限界突破wifi 接続できない。 【限界突破wifi 口コミ】無制限じゃない。解約金高い。オススメしない。

エックスモバイル限界突破wifiの端末の評判とスペック

限界突破wifi 接続できない

限界突破WiFiは、格安スマホで有名な「エックスモバイル株式会社」が提供するネット使い放題のポケットWiFiで人気があります。 しかし、2020年3月に通信障害を起こしてしまってから、もともとネット使い放題と謳っていたにもかかわらず1日単位でデータ容量を制限することになり、ネットが繋がらないという口コミが多いので、現時点では限界突破WiFiをおすすめできません。 さらに、利用者の評判を調べたところ、月額料金が最安値ではなく、端末が届くまでに時間がかかり、解約時の違約金が高いことに対して不満を抱えている人もいました。 この記事では、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていくので、ぜひ参考にしていただきたいです。 限界突破WiFiとは 限界突破WiFiとは、格安スマホを提供している「エックスモバイル株式会社」が運営するポケットWiFiです。 ネット使い放題で、マップ機能や翻訳機能、さらにモバイルバッテリー機能が付いている端末が利用できることを売りにしていますが、2020年3月から通信障害を起こしてしまいユーザー数が急激に減っています。 同じく完全無制限のポケットWiFiとして人気があった「どんなときもWiFi」も一緒に通信障害を起こしていて、現在ではただ月額料金が安かったり端末の機能が良かったりするだけではなく、運営会社とサービスの安全性も考えたうえで選ばないといけません。 ここからは、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていきます。 限界突破WiFiがおすすめできない全理由 それでは、限界突破WiFiの評判や口コミを調べてわかったおすすめできない全理由を紹介していきます。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い 繋がらないという口コミが多い 利用者の口コミを探してみたところ、限界突破WiFiは以下のようにネットが繋がらないという悪い評判がたくさん見つかりました。 限界突破wifi いきなり繋がらない。 一つずつ詳しく見ていきます。 1日単位で通信が制限される 限界突破WiFiの最大のデメリットは、ネットが完全に使い放題と謳っていながら、1日あたりの通信制限が決められているところです。 2020年の3月に通信トラブルが起きた影響で1日3ギガまでのデータ容量しか使えなくなってしまい、 7月現在においても1日5ギガを越えると速度制限にかかる条件があります。 以下のように、1日あたり5ギガ~10ギガの容量を使っているときはYouTubeなどのネット動画を標準画質でギリギリ観ることができる速度まで低下し、10ギガを超えると完全にネットが使えなくなります。 1日あたりの容量 速度制限 5GB~10GB 最大4Mbps 10GB以上 最大128kbps もともと限界突破WiFiはデータ容量に制限がないネット使い放題のサービスとして提供していたにも関わらず、このような通信制限をかけることになってしまいました。 これから新しく申し込む人も1日5ギガの通信制限をかけられるので、せっかくポケットWiFiを契約してもデータ使用量を気にしながら利用することになってしまいます。 さらに、これまで大規模な通信障害を起こしたポケットWiFiの傾向を考えると、今後も同じような通信トラブルを起こす可能性がかなり高いのでおすすめできません。 現在利用している人は通信トラブルが起きていた時期の月額料金が返金され、違約金免除で解約できるという対応がされています。 詳しくはをご覧ください。 通信制限があるのに速度が遅い 限界突破WiFiは1日あたりの通信制限があるにも関わらず、同じく通信制限が決められているWiMAXよりも速度が遅いです。 しかし、限界突破WiFiは通信制限が決められているうえに、速度も遅いので契約するメリットが一つもありません。 限界突 破WiFi WiMAX Y! mobile WiFi 端末 \光回線について詳しく書いた記事/ 月額料金が最安値ではない 限界突破WiFiは月額3,500円と決して高い料金ではありませんが、他に安いポケットWiFiがあるのでデメリットの一つと言えます。 完全にネット使い放題のポケットWiFiの中で、限界突破WiFiよりも安く利用できるサービスを以下の表にまとめました。 ポケットWiFi 月額料金 限界突破WiFi 3,500円 Mugen WiFi 3,280円 ゼウスWiFi 3,280円 ギガゴリWiFi 3,460円 よくばりWiFi 3,450円 どんなときもWiFi 3,480円 めっちゃWiFi 3,480円 THE WiFi 3,480円 ポケットWiFiの最安値は「Mugen WiFi」と「ゼウスWiFi」の2つがあり、限界突破WiFiと毎月220円の違いしかありませんが、料金面において他社に負けているのは事実です。 さらに、ゼウスWiFiでは半年間の月額料金が割引きされたり、よくばりWiFiでは最初の2ヶ月間が無料になったりなど、月額料金がお得になるキャンペーンを限界突破WiFiでは実施していません。 そこまで毎月の料金に差があるわけではないですが、最安値で利用できるサービスではないので、より安いポケットWiFiを選ぶ方が賢明でしょう。 海外の利用料金も他社より高い 限界突破WiFiの海外の利用料金を他社と比較したところ、同じようなプランを提供しているゼウスWiFiより高いことが分かりました。 他のポケットは1日単位で料金が決まっていますが、限界突破WiFiとゼウスWiFiは数日単位の格安プランが用意されています。 端末の発送に時間がかかる 限界突破WiFiがおすすめできない3つ目の理由は、申し込んでから端末が発送されて自宅に届くまでに4日前後もかかってしまうことです。 ポケットWiFiによっては早ければ当日に端末を発送してくれるところも多いので、4日も待たないとネットが使えないのはデメリットの一つと言えるでしょう。 ポケットWiFi 発送時期 限界突破WiFi 4日前後 ゼウスWiFi 最短当日 ギガゴリWiFi 最短当日 よくばりWiFi 最短当日 THE WiFi 最短当日 限界突破WiFiは全国に80の店舗があるエックスモバイルが格安スマホと一緒に提供しているので、家の近くに店舗があって足を運べば当日中に受け取ることができます。 しかし、WEBから申し込むなら早めに端末が届いてくれた方が安心ですし、何より早くネット環境を整えたい人がほとんどだと思うので、最短当日発送のポケットWiFiを選ぶ方がおすすめです。 解約違約金が高い 限界突破WiFiがおすすめできない最後の理由は、途中解約したときの違約金が他社よりも高めに設定されていることです。 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円の高額な違約金が請求されてしまい、他のポケットWiFiの解約違約金よりも2倍近く負担が大きいので注意してください。 ポケットWiFi 1年目 2年目 3年目~ 限界突破WiFi 18,000円 18,000円 5,000円 Mugen WiFi 9,000円 5,000円 0円 ギガゴリWiFi 9,000円 9,000円 9,000円 THE WiFi 9,000円 5,000円 0円 ゼウスWiFi 9,500円 9,500円 9,500円 限界突破WiFiは2年契約なので利用開始から24ヶ月後、48ヶ月後など2年ごとの更新時期に解約すれば違約金は発生しませんが、途中解約する人の方が多いことを考えると、もしものために解約違約金が安いサービスを選ぶべきです。 さらに、Mugen WiFiやTHE WiFiなど2年後から契約の縛りがなくなるポケットWiFiもあり、解約時の違約金を気にしなくて済むのでおすすめです。 限界突破WiFiよりもおすすめなポケットWiFi ここまで限界突破WiFiの全デメリットをお伝えしてきたように、ポケットWiFiを選ぶうえでは「月額料金」や「ネット回線の安全性」が比較すべきポイントとなります。 なので、ポケットWiFiの中でも最安値の月額料金で利用でき、独自の端末を提供している「ゼウスWiFi」が1番おすすめです。 ゼウスWiFiが1番おすすめ ここからは、限界突破WiFiよりもゼウスWiFiをおすすすめする理由を詳しく紹介していきます。 月額料金が最安値 ゼウスWiFiは限界突破WiFiよりも月額料金が安く、全てのポケットWiFiの中でも最安値なので最もおすすめできるサービスです。 基本的には月額3,280円で限界突破WiFiより毎月220円しか安くなりませんが、現在では半年間の割引きキャンペーンを実施していて、利用開始から6ヶ月目まで2,980円の特別価格でお得に利用できます。 この金額差をどのように考えるかは皆さん次第ですが、サービス内容がほとんど変わらないのであれば、できるだけ月額料金が安いポケットWiFiを選ぶ方が良いでしょう。 独自の高性能な端末が使える ゼウスWiFiの大きな特徴は、何といっても他社にはない独自の端末を提供しているところです。 通信障害を起こした限界突破WiFiとどんなときもWiFiとは異なる端末になっていて、使っている回線設備も違うので通信障害が起きにくくて安心して利用することができます。 データ容量が完全に無制限と言われているポケットWiFiの端末は以下3つあり、それぞれ速度やスペックを比較しました。 ゼウス WiFi 限界突 破WiFi どんなと きもWiFi 端末 最大速度 150メガ 150メガ 150メガ 通信時間 10時間 15時間 12時間 接続台数 10台 8台 5台 このように、今までの端末と比べても速度とスペックは決して負けていない高性能な端末であり、液晶画面が付いていて操作しやすくデザイン性にも優れています。 限界突破WiFiで提供されている端末も珍しいものですが、Mugen WiFiに申し込めば同じ端末を選ぶことができるので独自の端末というわけではないので覚えておきましょう。 30日間お試しキャンペーンがお得 ゼウスWiFiでは、端末到着日から30日以内なら違約金0円で解約できる「ドバドバ体験キャンペーン」を実施しています。 なので、自宅で快適にネットが使えるか不安な人や、他社サービスを使っていて繋がらなくて困っている人はお試し感覚でゼウスWiFiを体験してみることが可能です。 もし自分には合わないと感じたら、キャンペーンを適用するための手続きは一切不要で、30日以内ならそのまま解約手続きするだけで9,500円の違約金が免除されます。 限界突破WiFiの場合は一度契約が成立してしまうと、2年後の更新時期まで待たないかぎり違約金は0円にならず、18,000円の高額な解約違約金が発生するのでリスクが高いです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、限界突破WiFiの口コミや評判から4つのおすすめできない理由が見つかりました。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い この記事では、限界突破WiFiよりもおすすめできるポケットWiFiとしてゼウスWiFiを紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

次の

【超簡単】限界突破WiFiの設定〜使い方を写真タップリで大解説!

限界突破wifi 接続できない

Contents• どんなときもWiFiと限界突破WiFiを比較時のポイント まず使う人によってどちらがいいか?どれがいいか?の答えは違ってきます。 まず料金の安さは誰がどう見ても安い方が良いですが、海外で使わない人にとっては気になるのは日本での品質や料金ですね。 あとは意外と比較されない使いやすさや今までの実績、運営会社の規模なども人によっては気にするでしょう。 では他の人たちとは方法を変えて違いが大きい所からピックアップしていきます。 端末 WiFiルータ について サービス 返却 レンタルの為、返却が 必要 端末代無料の為、返却は 不要 機能 基本的な無線ルータ機能のみ Google翻訳機能、Google翻訳機能が使える 接続台数 最大5台 最大8台 まずここだけ見ると限界突破WiFiはかなり戦略を考えてきていますね。 接続台数が5台か8台というのは一人暮らしの人にとっては関係ありませんが、 家族全員で使う場合は不足するときもあります。 端末については時間が経てばそれ自体にはあまり価値はありません。 但し返却時の手間を考えたら返却不要は楽チンです。 回線仕様について サービス 仕様 クラウドWiFi クラウドWiFi 二つとも同じですね。 端末の違いによる差は出ても回線の能力は同じと考えていいです。 実績について サービス 実績 実績も豊富。 ユーザから上がっている評判も多い。 サービス開始して間もない 限界突破Wi-Fiはサービス開始直後なので今現在は運営について未知数です。 どんなときもWiFiは人気・知名度ともにNo. 1と言えるサービスで導入してからの経験も豊富です。 夏に一度大規模な障害も経験している為、その経験を元に対応についての改善も期待できます。 登用俳優について サービス 俳優 佐藤二朗さん 氷川きよしさん マルチな活躍をする大人気俳優の佐藤二朗さんと最近のセクシー路線が話題の氷川きよしさん 双方ともに人気者ですね。 まさにWiFi頂上決戦にふさわしいキャスティング。 違約金 解約手数料 について サービス 1~24ヶ月目 19000円 18000円 25ヶ月目 0円 0円 26、27ヶ月目 9500円 0円 28月目 注1 9500円 5000円 解約時の手数料 違約金 でも細かな違いがあります。 2年以内に解約した場合に違いはありません。 長期間利用した場合に差が出てきます。 更新月が0円なのは両者とも同じですが、限界突破WiFiは更新月扱いが3ヶ月あります。 また限界突破WiFiは3ヶ月間の更新月の翌月が契約更新月となり1年縛りになります。 違約金も5000円になります。 利用料金について サービス 事務手数料 3000円 0円 月額 3480円 3500円 どんなときもWiFiの料金はクレジットカード払いの料金を表示しています。 どんなときもWiFiは口座振替も可能ですが、月額料金は500円高くなります。 2年間経つとどんなときもWiFiの月額は3980円に値上げしますが、限界突破WiFiは3500円据え置きです。 海外使用時 サービス プラン内容 シンプルな料金体系 複雑な料金体系 両者とも海外旅行先で簡単に使うことができます。 どんなときもWiFiの場合は現地で使った日のみ料金を払う必要があります。 、、と言うか国やデータ量によってかなり細かいプランがあるので正直面倒な印象があります。 最低限の通信量でfacebookやLineだけを使って1週間使うというのであれば、 限界突破WiFiの方がかなり安く抑えることができる場合があります。 簡単なまとめと考え方の注意点 比較すると基本的にどちらが優れているか明らかになりますね。 でも自分に関係ない項目については優劣がついても仕方が無いので、 必ず自分のニーズに当てはめて考えた方がいいと思います。 あえてシニカルに物事を考えれば ・本当に2年以上使うの? ・海外で使うことある? ・地図や翻訳するのにスマホではなくてルータ使う必要ある? ・クラウドWiFiは他と比べて良いの? 色々とありますね。 デメリットに見えるポイントも自分にあまり関係なければ問題にならないし、 メリットも同様です。 数値化できないポイントとして運営の対応力などがあります。 決める前に一度問い合わせをしてみてある程度確かめてみることをおすすめします。 個人的には のサポート体制はなかなか良い様に感じます。 ちなみに下のランキングにはまだ限界突破WiFiは入れていません。 もはやWiFi界隈では貫禄すら感じる存在。 2位 月額3450円で通信無制限。 どんなときもWiFiの牙城を崩せるか? 3位 通信無制限で驚愕の月額3280円から。 長期ユーザ向け 4位 契約期間の長期縛りが無く、たくさん通信できる。 FYI:2020年4月24日追記 現在WiFiの端末の在庫不足により追加注文ができないサービスが多い状況です。 は現時点では最短で即日発送が可能な状況です。

次の

限界突破WiFiにWindows10から接続できない

限界突破wifi 接続できない

Windows10マシンから限界突破WiFiのテザリングに接続出来ない この件、割と致命的だと思うのですが、 「全く情報がない」です。 接続出来ないとはどういうことかというと、 「ネットワークセキュリティーキーが間違っています」というエラーになってそもそも接続が確立出来ない、というもの。 このレベルの事象ならもっと報告が挙がっていてもよさそうなものですが、 現代人はもはやPCを使わなくなってしまったのか、あるいは僕の環境だけで起こっているのか・・・全く情報がありません。 本当に不思議です。 原因は認証方式「WSA-PSK TKIP 」?? Androidスマホからは接続出来ているので見比べてみると、こんなことが分かりました。 認証方式が、「WSA-PSK」 明示的にAESと出てこないのであれば、多分TKIPなような気がします。 AESに対応していなかったりするのでしょうかね? TKIPは、Windows10からは安全性が十分でないとして見限られてしまった規格のようで、そのためにWindowsから接続出来ないのかな、と推察。 ここまで言っておいて自分の単純な打ち間違いだったら笑いますが、他の複数の機器では通っているので、可能性はありそうかな、と思っています。 とか言いつつ、とんちんかんな事を言っている可能性はあるので、ご容赦ください。 パスワードを打ち直したりせずとも、です。 ということは自宅の環境に要因があるということが言えます。 次章に追記しました。 対応策:自宅 僕の場合の解決策、それは配下に無線LANルーターをかますという方法です。 Wimaxと違ってクレードルがないので以下のような込み入ったことをするしかありません。 なので、応答性や安定性には難ありと思いつつも、2段ルーター方式に踏み切ったという訳です。 認証方式の話と同時接続増加対応の話が混ざっているのでややこしいのですが、 同時台数を気にしないのであれば中継機機能だけでもいけるかもしれません。 (ただ、親の認証方式を引き継ぐ可能性はゼロではないので、要確認でお願いします) また、WiFi子機として受けながらWiFi親機として電波を飛ばし、かつLANポートもあって、ルーティングが可能、みたいな機器があるのであれば3層なんかにしなくても解決出来るかもしれません。 が、そんな兼ね備えた機種はなかなか見つかりません。 (探す能力と知識がないだけ?) これなんかは出来そうな気配は感じるものの、試してないので何ともです。 対応策:出先 そして困るのがWindowsPCを持ち出した場合です。 外にはそんな大それたルーター環境は構築出来ませんから、単体で限界突破に接続できないのは大問題です。 しかし、手持ちのスマホでそれを回避する方法を考えてみました。 Android端末で、「WiFiブリッジ」とか「WiFiテザリング」とか書かれている機能がネットワーク設定の中にあれば、それで中継出来ます。 (個人用とかパーソナルホットスポット、ではない方のやつです。 ) これは結構機種を選ぶので、出来ない端末も多いことはご理解ください。 スマホはTKIPにも対応しているので、一旦スマホで受けて中継の上スマホから飛ばすときにはWindowsに対応した認証方式を使おう、という理屈です。 ちなみに、USBテザリング、Bluetoothテザリングは塞がれており使えません。 正確にはBluetoothテザリングは、入り口は塞がれていないものの、独自ホームの制約でPINコードの許可が押せず接続に至りませんでした。 上記手順で繋がないと繋がらないのでは?と思い込んでいましたが、外でなら直接つながることが判明しました。 出先なので家とは環境が違うということ、つまり犯人は家にいる、ということです。 多分ですが、ChromeCast3じゃないかと疑っています。 この記事にも書いているように多段ルーターのような環境になっているので、なんとなくDHCPによるIPアドレスが被ってしまっている可能性が高い気がします。 認証方式は関係ないかもしれませんね。 繋がらない対策のために多段ルーターにしたような文脈ですが、実際には8台制限を突破しようとしていきなり多段構成で始めています。 (おまけ)沖縄で「モバイルデータ通信に切り替えられました」が頻発 入手早々、沖縄に行く用事があったので連れていきました。 ところがどっこい、自分が使っているスマホ端末としてはWiFi接続は確率されたままであるにも関わらず、 「モバイルデータ通信に切り替えられました」 とポップアップメッセージが表示されてしまってLTE側が使われる事態が頻発しました。 自分場合は、モバイルの方も使い放題(1Mbpsの例のやつ)にしているので、 少々意図しない通信が行われても問題はないのですが、期待している速度が段違いなので困ったものですね。 WiFi側に問題があるか品質が良くないので自動的にLTE側に切り替えようというAndroidスマホ側の判断だと思います。 確かに、スマホ側からみてWiFiアイコンのところにビックリマークが出ていたので、インターネット側に繋がっていなかったのでしょうね、きっと。 Jetfon側では、クラウド側のアンテナ(地球マーク側)も立っており、繋がっていそうには見えたのですが・・・これも謎です。 R側がクラウドSIMとの接続用でこちらはローミグによって常時接続しておいてSIMを取ってくる、という感じみたいですね。 関西の自宅では普通に使えているので良いのですが、出先で良く使うという人はもしかしたらこんな事象に出くわすかもしれません。 せっかく、モバイル通信の(この言い方は嫌いですが)ギガを消費しないようにWiFiを持ち歩いているのに、気が付かない間にギガを使い切っていることが起こりえます。 僕の場合は楽天モバイルの低速モードを常用いているので使い切るとかはないですし、低速なので気がつくことが出来ますので、かろうじて助かっています。 その他 限界突破WiFiの端末JetfonP6、もう少し色々とイジれるかと思っていたら案外塞がれていて泳ぎどころはなさそうです。 通知エリアも引き出せないし、そもそも戻るボタン自体も右端にしか出せません(高さ位置は変更可能) いつもどおりビルド番号の10回タップで開発者モードはONに出来るっぽいので、直接APKを叩き混んでホームアプリを差し替えてしまえばもう少し出来るのかもしれませんが、動作保証リスク、ルーター機器としてのセキュリティリスクを考えるとあまり弄ることはオススメ出来ない、というのが感想です。 また、あまり出回っていない情報としては、上記のセキュリティパッチをタップすると、ブラウザを開けます。 母艦の電池がなくなった時等、緊急時の調べ物には使っても良いかもしれませんが、辺にウイルス感染しても困るので無闇やたらにブラウザ使用するのもオススメはしません。 PlayStore自体は入ってはいるのですが、アプリの権限一覧等からでさえもキックして表示する事ができずユーザー操作では使用出来ません。 バックグラウンドでの更新用、ですかね。 その他、熱くなるとか、充電があまりにも持たないとか、重い、といった点は自分の中では特段気になるほどではなく許容範囲内かな、といった印象です。 ただ、背面のロゴシールはキレイに剥がせそうもないので、なかなか邪魔くさく感じてしまうのが正直なところです。 印字の厚みもあるのでリングとかを貼るにも少し邪魔です。 自分自身は試していませんし、上記に挙げたようなデメリットは存在するので、初期化はしないようにご注意下さい。 また、背面のシールについては、その後剥がすことが出来ました。 ちょっと力と根気は必要でしたが不可能ではありません。 (ただ、シールなのは初期ロットだけで、交換端末からはしっかりプリントされているなんて噂もチラホラ) いずれにせよ、こちらも自己責任で願いします。 最後に 課題は抱えており、環境を整えるまでに苦労しましたが、自宅ではいまのところ快適に使えてはいます。 ただ、今回の認証方式は、あくまでもとりあえず繋げるためだけのものです。 そもそもがセキュリティレベルの低い方式にしか対応していないのがかなり危うい気がしますし、他でも指摘されているようにSSID名を変えられないのもあまり良くはないと思います。 限界突破であることがモロわかりな名称ですし、デフォルトはそうでも後からは変えられるべきかなと思います。 そして繰り返しになりますが、こうした情報が全然上がらないのが本当に不思議でなりません。 同時接続数に関するバグもあったようなので、まだまだ初期トラブルというか改善ステージにある感は否めませんね。 生暖かく見守りたいと思います。 というわけで、この記事が他の誰かの参考になれば幸いです。 ではでは。

次の