コロナ 学校 再開。 【独自】新型コロナ 学校再開後 児童・生徒242人感染(FNNプライムオンライン)

【コロナ 学校再開 子供のトイレ掃除】小五の子供が居ます。学校再開後、高学...

コロナ 学校 再開

新型コロナウイルス感染症関連情報 教育関係• (県HPへリンク)• (文部科学省HPへリンク) 学校再開ガイドラインについて• (7月9日更新)【PDF:713KB】• 【PDF:250KB】• 【PDF:362KB】 県有施設(教育委員会関係)の休館状況について 詳細は各施設のホームページ等を御確認ください。 から各施設のホームページへアクセスできます。 臨時休業期間に活用できる学習教材• 文部科学省HPへリンク e-ラーニング、プリント教材、NHK for School 等• 経済産業省HPへリンク 教材動画、e-ラーニング 等• 学びの広場サポートプラン事業へリンク 学びの広場サポートプラン学習教材• 学力向上推進プロジェクト事業へリンク 国語、算数・数学学習教材 義務教育課• 【PDF:254KB】 高校教育課• 保健体育課• 【PDF:51KB】• 【PDF:131KB】• (中学校)【PDF:142KB】• 【PDF:137KB】• 【Word:54KB】• 【Word:41KB】• 【Word:24KB】• 【Word:24KB】• 【mp4:46. 7MB】• 【mp4:17. 1MB】• (ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)へリンク) トレーニング動画、栄養学、免疫コンディショニングガイド等• (つくろう料理コンテストへリンク) 生涯学習課• (文部科学省HPへリンク) 子供の学び応援コンテンツリンク集• (スポーツ庁HPへリンク) 子供の運動あそび応援サイト• (全国国公立幼稚園・こども園長会HPへリンク) 子育ての支援教材の開発• ((公財)日本レクリエーション協会HPへリンク) レクリエーション・ゲーム、おうちで60秒チャレンジ、おうちの中で楽しめる運動・あそび、スポーツテンカ お問い合わせ 〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 茨城県教育庁学校教育部保健体育課[県庁舎23階] 電話 029-301-5353(学校体育担当) FAX 029-301-5369 E-mail hotai pref. ibaraki. jp 総務企画部文化課[県庁舎21階] 電話 029-301-5454(芸術文化担当) FAX 029-301-5469 E-mail geibun pref. ibaraki. jp 学校教育部義務教育課[県庁舎22階] 電話 029-301-5226(指導担当) FAX 029-301-5239 E-mail gikyo pref. ibaraki. jp 高校教育課[県庁舎22階] 電話 029-301-5260(指導担当) FAX 029-301-5269 E-mail kokyo pref. ibaraki. jp 特別支援教育課[県庁舎22階] 電話 029-301-5280(指導担当) FAX 029-301-5289 E-mail tokukyo pref. ibaraki. jp 総務企画部生涯学習課 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎22階] 電話 029-301-5132 FAX 029-301-5339 E-mail shugaku pref. ibaraki.

次の

新型コロナウイルス感染症関連情報(教育関係)

コロナ 学校 再開

大阪府内にある不登校の子供の親の会に今月、保護者から相談が寄せられた。 学校を休みがちな子供にとって、長期休暇は不登校のきっかけになりやすい。 不登校の子供を支援する「マーブルハウス」(堺市)の石田まりさん(25)は「今後、完全不登校になる子供は増えると思う。 無理して通っていた子供にとって、再び学校に行くにはエネルギーがいる」と話す。 教育委員会や学校は保護者に対し、休校中も規則正しい生活と計画的な学習をするよう呼び掛けている。 再開後にスムーズに登校できるよう、保護者もこうした点に注意を向けがちだが、これをプレッシャーに感じる子供もいる。 不登校の子供の支援に取り組んできた追手門学院大の永野浩二教授(臨床心理学)は「学校に通いづらい子供に必要なのは『やらないといけないこと』より、純粋に楽しめることを見つけることだ」と強調。 「好きなこと、得意なことがひそかな自信となり、学校に通う元気につながる」と訴える。 PR ポイントは「やってもやらなくてもいい、できなくてもいい活動」をすること。 掃除や食事作りといった生活に必要なことよりも、「物を作るならお菓子やプラモデルなど、役に立たなくても性に合う気楽な活動がいい」と永野教授。 得意なことを探したり深めたりすることは「今だからこそできる。 親子で取り組んでみて」と呼びかける。 学校が再開されたら、「無理なく自分のペースで過ごすことが大切」とするのは、フリースクールを運営するNPO法人「ふぉーらいふ」(神戸市)の矢野良晃副理事長。 休校の長期化で学習の遅れへの懸念も高まっているが、「保護者は子供の学習の遅れを指摘したり、学習量を増やしたりして負荷をかけないでほしい」と話す。 また、マーブルハウスの石田さんは「コロナの感染拡大で、子供が健康であることが一番大事だと痛感した人も多いはず。 もし学校に通えなくなっても、その思いを忘れないで」と訴えている。 そんな中、フリースクールでも学びの場や子供同士のつながりを維持しようとオンライン化が進められ、家にいながら外部と交流できる新たなシステム作りのきっかけにもなっている。 PR 奈良県田原本町の「奈良スコーレ」は3月から休校してオンラインに移行。 ビデオ通話などを使って一緒に勉強したり、複数でゲームを楽しんだりしている。 4月には体験入学の申し込みもあり、代表の宇陀直紀さん(24)は「まずはオンラインで参加し、メンバーになじんでから実際に通ってもいい」と考える。 不登校の子供がフリースクールに通い始めようとしても、家を出て知らない人に会うことへの抵抗感で、なかなか踏み出せないことも。 宇陀さんは「オンラインの活用で、家にいる子供たちの居場所づくりや学び方を広げられる」として、感染拡大が収束した後も通常のスクールと並行してオンライン方式を継続させたい考えだ。 「ふぉーらいふ」が運営する神戸市の「ForLife(フォーライフ)」も4月からオンラインスクールを開始。 矢野副理事長は「今は学習コンテンツを提供するより、子供同士がコミュニケーションをとれる場を提供することがニーズに合っている」と話す。 各家庭の通信環境の差や、自分の顔が画面に映るのが嫌な子供もいるなど課題もあるが、「今後もニーズに合わせ、今回構築したオンラインのノウハウを生かしたコミュニケーションの機会をつくりたい」としている。

次の

東京都、段階的に学校再開…オンライン学習も活用

コロナ 学校 再開

長期休校後の再開に向けて学校現場が踏まえておかなければならない新型コロナウイルス感染症の衛生管理について、考え方や具体的な対応策を一冊にしたマニュアル「学校の新しい生活様式」がまとまり、文科省は5月22日、都道府県の教育委員会などに通知した。 地域別の感染状況を3段階のレベルに分け、教室内で確保するべき児童生徒間の身体的距離を明示したほか、各教科や部活動で留意すべき内容をレベル別に示している。 最も感染レベルの低いレベル1では、感染症対策を十分行った上で、従来の40人学級による授業が可能とし、部活動も通常の活動を行うよう求めた。 衛生管理マニュアルについて説明する平山直子・文科省初等中等教育局健康教育・食育課長 この衛生管理マニュアルは、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が国民に求めた「新しい生活様式」を基に、「感染リスクはゼロにすることはできないという事実を前提として」学校現場に必要な内容をまとめたもので、「学校の新しい生活様式」との副題がつけられている。 文科省初等中等教育局の平山直子・健康教育・食育課長は「学校再開にあたり、衛生管理について、学校や教育委員会の担当者がこれを見れば分かるというものをまとめた」と位置付けを説明した。 同マニュアルでは、まず、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が緊急事態宣言の対象地域を都道府県単位で判断しているのに対し、専門家会議に参加する感染症専門家の助言を踏まえ、学校の教育活動については、児童生徒や教職員の「生活圏における感染症のまん延状況に応じて判断することが重要」だと明記した。 地域の感染レベルを3つの段階にわけ、それぞれに「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準を示した=図1参照。 最も高いレベル3は、生活圏の状況が、専門家会議が示した特定警戒都道府県に相当する感染状況の地域。 図1=「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準 中間のレベル2は、感染拡大注意都道府県に相当する感染状況で、特定警戒都道府県の半分程度の新規感染報告者がいる場合や、感染経路が不明な感染者が過去に一定程度存在していて、当面の間、注意が必要な地域を指す。 最も低いレベル1は感染観察都道府県に相当し、新規感染者が一定程度確認されるものの、感染状況をモニタリングしながら、「新しい生活様式」を徹底する地域とした。 それぞれの学校現場がどの感染レベルに相当するかの判断は、学校設置者が行う。 重要な判断になるので、平山課長は「実質的には、教育委員会などの学校設置者が、自治体の首長や衛生主管部局と話し合って決定することになるだろう」とした上で、5月14日に緊急事態宣言が解除された39県にある学校はレベル1に相当するとみていると説明した。 また、レベル2の例として、5月21日に緊急事態宣言を解除された兵庫県を挙げた。 マニュアルでは、こうした3つの地域別感染レベルを前提に、さまざまな学校活動の指針を示している。 教室については、「3密」(密閉、密集、密接)を回避するために、実際に確保すべき児童生徒間の身体的距離をレベル別に明示した。 この目安は、学校現場から最も問い合わせが多い内容だという=図2参照。 図2=学級内の身体的距離の参考例 レベル3とレベル2の地域では、児童生徒の間隔について「可能な限り2m(最低1m)確保するように座席配置」をするよう求めた。 このため、多くの学校では、学級を2つのグループに分け、分散登校や時差登校を行うといった対応が必要になる。 一方、レベル1地域では、児童生徒の間隔を「1mを目安に学級内で最大限の間隔をとるように座席配置」するとした。 この場合、標準的な広さ70㎡の教室では、座席の間隔を広げることによって、40人学級での授業が可能になる。 このマニュアルに従えば、5月14日に緊急事態宣言が解除された39県はレベル1に相当すると考えられるため、40人学級による学校再開が可能となる。 こうした学校再開とレベル区分の関係について、平山課長は「第2波、第3波の感染が起きるリスクを考えれば、児童生徒の人数や教室などの施設環境によって、分散登校が可能な学校は、レベル1であっても、分散登校や時差登校で学校を再開した方が安心だ。 しかし、分散登校がなかなか難しい環境にある学校では、当面40人学級で再開し、感染が再び拡大した場合には、別の対応をとるのが現実的な選択になると考えられる」と説明した。 次に、各教科の授業では、全ての授業に共通して「特に感染リスクが高いもの」として、「児童生徒が長時間、近距離で対面形式となるグループワークなど」「近距離で一斉に大きな声で話す活動」を挙げた。 こうした特に感染リスクが高い授業活動については、レベル3地域では行わないよう求め、レベル2地域では「リスクの低い活動から徐々に実施することを検討」するとした。 一方、レベル1地域では「可能な限り感染症対策を行った上で実施することを検討」するとしており、感染予防に留意した上で実施可能と位置づけた。 部活動についても、地域別レベルによって活動内容の指針を示した。 レベル3地域では「密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い活動、向かい合って発声したりする活動は行わないように」求めた。 こうした活動は、レベル2地域では「慎重な検討が必要」と説明した。 これに対し、レベル1地域では「可能な限り感染症対策を行った上で、通常の活動」を行うと明示した。 こうしたマニュアルの指針に従えば、緊急事態宣言が解除され、学校の生活圏内で新規感染報告者が抑制されている場合、感染症予防に留意しながら、通常通りの部活動を再開できることになる。 給食では、レベル3地域では「通常の提供方法による学校給食の実施は原則として困難」と記し、レベル2地域では「通常の学校給食の提供方法に徐々に戻していくとともに、地域で感染者が確認された場合には、柔軟に対応」するよう求めた。 レベル1地域では、「衛生管理を徹底した上で、通常の学校給食の提供方法を開始」するとしている。 「感染リスクはゼロにすることはできない」との事実を踏まえ、平山課長は「このマニュアルは、学校再開しても新型コロナウイルスに感染する児童生徒、教職員が出てくることを前提としている」と説明。 その上で、「学校活動でのリスクを最大限下げ、感染者が出た場合にはあわてることなく、しっかりと対策を行い、感染拡大を防ぐという観点で、学校生活を送ってほしい」と述べ、41ページに及ぶ分厚いマニュアルに込めた学校現場へのメッセージを語った。

次の