いみじう。 村上の先帝の御時に 現代語訳・品詞分解・読み方

「いみじきかな」とはどうゆう意味ですか?

いみじう

東 あづまにも、いみじうあわて騒ぐ。 「さるべくて身の失すべき時にこそあんなれ」と思ふものから、「 討手 うつての攻め来たりなん時に、はかなき様にて 屍 かばねを晒さじ、 公 おほやけと聞こゆとも、身づからし給ふ事ならねば、かつ我が身の 宿世 しゆくせをも見るばかり」と思ひなりて、弟の 時房 ときふさと 泰時 やすときと言ふ一男と、二人を 頭 かしらとして、雲霞の 兵 つはものをたなびかせて、都に上す。 泰時を 前 まへに据ゑて言ふやう、 「おのれをこの度都に 参 まゐらする事は、思ふところ 多 おほし。 本意の如く清き死をすべし。 人に後ろを見えなんには、親の 顔 かほ、また見るべからず。 今を限りと思へ。 賎しけれども、 義時 よしとき、君の御ために後ろめたき心やはある。 されば、横ざまの死をせん事はあるべからず。 心を猛く思へ。 おのれうち勝つものならば、再びこの足柄・箱根山は越ゆべし」など、泣く泣く言ひ聞かす。 「まことにしかなり。 また親の顔 拝 をがむ事もいと危うし」と思ひて、泰時も 鎧 よろひの袖を絞る。 肩身に今や限りに 哀 あはれに心細げなり。 東国でも、大騒ぎでございました。 「なるべきして身を失する時であったのであろう」と思う者もあれば、「討手が攻めて来ても、はかなく屍を晒すものではない、たとえ敵が公であっても、身に覚えのないことならば、我が身の宿世([前世からの因縁])と思う外ない」と思って、北条義時(鎌倉幕府第二代執権)は弟の時房(北条時房)と嫡男泰時(泰時)と申す二人を先頭に、雲霞の如くの兵たちを引き連れて、都に上らせたのでございます。 義時は泰時を御前にすわらせて申すには、「お前をこの度都に上せるにあたり、申しておくことが多くある。 本意に従って清く死ぬべきぞ。 人に背中を見せることあれば、親の顔を、再び見ることはないと思え。 今を限りと戦え。 身分は賎しくとも、わし義時も本当のところ、お前を上らせたくはないのだ。 だから、せめて無様な死に様はするな。 心を強く持て。 己に打ち勝つことができたなら、再びこの足柄山(神奈川・静岡県境にある足柄峠を中心とする山地)・箱根山(神奈川・静岡両県にまたがる火山)を越えることができよう」などと、泣く泣く言い聞かせたのでございます。 「もっともなことだ。 再び親の顔を拝むことも叶わぬかも知れない」と思って、泰時も鎧の袖を絞りました。 今を限りと思えば悲しくて心細く思われたのでございましょう。

次の

余録:「いみじう暑き昼中に」--とんでもなく暑い日、清少納言は何をしたか…

いみじう

「いみじき」の意味は? 「いみじき」の意味は、 「程度が甚だしい様子」「並々でない様子」 などがあります。 好ましいものか好ましくないものかに関係なく、 程度が甚だしい時に使う事ができます。 具体的な内容を表すような言葉がない場合は、 好ましい意味にするか 好ましくない意味にするかを 前後の文脈から判断しなければいけません。 好ましい内容の場合は 「素晴らしい」「優れている」 「立派である」「嬉しい」 好ましくない内容の場合は 「ひどい」「辛い」「悲しい」「恐ろしい」 などがあります。 例えば、 「いみじき人」という表現がされている場合、 前後の文脈が好ましい内容であれば 「とても素晴らしい人」「立派な人」 好ましくない内容であれば 「ひどい人」「恐ろしい人」 という意味になります。 「いみじき」の語源、由来とは? 「いみじき」は、 古語の形容詞である「いみじ」の連体形です。 「いみじ」は穢れ(けがれ)を祓う事や 穢れを避ける事を意味する 「忌み(いみ)」が語源になります。 その由来として、 忌むべき程ひどい という事から程度が甚だしい事を 意味するようになりました。 「いみじき」「いみじくも」の違いとは? 「いみじ」の連用形である「いみじく」は、 現在でも「いみじくも」という形で 使われる事があります。 しかし、 「いみじくも」を使う上で 「いみじき」との違いについて 注意しなければいけない事があります。 「いみじ」や「いみじき」は 好ましい事にも好ましくない事にも 使う事ができますが、 「いみじくも」は「適切に」「上手く」 のように好ましい内容として使われます。 これは現在までの長い時間使われてきた中で、 言葉の意味や使われ方が変わってきたためです。 「いみじき」はあまり馴染みのない 言葉のためによく意味を間違えられます。 特に、文脈によって意味が変わる事には 注意しなければいけません。 現在では使う事がない言葉かもしれませんが、 同じ「いみじ」を語源としていて 現在も使われる「いみじくも」 という言葉との違いも覚えておきましょう。 「いみじくも」という言葉も 気になる人はこちらで解説しています。

次の

いみじとは

いみじう

オニユリの写真についてのコメントで、「重ね色目の『百合重ね』がヤマユリの白のイメージと違う」というお話しがございました。 『胡曹抄』(一條兼良・室町後期) ゆりのきぬ 表赤、裏朽葉。。 表が赤で裏が朽葉(オレンジ)。 これはオニユリの色彩を表しているのですね。 このように、植物は現代のイメージだけで語ってはいけないのです。 私が、一般に最も理解が難しいであろうと思うのが、「すすき重ね」です。 あの「枯れ薄」のススキ(芒、薄、学名:Miscanthus sinensis)でございます。 秋の七草にも入っていますが、そもそも「ススキって花なの?」と思われるでしょう。 しかし重ね色目の「薄(すすき)重ね」を御覧下さい。 『満佐須計装束抄』(源雅亮・平安末期) 薄(すゝき)。 蘇芳の濃き薄き三。 青き濃き薄き白単。 青キヲ上ニ重ネテ。 ヤガテ蘇芳単ト思ハ僻事ニヤ。 春の「もちつつじ」と同じ、蘇芳色(えんじ色)と緑の組み合わせ。 「どうしてこれがススキなの?」と思われることでしょう。 しかし平安時代のススキの穂は蘇芳色がポピュラーだったのです。 『枕草子』 草の花は 撫子、唐のはさらなり。 大和のもいとめでたし。 (中略)これに薄(すすき)を入れぬ、いみじうあやしと人いふめり。 秋の野のおしなべたるをかしさは薄こそあれ。 穂先の蘇芳にいと濃きが、朝露にぬれてうちなびきたるは、さばかりの物やはある。 秋のはてぞ、いと見どころなき。 色々にみだれ咲きたりし花の、かたちもなく散りたるに、冬の末まで、かしらのいとしろくおほどれたるも知らず、昔思ひ出顔に、風になびきてかひろぎ立てる、人にこそいみじう似たれ。 よそふる心ありて、それをしもこそ、あはれと思ふべけれ。 <超訳> (草の花といったら、まずナデシコよ。 唐撫子は本当に美しいけど、大和撫子だってとっても素敵よね。 (中略)この段に、ススキを入れないのは変だ、っていう人もいるらしいわね。 たしかに、秋の野原一面に拡がるススキの原は見事よ。 穂先が濃い蘇芳色のススキが朝霧に濡れてなびいている姿なんか、これに優る美しさは無いっていう程。 ……でも、でもね。 秋も終わりの姿はもう見る影もないわ。 色々に咲き乱れていた花が跡方もなく散り果てた後、ススキだけは冬が終わる頃まで、頭の真っ白になっちゃったのも知らないで、昔の華やかな思い出に浸って風にそよいでいる姿は、まるで人間のように思えるの。 そういう風に考えちゃうからこそ、ものの哀れは深まるのかも知れないわね。 ) 枯れてしまった後は今と同じようなイメージですが、若い頃は「穂先の蘇芳にいと濃き」だったのですね~。 ススキはイネ科ですが、平安時代の稲穂もやはり蘇芳色だったようです。 『枕草子』 八月つごもり、太秦に詣づとて見れば、穂にいでたる田を人いと多く見さわぐは、稲刈るなりけり。 早苗取りしかいつのまに、まことにさいつころ賀茂へ詣づとて見しが、あはれにもなりにけるかな。 これは男どもの、いと赤き稲の本ぞ青きを持たりて刈る。 何にかあらむして本を切るさまぞ、やすげに、せまほしげに見ゆるや。 <超訳> (八月の末日だったっけ。 太秦の広隆寺にお参りする道すがら、稲穂の実った田んぼに大勢の人が集まってワイワイやってるから何かと見れば、稲刈りだったのね。 ついこの間、賀茂神社にお参りした時は田植えを見たわよ。 それがもう、稲刈りの季節になってたのね。 時の流れは速いなぁって、しみじみしちゃった。 この田んぼの稲刈りは、男だけでやってる。 穂が真っ赤に色づいた稲の、青い根元を持って刈り取るのね。 鎌か何かでサクサクと、いとも簡単に刈り取ってるのを見てたら、私もやってみたくなっちゃったわ。 ) 「いと赤き稲」とあります。 今でも山野では、わずかながらも赤い穂のススキを見ることも出来ます。 植物の色は昔も今も変わらないと言う事で、古代の色彩を探るヒントになりますが、こういう思わぬ落とし穴に気をつけなければなりません。 早稲田大学のマークは稲穂。 スクールカラーはえんじ色(蘇芳)。 これって偶然?(偶然です・笑)。 写真は赤い穂のススキと、『満佐須計装束抄』の薄重ね。 (有職故実研究家 八條忠基さん Facebook投稿より) 外部リンク• Designed by.

次の