嫌われ ss 艦これ。 【熊野SS】提督「鈴谷に嫌われている」【艦これ】

【艦これ】提督「初心者!」|エレファント速報:SSまとめブログ

嫌われ ss 艦これ

提督「ふむ...... おかしい。 何かがおかしい」 提督「海軍兵学校からここまで。 首位を走ってきたわけではないが、それなりに人とのかかわりは持ってきた」 提督「しかしおかしい。 この鎮守府の提督になってからというもの、まともに艦娘と話した気がしない気がする」 提督「秘書艦なるものも最初からいなかったし...... よし、確認しに行こう」 >>1 提督「うし、吹雪だな。 最初期からここに居るし。 さっそく探しに行くか」 提督「う~む、しかしどこにいるだろうか...... お、中庭にいるやん」 提督「吹雪~」 吹雪「...... なんですか」 提督「いやなに、最近あまり会話をというか顔を見ていない気がしてな」 吹雪「それだけですか」 提督「 うおぉおう、昔の反応とは大違いだ まあ、な。 立ち話もなんだ、ベンチに座るか」座り 吹雪「お気になさらず」ベンチ横に立つ 提督「う...... ふ、吹雪は最近調子どうだ?演習とか結構頑張ってくれてるし」 吹雪「そこそこですね」 提督「あ、あ~...... この前の海域攻略、助かったよ。 吹雪がオレの指示をすぐに理解してくれなきゃ、あの作戦は失敗していたし」 吹雪「それを言うなら砲撃隊の方達に言ってあげてください。 私はただ敵を引き付けていただけですし」 提督「そ、そうか?もうちょっと自信持てよ」 吹雪「過度な自信は良くないと、司令官がおっしゃったのではありませんか」 提督「そういえばそうだったな、あはは...... 」 提督 や、やべぇ。 他人行儀すぎるどうしよう。 これはあれなのか、コミュニケーションを取りすぎた弊害なのか!? 一方吹雪 吹雪 ぁぁぁぁぁぁぁあああ!ヤバい近い近すぎる!無理無理隣に座るとか恐れ多くてできない!司令官の吐いた息が私の近くを!!吸わなければ!! ハアハア 提督「ふ、吹雪?具合でも悪いのか?」 吹雪「い、いえ。 特に問題はありません」 提督「本当か?」近づき 吹雪「あり、ありま...... ありましぇん...... 」 提督「あ、ありましぇん?」 吹雪「ああもう無理!司令官近いです!離れてください!私ごときが近づいてはなりません!!」 提督「は、はぁ?」 吹雪「私は初期艦として失格なんですぅ!司令官の海図に向かうあの真剣な眼差し、そして自ら小型船に乗り込み指揮を執る御姿!尊すぎます!!」 提督「吹雪さーん、どゆことー...... 」 吹雪「ごめんなさい司令官!」 数分後 提督「えーと、なに。 吹雪はオレを嫌ってたわけじゃなくて、ただ単純に敬いすぎたってこと?」 吹雪「はい...... 司令官のお傍にいるとどうも顔が熱くなって物事に集中できなくって、そんな状態じゃ愛想をつかされるかと思って...... 」 提督「いやそんなことで嫌うほどの薄情者じゃねえよ...... むしろオレが愛想をつかされたのかと思ったぞ」 吹雪「そんなことはありません!毎日毎日司令官の御顔を張り付けた抱き枕におはようからおやすみまで全部...... あ」 提督「...... ほどほどにな?」 吹雪「しれいかぁぁぁぁぁあああん!!」号泣 提督「泣くな泣くな!年頃ならそれぐらいやるって!」 吹雪「でも...... 引きましたよね?」 提督「まさか。 それだけ思われてるってことだしうれしいさ」 吹雪「司令官...... 」 提督「けど疎遠にされるのは傷つくから、今度からはフレンドリーに接してくれよ?」 吹雪「じゃあ...... お、おさわりとか...... ありですか?」 提督「...... そういうことに興味も出てくるよな、うん...... ち、秩序が維持される範囲なら構わないぞ」 吹雪「本当ですか!?」 提督「あ、ああ。 特に触られて困るようなこともないしな」 吹雪「司令官...... 結局理由は吹雪のメンタル的なところにあった。 言葉を交わしてから吹雪は積極的になった。 おまけに明日の秘書艦をやってくれるらしい。 初めてとのことだが大丈夫だろうか。 一人でも執務は終わるが、二人いたほうが気持ちもペースも上がるだろう。 この調子で他の子たちにも聞き出していこう。 吹雪型自室 吹雪「あぁぁあ~しれいか~ん...... 」 その他「「「「「 何をしているんだ我が姉は...... !! 」」」」」 吹雪「ん...... 気持ちい...... 」寝言 その他「「「「「!?」」」」」 翌日 吹雪「司令官!おはようございます!」 提督「ああ、おはよう。 今日からよろしく頼む」 吹雪「はい!」 数時間後 提督「よし、終わり」 吹雪「あ、あれ?結構早いですね?」 提督「まあ昔から書類仕事だけは極めようって頑張ってたからな。 それ以外何もできないし。 さて、オレは他に嫌われてそうな人に吹雪みたいに声をかけていくよ」 吹雪「そうですか...... すみません、司令官が5、6枚の書類終わらせてるのに1枚だけしか終わらせられてないペースで...... 」 提督「気にするな。 段々頑張っていこう。 そうしたら吹雪とぐうたらできる時間が増えるし」 吹雪「!!」 提督「 あ、覚醒したな...... えーっと、じゃあ次は...... だってあいつあからさまやん。 クソ提督呼ばわりじゃん。 オレ一応上官だよ?悲しいよ?」 吹雪「それが...... 気に入らないと?」 提督「まさか。 ただそのクソ提督って言われるくらいなら、オレにも非があるってことだ。 それを改善するためにも、曙に聞きに行きたい。 あいつは素直そうだし」 吹雪「確かに素直ですね。 可愛い妹です!」 提督「...... あ、お前ら姉妹やん。 忘れてた」 吹雪「私は十何人の妹を持つお姉ちゃんですから!」 提督「のわりに一番子供っぽいよな」 吹雪「...... 司令官?」 提督「ははは、悪い悪い。 この時間はどこにいるか、分かるか?」 吹雪「今日は曙ちゃんは非番ですし...... 昼食は取り終わったでしょうから、漣ちゃんや朧ちゃん、潮ちゃんと一緒に居るんじゃないですかね?」 提督「う~ん、まじか...... さすがに四人同時となると...... 」 吹雪「あ、でも曙ちゃんってお花好きですから、花壇のところにいるんじゃないですかね?髪飾りもお花のやつですし」 提督「お、そうか。 さすが頼れるお姉ちゃん、ありがとな。 じゃあ行ってくる!」ダッシュ 吹雪「いってらっしゃ~い!」手振り 鎮守府 表玄関 花壇 提督「い~るっかな~、曙は~い~るっかな~...... お、居た」花壇巡り 曙「...... 」満面の笑み 提督「うわぁおう、オレあんな笑顔見たことないぞ...... 」高速物陰隠れ 曙「...... 」落ち込み 提督「!?な、なんだあいつ。 いつも仏頂面かと思ってたのに...... よし、今がタイミングだな」 提督「お、曙。 奇遇だな」 曙「...... 何?クソ提督」睨み 提督「うぐっ...... な、なあ。 オレ曙になんかしたか?」 曙「別に」そっぽ向き 提督「じゃあ、そのクソ提督ってのはなんなんだ?」 曙「...... !!」 提督「あのなぁ、さすがにオレも理由もなくクソクソ言われてると傷つくというかな。 そりゃあ提督という職業なんだからメンタルも多少強いって自負があるし、オレの指示や作戦。 普段の行いに不備があるなら言ってほしいんだけど...... 」 曙「...... き」 提督「き? キモイわよクソ提督!とか言われんのかな 」 曙「き、気に入らないなら...... 外せば?」震え声 提督「え、なにこの可愛い生き物」 曙「え...... ?」 提督「あ、んん。 え~っとな、外せって何をだ?」 曙「だから...... 気に入らないなら、気に入らないなら艦隊からも遠征艦隊からも外せば!?どうせ何の貢献もできてないのよ!あんただってそう思ってるんでしょ!?悪天候で先に進めないのも、他の艦が損傷するのも全部私の責任なんでしょ!?」 提督「え~どうしてそう思うの曙サ~ン...... 」 曙「じゃあなんで!」 提督「ん?」 曙「なんでわざわざ私を艦隊に編成するのよ!どうせ責任をすべて押し付けられるからでしょ!?」 提督「いや必要だからだよ」 曙「は、はぁ?」 提督「曙が必要なんだ。 お前の献身的な動きに、日々の訓練への取り組み。 曙一人いるだけで艦隊の雰囲気が引き締まるんだ」 曙「何もしらないくせに...... !」 提督「知っとるわ。 いつも曙のことみてるし。 まさか、あの訓練への取り組みとかは全部嘘なのか?」 曙「し、真剣よ...... 」 提督「だろう?その真剣な曙を見てるからこそ編成するんだ。 でなきゃわざわざ改装なんてしないし」 曙「改装はみんなしてるじゃない!」 提督「まあ、みんな必要だからねぇ」 曙「じゃあわざわざ私を」 提督「嫌なのか?」 曙「え?」 提督「艦隊として、戦闘や遠征。 それが嫌なのか?」 曙「...... 」 提督「正直に言ってくれればオレは曙を尊重するぞ。 もちろん曙のような奴が外れるのはもったいないと思っているし悲しい。 頑張ってると思ってたからな。 けどもしそれが嫌なら、オレは別に」 曙「嫌よ」 提督「...... ん?」 曙「嫌よ。 外れたくない...... 外れたくないわよ!」 提督「...... 」 曙「もっと...... 満足な戦果を出せてるかわからない...... 」 提督「...... 」 曙「だから...... だからあんたが満足してくれてるかわからない。 だからダメダメな私を見られるのも嫌。 でもクソ提督が見てくれないのも嫌...... どうしろっていうのよ!!」泣き 提督「...... 曙は、ダメダメなんかじゃないぞ」 曙「どこに...... そんなっ、根拠が...... 」 提督「オレだ。 いつも見てるからな。 曙のこと」ガン見 曙「な...... ぁこ、こっちみんなクソ提督!」 提督「ヤダ」 曙「もう...... なんなのよ!なんでわざわざ遠ざけてるのに近づいてくるの!?ほんっとムカつく!普通意味もなくクソって言われたら怒るでしょう!」 提督「怒んないよ別に。 だってオレが悪いんだろうし」 曙「悪くないわよ...... ただ私が最初の印象悪くしちゃって、でもあんたのことが嫌いになれないからクソ呼ばわりして遠ざけてたの...... 」 提督「あ~!じゃなに、曙って実はオレのこと好きだろ?はっはは!可愛いやつだなぁ~!」 曙「...... そうよ」 提督「まあさすがにそれは...... え?」 曙「好きよ!」 提督「じょ、上官として?信頼?ライク?」 曙「...... ら、ラブ」赤面 提督「っ!!」勝利のガッツポーズ 曙「な、なにやってんのよ...... 」 提督「いやぁ~最近っていうか最初から遠ざけられてるっていうか、あんまり口きかなかったからさ。 てっきり嫌われてるのかと思っててな」 曙「そ、そういうわけじゃないわよ...... 初めのうちは付きっきりで指示を飛ばしててくれたけど、最近は全然...... だから私のほうが嫌われたんじゃないかって思ってて、自然と...... あたりがきつく...... 」 提督「そんなわけないだろ。 ただもう、曙は一人前だし必要ないかな、って。 必要なら、いつでも曙のために動くぞ」 曙「...... なんか、泣いて吐き出して、スッキリしたわ。 けどそういうことはやめなさい」 提督「なんでだ?」 曙「一人のために動くなんて、よろしいことじゃないでしょ。 て、て、て...... 」 提督「て?」 曙「て、てい、提督...... 」 提督「無理するな、クソ提督でも良いぞ」 曙「で、でも」 提督「良いんだ。 そういう趣味?」ドン引き 提督「まさか。 曙なりの好意だって思ってるからな。 それに、そのほうが曙が呼んでくれてるって、すぐにわかるだろ?」 曙「クソ、提督...... 」 提督「ま、大本営に言った時は気をつけろよ?意外と上はうるさいからなぁ。 オレは気にしないけど」 曙「う、うん。 頑張る」 提督「無理なようならお前とかでも構わない、オレが何とか言うからさ」 曙「嫌。 て、提督って、呼びたい、から...... 」 提督「曙...... 結婚しよう!」抱き着き 曙「なっ!?ちょ、はーなーせ!このクソ提督ぅ~~!!」 執務室 提督「ただいまー」 吹雪「あ、お帰りなさい司令官!...... ふふっ、うまくいったようですね!」 提督「ん?わかるか?」 吹雪「はい!胸ポケット、見てください!」 提督「これは...... 」 吹雪「イカリソウ。 花言葉は、君を離さない、あなたを捕まえる...... 良かったですね!」胸ポケから取り出し 提督「こっちこそ話してやらねぇぞって感じだけどな。 にしてもずいぶんな花言葉だな。 もっとこう、あっただろ。 そもそもな、オレは童〇だ。 そんな根性ない!」 吹雪「そんな自信満々に言うことですかね..... 」苦笑い 日記 今日は吹雪が秘書艦として活躍してくれた。 見ているだけでもやる気が伝わってくるから、とてもありがたかった。 休憩のお茶や菓子を出してくれたりと、とても充実した執務だった。 吹雪は己のペースを気にしていたようだが、うまくケアができたと思う。 そして、曙に嫌われているかの確認をしに行った。 結果はむしろ逆だった。 まさか曙の口から「提督」、「ラブ」。 この二単語が聞けるなんてもうそれだけで茶碗三杯はいける。 が、もしかするとオレは他の子かなり勘違いをさせてしまっているのかもしれない。 これからは、行動一つ一つに気を付け、皆からの信頼を取り戻したい。 さて、曙からもらったイカリソウだが、何の知識もないオレは枯らす未来しか見えないためラミネート加工して寝室に飾った。 言葉通り華が増えてうれしい限りだ。 多分曙は媚薬の効能があるなんて知らなっただろう。 後から聞いた時のあの様子じゃ。 ラブリーマイエンジェルぼのたん、すこすこ。 おっと、長くなってしまったか。 よし、ここで終わりにしよう。 秘書艦のメモ 秘書艦、吹雪。 今日は初めての秘書艦。 とても緊張しましたが、司令官が優しくリードしてくれてとても助かりました!昨日まで遠ざけていたのがバカバカしいです。 それに、ボディータッチも...... おっといけない、鼻血が垂れてしまいます。 この話はなしにしましょう。 無事に曙ちゃんと和解?できたようで、お姉ちゃんは鼻が高いです!この調子でどんどん司令官がみんなと仲良くなって、鎮守府ハーレムを築き上げればきっと、さらに戦果が上がるんじゃないかと思います!正妻の座はほしいですけど! 夜 吹雪型自室 吹雪「曙ちゃ~ん」 曙「え?」 吹雪「あのさ!明日、秘書艦やってみない?司令官、きっと喜ぶよ!」 曙「提督が...... ?」 吹雪「うん!それに、たぶん自然にでも良いから提督って呼んであげると、もっと喜ぶよ!」 曙「そうかしら。 けど恥ずかしいし...... 」 吹雪「司令官も恥ずかしいと思うよ。 でも絶対喜ぶ!どうどう?」 曙「じゃ、じゃあ...... やるわ。 任せて。 絶対に提督のために!」 吹雪「その調子!さ、明日は秘書艦だから早いよ!ちゃんと寝て司令官のために、頑張ろうね!」 曙「もちろん...... !!」 翌日 曙「お、おはよう...... 」 提督「んお?曙が秘書艦か?」 曙「そうよ、く...... て、提督」 提督「曙、好きだぁ!!」 曙「は、はぁぁぁぁああああ!?」 執務終了 曙「意外と早いわね。 お昼前よ」 提督「曙の覚えと理解が早いからな。 まあ吹雪も良かったから、また頼みたいな」 曙「そうしてあげなさいな。 あんたからのご指名だときっと飛んで喜ぶわよ」 提督「そうか?今気軽に話せるのは曙と吹雪だけだからな、そう思ってくれてるならうれしいよ」 曙「えぇ。 私もうれしいけど...... 」 提督「え?ちょもっかい言って?録音する」ニヤニヤ 曙「...... く、クソ提督!」 提督「可愛い」 曙「な、なんでそうなるのよ!?このクソ提督!」 提督「まあまあ。 んで、今日も嫌われてないかチェックしに行こうと思うんだけど...... 誰が良いと思う?」 曙「そうねぇ...... 抱いてって・・・この長女グイグイ来すぎィ! のんびり待たせていただいているので、遅れに関してはお気になさらず。 またリクエストですが、響ちゃんはどうでしょう? 冷静で信頼できる一方で、奔放(フリーダム)な面もあり、奇行を見せることもしばしば。 (阿武隈の布団に潜り込む等) ある種の風物詩となり艦隊の和みネタとなっていたが、ある時好意を抱いている提督に目撃され、客観的に見た自分は提督に悪い印象を与えているのではと考え、これ以上嫌われたくないと思い込み提督を遠ざけるようになってしまった。 それ以来どこか元気がない様子になり、方々から心配されている。

次の

奥様は艦娘! 艦これSS

嫌われ ss 艦これ

提督「鈴谷、平成26年度の調達予定品の書類なんだが」 鈴谷「・・・・・・」 提督「個人装備の89式小銃、実はこれ折曲銃床式なんだ。 追記しておいてくれ」 鈴谷「はぁ? 自分で気づいたんだから、自分で直せば良いじゃん?」 提督「おいおい、この書類を作成したのお前だろ?」 鈴谷「うっざ! やれば良いんでしょ? やれば!」パシ 提督「・・・・・・」 鈴谷「なんでこんなクズの指揮下にいるんだろ・・・はぁ」 提督「あと、研究・評価用弾薬等購入の欄にHK-416用フランジブル弾も追加しておいてくれ」 鈴谷「鈴谷は今さっきの書類の直しをしているの。 ったく、お前が秘書艦なら持ってきてくれても良いのに・・・」 鈴谷「なんで鈴谷がそんなことしなくちゃいけないわけ? 自分の昼食なんだから、自分で持ってくれば?」 提督「はいはい、お前も食ってこい」 鈴谷「きっも・・・マジで死ねば良いのに・・・」スタスタ 鈴谷「 ・・・今日もダメだった 」 提督「さて、今日の日替わり定食は・・・お! 肉じゃがか!」 間宮「お疲れ様です、日替わり定食になさいますか?」 提督「ええ、頼みます」 龍鳳「今日は私も手伝っているんです!」 提督「お、そうなのか! いやぁ~、楽しみだなぁ!」 龍鳳「ふふ・・・」ニコ 鈴谷「・・・・・・」イライラ 鈴谷「 あんなにニヤニヤして・・・鈴谷だって、提督がびっくりするくらい美味しいカレー作れるんだから! 」 金剛「Hey, 提督ぅー! 一緒に食べまショウ!」 榛名「提督、席をご一緒してもよろしいでしょうか?」 提督「ああ、良いぞ」 金剛「今日は人生で初めてのNattoに挑戦しマース!」 提督「え? お前イギリス生まれだからそれは・・・」 榛名「金剛姉様、無理をなさらずに・・・」 金剛「大丈夫デース! イタダキマース!」パク 金剛「・・・・・・」モグモグ 金剛「」 提督「おい、金剛・・・?」 榛名「金剛姉様・・・?」 金剛「Th... This isn't how I wanted things to go...! こ、こんなはずでは・・・! 」プルプル 榛名「金剛姉様、大丈夫ですか?」 金剛「も、もちろんデース!」プルプル 提督「Be strait with me. We take this at your pace. 正直に言ってくれ。 無理をするな 」 金剛「・・・提督ぅー、そのニクジャガ、美味しそうデースネー」チラ 提督「はぁ・・・ほら、俺のはまだ手つけていないから、それをこっちに寄越せ」 金剛「提督ぅーっ! I love you! 」ギュ 提督「おい、食事中だ。 あと納豆臭い」 榛名「良いなぁ・・・」 鈴谷「・・・・・・」 金剛「提督ぅー、一緒にお昼寝するネ!」ギュ 提督「おいおい、まだ午後の2時だぞ?」 榛名「提督、少しくらい休みましょう?」ギュ 提督「榛名まで・・・」 鈴谷「」イライラ 鈴谷「ちょっと提督。 まだ仕事終わっていないでしょ」 提督「いや、俺の分は一区切りついたよ。 あとはここ1週間の出撃の際の作戦書の作成だけだ」 鈴谷「今やれば良いじゃん。 つーか、鈴谷がまだ終わっていないのに自分は呑気に仮眠とるんだ。 へぇ~!」 鈴谷「なら、鈴谷の分も手伝ってくれても良いじゃん! なんでこんな面倒くさいことばっかり鈴谷にやらせるの!? パワハラ!?」 提督「と言っても、すぐ終わりそうだろ。 すまんな、俺もちょっと最近疲れが溜まっていてな・・・ちょっと寝るよ」 金剛「ワタシが子守唄歌ってあげマース!」 榛名「じゃあ榛名は傍で提督が眠るまで見守っています」 提督「冗談だろ? ハハハ」 鈴谷「・・・・・・」 鈴谷「熊野ーっ! 金剛さんと榛名さんがぁ!」 熊野「はいはい、今度はどうしたんですか?」 鈴谷「あの2人が提督にベッタリし過ぎなの! 提督もニヤニヤして!」 熊野「仲が良いのは良いことではありませんか」 鈴谷「あのやり取りを見ていると、凄く嫌な気持ちになっちゃうの!」 熊野「では、自分でどうにかして下さい」 鈴谷「それができないから、相談しているの!」 熊野「そんなにいつもイライラしていては、戦闘の際に命取りになりますわよ?」 熊野「 はぁ・・・事態が悪化して、取り返しのつかないことにならなければ良いのですが・・・ 」 夕立「提督さーん! 一緒に遊ぶっぽい!」ワフワフ 提督「ダメだ。 今日も外の雪掻きだ」 時雨「ほら、夕立。 僕達も一緒に提督を手伝おう?」 夕立「むぅー・・・じゃあ雪合戦で良いっぽい」 提督「もっと散らかしてどうする・・・まったく」ナデナデ 夕立「むふー」ワフワフ 鈴谷「」イライラ 時雨「じゃあ、行こうか」 鈴谷「いい加減にして! なに仕事サボろうとしt」 ウーーーーーーー!! 提督「警報!? 今日は深海棲艦の動きはみられないはずだぞ!?」 時雨「こういう時もあるさ。 夕立、出撃準備するよ!」 夕立「うん!」 提督「仕方がない、鈴谷! こんな悪天候の中悪いが、旗艦を頼む!」 鈴谷「はいはい、わかったよ」 提督「鈴谷! そんなふざけた態度をとらないでくれ! 今日の海の状態は非常に危険なんだ!」 鈴谷「そんな危険な状態の海に鈴谷を出撃させるのは提督でしょ! 自分は何もしないくせに!」 提督「・・・!」 鈴谷「良いよね、提督は。 自分は安全な鎮守府にいて、ただ指示すれば良いだけなんだから」 鈴谷「何かあればすぐ命令だ、って言うんでしょ? 本当、あんたが戦ってそのまま死ねば良いのに」 時雨「な、なにもそこまで言わなくても・・・!」 夕立「とにかく急ぐっぽい! 提督さん、他の艦娘の構成は?」 提督「金剛と榛名、熊野をつけよう。 考え事は良くないですよ?」 鈴谷「・・・・・・」 夕立「・・・ふんっ」 時雨「・・・・・・」 金剛「ちょっと海が荒れているデース・・・この戦闘、早く終わらせた方が良いデース」 榛名「・・・! 敵艦発見! 主砲、砲撃開始!!」ズガァァン!! 鈴谷「く・・・!」ズガァァン!! 時雨「何とか勝った・・・みんな! 無事かい!?」 夕立「夕立は大丈夫っぽい!」 金剛「ふぅー・・・ちょっと危なかったデース」 榛名「はい、榛名は大丈夫です・・・」 熊野「鈴谷さんがいませんわ!」 時雨「え!?」 熊野「鈴谷さんがいませんの! 視界不良なので、戦闘に集中していて・・・」 夕立「そんな・・・こんなに暗いと見えないっぽい!」 榛名「おまけに海も大分荒れています」 金剛「もう燃料もないネ・・・」 時雨「・・・一旦帰投するしかないようだね」 熊野「そんな!? 鈴谷さんを置いてはいけませんわ!」 夕立「そうは言っても、まだ他の深海棲艦もうろついているかもしれないよ?」 榛名「そう遠くには行っていないはずですが・・・このまま捜索をするのは危険です」 金剛「ワタシ達も無傷ではないデス。 捜索を開始したかったのですが、総員の状態、天候、視界不良を考えて一時撤退をしました・・・」 提督「鈴谷を見失ったのはどこだ?」 熊野「今回戦闘を開始した海域から、そう遠くへは行っていないと思います」 提督「・・・出撃した艦娘のうち、誰がまだ動けるんだ?」 熊野「はい? 私と夕立さん、榛名さんが小破ですが・・・」 提督「すまん、熊野。 俺を先程行った海域まで誘導と援護してくれないか?」 熊野「提督? まさかこの悪天候で捜索をするのですか?」 提督「当たり前だ! 哨戒艇を1隻用意する。 鈴谷の入渠が終わったら、傍にいてやれ」 提督「とりあえず、鈴谷には明日から事務の方はやってもらおう。 今日はゆっくり休むよう、伝えておいてくれ」 熊野「はい・・・」 熊野「鈴谷さん・・・!」ダキ 鈴谷「熊野・・・」 熊野「本当に心配しましたわ! 無事で良かった・・・!」 鈴谷「あはは・・・ちょっと迷子になっちゃった」 熊野「今日はゆっくり休むよう、提督からご伝言を頂きましたわ」 鈴谷「・・・うん」 熊野「明日は鈴谷さんからも提督にお礼を言って下さいね?」 鈴谷「・・・・・・」 提督「鈴谷、体調は大丈夫か?」 鈴谷「・・・・・・」 提督「やはりあの悪天候をもう少し考慮するべきだった・・・俺のミスだ、本当にすまん」 鈴谷「 ・・・言わなきゃ 」 提督「今日からまた秘書の仕事を頼んで、すまんな」 鈴谷「・・・・・・」 鈴谷「鈴谷を助けて、恩に着せたつもり?」 提督「え・・・?」 鈴谷「これは戦争なんでしょ? なんであんな悪天候の中、捜索なんかしたの?」 鈴谷「深海棲艦の被害に逢うかもしれないんだよ? 他の仲間も危険な目に逢わせる気?」 提督「お、俺はそんなつもりで・・・!」 鈴谷「鈴谷、お礼なんて言わないから」 提督「・・・・・・」 鈴谷「 また言ってしまった・・・ 」 熊野「いい加減にして下さい!」バン 鈴谷「・・・・・・」 熊野「何を考えているのですか!? 自分を助けてくれた人に向かって!」 鈴谷「・・・・・・」 熊野「はぁ・・・馬鹿馬鹿しい。 もう知りませんわ、どうぞご勝手に」 鈴谷「・・・ゴメン」 鈴谷「 どうしてあんな酷いことを・・・鈴谷、病気なのかな・・・? 」 鈴谷「 もうヤダ・・・今度こそ提督に嫌われた・・・ 」 鈴谷「・・・?」 鈴谷「 執務室から話声がする・・・ 」コソ 時雨「あの後、鈴谷さんとはどうなんだい?」 提督「・・・・・・」 時雨「その様子だと、上手くいっていないようだね」 夕立「上手くいっていないどころか、もっと酷いこと言われたんじゃない?」 提督「・・・・・・」 夕立「・・・うわぁ」 時雨「ちょっと許せないなぁ・・・提督をこんなにして・・・」 提督「そう鈴谷を責めるな・・・俺が悪いんだ・・・」 時雨「・・・まだ秘書艦を変更するつもりはないの?」 提督「ああ・・・俺は鈴谷を信頼している。 あいつは俺のことを心底嫌っているがな」 時雨「・・・・・・」 夕立「夕立達じゃ、ダメっぽい?」 提督「え・・・?」 夕立「ん・・・」チュ 提督「んん!?」 時雨「あ! ズルいじゃないか! 僕も・・・」チュ 提督「んん!!」 時雨「ん・・・はぁ・・・これが僕達の気持ちだよ」 夕立「夕立達は本気で提督さんのことが好きっぽい・・・」 提督「夕立・・・時雨・・・」 時雨「・・・僕達をもっと頼ってほしいな」 夕立「お仕事いっぱい頑張るっぽい」 提督「・・・ありがとう、でももう少し考えさせてくれ」 時雨「・・・わかった」チラ 夕立「・・・・・・」チラ 鈴谷「・・・!」 時雨「」ニヤ 夕立「」ニヤ 鈴谷「っ!」ダッ 提督「? どうしたんだ?」 夕立「何でもないっぽい・・・」 時雨「・・・・・・」 鈴谷「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ねね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね 」 鈴谷「 提督・・・鈴谷の提督・・・鈴谷を助けてくれた提督・・・ 」 鈴谷「 鈴谷を秘書艦にしてくれた提督・・・鈴谷を信頼してくれた提督・・・ 」 鈴谷「・・・・・・」 提督「はは・・・まさか、夕立達があんなに思っていてくれたなんて・・・」 鈴谷「・・・・・・」ガチャ 提督「おぅ、鈴谷。 戻ってきたか」 提督「今日の業務は終了して良いぞ。 」 龍鳳「」チラ 龍鳳「」ヒソヒソ 鈴谷「・・・・・・」 金剛「おぉ~と! 手が滑ったデース!」ツル 鈴谷「」バシャ 金剛「Oh, 鈴谷! こんなところにいたんデスか! そんなところに座っていると、邪魔デース!」ニヤニヤ 榛名「まぁまぁ・・・ほら、鈴谷さんも、金剛姉様もワザとやったのではないんですから、ね?」クスクス 鈴谷「・・・・・・」 金剛「・・・なんデスか、その目は? シッ!」ドカ 鈴谷「うぐっ・・・!」 榛名「少し、お仕置きが必要なみたいですね・・・」ガッ 鈴谷「うぅ・・・」 扶桑「まぁまぁ、その辺で・・・」 扶桑「皆さんも見ていますし、ね・・・?」 山城「・・・・・・」 金剛「・・・チッ、行きマショウ、榛名」スタスタ 榛名「・・・・・・」スタスタ 鈴谷「・・・・・・」 山城「・・・勘違いなさらないでね? 私達は別に貴女を助けようと思っているわけではないわ。 落ち着きを取り戻したときには 既に遅かった。 時雨と夕立の制止を振り切り、鈴谷への対応を改めさせることに成功する提督。 歪んだ愛情表現でも、 自分を愛してくれた鈴谷を受け止めた提督。 「一緒に幸せになろうな、鈴谷」 「うん・・・愛しています、提督」 [NOMAL END ~海を見つめる鈴谷~] 鈴谷を止めるために動いた時雨と夕立ではあったが、鈴谷が隠し持っていたのは拳銃だった。 発狂した鈴谷には、 躊躇などなく、本気で2人を殺そうとする。 絶体絶命の白露型の2人を庇った提督であったが、人間と艦娘は違う。 大量の出血をしながらも、最期まで鈴谷を責めることなく、こと切れた。 この騒動の後、鈴谷は処罰として解体が 決まった。 しかし、隙をついて脱走、鈴谷が向かったのは、波止場であった。 vip2ch. メタ情報•

次の

奥様は艦娘! 艦これSS

嫌われ ss 艦これ

電「え!?」 電「そ、そんな事、ないと思うのです!」 電「司令官さんは、誰に対しても分け隔てなく接してくれているのです」 伊19「だって19の事、あからさまに目を反らすの……」 伊19「絶対嫌われてるの……」 電「そ、そんな!」 伊168「19もなの?」 伊19「え?」 電「え?」 伊168「実は……168も同じ様に目を反らされてるんだ」 電「そ、そんな……司令官さんに限って」 伊58「二人ともでちか……」 伊8「はっちゃんも同じ……」 伊8「提督は潜水艦が嫌いなんだね……」 電「そ、そんな!」 電「そんな事はないのです!」 電「きっと、きっと何かの間違いなのです!」 電「司令官さんに確かめて来るのです!」 タッ タッ タッ… 伊19「…………」 伊168「…………」 伊58「…………」 伊8「…………」 執務室 コン コン 提督「ん? 誰だ?」 電「あ、あの、電なのです」 提督「電?」 提督「まあいい。 入ってくれ」 電「失礼します」 ガチャ 提督「それで、どうしたんだ?」 電「…………」 提督「電?」 電「司令官さんは、潜水艦がお嫌いですか?」 提督「!?」 提督「な、なんだ……急に」 提督「き、嫌いなわけないだろ……」 電(……司令官さん、動揺しすぎなのです) 電「その……19ちゃんから『嫌われてる』と聞いたので」 提督「き、嫌ってなど、ないぞ!?」 電「でも、19ちゃんは目を反らされるって……」 提督「き、気のせいだ」 提督「たまたま、そう思われただけだ」 電「…………」 提督「と、ともかく!」 提督「19に誤解させたのは良くないな」 提督「後で19と話をして、誤解を解いておくから……」 電「あ、あの……」 提督「ん?」 電「実は168さん、58さん、8さんも同じ様に誤解をされていますので」 電「皆さんとも話しておいた方がいいと思います」 提督「」 電「……司令官さん?」 提督「!」 提督「あ、ああ。 そ、そうなのか……わかった、電」 提督「そのみんなとも話をするよ」 電「!」 電「はい! 司令官さん!」 電「やっぱり司令官さんは、優しいお人だったのです!」 電「失礼します、司令官さん」 提督「あ、ああ……」 パタン 提督「…………」 提督(……まずい) 提督(これは非常にまずい) 提督(何とか誤魔化せていると思っていたが……) 提督(…………) 提督(嫌ってなどいない) 提督(むしろ大好きなんだよ……) 提督(ムチムチバディ+スク水という取り合わせが!!) 提督(何であんな格好でうろついているんだよ……あいつら) 提督(あの姿が視界に入ったとたん) 提督(俺の46サンチ砲の安全装置が解除されてガチガチになるのに……) 提督(まともに見れるわけがないだろ!) 提督(そんな姿見られたら……) 提督(絶対に引かれて憲兵さんに通報されるっ!) 提督(…………) 提督(と、ともかく……電と話した以上) 提督(潜水艦のみんなと話をしないとまずいな……) 提督(…………) 提督(とりあえず、抜いておこう) 提督(不測の事態が起こる可能性を考えて先手を打っておかねば……) コン コン 提督「ん? 誰だ?」 電「え、えと、度々すみません、司令官さん」 提督「電? どうした?」 電「その、早い方がいいと思って」 電「皆さんをお連れしました」 提督「」 電「入ってもいいですか?」 提督「ちょ、ちょっと待ってくれ!」 電「はい」 提督(えらいこっちゃ!!) 提督(ど、どうすればいい!?) 提督(…………) 提督(そ、そうだ!) 提督(机に着いて座っていれば、ガチガチになっても隠れてバレない!) 提督(と、とりあえず、これで行こう!) ササッ ストン 提督「よ、よし。 もう出さないと収まりそうもありません) 提督(はやいとこ、ここから去ってもらわねば……) 提督「と、とにかく……」 提督「ほ、本当に、嫌って、なんて、いない、んだ……」 提督「俺の、行動で、誤解、させてしまった、のは、謝る……」 提督「許して、く、れ……」 伊19「…………」 伊168「…………」 伊58「…………」 伊8「…………」 電「…………」 提督「そ、そういう、事で、とりあえず……納得し」 電「……やっぱり司令官さん、様子がおかしいのです」 提督「へ?」 電「医務室に行くのです、司令官さん」 提督「だ、大丈夫……」 電「さっきからやせ我慢している様にしか見えないのです」 電「さ、机から立ってください」 電「電が付き添います」 提督「」 提督「いや、ほんと、大丈夫だから!?」 電「むう……強情なのです」 伊19「何だか良く分からないけど、医務室にイクの!」 伊168「168も手伝うわ」 伊58「でち!」 伊8「アハト、手伝う!」 提督「いや、待って!?」 提督「お願いだから、今は止めて!?」 電「何を言っているのです、司令官さん!」 電「怖い病気かも知れないのです!」 提督(うん。 ある意味正しいけど!) 電「早く医務室に行くのです!」 提督「いやほんと、止めて!?」 ガシッ 伊19「ほら、机にしがみつくのやめるの!」 伊168「司令官さん、ほら!」 伊58「あきらめるでち!」 伊8「医務室へ!」 提督「」 提督(ふおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!?) 提督(スク水越しに心地良い、ふくよかな感触があああああああああああっ!!) 提督(けど喜べない!) 提督(嬉しいけど喜べない!) 提督(俺の46サンチ砲が更にガチガチにいいいいいいいいいっ!!) 電&伊号艦娘「せーのっ! せーのっ!」 提督(だめっ!) 提督(今はだめ!) 提督(絶対に憲兵さん呼ばれちゃうのおおおおおおおおおおっ!!) 電「むう……こうなったら」 電「奥の手なのです!」 コチョ コチョ コチョ 提督「あひゃひゃ!?」 ズルッ 提督「あ」 ドドーンッ 電「ふう……ようやく机から離れ」 電「へ……?」 提督の46サンチ砲「やあ!」 電「」 伊19「」 伊168「」 伊58「」 伊8「」 キャアアアアアアアアアアアアアッ!! 提督(…………) 提督(……終わった。 うん) ……もう説明するのもバカバカしいけど そういう性癖……フェチ?だと事情を話した。 はい、予想した通り 電含め、伊号型艦娘にドン引きされました。 とりあえず憲兵は呼ばれなかったが スク水が露出しない服装で歩き回る様にと要請。 電たちは、それで片がついた。 で、今度はこちらが本当の意味で嫌われ しかも他の艦娘にまで噂が広がり 冷ややかな目で見られる、というオチまでついて 落ち着きましたとさ…… 執務室 提督「はあ……死にたい」 提督(とりあえず、みんな命令は聞いてくれるけど) 提督(フェチ督とか言うのは止めてくれないかなぁ……) 提督(…………) 提督(しょうがないだろぉ……) 提督(自分でも止められないんだよぉ……) 提督(ムチムチした肉感と、それを包むスク水に) 提督(どうやっても興奮を抑えられないんだよぉ……) 提督(…………) 提督「……抜いておくか」 提督「そうしとかないと、自分を制御できんかもしれんし」 提督「ハハハ……」 コン コン 提督「ん?」 提督「こんな遅くに誰だ?」 ??「……龍田です。 とにかく龍田を……いや 彼女には失礼だが、スク水に包まれた程よいムチムチ感を ただ、むさぼった…… どのくらい時間が過ぎたのか…… ふと、我に帰ると 満足そうに眠る龍田が隣に居た。 完全に順序が逆になったが…… 俺は龍田に結婚(仮)を申し込み 責任は取ると伝えた。 龍田ははにかみながらも (たぶん)了承してくれた。 ……はっきり言って、ちょっと早まった、というか 先の事は少々心配になったが いずれ時間が解決してくれると思っている。 おしまい この性癖はあくまでこの提督のものですから。 shitaraba.

次の