双 亡 弟 壊す べし ネタバレ。 双亡亭壊すべし【ネタバレ】第195回「双刀 胡蝶」感想!

双亡亭壊すべし132話 ネタバレと感想|紅の逆襲!!双亡亭を生んだ“あの夜”の真相が明らかに⁉

双 亡 弟 壊す べし ネタバレ

2019年1月30日発売日の少年サンデー2019年9号の最新話! 双亡亭壊すべし【第134話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。 彼らは双亡亭の地下を流れる下水道から侵入するつもりだ。 そこは侵略者が現れるための絵が全くない、正に安全な地下道だった。 それを発見したのは全くの偶然。 元々は双亡亭の地下を掘削し、双亡亭を地下に陥没させる作戦だった。 だが、規模の大きさと資金の問題から断念した。 その時にこの水路を見つけた。 ただし、懸念もある。 自分達が入り口として使うのであれば、敵からすれば逃亡するための出口となりえる。 だからこそ、後続班により爆薬が仕掛けられていた。 この作戦が成功したあかつきには、爆破するつもりなのだ。 そして作戦の本丸である泥土の拘束だが、これについては破壊者と呼ばれる各々が最新兵器を携えている。 彼らは霊体となった凧葉努から泥土の絵のこと、侵略者の目的などを聞き、泥土を倒すことを決意した。 その上、20分間もの連続活動にも耐えうる。 25馬力のエンジンを搭載し輸送という名目では過剰なほどの駆動力を持つ。 その積載量は200キロにも及ぶ。 更に、ロボットには銃火器も装備することができる。 正に制圧作戦のためのロボットと言える 各々が自らの勝ちを確信する中で、下水道の終わりが見えてきた。 もっとも、それは元々予定していた地点ではなく、予期せぬ場所に双亡亭の内部に繋がる横穴が穿たれていた。 罠かもしれないが放置する訳にもいかず、霊能力者であるマーグ夫妻を先頭に侵入を試みる。 彼らが中に入ると、そこを黄ノ下少尉が襲い掛かる。 初対面の彼らは、成るべくして戦闘に入る。 一癖も二癖もある破壊者達ですが、それは黄ノ下少尉も同じです。 しかも態度も中々に他者を顧みない。 よく言えば唯我独尊という感じですが、それでも共に泥土を倒すという作戦に協力できるかは微妙なところでしょう。 それに黄ノ下少尉としては泥土に復讐を誓っており、破壊者達とは微妙に目的がズレています。 そういったことから協力は難しいのかと思います。 逆に破壊者達と協力するとなれば、それは青一、帰黒ペアのほうかと思います。 それでは、次週でお会いしましょう!! 好きな漫画を無料で読む方法 今回のネタバレはどうでしたか? やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年サンデーを読めます! この機会にチェックしてみてください。

次の

双亡亭壊すべし【ネタバレ】第170回「ナンシー」感想!

双 亡 弟 壊す べし ネタバレ

その頃———— 「別の場所」では——— 緑朗が鬼離田姉妹に 以前、応尽の胸を掴んだ時、 「心臓」が無かったことを話す。 それを聞いた姉妹は愕然とする! なぜなら——— それこそが「心臓」を 別の場所に置いておくという 『伝説の秘術』であり・・・ これが応尽の「弱点」となり得る からであった!? そして〈舞台〉は——— 〝坂巻泥努〟と〝子供達〟が 対峙する場面へ移る!? 〝泥努〟の〈支配〉を警戒し 接近戦ではなく 一発で倒そうと迫った子供達!? が!? その子供達の動きが「全停止」する!? 〝泥努〟の靴先から 〈ヒトの血管〉のような 無限に細かな「ライン」が床や壁、 その部屋全体に張り巡らされていたのだ!? 「消えろ。 地を這い、 敵の足を撃つ〈いかずち〉!) 〈紅〉は 地面に背中を着け その「両刀」を 応尽の足元へと走らす!? ビュ 応尽は上へと跳ぶ!? (その双刀から 逃れし時こそ『好機』なり!!) 〈紅〉が機敏に応尽を追う!? (———動作に歩法、 それを以て 伸び上がり斬り上げる!!) 〈紅〉の「刃」が閃光を放つ!? (これぞ『回雷』・・・) ゴ フ ! ? 刹那!? 〈紅〉の顔を 応尽の拳が襲う!? 〈紅〉は鮮血を吐き 地面へと頽れる!? 「どうして——— アンタの技が 効かねえかって?」 応尽が口を開く。 「ここまで来るのに 結構大変じゃったんじゃ。 それを会うなり 一息も入れさせず いきなりなんじゃ~~」 「気持ちはわかるけど雪代姉、 ここは一刻も早く 緑朗の話を聞くが良いよ!」 琴代が姉を宥め 説得する! 「もう『自衛隊』の ここへの総攻撃の時刻が もう一時間を切ったのじゃ。 「その時、 アイツの胸の辺りを 掴んだんだけど・・・ そこに——— 『心臓』は無かったんだ。 」 「『心臓』が・・・無かった・・・?」 「それは誠か!? 緑朗!」 姉妹は驚愕する!? 「——ていうか・・・ 『心臓』がある筈の所が グニャッとしてるような・・・ 穴ぼこに『薄い膜』が 張ってあるような手触り だったんだけど・・・」 姉妹はア然としている。 「ラクロ、 シンゾウ ナイヒト ハ イナイヨ・・・」 青一が口を挟む。 「うん・・・でも、 気のせいなんかじゃないんだよ。 」 緑朗は素直に答える。 「デモ ドーシテ オネエチャンタチ ハ ソンナニ オドロクノ?」 青一は質問する。 「琴代・・・ 応尽はまさか あの『法術』を・・・」 「雪代姉、 あれが実際の モノじゃったとは・・・」 姉妹は2人で話し合う。 「緑朗、 もしも今の話が本当なら お前は——— 〈五頭応尽の弱み〉を 口にしたのじゃ。 」 「我が『加幻満流道術』の伝説の法術。 『陰身箇』(かげみつ)!?」 「〈心の臓〉を他所に置いて、 己の身を不老無敗にする術じゃ。 あんたの相手は私達よ。 」トモちゃんが言う。 「どうやら、アンタは 触れて私達を〈支配〉できる みたいだけど・・・」 ミエコが訝る。 「わたし達、 もうアンタの近くに 行かないも——ん。 次の一発は アンタの首をすぐに 飛ばしたげる。 」 トモちゃんは 右手の巨大な「鋸」を構える。 「〈支配〉したってえのかァァ~~!?」 「〈紅〉——— お前は『私を護る』と言った・・・ そして、一時の時間を耐え、 お前はその『約束』を果たしたのだ。 」 〝泥努〟は平然と言う。 「その時間に—— 私が『靴底』を通して この部屋を〈支配〉した。 先刻の私が出した〈散弾〉は、 『絵』が4枚程だったが・・・ 今度は——— この部屋全ての『絵』から出す。 」 〝泥努〟の顔に怒りが漲る。 「避けられるものなら避けてみろ。 」 「消えろ。 「ひい ふう みの よ 天神サァマの 境内よォりも ひぃろいお屋敷 見ぃつけた。 」 (手毬を持った———) 「沼半井の大旦那 道楽者の ぱぁぷぅ絵描き。 じぶんも ぺらぺら いとまごい。

次の

双亡亭壊すべしの最新話『162話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊少年サンデー40号

双 亡 弟 壊す べし ネタバレ

双亡亭壊すべし 133話 最新話のネタバレと感想! 2019年1月23日発売日の少年サンデー2019年8号の最新話! 双亡亭壊すべし【第133話】を読んだのであらすじとネタバレをまとめました。 最後に感想と考察もあります。 そして隙を見せる泥土へ二刀を振りかざすも、直前で無意識に攻撃を止めてしまう。 何故か、後一歩が何故か進めない。 何が自分を躊躇わせているのか分からなかった。 同時に再度紅に名を問う。 そもそも絵師、酒巻泥土は色で全てを知ることができる。 それは人の感情も同じ。 一種の特異な知覚能力。 自分を殺すことで取り返しのつかない何かが起こると。 そしてそれは正しい。 泥土の絵を通して侵略者はこちらの世界に現れる。 言うなれば扉であり、出口なのだ。 双亡亭を埋め尽くす全ての絵がそうであり、開閉の自由は泥土にある。 しかし、泥土が死ぬと、有無を言わせずその扉は開きっ放しになる。 そうなれば、地球という星は侵略者達に簡単に制圧されるだろう。 「ためらってよかったな紅…」 話を締めくくった泥土は、絶望する紅をよそに絵描きに戻る。 最後の絵が完成すれば、その時こそ全ての「扉」を開ける。 そう告げる泥土。 何故そんなことをするか分からない紅は問いかけるが答えは返ってこなかった…。 潰した豆に直接湯を注ぐという間違った淹れ方の珈琲を飲んだ紅は率直に「まずい」と思う。 同時に何故振舞うのか分からず思案する紅。 その最中、泥土は徐に語る。 紅が姉の真意を告げたことは正解かもしれない。 姉も泥土と同じく知覚する者だった。 だが、何故それを紅が分かったのかは分からない。 「さあ…でも、私にも弟がいるから」 同じ姉だから分かったという紅。 泥土の興味は紅の弟に移る。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年サンデーを読めます! この機会にチェックしてみてください。

次の