オリンピック 中止 違約金。 2020東京オリンピックはない予言的中、松原照子氏│気になる情報

山本太郎『オリンピック中止』発言に賛否両論?みんなの理由は?

オリンピック 中止 違約金

的外れ、害、東京の破綻、及び国際的プレゼンスの低下を招く政策ばかりだ。 今日は山本太郎の悪政策を暴く企画第一弾として、東京オリンピック中止について語る。 最初に東京オリンピックの中止だが、複数の点において欠陥のある政策だ。 そもそも東京オリンピックは都民だけの税金で開催準備が進められてきた訳ではない。 2018年度時点で既に国が1兆600億円もの支出が計上していた。 これは東京都の1兆4100億円に匹敵する規模であり、スポンサー企業等が支払った組織委員会負担分6000億円を考慮すると、東京オリンピックの開催費用の半分以上は東京都以外が支払った事となっている。 Advertisement 即ち、東京都以外のステークホルダーが居る中、東京都の独断で開催中止を宣言するのは極めて身勝手で、経済全体に損害を及ぼす行為とも言えるのではないか?。 これによって、確実に東京都、更には日本のの国際信頼度も低下し、二度と国際イベントが東京で開催されない事態にもあり得る。 しかも、東京都の独断で開催中止を宣言しても、実際に開催中止を決定できるのはIOCである。 現実的にはホスト都市が中止宣言をした場合、大会の運営が困難となりますので、IOCは中止を宣言せざる得ない状況に追い込まれる。 この場合、IOC側から放送ロイヤリティ等の損害賠償を求められる可能性は高いと言える。 放映権は米国だけでも約1200億円、全世界の放映料は計り知れない額となる。 これらスポンサーや放映権に保険が掛かっている場合もあるが、IOCから違約金を求めらる事は避けられない。 これに加えスポンサー企業への損害賠償を全て東京都背負う事となる。 兆単位の負担を都民に強い、財源においても意味の無い中止になる事が明白だ。 もし一方的に東京都がオリンピック中止を決めれば、ムダ削減どころではなく、巨額の違約金をIOCから請求されることになるだろう。 それを都民が払うことになる。 「ムダなオリンピックをやめれば、都民に向けた政策の財源が確保できる」如くの山本太郎の主張は、24時間を待たずに破綻した。 正直、全く理解できない政策だ。 最悪シナリオとして、コロナウイルスの影響により、21年開催が不可能となったとしても、再延期は交渉したら十分な筈だ。 IOCも東京オリンピック開催は収入源なのだから、開催中止は絶対に避けたい訳である。 もし、中止せざる得ない状況となっても、IOC側からの中止要請ならば、東京都・日本国が損害賠償を支払う必要は無くなる。 結局、どのシナリオでも東京都側が開催中止を宣言するのはあり得ない戦略だ。 東京オリンピックは、コロナウイルスの脅威が消えた後、東京、日本、そして世界の復興を象徴するイベント、世界史に永久に刻まれるイベントとなる。 都民、国民そして世界中の人々の希望であるイベントをポピュリズム政策で廃止する事は許されない。 次回:山本太郎の悪政策を斬るー15兆円の債務でデフォルトまっしぐら。 友だち追加して通知をもらおう!.

次の

東京五輪…経済的損失は延期約6,408億円、中止約4兆5,151億円

オリンピック 中止 違約金

東京五輪を1年延期する可能性にIOC委員が言及 ロイター通信が報じる — マルコ@話したいこと hanashitai2020 IOCのディック・パウンド氏は、東京オリンピックの年内延期の可能性について否定しています。 その理由は、 欧米のスポーツとシーズンが重なるから。 東京大会を数カ月の延期する案についても、米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なり、巨額の放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないため「難しい」と否定的な見方を示した。 東京オリンピックの期間は、7月24日~8月9日まで。 2020年のNFL(アメリカンフットボール)の開幕は、9月10日。 NBA(米プロバスケット)の開幕は、10月下旬。 東京オリンピックが9月や10月に延期すると、視聴者が分散してしまい、収益が上がらなくなる。 延期できないのは、お金の都合というわけです。 オリンピックの運営にお金がかかるのはわかりますが、 北米のテレビ局がオリンピックの延期や中止の決定権を持っているという言い方をされると不快ですね。 ただし、1年延期については可能性があるようです。 延期や中止は過去にあったのでしょうか? 国際オリンピック委員会のバッハ会長は4日、2日間の日程で行われた理事会を終え、記者会見を行った。 バッハ氏は東京オリンピックについて、理事会では新型コロナウイルスの世界規模の流行による中止や延期という言葉は出なかったと述べた。 — China Xinhua News XHJapanese 東京オリンピックが延期されれば、日本の経済に影響がでるのか。 中止ということになれば、損失は20兆、30兆規模になるとの試算も出されています。 その内訳は、IOCとの1000億円とも言われている違約金、新国立競技場の年間24億円もの維持費、1兆円以上と予想される広告収入などです。 仮に延期となれば、中止ほどの影響はないと思われますが、大混乱は免れないでしょう。 時期の延期ということであれば、前述のとおり、欧米のスポーツと時期がかぶります。 広告収入に大きな損害が発生することは間違いないです。 さすがにIOC、JOCともに如何ともし難い焦りを見せているのではないでしょうか。

次の

東京オリンピック中止!? 開催?再延期?中止?メリットデメリット まとめ

オリンピック 中止 違約金

つまり、 東京オリンピックが企業の設備投資を促し、日本国内での消費を拡大させるという期待がありました。 東京オリンピック招致が決まったころは、株価は上昇、円安も進んでいて、アベノミクスがまだ評価されていました。 日銀による物価目標2%の実現性には疑問が持たれてはいましたが、当時は、東京オリンピック開催不可能の話は荒唐無稽と、私の回りでも相手にされていませんでした。 ところが昨今、 アベノミクスはもう賞味期限が切れたのではないかという議論が沸いてきて、 日銀マイナス金利政策にも非難が殺到してきていて、ふたたび、この話が聞こえてくるようになったのです。 遠くブラジルにおいても、今の経済状況ではとてもオリンピックを開催している場合ではないと、 リオデジャネイロ五輪の開催を危ぶむ声も出てきています。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の