80 年代 イラスト。 80年代風ファンシーイラスト A227

80年代:シティポップを彩った「鈴木英人 / SUZUKI EIZIN」さんのイラスト

80 年代 イラスト

80年代の海外で人気のシティポップって? 最近、海外で高い評価の70年後半から80年代半ば頃の日本のシティポップと呼ばれる音楽が再評価され人気です。 シティポップの代表格は「山下達郎」「竹内まりや」「大貫たえこ」などが有名です。 当時の歌謡曲とは一線を画すアーティスト達で、メローで都会的な曲が多いのが特徴です。 竹内まりや「プラスティック・ラブ」は、Youtubeで2000万回以上も再生されています。 人気のきっかけは、海外でのDJプレイだったようで、その後、アルバムのライナーノートなどから、当時の関連アルバム、アーティストが次々に掘り下げられました。 その中でも特によくプレイされたのが、「 山下達郎」だったようです。 実際にYoutubeで、 シティポップなどのMIXでは、多く再生されています。 この 山下達郎さんのアルバム「 FOR YOU」を彩ったのが、タイトルの イラストレーター鈴木英人さんです。 80年代:鈴木英人さんのイラストでアメリカに憧れました。 80年代に人気のラジオ番組雑誌 「FM STATION」の表紙を毎号飾り、カセットテープのラベルのイラストは当時とてもかっこよかった。 このラベル目的で 「FM STATION」を買う人もいたはずです。 そのイラストは、風が漂うカリフォルニアの古き良きアメリカのワンシーンを思わせ、憧れと夢を感じるイラストです。 空が高く陰影がとてもキレイで、涼しさを感じます。 80年代の雑誌、カレンダーや、シティポップを代表する山下達郎のアルバムなどを彩った鈴木英人さんのイラストです。 主に青い空、サンセット、海、オープンカーなどが描かれています。 鈴木英人公式ホームページにて、 リトグラフ、版画の他にも買い求めやすいポスターでの販売もされています。 80年代:懐かしさと夢を再び アラフィフ世代には、懐かしい鈴木英人さんのイラストですね。 自分らも若かったし、まだ景気も良かったので、未来に夢がありました。 それから、たしかに時代は、昭和、平成、令和と変わっていきましたが。 まだまだ未来には、夢があると信じたいものです。 引き寄せの法則などでは、信じる事がとても大切だと言われています。 潜在意識をポジティブに描き替える事だそうです。 話がちょっと、それましたが、鈴木英人さんのイラストを見ていると、懐かしいあの頃の超前向きな時代に戻れます。 未来に夢を感じる事が出来るんです。 昔は、カセットテープのラベル程度だったけど、鈴木英人さんのイラストを飾ってみるのもいいですよ。 下のイラストは、僕のお気に入りのプロバンスのイラストです。 amazonでも版画やポスター、カレンダーが販売されています。 こちらは、版画で一番高い ¥1,045,000のイラストです。 【関連記事:80年代】.

次の

80年代:シティポップを彩った「鈴木英人 / SUZUKI EIZIN」さんのイラスト

80 年代 イラスト

これまで培われた設計技術とセンスで非常に組みやすく、コレクタブルなサイズの決定版ともいえるキットですよね。 今回は、このキットの大元となったイラストが発表されたころの雰囲気を重視した、イメージ塗装で仕上げてみました。 仕上げ方としては、AFVモデラーのテクニックを意識しつつ、機動歩兵が登場し話題になった1970年代末~1980年代初頭のセンスを感じさせられる塗装仕上げを目指します。 本体の塗装は、サーフェイサー吹きを終えたところで、クレオスのMr. カラーC605「外舷22号色」を全体に吹きます。 これは、機体に一番光があたっている部分(トップ部)を表現しています(ですので、この色が絶対ではなく、明るい黄緑系を使用していただければと思います)。 次に、本体の色としてMr. カラーC525「緑色」を、光が一番あたっていそうな部分(トップ部)を残すようにしながら塗装します。 さらに、全体に臨場感を与えるために、Mr. カラーC603「舞鶴海軍工廠標準色」で、チッピング表現を加えていきます。 仕上げとして、Mr. カラーC4「イエロー(黄)」で、各部位の角を軽くドライブラシして、エッジ部分を強調します。 そして、最終的にMr. ウェザリングカラー「マルチブラック」で、ウォッシングを行いますが、単純に拭き取るのではなく、できれば色調を整えたり、より暗い部分を表現するような塗料の残し方ができると深みが増した仕上げが行えると思います。 上記の塗装でできあがったのが、この脚部になります。 明るいところとそうではないところを絵画的に表現しています。 また、歴戦をくぐり抜けた雰囲気を醸し出すために、全体にチョッピング塗装を施しました。 ゴーグル部には、Mr. カラー 40th Anniversary AVC04「キトンブルーパール」を吹き付けて、見る角度によってブルーっぽくなるように仕上げてみました。 実際には、ゴーグル内には装着者の頭部が入っているのですが…… 頭部内にLEDを仕込んで顔が見える予定だったのですが、どうにもこの塗装が仇となったらしく、うまく見えなくなってしまいました(汗)。 ですので、これから作られる皆さんは、ゴーグルの処理を慎重に行いましょう(苦笑)。 ちなみに、頭部内を光らせるための改造加工として、写真のMr. ホビー「LEDモジュール」を用意。 キットの背部を加工して、電池BOXの収納スペースを作り収納。 スイッチは、バックパック右下のスペースに収まるように加工しました。 さらに、機動歩兵の印象的なサーチライトも光らせるようにしています。 こちらは、左肩内にチップLEDを配置。 サーチライトのパーツ自体がクリアパーツとなっていて、電飾加工をしやすいようにパーツ分割されており、単純にLEDを通す穴あけ加工を施すだけでOKだという、とても親切な構造になっています。 最終的な電飾装置の収容は、このような感じになっています。 手軽な「LED、モジュール」を使用したのは良いのですが、実は思った以上にケーブルがかさ張ってしまう難点があります。 しかし、このキットの場合、偶然にも搭乗者頭部パーツの後部が、肉抜きのために空洞になっているところに目をつけて、そこへケーブル類を収納すると、ご覧通りギリギリですが収容することができました(笑)。 今回は、頭頂サイズがほぼ10センチくらいと小さめということもあり、ただベースに飾るだけでは見栄えがしないかと思い、ご覧のような高いベースを作って飾ってみました。 ノリ的にはメタルフィギュアなどの展示方法に近いのでしょうか? 一応、雰囲気作りのために、流木を使ったよくわからない物(虫が出てきそうな雰囲気が欲しかったもので……汗)と、手元に転がっていたジャンクパーツを流用して配置してみました。 地面の塗装は、基本的にMr. ウエザリングペーストWP01「マッドブラウン」を塗布して、WP02「マッドホワイト」などで色調を整えています。 と、一見固定ポーズでの作例と思わせつつ、実は可動を活かしたまま製作しています。 ですので…… おなじみのポーズや…… びっくりしちゃったなもう!なポーズもとることができます。 背面だって見せられます。 ややレトロテイストの塗装をすることで、機動歩兵が登場した時代の空気に少しでも近づけたでしょうか? 今回は、このような一例でしたが、機動歩兵は自由度の高いキャラクターなので、作る人それぞれの表現が幅広く楽しめると思います。 発売元:ウェーブ• 価格:3,960円(税込)• 発売中 関連情報• 関連記事.

次の

80年代風の絵を描いてみる

80 年代 イラスト

80年代に流行した、ファンシータッチをイメージしたイラストです。 中央にはセーラーを着た三つ編みの女の子を、その周囲には風船やローラースケート等、様々な小物を描きました。 柔らかくふんわりとしたパステルカラーで統一した色使いと、ゆるくて途切れのある線がポイントです。 あまり動きのあるイラストではないため、ベタッとした見た目にならないように、背景にランダムに図形を配置して、リズミカルな動きをつけています。 また、独特の垢抜けすぎない可愛らしさと親しみやすさを醸し出せるよう、全体的に少し丸みを帯びさせて洗練された印象にはならないように心がけています。 80年代当時にファンシーグッズを使っていた世代の方にはもちろんですが、優しい雰囲気がありますので、低年齢層にもぴったりのイラストタッチです。 このサンプルにもある通り、小物イラストの制作にも適したタッチですので、ちょっとした挿絵が欲しい!という場合にも適しています。 こちらのサンプルでは、女の子やかわいらしい小物を描いておりますが、男の子や大人の人物など、ニーズに合わせてイラストを制作いたしますので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせくださいませ。 クライアント様等への事前確認用のご利用については可能です。 どのようなイラストでも通常2時間以内程度、午後4時までのお問い合わせなら当日中にお見積します! ご依頼の内容や点数によってお値引きが可能な場合もありますので、お気軽にご相談ください!• カテゴリーで検索 パソコン、携帯電話、印刷、看板、ゲームなど様々な用途に利用頂けます。 ここで紹介するイラストは制作例です。 お客様のご希望に合わせて内容を変更し、新たにイラストを制作いたします。 例えば、若い男性を年配の男性に、女性を男性にするといったことも可能です。 どのようなことでもお気軽にご相談ください。

次の