日能研 偏差 値 30。 中学受験 偏差値30台からの勉強方法/考え方

サピックス・四谷大塚・日能研 男子偏差値《2014・2020比較》(ID:5923796)

日能研 偏差 値 30

日能研の公開模試で偏差値40台なのですが、夏期講習を受ける意味はありますか? わが子は日能研に通っています。 カリテではまあまあ点数がとれるのに、公開模試を受けると偏差値40台という状況が半年ほど続いています。 最初は単なるスランプかな、と高を括っていました。 ところが親子二人三脚で、過去最大の勉強をして臨んだ7月の公開模試も、やはり40台でした。 このまま夏期講習に通っても、何も変わらないまま時が過ぎていくのではと不安になっています。 うちのような状況でしたら、自宅で本当に子どもに必要なことだけに集中した方がいいのでしょうか? 判断に困っているので、どなたか教えていただければ幸いです。 補足情報が不足していました。 学年は6年です。 偏差値は4科で40ちょっとでした。 特に算数が悪く、40を切る状態です。 簡単な問題でのミスが目立ちます。 息子が似たような状況なので、意見させていただきます。 偏差値が40台前半という状態であれば、はっきりいって夏期講習を受ける意味がないと思います。 なぜなら、基本的な問題でさえ半分も理解できていない状態だと推測できるからです。 そのような状態でお子様にとって必ずしも最優先ではない問題をやる夏期講習は無駄が多いと考えられます。 うちの息子は6月の公開模試で算数の偏差値が40でした。 焦って、中学受験関係の資料を取り寄せ、学習相談をしたところ、以下のような問題点が出てきました。 これらの問題点を明確にし、対策をとったことによって、あまり時間が経っていない先日の公開模試でさえ、偏差値50を超えることができました。 夏期講習も受けずに、継続して息子に必要なことに特化した対策をとっていくつもりです。 質問者様もプロに相談すれば、具体的なアドバイスをくれると思いますので、自分自身だけで抱え込まずに、相談してみると良いと思いますよ。 参考までに、私が知恵袋で紹介してもらい、良かったサイトを添付しておきますね。 一般的な考えで言えば、夏期講習を受ける意味はあると考えます。 カリテ カリキュラムテスト はまあまあで、模試はイマイチと言うならば、 なお更でしょう。 言ってみれば、お子さんのような子こそ、夏期講習を受けた方が 良いと感じます。 6年生ならば、カリテは毎週行われ、カリキュラムの一定範囲内での 学習・学力定着を確認する意味合いがあります。 そして、出来なかったところを見直し、出来るように振り返る事が 重要なことですね。 これをしなければ、せっかく、あなたの出来なかった ところはここですよ、と教えてくれているのに、何の対策もしないでいるのは 勿体ない限りであるし、それをしなければ、カリテを受けっぱなしということに なってしまします。 それから、カリテに比べ模試では、6年生ともなると、前回の模試以降だけに とどまらず、科目全範囲からの出題となることもあります。 ここで、カリテがまずまずであるという事は、それなりの学力は備わっていると 考えられ、一定の期間内での学習に関しては、その直後であれば、 そこそこ頭に学習内容が残っているのだと考えられます。 ですが、模試でイマイチの場合は、範囲が一定ではないので、 一度学習した内容が、なかなか掘り起こせていない可能性があります。 恐らく、答え合わせなど、振り返りをしてみれば、そういえばそうだった、と 思い起こせたりする事があるのではないかと思います。 そのような場合は、少し前に学習した記憶を呼び起こし、 それを活用出来るように訓練しなければなりません。 カリテでそこそこ出来ているのなら、模試の時に、記憶を呼び起こす 事が出来れば、模試でも、そこそこ出来るようになるでしょう。 そのような過去の記憶を呼び起こし、全体的な学習範囲の中から どの項目同士を結び付けて考えればいいのかが分かるようになれば、 きっと、模試の成績も伸びてくるようになると思います。 すると、学力が一気に伸びる可能性もあります。 今までの通常時における塾での授業では、その時々に沿った 内容の学習をする事がほとんどですので、そうした過去の記憶を 呼び起こしながら、どんな学習内容同士をつなげて考えればいいのかの 訓練までは、なかなか授業の時間内で行うというのは難しい面があります。 しかし、そうした訓練こそ、長期休暇での講習では行われやすいのです。 つまり、夏期講習では、それまで習った事を有機的に関連付けながら、 どの項目とどの項目をからませながら答えを導き出すのかという 解説を行ったり、そうした問題に手を付けながら訓練していく事が 出来るようになってきます。 ましてや、6年生ともなれば、その傾向は強まるものと思います。 それに、6年生であれば、夏までには、小学生で習う分を一通り 学習してしまう事になるので、夏以降の通常授業においても、 単元ごとの解決方法のみならず、全体的な視点からの解法を 説明するようになってくるはずです。 その時に、それまでの単元ごとでの学習がしっかりしていなければ、 受験対策として、答えを導き出すための説明に対しても、 なかなかついていきにくい面が出てこないとも限りません。 しかし、お子さんの場合は、単元ごとのカリテでは、そこそこの成績であったと いうことですから、むしろ、今後、その力が活かされるようになってくる 可能性があります。 このように、単元ごとでまとまっていたものを、広い範囲で物事をとらえながら 問題を解決に導くための訓練を、夏期講習ではしていくようになるでしょうから、 むしろ、お子さんのような子こそ、しっかりと受講したらいいのではないかと 考えます。 しかし、やはり偏差値的に40台と言うのは、基礎・基本をしっかりと固める 必要性のある範ちゅうに入りますので、計算や漢字などのドリル的要素は、 毎日欠かさず、しっかりと行う必要があります。 塾から出されている宿題もしっかりとこなさなければなりません。 この夏を有意義なものにできるように頑張って下さいね。 考え方が分かっても、計算ミスすればマイナスです。 また、問題と解法とがうまく結び付いていない可能性があります。 この問題にはどの考え方を使えばいいのかを、筋道立てて考えて導き出す 訓練をする必要があります。 一緒に塾に行って、塾の講師に指導を受けてもらった方が良いと思います。 問題を解くための考え方を見つける訓練と、計算練習によりケアレスミスをなくせば、 伸びシロがある分、かなり改善される可能性があります。 ちなみに、全科目、カリテの結果が平均点位を維持しているのなら、 科目指導をしっかりと受け、これから以降の頑張り如何では、 偏差値40台後半位まで伸びる可能性もあり、入試との相性が良ければ、 偏差値50台前半の学校に合格の可能性だってあります。 この夏休み、しっかりと基礎・基本を身につけていきましょう。 頑張って下さいね。 私は数年前に日能研を卒業しました、現在現役の高校生です。 お子さんが何年生なのか、記述がないので大きいことは言えませんが、結論から言ってしまえば ・夏期講習は受け身ではダメ、やる気さえあればOK ということだと思います。 私は4年生の頭から通っていましたが、初めて講習会に参加したのは5年の夏、次は6年の春、と決して熱心に受講したほうではありませんでした。 偏差値は往々にして50台(ひどいときは50未満)でしたが、いわゆる「御三家」と言われる学校に無事合格し、現在も通っている次第です。 前置きが長くなりましたが、「講習を自分のものにする」覚悟があるなら、今の成績がどうであれ受ける意義はあるのではないでしょうか。 「自分のものにする」とは、決して授業を受けるだけで満足せず、徹底した復習や演習(与えられた課題以外でも自ら取り組むこと)が必要なのではないでしょうか。 たしかに講習を受けたから成績が上がる保証などありません。 ですが、なかなかきっかけがつかみにくい中学受験にとって、勉強するいい刺激や契機にはなってくれます。 意欲さえあれば、それが多少遅かれ早かれ、結果は出るのではないでしょうか? お子さんが6年なら受けたほうがいいと思いますし、5年生以下なら受けなくともいいと思います。 ただ、それはあくまでも「成績」で割り切ってはいけないと私は思います。 講習はあくまでも「成績を伸ばすためのもの」ですからね。 カリテがコツコツ点数がとれている子は必ず、偏差値も伸びてきます。 夏季講習は1学期の復習をポイントでやっていただけるので 受けておいた方が絶対いいでしょう。 また、日能研の歩き方 というブログを読んでください。 勉強方法がわかります。 そこに宣伝してあると思いますが、長いタイトルの本を購入してこれからの研究にした方がいいと思います。 まだ4年生です。 うちは4年の9月からはじめて難関中に通ってますよ。 基礎固めが大事です。 計算と漢字は、まとめてやっては駄目です。 毎朝、10分ですみますからこつこつ やりましょう。 ど~しても間違えてしまう感じはトイレに貼っておくなどしてください。 あと、通販のしちだの日本地理ソングがおすすめです。 気にいったらシリーズを順番に購入して下さい(世界地理は中学受験にでないのでいらないです)。 お母様、受験の日まで長いです。 一喜一憂していたら身がもちませんし、お子様が敏感になります。 どうぞ、心細くなった時は、日能研に電話して、グチでもなんでも言ってください。 それくらい月謝払ってますから遠慮はいりません。 カリテで得点できているのに模試の偏差値が40台ということは、毎日の授業の理解はしている、基礎問題のアウトプットもできる、しかし模試のように「基礎」「応用」とタグのついていない問題には見極めがつかず対応できない、という状況ではないかと思います。 この問題は〇〇算ですよ、とか この問題は基礎ですよ、とかは、入試では明示しませんよね。 自分で判断して出来る問題を解く力は多くの実践的な問題演習で身につきます。 私は明らかな弱点があって、その穴埋めという明確な目標があるならば、自宅学習も良いと思いますが、今回のように全体的な得点力が問題の場合は、夏期講習で演習量を増やすほうが効率的だと思います。 また、公開模試のための過去最大の学習・・・にはあまり賛成できません。 お子さんには「模試で結果を求められる」というプレッシャーが過大にかかります。 まだ夏ですから、それで結果が出せないとモチベーションが下がってしまいます。 結果にプレッシャーをかけすぎない、毎日の学習習慣を褒める が基本だと思いますよ。 蛇足ながら、塾の学習相談は利用されましたか?弱点把握はいろいろな情報を組み合わせてみないといけませんよ。

次の

模試偏差値30台(ID:2786951)4ページ

日能研 偏差 値 30

日能研は、温情や授業態度・成績を加味し、クラス分けが温和。 その分、良くも悪くも昇降が少ない。 サピックスのクラス分けは月1回でマンスリーテストを行い、 1点単位で厳格にクラス分けされています。 クラス昇降も非常に明確であり、1点でも足りないとクラスが下がるし、出来が良いと一気にランクアップします。 日能研は、 月当たり約2〜3回以上はテストがあるけれど、3ヶ月に1回のスパンで成績の平均を取り、上位クラスの中盤の子と同等以上でないとクラスが上がれない。 授業態度もクラス昇降の検討材料になるため、 上位クラスで頑張って向き合っていて、3ヶ月の間で1つのテストで中盤以上に食い込めれば、クラス維持出来る。 1クラスの昇降が温和な分、テスト結果を踏まえ、 成績順に座席は変わる。 成績上位者が1列目で下位になるほど、席順が下がっていく。 日能研 はクラス昇降が活発でないので、落ち着いて、授業に取り組める反面、 クラス昇降ではよっぽど出来る、もしくは、かなり成績が落ち込んでいない限り、昇降しないため、中位・下位のクラスの保護者が不満を持ちやすい。 1つのクラスの中での成績レベルの差が大きい。 我が家の日能研のクラスは、 3クラスあり、上位クラスが偏差値55以上、中位が偏差値55未満〜48以上、下位が48未満みたいな感じです。 ここも明確には決まっていません。 よって、 逆を言うと、上位クラスも偏差値70の子から偏差値55弱の子が混在しています。 下位クラスも偏差値30〜47くらいまで混在しています。 サピックスの場合、特に我が家の通った校舎だと14クラスあり、偏差値でいうとかなり近似で1クラス当たりで偏差値誤差は最大でも2〜3程度と思いますが、 日能研は1クラスの中での実力差が大きい中で同レベルの授業やテキストをこなす。 (サピックスで私の息子の通っていた校舎付近の日能研も通わすかどうかという観点で校舎を見に行ったことがありますが、クラス数は3クラスでしたので校舎の差は無いように見えます。 ) 日 能研の場合、同じクラスに実力値の異なる幅広い偏差値帯で構成されています。 先生は出来る限り、上位中学に入れるよう、クラス内の上位者に合わせた授業スタイルになるイメージでそのクラスの真ん中以下にポジショニングしていると授業についていくのが困難 自宅での伴走が必要 になる。 具体的にいうと 「開成」「聖光学院」レベルの子と「城北」「鎌倉学園」レベルの子が同じクラスで勉強する形式です。 ただ、これがある意味、入試に下克上を起こしやすいのかもしれません。 サピックスだとほぼ奇跡は無いので。 デイリーチェックがなく、土曜にテスト、テスト、そして全国公開模試。 サピックスでは定常授業の冒頭で前回の授業の振り返り、チェックを必ずやります。 ここが非常に良かったのですが、日能研はコレがない代わりに 2週間に1回のタイミングで育成テストがあります。 やたらに形式的なテストが多い、難易度が比較的低い・・・。 サピックスの算数のテストの場合、数字が変わってそのままの問題ってまず、出ないのですが、この育成テストは復習をきちんとしていると点数が取れる。 育成テストは10段階評価で表現される。 月に1回全国公開模試があり、偏差値が出る。 ここもサピックスと比較すると易しい問題が多い。 テストは多い反面、このテストでテスト慣れするのか、肌はだ疑問。 普通にデイリーチェックということで定常授業で実施すれば良い気がしている。 ここが入試結果にも響いている気がする。 育成テストは「共通」と「応用」の2系統に分かれており、所属クラスでテスト内容が一部異なる。 サピックスではどんなテストであれ、どのクラスも同じ試験を受けますし、授業料も変わりません。 日能研の場合、 上位のクラスと中位・下位のクラスだと「共通」の試験問題は同じなものの、「応用」の試験問題は内容が異なります。 小学校6年生になると上位クラスと中位・下位クラスで授業料が異なります。 上位のクラスの授業料のほうが月額で高くなります。 日能研の偏差値で60を超えてくると別校舎での特別授業に参加出来るようになります。 スカラーシップを取得していない場合、有償で受講が可能となり、受講可否は選択出来ます。 上位と中位・下位のクラスではテスト問題で一部異なるのでより知識の差が生まれやすい仕組みになっている。 また、日能研の偏差値が高くなればなるほど、別授業が設けられており、割と格差を付けた塾スタイルになっているので下位の子が上に上がっていくことが結構、難しい構造になっている。 授業の進度が割とスローテンポ。 但し、じっくり基礎を固めるという意味であり。 サピックスではとんでもないハイ・スピードで授業が進むので追いていくが本当に大変な上に宿題も結構膨大でさらにデイリーチェックがあるのでサボれない。 日能研の場合、進度自体は早いわけではなく、宿題もゆるく、デイリーチェックもないので、それなりに柔軟に勉強時間をコントロールできるので割とやりやすい反面、中学受験を経験している我が家から見ると勉強量がこれで足りるのか、不安。 まだ途中経過なので現時点の私見。 但し、我が家の上の子がサピックスに通っていて合格した中学も日能研の先生は知っているので日能研の勉強量について話をさせて頂いた際、以下のことを言っていました。 「 日能研の勉強量が少ないのは認識しているけれども、日能研に昨今、通われている層の方々に変化があり、昔のように量を増やすと保護者からクレームが来るのであまり強制的に進めていないのです。 」とのこと。 なお、やはり自宅で復習する形式が合格の近道であることはやはりおっしゃっていました。 サピックスの授業スピードは4年から6年までほぼ変わらないものの、日能研の場合、 4年から5年、5年から6年と年次が上がるごとに量・進度がちょっとずつ増える・早くなる違いがある。 授業進度が割とスローテンポなので、復習をしっかり行い、分からない問題を潰していくことが大事。 スカラーシップから失速&最終ラインでのボトムアップ 我が家の知り合いで仲良い女の子が小学校4年の時に日能研でスカラーシップと言って、特待生として通っていました。 その期間が過ぎるとさらに実績を元に延長されるかどうか日能研で判断されます。 彼女の場合、 学年が上がるごとに成績が落ち、小5からはスカラーシップからは外れました。 最終的にクラスも3クラスの最上位にいましたが小6の夏過ぎには、真ん中クラスに落ち、苦しんでいました。 なお、 下のクラスに下がったことで授業内容がグッと分かりやすくなり、そこから成績が上昇して来ましたが、そのままこのクラスで進みたいと言うことで上位クラスに復帰せずに入試を迎えたそうです。 加えて、常に居残りをして、分からないところを、 日能研の先生に徹底的に確認を取ることを小6の冬に繰り返し実施していたようです。 その結果、 難関中学である日能研の偏差値56の中高一貫校にその子は合格しました。 日能研の場合、 その子にあった授業というのが1つのクラス内で幅広い偏差値帯になってるが故に難しいんだなあ、と感じるところですが、さらに それを埋めるための努力をしたというところがポイントだと思います。 どん底からのテコ入れ 我が家のママ友である男の子が小学校4年の時から日能研に通っておりましたが、ずーと一番下のクラスにいました。 日能研の偏差値で40を前後するような感じと聞いてました。 真面目なのですが、全く成績が上昇せず、なかなか難しかったようで、小6になり、ママ友の方でさすがにヤバイと思い、また、子供も奮起して日能研で習いつつも分からないところについて、主に算数を個別学習塾で復習するというスタイルに転じたそうです。 小6の入試直前くらいまで偏差値は40前後を変わらず、推移しており、かなり厳しい状況下の中、日能研でも 分からないところをしつこく確認していったそうです。 その結果、 日能研の偏差値50の中高一貫校に合格が出来たということで日能研の中でも驚きが大きかったようです。 持ち偏差より10違えど、このレンジ帯だと奇跡が起こる、というか、 基礎をきちんとキャッチアップすれば日能研の偏差値50にはたどり着くということを証明したと思います。 日能研の成り上がり者の共通点 同じクラスの中でも中位・下位の方だった人達で結果的に第一希望の学校に合格された二人なのですが、共通項としては、恐らく日能研の 同じクラスの実力幅が広く、授業で追いつかない中、一人はクラスを下げて授業レベルが追いついたケース、もう一人は外部でテコ入れを入れたという感じです。 一方で、二人とも 日能研の最大のメリットかもしれませんが、1月等は基本的に塾がなくても自習室が解放されているようで先生をフリーでつかまえることが出来、 やる気さえあれば、分からないところを確認できる環境があり、それをきちんと活用した好例だと感じます。 #次回は日能研の高偏差値帯の子達がどうだったのか、記載しますー。 中学受験に向けて子供に新聞を読ませたいけど、大人の新聞はハードルが高いと思っている方へ。 朝日小学生新聞というのをご存知でしょうか?最大の特長は 日刊で子供向けにコンテンツが作成されています。 月額1,769円ですが毎日新しい内容を見る事が出来ます。 時事ニュースが割と読みやすく掲載されており、中学受験の過去問題も載っています。 最大の特長は、週刊であり、月額550円でリーズナブル。 一押しです! サピックス純正の中学受験ガイドです。 私はこれにお世話になりました。 一押しです。 昨今の中学受験漫画では群を抜いてリアルです。 取材されていることがよくわかります。 中学受験真っ最中もしくはこれから中学受験を検討されている方はオススメです。 「リアル過ぎるので、怖いもの見たさ、、という方が良いかも) 中学受験を検討している特に小学4年生・5年生の保護者の皆様、小6になると過去問やその他の問題を印刷の際、B4が必須です。 私は小6の夏前に購入しましたが、どうせ、買うなら、早めが良いです。 一押しはBrother社の複合機です。 一時期、「下剋上受験」でメジャーになった機器です。 最近だとキャノンやエプソンも人気です。 成績が上がらないと悩んでいる保護者の方、一度、資料請求や検討する価値あります。 ご確認下さい。 元Sapix、四谷大塚、日能研のプロ教師が家庭教師として教えてくれます。 我が家もラスト3ヶ月は超難関中学の過去問対策で不明な算数・理科の部分でピンポイントに活用しました! スタディサプリについて月額1,980円(年間2万円ちょい)我が家は10万円の支給額を当てれば損しないと思い、申し込んで見ました。 すると 小・中・高のコンテンツが全て見れる。 スゴイ。 ぜひ、ご検討を。 こちらに関して記事も書いてますので興味ある方はを参照お願いします。 人気記事(週間).

次の

中学受験 偏差値30台からの勉強方法/考え方

日能研 偏差 値 30

お返事がかなり遅くなりまして申し訳ございません。 今週は第30回の範囲ですよね?? 算数などは、第29回に引き続き比の範囲ですので、 今までの塾で学習していなければ、かなり大変な範囲だと思います。 でも、第31回からは速さですので、 他の塾生も、ほとんどの子が初めて学習する範囲です。 三田自体はそれなりの実績もありますし、良い学校だとは思いますが、 試験が4教科ということもあり(神戸の男子校は3教科の学校が多いので) そういった点が、少し人気が落ちる原因かな?と思います。 (保護者面談などで三田をお勧めしても 「あそこは4教科なので…」とおっしゃるお母様が多く見うけられます) あとは、場所…でしょうか。 私が担当している地区はどちらかというと神戸・西宮・芦屋方面がメインですので、 志望人数は比較的少なめであるように思います。 ただ、個人的にはとても好きな学校です。 都心のガツガツした雰囲気の学校とは違い、自然豊かな場所にあり、 とても良い感じの校風だと思います。 来年になれば状況が変わってくる可能性は十分にありますが、 現時点で親和か三田か…と言われれば、私は親和をお勧めします。 国語は、語句。 理科・社会は、テキストの説明文の理解は最低必要だと思います。 特に社会は、歴史に入ってきてると思うので、 遅れているようであれば、新6年生になるまでに追いつく必要があると思います。 色々と大変だとは思いますが、 頑張って下さい! 影ながら応援しています。 ANo. 6です。 回答させていただきます。 偏差値30台後半ですと、松蔭がお勧めです。 元々は、制服が可愛いことだけで有名でしたが、 それではいけない…ということで、数年前に学校内改革が行われ、 指導方法などが一気にレベルアップしています。 校風も清楚なお嬢様的な雰囲気で、どんどん人気が出ています。 その他、賢明や神戸山手なども有名ではありますが、 松蔭に比べると、授業内容に差が出てきます。 40台前半ですと、親和がお勧めです。 が、今年から募集が1クラス分減ったため、倍率がアップすると思います。 親和はそれなりの進学校ですので、 授業以外のサポートもしっかりしていますし、レベルも高いです。 校風は自由な感じなのですが、少し自由すぎるところがあって 文化祭などに行かれたお母様はみな一様に 「ちょっと派手な感じが…」とおっしゃっていますね。 あとは、甲南女子や武庫川なども有名です。 松蔭と同じく、併設の大学がありますので、 大学を国立や関関同立などを目指さない…というのであれば、 ここで十分だと思います。 ただ、外部の受験を目指すのであれば、 一旦このような学校(併設大学のある学校)に入学してしまうと、 ついつい周りに流されがちになってしまうので あまりお勧めは出来ません。 運動が好きなのであれば、滝二などもお勧めです。 (サッカーがかなり有名で、運動系の設備がすごく整っています) …と長々と書きましたが、 やはり偏差値40台以上を目指すのであれば、 大手の塾への転塾を考えた方が良いかもしれませんね。 先生に意見して授業を変えることが難しいのであれば、 今の塾にいる以上、状況(成績)は変わらないと思います。 むしろ、授業についていけない=成績が下がる という可能性も十分に考えられると思います。 (3クラス中真ん中です。 基本クラス、応用問題はやらないクラスのようです。 6年でこのクラスが分裂し、2クラスとなります。 ) 娘もリベンジとばかり奮起したようです。 少し通ってみようと思います。 回答いただいた、親和はチェックしています。 良い学校だと思います。 松蔭については、少し遠い距離であることもあり、ノーチェックでした。 説明会に行ってみます。 学校に詳しいとのことなので、お言葉に甘えて、もう少し教えてください。 私の知っているところでは、三田学園も共学化となり、受験可能になります。 また、偏差値40台以上を目指すのであれば、お勧めはどちらなのでしょうか。 最近、ぐんぐん大学入試実績を伸ばしている学校が見受けられますが、 そのあたりの学校については、どのように思われますか? 私は、関西圏出身ではないので、まったく内情わからずです。 教えていただけると助かります。 ご親切に教えてくださって、本当に感謝しております。 現在は友人が経営している個人塾で主任をしておりますが、 数年前まではH学園で講師をしていました。 まず、現在通われている塾に関してですが、 使用テキストや指導の進行状況などを見てみない限り、 転塾させた方が良いのかどうか、何とも言えません。 ただ、5年生も後半に差し掛かっていますので、 有名進学塾は、ほとんど新規の生徒さんは受け入れないような状態だと思います。 今の時期は「スカウト」が行われる時期で、 模試での成績優秀な生徒を、他の塾から自分の塾へ転塾してもらうよう スカウトマン水面下で動いている時期なのです。 ですので、余程の成績優秀者でない限り、 今から有名進学塾に転塾するのは、かなり難しいと思います。 (ただこれは、地域にもよります) 今回はH学園の模試を受けられたとのことですが、 N能研や、M渕、芦研などの模試も1度受けられてはどうでしょうか? 模試には相性もありますし、 他の模試では、多少、出来具合も変わるかもしれませんよ? もし、他の模試でも同じような結果であった場合でも、 関西には偏差値30台後半~40台前半の良い学校もたくさんありますので ご心配されることはないと思います。 最後に… 塾では進学相談が出来ないとのことでしたが、 私でよければ、ある程度のアドバイスはさせていただきますよ。 塾では主任をしておりますので、各学校の情報も入手出来る立場ですし、 家庭教師でみている生徒さんも、5年生4人と6年生2人ですので 何かのお役に立てるかと思います。 こんにちわ。 関東で塾講師をしておりました。 中学受験の学習塾では5年生はじめ~6年生はじめまでの約1年で 受験範囲を一通り終えます。 お子さんは5年生の2月から通塾されているようなので、単元的には 現段階で抜けている部分はないはずですから、まずは大前提として 日々塾で習ったことの復習は必須だと思います。 次に偏差値についてですが、低く出ることを考慮しても、ハイレベル 模試でない限り正直、楽観視できる数字ではないのは事実ですので、 まずは#2さんもおっしゃるように、現在のお子さんの状況をよく 把握することが大事だと思います。 もしこの部分の正答率が50%以下 でしたら黄色信号と見てよいと思いますので、日々の学習では 全単元を終えるまで、小問を中心の復習がよいと思われます。 (得意分野や状況がよくなってきたら少し手ごたえのある問題 に挑戦してみるのもよいでしょう。 ) このような学習を来年春までスパイラルして、夏前あたりから 一気に受験対策を始めたらいかがでしょう。 また、受験校に関してですが、現段階でどのくらいの学校と決める ことはできないと思いますが、最難関を目指すのであれば、それなり の勉強量は必要となってきます。 ちなみに、ご理解しておられるとは思いますが、併願校には必ず 抑え校を2校ほど、入試日程の最初に入れてあげてください。 行く気がなくてもです! 私の教え子で、行く気がないからと親御さんが抑え校を外す方が いらっしゃいます。 お気持ちは十分わかりますが、我々大人が 思っている以上に、子供たちはプレッシャーを感じています。 受かるはずのところに不合格、初日から不合格続きでは仮に大人の 私たちであっても不安になるでしょう。 12歳の子供であればなおさら なわけです。 本命の入試前に1つでも合格通知を持っているのといないのとでは 精神面で大きく変わってきます。 それから少々質問からそれるかもしれませんが、我々の業界では、 『中学受験は親の受験』と言うことがあります。 子供は興味があれば何でも自分から進んでやるものです。 そこを引っ張りだしてあげるのが、ご家庭であり我々受験に携わる 人間の役目だと私は思っております。 残念なことに我々は24時間 お子さんひとりひとりの様子を見てあげることができませんので、 塾外では親御さんの力がとても大事になります。 強制でも、放置でもいけません。 いかにその気にさせてあげらるか、『あの学校に行きたい』と思って もらえるか、根気よくお子さんと一緒に闘う努力は不可欠だと 思います。 karakara88のお子さんが自分らしく学問に向かい、新たな発見や喜び 、達成感を得られるよう頑張ってください。 中学受験を目指している小学5年生の娘が居ます。 今回得られた30台の偏差値は、H学園オープンテストでの偏差値ですので、一般に言われている偏差値よりはかなり下がりますよ。 私の娘のそうですが、3~4年生から中学受験コースに通っている子供達は、5年生のこの時期には殆ど6年生の授業内容は終わりに近い所まで進んでいます。 娘はH学園ではなくてS基学園なのですが、平日は月・水・金の3日間が3~4時間の授業。 月1回の日曜日はオープンテスト、それと別に月1回の日曜日にスーパー特訓授業が6時間ほどあります。 また、難関校といわれている学校の入学試験問題も通常の授業で教わっています。 そんな生徒さんと一緒にオープンテストを受けても、良い偏差値が出るわけがありません。 中学受験を考えておられるのであれば、既に受験はスタートしていますので、娘さんの置かれている位置を正しく把握するべきです。 先ずは今通われている塾をよく相談をして、娘さんの実力を把握しましょう。 それからご自宅から通える私立中学校を模索して、情報を得て行き、最終的に希望校を絞ります。 希望校が絞れれば、その希望校の受験内容に合わせた学習をすれば良いのです。 そのとおりです。 sayapamaさんのおっしゃるとおり、もう少し位置把握をしてみたいと思います。 今回は、初めての外部テストだったので、親子ともに結果に納得がいかず、他外部テストを受けてきたところです。 前回よりは、よい結果が期待出来そうです。 現在の塾は、学習指導のみで、進学指導はありません。 従って、相談してもなしのつぶてです。 現状把握は、個人でするより他ないのです。 塾は個人経営ながら老舗で、有名校にも毎年数名きちんと合格者を出します。 延べ人数あたりと考えるとかなりの実績といえます。 ただ、先生の話は難解です。 他のお子さんも「先生が何を話しているかまったくわからない。 」そうです。 半年も通わせて、塾での勉強をかなりしているのに、テストの結果が出せなかったこと、授業の様子から、現在の状況に不安を頂いています。 塾の先生方とも何度もいろんな方策をうってきましたが全然変わらず。 本人は幼く、口では受験をしたいとやる気はあっても行動が伴っておらず、愚図りも激しくて間違い直しや見直しを適当にやってきたツケだと思うのです。 最近は慣れた栄光ゼミナールの環境に甘えているのではないかとも思い、転塾を視野に入れています。 本人は栄光を絶対やめたくないといいますが、私は受験を辞めるか、心機一転塾を変えて心を入れ替えてやるかを迫っています。 地元の個人塾と日能研を検討していますが、まず日能研の入塾相談に行ったところ、引き受けてくれそうです。 しかしながら日能研というところは集団塾でもあり、こんな低偏差値の子供の面倒はみてくれずお客さん状態になってしまうのではと危惧もしています。 栄光に固執する息子に転塾させるのがいいのか、もし転塾するなら日能研ではなく個人塾の方がいいのかなどご意見いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんばんは 塾選びには幾つかのパターンがあり、そのパターンを誤ると悲惨な結果になります。 あくまでも私の考えですがパターンとしては ・成績が程よく、学習に対して能動的なタイプ このタイプは日能研、四谷学院みたいな能力別の所謂『予備校スタイル』の塾が良いでしょうね。 能動的に学習に対して取り組む意欲が強いなら、現状多少の成績が低くともリカバリーは可能かと思います。 ・成績はまずまずだが、あまり学習に対して能動的でないタイプは、進学塾ではあるが所謂『名門』ではない所が良いのでは?と思います。 理由はある程度実力はあるが、意欲的でない場合回りが出来る集団に囲まれるとやる気を無くす可能性があるので、多少は対策を練りながらやるのが良いかと ・成績は今一で不明点 解らない所がわからない が解らないパターンは家庭教師がお奨め。 最近流行りの個別塾も良いのですけど、個別塾の基本はせいぜい生徒2に講師1と云う比率になります。 そうなると60分の時間なら実質的には半分取れれば良い方なので、それならじっくりとした家庭教師が良いかと。 ・成績今一、意欲薄いなら補習塾でしょうね。 出来ないのならせめて学校の授業内容を消化する位のレベルに持って行くのが補習塾の狙いです。 因みに日能研はかなりシビアですね。 成績によって席順が決まるので、意識が高い子は良いのですが普通はあり得ない世界と私は思います。 ご参考に こんばんは 塾選びには幾つかのパターンがあり、そのパターンを誤ると悲惨な結果になります。 あくまでも私の考えですがパターンとしては ・成績が程よく、学習に対して能動的なタイプ このタイプは日能研、四谷学院みたいな能力別の所謂『予備校スタイル』の塾が良いでしょうね。 能動的に学習に対して取り組む意欲が強いなら、現状多少の成績が低くともリカバリーは可能かと思います。 ・成績はまずまずだが、あまり学習に対して能動的でないタイプは、進学塾ではあるが所謂『名門』ではない所... Q はじめまして。 Yahoo知恵袋より移動して来ました。 回答して頂いた方にキチンとお礼を言いたいのでこちらに移動して来ました。 よろしくお願いします。 現在6年生の息子が以下の学校1本で私立の中高一貫校の受験を考えております。 ・偏差値が32~34。 ・受験応募人数が各回、男女と50名に 男子は60名~70名 女子は30名~40名の応募。 3回受験出来ます。 ・最低合格点数は90点 平均110点 ・場所は東京23区内 うちは息子なので、定員以上の受験者数がいるので、やはり落ちる子はいるようです。 塾と宿題以外はほとんど勉強しません。 (本人は何をして良いか解らないようです) 他の受験生のお子さんたちは、習い事をやめて勉強に集中しているのをみると息子はあまりにも勉強しないので、ついガミガミ言ってしまってます。 でも、心の奥底では半分ちょっと出きればOK!なわけで、他の受験生のお子さんたちみたいに高い偏差値のところで満点目指して!ではないので、無理に勉強させてなくていいのかな? なんて思ったりして正直、どうしたらいいのか解りません。 過去問だけで良いような気がしますが、入ったらついて行けないよ!なんて言われると心配ですし、上記のような学校を併願ではなく、第一希望として受験した方の体験談をお聞きできればうれしいです。 はじめまして。 Yahoo知恵袋より移動して来ました。 回答して頂いた方にキチンとお礼を言いたいのでこちらに移動して来ました。 よろしくお願いします。 現在6年生の息子が以下の学校1本で私立の中高一貫校の受験を考えております。 ・偏差値が32~34。 ・受験応募人数が各回、男女と50名に 男子は60名~70名 女子は30名~40名の応募。 3回受験出来ます。 ・最低合格点数は90点 平均110... A ベストアンサー NO,1です。 お礼ありがとう御座います。 他の習い事を休止したのは受験半年前くらいでした。 水泳は先に書いたとおり、上級クラスの資格を取ってからの為 私共親は一応卒業したと理解しています。 ピアノは本人の負担が多かったのですが『辞めたくない』と言う理由で そのまま高い月謝を払い続け在籍した状態でした。 たま~にストレス発散で水泳にもピアノにも行っていました。 各1時間半??・・個別指導ってそんなに短い時間なんですか? 息子の行っていた塾は17時~21時の少人数クラスでしたが・・ 毎回お弁当を持って参加していました。 週4回と土曜日のチュートリアル・・土曜日は復習日でしたね。 意欲を持たせる方法として私(父親)はご褒美作戦と 2人での外食・男同士、勉強から離れ好きな事言い合う時間を 作ってあげました。 ご褒美作戦は妻が大反対していたのですが実行していました。 小さなご褒美です・・がちゃがちゃとかの。 とにかく私は褒めまくりました。 出来ても出来なくてもとにかく『良くやった!こんなのが判るんだ!』と。 勉強を見てあげると書かれていますが息子が行っていた塾では はっきりと『教えないで下さい!』と言われましたね・・・ なんで?と思いましたが講師の方が言っていたのですが 『大人はずるい勉強の仕方をします。 基本を覚えないと対応出来なくなりますので、勉強は私共に任せてください。 お父さんおかあさんは心のケアをお願いいたします。 』 まったくその通りだと思いましたね・・ずるいやり方って。 教える時に感情的になっていませんか? わが息子曰く・・『ママに教えてもらうと怒られるから嫌だ』と言っていました・・・ 講師から言われてからはなくなりましたけどね。 御本人が本気で望むなら大丈夫かと思います。 お子様にはチャレンジ校を本命にして伝えた方がいいかな~なんて思います。 もっと頑張らなきゃ!って思わせるために・・・ 長文駄文で失礼致します・・ NO,1です。 お礼ありがとう御座います。 他の習い事を休止したのは受験半年前くらいでした。 水泳は先に書いたとおり、上級クラスの資格を取ってからの為 私共親は一応卒業したと理解しています。 ピアノは本人の負担が多かったのですが『辞めたくない』と言う理由で そのまま高い月謝を払い続け在籍した状態でした。 たま~にストレス発散で水泳にもピアノにも行っていました。 各1時間半??・・個別指導ってそんなに短い時間なんですか? 息子の行っていた塾は17時~21時の少人数クラスでしたが・・... A ベストアンサー 半分以上の私立中学校はほぼ全員合格状態になっています。 よって、難関校、人気校、伝統校でなければ入学できるところも 多いと思います。 しかし、偏差値40以下で私立中学に入っても、授業についていけず 成績に反比例して出させる課題の多さに勉強が嫌になるケースが大半です。 多くの六カ年一貫校では、30~50%がまったくやる気のない廃人の ような生徒になっています。 まず、以下の点を修正してはどうでしょうか。 1 他人の話を聞く習慣をつける。 2 理解すること、応用することに楽しさを見いだす 宿題の量を多くしたり、個別学習の塾に入れるのは逆効果です。 できるだけ外で遊ぶ習慣を付けましょう。 ゲームやネットではない 外の遊びには勉強に応用できることがいっぱいあります。 また、体力もつきます。 勉強は都市をとってもできますが、 大量は小さい間しかつきません。 小学校で最も大事なのは「楽しさ」です。 楽しさをいっぱい経験した生徒は学校の勉強をどのように応用すれば 楽しさに結びつけられるかを考えるのです。 A ベストアンサー 回答しようかどうか、正直なところ迷いましたが、No8の方の書き込みを読んで出てまいりました。 「塾に行かずに受験」した経験者です。 首都圏難関校です。 私の知り合いの知り合いでもう一人、超難関校を自宅学習で受験された方を知っていますので、全くいないわけではありませんが、皆さんが考えている「塾に行かずに」というのとはちょっと違うと思いますので、書かせていただこうと思います。 準備期間が長いです:中学受験を予定していたわけではありませんが、現在の小学校の教科書の内容に疑問を持っていたため、小学校1年生のときから受験準備用の通信教育を受講していました。 (四谷大塚りとるくらぶです。 友人の進研ゼミと比べたことがありますが、内容はかなり違います。 )4年生から「通信クラブ」となって、通塾しているお子さん達と同じテキストを使って自宅で(ママパパ塾&自習)学習し、週末の確認テストを通信教育で受けていました。 塾に全く世話になっていないわけではありません:5年から確認テストを塾で受けました。 ですから、「平日の夜に」塾に通っていないだけで、週末にはテストを受けに行っています。 精神面での相談から受験ノウハウ、滑り止め校の組み合わせ方まで塾には本当にお世話になりました。 親は勉強は教えられますが、それ以外の部分で塾の長年の経験に基づいたアドバイスなしではとても中学受験はできなかったと思っています。 学習効率は悪い:塾の先生方は、大変に効率よく、楽しく上手に勉強を教えてくださいます。 塾の先生と話してわかったのですが、単元によっては、自宅で学習するのに塾でかける時間の倍以上の時間がかかったことがあります!短時間に効率よく学習し、休んだり遊んだりする時間を作りたければ、塾に行ったほうが良いと思います。 模擬試験を当然受けるわけですが、結果を受けて短時間にどう対策したらよいかなどは、やはり専門家の助言があったほうが的確な対応ができると思います。 マイペースで:一方、自宅学習のメリットは、わからなかったら自分が納得するまで学習できること、わかったらさっさと先に進めること。 色々な解き方、考え方を試す時間も十分あります。 子どもは自宅学習が気に入って、今のところ大学受験も塾に行かないと言っています。 (実際どうなるかは不明です。 )親子で楽しめます。 毎日ゆっくりと自宅で夕食を食べて早く寝られます。 でも本当に大変です。 今この時期からという問題もあると思います:他の方も言及しておられるように、通常は4年生の最後の2月(遅くても5年生の4月)から本格的に受験に直結する内容を学習しはじめ、6年の夏前には一通りの学習を終了します。 夏以降2月までは練習&確認の期間となります。 そうすると、4年の2月から5年の10月までみんなが今まで学習した分も含めてこれから他のお子さんよりも短い時間で受験用の知識を学習する必要があります。 模擬テストなどを受験されないとお子さんの現在の実力がわかりませんが、一般的に言うとこれはなかなか覚悟がいる事態かと思います。 せめてこれが5年の夏休み前なら、時間的にも自宅学習で進める余裕があったのではないかと思います。 ご主人の意図と、お子さんの希望とのすりあわせですね:中学受験のために学習する内容は基本的に指導要領の範囲内ですが、志望校が偏差値59で倍率も高いとなれば、相当の練習が必要で、「短時間に効率よく」練習しようとすれば、プロの知識と腕をお金で買うのが早道だと思います。 もちろん、それなりのポリシーがあって、知識とノウハウをしっかり仕入れて望めば、週3回も4回も塾に通うことはなくても中学受験は可能です。 ご子息が満足される結論がみつかるといいですね。 inter-edu. php? 815,302335 回答しようかどうか、正直なところ迷いましたが、No8の方の書き込みを読んで出てまいりました。 「塾に行かずに受験」した経験者です。 首都圏難関校です。 私の知り合いの知り合いでもう一人、超難関校を自宅学習で受験された方を知っていますので、全くいないわけではありませんが、皆さんが考えている「塾に行かずに」というのとはちょっと違うと思いますので、書かせていただこうと思います。 準備期間が長いです:中学受験を予定していたわけではありませんが、現在の小学校の教科書の内容に疑問を持ってい... A ベストアンサー こんにちは。 個人塾の者です。 こちらは東京都です。 そのつもりでお読みください。 1つの例で回答しますので、あくまでも参考ということでお願い致します。 中高一貫女子校です。 いずれも年額です。 中1 188万6千 授業料42万 入学金38万 施設設備費8. 5万 寄付金20万 制服代6万 服装小物・鞄・靴6万 教材費10万 交通費8万 昼食費12万 クラブ活動費0. 5万 校外学習費3万 こづかい3. 6万 塾代20万 雑費11万 中2 91万6千 授業料42万 施設設備費8. 5万 服装小物・靴・鞄2万 教材費15万 交通費8万 昼食代12万 クラブ活動費0. 5万 こづかい3. 6万 中3 101万6千 上記中2の費用に、修学旅行費10万を加えたもの とりあえず、以上です。 高校はまた別に質問をたててくだされば、回答できると思います。 この例の家庭は、塾は中1のときだけですが、また高1から高3まで塾に通い始めています。 東大に合格しています。 なお、特に注意したいことですが、中高一貫なので高校へ進むとき入学金は不要と思っている人が多いのですが、ほとんどの中高一貫校は入学金を納めるようになっています。 この例のご家庭でも30万を納めています。 日本学生支援機構による奨学金の高校の部は、各都道府県に事務が移管されています。 問い合わせ先は都道府県になります。 こんにちは。 個人塾の者です。 こちらは東京都です。 そのつもりでお読みください。 1つの例で回答しますので、あくまでも参考ということでお願い致します。 中高一貫女子校です。 いずれも年額です。 中1 188万6千 授業料42万 入学金38万 施設設備費8. 5万 寄付金20万 制服代6万 服装小物・鞄・靴6万 教材費10万 交通費8万 昼食費12万 クラブ活動費0. 5万 校外学習費3万 こづかい3. 6万 塾代20万 雑費11万 中2 91万6千 授業料42万 施設設備費8. 5万 服装小物・靴・鞄2万 教材費15万 交通費... Q 小5の子供がいます。 成績は中の上あたりで、小学3年から英語を習い今年英語検定5級に挑戦します。 あとは、家庭学習のポピーをさせている程度です。 残さず全部きっちりやっています。 学校のテストは毎回どの教科も80点から90点くらいです。 ある事情があって、急に中学受験をすることにしました。 理由は私的なことなので、省かせてもらいます。 息子はやる気を出していますが、中学受験の厳しさを知りません。 なぜなら、もともとそんなつもりが全くなく、親子でのん気にここまできてしまったからです。 そんなこんなで、この先何をどうすればいいのかよくわからない状態です。 子供の担任の教師に相談したほうがいいでしょうか? とりあえず、明日書店に行って何か参考になる本を探してみる予定です。 それから出来るだけ塾には行かせたくありません。 なぜなら、お金がかかりますし、夜遅く帰ってきたり子供の生活にも負担が大きいからです。 物騒な世の中ですし心配です。 レベルのわりと高い私立中学はもう無理でしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 10です ・都内で入塾テストを受けるなら、SAPIX、日能研、四谷大塚のいずれかでしょうね。 どれも塾生の数が多いので、今の力を判断するには適当です。 入るかどうかは雰囲気と子供の好き嫌いで決めてもよいのではないでしょうか。 どれもハードです。 ・受験するなら、いくつか心がけなければならないことがあります。 母親同士群れないこと。 うわさに振り回されたり、受験後落ちた入ったでろくなことはありません。 群れてる暇なんてありません。 群れてる親の子はたいてい落ちますね。 アドバイスを受けるのなら、塾のカウンセリングか自分の子より「できる子」の親に聞くこと。 同じ程度の子の親は本当のことは絶対に言いません。 私立はパラダイスではありません。 たとえ御三家でもね。 いじめが少ないなんて幻想にしか過ぎません。 公立よりはましだと思ってはいますが、もし、入って合わなかった場合もしっかり考えて、偏差値やうわさに惑わされずにしっかり納得できる学校を選んでください。 なぜ私立なのかよく考えてください。 お友達と別れるとかそんなレベルのことで迷うようでは困ります。 友達なんてどこでも作れます。 むしろ、多感な時期、全力でぶつありあった仲間です。 一生の友達を作るチャンスでもあります。 私立のメリットは第一にカリキュラムかと思います。 知人が公立中から英語重視の国際高校に入り、私に自慢げに「英語が週に6時間もあるのよ」といっていましたが、私立なら中一から週に7から8時間は当たり前です。 この差、埋まりますか? 6. 国語を大事にしてください。 算数も読解の基本は国語です。 とりあえず好きな学科は何でしょうか。 好きな学科を得意科目に育てましょう。 受験は最終的にはある程度満遍なくできる子の方が受かりやすいとは思います。 何かでこけてもフォローが効きますから。 でも、牽引役になる好きな教科の存在は大きいです。 よく眠らせてあげてください。 まだ、子供です。 ムリをさせすぎてはいけません。 それより短時間でいかに集中してこなすかです。 うちの下の子は放課後目いっぱい遊んで、塾に行く前の20分で宿題をこなして塾に行ってたんだとか。 後で白状されてぶっ飛びましたけれど…うちは絶対10時には寝せてました。 塾から帰ってくると9時で、10時に寝せるのは戦争でしたけれど。 これだけは守りました。 私、毎日迎えに行きました。 うちからは遠くて帰りが心配なこともありましたけれど、子供と話す時間の確保と、寄り道により時間ロスの軽減のためです。 食事に配慮を。 塾でファーストフードを食べている子は成績が伸びません。 下の子は四谷大塚の最初飯田橋で、御茶ノ水、中野とクラスが上がりまして、最後は特進クラスでしたが、子供たちの「お弁当」の比率は上のクラスに行くほど高くなり、特進クラスではほぼ100%でした。 子供に対する心配りの差かと思っています。 どれも塾生の数が多いので、今の力を判断するには適当です。 入るかどうかは雰囲気と子供の好き嫌いで決めてもよいのではないでしょうか。 どれもハードです。 ・受験するなら、いくつか心がけなければならないことがあります。 母親同士群れないこと。 うわさに振り回されたり、受験後落ちた入ったでろくなことはありません。 群れてる暇なんてありません。 群れてる親の子はたいてい落ちますね。 アドバイスを受...

次の