スクリュー キャップ。 六角穴付きボルト(キャップスクリュー)(小頭)

代替コルク

スクリュー キャップ

栓の種類 意外にワインに使われる栓の種類は多くあります。 それぞれに特徴があり、気をつける点も異なるので覚えておくと便利です。 ますは一覧を挙げて種類の多さを見てみましょう。 天然コルク• 圧縮コルク• プラスチック(合成コルク)• スクリューキャップ• ガラス栓• 王冠 このように、かなりの種類があります。 それでは、それぞれの特徴や注意点を解説していきます。 コルク 「コルク」とは木の名前です。 日本語の正式名は「コルクガシ」と言います。 ブナ科の大きな樹木で高いものは15mを超えます。 このコルクガシには分厚い樹皮があり、何度も採取できるのが特徴です。 この樹皮を加工した物がコルクと呼ばれる物になります。 ワインの栓だけでなく野球の玉や木管楽器、コルクボード、コースターなど雑貨やインテリアにも多く使われているので、家の中に一つはコルク製品があるのではないでしょうか。 コルク栓は最もポピュラーなワインの栓ですが、コルクにも天然コルクと圧縮コルクがあります。 それぞれの特徴を以下に解説していきます。 また、材質は同じですが特殊な形状のシャンパーニュ用は別で解説していきます。 天然コルク コルク栓でも天然コルクと呼ばれる物は、樹皮からくり抜いた栓を指します。 一枚皮から取り出した物なので強度が強く、高級ワインによく使われています。 お酒の中でなぜワインはコルクを使うのか?と思うかもしれません。 それは耐水性がありながら若干の通気性があるという特徴が、ワインの熟成に向いていると考えられているからです。 圧縮コルク 粉砕したコルク片を固めた物が「圧縮コルク」です。 天然コルクに比べ安価なので、リーズナブルなワインによく使われています。 天然コルクとの見分け方は、圧縮コルクは人工的に作られていますので、見た目も粗が無く均等です。 天然コルクはランダムに小さな穴が空いているので並べてみると、どちらが人工の物かすぐに解ります。 シャンパーニュ用 シャンパンやスパークリングワインに使われる、キノコ型のコルク。 素材は天然コルクも圧縮コルクも両方あります。 特殊な形状ですが、実は瓶詰めする前は、普通の円筒形です。 瓶の口よりかなり大きいコルクが機械によって押し込まれ、結果としてキノコ型になっています。 瓶の口より太いコルクを使うのは、二酸化炭素の圧力で栓が抜けないよう、しっかり封をするためです。 コルク栓の注意点 コルク栓のワインを買う場合、気をつける点は二点。 一つはコルクの乾燥を防ぐために、横置きする事です。 一日や二日では意識する必要ありませんが、コルク栓のワインなら天然コルクでも圧縮コルクでも横向きにして保存しましょう。 二つ目は、ワインストッパーを用意しておくことです。 一度抜いたコルクは入れにくく、また無理をして入れるとコルクが壊れ、コルク片が中に落ちてしまう事が多々あります。 そこでワインストッパー、またはボトルストッパーと呼ばれる物があれば、簡単に封ができ便利です。 プラスチック(合成コルク) コルクの代わりにプラスチック(合成樹脂)を使った栓の事です。 「代用コルク」または「合成コルク」と呼ばれることもあります。 従来のコルクより密閉度が高く、値段も安いのが特徴です。 コルクによるワイン劣化、いわゆる「ブショネ」が起きることもありません。 プラスチックの注意点 プラスチック栓の場合、ワインを置く時に寝かせる必要は無いので注意して下さい。 長期間にわたって寝かせておくと、微妙に合成樹脂の香りがワインに移る可能性もあります。 スクリューキャップ 鉄製、またはプラスチックのキャップによる打栓方法です。 コルクを抜く手間が要らず、手で簡単に開けられます。 密閉度についても問題ありません。 プラスチック(代用コルク)は買う前のキャップシールがされた状態では、それが天然コルクなのか?プラスチックなのか解りませんが、スクリューキャップだとすぐ解ります。 見た目が解りやすく、空ける時にコルク抜きが要らない事から、スキュリューキャップに変えるワイナリーもひじょうに増えています。 スクリューキャップの注意点 プラスチックと同じく、必ず瓶を立てて置く事が注意点です。 プラスチックよりも金属のほうがワインに金気(かなけ=鉄の匂い)が移る可能性が高いので、スクリューキャップは特に立てて置く事に気をつけましょう。 ガラス栓 コルク栓の欠点がなく、見た目の高級感もある事から近年再注目されている打栓方法です。 フランスのアルザス地方で特によく見かけます。 瓶との接地面には柔軟性を持つ合成樹脂が使われており、密封性も問題ありません。 また、抜栓後の再利用もしやすくボトルストッパーとしても使えます。 購入者側にとってはありがたいガラス栓ですが、生産者側にすると他の栓に比べ、扱いが繊細になるデメリットがあります。 コストも高くなるので高価格帯のワインに使われる傾向です。 王冠 ビール瓶でよく見かける、なじみある栓です。 ワインの種類では、微発泡ワインやシードルに多く使われています。 強度があるので発泡性のある飲み物の栓として向いています。 シャンパンなどの高価なスパークリングワインでは見かけませんが、今後は増えてくるかもしれません。 なぜコルク以外の栓が増えて来たのか? ここ数年でコルク以外の栓が増えてきましたが、それには大きく2つの理由があります。 一つがコルクの原料「コルクガシ」の不足です。 20世紀後半から、日本はもとより世界各地でワインは造られるようになりました。 また世界各国のワイン需要も増える一方です。 飛躍的に増えたワインの生産量に対して、コルクの生産は増えません。 理由としては、コルクガシの自生地域が限られている事と、コルクを取るための樹皮が生成されるには長い年月がかかるためです。 品薄によりコルクの値段が上昇している事、また低品質のコルクも多く出回っている事などから、コルク以外の栓を使うワイナリーが増えてきました。 しかし依然として、天然コルク=高級ワインというイメージは世界的に強く、天然コルクを辞めたくても辞められない生産者もいます。 コルクのブショネ問題 コルク以外の栓が増えたもう一つの理由、それがブショネ問題です。 ブショネとはコルクが原因で起こるワインの劣化ですが、どれほど気をつけていても数パーセントはブショネが発生します。 その確率は統計の取り方によって変わるので、正確な数字は出ていません。 3%という説もあれば8%という説もあります。 知らないうちに飲んでいる可能性も ブショネかどうか?という判断はプロでも難しい所です。 あまり美味しくないと思っていたワインが、実はブショネだったという可能性は大いにあります。 まとめ ワインはコルクを使うべきか?という問題は、長年にわたって議論されていますが答えは出ていません。 生産者や評論家の間でも意見が分かれています。 栓の材質は大きく分けて三種類、コルクと合成樹脂と金属になりますが、それぞれ極わずかに香りや風味に影響します。 その点を踏まえると天然のコルクが一番秀でて見えますが、大きく味を左右するほどではないという意見もあります。 10年、または20年を超えるような長期間になると、コルク以外の栓だとどうなるのか?という疑問についても、はっきり答えが出ていません。 実際にコルクから他の栓へ代える生産者も多くなっているので、今後ワインの栓がどうなっていくのか注目です。 カテゴリー• この記事が気に入ったらシェア•

次の

六角穴付きボルト(キャップスクリュー)(小頭)

スクリュー キャップ

様々な色の合成コルク ワインボトルにおける 代替コルク(あるいは 代替栓)は、伝統的に用いられてきたの代わりにの封をするために使われる栓を指す。 通常のコルクを用いると「ブショネ」と呼ばれる(TCA)という化合物による劣化が発生しうる。 その対策のために、ワイン生産者による品質管理の手段としてコルクを代替する動きが持ち上がった。 代替コルクに関する論争は、主にスクリューキャップの支持者と天然コルクの支持者の間で交わされているが、その論点は「瓶詰め後のワインの熟成において化学的な差があるか」ということである。 ワイン作りでは瓶詰め後のことも考慮する必要がある。 つまり、栓の仕方によっての透過率が異なるため、ワインが飲まれるまでに味わいに差が出る可能性がある。 コルク生産組合のAPCORは、ブショネの発生率が0. 7-1. 概要 [ ] ワインの保存のためにガラス瓶が一般的に使われるようになったのは17世紀のことであり 、1650年頃にはコルク栓が普及した。 伝統的なコルク栓はの樹皮を円筒形に打ち抜いて作製するが、余ったコルクを粒状にし、接着剤を用いて圧縮成形した 圧搾コルクと呼ばれる栓も存在する。 現在においてもコルクはワインボトルの栓としてとして一般的ではあるものの、コルクには以下に挙げるような欠点が存在する。 コルクの漂白に用いられる塩素系漂白剤とカビの反応により、2,4,6-トリクロロアニソールと呼ばれる不快臭を持つ物質が発生しうる。 このような劣化はブショネと呼ばれる。 天然素材であるため品質にばらつきがあり、高品質なものの調達には限界がある。 低品質なものでは空気を遮断しきれなかったり液漏れを引き起こすことがある。 これらの欠点の解決を図るため、プラスチックなどの人工材料による栓で代替したり、スクリューキャップのように従来とは異なる形状の栓を用いられるようになった。 プラスチック製の合成コルクは1990年頃発売されたが、注目を集めるようになったのは1995-1996年のことである。 その後、21世紀に入ってからは全世界的に使用されるようになった。 スクリューキャップは1970年代から現在に近い形のものが存在していたが、2001年頃からニュージーランドやオーストラリアを起点にして爆発的に広まった。 また、後述のようにそのほかの代替コルクも登場している。 天然コルクの欠点を克服した代替コルクは、その使用頻度を増してきてはいるものの 、消費者が天然コルクに対して感じる高級感はなお根強く、高級ワインに代替コルクを用いるケースは限定的である。 種類 [ ] 合成コルク [ ] ボトルから抜く途中の合成コルク。 外観は天然コルクと似せてある。 合成コルク(synthetic cork)は製であり、天然コルクに似た見た目と抜き心地になるよう作られており、かつTCAで汚染されるリスクがない。 合成コルクのデメリットとしては、わずか18か月の後に外部から空気が流入する劣化のリスクがあること、抜栓が天然コルクと比べて困難であること、抜栓後に再び栓をするのが難しいことが挙げられる。 ワイン・スペクテイター誌のジェームス・ローブは、ワインにわずかな化学物質の臭いが移ることがあるとも主張している。 天然コルクとは異なり、合成コルクの素材は多くの場合は無いが、の 4か 7に該当するとしてが可能である。 合成コルクの製造方法は、主にかの2種類である。 ヴィクトル=セガレン・ボルドー第2大学で2007年に行われた研究では、射出成型で作られた合成コルクは天然コルクやスクリューキャップと比べて酸素の透過量が多く、ワインをから守るという意味合いでは好ましくないことが示された。 合成コルクを用いた場合、ワインの感覚的性質に影響を与える酸素の透過量を制御することができるともいえる。 スクリューキャップ [ ] 内蓋を外した状態のスクリューキャップ スクリューキャップ(代表的なものは ステルヴァンキャップ)はアルミニウム製の栓であり、ボトルの首に取り付けられる。 、、のワイナリーでは大半がこのスクリューキャップを採用している。 これらの国々でスクリューキャップが多様されるのは、コルク栓の代わりにスクリューキャップを用いる動きがニュージーランドの先導で推進されたためである。 スクリューキャップの気密性はコルクよりも強固であるため、より長期間酸素を遮断することができる。 この特徴のために、ワインの総合的な品質を保つことができ、長期熟成のポテンシャルにも寄与する。 ドメーヌ・ラロッシュ のミシェル・ラロッシュは、この特徴が自身のワインにスクリューキャップを採用する決め手になったと語っている。 「様々な品質試験で明白な結果が示された。 スクリューキャップはブショネの予防策になるだけではなく、ワインの熟成にとっても好ましく、とりわけ新鮮な香りが残る」。 よく引き合いに出される反論としては、で1970年代に行われた実験がある。 スクリューキャップを使った100本のワインを長期間にわたって観測したところ、シャトー・オー・ブリオンのマネージャーのジャン=ベルナルド・デルマによれば「最初の10年は完璧な保存状態だったが、その後キャップ内部のプラスチックが脆くなり、空気が流入した」という結果であった。 ワイン専門家のジャンシス・ロビンソンによれば、スクリューキャップのデメリットは酸化とは逆のであるという。 この還元によりワインの香りは抑えられると共に、快いものではなくなってしまう可能性がある。 はもともと還元されやすい傾向のある品種であるため、特にこの問題が起こりやすい。 2007年のヴィクトル=セガレン大学の調査では、天然コルク・合成コルクと比較し、スクリューキャップがもっとも酸素の透過量が少なく、したがって酸化からワインを守るには最も適していることが示された。 2006年9月のインターナショナル・ワイン・チャレンジで行われた劣化に関するセミナーでの研究発表 によれば、スクリューキャップを用いたワインの50本に1本がの影響を受けている可能性があることがイギリスの新聞により広く報告されたという。 この量は、全世界で20万本に相当する。 これにより消費者は「本来のブーケではなく、(ゴムが焼けたような、あるいは卵の腐ったような臭い)がするワインに出会うはめになる」。 ジェイミー・グッドはこの発表に対して異を唱え、「栓の科学的な考察としてふさわしいものではなく、不正確さや誤解に満ちている。 そしてワイン業界に貢献するものではない」と主張し、具体的な不正確な点を指摘した。 VINOLOK [ ] ゾークが取り付けられたワインボトルの口 ゾーク(Zork)はスティルワイン用の代替コルクであり、スクリューキャップのような方式で気密を保ち、コルクのように開けることができる。 オーストラリアの同名の会社が開発した。 ゾークは3つの部分から成っている。 キャップ外部は、通常の形状のワインボトルの口に固定され、ここから未開封か開封済みかを判別できる。 内部の金属箔はスクリューキャップと同様に酸素を遮断する働きがある。 内部の栓は抜栓時にコルクのように「抜く」ことができ、その後再び栓をすることも可能である。 2010年からはスパークリングワイン用としても使われるようになったが、スパークリングワインにおいて元々ボトルに付いていた栓で再度栓ができるようなものはゾークが初めてである [ ]。 王冠 [ ] などに使われるもスパークリングワインやなどの栓として使われることがあるものの、使用頻度はあまり高くない。 批判 [ ] ワイン産業のなかでは、代替コルクを用いることに対する批判がかねてから存在する。 2006年3月の政府の決定により、スペインのD. (原産地呼称)のうち11か所において代替コルクの使用が禁止された。 環境保護論者は、などを商業的に植えることでの森が失われると嘆いているが、代替コルクの支持者は、「天然」コルクはあくまで「コルクの粒やカスを溶媒でくっつけたもの」であり、人工物と比べても何ら生分解性に優れたものではないとしている。 ただし「粒やカスを溶媒でくっつけた」といえるものは圧搾コルクであり、コルクガシの樹皮を打ち抜いて作る通常の天然コルクとは異なる [ ]。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Goode, Jamie, Ph. 2009年4月10日時点のよりアーカイブ。 2008年8月閲覧。 要購読契約• ワインの教科書. 2019年2月3日閲覧。 日本ガラスびん協会. 2019年2月3日閲覧。 毎日ワイン365. 2019年2月3日閲覧。 モトックス. 2019年2月3日閲覧。 ワインメディア Good Wine. 2019年2月3日閲覧。 山本博 2016. 最新ワイン学入門. 河出書房新社. きた産業株式会社. 2019年2月3日閲覧。 ワールドファインワインズ. 2019年2月3日閲覧。 Robinson, Jancis. jancisrobinson. com. 2006年7月28日時点のよりアーカイブ。 2006年6月10日閲覧。 Wirth, S. Souquet, A. Samson, J. Dieval, S. Vidal, H. Fulcrand and V. Cheynier, Food Chemistry, 15 June 2012, Volume 132, Issue 4, pp. 1861—1871, 6th International Conference on Water in Food, :• Ciampa, Gail, The Providence Journal August 2, 2006. com. 2002年5月30日閲覧。 South African Wine News July 26, 2006. com. 2004年6月11日閲覧。 com. 2006年6月29日閲覧。 APCOR, realcork. org 2008-03-12 at the. Alleyne, Richard, The Daily Telegraph. 2006年9月20日閲覧。 Elliott, Valerie, The Times 2007年1月16日. London. The Daily Mail. 2007年1月15日閲覧。 Goode, Jamie. wineanorak. com. 2007年1月19日閲覧。 Oxford University Press. 2015. きた産業株式会社. 2019年1月20日閲覧。 Perdue, Andy, Wine Press Northwest Summer 2006. "Glass adds class to Oregon Wine"• Business Wire March 27, 2006. BBC News Sep. 18, 2008. The Guardian Aug. 22, 2010.

次の

六角穴付ボルト(キャップボルト)/よくわかる規格ねじ

スクリュー キャップ

六角穴付ボルト キャップボルト は円筒形の頭部に六角形の穴が開いているボルトで、締め付けには六角レンチを使用するのが最大の特徴です。 キャップスクリューやソケットスクリューとも呼ばれますが、名称としては「 六角穴付ボルト」か「 キャップボルト」が多く、何も指定がなければ表面処理は黒染めが一般的です(左写真は生地のステンレスです)。 六角レンチは六角穴付ボルト キャップボルト のサイズにピッタリしたものしか使えない為、ボルトを壊すことなく強い締め付けが可能です。 力をかけすぎてしまうと六角レンチが壊れてしまうことがありますので注意しましょう。 また、六角穴付ボルト キャップボルト はと比べねじ部の呼び径が小さい規格品も多く流通しているのも特徴です。 六角ボルト同様規格品で呼び長さが長い場合、半ねじと全ねじがありますので注意が必要です。 六角レンチ エレベーター内部 六角穴付ボルト キャップボルト は省スペース化による装置の小型化や高い締め付け力などのメリットがあり、幅広く使用されています。 最近では機械や電気部品の内側だけでなく外側にも多く使用されるようになりました。 六角穴付ボルト キャップボルト はここではボルトとして扱われていますが、多くの場合ナットと組まずに使用されます。 六角ボルトを締め付ける為のスパナやレンチは、使用する為に大きなスペースを必要としますが、六角レンチはスペースを必要としません。 その為、六角穴付ボルト キャップボルト を使用する事で狭い場所での作業や機械の小型化が可能になります。 またその見た目からデザイン的な理由で使用されるケースも増えています。 街灯 ねじの呼び径 d M2 M2. 00 2. 50 3. 00 4. 00 5. 00 6. 00 8. 80 4. 50 5. 50 7. 00 8. 50 10. 00 13. 00 頭部の高さ(k) 2. 00 2. 50 3. 00 4. 00 5. 00 6. 00 8. 00 二面幅の呼び(S) 1. 5 2 2. 00 12. 00 16. 00 20. 00 24. 00 30. 00 36. 00 18. 00 24. 00 30. 00 36. 00 45. 00 54. 00 頭部の高さ(k) 10. 00 12. 00 16. 00 20. 00 24. 00 30. 00 36.

次の