい場合は人気アプリのみをダウンロードしましょう。 多くの人が使っているアプリなら安全性は高く、悪意のある怪しいアプリをダウンロードしないで済みます。 セキュリティアプリをインストールする Androidは誰でも自由にアプリを開発・配布できるのが、良い面でもあり悪い面でもあります。 そのため、悪意のあるアプリが監視の目をくぐり抜けて紛れ込んでいる可能性があります。 iPhoneと比較すると悪意のあるアプリと遭遇する確率は高いです。 セキュリティアプリをインストールしておけば、 ウイルスを検知・除去、怪しいURLやWi-Fiへのアクセスを未然に防いでくれます。 端末によっては最初からセキュリティアプリがインストールされている端末もあります。 Androidで人気のセキュリティアプリは、以下の通りです。 ノートン モバイルセキュリティ• ウイルスバスター モバイル• AVL• スマホを紛失してしまったとき、スマホの現在地が確認できればスマホを見つけられるだけでなく、不正利用の防止にも繋がります。 Androidスマホでは Google公式のAndroidデバイスマネージャーを使えば、 スマホを紛失した時にスマホの現在地を確認することや、スマホのロックやデータの消去も可能です! Androidマネージャーは無料なので、設定しておいて損は一切ありません。 そのため、公共のWi-Fiでクレジットカードを使用したり、ネットバンクなどの銀行関係のサイトにログインするのは危険です。 海外の例になりますが、筆者の友人がマレーシアへ行った際に、公共Wi-Fiでクレジットカードを使用したら、クレジットカード情報が盗まれて、不正利用された実例があります。 クレジットカードや銀行関係は、自宅のWi-Fiで行うのがベストです。 スマホ画面の除き見対策 スマホに侵入されてデータが盗まれるだけでなく、スマホを覗き見されて、データや個人情報がバレてしまう可能性もあります。 スマホ画面を除き見されないように対策しておきましょう。 スマホを使う際は周囲を確認したり、のぞき見防止フィルムを使えば、スマホ画面の除き見による被害を防げます。 スマホ画面の除き見対策も重要です。 上記で紹介したスマホのセキュリティ対策はスマホを購入したらすぐに対策できます。 購入時に設定しておきましょう。 格安SIMのセキュリティサービスを利用する 格安SIMのセキュリティサービスを利用するのもセキュリティ対策として有効的です。 格安SIMの中には、ドコモで利用できるウイルス対策や迷惑電話対策、危険サイト対策などと 同等のセキュリティ対策が利用できるサービスもあります。 BIC SIM、UQモバイル、LINEモバイル、楽天モバイルなどの格安SIMは、セキュリティサービスが充実していないというイメージを持っている人もいますが、 格安SIMでも利用できる魅力的なサービスはあります。 代表的な格安SIMのセキュリティサービスを紹介していきます。 ウイルスバスターモバイル トレンドマイクロ社が提供している有名なウイルス対策アプリである「ウイルスバスター」。 パソコンで多くの人がウイルス対策ソフトとして使用しています。 スマホ版として開発されたのが、「ウイルスバスターモバイル」です。 ウイルスバスターモバイルでは、 スマホ内のウイルス検索、危険なWEBサイトへのアクセス防止だけでなく、広告ブロックやWi-Fiの安全性チェック、盗難紛失時に他人に使われないための対策も行えます。 ウイルスバスターモバイルを入れておけば、大切な情報を守ることができます。 ウイルスバスターモバイルは、 UQモバイルやmineo、LINEモバイルからもオプションサービスとして提供されています。 スマホのセキュリティを一気に引き上げてくれるのでおすすめです。 BIC SIMの迷惑防止パック 迷惑防止パックは、 BIC SIMで提供されているウイルス対策と迷惑電話対策がセットになったお得なプランです。 ウイルス対策には、ウイルスバスターモバイルを使用。 迷惑電話対策として「トビラフォンモバイル」が使用しています。 トビラフォンモバイルでは、電話帳に登録していない番号からの着信であっても、発信者の名前を表示してくれるので、怪しい電話を見分けることができます。 オレオレ詐欺のような電話による被害を未然に防ぐことができます。 ウイルスバスターモバイルとトビラフォンモバイルを別々に利用するよりも、迷惑防止パックを利用した方が安く、 月額500円で2つのサービスが利用できます。 また、ウイルスバスターモバイルとiフィルターがセットになった「みまもりパック」も利用可能です。 BIC SIMで格安スマホを使うなら、迷惑防止パックに入っておくと安心です。 スマホの画面ロックや指紋認証、顔認証をしておき、誰でもスマホを使えないようにする• OSを常に最新のバージョンにアップデートしておくと、セキュリティが向上するが、古いスマホなどは最新のOSに対応していない可能性があり、端末の公式サイトで確認しておく• 紛失時の対策をしておけば、紛失時にスマホが見つけられるだけでなく、拾った人が不正に利用できないようにすることも可能• のぞき見によって個人情報がバレることもあるので、のぞき見の警戒も忘れてはいけない• 各格安SIMはセキュリティ対策オプションを提供しているので、セキュリティオプションに加入しておくと安心してスマホが使える 投稿者名: saitama スマホの使い方.

次の